“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録より “その一”


 さて、○○○大先生は、○○○大先生の著書を読まれて直接連絡をいただき手ごたえのあった方々、深い霊縁、“上”の配慮で縁をつけられたと感じる方々と共に、今現在、不定期ながら読者会の活動を行っている。
 その中の一人、高齢ながら数時間の太陽凝視を行っているその方の希望、それは、S会=紫光会の経文の解釈を行ってほしいとの依頼を受けた。
 よってこのブログの新しいカテゴリーとしてS会=紫光会経文解釈を取り入れることとさせてもらう。

 今回取り上げるのは 三光道真教句録の 天恩遍辺 無限泉立 時限現象 

 まず、天恩遍辺

天  “上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“創造”の“主(ヌシ)”の振動、ア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)

恩  めぐむ、めぐみ、なさけをかける、受けた方でありがたく思うべき行為 

遍 あまねく、すべてに広く行き渡るさま、すみずみまで、漏れなく

 近く、ほとり、あたり

よって、“創造”の“主(ヌシ)”の振動、天意、神の思惑は、普遍的、すべてに行き渡りどの生命、どんな生命(生きる使命=存在理由)、“上”と“下”に限らず、その生命の近く、ほとり、に行き渡っており、またそれは、“上”、天、からの振動であり、神の恩恵(この言葉に間違えた解釈をする人は多いが)ともいい得る。

 次の、無限泉立、これは天恩遍辺にかかる文言で、その天の恩は、無限に、泉のように立つの意。

 次の、時限現象は、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めながら存在している生命(生きる使命=存在理由)は、現津(あきつ)、観察され得る事象の“観察と認識”を行っている=現象の“観察と認識”をしているということなのだが、それは、時間の進行によるものである=時によって事象の観察は限られている、の意であり、また霊的成長は、時間の進行によって進む(生命が時間を認識しながら進んで行く)ものであるから、限られた現津(あきつ)、観察され得る事象の“観察と認識”をしているの意である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録より“その二”


 今回取り上げるのは 三光道真教句録の 波風漂浮 末世濁悪 千道響振 無数仙佛 萬難踊子 までとする。

 まず 波風漂浮は、先回の 時限現象にかかり、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を受け生命は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)していく、それはその生命の個々の霊的成長度における受け止め方をしながら、ということであるが、いわゆる霊的成長度のそれぞれの段階において、観察しうる現津(あきつ)、観察され得る事象は、波や風のように変化しながら漂い浮かんでいると称されており、この表記そのものが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の進んでいない生命が観察している事象は、不安定である、との表記である。

 次に、末世濁悪、これは進化の進んでいない生命が観察する事象、不安定な波風漂浮の事象は、末世に至る、いわゆる智性(神性)無き心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”は、末世となるし、終焉を迎えるの意、でもある。 
 そしてその事象そのものは、濁悪=“悪(心の動きの本能化と低振動化)”で濁るものである、という表記。

 次に、千道響振 無数仙佛 萬難踊子
 まず無数仙佛の意は、先の波風漂浮 末世濁悪の事象において、その“悪(心の動きの本能化と低振動化)”が台頭する事象であっても“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)である無数の(仙人の意と、亻(にんべん)に山は人間の脳が発達した様を示す)(仏)は、どんな低い進化の段階であっても、ある程度進化を果たした段階であっても、その進化の高低に関わらず、“上”は生命の進化を望む息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)をしているが、それは多数に及ぶからこそ千道響振、幾多の“道”(時間の進行)に“上”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は響いているの意、であり、その“上”の援護や通信を受けながら生命はその事象においての体験をしていき、自分たちがどう生きるか、どう在るべきか、神と人間の関係、“上”と“下”の関係、自分たちの存在の意味と意義、これを自らの認識(悟り、幸取=さとり)とする、それは幾多の難に遭遇して得られ、そこで苦しむ、苦しんでこそ認識(悟り、幸取=さとり)を得る、そのこと事態を萬難踊子、多くの難に踊らされて認識(悟り、幸取=さとり)を得る、それはまたローム太霊の言葉、右往左往と左往右往、これと同義だともいい得るものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録より“その三”

 今回取り上げるのは 三光道真教句録の 潜悪滔滔 光雲避断 魔天清聳 樓閣越脱 昧媚色食 までとする。

 この五つの文言の主たるテーマは、光雲避断 であり、これは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを避ける、断つ、の意である。 
 この解釈の根拠として、まず、 だが、自らの心(靈)を構成する振動よりも高い振動を受け取ったならば、その心(靈)はその振動そのものを光と認識するものであるし、 については、画像で意味を示す。


雲の解字 

 要は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“天津御空(あまつみそら)”=“上”からの振動=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、これを避けて断つ、それは“その二”で取り上げた、波風漂浮=霊的成長度の低い心(靈)が“創造”している不安定な事象、これにかかる文言でもあり、そしてその事象は、末世濁悪 という結果を迎えるものでもあるという意味。
 またそれは、今回取り上げている、潜悪滔滔 事象に潜んでいる悪は滔滔(みなぎりあふれる、勢いよく広がる)の意でもある。

 そして 光雲避断 の後に記されている 魔天清聳 樓閣越脱 昧媚色食 この文言から読み取れる、摩天楼、楼閣、これは建物の表記であり、摩天楼は天にも届かんばかりの高い建物、楼閣は、楼は重層の建物、閣は御殿や櫓など高所の建造物を意味し、これらを総称して楼閣、要はこの二つの表記は、形骸の地位や名誉、人間のおごりを指す意味であると思え、それは旧約聖書のバベルの塔の一般的な解釈、人が塔をつくり神に挑戦しようとした、これなどを連想させる意味合いでもあり、だからこそその摩天は、える(そびえる)かのように見え、立派な 楼閣 に見えたりもするだろうが、それは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の本筋から 越脱 しているものであり、その裏には人間の低い心(靈)の動きをしめす、昧媚色食 この  は、くらい、光がかすかでよく見えない、はっきりしない、あやふや、物事を知らず道理にくらい、むさぼる、の意があり、 は媚びへつらうの意であり、その対象は 色食 いわゆる本能中心の欲望であるのだ、の意であり、この心(靈)が“創造”するのは魔天の楼閣で、それは見せかけであり形骸であり、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の本筋から越脱しているし、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを取り込む、感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)することを避け、“上”の思惑を断つということをしている心(靈)だから、光雲避断 となっているのだ、の意である。

今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録より“その四”


 今回取り上げるのは 三光道真教句録の 暘谷千沈 回天遥望 白陽秘宮 仙座煌𤾗 妖古跛躍 険道蹈破 九恩知悟 不二仙嶽 久遠象徴 までとする。

 今回の文言を取り上げる前に、ここまでの三光道真教句録の文言の纏め(まとめ)を理解しておく必要がある。
 まず、天恩遍辺 により、生命は“上”からの振動により派生し、“上”からの振動を取り込みながら、“道”、時間の進行を認識しながら、進化していき、その過程で、現津(あきつ)、観察され得る事象の観察をする、それが、時限現象 であり、その始まり、霊的成長度が低い段階においての事象の“創造”は 波風漂浮=不安定で、霊的成長度の低い生命(生きる使命=存在理由)の事象の“創造”であるからこそ 末世濁悪 という結果になる。
 またそれは、低い霊的成長度の心(靈)が求めようとしている、実現しようとする、あるいは実現するなにか、換言すれば“思惑の顕現”=現象化は、魔天清聳 樓閣越脱 昧媚色食 であり、その心(靈)や行動は、潜悪滔滔 であり、その段階の心(靈)、その段階の進化過程においては“上”と感応し得ないという意味合いで 光雲避断 と称されている。
 しかし、必ず生命は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしていくものであり、そこにはローム太霊の言葉の右往左往と左往右往の要素があり=萬難踊子 どんな事象、その状況においても、必ず“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の介入がある=千道響振 無数仙佛 だからこそ低い生命は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしていくものである。

 それで今回取り上げる文言は、ここまでの文言に相対し、霊的成長のことが述べられている感がある。

 まず、暘谷千沈 は、日が昇る、日の出、晴れている、の意味があり、は、きわまる、の意があり、その日の出、太陽は幾度となく昇り幾度となく沈む=千沈、これがこの文言の意味合い。

 次の回天遥望 これは空、太陽や月、星の運行(転)をかにむ、の意。 またこれは、先の 魔天清聳 樓閣越脱 昧媚色食 程度の低いものが求めて実現しようとするなにかとは視点も価値観も変わってくるのだの意も感じさせる。

 次の白陽秘宮は、太の高い振動、これを(シンクロトロン放射)と称され、その高い振動の取り込みそのものが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の訣であり、肉体に備わっている、宀(うかんむり、頭の意味)と“呂”、肉体のエネルギーの回転、これが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の秘訣であるの意。

 そして仙座煌𤾗 仙座というのは、仙人の座ではなく、が亻(にんべん)(丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)が下降した様)と脳を示す山であり、これは霊的成長した様、その段階を示しており、そのは、 光が四方に大きく広がり明るいさま きらめく、きらきらと光り輝く、のであり、𤾗 光を発する、光る、輝く、明るい、日の光などで明るい、星が輝く、あるいは、表情が晴れやかな、眼(まなこ)がぱっちりとした、老いて髪が霜のように白い、白髪、また、古めかしい、古びて侘び寂びを感じさせ神々しい(こうごうしい)のであるの意。

 これに続く妖古跛躍 妖古は奇鬼神、あるいは眷族として活躍する動物霊や自然霊を指し、それが(かたよる、かたむく、片足で立つ)(おどる、おどりあがる、とびはねる)要は激しく活躍している様を指す。
 
 その、仙座煌𤾗 妖古跛躍 という霊的成長度に至ったなら、険道蹈破 人生においての試練、霊的成長の為“上”が課す試練=険道 を、(刀、刀剣の意) していくものであるの意。

 そしてその試練を蹈破していく過程で、 九恩知悟 このの表記は、やはり生命としての最終段階、“日月神示”の ○ 九 十 の九と同義だと思え、それは“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、その恩恵は、“上”が課した試練によって得られるものであるから九恩であり、それをる(認識(悟り、幸取=さとり)とする)のが霊的成長でもあるの意。

 これに続く 不二仙嶽 久遠象徴 は、不二が 二つとないことの意であり、それは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の最終段階の局面であるからこそ、久遠象徴 永象徴であり、それはまたその生命の目上(めうえ)の脳の進化、(亻(にんべん)、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)が下降した様、と、山=脳)(大きな山の頂上、進化した脳の頂点)の意である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録より“その五”


 今回取り上げるのは 三光道真教句録の 矢先逆行 大事就成 大圓鞭上 細道入至 沖持秘奥 立所在仁 までとする。

 先回取り上げた文言は、心(靈)は“上”からの振動を取り込みながら霊的成長をしていき、考えや価値観、ものの観方を変容しながら目前の事象の“上”の采配である試練を乗り越え、乗り越えること自体が成長である、その過程で多くの認識(悟り、幸取=さとり)を得ていく、の意味合いであった。
 今回取り上げる文言は、その時点での心の在り方、自分はその試練に相対し、どう在るべきか、を、中心に説かれている感がある。

 まず、矢先逆行 であるが、これについては○○○大先生自身がS会=紫光会の主護霊会で、
自分に向かって弓を射れ、ということだ
と言われている。
 要は、自分に対していつも厳しくあれ、いつも自分を律せよ、目前の事象に艱難辛苦があっても逃げるな、そして、他者を批判したり攻撃したりするのは自我が肥大した霊的成長度の低い人間が行うことであり、それに相対し、常に自分の心(靈)を見張る、それは○○○大先生が著書で述べたように「批判すべきは他者ではなく自分の中の低い心(靈)、甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)心(靈)なのだ」という意味合いである。 

 これを理念として生きていくならば、人生において、大事就成、(“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が観て)きな価値のある柄にき、それをしていくものであり、それはまた、大圓鞭上きな(円)、これは大きなオーラの意味合いであり、それは鞭上、先の矢先逆行と共通の意味合い、自分に打つことで大事就成となり、さらに、細道入至 沖持秘奥 物事を成していく際(“思惑の顕現”=現象化)に、たくさんの事柄を知り、その過程でたくさんの認識(悟り、幸取=さとり)を得る、これを細道入至、と称され、それはまた物事を成す、自分がどう生きていくべきか、どう在るべきか、その秘訣=秘奥、簡単に得られないから、そして(岸から遠く離れた所)と称されるが、必ず自分がそれを手にする=つものであると述べられている。

 これに続く立所在仁 は、おもいやり、いつくしみ、特に、儒教の根本理念として、自他のへだてをおかず、一切のものに対して、親しみ、いつくしみ、なさけぶかくある、思いやりの心、の意味合いがあり、要は“慈悲”と“慈愛”のことであるが、それが様々な所に顕現する=立所 在 自分が育っていったならば、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)して行ったならば、そうなっていくものである、の意味合い。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録より“その五”

 今回取り上げるのは 三光道真教句録の、人上じんじょうほうまんのごう 真教句録 慢 神言逆従 櫻桃花散 大道遠望 黄泉砂塵 淡天漠々 遠山輝光 宙宇上舞 紫雲天降 棚引山上 千峯万領 面目分明
とする。

 先回は、“上”が人(日止、霊止)の霊的成長を望み、“上”の采配として生きている間に解決しなければならない課題や試練を与えうるもので、それにどう向き合うか、自分はその時どう在るべきか、またそれをこなしていったならばそれは、自分自身が成長し心(靈)動きも変容し、自分に対しても自分以外のすべての事象に対しても、 という心(靈)で相対するものである、というのが要点であった。
 だが、大概の地球人は自分に甘いし、また自我が肥大しており、いわゆる“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度であり、その心(靈)の動きによる価値観やものの見方(事象の“観察と認識”)は低いのであり、さらに自分が自分の心(靈)の動きをしっかりと見据えてはいない、先回の矢先逆行ではないものである。

 それを今回取り上げる文言の最初の言葉、
人上
じんじょうほうまんのごう 真教句録  今の人間は じんじょうほうまんのごう 真教句録 慢という心(靈)の上に存在しているという言い回しをされている。
 それで、この
じんじょうほうまんのごう 真教句録慢の じんじょうほうまんのごう 真教句録は、日本の漢字でもなく中国のそれでもない。 以下に経文の画像を貼っておく。



じんじょうほうまん 真教句録 

 これに近い字として、𢕟(ゴウ)があり、彳(ぎょうにんべん)と敖で構成される。
 彳(ぎょうにんべん)これは左足(日足(ひたり)の極性)の意があり、そして彳を取り去った字「敖」を、中国では ao と発音する、それは、青、あるいは、嘆く、嘆き、よって憂鬱、ブルーな気分、あるいは、あそぶ、気ままに遊ぶ、やかましい、火にあぶる、煎る、長大なさま、おごる、たかぶる、の意味合いがある。 
 よってこの文言は、自我が肥大して傲慢になっている意と、傲慢になればなるほどその後に訪れる嘆き、いわゆる右往左往と左往右往の際の心(靈)の動きであるが、それを示していると思われる。

 そのおごり高ぶり、それは、神言逆従 これはの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信=“言”(事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き))、いわゆる生命を育てようとする思惑、これを受け取る、心(靈)が認識していくならば、そこに“理(ミチ)”(法則性)を感じ(感じる磁性)、体得していくものであるが、それに沿っていない、であり、方向に向かっているのでが当てられているし、これに続く 櫻桃花散 これは、樱桃幫(おうとうへい)という言葉があり、その意味は、が対等な関係、幫はたすけるの意で、要は、異郷にあって同郷、同業、同族などの人々からなる相互扶助組織、ということであるが、これも崩れ=花散 となり、孤立無援になって一人で自分のことを思う、自省(胸の磁性“十”)する、そうなって初めて、自分の存在の意義、なぜ自分は生きているか、何のために生きているか、これを思う、考える、これを、大道遠望 は人が手足を広げた様、は時間の進行、あるいは自身が完成に至る道、これをくにむようになっていき、考えや価値観が変わっていくの意。

 次はこれに続く、黄泉砂塵 淡天漠々
 黄泉 は、軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”、腹のエネルギーのこと、いわゆるマニピューラチャクラからの発振、発信の色をさし、先の人上
じんじょうほうまんのごう 真教句録と一致するものであるが、そのは霊的成長という点でたいして価値のないもの、砂塵 であり、その霊的成長の段階では =“上”に対する認識も、いし、漠々(とらえどころのない、ぼんやりとしている、とりとめのないさま)なのだということ。

 次はこれに続く 遠山輝光 宙宇上舞 紫雲天降
 遠山輝光 は進化した脳を指し、それは霊的成長の果てにあるからこそ遠くにる、いわゆる“一”=智性=1番目のオーラのことを指すもの。 そして 宙宇上舞 “”は宇宙に存在し息吹いていることをうと称され、その息吹は、人間の完成のための振動、色の波長で最も細かいであり、それがからり注ぐ、それを取り込むこと事態をで示しているが、に関しては“その三”の画像を参照のこと。
 そしてその“上”からの振動は、脳=棚引くので 棚引山上 と称されている。

 次はこれに続く 千峯万領 面目分明
 は、山の頂、山を神域とみて、その意味合いで表現する言葉だが、これは進化した脳のことであり、それは多数=、と成り、“上”からの振動、先の紫雲を、(自分のものにする、手に入れる、占める、の意)とするということ。
 そうなれば生命(生きる使命=存在理由)としての、進化した人としての、面目、これは、世間に対する名誉や体面、世間からうける評価、人にあわせる顔、などの意味合いだが、神、“上”、“創造”の“主(ヌシ)”に対する面目という意味であり、分明 は、事を分けてはっきりさせるさま、はっきり見きわめがつくさま、の意であるから、神、“上”、“創造”の“主(ヌシ)”に対する面目をはっきりさせる、それは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の際立ちを見せる意味合いの文言である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道真教句録の総括

 
 ここまで解釈してきた三光道真教句録の文言は、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の取り込みで生命(生きる使命=存在理由)は発現し、生命が事象の“創造”をしてその事象そのものを生命が“観察と認識”している。
 これを、天恩遍辺 無限泉立 時限現象 と称されており、そして、その事象は生命の霊的成長度が低いなら低い事象である。 これを、波風漂浮 末世濁悪 と称されている。

 しかし、その低い事象においても、低い事象を“創造”している低い心(靈)に対しても“上”の采配(神の恩恵)があり、神は生命の進化を望んでいるものであるということを、千道響振 無数仙佛 と称されており、その“上”の采配において生命が育ち、認識を改め、“力”をつけながら、自分の在り方を鑑みるようになることを、萬難踊子右往左往と左往右往と同義) と称されている。

 それで、進化過程の低い霊的成長度の低い生命、その段階の心(靈)は、“上”からの振動と感応しない、いうならば神の思惑を拒絶し、低いからこそ本能中心の欲望が台頭する価値観で自らが低い事象を“創造”しているものであることを、潜悪滔滔 光雲避断 魔天清聳 樓閣越脱 昧媚色食 と称されている。

 だが、生命は低い心(靈)から、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んで高い心(靈)へ進化(霊的成長、神格化に向かうこと)するものである。
 これを、暘谷千沈 回天遥望 白陽秘宮 と称されている。

 そして“上”が課した試練(“神は乗り越えられない試練は与えない”、S会=紫光会の交霊会でよく述べられた文言)、これをこなしていき、低い心(靈)から進化していく過程において、認識(悟り、幸取=さとり)を改め、さらに目上(めうえ)の脳=仙嶽 を進化させ、目上(めうえ)の脳の心(靈)での価値観や思想を構築していく、それが、生命の進化の最終段階といい得るのだということを、 険道蹈破 九恩知悟 不二仙嶽 久遠象徴 と称されている。
 またその段階に至った際、進化した目上(めうえ)の脳による心(靈)は、奇鬼神や動物霊や自然霊を眷族として、この事象の“創造”と、“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の顕現をしていくものなのだということを 仙座煌𤾗 妖古跛躍 と称されている。
 余談になるが、たった今の地球人の霊的成長度では、低い妖古 に操られ、心(靈)を乗っ取られ、先の 潜悪滔滔 光雲避断 魔天清聳 樓閣越脱 昧媚色食 となっているものである。

 本題に戻り、生命の存在意義は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)である。 進化して行かねばならないものである。
 その際の自分の在り方として、矢先逆行 大圓鞭上 この意味をよく噛みしめ、自分が生きていく、存在していく上での理念とすることを 沖持秘奥 と称され、そうなるならば、たくさんの認識(悟り、幸取=さとり)と知識、“力”を行使し、活躍しうるので、大事就成 細道入至 となり、その際の心(靈)、“どういうつもり”に台頭する心(靈)の動きは、仁 であり、あらゆるところにその心(靈)が顕現することを 立所在仁 と称されている。

 そうなっていく過程において、低い心(靈)の進化過程の人は(自我の強化のため)傲慢になり、神の思惑に逆らうことをして、価値のないものを求め、神からも人間からも孤立し、その時点で自分を鑑みる、そして自分の存在意義を思い、神と人間の関係、さらに進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道程を知ろうと知るものである。
 これを、
人上
じんじょうほうまんのごう 真教句録慢 神言逆従 櫻桃花散 大道遠望 黄泉砂塵 淡天漠々 と称され、進化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を求め、それを理念として生きていくならば目上(めうえ)の脳の発達があり、その高い心(靈)の動きにおいて“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応があり、その感応により認識を高め、さらなる高い心(靈)を構築していくならば、神に対しての面目が立つ、神の“思惑の顕現”である生命の完成といい得る段階に入ることを、遠山輝光 宙宇上舞 紫雲天降 棚引山上 千峯万領 面目分明 と称されている。

 それでこの経文の冒頭には、北神大極 東現物象 南幽福壽 西霊浄積 物光空無 炁在存為 置位天宙 三光秘経 の文言がある。
 この文言は、炁在存為 置位天宙 三光秘経 から解釈すると意味が解りやすい、それは、ローム太霊講話集のあとがきから引用して、在 は宇宙万物を構成するあらゆる材料の根本、 はこの材料を使って宇宙万物を創造する力の根源、この二つを一定の計画の下に結合させる何ものか、それは現在のこの真善美に徹した一糸乱れざる宇宙万物の創造、これに関与する何ものかをと名付ける、と述べられているが、これはローム霊訓講話で太霊が述べたことであろうと推測する。 

 それでこれ自体は、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑であることが判るし、その思惑の顕現が生命であり、生命の“思惑の顕現”=現象化が事象の“創造”であり、その事象を良いカタチにしていくのが生命の使命である、それはローム太霊講話集の第二話で太霊が述べていらっしゃる
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち
これを実現するのが人間の使命であり、それは 立所在仁 の (“慈悲”と“慈愛”、胸の磁性“十”)による愛()であるからこそ、炁在存為 高い愛(炁)と在と存がある理由と根拠、それを、為 と称し、それは、置位天宙 、“上”にある、それを、置位 と称され、それ自体が高い振動、低い振動で構成された心(靈)(ヒ)から“観察と認識”するならば、と感じられ、それはまた生命の存在意義、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の訣とえなのだということを、三光秘経 と称されている。

 そしてその三光により生命と生命が創造する事象に神の思惑が顕現するが、それは高い振動の低振動化といえ、それを、無、光、空、物、これは振動が高→低の順番だが、人間から観るならば、物光空無 より光、光より空、空より、そして、これが振動の高い順番である。

 またその高い振動が人間の創造する事象に顕現し作用するならばそれは、北神大極 東現物象 南幽福壽 西霊浄積 であり、これはローム太霊講話集の「四方の祈り」をよく読み、自らの認識(悟り、幸取=さとり)として、人間が成していかねばならないこと、この事象の“創造”を“どういうつもり”(思惑)で行うか、それらを要約した文言といいうるが、これもやはり神の思惑の顕現、高い振動の低振動化、そして生命の使命によって行われるべきことである。

 前後するが、三光、生命そのものと生命が“創造”する事象、そこにおける三要素、この表れが、荷電粒子の性質、陰、陽、これは日足と砌(ひたりとみぎり)でもあるが、これに加え中性子、この三つの要素があり、それを取り込んで心(靈)(ヒ)は構成されているという霊の旧字の口三つ、これを思い起こさせるものでもあることを述べ、三光道真教句録の解釈を終えることとする。


靈の解字 



 次回からのこのカテゴリーでは、三光道萬壽壽経文の解釈に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その一”


 今回からS会=紫光会の経文、三光道萬壽壽経文(さんこうどうますずきょうもん)の解釈を行うこととする。
まず、第一巻の 無音東辺 陸々陵々 洋碧左舷 赤壁右現 雲運龍昇 水域模索 
ここまでの解釈を行う。

 さて、今回取り上げる文言は、船の進みゆくさま、これを人生における時間の進行、そして時間の進行に伴う心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)ということを謳っている感がある。 そう思う根拠としては今回取り上げる文言中に、洋碧左舷 という文言があるからである。

 これを踏まえて冒頭の 無音東辺 これは何も無いかのような穏やかな(無音)東のあたり(辺)への進行、東は太陽が昇る日の出の方角であり、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の方向性を指すものと解する。

 次の 陸々陵々 これは進行方向=時間の進行とともに“観察と認識”しうる事象のことを陸々と称され、陵々の陵は、天皇や皇后の墓所の意があるので、霊的成長したうえでの貴い事象と解する。

 次の 洋碧左舷 赤壁右現 これは左の船べり(左舷)にはふかく青い(碧)海原、右には赤い壁が現われると称されているが、碧は短い波長で赤は長い波長なので、“上”と“下”、“上”(碧)が下す霊的成長のための現実においての試練(赤壁)と解し、この事象においての試練を受け止め進みゆくならば、神の極性である日足と砌(ひたりとみぎり)、それはまた、思惑と顕現、精神性と現実、心と物質、ということを深く認識していく。要約すれば、心が時間の進行を感じながら事象の“観察と認識”をしていくならば、この二つの極性を感じ、神の極性、一切の事象の極性というものを認識(悟り、幸取=さとり)としていくと解する。

 次の 雲運龍昇 雲のように湧き立つ運というのは、人生の時間の進行における不運=“神の咎め”、そして自分が努力した、苦心した、その結果得られる幸運=“神の采配”による認識(悟り、幸取=さとり)の獲得、これを 雲運 と称し、それはまたローム太霊講話集で解釈した“法(のり)”、進化における絶対の法則性、これを生きている間の時間の進行において獲得し自分の認識として、龍
(この字は月に立つ、月に昇る、という意味合いで月は砌(みぎり)の極性(事象への顕現)である)
のごとく昇れ=霊的成長を果たして行けよ、と解する。

 次の 水域模索 これは船が進みゆく(水域)=人生において、目の前の事象の“神の咎め”と“神の采配”を認識しうる過程、いわゆる右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、これを認識する過程=模索ということである。
 
今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その二”



 今回取り上げるのは 三光道萬壽壽経文の 振動水平 秒魔堆散 根元兩翼 天辺良地 砂平衰峻 平盡漠照 までとする。

 まず、振動水平 これは先回の 水域模索 にかかり、人生においての右往左往と左往右往、これをこなしていきながら“神の咎め”と“神の采配”を認識していき、心(靈)が育っていくならば善(“善(神格化の方向性と智性の受信)”)い形の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の顕現をするのだが、その際の心(靈)の動き=息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は、善い形の“思惑の顕現”=現象化そのものが、日足と砌(ひたりとみぎり)の調和、和合、と言いうる、それは日足(ひたり)の極性だけ強いならば思うだけで実行に移せず、砌(みぎり)の極性だけ強いならば考えなしで行動するみたいなもので、その両方の極性があいまった形を、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)=振動、極性の偏りがないことを水平と称されている。
 
 次の 秒魔堆散 これは、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の偏りが心(靈)の動きみたいなものだが、それに感応する魔、一瞬の心の隙、秒 を狙って悪霊は入り込もうとする、その心(靈)を支配しようとするものだが、先の 振動水平 ならば、その魔は、近づけない=感応しないので、堆 これは堆積の堆で、字の意味は、高くつみあげてある、うずたかい、うずたかくなっているもの、であり、そう称されている一瞬の心(靈)の隙を狙って感応してうずたかく積みあがったかのような魔は、散ってしまうのだ、の意である。
 
 次の 根元兩翼 この両翼は、人生において、その時間の進行とともに“神の咎め”と“神の采配”を認識しながら心(靈)が育って日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を悟っていくことを指しており、この極性が一切の事象、外側(外国と幽界)の事象にも内面とか内側(心の中と感じている事)にもあり、それが又、一切の根元なのだ、の意。
 
 次の 天辺良地 天は“上”の意、心はいつどんな時でも“上”を求め“上”を目指し、時間を歩んで、“上”の事象、良い形の地を求め、顕現しようとしている。 またこれが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の一側面でもある。

 これに続く 砂平衰峻 これは、天辺良地 には日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の偏りがないので、峻 これは、山などが高く険しい、高く険しい場所、あるいは心(靈)の動きとして 態度などが厳格、の意があるが、これが平らになる、それは人生において心(靈)が育つならば、高く険しい日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の偏りはなくなる、また他者にだけ厳しい、という態度もなくなる、それを衰峻と称され、心(靈)の動きが砂地のように平らになるの意。

 これに続く 平盡漠照 心(靈)が育ち 砂平衰峻 となったなら、先の平ら、と、盡、これは、つきる、なくなる、つくす、きわめる、ことごとく、全部、すべて、の意があるが、そこに“上”からの振動は、陰影なく、一面の砂漠に降り注ぐ太陽のように一様に照る、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、この一切を受け、止める、溜める、の意味合いを感じさせる表記が先の 天辺良地 であり、砂平衰峻 平盡漠照 は、その良地=日足(ひたり)と砌(みぎり)の極性の偏りのない事象の顕現、これを説明している文言である。

今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その三”



 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 黄駄理利 無盡赤心 一點せき 三光道萬壽壽経文 小  (せき) までとする。

 まず 黄駄理利 この黄は、軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”、いわゆる腹以下のオーラ、腹で発現する心(靈)の動きの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、心(靈)の動きとしては、肝の“いきり立つ心(奴と心)”、脾の“思う、憂う”である。 それで黄駄というのは、駄が、価値の低い何か(駄作、無駄)、あるいは荷物を載せる意(駄馬、荷駄)あるいは履物(下駄、雪駄)の意があり、この黄で示された心(靈)の動きは進化の段階としては“上”から観たら神格化には程遠いのだが、それに乗り、それを下にして時間の進行を歩むならば、理、これはことわり、法則性、ローム太霊講話集での“法(のり)”、進化に伴う絶対の法則性、それを認識したら考えることが出来る自分の在り方、自分の存在の意義、それを得る=利、利得の利、という意味合いである。

 これに続く 無盡赤心 この無盡は、絶え間ない、尽きない、尽きるところがない、の意があり 赤心 は、一番低い心(靈)の動き、波長の長い赤い光、赤いオーラ、この赤いオーラが肉体の磁性により上に引き上げられ(進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たし)て、赤が、橙 黄 緑 青 藍 紫 そして銀 金 さらにクンダリーニの白光(シンクロトロン放射)となるが、この文言は、赤心自体は、存在ある限り、生きていても死んでいてもという意味合いだがが、それは尽きることがない、の意である。

 これに続く
 一點泉
せき 三光道萬壽壽経文 小  (せき) 
この
せき 三光道萬壽壽経文 小  (せき)、

せき 三光道萬壽壽経文 小 

この字に関しては○○○大先生の読者会のメンバーのお二人、中国語に堪能な方と書道に詳しい方におたずねして分ったこととして、(氵)さんずいと四、辰、そして四の下の字は辰の書写体、これで構成された字そのものが日本にも中国にも無いようである(お二人にはご助力に感謝です)。 
 それでこの字の解釈としては、浱と四、こう見做すこととし、浱は、水辺、あるいは水辺の岸、の意、四は発振、発信、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)と解し、一點は、點は点の旧字だが、小さな黒いしるし、区切りなどにつけるもの、つける、ともす、場所や位置を示す、の意があり、泉は先の と併せて、水辺に泉のように、四=発振、発信している様、その場所、そしてそれは特定の振動、さきの黄と駄、いわゆる腹の水、“日月神示”表記なら“江戸と尾張”の“江”、心(靈)の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)としては、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン、さらにこれは自分が観察している事象に対し実際に行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)を起こす心(靈)の動き、さらにそれは先の赤心、が引きあがったものであり、それは泉のように一點、これは一か所の意であるし、自らが“観察と認識”する事象に対し、行動を起こしていく心(靈)の動きが、今回取り上げた文言である。

今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その四”



 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 常陽無盡 白砂平等 行目金扉 来樂個々 眞容白扇 常々非無 三振一握 までとする。

 まず、常陽無盡 白砂平等 これは“その二”で解釈した 砂平衰峻(高く険しい日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の偏りはない) 平盡漠照(“上”からの振動は、陰影なく、一面の砂漠に降り注ぐ太陽のように一様に照る) と同様に、常に“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意=陽、太陽の陽は、つきることなく=無盡、であり、その振動を受け止め溜める場(フィールド)が、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性に偏りが無ければ=平等、白く輝く砂のように見えるの意である。

 これに続く 行目金扉 来樂個々 冒頭の行は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の為の“行”と生業(なりわい)を含んでおり、その目的は価値のあることだから、霊的成長、神格化に向かうこと、が生命にとって最も価値のあることだからこそ、金の扉と称され、それを為していくならば、個々の心(靈)には、真の樂(楽の旧字)、それは目先の喜びでもなく快楽でもなく物欲でもなく、自分が神の子であることを認識したうえでの喜び、これについてはローム太霊講話集の第二十二話、
苦に苦を重ねるということも、それが現在より更に安楽になるための修行
この文言の意味合いが解りやすい。

 これに続く 眞容白扇 眞(まこと)、進化における真実=真固止、本当とか本物とか偽物とかの意味ではなく、霊的成長して神の思惑を自分の認識としていくならば外側(外国と幽界)の事象にも内面とか内側(心の中と感じている事)にも、“ほんとう”のことしか求めないようになり、人を欺く、騙す、など、外側(外国と幽界)の事象に対するこういった行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)を自分に許さない、また内面とか内側(心の中と感じている事)においても、自分がどう在るべきか真摯に鑑みて、自分に不正を許さない、これが太霊がローム太霊講話集で述べていらっしゃる“真の人間”(まことのにんげん)の一側面でもあるが、その意を指しており、それを受け入れる=容、これは、いれる、許容する、の意味合い。 そして、白扇、これは何も書いていない白い扇の意だが、古くは贈答の品として使われ儀礼などで使われたが、これが“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から贈られる、それは先の、眞、これを容、とするならば、の意味合いである。

 これに続く 常々非無 これは先の 常陽無盡 白砂平等 にかかり、“上”からの振動は無に非ず(あらず)、それは休まず常に“上”から降り注ぐの意。

 これに続く 三振一握 三振は、右往左往と左往右往、自らの心(靈)の動きと行動、そして日足と砌(ひたりとみぎり)の極性、この三つの行使で得る認識(悟り、幸取=さとり)、これは自らと日足と砌(ひたりとみぎり)=三に対して、認識(悟り、幸取=さとり)は一と称され、またこの一は、“一”=智性=1番目のオーラの意である。

今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その五”



 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 友愛母神 月明日發 閃光光明 彩瑳玉善 無盡自悟 従容陽樂 までとする。

 まず、友愛母神 月明日發 閃光光明 これは 太陽=日、その発振、発信=發、そして太陽は日足(ひたり)の極性、月の明かりは、砌(みぎり)の極性(事象への顕現)、これを指しており、これとほぼ同義なのが四空経録の日心月物でもある。 この文言は友愛母神と、閃光光明、にもかかり、太陽と月の振動は“上”からの振動であり、その思惑は友愛であり母神であるし、その振動は高い振動、短い波長と高振動数であるから閃光のようである、そしてそれは自分の生き方を悟っていく振動であるので、光明でもあるの意。ちなみに 閃光光明 この文言中の二つの光は、々でつながっていないので、別々の意であると判断した。
 
 これに続く 彩瑳玉善 これは“玉(ぎょく)”が結晶化の意、善は、神格化の方向性を指し示す心(靈)の中の指標、これを行使して外側(外国と幽界)の事象に顕現することが人間の在り方でもあるが、これを彩(いろどり)よく、瑳、これは、みがく、の意であり、玉と善を“上”から観て彩と瑳、彩りよく磨け、の意である。

 これに続く 無盡自悟 これは、自分を悟る、自分の存在意義を解っていく、これそのものが霊的成長に沿っていることであるし、自分の存在の意義を知ること事態が霊的成長でもある、その悟り、認識(悟り、幸取=さとり)の獲得、それは無盡であるの意、無盡は尽きることがないの意。

 これに続く 従容陽樂 これは陽、太陽の陽、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを受け入れる=容、これに従うならば(これに従うこと事態が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)であるが)、それは“ほんとう”の樂(楽)“その四”で解釈を述べた 来樂個々 この樂と同義である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その六”



 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 非世觀容 長離無外 萬別陸泉 急喼如命 亂離翩翻 粛々動静 久遠差示 巢賀綠身 までとする。

 今回の文言は、巢賀綠身 の意味合いが分らないと解釈できない。 よってこの文言の解釈を先に述べる。
 綠身の綠は緑の旧字、これは何を指し示すのかと言えば、アナハタチャクラの内奥の色、心(靈)の動きならば自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”である。 
  当然のことながらこの振動も“上”から注がれているが、これに感応すること事態がたった今の平均的地球人よりも“上”の心(靈)が発現していなければならない。 また多くの地球人には自省(胸の磁性“十”)の心(靈)が足りず、この綠(緑)の振動も素通りしているものであるからこそ、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の方が圧倒的に多いという現状でもある。
 ちなみにたった今の地球人の心(靈)の動きを指し示している文言をここまでの三光道萬壽壽経文 第一巻からピックアップするならば 黄駄理利 無盡赤心 の黄駄と赤心であり、これがまた、自我の確立=固定化の進化過程を指し示すものであった。
 それでこの文言は綠(緑)、これを身に巢(巣の旧字)、これは巣くう、集まる、群がる、の意、賀は、よろこび、寿ぐ(ことほぐ)の意、“上”から注がれる緑の振動を自分(身)に止める(巣)ならば、その霊的成長度に至ったならば、それはよろこびであり寿ぎであるの意。

 それで今回取り上げる文言の最初、非世觀容 長離無外 これは自分の心(靈)が行う事象の観察でなにを悟っていくのか、それを指す文言、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって“創造”されている世を観て受け入れる(容)に非ず、悟った何かは外側(外国と幽界)の事象に無く長い距離を隔てたものでもない、自分の心(靈)の内面とか内側(心の中と感じている事)にしか無いの意。

 これに続く 萬別陸泉 萬別は、さまざまな区別の意、この場合は自らが遭遇する事象、この苦別の意。 泉は湧く、自分が時間の進行とともに贖う(あがなう)エネルギー、先に取り上げた、黄駄理利 無盡赤心 の黄駄と赤心、陸は泉に対しての相対的な表記で、自分のエネルギーの贖い(あがない)と時間の進行、これによって遭遇する事象そのもの、これに似た表記は第一巻の陸々陵々 洋碧左舷 赤壁右現 でもある。

 これに続く 急喼如命 これは最初に取り上げた巢賀綠身 これにかかる文言、早く早く(急喼)使命の如く悟れ、である。

 これに続く 亂離翩翻 亂離は、国が乱れて人々が離散する、あるいは乱れ散る、その様子の意、翩翻は、旗などが風にゆれ動くの意、なので、事象に遭遇して心(靈)が乱れ右往左往と左往右往することを指している。

 これに続く 粛々動静 久遠差示 これも巢賀綠身にかかる文言で、自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”の心(靈)を獲得するには、粛々と自分の心(靈)の動きの動静を観察せねばならない、自分の心(靈)の動きの“上”と“下”、自分の心(靈)が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応しているのか、あるいは“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応しているのか、それを見極めねばならない、いわゆる“自分を観察する自分の確立”をしていくものであるが、その意を含む文言。

 これに続く 久遠差示 これも巢賀綠身にかかる文言で、久遠は、時が無窮、永遠、あるいは遠い昔、の意があり、これは自分が自分の人生において“観察と認識”してきた事象を振り返る、何が自分の霊的成長にとってプラスだったか、あるいはマイナスだったのか、このこと自体を、差と示、これで表現しており、この認識が大事なのだ、ということを暗に示した文言である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その七”


 
 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 無搖立氣 綠辺無想 萬樂盡陽 宇外色食 高辺怠惰 骨粉散飛 土壌解理 までとする。

 まず、無搖立氣 これは揺るがない氣(気)を立てよ、の意。

 これに続く、綠辺無想 無想は無想無念の意、それは、自我という心(靈)があるから何かを欲する、こうしたいとかああしたいと思うもの、その心(靈)の動きはときに祈りとも邪念ともなり得るが、これに対して無我の境地という概念がある。 
 この無我の境地の概念そのものに突っ込みを入れると、無我の境地という表記に少々問題を感じるが、自分の自我由来の心(靈)の動きを自分で低いと思う、自分が自分の自我に振り回されることがない、自我を律する心(靈)の動きを有している、これが無我の境地であると解釈するならば、それはやはり、自我より“上”の心(靈)の発現と動きであるし、それは先回取り上げた巢賀綠身、この綠(緑)アナハタチャクラの内奥の色、自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”、この心(靈)の動きを指すものであるし、この文言の、無想は、綠(緑)、胸、その辺り(あたり)であると解するし、先に解釈した 無搖立氣 の立つ氣とは、これを指すものである。

 次の 萬樂盡陽 萬(万)の樂(楽)これは“その四”で解釈した 来樂個々 のそれと同義で、意味は真の樂(楽の旧字)、それは目先の喜びでもなく快楽でもなく物欲でもなく、自分が神の子であることを認識したうえでの喜び、これは盡陽にかかり、盡は尽きることのない、の意、陽は太陽の陽、“上”からの振動の意である。
 
 次の 宇外色食 色(性的な事)食は目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)、本能由来の欲望、これは宇の外ということで、宇は、ひさしがある大きな家、家は、宀(うかんむり、頭の意味)と豕部(しぶ、ぶた、家畜の意味)…智性を持った進化した動物=人(日止、霊止)の意でもある、あるいは大空に覆われた世界、天下(宇内(うだい)・宇宙の意)、あるいは自分の器量、度量(気宇)の意、よって本能由来の欲望など自分の外に捨て置け、そんなものに捉われるな、の意である。

 次の 高辺怠惰 骨粉散飛 土壌解理 。
 まず 高辺怠惰 これは、自分の霊的成長度が低く自我主体の心(靈)、自我の肥大をした本能が台頭した心(靈)であるならばそれは、心(靈)全体を観ると怠惰が高いところ(辺り)であり、そんな人間は“行”による肉体組織の結晶化などありえず、それどころか“石”(帯電するミネラル)が崩壊する、いわゆる骨がスカスカ、これでは高い存在の感応は出来ないし、程度の低い悪霊とばかり感応する、そして目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)、本能由来の欲望で生きていくならば、骨のカルシウムなどは酒食と荒淫などによって血液中に遊離してしまう、それが 骨粉散飛 の意。 これに続く 土壌解理 土壌は肉体(土)と“石”(帯電するミネラル)灰分(かいぶん)(Ca(カルシウム)P(リン)Mg(マグネシウム)K(カリウム) 微量のAl(アルミニウム)Fe(鉄)Zn(亜鉛)Si(珪素)Na(ナトリウム)それらの化合物)を指し、解理は中国語で劈開(へきかい)の意、劈開とは結晶鉱物がある一定の方向に割れて劈開面を作る現象、これもタンパク質の高分子化で作り上げられてきた肉体組織の崩壊を指す文言である。

それで少々余談になるが、
同時進行で行っている“総括編”で、腹の水は“上”からの振動の取り込みで、本能、情動、自我、という心(靈)の発現をしているものであると○○○大先生は述べたが、高辺怠惰 骨粉散飛 土壌解理 という状態ならば、こういった低い心(靈)の動きしか持ちえない存在、それは霊的成長度の低い心(靈)、ということになるものである、ということを述べ、今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その八”


 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 命々梵鐘 天道多盡 即壁無償 盡打盡打眞力 匕部と県  までとする。

 まず、命々梵鐘 梵は、梵語(サンスクリット)の Brahma (神聖・清浄)を音訳したもの。
 そして梵鐘は寺院の鐘(かね)のこと、仏教行事の始まりの予告として撞く、またその鐘の響きを聴く者は一切の苦から逃れ悟りに至る功徳がある、とされているが、「苦から逃れ」という解釈は“役員づら”によるものであり、間違いであると思え、苦を贖って(あがなって)悟りに至る、これが正解である。
少々余談になったが、梵鐘にはこういった意味合いがあり、これそのものが人生における苦痛や苦悩、これと向き合って悟りを得る、認識を高めていく、いわゆる霊的成長のことであり、梵語の梵も進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指す意味合いである。  
 それで命々、命が二つの意味合いは、仏教行事の始まり、これを進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の為の“行”に目覚めると解し、もう一つは先に述べたように苦痛や苦悩を体験しエネルギーを贖って(あがなって)、認識を高める、その二つの要素を、命名と称されていると思う。

 次の 天道多盡 天道は天への道、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道、あるいは“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、盡は、つくす、つきる、ことごとく、の意、よってこの文言は、進化への道をつくす、多くつくす、多くは時間とエネルギーの贖い(あがない)、の意である。

 次の 即壁無償 この壁の意味は“その一”で取りあげた 洋碧左舷 赤壁右現、人生を船の進行にたとえ、左の船べり(左舷)にはふかく青い(碧)海原、右には赤い壁が現われると称されているが、碧は短い波長で赤は長い波長なので、“上”と“下”、“上”(碧)が下す霊的成長のための現実においての試練(赤壁)と解し、この事象においての試練を受け止め進みゆくならば、神の極性である日足と砌(ひたりとみぎり)、それはまた、思惑と顕現、精神性と現実、心と物質、ということを深く認識していく。 
 それは心が時間の進行を感じながら事象の“観察と認識”をしていくならば、この二つの極性を感じ、神の極性、一切の事象の極性というものを認識(悟り、幸取=さとり)としていくもの、その意味合いであり、その壁=“上”の采配、霊的成長のための試練において、無償、代価を求めない、苦痛や苦悩と戦ってエネルギーを贖って(あがなって)得られるものは心(靈)の中の認識であり、薄っぺらい人間が思いがちな、自分はこれくらい頑張ったのだから…とか、頑張ったからいいことがあるだろう…とか、そんなことを思うこと事態が自我の肥大であり、そう思う心(靈)は低いのだということを感じさせる文言である。

 次の 
盡打
盡打眞力 匕部と県  盡と打と力は、先の壁、“上”の采配、試練に対するエネルギーの贖い(あがない)を指し、頑張って頑張って自分の持っているエネルギー(力)をこれ以上ないくらいつくす(盡)、それで盡打眞力 匕部と県 は、眞(まこと)であり、この字そのものの表記、それは眞という字の成り立ちは、匕部+県であり、以下の画像の字はこのことを示している。

盡打眞力  

 それで匕部(ひぶ)は、さじ、さじのひ、であり、匙、スプーン、中華料理に使う蓮華の意味合いがあり、その下の県、県は鼎(かなえ)であり、Wikipediaによれば
“鼎はもともとは肉、魚、穀物を煮炊きする土器として出現したが、同時に宗廟において祖先神を祀る際にいけにえの肉を煮るために用いられたことから礼器の地位に高められ”
と述べられている。
 これは肉体を鼎という器にたとえ、頑張って得られた心(靈)の中の認識を匕部(ひぶ)で掬い上げて獲得する、そしてそれは“上”が評価する眞の力である、という意味合いである。

 なお、この字の解釈、眞の字の成り立ちに関しては、○○○大先生の読者会のメンバー、中国語に堪能な方と書道に詳しい方お二人のご助力によるものである。
(お二人には大感謝です)

 今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その九”



 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 絹布流達 渾々利勝 悠備遠達 遠々千里 磨化良非 千便羅布 飛楊潜在 樂々陽々 までとする。

 まず 絹布流達 絹の布という表記は、繊維が密なさま、これは肉体の神経線維を指すもの、生物は進化すればするほど神経が発達し、密に巻かれた神経線維は骨とともに電磁石の構造を持ち、神経に電流が流れればローレンツ力が派生して“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、を取り込むことは幾度となく説明してきており、この文言ぞのものが生物としての人間の神経線維の様子を示し、少々先走るが、今回取り上げる 千便羅布 の、“羅(目の下の錐体状の神経)”と布、これも同様の意味合いを持つ。 
 流達というのは、三光道萬壽壽経文 第一巻 は、人生を船の進行にたとえたと解釈しているが、船の進行、流れ、それは、神経が密、そういった肉体になる、そこに達する、という意味合い。 

 次の 渾々利勝 この渾々(こんこん)は、水がさかんに流れるさま、尽きることなく湧くさま、物事の尽きないさま、利は、仏教の言葉として、ためになること、法力によって恩恵を与えること、自らを益するのを功徳(くどく)、他を益するのを利益といい、神仏の力によって授かる利福、利生(りしょう)、その意であり、勝は、利を勝ち取る、どうやって勝ち取るのかは先回解釈した 命々梵鐘 天道多盡 即壁無償 盡打
盡打眞力 匕部と県  が解りやすい。

 次の 悠備遠達 遠々千里 この二つの文言には、悠(悠久のそれ、はるか)、これが備わり遠くに達する、そして千里、さらに遠いに々を付けて同じ意味合いを強調した表記になっているが、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道のり、道程、その時間の進行に伴うエネルギーの贖い(あがない)、これを示した文言である。

 次の 磨化良非 磨いて=進化して良い肉体(生体内電流による肉体組織の結晶化、“玉(ぎょく)”)と、進化していくべき、あるいは進化を果たした心(靈)になるのが、もともと持っていた肉体と心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)そのものであり、それが又、生命(生きる使命=存在理由)でもあり、それは化ける、違う存在になる、ということに非ず(あらず)の意、たった今の自分はどんなに霊的成長度が低かろうが悪行を重ねていようが、まっとうな“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿って自分の心の在り方を鑑みて、それを外側(外国と幽界)の事象に活かす=行動するならば、“上”から観て良しとする、の意。

 次の 千便羅布 これは先に少し述べたが、“羅(目の下の錐体状の神経)”は進化した生物ゆえの目と脳下垂体と神経の成り立ちであり(これについては“波羅密”の解釈を著書で述べた)、その神経が密になったさまが布という表記、それを千回=何回も何回も、そして便は、障りなく事が運ぶ、都合よく事を運ぶ、の意味合いがあるが、これは神経を伝わる情報=生体内電流、このやり取り、末梢から中枢へ、中枢から末梢へ、ということである。

 次の 飛楊潜在 樂々陽々 飛楊は、楊(かわやなぎ、ねこやなぎ)が、風に揺られ飛んでいるかのような、一見楽しそうな、進化した心(靈)にはそれが潜んで内在している、という表記、これは自分の心(靈)が 樂々陽々 ならば、という意味合いで、この樂(楽)これは“その四”で解釈した 来樂個々 と、“その七”の 萬樂盡陽 のそれと同義で、意味は真の樂(楽の旧字)、それは目先の喜びでもなく快楽でもなく物欲でもなく、自分が神の子であることを認識したうえでの喜び、そして陽は、太陽の陽、“上”からの振動の意であり、それぞれに々を付けて意味を強調しているものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻より“その十”



 今回取り上げるのは三光道萬壽壽経文の 變闘盡慾 氣殺煩悩 條理多變 物々倫理 歡樂翻飜 粒子遂全 綠秘無風 清涼流々 炁一定身 までとする。

 まず 變闘盡慾 慾(欲、むさぼる心(靈)の動き)は、自身の霊的成長度による心(靈)の変容、それは霊的成長の過程=“上”が課す試練との闘い(たたかい)の結果といえるし、そこにおいて苦痛や苦悩を味わい自分のエネルギーの贖い(あがない)、これを尽くす(盡)と、その“道”(時間の進行)、“理(ミチ)”(法則性の認識)、によって、慾は、変容する(變)ものであるの意。

 次の 氣殺煩悩 これは煩悩=目下(めした)の心(靈)由来の欲望、これを、“その七”で解釈した 無搖立氣 (揺るがない氣(気)を立てよ)の氣、これで煩悩を諌める(殺)の意。

 次の 條理多變 物々倫理 條は“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きで野放図に使わない、“力”をどう扱うべきか考え、それを理念とする、それは法則性といえ、“力”の使い方の悟りは“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)であるが、その意のこと。
 ちなみに條について 
“ローム太霊講話集”第十九話 仙道 再び尸解仙と地仙 Kellyさん的解釈“その三”で、以下のように述べた。


行が益々進んで術となり條となり現、幽を通じて一人前の者に育て上げられ…中略…そこで初めて山神、海神、木神、草神などの自然を守る神や男女老中幼の人間を守る神の下で働くようになる
これは
肉体を物体に変化させ…中略…例えば、肉体を杖とか剣とか槍とかに変える
に相対した言い回しでもあり、だからこそ
同じ尸解仙でもその力の現われ方によってはっきり区別される”と述べていらっしゃるものであるが、これはどちらがまっとうなのか、鑑みよ、という太霊の思惑を感じ得るものであるし、この文言で大事なのは、“行が益々進んで術となり條となり”、“”(“力”の顕現)を使っていくうちに“”を認識していく、この“”については○○○大先生が未刊行の著書の<7>で以下のように述べている。

 それは、ロームさんの言う“道”を自分で確立し、そしてそのために努力する=贖う(あがなう)。努力っていう字は“いきり立つ心(奴と心)”に“力”、そして、もう一つ“力”。“力”が二つ重なった熟語だね。
そしてそれは贖うことだし、それに応じた霊的干渉もある。そしてそれは“術”を…“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を顕現することになっていく。しかし、その時点ではただ、“術”や“力”の獲得でしかない。“術”や“力”を使い、右往左往して左往右往して、使い方を考えるようになり、そしてそれは“條”になり“法(のり)”になり…それらは、心の動きを表わす言葉でもあり“力”と“術”を、この世界に現すための、心の発現と、法則ってことをいっている。“條”の意味は、条と同義らしく、それは、細長い枝、桑条(ソウジョウ)、桑の細い枝とか、すじ、筋道の筋(すじ)、細長いすじや紐(ひも)、あるいは、ひとすじずつ書いたものの意味、それは、条文とか条項、箇条書き。そしてそれは、物事の道理の筋道(すじみち)…条理。…そういう意味の字だよ。そしてそれは、大日如来の条帛(じょうはく)の意味でもある。


 いわゆる“”は、“力”の使い方、“どういうつもり”で“術”(“力”の顕現)を使うか、その法則性を認識したならば…という意味合いのことであるし、少々余談になるが、これを獲得したうえで、ローム太霊講話集で述べられている“法(のり)”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の絶対の法則性、これを認識していくものでもある。
 題に戻り、條理、これは“力”の使い方=條、“理”は法則性を獲得したならば、それを理念とせよ、であり、多變というのは、霊的成長度の低い段階から心(靈)が育ち“力”の使い方を悟り認識も変容し生き方も変わり自分の存在ということに対しても認識が変わり、これら心(靈)の中の変容は霊的成長の過程において多くあるものであり、認識(悟り、幸取=さとり)がどんどん変容していくことを指している意であるし 物々倫理 は、現界における外側(外国と幽界)の事象、これを物々と称し、これに対して、倫理=人としての生き方の規範、道徳やモラルの意、これを見出していくの意。

 これに続く 歡樂翻飜 歡樂(歓楽)、喜びに対する認識、楽しい、と思うことに対する認識、これは目下(めした)(動物の心(靈)の段階)中心の心(靈)から育って智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を獲得していくならば、何が歓びか、何が楽しいのか、それはいわゆる価値観の変容とも言いうるが、それが翻る(ひるがえる)、これに続いている 飜 も、ひるがえる、裏返す、の意であり、歡樂(歓楽)と認識しうる事柄は、霊的成長の過程によって変容し、動物に近い心(靈)の価値観、本能中心のそれ、先に解釈した 氣殺煩悩 の煩悩由来の程度の低い歡樂(歓楽)、これに相対し“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)を理念として生き、そのために“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方を考え=先に解釈した 條理多變 の條、これを自分に課していくと、心(靈)の動きには神に認められているという認識ゆえの高い功名心と自尊心へと変わり、そこに自分の存在の意義、神の子としての自分の存在意義を見出していく、それが“ほんとう”の歡樂(歓楽)である、の意。

 これに続く 粒子遂全 この粒子の意味は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、であり、遂全(経文の読みは、まっとう)は、“上”からの振動を全て(すべて)遂(なしおおせる、なしとげる、遂行のそれ)せよ、の意。

 これに続く 綠秘無風 綠(緑)はアナハタチャクラの内奥の色、自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動き、それは霊的成長の秘訣、それを獲得したならば霊的成長のための試練、自省(胸の磁性“十”)の“行”に至るまでの自我の肥大を諌める“業行”(生業(なりわい)と“行”)は卒業となるので、自分が“観察と認識”する現津(あきつ)、観察され得る事象、これは今まで(自我の肥大を諌める段階)と相対し、無風と感じられる、そう認識しうるものであるの意。

 次の 清涼流々 炁一定身 炁、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、神の愛(炁)、それを、“一”=智性=1番目のオーラ、とせよ、身に定めよ、あるいは、身と定めよ、いわゆる“創造”の“主(ヌシ)”との感応をせよ、そしてその心(靈)の動きと行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)をこの事象に示して顕現せよ、の意、であり、清涼流々 は、“上”からの振動(清涼)が“下”である(清涼ではない)人間に流れ注がれる様子、これは神の愛(炁)が生命(生きる使命=存在理由)を育てているとも言いうるが、その神の愛(炁)、“上”から注がれる振動、これを言い表わした表記である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 三光道萬壽壽経文 第一巻の総括



 三光道萬壽壽経文の第一巻は、人生、生きている間、その時々における外側(外国と幽界)の事象の事象で自分が育つために“上”が課す試練や課題、これを乗り越える過程において自分の内面とか内側(心の中と感じている事)において心(靈)が動き、心(靈)が育ち、その育ちつつある心(靈)は“上”の振動と感応し、変容し、第一巻最後の文言の 炁一定身 となしていく、これが第一巻の要旨である。

 まず、人生における時間の進行を船の運行にたとえ 無音東辺 陸々陵々 洋碧左舷 赤壁右現 と称され、外側(外国と幽界)の事象と内面とか内側(心の中と感じている事)おける心(靈)の動き、この心(靈)の動きにはすべて“上”の采配があり、この“上”の采配そのものが自分の心(靈)を育てるものであり、これを 雲運龍昇 と称され、それに向き合っているときの心(靈)の動きを 水域模索 これは右往左往と左往右往の意味合いを持つが、こうして心(靈)は育っていくものであることを述べられている。
 
 そして、心(靈)が育っていくならば 振動水平 自分の心(靈)の中の日足と砌(ひたりとみぎり)の極性があいまって良い形の心(靈)となっていくものであり、そうなるならば、心(靈)の極性の偏りが少なくなるので、程度の低い存在との感応がなくなっていくことを 秒魔堆散 と称される。 またこれは低い情動を自分で諌める段階にまで心(靈)が育ったならば、低い存在、悪霊(魔)とは感応しにくい、ということを暗に示してもいる。

 そして、人生においての時間の進行とともに“神の咎め”と“神の采配”を認識しながら心(靈)が育って日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を悟っていく、この極性が一切の事象、外側(外国と幽界)の事象にも内面とか内側(心の中と感じている事)にもあり、それが又、一切の根元なのだ、日足と砌(ひたりとみぎり)は両翼なのだ、の意味合いで 根元兩翼 と称される。

 そしてその心(靈)の育つこと、いわゆる進化(霊的成長、神格化に向かうこと)であるが、それは神の“思惑の顕現”、であり、それを 天辺良地 と称され、これは、神の子である人は“上”(天)を目指して生きる、これ事態が進化の過程であり、なぜ人は自分の良い形を望んで求め、それに対して努力するか、それは神の思惑をこの地に顕現するためであり、その意味合いを含んだ文言である。

 そうして心(靈)の極性の偏りも少なくなり、低い情動を諌められるほど心(靈)も育っていくならば、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これとより感応するようになっていく、これは程度の低い人間の心(靈)は動物に近い振動としか感応していないから、やることや心(靈)の動きが動物に近いのであり、進化を果たしていくならば、たった今よりも、“上”からの振動の高い部分と感応して心(靈)はより育つ、そしてそれ自体が心(靈)の動きと行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に反映していくものである、その意の事柄を 砂平衰峻(高く険しい日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の偏りはない) 平盡漠照(“上”からの振動は、陰影なく、一面の砂漠に降り注ぐ太陽のように一様に照る)と称されているものである。

 それで現地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)は、自我の確立=固定化であり、右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をするということすらあまり体験の無い心(靈)の持ち主が大半、要は自省(胸の磁性“十”)が足りない、そこまで心(靈)が育っていない、しかしそれも進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の過程であるという意味合いで 黄駄理利 無盡赤心 黄色は軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”、肝=“いきり立つ心(奴と心)”であり、赤心は一番下の心(靈)、波長の長いオーラの色、しかしこれは、自分が生きている間と死んでから=いわゆる存在ある限りという意味合いだがが、それ自体は尽きることがないので、盡(つきる、つくす)無(なくならない)と称され、その黄色と赤は、腹にとどまっている、それを 一點泉
せき 三光道萬壽壽経文 小   (せき) と称されているし、それがたった今の地球人の平均的な心(靈)である。

 これに続く 常陽無盡 白砂平等 これは先の 砂平衰峻(高く険しい日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の偏りはない) 平盡漠照(“上”からの振動は、陰影なく、一面の砂漠に降り注ぐ太陽のように一様に照る)に意味が近く、常に“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意=陽、太陽の陽は、つきることなく=無盡、であり、その振動を受け止め溜める場(フィールド)が、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性に偏りが無ければ=平等、白く輝く砂のように見えるの意であり、霊的成長をある程度果たしたうえでの表記である。 

 これに続く 行目金扉 来樂個々 “行”(“行”と生業(なりわい)の“行”)は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が目的の価値のある(金)扉、それを為すならば個々の心(靈)には、真の樂(楽の旧字)が来るものであり、そうなっていくならば、眞容白扇 眞(まこと)を容れる、認識(悟り、幸取=さとり)とする、これが進化の一側面でもあり、そうなっていくならば、“上”から白扇と称される価値のある何かを贈られるものである。

 これに続く 常々非無 これは先の 常陽無盡 白砂平等 にかかり、“上”からの振動は無に非ず(あらず)、それは休まず常に“上”から降り注ぐの意。
 
 これに続く 三振一握 三振は、右往左往と左往右往、自らの心(靈)の動きと行動、そして日足と砌(ひたりとみぎり)の極性、この三つの行使で得る認識(悟り、幸取=さとり)、これは自らと日足と砌(ひたりとみぎり)=三に対して、認識(悟り、幸取=さとり)は一と称され、またこの一は、“一”=智性=1番目のオーラの意。

 これに続く 友愛母神 月明日發 閃光光明 これは“創造”の“主(ヌシ)”の思惑、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、を称した文言。

 これに続く 彩瑳玉善 無盡自悟 この二つ文言は霊的成長を果たした様であり、それは“玉(ぎょく)”であり“善(神格化の方向性と智性の受信)”であり、それをあざやかに切磋琢磨せよであり、自分自身の悟りは霊的成長の過程において尽きることがない(無盡)、そうなっていくならば 従容陽樂 この樂は先の 来樂個々 のそれと同義。

 次の 非世觀容 長離無外 萬別陸泉 急喼如命 亂離翩翻 粛々動静 久遠差示 巢賀綠身 これは自分が霊的成長を果たしていき 巢賀綠身(アナハタチャクラの内奥の色、緑、心(靈)の動きならば自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”、これが身に巣くう、それは賀(よろこび、寿ぎ))となるまでに 非世觀容 長離無外 これは自分の心(靈)が行う事象の観察でなにを悟っていくのか、萬別陸泉 萬別は、自分が遭遇するさまざまな事象の区別、これらをなしていって 急喼如命 早く早く(急喼)使命の如く悟り 巢賀綠身 とせよの意。しかしその過程では 亂離翩翻 事象に遭遇して心(靈)が乱れ右往左往と左往右往するものであり 粛々動静 久遠差示 粛々と自分の心(靈)の動きの動静を観察し、長い時間(久遠)を振り返って、体験してきた事象、その時々の心(靈)の動きが“善(神格化の方向性と智性の受信)”か“悪(心の動きの本能化と低振動化)”か、この差を示す、認識せよ、そうして 巢賀綠身 とせよの意。

 次の 無搖立氣 綠辺無想 自分の自我に振り回されない無想の心(靈)は綠(アナハタチャクラの内奥の色、緑)、その揺るぎ無い氣を立てよ、そうすれば 萬樂盡陽 萬(万)の樂(楽)、先の 来樂個々 従容陽樂 のそれと同義であり、それは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、それは陽であり、尽きるものではない(盡)の意。

 これに続く 宇外色食 本能由来の欲望など自分の外に捨て置け、そんなものに捉われるな、の意であり 高辺怠惰 骨粉散飛 土壌解理 これは程度の低い心(靈)と程度の低い心(靈)ならば肉体は崩壊して低い存在としか感応しないし、この状態自体が“玉(ぎょく)”とは真逆になり、“上”と感応しえないことまで暗に示している文言。

 次の  命々梵鐘 天道多盡 神聖な二つの命、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の為の“行”と苦痛や苦悩を体験しエネルギーを贖って(あがなって)、認識を高め、尽きる(盡)ことがないくらい多くの道を歩むのが“上”=天に至るの意。

 次の 即壁無償 これは、壁=“上”の采配、霊的成長のための試練において、無償、代価を求めない、苦痛や苦悩と戦ってエネルギーを贖って(あがなって)得られるものは心(靈)の中の認識であるの意。

 次の 
盡打 
盡打眞力 匕部と県  盡と打と力は、先の壁、“上”の采配、試練に対するエネルギーの贖い(あがない)を指し、頑張って頑張って自分の持っているエネルギー(力)をこれ以上ないくらいつくす(盡)、それで は、眞(まこと)であり、眞は匕部(ひぶ)ひ、さじ、さじのひ、(さじ、あるいは変化の意符をもつ)と鼎(かなえ)の意があり、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を掬い肉体(鼎)で獲得せよの意。
 次の 絹布流達 渾々利勝 進化を果たした肉体は神経線維は絹の布のように密になり、第一巻は人生を船の進行にたとえているから流れ達すると称され、それは“上”から観た利、利福、利生(りしょう)これが渾々(こんこん)、、尽きることなく湧くさま、のようになっていくの意。

 次の 悠備遠達 遠々千里 進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道のり、道程、その時間の進行に伴うエネルギーの贖い(あがない)、これを示した文言。

 次の 磨化良非 磨いて=進化して良い肉体(生体内電流による肉体組織の結晶化、“玉(ぎょく)”)と、進化していくべき、あるいは進化を果たした心(靈)になるのが、もともと持っていた肉体と心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)そのものであり、それが又、生命(生きる使命=存在理由)でもあり、それは化ける、違う存在になる、ということに非ず(あらず)の意。

 次の 千便羅布 “羅(目の下の錐体状の神経)”は進化した生物ゆえの目と脳下垂体と神経の成り立ち、その神経が密になったさまが布という表記、それを千回=何回も何回も、そして便は、障りなく事が運ぶ、都合よく事を運ぶ、の意味合いがあるが、これは神経を伝わる情報=生体内電流、このやり取り、末梢から中枢へ、中枢から末梢へ、ということである。

 次の 飛楊潜在 樂々陽々 飛楊は、楊(かわやなぎ、ねこやなぎ)が、風に揺られ飛んでいるかのような、一見楽しそうな、進化した心(靈)にはそれが潜んで内在し、これは自分の心(靈)が 樂々陽々 ならば、という意味合いで、この樂(楽)は先の 来樂個々 萬樂盡陽 のそれと同義。

 これに続く 變闘盡慾 氣殺煩悩 慾(欲、むさぼる心(靈)の動き)は、自身の霊的成長度が高まれば、慾は、変容する(變)もの、それは霊的成長の過程=“上”が課す試練との闘い(たたかい)の結果、氣殺煩悩 煩悩=目下(めした)の心(靈)由来の欲望を、 無搖立氣 (揺るがない氣(気)を立てよ)の氣、これで煩悩を諌める(殺)の意。

 次の 條理多變 條は“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を野放図に使わない、“力”をどう扱うべきか考え、それを理念とする、それは法則性といえ、“力”の使い方の悟りは“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)であるが、その意のこと。

 次の 物々倫理 現界における外側(外国と幽界)の事象、これを物々と称し、これに対して、倫理=人としての生き方の規範、道徳やモラルの意、これを見出していくの意。

 これに続く 歡樂翻飜 歡樂(歓楽)、喜びに対する認識、楽しい、と思うことに対する認識、これ自体が霊的成長の過程で変容(翻飜)するの意。 いわゆる価値観の変容。

 最後の 粒子遂全 綠秘無風 清涼流々 炁一定身 これは、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、粒子をまっとう(遂全)し、アナハタチャクラの内奥の色、綠、その心(靈)の動きは霊的成長の秘訣であり、その心(靈)は自我と相対して、無風であり、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁、“創造”の“主(ヌシ)”の愛(炁)を 清涼流々 と称し、それを獲得して身に定め、“一”=智性=1番目のオーラとすることを、炁一定身 と第一巻では括られているが、冒頭でも述べたようにこれは第一巻が人生において様々な事象に遭遇して心(靈)が育ち、その過程で心(靈)も肉体も変容して“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意をより獲得し(“日止、霊止”の意)、“一”=智性=1番目のオーラを獲得していき神格化していくのだということを述べていると解する。 

 なお、個々の文言の詳細な解釈については、端折ったところもあるので、それぞれの解釈を詳細にお読みいただきたい。

次回のこのカテゴリーでは、三光道萬壽壽経文 第二巻の解釈に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。



Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (456)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (4)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード