“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、45年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 地震の巻 第八帖 Kellyさん的解釈 “その三”



  今回も、地震の巻 第八帖の以下の文言(先回の続き)を解釈することとする。

かく弥栄進展するが故に、人類も霊人類も、各々その最後の審判的段階に入る迄は、真の三千世界の実相を十分に知り得ない。 故に、新天新地の来る迄、真の天国を体得し得ない。 新天新地の新しき世界に生れ出づる自己を知り得ない。 この新天新地は幾度となく繰り返されているのであるが、何れも 
ローレンツ力 の形に於けるが如く同一形式のものではあるが、同一のものではない。 より小なるものより、より大なるものが生れ、より大なるものより、より小なるものが生れ、より新しきものより、より古きものが生れ、より古きものより、より新しきものが生れ、弥栄し、一つの太陽が二つとなり、三つとなり、更には一つとなることを理解しない。 月より地球が生れ、地球より太陽が生れると云うことを理解するに苦しむものであるが、最後の審判に至れば自ら体得し得るのである。 これは外部的なる智によらず、内奥の神智にめざめることによってのみ知り得る。 新天新地新人はかくして、生れ、呼吸し、弥栄える。

 今回取り上げる文言も、個の心(靈)が“観察と認識”している事象、これについての理解が出来ていないと読み解けない。
それで、個の心(靈)が“観察と認識”している事象について少し述べるならば、個の心(靈)がその霊的成長度において位置する“無限段階”の場(フィールド)、これは“無限段階”の場(フィールド)の一部しか“観察と認識”しえないものであり、一部しか観察しえない理由は自分の霊的成長度が“無限段階”の“上”から“下”までに至っていない、自分の霊的成長度に相応する場(フィールド)から“下”は観察することが可能という法則性があり、霊的成長を果たしていくならばますます“上”の振動を受けて心(靈)の構成要素となるから“上”の場(フィールド)も“上”の心(靈)の動きも理解していくものであるが、“地上人”においては第六帖の表記、“地上的、物質的約束のもとにあるため”に、自分の心(靈)の霊的成長度において。“観察と認識”しうる“無限段階”の場(フィールド)は物質である肉体を通じての観察であるから、ごく一部の範囲しか“観察と認識”しえない。
 そして事象の“観察と認識”というのは、個の心(靈)が霊=○、荷電粒子の場(フィールド)であり、その霊的成長度において位置している場(フィールド)における振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)によって、事象の観察が行われている。 それは例えば観察対象がそこにあるという認識は、その場(フィールド)の振動を受けて感じ(感じる磁性)ているものであり、振動を感じるからこそ(電磁誘導であるからこそ)そこに観察対象があると認識しうるもので、換言すれば、感じ(感じる磁性)るとは、自分の心(靈)と、自分の心(靈)以外の振動による電磁誘導であり、事象の観察はこれにより行われそれを認識するのだが、事象の“観察と認識”自体は、個の心(靈)の中に投影された何かを“観察と認識”しているものであるということであり、それゆえ“二義的”であり、そこにおいて“善悪美醜”を判別しうるものである。
また重複するが、先の“無限段階”の全体を観察しえない、ということは、自分が自分の霊的成長度において“観察と認識”しうる事象をその場(フィールド)における現実だと思うものである。 これについては、ローム太霊もローム太霊講話集 第二十四話で以下のように述べておられる。

この地球の上には…中略…現界、幽界、霊界、神界の四つの世界があって、そのどこの居住者でも現在住んでいる所がその者にとっての現実である

 これは先に述べたように、自分の心(靈)と、自分の心(靈)で観察している、現津(あきつ)、観察され得る事象、これの構成そのものは振動によるものであるからこそ、“その者にとっての現実”というのは自分の心(靈)の霊的成長度によって限られた“現実”でしかないということも読み取れるし、自分の心(靈)が行っている事象の“創造”とは、自らの心(靈)が感じ(感じる磁性)るからこそ、現実とかこの世界のこととかと認識するものであり、またそれは“地上人”においては現界、幽界、霊界、神界、のうちの現界でもあるし、現界=この世界、この事象、それを自らの心(靈)が認識するのは感覚によってなされているが、感覚というのはすべて振動、“地上人”の狭い認識所以の言葉で言えば電磁波の受信であるということ。 前置きが長くなったが、ここまで述べた事柄を冒頭で述べられている以下の文言から読み取ることが出来る。

“かく弥栄進展するが故に、人類も霊人類も、各々その最後の審判的段階に入る迄は、真の三千世界の実相を十分に知り得ない。 故に、新天新地の来る迄、真の天国を体得し得ない。 新天新地の新しき世界に生れ出づる自己を知り得ない”

 文中の“各々その最後の審判的段階”と“新天新地の来る”、これに関しては解釈の要は無いと思うが、霊的成長度の高低においての区分けの時期を指し、これに至るまでは“真の三千世界の実相を十分に知り得ない”=事象の一部しか“知り得ない”ものであり、区分けの時期を通り越したなら、その資質を持つ心(靈)ならば、“真の天国を体得”=そこに至った個の心(靈)が認識しうるのであるし、さらに“新天新地の新しき世界に生れ出づる自己”を認識しうるものであるが、今はその段階ではない、その時期でもない、ということが述べられているものである。

 次の文。
“この新天新地は幾度となく繰り返されているのであるが、何れも 
ローレンツ力 の形に於けるが如く同一形式のものではあるが、同一のものではない”

 これは“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、において霊的成長度の区分けは“幾度となく繰り返されている”、それは“上”からの振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)の段階、個の心(靈)が有するローレンツ力によるものであるから“何れも 
ローレンツ力 の形に於けるが如く同一形式のものではある”のだが、この“幾度となく繰り返されている”区分けにより“同一のものではない”ということが、これに続く次の文で述べられている。

“より小なるものより、より大なるものが生れ、より大なるものより、より小なるものが生れ、より新しきものより、より古きものが生れ、より古きものより、より新しきものが生れ、弥栄し”

 この文言に関しては“その一”で取りあげた
“その 
ローレンツ力 を幾度となく繰り返すうちに、漸次、内的 ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 と、その各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”、
これを合わせ読むと理解が進むものであり、個の心(靈)が行っている事象の“創造”は第一帖の“われわれの一切は生れつつある。 神も、宇宙も、森羅万象の悉くが、常に生れつつある”ということであり、個の心(靈)である自分たちも、自分以外であるという認識の、“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、であっても、今取り上げている文言で言えば“生れ、弥栄し”ということをしているものであり、“その一”の文言では“各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”ものであり、要は事象の“創造”の多様性、それは“われわれの一切は生れつつある”という時間の進行と子の心(靈)が認識しているが所以の事柄であるが、次の文では、事象の“創造”が“無限段階”であったとしても、たとえどんなに“上”から“下”までの事象であっても、ということが述べられている。

“一つの太陽が二つとなり、三つとなり、更には一つとなることを理解しない”

 文中の“一つの太陽”は、“地上人”の認識における物質太陽を指し、“地上人”である個の心(靈)が進化したならば、“上”からの振動の仲介をする“太陽”が“無限段階”であることを理解していくからこそ、現界よる“上”の太陽、これは○○○大先生の著書の読者会のメンバーが毎年参拝するとある神社に祭られているそれであるが、さらにそれより“上”があることを “二つとなり、三つとなり”という言い回しで示されている。 
 それでこういったこと自体、“上”からの振動を個の心(靈)に送り贈る存在は“創造”の“主(ヌシ)”の振動の仲介をする存在である、“太陽”であるということを“更には一つとなる”と述べられ、自分の心(靈)が“無限段階”の“上”から“下”の、どの場(フィールド)に位置していようが、“太陽”は“上”からの振動を自分自身に送り贈る存在である、ということを“理解”せよ、ということである。 

 次の文。
“月より地球が生れ、地球より太陽が生れると云うことを理解するに苦しむものであるが、最後の審判に至れば自ら体得し得るのである”

 冒頭で述べられている“月より地球が生れ、地球より太陽が生れる”というのは、個の心(靈)においての事象の“観察と認識”において、という前置きをするならば、“地上人”が観察対象としているのは主に、物質世界、現界、であり、これ事態が砌(みぎり)の極性(事象への顕現)であるが、砌(みぎり)の極性があるからこそ日足(ひたり)の極性である“太陽”を認識しうる=“太陽が生れると云うことを理解する”ということが述べられているのであり、こういったことも個の心(靈)の“観察と認識”においての“二義的”なものであるが、こういった認識があるからこそ個の心(靈)は時間の進行とともに育ち=“弥栄”していくものであるということを、“最後の審判に至れば自ら体得し得る”、神の計画である霊的成長度の高低においての区分けで次の段階に至る資質を持つならば、“自ら体得しうる”ということが述べられているものである。

 これに続く次の文。
“これは外部的なる智によらず、内奥の神智にめざめることによってのみ知り得る”

 冒頭の“外部的なる智”、これは事象の“観察と認識”においての“善悪美醜”は“二義的”なものであり、また砌(みぎり)の極性所以のものであり、これらが個の心(靈)の霊的成長の指針となるものであるが、これこそが“外部的”な事象を智性(神性)で観察して得られる認識(悟り、幸取=さとり)と言え、これに相対し、先の“自ら体得しうる”それは、“外部的”なものでもなく“二義的”なものでもなく、個の心(靈)である自分を含め“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、これ事態が神であることを認識としたうえでなければ、“知り得る”ことが出来ない、それを“外部的”に相対する“内奥の神智”と称されている。

 次の文。
“新天新地新人はかくして、生れ、呼吸し、弥栄える”

 文言自体に特に解釈の要は無いと思うが、このブログを詳細に読んでいただいている方々には“新天新地”に移行しうる“新人”となっていただきたい旨を伝えておく。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 地震の巻 第八帖 Kellyさん的解釈 “その二”



 今回も、地震の巻 第八帖の以下の文言(先回の続き)を解釈することとする。

而して、その現われとしては、和せば和するほど相離れ、遠ざかりつつ生長する。 また、生命の大歓喜として湧き出ている。 故に、地獄にあらざる地獄的霊界、天国にあらざる天国的霊界は、霊人により生み、霊人により育てられると同時に、人々により生み、人々により育てられ、歓喜されるのである。

 冒頭の“而して、その現われとしては”というのは、先回解釈した以下の文言に相対する。

“漸次、内的 
ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 と、その各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”

 まず“その現われ”(個の心(靈)が“観察と認識”している事象そのもの)とは“内的 
ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 ”のことであるが、これが“和せば和するほど相離れ、遠ざかりつつ生長する”と称されており、それは先回の文言で言えば“その交叉融和すること”であり、この二つの要素、これが“和せば和するほど相離れ、遠ざかりつつ生長する”というのは、“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、においての(すべての事象において)日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の強化といえ、その極性の強化自体は個の心(靈)それぞれが性質の違いを“観察と認識”しうるので“相離れ、遠ざかりつつ”と見受けられるものであり、このこと事態が“相離れ、遠ざかりつつ生長する”=“弥栄”であるの意であるし、それだからこそ“而して”(そうして、それだからこそ、の意)と前置きされているものである。
 これに続く“また、生命の大歓喜として湧き出ている”とは、“生命”とは、生きる使命と解し、それはまた存在の理由たることであると解し、“大歓喜”は神に近付くことと解し、“湧き出でている”は、先の日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の強化、“弥栄”に対しての文言である。
 これに続く“故に、地獄にあらざる地獄的霊界、天国にあらざる天国的霊界は、霊人により生み、霊人により育てられると同時に、人々により生み、人々により育てられ、歓喜されるのである”とは、個の心(靈)が“観察と認識”しうる“二義的”な“善悪美醜”により、“地獄”と“天国”を想像し、それは事象の“創造”に繋がるの意である、これを“霊人により生み、霊人により育てられると同時に、人々により生み、人々により育てられ”と述べられており、これらの事柄は“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、の、“弥栄”と“歓喜”の一側面と言えるので“地獄にあらざる地獄的霊界、天国にあらざる天国的霊界”と称されており、“あらざる”は“地獄”と“天国”ではない、の意であり、個の心(靈)が想像し事象の“創造”をして“二義的”な事柄を槓子と認識していくこと事態が、“善悪美醜”をより区別し判別して、自分の在り方を鑑みるようになっていくのであり、自分の在り方を思うこと事態が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のステップであり、そうやって神に近付くのだと言いうるし、そのために“二義的”な事を個の心(靈)が思い、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は自らが想像(日足(ひたり)の極性)しうる事象の“創造”(砌(みぎり)の極性(事象への顕現))となり得るのだし、こういった個の心(靈)の作業と言えること事態が、“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、の、“弥栄”と“歓喜”でもあるので、“霊人により生み、霊人により育てられると同時に、人々により生み、人々により育てられ、歓喜されるのである”の“歓喜される”と称されているものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 地震の巻 第八帖 Kellyさん的解釈 “その一”


 
 今回から、地震の巻 第八帖の解釈に入ることとする。 第七帖の原文は以下の通り。

生前の世界に、霊人が生活している。 山があり、川があり、住宅、衣類、食物がある。 しかし、それは最初からのものではない。 それらの元をなす 
ローレンツ力 が歓喜していた、その ローレンツ力 が生後、地上世界にうつされて、地上的約束の下に生長し、秩序されたがため、その結果が、死後の世界につづき、死後の世界の様相は ローレンツ力 の原理によって、生前世界に移行して、生前的に進展し、弥栄し、その ローレンツ力 を幾度となく繰り返すうちに、漸次、内的 ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 と、その各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している。 而して、その現われとしては、和せば和するほど相離れ、遠ざかりつつ生長する。 また、生命の大歓喜として湧き出ている。 故に、地獄にあらざる地獄的霊界、天国にあらざる天国的霊界は、霊人により生み、霊人により育てられると同時に、人々により生み、人々により育てられ、歓喜されるのである。 かく弥栄進展するが故に、人類も霊人類も、各々その最後の審判的段階に入る迄は、真の三千世界の実相を十分に知り得ない。 故に、新天新地の来る迄、真の天国を体得し得ない。 新天新地の新しき世界に生れ出づる自己を知り得ない。 この新天新地は幾度となく繰り返されているのであるが、何れも ローレンツ力 の形に於けるが如く同一形式のものではあるが、同一のものではない。 より小なるものより、より大なるものが生れ、より大なるものより、より小なるものが生れ、より新しきものより、より古きものが生れ、より古きものより、より新しきものが生れ、弥栄し、一つの太陽が二つとなり、三つとなり、更には一つとなることを理解しない。 月より地球が生れ、地球より太陽が生れると云うことを理解するに苦しむものであるが、最後の審判に至れば自ら体得し得るのである。 これは外部的なる智によらず、内奥の神智にめざめることによってのみ知り得る。 新天新地新人はかくして、生れ、呼吸し、弥栄える。 しかし、新人と生れ、新天新地に住むとも、その以前の自分の総ては失わない。 只その位置を転換されるのみである。 地上人が死後、物質的に濃厚なる部分をぬぎすてるが、その根本的なものは何一つとして失わず生活するのである。 その状態よりも尚一層、そのままであって何等の変化もないと思える程である。 蛆(ウジ)が蝶になる如く弥栄えるものであって、それは大いなる喜びである。 何故ならば、大歓喜なる大神の中に於て、大神のその質と性とをうけつぎ呼吸しているからである。 総てのものは歓喜に向かい、歓喜によって行為する。歓喜がその目的であるが故に、歓喜以外の何ものも意識し得ない。 故に、歓喜よりはなれたる信仰はなく、真理はなく、生命はない。 生前の霊人が地上人として生れてくるのも死ではなく、地上人が霊界に入るのもまた死ではなく、弥栄なる誕生であることを知らねばならぬ。 歓喜は行為となる。 行為せざる歓喜は、真実の歓喜ではない。 只考えたり意志するのみでは萌え出でない。 生命しない。 只意志するだけで行為しないことは、まことに意志することではない。 霊界に於ては意志することは直ちに行為となるのである。 地上人にありては物質によりて物質の中に、その意志を行為することによって始めて歓喜となり、形体を為し弥栄えるのである。 生前の霊界は、愛の歓喜、真の歓喜、善の歓喜、美の歓喜の四段階と、その中間の三段階を加えて七つの段階に先ず区別され、その段階に於て、その度の厚薄によりて幾区画にも区分され、霊人の各々は、自らの歓喜にふさわしい所に集まり、自ら一つの社会を形成する。 自分のふさわしくない環境に住むことは許されない。 否、苦しくて住み得ないのである。 若しその苦に耐え得んとすれば、その環境は、その霊人の感覚の外に遠く去ってしまう。 例えば、愛の歓喜に住む霊人は、その愛の内容如何によって同一方向の幾百人か幾千、幾万人かの集団の中に住み、同一愛を生み出す歓喜を中心とする社会を形成する。 故に、生前の世界では、自分の周囲、自分の感覚し得るものの悉くが最もよく自分に似ており、自分と調和する。山も川も家も田畑も、そこに住む霊人たちも、動物も植物も鉱物も、総て自分自身と同一線上にあり、同一の呼吸、同一の脈拍の中にあり、それらの総てが、大きな自分自身と映像する場合が多い。 自分は他であり、他は自分と感覚する。 故に、その性質は生後にも続き、地上人もその周囲を自分化しようとする意志をもっているのである。 しかし、地上世界は、物質的約束によって、想念のままには動かない。 死後の世界もまた生前と同様であるが、一度 物質世界を通過したものと、しないものとの相違が生じてくるのである。 だが、何れにしても物質世界との密接なる呼吸のつながりを断ちきることは出来ない。 物質は物質的には永遠性をもたず、霊は永遠性をもつが、霊的角度から見れば永遠性はもたない。 しかし、物質面より見れば永遠性をもつものであり、永遠から永遠に弥栄してゆくものである。 而して、永遠性をもつ事物は、地上的物質的事物を自分に和合せしめる働きを内蔵している。 無は有を無化せんとし、有は無を有化せんとし、その融合の上に生命が歓喜するのである。 無は有を生み、有は無を生み出す大歓喜の根本を知得しなければならない。

 今回解釈するのは
“生前の世界に、霊人が生活している。 山があり、川があり、住宅、衣類、食物がある。しかし、それは最初からのものではない。 それらの元をなす 
ローレンツ力 が歓喜していた、その ローレンツ力 が生後、地上世界にうつされて、地上的約束の下に生長し、秩序されたがため、その結果が、死後の世界につづき、死後の世界の様相は ローレンツ力 の原理によって、生前世界に移行して、生前的に進展し、弥栄し、その ローレンツ力 を幾度となく繰り返すうちに、漸次、内的 ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 と、その各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”
ここまでとする。

 今回取り上げる文言中に幾度か登場する 
ローレンツ力 の表記、これは電荷を持った何かが自凝(おのころ)して発現した磁束によるローレンツ力であり、これ事態が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の仕組み、“天津御空(あまつみそら)”=“上”からの振動=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、あるいは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを自らの霊的成長度により取り込んでいるとの解釈をここまで幾度となく述べてきた。 この事がしっかり理解できていないとこの第八帖の意味するところは読み解けないものである。

 この事を踏まえ冒頭の文。
“生前の世界に、霊人が生活している。 山があり、川があり、住宅、衣類、食物がある。しかし、それは最初からのものではない。 それらの元をなす 
ローレンツ力 が歓喜していた、その ローレンツ力 が生後、地上世界にうつされて、地上的約束の下に生長し、秩序されたがため、その結果が、死後の世界につづき、死後の世界の様相は ローレンツ力 の原理によって、生前世界に移行して、生前的に進展し、弥栄し、その ローレンツ力 を幾度となく繰り返すうちに、漸次、内的 ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 と、その各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”

 最初に述べられている“生前の世界に、霊人が生活している。 山があり、川があり、住宅、衣類、食物がある。しかし、それは最初からのものではない”、これは読めば理解できるように“生前の世界”においても“山があり、川があり、住宅、衣類、食物がある”、これは“生前の世界”における現津(あきつ)、観察され得る事象の“観察と認識”由来のことであり、ありていに言えば“生前の世界”に位置している個の心(靈)も、“生活している”ことが述べられているが、大事なのはそれ自体が“最初からのものではない”ということである。
 それについてはこれに続く“それらの元をなす 
ローレンツ力 が歓喜していた”、これは“それらの元”=“生前の世界”の“霊人”の“生活”、これが成りたつのは、その“霊人”の霊的成長度の高低による“上”からの振動の取り込みの相違により、個の心(靈)自らによる事象の“創造”をしている、それは個の心(靈)自らが事象を展開しているのであり、それは事象の“創造”は個の心(靈)のローレンツ力により“上”からの振動を取り込んだうえ、それにより“創造”が行われているのだ、これを“それらの元をなす ローレンツ力 が歓喜していた”(この場合の“歓喜”は神に近付くの意)と称されており、これに続く“その ローレンツ力 が生後、地上世界にうつされて、地上的約束の下に生長し、秩序されたがため、その結果が、死後の世界につづき、死後の世界の様相は ローレンツ力 の原理によって、生前世界に移行して、生前的に進展し、弥栄し”これは輪廻転生、“生前”“地上人”“死後”という“分類”と“形式”において、まず“霊人”の“生活”が“生後”(地上)に反映していることを“その ローレンツ力 が生後、地上世界にうつされて、地上的約束の下に生長し、秩序されたがため”と述べられ、次に“生後”から“死後”に関して“その結果が、死後の世界につづき、死後の世界の様相は ローレンツ力 の原理によって、生前世界に移行して、生前的に進展し、弥栄し”と述べられており、文中の“その結果”というのは“地上世界”においての個の心(靈)の“観察と認識”している事象は、“地上世界”の“地上的約束の下に生長し、秩序された”それなのであり、それが“死後の世界につづき”と称されており、さらにそれは“死後の世界の様相は ローレンツ力の原理によって、生前世界に移行”=輪廻転生による個の心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)所以の事象の“観察と認識”&事象の“創造”をしているのだ、それは“原理”なのだ、と述べられ、これら一切が“弥栄し”と括られているものである。 
 要は個の心(靈)の輪廻転生、“生前”“生後”“死後”という過程において、個の心(靈)と個の心(靈)が“観察と認識”しうる事象は、“上”からの振動の取り込みにより進化(霊的成長、神格化に向かうこと)=“弥栄”しているのだの意。
 これに続く“その 
ローレンツ力 を幾度となく繰り返すうちに”は、個の心(靈)の輪廻転生、“生前”“生後”“死後”であり、これに続く“漸次、内的 ローレンツ力 に向って弥栄する面と、外的、地上的に進む ローレンツ力 と、その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ローレンツ力 と”は、輪廻転生を重ねるうちに“漸次”(次第に、徐々に)、“内的”と“外的、地上的に進む”、これは内面とか内側(心の中と感じている事)と外側(外国と幽界)、という個の心(靈)が観察しうる事象の違いであり、日足(ひたり)と砌(みぎり)の極性でもあり、解り易く述べれば精神面(心(靈)(ヒ))の成長(“弥栄”)と、精神が反映した外側(外国と幽界)の事象、これは自分の心(靈)が“観察と認識”している肉体(月(ツキ))(※ “生前”“生後”“死後”においても必ず心(靈)(ヒ)に相対した肉体(月(ツキ))は観察しうるものである)をも含み、そして精神の反映である行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)を含んだもの、この二つの要素が必ずあるものであり、さらにこれは、個の心(靈)が“生前”“生後”“死後”の度の段階であっても内面とか内側(心の中と感じている事)と外側(外国と幽界)の事象は“観察と認識”しているものであり、その前置きが先の“生前の世界に、霊人が生活している。 山があり、川があり、住宅、衣類、食物がある”でもあるが、これら一切、個の心(靈)自体と、個の心(靈)が“観察と認識”している内面とか内側(心の中と感じている事)と外側(外国と幽界)の事象においても“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、であるからこそ“弥栄”するのであり、さらに“その交叉融和することによって更に生み出され弥栄する ”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしながら輪廻転生していくと、内面とか内側(心の中と感じている事)と外側(外国と幽界)の事象の“交叉融和”により、“無限段階”の“弥栄”の“下”から“上”へ移行する、それは、個の心(靈)自体と個の心(靈)が“観察と認識”している事象が、さらに“弥栄”するのだと述べられているし、これとほぼ同義なのがこれに続く“その各々が各々の立場に於て、すすみ、呼吸し、脈うち、生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”であり、“各々が”は個の心(靈)であり、“各々の立場”は“無限段階”の事象、個の心(靈)の霊的成長度の高低における事象であり、“すすみ”は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)、“呼吸し、脈うち”は息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)と息吹による“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)であり、個の心(靈)の“弥栄”は“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、の“弥栄”でもあるから“生命していると同時に、全体的にも生命し、歓喜し、弥栄している”と称されている。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 地震の巻 第七帖 Kellyさん的解釈 “その二”



 今回も、地震の巻 第七帖の以下の文言(先回の続き)を解釈することとする。

これが、生命の本体であって、限られたる智によって、この動きを見るときは、悪を許し、善の生長弥栄を殺すが如くに感ずる場合もある。 しかし、これこそ善を生かして、更に活力を与え、悪を浄化して必要の悪とし、必然悪として生かすのである。 生きたる真理の大道であり、神の御旨なることを知り得るのである。 本来 悪はなく闇はなく、地獄なきことを徹底的に知らねばならない。 これは生前、生後、死後の区別なく、総てに通ずる歓喜である。 一の天界に住む天人が、二の天界に上昇した時、一の天界は、極めて低い囚われの水の世界であったことを体得する。 更に一段上昇、昇華して三の段階に達した時も同様である。 地上人的感覚によれば、二の天界に進んだ時、一の天界は悪に感じられ、三の天界に進んだ時、一の天界は最悪に、二の天界は悪に感じられる場合が多い。 悪的感覚と悪的実態は自ら別であるが、この実状を感覚し分け得た上、体得する霊人は極めて少ない如く、地上人に到りては極めて稀であることを知らなくてはならない。 悪を悪なりと定めてしまって、悪は総て祖先より、或いは原因の世界より伝えられたる一つの因果であると云う平面的、地上的考え方の誤っていることは、以上述べた処で明白となり、己を愛するは、先ず悪の第一歩なりと考える、その考えが悪的であることを知らねばならぬ。 来るべき新天地には、悪を殺さんとし悪を悪として憎む思念はなくなる。 しかし、それが最高の理想郷ではない。 更に弥栄して高く、深く、歓喜に満つ世界が訪れることを知り、努力しなければならぬ。

 冒頭の文の“これが、生命の本体であって”というのは、先回の“大神の歓喜の中に存在するが故に、歓喜によって秩序され、法則され、統一されているのである。 その秩序、法則、統一は、一応 完成しているのであるが、その完成から次の完成へと弥栄する。 故にこそ弥栄の波調をもって全体が呼吸し、脈拍し、歓喜する”
これの解釈として述べた要旨

● “創造”の“主(ヌシ)”の思惑の顕現
● “創造”の“主(ヌシ)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によること
● これによって個々の心(靈)は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たすものである

これに該当する、これが“生命の本体”であるし、これをお前たち“地上人”は知っておけ、であり、今回取り上げている第七帖の残りの文章は、このことを前提に述べられていることに留意しなければならない。

 この事を踏まえて冒頭の文。

“これが、生命の本体であって、限られたる智によって、この動きを見るときは、悪を許し、善の生長弥栄を殺すが如くに感ずる場合もある。 しかし、これこそ善を生かして、更に活力を与え、悪を浄化して必要の悪とし、必然悪として生かすのである。 生きたる真理の大道であり、神の御旨なることを知り得るのである”

 先に述べた“生命の本体”に続く“限られたる智によって、この動きを見るとき”というのは、霊的成長の過程、智性(神性)の獲得の過程において、その不完全さゆえの事象の“観察と認識”、これが“悪を許し、善の生長弥栄を殺すが如くに感ずる場合もある”、これは“地上人”の事情として
第六帖 “その三”で取りあげた

“霊界に於ては、思念の相違するものは同一の場所には存在しない。 何故ならば、思念による思念の世界につながる故である。 現実的にみては折り重なって、この霊人たちが生活するとも、全然その感覚外におかれるために、その対象とはならない”

これに相対し“地上人”の場合は

“地上人に於ても原則としては同様であるが、地上的、物質的約束のもとにあるため、この二者が絶えず交叉混交する。 交叉混交はしても、同一方向には向っていない”

要は“霊界”では“善悪美醜”の“交叉混交”がない、それは“地上人”は“地上的、物質的約束のもとにあるため、この二者が絶えず交叉混交する”、この状況であるからこそ智性(神性)を獲得しうる、その獲得は“善悪美醜”を認識して行きながら心(靈)は育つものである、ということを述べられていた。 詳細については先のリンク先の解釈を参考されたいし、これが“限られたる智”、霊的成長の過程においての“観察と認識”においては“悪を許し、善の生長弥栄を殺すが如くに感ずる場合もある”、これはローム太霊が述べた右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、これに相当するものでもあるし、これにより“しかし、これこそ善を生かして、更に活力を与え、悪を浄化して必要の悪とし、必然悪として生かす”ということになり得るものであり、ここで説かれているのは“地上人”の段階においては、“善悪美醜”を区別して“観察と認識”していくこと事態が“善を生かして、更に活力を与え、悪を浄化して必要の悪とし、必然悪として生かす”となり得るとのべられ、これこそが“生きたる真理の大道であり、神の御旨なることを知り得る”と称され“地上人”における霊的成長の過程において“神の御旨”=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑、ということを“知り得る”と述べられている。

 これに続く次の文。
“本来 悪はなく闇はなく、地獄なきことを徹底的に知らねばならない。 これは生前、生後、死後の区別なく、総てに通ずる歓喜である”

 これはここまでの地震の巻の文言で幾度か述べられてきたことであり、“善悪美醜”という“形式”と“分類”はあったとしてもそれは、“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、の“弥栄”であり“歓喜”なのだ、ということである。

 これに続く次の文。
“一の天界に住む天人が、二の天界に上昇した時、一の天界は、極めて低い囚われの水の世界であったことを体得する。 更に一段上昇、昇華して三の段階に達した時も同様である。 地上人的感覚によれば、二の天界に進んだ時、一の天界は悪に感じられ、三の天界に進んだ時、一の天界は最悪に、二の天界は悪に感じられる場合が多い”

 この文言は振動の高低について述べられているものである。 これは“地上人的感覚”=“地上人”の“観察と認識”においては、振動の高低における低い場(フィールド)は“一の天界は悪に感じられ、三の天界に進んだ時、一の天界は最悪に、二の天界は悪に感じられる場合が多い”と指摘され、お前たち“地上人”にこのことの理解は難しいだろうが、高い振動で構成された場(フィールド)は低い振動で構成されたそれよりも“善(神格化の方向性と智性の受信)”であり低い方は“悪(心の動きの本能化と低振動化)”である、という言い回しが理解しやすいが、これも“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、であるが故に、第五帖で述べられている“全大宇宙は、神の外にあるのではなく、神の中に、神に抱かれて育てられているのである”、どんなに高振動の場(フィールド)でも低振動のそれであっても、どんなに“善悪美醜”の程度の差を“観察と認識”したとしてもそれは“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、であり、“神の中に、神に抱かれて育てられている”ということを“地上人”は知らないからよく知っておけ、ということである。

 次の文。
“悪的感覚と悪的実態は自ら別であるが、この実状を感覚し分け得た上、体得する霊人は極めて少ない如く、地上人に到りては極めて稀であることを知らなくてはならない”

 “悪的感覚”というのは個の心(靈)における“観察と認識”によって生じるものであり“悪的実態”は行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)である、これに対して“この実情を感覚し分けた”と述べられているのは、先の“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、これを“分類”と“形式”として認識し“善悪美醜”の区別をしたとしても、すべてが“弥栄”“歓喜”であることを“体得する霊人は極めて少ない如く、地上人に到りては極めて稀である”、そこまでのことを認識(悟り、幸取=さとり)とする個の心(靈)は“稀である”と称され、これこそが“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、が、“神の中に、神に抱かれて育てられている”という認識(悟り、幸取=さとり)になるのだ、の意である。

 これに続く次の文。 
“悪を悪なりと定めてしまって、悪は総て祖先より、或いは原因の世界より伝えられたる一つの因果であると云う平面的、地上的考え方の誤っていることは、以上述べた処で明白となり、己を愛するは、先ず悪の第一歩なりと考える、その考えが悪的であることを知らねばならぬ”

 これは文言中にあるように“平面的、地上的考え方”においては“悪を悪なりと定めてしまって、悪は総て祖先より、或いは原因の世界より伝えられたる一つの因果”という狭い認識をしてしまいがちなのが“地上人”の段階の個の心(靈)であるという指摘であり、何回も述べるが“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、が、“神の中に、神に抱かれて育てられている”、これにおいて“善悪美醜”があったとしてもそれは“弥栄”“歓喜”であり、“己を愛するは、先ず悪の第一歩なりと考える、その考えが悪的である”、これを“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きと読み取れることではあるが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)は“無限段階”であり“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”も程度の低い進化過程であるから、これも“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、のうちのことであることを解れ、そして“善悪美醜”は個の心(靈)を卑下することに繋がりやすいが、そう思うこと事態が“その考えが悪的であることを知らねばならぬ”であり、お前たちが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指すならば、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“無限段階”を認識(悟り、幸取=さとり)として程度の低い心(靈)を蔑むこともせず卑下もしない、どんな段階であろうが生命であるからこそそれは貴いのだ、という認識に至れ、そして程度の低い生命であろうが高い生命であろうが“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、なのだ、ということを知れ、である。

 これに続く次の文。
“来るべき新天地には、悪を殺さんとし悪を悪として憎む思念はなくなる。 しかし、それが最高の理想郷ではない。 更に弥栄して高く、深く、歓喜に満つ世界が訪れることを知り、努力しなければならぬ”

 冒頭の“来るべき新天地”はあえて解釈の要は無いと思うが、その場(フィールド)においては“地上人”の個の心(靈)は今より進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしているからこそ“悪を殺さんとし悪を悪として憎む思念はなくなる”、“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、において“善悪美醜”はあったとしても…先に述べたことと重複するが、すべてが“弥栄”“歓喜”であることを解っている段階に至るから“悪を殺さんとし悪を悪として憎む思念はなくなる”のであるが、この後に“しかし、それが最高の理想郷ではない。 更に弥栄して高く、深く、歓喜に満つ世界が訪れることを知り、努力しなければならぬ”と述べられている通り、先回取り上げた“次の弥栄”がある、そのために“努力”せよ、それを目指せ、と述べられており、これをよく認識(悟り、幸取=さとり)とするために先回取り上げた文言を以下にコピペして、今回はこれくらいにしときまんねん。

これらの総ては大神の歓喜の中に存在するが故に、歓喜によって秩序され、法則され、統一されているのである。 その秩序、法則、統一は、一応 完成しているのであるが、その完成から次の完成へと弥栄する。




“日月神示” 地震の巻 第七帖 Kellyさん的解釈 “その一”

 
 今回から、地震の巻 第七帖の解釈に入ることとする。 第七帖の原文は以下の通り。

地上には、地上の順序があり、法則がある。 霊界には、霊界の順序があり、法則がある。 霊界が、原因の世界であるからと云って、その秩序、法則を、そのまま地上にはうつし得ず、結果し得ないのである。 また地上の約束を、そのまま霊界では行ない得ない。 しかし、これらの総ては大神の歓喜の中に存在するが故に、歓喜によって秩序され、法則され、統一されているのである。 その秩序、法則、統一は、一応 完成しているのであるが、その完成から次の完成へと弥栄する。 故にこそ弥栄の波調をもって全体が呼吸し、脈拍し、歓喜するのである。 これが、生命の本体であって、限られたる智によって、この動きを見るときは、悪を許し、善の生長弥栄を殺すが如くに感ずる場合もある。 しかし、これこそ善を生かして、更に活力を与え、悪を浄化して必要の悪とし、必然悪として生かすのである。 生きたる真理の大道であり、神の御旨なることを知り得るのである。 本来 悪はなく闇はなく、地獄なきことを徹底的に知らねばならない。 これは生前、生後、死後の区別なく、総てに通ずる歓喜である。 一の天界に住む天人が、二の天界に上昇した時、一の天界は、極めて低い囚われの水の世界であったことを体得する。 更に一段上昇、昇華して三の段階に達した時も同様である。 地上人的感覚によれば、二の天界に進んだ時、一の天界は悪に感じられ、三の天界に進んだ時、一の天界は最悪に、二の天界は悪に感じられる場合が多い。 悪的感覚と悪的実態は自ら別であるが、この実状を感覚し分け得た上、体得する霊人は極めて少ない如く、地上人に到りては極めて稀であることを知らなくてはならない。 悪を悪なりと定めてしまって、悪は総て祖先より、或いは原因の世界より伝えられたる一つの因果であると云う平面的、地上的考え方の誤っていることは、以上述べた処で明白となり、己を愛するは、先ず悪の第一歩なりと考える、その考えが悪的であることを知らねばならぬ。 来るべき新天地には、悪を殺さんとし悪を悪として憎む思念はなくなる。 しかし、それが最高の理想郷ではない。 更に弥栄して高く、深く、歓喜に満つ世界が訪れることを知り、努力しなければならぬ。


 今回解釈するのは
“地上には、地上の順序があり、法則がある。 霊界には、霊界の順序があり、法則がある。 霊界が、原因の世界であるからと云って、その秩序、法則を、そのまま地上にはうつし得ず、結果し得ないのである。 また地上の約束を、そのまま霊界では行ない得ない。 しかし、これらの総ては大神の歓喜の中に存在するが故に、歓喜によって秩序され、法則され、統一されているのである。 その秩序、法則、統一は、一応 完成しているのであるが、その完成から次の完成へと弥栄する。 故にこそ弥栄の波調をもって全体が呼吸し、脈拍し、歓喜するのである”
ここまでとする。

 冒頭の文。
“地上には、地上の順序があり、法則がある。 霊界には、霊界の順序があり、法則がある”

 文中の“順序”というのは“地上”と“霊界”それぞれに位置している個々の心(靈)が認識しうる時間の進行においての表記であることにまず気づくべきである。 そして時間の進行は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“下”から“上”へ向かうことを示唆しているものでもあるし、そこにまた進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“法則性”があることをこの文言で述べられているものである。

 次の文。
“霊界が、原因の世界であるからと云って、その秩序、法則を、そのまま地上にはうつし得ず、結果し得ないのである。 また地上の約束を、そのまま霊界では行ない得ない”

 “生前”“地上人”“死後”という“分類”と“形式”、これは輪廻転生でもあるが、そこにおいて述べられている文言であり、先の“地上”と“霊界”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“順序”=時間の進行の相違により、“霊界が、原因の世界であるからと云って、その秩序、法則を、そのまま地上にはうつし得ず、結果し得ない”そして“地上の約束を、そのまま霊界では行ない得ない”と述べられているものである。
 これに関してはすでに解釈した
第五帖 “その三”の以下の文言が理解しやすいし、その解釈を合わせてお読みいただきたい。

生前の自分の行為が地上人たる自分に結果して来ている。 生前の行為が生後審判され、酬いられているのではあるが、それは、悪因縁的には現われない。 そこに、神の大いなる愛の現われがあり、喜びがある。 悪因縁が悪として、また善因縁は善として、生後の地上人に現われるのではない。 何故ならば、大神は大歓喜であり、三千世界は、大歓喜の現われなるが故にである。


 次の文。
“しかし、これらの総ては大神の歓喜の中に存在するが故に、歓喜によって秩序され、法則され、統一されているのである。 その秩序、法則、統一は、一応 完成しているのであるが、その完成から次の完成へと弥栄する。 故にこそ弥栄の波調をもって全体が呼吸し、脈拍し、歓喜するのである”

 文中の“秩序、法則、統一”という表記は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に関した表記である。 それは進化には“一応 完成”と認識しうる“分類”と“形式”はあるが、さらにその“上”=“次の完成へと弥栄”があるということを示唆した文言である。
 そしてその“上”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)は“創造”の“主(ヌシ)”の思惑の顕現であり“創造”の“主(ヌシ)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によることである、というのが“故にこそ弥栄の波調をもって全体が呼吸し、脈拍し、歓喜する”の文言の意味合いである。
 それで文中の“一応 完成している”、その段階、“次の完成”の前段階、それはたった今の“地上人”が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の指標とすべきことであるが、これについては次回詳細に解釈することとする。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 地震の巻 第六帖 Kellyさん的解釈 “その三”



 今回も、地震の巻 第六帖の以下の文言(先回の続き)を解釈することとする。
 
霊人の中では太陽を最も暗きものと感じて、太陽に背を向けて呼吸し、生長していると云う、地上人には理解するに困難なことが多い。 要するに、これらの霊人は、反対のものを感じ、且つうけ入れて生活しているのであるが、其処にも、それ相当な歓喜があり、真実があり、生活がある。 歓喜のうけ入れ方や、その厚薄の相違はあるが、歓喜することに於ては同様である。 歓喜すればこそ、彼の霊人たちは太陽に背を向け、光を光と感得し得ずして、闇を光と感得していることを知らねばならぬ。 この霊人たちを邪霊と呼び、邪鬼と云い、かかる霊人の住む所を地獄なりと、多くの地上人は呼び、且つ感じ、考えるのである。 しかし、それは本質的には地獄でもなく、邪神、邪霊でもない。 霊界に於ては、思念の相違するものは同一の場所には存在しない。 何故ならば、思念による思念の世界につながる故である。 現実的にみては折り重なって、この霊人たちが生活するとも、全然その感覚外におかれるために、その対象とはならない。 地上人に於ても原則としては同様であるが、地上的、物質的約束のもとにあるため、この二者が絶えず交叉混交する。 交叉混交はしても、同一方向には向っていない。 そこに地上人としての霊人に与えられていない特別の道があり、別の使命があり、別の自由が生じてくるのである。

 今回取り上げる文言は、第三帖で取りあげた“御用の悪”“御用の醜”、これを“霊人”は行っているのだ、というのが要旨のひとつである。 
それでこの記事をお読みになる方は先に“御用の悪”“御用の醜”を解釈した第三帖“その四”をしっかり理解したうえで今回の解釈をお読みいただきたい。
 
 冒頭の文。
“霊人の中では太陽を最も暗きものと感じて、太陽に背を向けて呼吸し、生長していると云う、地上人には理解するに困難なことが多い。 要するに、これらの霊人は、反対のものを感じ、且つうけ入れて生活しているのであるが、其処にも、それ相当な歓喜があり、真実があり、生活がある。歓喜のうけ入れ方や、その厚薄の相違はあるが、歓喜することに於ては同様である。 歓喜すればこそ、彼の霊人たちは太陽に背を向け、光を光と感得し得ずして、闇を光と感得していることを知らねばならぬ”

 先に述べた通りこの“霊人の中”という言い回しにおいて、こういった“霊人”もおりそれは“反対のものを感じ、且つうけ入れて生活している”のであるが、これも“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、の“弥栄”であるし=“これらの霊人は、反対のものを感じ、且つうけ入れて生活しているのであるが、其処にも、それ相当な歓喜があり、真実があり、生活がある。歓喜のうけ入れ方や、その厚薄の相違はあるが、歓喜することに於ては同様である”そして“歓喜すればこそ、彼の霊人たちは太陽に背を向け、光を光と感得し得ずして、闇を光と感得している”のであるが、文中にあるように単に“地上人”の“観察と認識”が“理解するに困難なことが多い”、だが“地上人”が“歓喜”や“弥栄”を解っていくにあたっては“御用の悪”“御用の醜”に伴う先の事柄を“知らねばならぬ”と称されている。

 次の文。
“この霊人たちを邪霊と呼び、邪鬼と云い、かかる霊人の住む所を地獄なりと、多くの地上人は呼び、且つ感じ、考えるのである。 しかし、それは本質的には地獄でもなく、邪神、邪霊でもない”

 これは先に述べた通り“御用の悪”“御用の醜”を行っている“霊人”、これを“地上人”が観たならば“邪霊と呼び、邪鬼と云い、かかる霊人の住む所を地獄なり”ということになるが、“本質的には地獄でもなく、邪神、邪霊でもない”であり、これに関しても先に述べた通りのこと。

 次の文。
“霊界に於ては、思念の相違するものは同一の場所には存在しない。 何故ならば、思念による思念の世界につながる故である。 現実的にみては折り重なって、この霊人たちが生活するとも、全然その感覚外におかれるために、その対象とはならない”

 冒頭の“霊界に於ては、思念の相違するものは同一の場所には存在しない”は、第四帖の“同気同類の霊人は、同一の情態で、同じ所に和し、弥栄え、然らざるものは、その内蔵するものの度合に正比例して遠ざかる”と同義である。 これに関してはローム太霊が述べた“類魂”“霊団”の概念が非常に解り易い、それは同じ程度の霊的成長度と同じような息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)ならば、“同気同類の霊人”であるし、これに“然らざるものは、その内蔵するものの度合に正比例して遠ざかる”ということであるから、“地上人”から観て“現実的にみては折り重なって”と、見受けられても(地上人の“観察と認識”の範囲内において、という意味合い)、それは“この霊人たちが生活するとも、全然その感覚外におかれるため”それは“同気同類”ではない、“思念の相違するものは同一の場所には存在しない”、これが“御用の悪”“御用の醜”を為して“弥栄”する“霊人”の様相と言いうることである。

 これに続く次の文は“地上人”における事柄を述べている。
“地上人に於ても原則としては同様であるが、地上的、物質的約束のもとにあるため、この二者が絶えず交叉混交する。 交叉混交はしても、同一方向には向っていない”

 冒頭の“地上人に於ても原則としては同様である”とは、“地上人”においても“霊人”同様“善悪美醜”のどれに相当しても“一切万象”“全体”“生命”事象の実相、の“弥栄”ではある、の意。
 そしてこの文言で取りあげている“御用の悪”“御用の醜”を行う“霊人”とそうではない“霊人”、これは“霊人”においては先の“同気同一”でなければ“同一の場所には存在しない”のであるが、これに相対し“地上人”は“この二者が絶えず交叉混交”するし、これが“地上人に於ても原則としては同様であるが、地上的、物質的約束のもとにあるため”と称されている理由であるし、さらにこれに続く“交叉混交はしても、同一方向には向っていない”というのは、いわゆる“善悪美醜”という区別は“地上人”のものの観方“二義的”なのであるが、これが“地上人”の“弥栄”の方向性を見出すための指標となるからであり、そのために“地上人”の世界では“地上的、物質的約束のもとにあるため”、いわゆる“善悪美醜”をはっきり区別していくこと事態が“地上人”の“弥栄”であるという意味合いである。
 そして“地上人”が“霊人”の“善悪美醜”を“弥栄”や“歓喜”と理解しにくいのは、重複するが“地上的、物質的約束のもとにあるため”であり、そこに“地上人”が“御用の悪”“御用の醜”を、“御用”だと思ってはいけない理由と根拠があるからで、その一つとしては“霊界人”には恨みの連鎖の霊的干渉は無い、これは先に述べた通り“地上人”が“善悪美醜”をはっきり区別するために霊的成長の足を引っ張る恨みの連鎖の霊的干渉があるとも言いうるし、“地上人”の“弥栄”と“霊人”のそれはこういった違いがあるものであり、それを“地上的、物質的約束”これは法則性と換言すれば理解しやすいが、これが“地上人”の“弥栄”に関与しており、そこではやはり“善(神格化の方向性と智性の受信)”を目指し、“ほんとう”の“美”を見出そうとすることが大事。 このことについては次の文、第六帖の最後の文言で示されている。
“そこに地上人としての霊人に与えられていない特別の道があり、別の使命があり、別の自由が生じてくるのである”

 先に取り上げたように“地上人”は“地上的、物質的約束のもとにある”、そしてそれは“霊人に与えられていない特別の道があり、別の使命があり、別の自由が生じてくる”とのべられ、“霊人”は“地上人”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)、“弥栄”のために、“御用の悪”“御用の醜”を行うものもおり、それはその“霊人”にとっては“御用”であるからこそ“弥栄”ではあるが、“地上人”は“善悪美醜”と恨みの連鎖の霊的干渉を“観察と認識”して自分の在り方を見出して神の思惑を顕現しようとする、これを“特別の道があり、別の使命があり、別の自由が生じてくる”と称されているものであり、この文言が何を指すのか、“地上人”が何を為すのか、と言えば、ローム太霊がローム太霊講話集第二話で述べた
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち
であると言いうることである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



Top|Next »

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (105)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (23)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (516)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (16)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
“日月神示” 地震の巻 (36)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (115)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード