“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 岩の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 


 今回から、岩の巻 (一八の○キ)に入ることとする。 
この“一八”の“一”に対して“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”、これはア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、の意、向かって日足(ひたり)から砌(みぎり)へ筆を移行することが神の“思惑の顕現”=現象化、この現象化は生命と生命が“観察と認識”する現津(あきつ)、観察され得る事象のこと。 それと人間の心(靈)の“神性”そのものである“一”=智性=1番目のオーラの意、このふたつが感じ取れる。
そして“八”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が日足と砌(ひたりとみぎり)に離れた形、またこれは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道を示すものである。
 それと、その“○キ”は、その心(靈)、霊○と、“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし、なので、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”をする霊的成長度の高い生命(生きる使命=存在理由)である人間、あるいはその“思惑の顕現”をする資質、“一”=智性=1番目のオーラを獲得し、高い存在と感応する“天詞様”、または、その資質を獲得する法則性、いわゆる“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、これを示しているものと思う。

 まず、第一帖の原文は以下の通り。
一八(いわ)の巻 書き知らすぞ。 一八は弥栄。  
ローレンツ力と ○ は ローレンツ力 と○ 、ローレンツ力と ○  、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ。  渦巻き 左回転 が神ざと申してあろう。 
悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ。 元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ、スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。 人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。 鼻のあやまりないのざぞ。 
スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。 間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。 それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。 釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。 同じ神二つあると申してあらうがな。
ローレンツ力 なくなってゐるのざぞ、 ローレンツ力 ない渦巻き 左回転   ざぞ、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか。 ローレンツ力 なきもの悪ざぞ、 ローレンツ力 は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ。 くらがりの世となってゐるのも、 ローレンツ力 ないからざぞ。 この道理わかるであらうがな。
旧一月十五日、かのととりの日、一二
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文
“一八(いわ)の巻 書き知らすぞ。 一八は弥栄。 
ローレンツ力と ○   はローレンツ力   と○ 、 ローレンツ力と ○ 、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ。 渦巻き 左回転   が神ざと申してあろう”

 先に述べたとおり“一八”の意味合いが智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の獲得と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、それそのものが霊的成長した心(靈)の“思惑の顕現”、事象への神の思惑への顕現、それを進化した心(靈)、あるいは進化を目指し“行”しながら育っていく心(靈)が行っていくこと、それを“弥栄”と称され、この“弥”の旧字には深い意味があり、画像で意味を示す。
弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字 

 これに続く“ 
ローレンツ力と ○ は ローレンツ力 と○ 、 ローレンツ力と ○ 、  アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ。  渦巻き 左回転 が神ざと申してあろう”、幾たびか“日月神示”に登場したローレンツ力ローレンツ力  、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込む仕組み、それと、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)、これそのものが進化すべく生命(生きる使命=存在理由)であると言いうるが、“ アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ”の“アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転  ”、これは日月の巻 第二十八帖 “アは アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 (ヒツキクニ)の神様なり”で初めて登場した表記で、以下のように解釈した。


“ヒツキクニ”は、“ヒ”=太陽、日、“上”からの荷電粒子、そして“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことを示唆し、“ツキ”は肉体、砌(みぎり)、現津(あきつ)、観察され得る事象に物質を伴った心(靈)として存在する人(日止、霊止)、それは神の“思惑の顕現”=現象化としての生命の“創造”としての人っていう意味、そして“クニ”は、“上”を目指す、神格化を目指し進化(霊的成長、神格化に向かうこと)する事を目指す心(靈)の意味、それは“国”=(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示すってことであると思う。
 さらにこの“
アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転   (ヒツキクニ)”を、事細かに解釈すれば以下の画像のようになると思う。

ヒツキクニの解釈 その一 
 またこの文の表記の“ 
アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 (ヒツキクニ)”には、以下のようなことも感じ取れた。

ヒツキクニの解釈 その二 

 この日足(ひたり)回転が、“ア”“亜”から始まり、人(日止、霊止)から視点で、向かって左=日足(ひたり)に終わっているのは、“上”の思惑は、人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した人の心(靈)自身の思惑になりうるっていう意味だと思う。 
そしてそれは、“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”と、進化したした生命としての人(日止、霊止)(○ 九 十 が指し示す意味)が持ちうる“一”=智性=1番目のオーラの意味であると思う。
よって人は“ヒツキクニ”=“日”(神の思惑の仲介者としての太陽)と“月”(肉体を持った心(靈))と、“国”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指す心(靈)とならなければならないし、それが人の完成であり、“日月神示”表記の“天詞様”であり、真実=真固止の天皇(天の白い王、シンクロトロン放射(クンダリーニの白光))となるべきであることを感じさせる。


 よってここまでの文言は、生命そのものの説明、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の仕組み、それは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の取り込みで、それを日足(ひたり)回転で息吹く、肉体は円形加速粒子器(サイクロトロンやシンクロトロン)の構造を持ちその発振、発信で“一二三(ひふみ)”1番目、2番目、3番目のオーラとなして現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”をしていくものであり、これが“善(神格化の方向性と智性の受信)”の方向性でもあるので最後に“
渦巻き 左回転  が神ざと申してあろう”と称されているものである。

 次の文。
“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ。 元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ、スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。 人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。 鼻のあやまりないのざぞ”

 先回まで解釈を行なっていた風の巻 第一帖で“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな”と述べられていたが、これはたった今の人間の善悪の認識が低すぎ、あるいは自分に厳しくないのでこれくらいは悪ではないと勝手な解釈を行ったり、悪だと認識していてもそれを自分で許す程度の低い人間が圧倒的多数、こういった状況において同じく風の巻で登場した“善一筋”を目指していかなければ進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たすべく人間とは言い得ない。
だからこそ現状を“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ”、これを解り易く説くならば、泥棒の世界では泥棒が当たり前、泥棒の技量や功績をあげることが名誉である。 そしてたった今の事象は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の価値観や既成概念が常識であるからこそ、程度の低い人間が程度の低い人間の行い、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとか、これをしながら(通貨としての)金と形骸の名誉を獲得したことを誉めそやしているものであるが、こんな状況はいつまでも“上”は許しておかないので、風の巻の解釈で述べたように「馬脚を現す」ことをさせられるものである。
 それで進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した人間ならば、(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者となるので、奪ったり騙したりはしない、それを自分に許さない“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ“を持つものである。
 少々余談になったが、先の“善一筋”、このブログで度々使っている“絶対の善”の顕現、これをしっかり考え世の意味合いで“悪の守護となれば、悪よく見える”“人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのである”と称されている。
 これに続く“神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ”、これは神の計画として生命の発現と事象の“創造”、これを進化程度の低い心から始めなければいけない、そして心(靈)が育つ過程においては自我という要素が大事、自我中心の心(靈)は自分の損得しか思わないので奪い合いや騙しあいをするし、これは殺し合いにしか発展しない、しかしその過程も大事、その過程において思う神の概念も程度の低いものであり、自分たちの起こした戦争を聖戦と呼称したり、勝利したら神の加護があったとか思い、あるいは何とか万歳などというのも神と天皇の認識が低いのである。
だが、この文言中の“元の神”というのは、生命のより高い進化をもくろんだ存在であるが、それに対して自我の発達過程に人間に力を貸した“上”は、その低い人間の心(靈)に感応した存在であり、これは“元の神”ではない、の意味合いであるし、“元の神”はもっと高い進化を望み、“善一筋”になり得た“うれしうれし”“大歓喜”の事象を“創造”させようとしているものである。
これに続く“スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。 人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。 鼻のあやまりないのざぞ”、この“鼻”の表記は、先の“見(み)のあやまり、聞きのあやまり”に対するもので、見間違う、聞き間違うことをもくろんで程度の低い心は、他者をだまし、これをもくろんだりもする、あるいは程度の低い心(靈)は先に述べたように、善悪の認識が低い、また勝手な解釈をするものである。
これに相対し、“鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはない”、見間違い、聞き間違いは、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が他者に対してこれをもくろんだりもする、あるいは程度の低い霊的存在が人間をだます、これを判別できないのは、その人間の認識が低いからと言いうるが、匂いを嗅ぐ、文中の“かぎの間違ひない”“かぎのあやまりはない”これは見間違いや機器間違いに対して、明白に区別できるという意味合いであり、神話の神産みにおいて伊邪那岐(いざなぎ)が鼻をすすいだ際、登場したのが須佐之男であり、これにかけた表記が“スサナルの大神様 鼻の神様”であると思う。

これに続く次の文。
“スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。 間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。 それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。 釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。 同じ神二つあると申してあらうがな”
 
 文頭の“スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな”、これは以前紹介した画像で意味を示す。
“素盞鳴(スサナル)”(日月の巻 第二十九帖の表記)の解字 
 要約すれば、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めそれを息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)して事象の“創造”をすること事態が“素盞鳴(スサナル)”、それを“この世の大神”と称されており、これ自体が神の計画の一環であるのだが、これに相対し“間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。 それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ”というのは、先に述べた自我の進化過程において進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を“見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざ…中略…下々の神にはあるのざぞ”という状況にしてしまったことを指す。
 これに続く“それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか”、これは“上”の認識を低くさせている“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))に対する指摘、文中の“人皇の世”は、本来天皇は“上”と感応して詔(みことのり)を述べ、人間の在り方の刺鍼を説く役割であり、当然のことながら“上”と感応する資質を持ちえる霊的成長度でなければならないが、たった今の天皇は霊的成長度が低く平均的地球人の霊的成長度=ただの人であるから“人皇”と称されておりいうならばそれは形骸の権威の象徴であり、天皇制が腐り始めたのは豪族が天皇を自分たちの権威のために利用した、おそらく聖徳太子が登場したころより少し前からであるという私見を持つし、その後、仏教もキリスト教も流布されて、何が“上”なのか判らないし解らない状況であることを述べられているものであるが、その“上”ということをしっかり見出せよの意味合いで“釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。 同じ神二つあると申してあらうがな”と指摘され、文末の“同じ神二つある”は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”、“役員づら”に刷り込まれるな、認識を見あやまるな、“役員づら”の言葉を聞き間違えるな、の意味合いである。

 次の文。
“ 
ローレンツ力 なくなってゐるのざぞ、 ローレンツ力 ない 渦巻き 左回転 ざぞ、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか。 ローレンツ力 なきもの悪ざぞ、 ローレンツ力 は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ。 くらがりの世となってゐるのも、 ローレンツ力 ないからざぞ。 この道理わかるであらうがな”

 文頭の“ 
ローレンツ力 なくなってゐるのざぞ”、たった今の人間は、“上”と感応していない、肉体の生体内電流による磁束由来のローレンツ力 ローレンツ力 の弱まりが、例えば、美白(骨の結晶化に結び付かない価値観)やダイエットやサプリメントの多用であったり、あるいは目前の事象を試練と認識しないで逃げる、苦労しないでよい結果を得ましょう…などという手法を使って商売をする人間も多いが、これら自体が“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応になるのであるし、こういった人間は“上”に認められるわけもなく、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)から外れているという認識もない、それを“ ローレンツ力 ない 渦巻き 左回転 ざぞ”、これは“善(神格化の方向性と智性の受信)”の回転である日足(ひたり)回転が、ただ“思う、憂う”だけであり、“上”と感応すべくローレンツ力ローレンツ力  もないので、その心(靈)の動きだけで生きているという指摘である。
人間は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指すなら、冒頭で説明した“八”、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を心(靈)に持ち“思う、憂う”だけでなく、“思う、憂う”ことをして自分の在り方を見出し=“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、そうしたなら“いきり立つ心(奴と心)”で、生きていく、考えを行使する、“行”をしていく、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化する、ということをするべき。
 これに続く“ 
アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか”は、先に述べた“ヒツキクニ”、要は“創造”の“主(ヌシ)”の振動、天意の取り込み、それを息吹く、それが“まこと”であるということであるし、そうでない場合は“  ローレンツ力 なきもの悪ざぞ”、これは“悪”が、心の動きの本能化と低振動化、という○○○大先生の認識を示した表記であると思う。
 これに続く“
ローレンツ力   は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ”、ローレンツ力ローレンツ力  があるから“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んで霊が発現すること、幾度となく紹介した画像を以下に貼っておく。
靈の解字 

 また“火ぞ”というのは、点二つが荷電粒子の回転を示し、それに丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が足された表記、“一(はじめ)ざぞ”は、“一”が日足(ひたり)から砌(みぎり)に筆を移行する、これは“思惑の顕現”=現象化であり、“創造”の“主(ヌシ)”の生命の“創造”事態を指す、あるいは“一”=智性=1番目のオーラのことを指し、智性(神性)を獲得せよの意味合い。
 これに続く“くらがりの世となってゐるのも、 ないからざぞ。 この道理わかるであらうがな”、この“くらがりの世”はたった今の腐った事象のこと、以下の文言に関しては先に述べたことが理解できていれば説明の要は無い。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第二帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、岩の巻 第二帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

三千年の昔に返すと申してあらうがな。 よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。 肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ。
こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。 不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。 九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。 まことの 
渦巻き 左回転 かかりぞ。
この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。 愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。 人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ。 
二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。 途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。 
われの国同士の戦 始まるのぢゃ。 この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。 この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。 あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。 神々様 守護神どの、勇め勇め。
二月十六日、ひつ九
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文。
“三千年の昔に返すと申してあらうがな。 よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。 肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ”

 たった今の世界が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)により腐りきっているので“三千年の昔に返す”と言われており、金と形骸の名誉、“上”に評価されない価値観、薄っぺらい幸福感などに酔いしれて自分が幸せだと思っている人間は次の事象に移行する資質なし、ということを読み取るべきであり、これに相対し“よい御用いたす身霊(みたま)”、この“よい御用”は、今の腐った事象ではない違う事象の“創造”のことであり、それは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”のいない世界を創る、そこは奪い合い騙しあいがない事象であり、“よい御用いたす身霊(みたま)”は、自我を諌め自分の在り方と自分が持っている“力”の行使の仕方を考える人間のこと。 こういった人間に対し“苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ”と言われ、これは“上”に見込まれているからなのだ、ということであるし、これに続く“肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ”、これは“よい御用”は“上”から観て正しいのだ、その事象の“創造”に必須なのは、風の巻に登場した表記の“善一筋”なのだから、周囲に惑わされるな=“眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん”、これを心がけよ、であり、これは先回解釈した第一帖の“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ”この意をよく理解しておけ、ということであり、これが出来ないならば“御用六ヶ敷いぞ”=次の事象に移行するのはむつかしい(六ヶ敷い)ということ。 
 ちなみに文中に登場するカタカナ表記の“ミタマ”は、
“ミ”は生命の幹 その現実
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)が“上”から観て正しい事象を“創造”していくの意。

 次の文。
“こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。 不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。 九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。 まことの 
渦巻き 左回転 かかりぞ”

 これも“よい御用いたす身霊(みたま)”に対して言われていることであり、たった今の事象は腐っており、たった今の人間は“上”から観て不誠実な人間がほとんど、よって“こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみ”、真実=真固止、“ほんとう”、こういった事柄の認識を高めていけ、それは霊的成長をすればするほど“ほんとう”のことを解り、物事の真実を理解し、“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)にのっとった“行”をしてくならば“真固止の人間”(“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止))となり、他者や自己に対し“誠”を理念とするようになる、と解する。
 これに続く“不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。 九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ”の“九”の表記は ○ 九 十 のそれであり、“九”は“一”=智性=1番目のオーラと丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)で構成され、生命(生きる使命=存在理由)としての最終段階、卆(そつ、卒業の卒の異体字)の意味合いを持つものである。
 それで“不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)”の“不二”に関しては
雨の巻 第八帖より以下にコピペ。


“世の元からの仕組、中行く仕組、天晴(アッパレ)三千世界結構であるぞ、心の不二も晴れ晴れとなるぞ、結構々々”
 文中の“世の元からの仕組”は、たびたび登場した“世の元からの生神”と意味合いが同義、それは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性、のことであり、その“中行く仕組、天晴(アッパレ)”その“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿って進化せよであり、“三千世界結構である”の“三千世界”は以前、地つ巻 第四帖で述べたとおり“すべての現津(あきつ)、観察され得る事象をさす表記”であり、今後=アセンション後の事象に位置しうる資質を持つ心(靈)は“心の不二も晴れ晴れとなる”、この“不二”は、二つとないこと、無二、二つに見えるが、実際は一つであること、対立していて二元的に見える事柄も、絶対的な立場から見ると対立がなく一つのものであるということ、の意味合いであり、先の“善結構、悪結構”、この両方を解った心(靈)だからこそ、進化を見出すのだ、の意味合いであると思える。 よって“結構々々”である。

 
 それで“咲くや媛(ひめ)”の“媛(ひめ)”という表記は砌(みぎり)の極性の意、それは事象への顕現=“咲く”ということであり、“九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ”は、個々の心(靈)=“おのもおのもの”に先の“九”の説明で述べた“一”=智性=1番目のオーラ、由来の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で、事象の“創造”をする、それは丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であるの意であり、“心の富士”とは、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道のこと、またこれは右往左往と左往右往の意味合いをも含むし、これに続く“九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ”とは、次の事象において人が“善一筋”ならば、“九”ならば、お前たちの思惑は進化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に適っているのだから、“上”は日足(ひたり)回転で援護するぞ=“まことの 
渦巻き 左回転 かかりぞ”の意味合い。

 次の文。
“この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。 愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。 人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ”

 文頭の“この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替”は、地球においてのアセンションのような事象は今度が最後の意味合い、これに続く“愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃ”の“キ”は、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
なので、“上”と感応して、次の事象の“創造”を果たしていく心(靈)は、神の計画以上のことをしていく=“もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とする”ということ。
 これに続く“中々に大層ざぞ。 人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ”に関しては、読んだ人が心づもりをしたならば、あえて解釈の要は無い。

 次の文。
“二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。 途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな”

 冒頭の“二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら”これは
風の巻 第一帖の“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな”、この文が理解できていればすぐ意味合いは通じるし、これが“善一筋”の事象を“創造”していくにあたって必須のこと、そしてその事象はこの文に続く“神の国”=神の思惑が顕現した事象、顕現させるのは霊的成長を果たした人間である。
 これに続く“途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな”、の“根本から”というのは、“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、これと同義であり、今後=アセンション後は霊的成長度の低い心(靈)は存在しえない、よってその事象を“神の采配”“神の咎め”によって崩壊させる必要もないので“今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃ”であり、“間に合はん道理”というのは“少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ”の意味合いを強調した言い回し。

 次の文。
“われの国同士の戦 始まるのぢゃ。 この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。 この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。 あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め”
 
 “われの国同士の戦”というのは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の認識の縄張り意識(進化程度の低い心、自我の確立=固定化の進化の段階の地球人の認識)、他者を利用し他者をだまし他者から奪い取る、こういった醜いことを自分たちに容認して自分の損得しか思わない、これを“戦”と称され、それは“上”から観たら醜いから“神は眼あけて見ておれん”、しかし低い心(靈)の進化にはこれも必須の過程であるので“これも道筋ぢゃ”と言われ、お前たちがやっていることは程度が低く醜いのだからそれをよく承知しておけの意味合いで“人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが”と言われている。
 これに続く“この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ”の“この方”は、次の事象に移行した霊的成長度の高い心(靈)の持ち主、それを“あらたぬし”新たな“主(ヌシ)”と称され、“元のキの道”“キの光の道つくる”に関しては、先に解釈した“も一つキの光輝く世”の意味と同じ。
こういった今後=アセンション後の事象は必ずやってくるのだから“あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め”と括られ、これは“よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてある”、この人間と、その人間に感応している存在に対して言われていることである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第三帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、岩の巻 第三帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。 天地のビックリ箱とはそのことざぞ。 間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下されよ。 
出来てからは、いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。 くどう気付けておくぞ。
これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな。 
三千年で世一キリといたすのぢゃぞ。 まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざぞ。 神だけではこの世の事は成就せんと申してあらうがな。 神がうつりて成就さすと申してあろうがな。 こんなこと これまでにはなかりたぞ。
二月十六日、一二
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文。
“天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。 天地のビックリ箱とはそのことざぞ。 間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下されよ”

 文中の“大建替”と“ビックリ箱”、これは今後=アセンション後の事象の説明、今と比べて相対的な変化を言い表わした文言であり、“天地”は、“上”と“下”の意、“下”(低い心(靈))である人間に“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が憑依や感応して神の思惑を顕現してきたことを指している。
この“天地”=“上”と“下”というのは今までもそうであった。
だが、今も含めこれまでは、人間の目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の動きに感応する“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)があった…というよりは、この悪しき感応の事例の方が圧倒的に多い。
その結果として、“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))の台頭を許し、霊的成長と人間と神の関係を説かねばならぬはずの宗教は腐り果て、金儲けと形骸の権威を示すだけのものになっているが、それをこの文中では
“間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下され”=見あやまるな、何が“ほんとう”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)なのか、人間の存在の意義は何か、しっかり考えよ、であり、これと同義のことが第一帖の、
“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ”
もうひとつ、
“それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。 釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ”
である。
 それで今後=アセンション後はこんなことは許されない、それは次の事象に移行する心(靈)の資質には、自分の自我を諌める“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”があり、自分の目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)を諌めるので、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)とは感応しない。
また次の事象、そこには“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”はいないので、今より圧倒的に“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応は少なくなるか消滅する。
そもそも次の事象で死んだとしても悪霊にはなり得ない、たった今に比べ恨みの連鎖の霊的干渉の現象化による死は減少して消滅する、これが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をある程度果たした事象における道理であり、また、悪霊は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)があまりないから悪霊になるものだが、どんな悪霊であっても自省(胸の磁性“十”)したなら悪霊ではなくなるし、神道の言葉の“本津宮”(もとつみや)はこの意があるものであり、次の事象は“慈悲”と“慈愛”、自省(胸の磁性“十”)の心(靈)をしっかり持った心(靈)でなければ、そこには存在しえないものである。
上記の事柄を今取り上げている文言から感じ取れる。

 次の文。
“出来てからは、いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。 くどう気付けておくぞ”

 先に述べた今後=アセンション後の事象における変化、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応する息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の無い心しか存在しえない、そもそも“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)である悪霊もいない、だがたった今の人間はほとんどが悪霊予備軍であり、その理由は自省(胸の磁性“十”)が足らない、自我を諌めることが出来ない、また恨みの連鎖の霊的干渉の結果が不幸な死であるという認識がない、そもそも死に対する認識が低すぎるし、死んだことにすら気づかない霊的存在が多々あることについてはローム太霊講話集で太霊が述べたことでもある。
 このいまと比べての相対的な変容、これを“出来てからは”とのべられ、ほとんどの地球人が悪霊予備軍であるので
“いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん”、今のうちに自分たちが悪霊予備軍の霊的成長度であること事態をよく解っておけよ、悪霊になるなよ、の意味合いであり、“元のキの道”は、“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、そして“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した生命(生きる使命=存在理由)が想像しうる事象、それを言い表わした文言である。

 次の文。
“これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな”

 これも“役員づら”の台頭により神の概念を間違えていることの指摘、それが“これまでは道はいくらもあった”、それはたった今の地峡人の霊的成長度が低いので、霊的成長など考えもしない人間が大多数、神さんに甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)認識を持ったりしてご利益しか求めない、それは間違いなので述べられていること。 これを換言すれば“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の勝手な理屈が台頭しているこの世界、またそれが社会通念や一般常識の元になっていること事態が大間違いである。
だが、それに相対した言い回しとして“善一筋”、今後=アセンション後は“善(神格化の方向性と智性の受信)”しかない事象になり、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”は存在しえない、悪を容認する心(靈)の持ち主もいない、当然のことながら“役員づら”もいないので
“これからの道は善一筋ざぞ”
となるならば
“(“役員づら”が程度の低い認識の心(靈)に刷り込んだ概念の)インチキ神の前には通らん”、
当たり前であるし、先に引用した第一帖の“この地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらした…以下略…”、こういう現状をよく解らねばならないのだ、ということでもある。

 次の文。
“三千年で世一キリといたすのぢゃぞ。 まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざぞ。 神だけではこの世の事は成就せんと申してあらうがな。 神がうつりて成就さすと申してあろうがな。 こんなこと これまでにはなかりたぞ”

 “三千年”に関しては先回の第二帖の解釈を参照のこと、たった今、現状の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”とは違うのだ、の意であり、今後=アセンション後は“まことの集まり”、これも現状に対しての相対的な言い回しで、たった今は不誠実が台頭し、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかをして金を儲け権威を示すのが当たり前になっているが、そんなことでは“世界中 見えすくのざ”の逆であり、そこにおいては事象の存在の意義、すべての事象は自分の霊的成長のためにある、などという認識は芽生えるわけがなく、ただただ人を出し抜いてまで金を儲け権威を求め、奪い合い騙しあいをして最後には殺しあう、そんな事象が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の為の事象ではない、しかし今後=アセンション後はそんなことはなくなり、なくなるからこそ、一切の事象が自分の成長のためにあるのだという認識に至るし、それに至ったならば“世界中 見えすく”=自らの霊的成長度に応じての事象の遭遇、その意味を理解するものである。
そして文中の“神徳”に関して甘い考えを持つ人間が多いだろうが、この文言は自分が自省(胸の磁性“十”)し“行”して“上”に認められることそのものであり、それを積んだならば=“上”に認められたなら、“まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざ”、この“まことの集まり”に何を思うのか、がとても大事、それは何度も述べるが、真実=真固止、“真固止の人間”(“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止))、“日月神示”表記の ○ 九 十 生命の最終段階、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)と卆(そつ、卒業の卒の異体字)、そして“九”が丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)と“一”=智性=1番目のオーラ、“十”が自省(胸の磁性“十”)、これをよく知ったうえでこの文言の意味を読み取るべきであり、そうなったならば、“上”が認める人間となったならば、“神がうつりて成就さすと申してあろうがな”、“上”と感応して事象の“創造”をするのであり、神と“上”と感応する人間がともに事象の“創造”をすること事態を“神だけではこの世の事は成就せんと申してあらう”であり、先に述べたように今後=アセンション後は“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応がないので“神がうつりて成就さすと申してあろうがな。 こんなこと これまでにはなかりたぞ”と述べられているものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (443)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (14)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (3)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード