“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 岩の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 


 今回から、岩の巻 (一八の○キ)に入ることとする。 
この“一八”の“一”に対して“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”、これはア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、の意、向かって日足(ひたり)から砌(みぎり)へ筆を移行することが神の“思惑の顕現”=現象化、この現象化は生命と生命が“観察と認識”する現津(あきつ)、観察され得る事象のこと。 それと人間の心(靈)の“神性”そのものである“一”=智性=1番目のオーラの意、このふたつが感じ取れる。
そして“八”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が日足と砌(ひたりとみぎり)に離れた形、またこれは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道を示すものである。
 それと、その“○キ”は、その心(靈)、霊○と、“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし、なので、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”をする霊的成長度の高い生命(生きる使命=存在理由)である人間、あるいはその“思惑の顕現”をする資質、“一”=智性=1番目のオーラを獲得し、高い存在と感応する“天詞様”、または、その資質を獲得する法則性、いわゆる“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、これを示しているものと思う。

 まず、第一帖の原文は以下の通り。
一八(いわ)の巻 書き知らすぞ。 一八は弥栄。  
ローレンツ力と ○ は ローレンツ力 と○ 、ローレンツ力と ○  、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ。  渦巻き 左回転 が神ざと申してあろう。 
悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ。 元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ、スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。 人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。 鼻のあやまりないのざぞ。 
スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。 間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。 それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。 釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。 同じ神二つあると申してあらうがな。
ローレンツ力 なくなってゐるのざぞ、 ローレンツ力 ない渦巻き 左回転   ざぞ、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか。 ローレンツ力 なきもの悪ざぞ、 ローレンツ力 は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ。 くらがりの世となってゐるのも、 ローレンツ力 ないからざぞ。 この道理わかるであらうがな。
旧一月十五日、かのととりの日、一二
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文
“一八(いわ)の巻 書き知らすぞ。 一八は弥栄。 
ローレンツ力と ○   はローレンツ力   と○ 、 ローレンツ力と ○ 、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ。 渦巻き 左回転   が神ざと申してあろう”

 先に述べたとおり“一八”の意味合いが智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の獲得と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、それそのものが霊的成長した心(靈)の“思惑の顕現”、事象への神の思惑への顕現、それを進化した心(靈)、あるいは進化を目指し“行”しながら育っていく心(靈)が行っていくこと、それを“弥栄”と称され、この“弥”の旧字には深い意味があり、画像で意味を示す。
弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字 

 これに続く“ 
ローレンツ力と ○ は ローレンツ力 と○ 、 ローレンツ力と ○ 、  アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ。  渦巻き 左回転 が神ざと申してあろう”、幾たびか“日月神示”に登場したローレンツ力ローレンツ力  、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込む仕組み、それと、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)、これそのものが進化すべく生命(生きる使命=存在理由)であると言いうるが、“ アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 が神ざぞ”の“アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転  ”、これは日月の巻 第二十八帖 “アは アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 (ヒツキクニ)の神様なり”で初めて登場した表記で、以下のように解釈した。


“ヒツキクニ”は、“ヒ”=太陽、日、“上”からの荷電粒子、そして“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことを示唆し、“ツキ”は肉体、砌(みぎり)、現津(あきつ)、観察され得る事象に物質を伴った心(靈)として存在する人(日止、霊止)、それは神の“思惑の顕現”=現象化としての生命の“創造”としての人っていう意味、そして“クニ”は、“上”を目指す、神格化を目指し進化(霊的成長、神格化に向かうこと)する事を目指す心(靈)の意味、それは“国”=(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示すってことであると思う。
 さらにこの“
アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転   (ヒツキクニ)”を、事細かに解釈すれば以下の画像のようになると思う。

ヒツキクニの解釈 その一 
 またこの文の表記の“ 
アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 (ヒツキクニ)”には、以下のようなことも感じ取れた。

ヒツキクニの解釈 その二 

 この日足(ひたり)回転が、“ア”“亜”から始まり、人(日止、霊止)から視点で、向かって左=日足(ひたり)に終わっているのは、“上”の思惑は、人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した人の心(靈)自身の思惑になりうるっていう意味だと思う。 
そしてそれは、“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”と、進化したした生命としての人(日止、霊止)(○ 九 十 が指し示す意味)が持ちうる“一”=智性=1番目のオーラの意味であると思う。
よって人は“ヒツキクニ”=“日”(神の思惑の仲介者としての太陽)と“月”(肉体を持った心(靈))と、“国”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指す心(靈)とならなければならないし、それが人の完成であり、“日月神示”表記の“天詞様”であり、真実=真固止の天皇(天の白い王、シンクロトロン放射(クンダリーニの白光))となるべきであることを感じさせる。


 よってここまでの文言は、生命そのものの説明、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の仕組み、それは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の取り込みで、それを日足(ひたり)回転で息吹く、肉体は円形加速粒子器(サイクロトロンやシンクロトロン)の構造を持ちその発振、発信で“一二三(ひふみ)”1番目、2番目、3番目のオーラとなして現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”をしていくものであり、これが“善(神格化の方向性と智性の受信)”の方向性でもあるので最後に“
渦巻き 左回転  が神ざと申してあろう”と称されているものである。

 次の文。
“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ。 元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ、スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。 人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。 鼻のあやまりないのざぞ”

 先回まで解釈を行なっていた風の巻 第一帖で“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな”と述べられていたが、これはたった今の人間の善悪の認識が低すぎ、あるいは自分に厳しくないのでこれくらいは悪ではないと勝手な解釈を行ったり、悪だと認識していてもそれを自分で許す程度の低い人間が圧倒的多数、こういった状況において同じく風の巻で登場した“善一筋”を目指していかなければ進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たすべく人間とは言い得ない。
だからこそ現状を“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ”、これを解り易く説くならば、泥棒の世界では泥棒が当たり前、泥棒の技量や功績をあげることが名誉である。 そしてたった今の事象は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の価値観や既成概念が常識であるからこそ、程度の低い人間が程度の低い人間の行い、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとか、これをしながら(通貨としての)金と形骸の名誉を獲得したことを誉めそやしているものであるが、こんな状況はいつまでも“上”は許しておかないので、風の巻の解釈で述べたように「馬脚を現す」ことをさせられるものである。
 それで進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した人間ならば、(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者となるので、奪ったり騙したりはしない、それを自分に許さない“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ“を持つものである。
 少々余談になったが、先の“善一筋”、このブログで度々使っている“絶対の善”の顕現、これをしっかり考え世の意味合いで“悪の守護となれば、悪よく見える”“人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのである”と称されている。
 これに続く“神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ”、これは神の計画として生命の発現と事象の“創造”、これを進化程度の低い心から始めなければいけない、そして心(靈)が育つ過程においては自我という要素が大事、自我中心の心(靈)は自分の損得しか思わないので奪い合いや騙しあいをするし、これは殺し合いにしか発展しない、しかしその過程も大事、その過程において思う神の概念も程度の低いものであり、自分たちの起こした戦争を聖戦と呼称したり、勝利したら神の加護があったとか思い、あるいは何とか万歳などというのも神と天皇の認識が低いのである。
だが、この文言中の“元の神”というのは、生命のより高い進化をもくろんだ存在であるが、それに対して自我の発達過程に人間に力を貸した“上”は、その低い人間の心(靈)に感応した存在であり、これは“元の神”ではない、の意味合いであるし、“元の神”はもっと高い進化を望み、“善一筋”になり得た“うれしうれし”“大歓喜”の事象を“創造”させようとしているものである。
これに続く“スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。 人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。 鼻のあやまりないのざぞ”、この“鼻”の表記は、先の“見(み)のあやまり、聞きのあやまり”に対するもので、見間違う、聞き間違うことをもくろんで程度の低い心は、他者をだまし、これをもくろんだりもする、あるいは程度の低い心(靈)は先に述べたように、善悪の認識が低い、また勝手な解釈をするものである。
これに相対し、“鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはない”、見間違い、聞き間違いは、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が他者に対してこれをもくろんだりもする、あるいは程度の低い霊的存在が人間をだます、これを判別できないのは、その人間の認識が低いからと言いうるが、匂いを嗅ぐ、文中の“かぎの間違ひない”“かぎのあやまりはない”これは見間違いや機器間違いに対して、明白に区別できるという意味合いであり、神話の神産みにおいて伊邪那岐(いざなぎ)が鼻をすすいだ際、登場したのが須佐之男であり、これにかけた表記が“スサナルの大神様 鼻の神様”であると思う。

これに続く次の文。
“スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。 間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。 それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。 釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。 同じ神二つあると申してあらうがな”
 
 文頭の“スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな”、これは以前紹介した画像で意味を示す。
“素盞鳴(スサナル)”(日月の巻 第二十九帖の表記)の解字 
 要約すれば、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めそれを息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)して事象の“創造”をすること事態が“素盞鳴(スサナル)”、それを“この世の大神”と称されており、これ自体が神の計画の一環であるのだが、これに相対し“間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。 それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ”というのは、先に述べた自我の進化過程において進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を“見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざ…中略…下々の神にはあるのざぞ”という状況にしてしまったことを指す。
 これに続く“それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか”、これは“上”の認識を低くさせている“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))に対する指摘、文中の“人皇の世”は、本来天皇は“上”と感応して詔(みことのり)を述べ、人間の在り方の刺鍼を説く役割であり、当然のことながら“上”と感応する資質を持ちえる霊的成長度でなければならないが、たった今の天皇は霊的成長度が低く平均的地球人の霊的成長度=ただの人であるから“人皇”と称されておりいうならばそれは形骸の権威の象徴であり、天皇制が腐り始めたのは豪族が天皇を自分たちの権威のために利用した、おそらく聖徳太子が登場したころより少し前からであるという私見を持つし、その後、仏教もキリスト教も流布されて、何が“上”なのか判らないし解らない状況であることを述べられているものであるが、その“上”ということをしっかり見出せよの意味合いで“釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。 同じ神二つあると申してあらうがな”と指摘され、文末の“同じ神二つある”は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”、“役員づら”に刷り込まれるな、認識を見あやまるな、“役員づら”の言葉を聞き間違えるな、の意味合いである。

 次の文。
“ 
ローレンツ力 なくなってゐるのざぞ、 ローレンツ力 ない 渦巻き 左回転 ざぞ、 アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか。 ローレンツ力 なきもの悪ざぞ、 ローレンツ力 は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ。 くらがりの世となってゐるのも、 ローレンツ力 ないからざぞ。 この道理わかるであらうがな”

 文頭の“ 
ローレンツ力 なくなってゐるのざぞ”、たった今の人間は、“上”と感応していない、肉体の生体内電流による磁束由来のローレンツ力 ローレンツ力 の弱まりが、例えば、美白(骨の結晶化に結び付かない価値観)やダイエットやサプリメントの多用であったり、あるいは目前の事象を試練と認識しないで逃げる、苦労しないでよい結果を得ましょう…などという手法を使って商売をする人間も多いが、これら自体が“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応になるのであるし、こういった人間は“上”に認められるわけもなく、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)から外れているという認識もない、それを“ ローレンツ力 ない 渦巻き 左回転 ざぞ”、これは“善(神格化の方向性と智性の受信)”の回転である日足(ひたり)回転が、ただ“思う、憂う”だけであり、“上”と感応すべくローレンツ力ローレンツ力  もないので、その心(靈)の動きだけで生きているという指摘である。
人間は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指すなら、冒頭で説明した“八”、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を心(靈)に持ち“思う、憂う”だけでなく、“思う、憂う”ことをして自分の在り方を見出し=“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、そうしたなら“いきり立つ心(奴と心)”で、生きていく、考えを行使する、“行”をしていく、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化する、ということをするべき。
 これに続く“ 
アはヒツキクニの神様なり 日月の巻第二十八帖の表記 日足(ひたり)回転 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか”は、先に述べた“ヒツキクニ”、要は“創造”の“主(ヌシ)”の振動、天意の取り込み、それを息吹く、それが“まこと”であるということであるし、そうでない場合は“  ローレンツ力 なきもの悪ざぞ”、これは“悪”が、心の動きの本能化と低振動化、という○○○大先生の認識を示した表記であると思う。
 これに続く“
ローレンツ力   は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ”、ローレンツ力ローレンツ力  があるから“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んで霊が発現すること、幾度となく紹介した画像を以下に貼っておく。
靈の解字 

 また“火ぞ”というのは、点二つが荷電粒子の回転を示し、それに丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が足された表記、“一(はじめ)ざぞ”は、“一”が日足(ひたり)から砌(みぎり)に筆を移行する、これは“思惑の顕現”=現象化であり、“創造”の“主(ヌシ)”の生命の“創造”事態を指す、あるいは“一”=智性=1番目のオーラのことを指し、智性(神性)を獲得せよの意味合い。
 これに続く“くらがりの世となってゐるのも、 ないからざぞ。 この道理わかるであらうがな”、この“くらがりの世”はたった今の腐った事象のこと、以下の文言に関しては先に述べたことが理解できていれば説明の要は無い。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第二帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、岩の巻 第二帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

三千年の昔に返すと申してあらうがな。 よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。 肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ。
こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。 不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。 九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。 まことの 
渦巻き 左回転 かかりぞ。
この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。 愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。 人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ。 
二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。 途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。 
われの国同士の戦 始まるのぢゃ。 この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。 この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。 あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。 神々様 守護神どの、勇め勇め。
二月十六日、ひつ九
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文。
“三千年の昔に返すと申してあらうがな。 よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。 肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ”

 たった今の世界が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)により腐りきっているので“三千年の昔に返す”と言われており、金と形骸の名誉、“上”に評価されない価値観、薄っぺらい幸福感などに酔いしれて自分が幸せだと思っている人間は次の事象に移行する資質なし、ということを読み取るべきであり、これに相対し“よい御用いたす身霊(みたま)”、この“よい御用”は、今の腐った事象ではない違う事象の“創造”のことであり、それは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”のいない世界を創る、そこは奪い合い騙しあいがない事象であり、“よい御用いたす身霊(みたま)”は、自我を諌め自分の在り方と自分が持っている“力”の行使の仕方を考える人間のこと。 こういった人間に対し“苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ”と言われ、これは“上”に見込まれているからなのだ、ということであるし、これに続く“肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ”、これは“よい御用”は“上”から観て正しいのだ、その事象の“創造”に必須なのは、風の巻に登場した表記の“善一筋”なのだから、周囲に惑わされるな=“眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん”、これを心がけよ、であり、これは先回解釈した第一帖の“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ”この意をよく理解しておけ、ということであり、これが出来ないならば“御用六ヶ敷いぞ”=次の事象に移行するのはむつかしい(六ヶ敷い)ということ。 
 ちなみに文中に登場するカタカナ表記の“ミタマ”は、
“ミ”は生命の幹 その現実
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)が“上”から観て正しい事象を“創造”していくの意。

 次の文。
“こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。 不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。 九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。 まことの 
渦巻き 左回転 かかりぞ”

 これも“よい御用いたす身霊(みたま)”に対して言われていることであり、たった今の事象は腐っており、たった今の人間は“上”から観て不誠実な人間がほとんど、よって“こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみ”、真実=真固止、“ほんとう”、こういった事柄の認識を高めていけ、それは霊的成長をすればするほど“ほんとう”のことを解り、物事の真実を理解し、“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)にのっとった“行”をしてくならば“真固止の人間”(“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止))となり、他者や自己に対し“誠”を理念とするようになる、と解する。
 これに続く“不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。 九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ”の“九”の表記は ○ 九 十 のそれであり、“九”は“一”=智性=1番目のオーラと丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)で構成され、生命(生きる使命=存在理由)としての最終段階、卆(そつ、卒業の卒の異体字)の意味合いを持つものである。
 それで“不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)”の“不二”に関しては
雨の巻 第八帖より以下にコピペ。


“世の元からの仕組、中行く仕組、天晴(アッパレ)三千世界結構であるぞ、心の不二も晴れ晴れとなるぞ、結構々々”
 文中の“世の元からの仕組”は、たびたび登場した“世の元からの生神”と意味合いが同義、それは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性、のことであり、その“中行く仕組、天晴(アッパレ)”その“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿って進化せよであり、“三千世界結構である”の“三千世界”は以前、地つ巻 第四帖で述べたとおり“すべての現津(あきつ)、観察され得る事象をさす表記”であり、今後=アセンション後の事象に位置しうる資質を持つ心(靈)は“心の不二も晴れ晴れとなる”、この“不二”は、二つとないこと、無二、二つに見えるが、実際は一つであること、対立していて二元的に見える事柄も、絶対的な立場から見ると対立がなく一つのものであるということ、の意味合いであり、先の“善結構、悪結構”、この両方を解った心(靈)だからこそ、進化を見出すのだ、の意味合いであると思える。 よって“結構々々”である。

 
 それで“咲くや媛(ひめ)”の“媛(ひめ)”という表記は砌(みぎり)の極性の意、それは事象への顕現=“咲く”ということであり、“九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ”は、個々の心(靈)=“おのもおのもの”に先の“九”の説明で述べた“一”=智性=1番目のオーラ、由来の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で、事象の“創造”をする、それは丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であるの意であり、“心の富士”とは、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道のこと、またこれは右往左往と左往右往の意味合いをも含むし、これに続く“九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ”とは、次の事象において人が“善一筋”ならば、“九”ならば、お前たちの思惑は進化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に適っているのだから、“上”は日足(ひたり)回転で援護するぞ=“まことの 
渦巻き 左回転 かかりぞ”の意味合い。

 次の文。
“この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。 愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。 人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ”

 文頭の“この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替”は、地球においてのアセンションのような事象は今度が最後の意味合い、これに続く“愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃ”の“キ”は、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
なので、“上”と感応して、次の事象の“創造”を果たしていく心(靈)は、神の計画以上のことをしていく=“もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とする”ということ。
 これに続く“中々に大層ざぞ。 人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ”に関しては、読んだ人が心づもりをしたならば、あえて解釈の要は無い。

 次の文。
“二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。 途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな”

 冒頭の“二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら”これは
風の巻 第一帖の“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな”、この文が理解できていればすぐ意味合いは通じるし、これが“善一筋”の事象を“創造”していくにあたって必須のこと、そしてその事象はこの文に続く“神の国”=神の思惑が顕現した事象、顕現させるのは霊的成長を果たした人間である。
 これに続く“途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな”、の“根本から”というのは、“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、これと同義であり、今後=アセンション後は霊的成長度の低い心(靈)は存在しえない、よってその事象を“神の采配”“神の咎め”によって崩壊させる必要もないので“今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃ”であり、“間に合はん道理”というのは“少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ”の意味合いを強調した言い回し。

 次の文。
“われの国同士の戦 始まるのぢゃ。 この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。 この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。 あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め”
 
 “われの国同士の戦”というのは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の認識の縄張り意識(進化程度の低い心、自我の確立=固定化の進化の段階の地球人の認識)、他者を利用し他者をだまし他者から奪い取る、こういった醜いことを自分たちに容認して自分の損得しか思わない、これを“戦”と称され、それは“上”から観たら醜いから“神は眼あけて見ておれん”、しかし低い心(靈)の進化にはこれも必須の過程であるので“これも道筋ぢゃ”と言われ、お前たちがやっていることは程度が低く醜いのだからそれをよく承知しておけの意味合いで“人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが”と言われている。
 これに続く“この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ”の“この方”は、次の事象に移行した霊的成長度の高い心(靈)の持ち主、それを“あらたぬし”新たな“主(ヌシ)”と称され、“元のキの道”“キの光の道つくる”に関しては、先に解釈した“も一つキの光輝く世”の意味と同じ。
こういった今後=アセンション後の事象は必ずやってくるのだから“あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め”と括られ、これは“よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてある”、この人間と、その人間に感応している存在に対して言われていることである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第三帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、岩の巻 第三帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。 天地のビックリ箱とはそのことざぞ。 間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下されよ。 
出来てからは、いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。 くどう気付けておくぞ。
これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな。 
三千年で世一キリといたすのぢゃぞ。 まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざぞ。 神だけではこの世の事は成就せんと申してあらうがな。 神がうつりて成就さすと申してあろうがな。 こんなこと これまでにはなかりたぞ。
二月十六日、一二
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文。
“天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。 天地のビックリ箱とはそのことざぞ。 間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下されよ”

 文中の“大建替”と“ビックリ箱”、これは今後=アセンション後の事象の説明、今と比べて相対的な変化を言い表わした文言であり、“天地”は、“上”と“下”の意、“下”(低い心(靈))である人間に“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が憑依や感応して神の思惑を顕現してきたことを指している。
この“天地”=“上”と“下”というのは今までもそうであった。
だが、今も含めこれまでは、人間の目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の動きに感応する“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)があった…というよりは、この悪しき感応の事例の方が圧倒的に多い。
その結果として、“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))の台頭を許し、霊的成長と人間と神の関係を説かねばならぬはずの宗教は腐り果て、金儲けと形骸の権威を示すだけのものになっているが、それをこの文中では
“間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下され”=見あやまるな、何が“ほんとう”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)なのか、人間の存在の意義は何か、しっかり考えよ、であり、これと同義のことが第一帖の、
“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ”
もうひとつ、
“それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。 釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ”
である。
 それで今後=アセンション後はこんなことは許されない、それは次の事象に移行する心(靈)の資質には、自分の自我を諌める“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”があり、自分の目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)を諌めるので、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)とは感応しない。
また次の事象、そこには“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”はいないので、今より圧倒的に“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応は少なくなるか消滅する。
そもそも次の事象で死んだとしても悪霊にはなり得ない、たった今に比べ恨みの連鎖の霊的干渉の現象化による死は減少して消滅する、これが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をある程度果たした事象における道理であり、また、悪霊は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)があまりないから悪霊になるものだが、どんな悪霊であっても自省(胸の磁性“十”)したなら悪霊ではなくなるし、神道の言葉の“本津宮”(もとつみや)はこの意があるものであり、次の事象は“慈悲”と“慈愛”、自省(胸の磁性“十”)の心(靈)をしっかり持った心(靈)でなければ、そこには存在しえないものである。
上記の事柄を今取り上げている文言から感じ取れる。

 次の文。
“出来てからは、いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。 くどう気付けておくぞ”

 先に述べた今後=アセンション後の事象における変化、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応する息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の無い心しか存在しえない、そもそも“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)である悪霊もいない、だがたった今の人間はほとんどが悪霊予備軍であり、その理由は自省(胸の磁性“十”)が足らない、自我を諌めることが出来ない、また恨みの連鎖の霊的干渉の結果が不幸な死であるという認識がない、そもそも死に対する認識が低すぎるし、死んだことにすら気づかない霊的存在が多々あることについてはローム太霊講話集で太霊が述べたことでもある。
 このいまと比べての相対的な変容、これを“出来てからは”とのべられ、ほとんどの地球人が悪霊予備軍であるので
“いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん”、今のうちに自分たちが悪霊予備軍の霊的成長度であること事態をよく解っておけよ、悪霊になるなよ、の意味合いであり、“元のキの道”は、“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、そして“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した生命(生きる使命=存在理由)が想像しうる事象、それを言い表わした文言である。

 次の文。
“これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな”

 これも“役員づら”の台頭により神の概念を間違えていることの指摘、それが“これまでは道はいくらもあった”、それはたった今の地峡人の霊的成長度が低いので、霊的成長など考えもしない人間が大多数、神さんに甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)認識を持ったりしてご利益しか求めない、それは間違いなので述べられていること。 これを換言すれば“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の勝手な理屈が台頭しているこの世界、またそれが社会通念や一般常識の元になっていること事態が大間違いである。
だが、それに相対した言い回しとして“善一筋”、今後=アセンション後は“善(神格化の方向性と智性の受信)”しかない事象になり、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”は存在しえない、悪を容認する心(靈)の持ち主もいない、当然のことながら“役員づら”もいないので
“これからの道は善一筋ざぞ”
となるならば
“(“役員づら”が程度の低い認識の心(靈)に刷り込んだ概念の)インチキ神の前には通らん”、
当たり前であるし、先に引用した第一帖の“この地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらした…以下略…”、こういう現状をよく解らねばならないのだ、ということでもある。

 次の文。
“三千年で世一キリといたすのぢゃぞ。 まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざぞ。 神だけではこの世の事は成就せんと申してあらうがな。 神がうつりて成就さすと申してあろうがな。 こんなこと これまでにはなかりたぞ”

 “三千年”に関しては先回の第二帖の解釈を参照のこと、たった今、現状の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”とは違うのだ、の意であり、今後=アセンション後は“まことの集まり”、これも現状に対しての相対的な言い回しで、たった今は不誠実が台頭し、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかをして金を儲け権威を示すのが当たり前になっているが、そんなことでは“世界中 見えすくのざ”の逆であり、そこにおいては事象の存在の意義、すべての事象は自分の霊的成長のためにある、などという認識は芽生えるわけがなく、ただただ人を出し抜いてまで金を儲け権威を求め、奪い合い騙しあいをして最後には殺しあう、そんな事象が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の為の事象ではない、しかし今後=アセンション後はそんなことはなくなり、なくなるからこそ、一切の事象が自分の成長のためにあるのだという認識に至るし、それに至ったならば“世界中 見えすく”=自らの霊的成長度に応じての事象の遭遇、その意味を理解するものである。
そして文中の“神徳”に関して甘い考えを持つ人間が多いだろうが、この文言は自分が自省(胸の磁性“十”)し“行”して“上”に認められることそのものであり、それを積んだならば=“上”に認められたなら、“まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざ”、この“まことの集まり”に何を思うのか、がとても大事、それは何度も述べるが、真実=真固止、“真固止の人間”(“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止))、“日月神示”表記の ○ 九 十 生命の最終段階、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)と卆(そつ、卒業の卒の異体字)、そして“九”が丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)と“一”=智性=1番目のオーラ、“十”が自省(胸の磁性“十”)、これをよく知ったうえでこの文言の意味を読み取るべきであり、そうなったならば、“上”が認める人間となったならば、“神がうつりて成就さすと申してあろうがな”、“上”と感応して事象の“創造”をするのであり、神と“上”と感応する人間がともに事象の“創造”をすること事態を“神だけではこの世の事は成就せんと申してあらう”であり、先に述べたように今後=アセンション後は“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応がないので“神がうつりて成就さすと申してあろうがな。 こんなこと これまでにはなかりたぞ”と述べられているものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第四帖 Kellyさん的解釈 



今回も、岩の巻 第四帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

元は十と四十七と四十八とあはせて百と五ぞ、九十五柱ざぞ。
旧一月十五日、かのととり、一(ひ)つ九のか三。

 冒頭の“元”に関しては、第一帖の、
悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。 人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。 神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。 元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。 それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ。 元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ。

同じく第二帖の、
二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。 少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。 途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。 根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。 
われの国同士の戦 始まるのぢゃ。 この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。 この方等が天地自由にするのぢゃ。 元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。

さらに、第三帖、
出来てからは、いくら泣いても詫びしても後へは返せん。 この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。 くどう気付けておくぞ。
これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな。

この下線を引いた文言の意味を指し示しているもので、今後=アセンション後の事象は、一帖で述べられている“悪の守護となれば、悪よく見える”、これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の身勝手な息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による“創造”で今までの“悪(心の動きの本能化と低振動化)”が台頭した事象ではなくなる、それは第三帖の“善一筋”であり、“善”は、神格化の方向性と智性の受信であり、さらに第二帖の“少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めん”であり、“元のキの道にして、あたらしき、キの光の道”これを自分たちの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“上”と感応した息吹で“創造”するから“つくる”と括られている。

 簡単に説明したが、今取り上げた文言の意はそれぞれの帖の解釈を読んでいただきたい。

 そしてそれは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応しかない事象になる、それに相対したった今の事象は“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応している人間が台頭して活躍している事象であるから、第二帖では“まことの 
渦巻き 左回転 かかり”、これは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応そのものを指すが、こう述べられ方もされているものである。

 そうなっていく資質として“十と四十七と四十八とあはせて百と五ぞ、九十五柱ざぞ”の“十”、胸の磁性“十”があてられ、次の“四十七”は、“四”が発振、発信、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)“十”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動き、“七”は“一”=智性=1番目のオーラと乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、そして“四十八”は、“四”と“十”は前述のとおり、“八”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、あるいは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、の意、よって“四十七”は神の思惑を顕現していく自省(胸の磁性“十”)の心(靈)を持った心(靈)の息吹であり、“四十八”は、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性が高まった心(靈)、人生において右往左往と左往右往を繰り返して、日足と砌(ひたりとみぎり)のバランスの良い形の心(靈)、それはまた自省(胸の磁性“十”)の心(靈)を持ち、その息吹という意味合いになる。
 これに続く“あはせて百”、これは“一”、“創造”の“主(ヌシ)”の表記のそれ、これが“下”に下降するさまが丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)、そして“日”、太陽の意、これを受け取れであり、どうやって受け取るかは糸巻の象形文字である“五”、生物は進化して神経が密になりローレンツ力 
ローレンツ力 の強化と変容になりより高い振動を取り込む、それが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)でもある。
 これに続く“九十五柱”は、“九”は○ 九 十の“九”、“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、智性(神性)を持った心(靈)が神の思惑を顕現していくさまであり、“九”その者が生命の最終形態の意があることはこれまで述べてきたとおりであり、“柱”は偏(へん)の“木”が胸の磁性“十”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、旁(つくり)の“主(ヌシ)”はローレンツ力
ローレンツ力  と“一二三”のオーラと|(たてぼう、こん、縦の磁性))で構成された表記である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第五帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、岩の巻 第五帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

人民 眼の先見えんから疑ふのも無理ないなれど、ミタマ磨けばよく判るのぢゃ、ついて御座れ、手引張ってやるぞ。 誠の道行くだけではまだ足らんぞ。 心に誠一杯につめて空っぽにして進みてくれよ、このことわからんと神の仕組おくれると申してあろうがな、早くなったところもあるなれど、おくれがちぢゃぞ。 
苦労、苦労と申しても、悪い苦労 気の毒ざぞ、よき苦労 花咲くぞ。 花咲いて実結ぶのざぞ。人民 苦しみさえすればよい様に早合点してゐるなれど、それは大間違ひざぞ。 神の道 無理ないと、くどう申してあらうがな。 此の道理よく噛み分けて下されよ。
神の国は元のキの国、外国とは、幽界とは生れが違ふのぢゃ。 神の国であるのに人民 近慾なから、渡りて来られんものが渡り来て、ワヤにいたしてしまふてゐるのに、まだ近慾ざから近慾ばかり申してゐるから、あまりわからねば、わかる様にいたすぞ。 眼の玉 飛び出すぞ。 近くは仏魔渡り来て、わからんことにされてゐるであらうがな。 五度の岩戸開き一度にせなならんと申してあらうが、生れ赤児の心で神示読めと申してあらうがな。
二月十六日、ひつ九かミ。

 この第五帖も、たった今の人間の認識の低さを指摘しており、今後=アセンション後は先回も取り上げた第三帖の“善一筋”になるので、それに沿った認識を獲得してその“上”での心(靈)の動き、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)をせよ、という文言である。

 冒頭の文。
“人民 眼の先見えんから疑ふのも無理ないなれど、ミタマ磨けばよく判るのぢゃ、ついて御座れ、手引張ってやるぞ。 誠の道行くだけではまだ足らんぞ。 心に誠一杯につめて空っぽにして進みてくれよ、このことわからんと神の仕組おくれると申してあろうがな、早くなったところもあるなれど、おくれがちぢゃぞ”

 先に述べたとおり、たった今の人間の霊的成長度の低さゆえの認識を“人民 眼の先見えんから疑ふのも無理ない”と指摘されており、それではいかん、これまで述べられてきている“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化をして、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”して、お前たちの心(靈)が育ったならば

“ミタマ磨けば”、お前たちの心(靈)が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応する資質を得て結果として認識が変わってくる

“よく判るのぢゃ、ついて御座れ、(“上”が)手引張ってやる”と言われている。
 これに続く
“誠の道行くだけではまだ足らんぞ。 心に誠一杯につめて空っぽにして進みてくれよ、このことわからんと神の仕組おくれると申してあろうがな”
文中の“誠”誠実さのそれ、これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きには無いものであり(不誠実)、そんな心(靈)では“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)としか感応しないので言われているが、自分の心(靈)の自我の肥大を認めて誠実に生きようとするだけではダメという言い回しが“誠の道行くだけではまだ足らんぞ。 心に誠一杯につめて空っぽにして進みてくれ”であり、自分の心(靈)の中の自分に都合の良い考えや自分勝手な解釈、これは智性(神性)無き心であるが、それがあるならば、“上”と感応しないし、“上”の援護も受けられない

“このことわからんと神の仕組おくれると申してあろう”、自分の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が遅れるのだという言い回し。
 これに続く“早くなったところもあるなれど、おくれがちぢゃぞ”、これは“神烈しく(はげしく)”で、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が自省(胸の磁性“十”)の“行”、いわゆる右往左往から左往右往に入っている人が増えつつはあるが、そんなものでは今後=アセンション後に移行する資質には間に合わないかもしれない

“おくれがち”なのだと言われている。

 次の文。
“苦労、苦労と申しても、悪い苦労 気の毒ざぞ、よき苦労 花咲くぞ。 花咲いて実結ぶのざぞ。 人民 苦しみさえすればよい様に早合点してゐるなれど、それは大間違ひざぞ。 神の道 無理ないと、くどう申してあらうがな。 此の道理よく噛み分けて下されよ”

 文中の“悪い苦労”、人は何のために苦労しなければならないのか、この文言をストレートに解釈すれば、悪のための苦労、それはローム太霊講話集解釈で○○○大先生の著書から引用した“泥棒の行”みたいなこともある。 自分が苦しむ、エネルギーを贖う(あがなう)、それが結果として“善(神格化の方向性と智性の受信)”か“悪(心の動きの本能化と低振動化)”か、“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)か、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の目的の達成のためなのか、これを鑑みよ、今の自分が何を頑張っているのか、それは先の“誠”でなければいけないのだ、そうでなければその息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は、“気(息吹)の毒ざぞ”ということであり、“上”の思惑に適った苦労ならば“よき苦労 花咲くぞ。 花咲いて実結ぶのざぞ”である。
 このことを間違えるなという意味合いで“人民 苦しみさえすればよい様に早合点してゐるなれど、それは大間違ひざぞ”であり、これに続く“神の道 無理ないと、くどう申してあらう”の“無理ない”は、たやすいと言う意味合いではなく、“上”の思惑に沿っているならば“うれしうれし”“大歓喜”の事象になっていくのだが、たった今は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きで自分たちの首を絞めている、これに気付かない大ばか者が多すぎる。
 よって“上”の思惑通りに生きよ、それは先にも述べた第三帖の“善一筋”であり、それが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性、“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)なので“此の道理よく噛み分けて下され”である。

 次の文。
“神の国は元のキの国、外国とは、幽界とは生れが違ふのぢゃ”

 右翼傾向の人が間違える神国ではなく、“国”は(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示すものであり、たった今の地球人が自我の確立=固定化から自省(胸の磁性“十”)して“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動きを行動に表わすのが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)であり、それが“創造”の“主(ヌシ)”の思惑なので“元の”(“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)にそった)“キの国”、“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし、であり、“国”は先に述べたとおりのこと。
 これに相対し、自我の確立=固定化の進化過程の人間は外側(外国と幽界)の事象を観て自分の認識にしているものであり、自分の内面とか内側(心の中と感じている事)を見るとか観察してダメなところを自分で指摘するとかの心(靈)の動きがない=自省(胸の磁性“十”)していない、その認識の得方、外側しか見ていないで認識を高めてきた段階はもう終わるが、そんな育ち方をした心(靈)では今後=アセンション後に移行しえないという言い回しが“生れが違ふ”、先に述べた“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”により自分の認識を高めて行けよ、という意味合いである。

 次の文。
“神の国であるのに人民 近慾なから、渡りて来られんものが渡り来て、ワヤにいたしてしまふてゐるのに、まだ近慾ざから近慾ばかり申してゐるから、あまりわからねば、わかる様にいたすぞ。 眼の玉 飛び出すぞ。 近くは仏魔渡り来て、わからんことにされてゐるであらうがな。 五度の岩戸開き一度にせなならんと申してあらうが、生れ赤児の心で神示読めと申してあらうがな”

 文頭の“神の国であるのに”は、先の“神の国は元のキの国”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿った心(靈)であるのに、そうやって“創造”の“主(ヌシ)”はお前たち自身を“創造”したのにもかかわらず、お前たちのやっていることは“近慾”、これは先に解釈した“人民 眼の先見えんから疑ふのも無理ないなれど”と同義であり、その心(靈)だからこそ“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)としか感応しない、“下”と感応した認識しか得られない、その意のことが“渡りて来られんものが渡り来て(これは“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)のこと)、ワヤにいたしてしまふてゐるのに、まだ近慾ざから近慾ばかり申してゐる(その息吹でしかない)”と言われており、霊的成長度の区分けの時期は決まっているから駄目なものはダメと“上”は“神の咎め”で示すの意が“あまりわからねば、わかる様にいたすぞ。 眼の玉 飛び出すぞ”である。
 これに続く“近くは仏魔渡り来て、わからんことにされてゐるであらうがな”、この“仏魔”は、たった今どんなに苦しく辛い暮らしであろうとも不平不満を言わず 、世の中にはもっと辛く苦しんでいる人々がおり 、日々の暮らしに感謝して生きるべきとか、下には下の人がいるので耐えることが良いとか、世界は始めから苦痛や苦悩や悲しみの多い掬いなき世界であるのでこれを全てをあるがままに受け入れ、その上で仏に救いを求める、そうするならば死んだあと、癩せいでは救われる、というような教えであるが、これはたった今の事象を蔑ろ(ないがしろ)にすることに繋がりがちであり、たった今の事象でお前たちは“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化して“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”して、自分が観ている事象、現津(あきつ)、観察され得る事象、これをよい形にする、神の思惑を顕現していくのが神の子としての生命(生きる使命=存在理由)であるのだ、ということ。
 これに続く“五度の岩戸開き一度にせなならんと申してあらう”、これに関しては日の出の巻 第一帖の解釈から以下にコピペ。 大事な部分に下線を引くこととする。

“石もの云ふ時来たぞ、此の道 早く知らして呉れよ、岩戸は五回閉められてゐるのざぞ、那岐(なぎ)、那美(なみ)の尊の時、天照大神の時、神武天皇の時、仏来た時と、大切なのは須佐之男神様に罪着せし時、その五度の岩戸閉めであるから此の度の岩戸開きはなかなかに大そうと申すのぞ。”の“石もの云ふ時来たぞ”は自我の肥大、“石屋の仕組み”が盛んになることを示した表記で、それはまたその場(フィールド)、次元が、低い砌(みぎり)の心(靈)の動きで出来上がっているからでもあり、具体的にいえば利益優先とか心無い行いをしても儲けるとか多少の“悪(心の動きの本能化と低振動化)”は容認するとかであるが、こういう心(靈)の動きをする人間はただ低いのであって、だからこそ“創造”の“主(ヌシ)”に今後=アセンション後の“創造”を託されるなんてことはありえない。 そして“此の道 早く知らして呉れよ、岩戸は五回閉められてゐるのざぞ、”は、当然のことながら“日月神示”に書かれている“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を示唆した表記で、“道”は“創造”の“主(ヌシ)”の計画であるアセンションの時期と“理(ミチ)”は今後=アセンション後の“創造”の法則性を示し、それは岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開くであり、第四密度に移行するというチャネラーの表記でもありマニピューラチャクラからアナハタチャクラへの覚醒=自我から“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現とその心の行使、それは自省(胸の磁性“十”)そのものであるし、自我の肥大というのは心(靈)(ヒ)の中における砌(みぎり)の極性の強化で、これが“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きにもなるが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の必然であり、自我より“上”の心(靈)が発現しなければ“創造”の“主(ヌシ)”の思惑に沿った事象の“創造”は出来ないからこそ、霊的成長度の高低において分けられる事象であるアセンションという事象を体験しなければならない。 そしてそれは“那岐(なぎ)、那美(なみ)の尊の時、天照大神の時、神武天皇の時、仏来た時”という表記が示されている砌(みぎり)の極性の高まりと、その心の動きの高まりが“岩戸閉め”であり、これは自我の肥大を示していると思うし、岩戸が占められているからこそ“上”の振動を自らの心(靈)に取り入れることが出来ない(“上”からの通信を受け入れない、自分が悪い方向に向かっていることを認めたくない=自省(胸の磁性“十”)しない)、それを示した表記であると思われる。

 これに続く“生れ赤児の心で神示読めと申してあらうがな”、これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”由来の自分に都合の良い解釈をせず、“役員づら”のように金儲けにも利用せず、“日月神示”自体を自分の心(靈)を育てるものとする、認識の糧とする、そうして池世の意味合いである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第六帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、岩の巻 第六帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

向ふの云ふこと、まともに聞いてゐたら、尻の毛まで抜かれてしまふのが、神にはよく判りて気つけてゐたのに、今の有様その通りでないか。 まだまだ抜かれるものあるぞ。 のばせばのばせば、人民まだまだ苦しいことになるぞ。 延ばさねば助かる人民ないし、少しは神の心も察して下されよ、云ふ事きいて素直にいたされよ、神たのむぞ。 
愈々時節来たのであるから、何と申しても時節にはかなわんから、神示通りになって来るから、心さっぱり洗ひ晴らしてしまふて、持ち物さっぱり洗ひかへしてしまふて、神のみことに生きて呉れよ、みことになるぞ、タマぞ、ミコト結構ぞ。
 一八五二六八八二三三一二三 卍千百三七六五卍十 十十八七六五曰一二三五六 八二三二一二三 六五八八 八八 十十二一三八七七八九二六 三二八五 一二○○○○○三 二一八九百一七 百 ○ 四七 九曰三八一三曰二
  
渦巻き 左回転 渦巻き 左回転 メ(目)雨の巻十五帖表記 渦巻き 左回転 一九三三ローレンツ力と ○ 九二○メ(目)雨の巻十五帖表記 
 
ツキ?(日月の巻 第二十五帖 表記)文章用  ローレンツ力と ○ ○ 二五一二二二二三三
 九一かつ十五にち ひつ九のか三
 わからん裡にわかりてくれよ。
旧一月十五日、ひつ九のかミ。

 冒頭の文。
“向ふの云ふこと、まともに聞いてゐたら、尻の毛まで抜かれてしまふのが、神にはよく判りて気つけてゐたのに、今の有様その通りでないか。 まだまだ抜かれるものあるぞ。 のばせばのばせば、人民まだまだ苦しいことになるぞ。 延ばさねば助かる人民ないし、少しは神の心も察して下されよ、云ふ事きいて素直にいたされよ、神たのむぞ”

 文頭の“向ふの云ふこと”、こちら側=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目論んでいる存在に対しての“向ふ”、これは第一帖の以下の表記が解り易い。
“悪の守護となれば、悪よく見える”そして“この地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。 それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ”、これは形骸に成り果てた権威を示すだけの今の天皇制、“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち、それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))の既成宗教、これがたった今の当り前、それは一般常識、社会通念、既成概念に成り果てており、これがまともなのか間違っているのか突っ込んで考える人間はとても少ないし、既成宗教や天皇制に限ったことではなく、たった今のなにかはほとんどが腐りきっているものであることを今の人間は考えねばならない、。
本題に戻り、これらすべて人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を妨げるものであるので“まともに聞いてゐたら、尻の毛まで抜かれてしまふのが、神にはよく判りて気つけてゐたのに、今の有様その通りでないか。 まだまだ抜かれるものあるぞ”と称され、これに続く“のばせばのばせば、人民まだまだ苦しいことになる”、“上”としては一人でも多く次の事象の“創造”に参加する資質を得させたいので時間を引き延ばしているが、引き延ばせば伸ばすほど悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)の活躍は盛んになる、それは先にも述べたとおり大多数の人間が悪魔の傀儡の手法に乗っかっているからである。
 これに続く“延ばさねば助かる人民ないし、少しは神の心も察して下されよ、云ふ事きいて素直にいたされよ、神たのむぞ”、これに関しては文章通りで、この前の文の意味を理解できたなら解釈の要は無い。

 次の文。
“愈々時節来たのであるから、何と申しても時節にはかなわんから、神示通りになって来るから、心さっぱり洗ひ晴らしてしまふて、持ち物さっぱり洗ひかへしてしまふて、神のみことに生きて呉れよ、みことになるぞ、タマぞ、ミコト結構ぞ”

 霊的成長度の高低における区分け、いわゆるアセンションは神の計画であることは幾度となく述べて来たし、次の事象に参加でき得る心(靈)の資質を持った人間は少ないことも述べてきた。 これが文中の“時節”であり、“神示通りになって来る”、これは神の計画のことと、もうひとつ、“上”としては一人でも多く参加させたい、その資質を得させたいからこそ“神烈しく(はげしく)”で様々な事象の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きによるものを暴き、それは人間から観るならば馬脚を現すということをさせて、自省(胸の磁性“十”)をさせるものであるが、大概の人間はそんなものは自分には関係ないと思いがちである。 それではダメで、自分の心(靈)の中にも程度の低い心(靈)があり、漁夫の利を得たいとか、人をだましても自分は徳をしたいとかの心(靈)があるが、その誰もが持っている低い心(靈)目下(めした)(動物の心(靈)の段階)に対して“心さっぱり洗ひ晴らしてしまふて、持ち物さっぱり洗ひかへしてしまふて”、人間が求めるのは自分の損得ではなく、当然のことながら(通貨としての)金でも形骸の名誉でもない、それを文中の“持ち物さっぱり洗ひかへし”と称され、外側(外国と幽界)の事象のことばかり思わず、先に述べたとおり損得でもなく(通貨としての)金でもなく形骸の名誉でもなく、大事なのは自分の心(靈)の中、自分の在り方、これを鑑みるならば=自省(胸の磁性“十”)して“自分を観察する自分の確立”をしていくならば、その心の在り方が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)に認められるし、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、ローム太霊講話集の言葉を引用すれば、これ自体が“法(のり)”であるからこそ、“日月神示”では“神のみことに生きて呉れよ、みことになる”と称されているものである。
 これに続く文の“タマぞ、ミコト結構ぞ”、これは
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)すべく生命(生きる使命=存在理由)、進化を目指す生命と解し、
“ミ”は生命の幹 その現実
“コ”は停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
であり、この表記の前の文を理解するにあたってはキの巻 第七帖
“天と地との親の大神様のミコトでする事ぞ、いくら悪神じたばたしたとて手も出せんぞ、この世 三角にしようと四角にしようと元のこの方等の心のままぞ”
この表記が解り易い。
 
 これに続く以下の表記は、“タマ”“ミコト”の意味合いを強調しているものと思うので、その前提で解釈をする。
まず“一八五二六八八二三三一二三”
“一八”は“一”が“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”、これはア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、の意、向かって日足(ひたり)から砌(みぎり)へ筆を移行することが神の“思惑の顕現”=現象化、この現象化は生命と生命が“観察と認識”する現津(あきつ)、観察され得る事象のこと。 それと人間の心(靈)の“神性”そのものである“一”=智性=1番目のオーラの意、このふたつが感じ取れる。 そして“八”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が日足と砌(ひたりとみぎり)に離れた形、またこれは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道を示すものであり、“五二”は糸巻の象形文字、神経が密になったさまである“五”と、肉体の表記である“二”なので進化した生命の意であり、“六”は爻部(こうぶ)=丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、神の思惑と人の思惑が交わるの意味、次の“八八”は、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義であるし、霊の旧字の画像の下半分の人が二つ並んでいる個所と意味が同じ、
靈の解字 

この霊の旧字そのものが、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んで神の思惑を顕現する生命(生きる使命=存在理由)の意もあるが、靈だけではダメなのでこれに続く“二”は肉体、“三”は1番目、2番目、3番目のオーラ、もう一つの“三”は、“一”を三つ重ね“天”“地”“人”天地人って言う意味を持つ、いわゆるこの事象、生命が“観察と認識”しうるこの世ということであり、最後の“一二三”は肉体を持った霊=○、荷電粒子の場(フィールド)が発振、発信している1番目、2番目、3番目のオーラである。
 これに続く“卍千百三七六五卍十”
“卍”は日足(ひたり)回転、“千”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と胸の磁性“十”、“百”は“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と太陽の意である“日”、これは太陽の振動を“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことで取り込めよの意を感じるし、“三七六五”は、最初の“三”が“一”、智性、1番目のオーラと、“二”肉体、“七六五”は“五六七(みろく)”の反対なので、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑である“一”、この振動を太陽を介して取り込み肉体に顕現、それが“一”+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)の“七”であり、それが“六”と“五”に関しては前述のとおり、いわゆる進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した生命(生きる使命=存在理由)が神の思惑を顕現していく、それを“上”から観たならば神の思惑が生命の完成であるので進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の反対になる、その意が“三七六五”であり、これに続く“卍十”は、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んで日足(ひたり)回転させて胸の磁性“十”を高めよの意である。
 これに続く“十十八七六五曰一二三五六”
“十十八七六五”の“十十”は、胸の磁性“十”の日足と砌(ひたりとみぎり)の極性、思惑だけではダメ、行動だけでもダメ、それは右往左往と左往右往をしっかり理解していないと分らないことであり、自分の行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)は“上”と感応した思惑でなければならない、しっかりした理念、“上”が認めうる理念を確立させていなければダメと解し、次の“八”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、次の“七六五”は先に述べた神の思惑の顕現としての生命(生きる使命=存在理由)、思惑が完成形であるから進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の逆の表記になる、次の“曰”は夜明の巻、曰アけの○キ、のそれであり“曰”は、口(息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の意)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)の意、いわゆる生命(生きる使命=存在理由)の発振、発信であるし、それ自体が“一二三”のオーラであり、“六”は前述した通り爻部(こうぶ)=丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、神と人が交わるの意。
 これに続く“八二三二一二三”
生命(生きる使命=存在理由)は肉体と心(靈)により神の思惑を顕現していくべきであり、そのために進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしていくものである。 その意が“八”丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、“二三”は肉体の2~3番目のオーラ、その後の“二”と“一二三”は、肉体から発振、発信される1番目、2番目、3番目のオーラの意味合い。
 これに続く“六五八八”
“六”は爻部(こうぶ)、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、神と生命が交わるの意、“五”は進化した生命が持つ密になった神経の様子、“八八”は先の霊の旧字の下半分と意味が同じ。
 これに続く“八八”も、靈の旧字の下半分と同義。
 次の“十十二一三八七七八九二六”
“十十”は“六五八八”と“八八”にかかり、日足と砌(ひたりとみぎり)が肉体を伴った心(靈)に顕現して腹においては脾=“思う、憂う”と肝=“いきり立つ心(奴と心)”になるが、それだけではダメであり、それプラス胸の磁性“十”、高度な“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”が心(靈)の進化には必須、この“十十”に続く“二一三八”の“二”は肉体の意、あるいは2~3番目のオーラ、“一”は智性(神性)、1番目のオーラ、“三八”は“一二三”のオーラと丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、あるいは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、これに続く“七七”は、先に述べたとおり“七”が“一”、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑とそれを取り込んだ乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であるが、この“七”が二つ並んでいる表記は目上(めうえ)の脳、大脳新皮質で発現する心(靈)を指すものと解する。 このことは最近○○○大先生が
“総括編”で紹介した以下の画像が理解しやすい。
脳幹と大脳新皮質で発現する磁束

これに続く“八九二六”の“八”は先の胸の磁性“十”が加味された心(靈)である“八八”をさし、“九”は○ 九 十のそれ、生命の完成形のひな型と言いうる“九”と“十”、これも画像で意味を示す。
○ 九 十(まこと)の解字 

“二”は先の“十十二一三八七七八九”自省(胸の磁性“十”)の要素を持ち日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を顕現した脾=“思う、憂う”と肝=“いきり立つ心(奴と心)”を有した肉体の意であり、“六”は爻部(こうぶ)、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、神と人の思惑が交わるの意味。
 これに続く“三二八五”
これは“三”が“一”を三つ重ね“天”“地”“人”天地人って言う意味、“二八五”は“八”が丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、“五”が神経が密になったさま、それを兼ね備えた“二”=肉体の意、だり、要は進化した心(靈)を持った肉体が事象の“観察と認識”をするの意。
これに続く“一二○○○○○三”
これは“一”=智性=1番目のオーラと手の水平磁場で構成される2番目のオーラ、その間に五つの“○”があるが、これ自体が腰椎五つを指し、腰椎五つで止める振動は東洋医学の五行、木火土金水であることを○○○大先生は“総括編”で述べたが、木火土金水自体がこの事象、物質の世界を構成する要素であり、その物質世界に対して1番目、2番目、3番目のオーラを発振、発信している様、人間という生命を指し示している表記。
これに続く“二一八九百一七”
冒頭の“二”、肉体は“一八九”、“一”=智性=1番目のオーラと丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)と○ 九 十の“九”、この要素を備えたならば進化した生命と言いうる。 それは“百”、“創造”の“主(ヌシ)”の表記の“一”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と太陽を示す“日”、要は“上”からの振動であるが、それを取り込み“一”=智性=1番目のオーラとなして“七”、“一”=智性=1番目のオーラ+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)となせ、の意。
 これに続く“百○四七”
“百”は前述のとおり太陽を介して贈られてくる“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、それを霊=○、荷電粒子の場(フィールド)に取り込み、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)とせよ=“四”、それは神の“思惑の顕現”を果たす生命の意である“七”、“一”=智性=1番目のオーラ+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であるの意。
 これに続く“九曰三八一三曰二”
“九”は前述のとおり完成された生命のひな型、“曰”は発振、発信、それを“三”、“一”を三つ重ね“天”“地”“人”天地人、この事象に息吹く、それは“八”、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、それはまた“一”=智性=1番目のオーラをこの事象、“三”に息吹く=“曰”、そういった肉体=“二”であれ、の意。
 これに続く“ 
渦巻き 左回転 渦巻き 左回転メ(目)雨の巻十五帖表記  渦巻き 左回転 一九三三ローレンツ力と ○ 九二 ○メ(目)雨の巻十五帖表記  ”
渦巻き 左回転 渦巻き 左回転 メ(目)雨の巻十五帖表記  ”、これは目上(めうえ)の脳の縦の磁性によるローレンツ力ローレンツ力 による荷電粒子の回転を指し、またそれは日足(ひたり)回転、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の回転であるべきの意、そして“渦巻き 左回転   一九三”、その生命(生きる使命=存在理由)の“一”=智性=1番目のオーラによる心(靈)の日足(ひたり)回転、これ自体が“善(神格化の方向性と智性の受信)”の回転であり、生命の完成形の“九”が充てられ、それが又1番目、2番目、3番目のオーラの意、である“三”が充てられ、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“一二三”のオーラの発振、発信をこの事象=“三”に息吹け、それは“  ローレンツ力と ○ 九二 ○”ローレンツ力 ローレンツ力 で高い振動を取り込んだ霊=○、荷電粒子の場(フィールド)と肉体の意である“二”と生命の完成形の意を持つ“九”、これによって外側と内側の事象の“観察と認識”をせよの意で、雨の巻 第十五帖で初めて登場した“メ(目)雨の巻十五帖表記 ”が示され、これには以下の意味がある。(雨の巻 第十五帖よりコピペ)

“今度 次の大層が出て来たら愈々ざぞ。 最後の十十
メ(目)雨の巻十五帖表記   (トドメ)(透答命)ざぞ”
文中の“今度”“次の大層”は、今後=アセンション後に移行する際の醜い事象、もうたった今が醜い事象ばかりの感があるが、おそらくもっと激しくなる、それが“最後の十十 
メ(目)雨の巻十五帖表記 (トドメ)(透答命)”、この“十十メ(目)雨の巻十五帖表記   (トドメ)”は、胸の磁性“十”が二つなのは、思想や考え=日足(ひたり)の極性、外側(外国と幽界)の事象=砌(みぎり)の極性、これを“観察と認識”する=“メ(目)雨の巻十五帖表記  ”であり、“透答命”は、自分たちの心(靈)の動きと外側(外国と幽界)の事象を見透かして、答を見つけるのが生命の使命であるの意、である

これに続く“
ツキ?(日月の巻 第二十五帖 表記)文章用  ローレンツ力と ○ ○ 二五一二二二二三三”
この“
ツキ?(日月の巻 第二十五帖 表記)文章用  ”の表記は、日月の巻 第二十五帖と日の出の巻 第三帖に登場するが、日の出の巻の解釈より以下にコピペする。

“次の世とは通基(月)の世の事ざぞ、一二(ひつき)の通基(二)の世ぞ、 
ローレンツ力と ○ ツキ?(日月の巻 第二十五帖 表記)文章用 の月の世ぞ”
この画像
ツキ?(日月の巻 第二十五帖 表記)文章用   は、“月”“通基(二)”であり、“月”は砌(みぎり)の極性であり、さらに先に述べたようにツキ?(日月の巻 第二十五帖 表記)文章用   は、新月から満月に移行する様子を示す。
それは、日足(ひたり)の極性が強まった後の肉体そのものであり、そして“月”“通基(二)”は肉体のオーラ(土)2~3番目のオーラを発振、発信するものでもあるし、さらに“通基(二)”、それは基を通す=神の理(ことわり)を通す(顕現する)肉体の意味である。


よってこの表記は“神の理(ことわり)を通す(顕現する)肉体の意”と解し、 
ローレンツ力と ○ は霊=○、荷電粒子の場(フィールド)とローレンツ力ローレンツ力 であるので“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んでいく仕組み、これに続く“○二”は、靈と肉体の意、これに続く“一二二二二三三”は、“一”=智性=1番目のオーラと、“二”四つは、肉体、“富士(二二)”、肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、もう一つの“二”は2番目のオーラ、“三”が二つは1番目、2番目、3番目のオーラと“一”を三つ重ね“天”“地”“人”天地人、肉体と心(靈)が備わった生命が“観察と認識”をしているこの事象と解する。

 よってこの漢数字と記号のような表記は、今後=アセンション後に移行する肉体と心(靈)の資質と霊的成長の仕組み、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性を述べた表記である。

 最後の“わからん裡にわかりてくれよ”、この“裡”は、 「そのような状態のうちに」の意があり、例えば、隠密裡、成功裡、などに使う字だが、“わからん裡”は進化の仕組みや霊的成長の法則性を理論化するのではなく、体得せよ、であり、神は“神烈しく(はげしく)”でお前たちの在り方を示しているのだからこそ、観て感じて認識として生き、行動に活かせ、である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 岩の巻 第七帖 Kellyさん的解釈

 
 
 今回も、岩の巻 第七帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

この神の許へ来て信心さへして居たらよい事ある様に思ふてゐるが、大間違ひざぞ。 この方の許へ参りて先づ借銭なしに借銭払ひして下されよ。 
苦しいこと出来て来るのが御神徳ぞ。 この方の許へ来て悪くなったと云ふ人民 遠慮いらん、帰りて呉れよ。 そんな軽い信心は信心ではないぞ。 結構な苦しみがわからん臣民一人も要らんのぞ。 しかと褌締めてついて御座れよ。 
此の方 悪神とも見えると申してあらうがな。 わかりてもわからん、出来ん事致さすぞ、神が使ふのざから楽でもあるのざぞ。 静かに神示よく肚に入れて御用して下されよ。 神の道 光るぞ。
旧一月十五日、一二
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文。
“この神の許へ来て信心さへして居たらよい事ある様に思ふてゐるが、大間違ひざぞ。 この方の許へ参りて先づ借銭なしに借銭払ひして下されよ”

 これは“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち、それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))に、ご利益を求めることばかりインプリンティング(刷り込み(すりこみ)、刻印付け)されている認識の低い人間に対しての言い回しである。 本来宗教は、その開祖や教祖に“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が感応して人間の在り方や生き方を説いたものであるが“役員づら”の行いは金儲けと形骸の権威を示すことのみであり、それはこの巻の第一帖、
“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ”
そして
“人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ”
第三帖、
“これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな”
これらを合わせ読むと理解しやすいと思う。
 それと文中の“借銭なしに借銭払ひして”、この“借銭”は(通貨としての)金のことなどではなく、恨みの連鎖の霊的干渉の結果としての因縁を指し、地つ巻 第八帖では
“祓ひせよと申してあることは何もかも借銭なしにする事ぞ。 借銭なしとはめぐりなくすることぞ、 昔からの借銭は誰にもあるのざぞ”
と称されており、因縁は誰もが背負っており、それは“めぐり”=恨みの連鎖であり、それを“なくすること”、これを“祓ひせよ”、恨みの連鎖の霊的干渉の現象化を引き起こす存在を“本津宮”(もとつみや)へ帰す、それは自省(胸の磁性“十”)させるの意だが、肉体を持った心(靈)である人間は肉体そのものが形代(かたしろ)に相当するから悪霊に憑依され入り込まれて悪因縁を現象化させているが、それを無くせ、その方向性に向かえ、それには恨みの連鎖の霊的干渉がなぜ起きているのかを知らねばならないし、それを理解したなら自分たちはどう在るべきか考えねばならない、それを示した文言である。

 次の文。
“苦しいこと出来て来るのが御神徳ぞ。 この方の許へ来て悪くなったと云ふ人民 遠慮いらん、帰りて呉れよ。 そんな軽い信心は信心ではないぞ。 結構な苦しみがわからん臣民一人も要らんのぞ。 しかと褌締めてついて御座れよ”

 文中の“苦しいこと出来て来るのが御神徳”“結構な苦しみ”、価値のあること(“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)、“行業一致”)をなすにあたって苦痛や苦悩が伴うのは当たり前、また、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指すための“行”は苦痛があるのは当たり前、ローム太霊の“苦に苦を重ね、苦を求め、更に苦を求めるのだ。楽を求めてはいかん”と“粘りとやせ我慢”ということを理解できているならばこの文言の意味はすぐ解るものである。
 そしてこの巻の第二帖の以下の文言を合わせ読むと理解しやすい。
“よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。 他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。 肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ”

 次の文。
“此の方 悪神とも見えると申してあらうがな。 わかりてもわからん、出来ん事致さすぞ、神が使ふのざから楽でもあるのざぞ。 静かに神示よく肚に入れて御用して下されよ。 神の道 光るぞ”

 これも先の“役員づら”にインプリンティング(刷り込み(すりこみ)、刻印付け)された認識の低い人間に対する言い回し、認識が低いゆえに自分の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)も理解できない、ご利益しか求めない、“役員づら”の行いに対し見せかけの信心をする、またそれが見せかけとは思っていない、など、指摘したらきりがないが、今後=アセンション後に移行する際は、先の
“善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らん”
であり、“役員づら”の所業は崩れ去るのが当然のことだからこそ“此の方 悪神とも見える”、霊的成長度の低い人間にはそんなふうに映るということ。 
これに続く文言は“上”の思惑通りになっていく、“善(神格化の方向性と智性の受信)”一筋になっていく、そのための“日月神示”であるから、“神示よく肚に入れて”=“上”の思惑を言葉で理解したら“肚”(はら)、これは自我と同義だが、これを諌めて“御用して下され”、今度の事象の“創造”をして行けよ、であり、“神の道 光る”は、振動の性質として高い振動と高い波長は観測者にとって光り輝き白く見える(青方変移)であるのでこういった表記が使われているし、たった今は“神の道”もなく、“光る”でもないのだぞ、という言い回しである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 岩の巻 第八帖 Kellyさん的解釈 

 
 今回も、岩の巻 第八帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

此の方のコト、腹にひしひしと響き出したら、よき守護神となったのざぞ。 神の国の元のミタマと外国のミタマとスッカリ取換へられてゐるのにまだ眼覚めんのか。 神の国は真中の国、土台の国、神の元の鎮まった国と申してあらうがな。 
神の国であるぞ、我さへよけら、よその国、よその人民どうなってもよいといふ程に世界の臣民、皆なりてゐるが、表面(うわべ)ばかりよい事に見せてゐるが、中は極悪ぢゃ。 気付いてゐる臣民もあるなれど、どうにも、手も足も出せんであらうがな。 それが悪神に魅いられてゐるのぢゃぞ。 道はあるに闇、祓ひ潔めて道見て進め。勇ましきやさかの道、光りあるぞ。
二月十六日、一二 
ローレンツ力と ○ 

 この第八帖も、認識の低い人間を対象に述べている文言である。 そして文中に三回登場する“神の国”の解釈が肝要で、“国”は(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す、ということを幾度となく述べてきたが、要は平均的地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)である自我の確立=固定化よりも自省(胸の磁性“十”)が出来ている心(靈)を持っている、ということであり、“神の”は、“国”=自省(胸の磁性“十”)の出来た心(靈)に対しての言い回しであるから、平均的地球人よりも“上”との感応が出来ている、大体平均的地球人は“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応している場合が圧倒的多数、それは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、の高い部分と感応し智性(神性)を発現させている、そういった心(靈)という意味合いである。

 冒頭の文。
“此の方のコト、腹にひしひしと響き出したら、よき守護神となったのざぞ。 神の国の元のミタマと外国のミタマとスッカリ取換へられてゐるのにまだ眼覚めんのか。 神の国は真中の国、土台の国、神の元の鎮まった国と申してあらうがな”

 文中のカタカナ表記の“コト”は、
“コ”は停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
なので、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めている、止めて息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)している、それは自分の心(靈)の動きと“行”によって肉体の“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化ができている、あるいはできつつあるということ。 いわゆる“行”が進んだ人間を“此の方”と称し、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止める意の“コト”が“腹にひしひしと響き出した”、腹の心(靈)の発現(腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン)は自我なので、これは自我を諌める心の動きとと解するし、それは岩の巻で言われてきている例えば第一帖の
“悪の守護となれば、悪よく見える”
これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の世界ではこういった程度の低い人間の行いが評価されているが、それは“上”から観たら間違いであり、そのことを示しているのが第三帖の
“これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな”でもある。
 これに続く
“神の国の元のミタマと外国のミタマとスッカリ取換へられてゐるのにまだ眼覚めんのか。 神の国は真中の国、土台の国、神の元の鎮まった国と申してあらうがな”
この文中の“真中の国、土台の国、神の元の鎮まった国”、この表記は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を示している文言であり、たった今の人間がこれに沿っていないからこういう言われ方をされているものである。
 前後するが“神の国の元のミタマと外国のミタマとスッカリ取換へられてゐる”、このカタカナ表記の“ミタマ”は
“ミ”は生命の幹 その現実
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)していくべき生命そのもの、であるが、先にも述べたとおり立った今の人間は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に沿っておらず“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)とばかり感応して目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)ばかりでこの事象の“創造”をしているものであり、お前たちは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を取り違えているのだというのが“スッカリ取換へられてゐる”、何を取り違えているのかは、大概の人間は自分を含めすべての事象の外側(外国と幽界)の事象しか観ていないものであり、それが具体的には物質偏重、経済効果優先、あるいは自分は外面さえよければよい、形骸の名誉や外側を飾る“美”の概念などこれらすべてディスプレイ(動物の発情行動)であるが、自分たちが生きている間は必ず何かを求めるものであり、たった今の人間の大多数は求めることが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に繋がらず求め方が間違っているのであり、進化を果たすべき人間は、自分の内面に問題を求めて、低い心(靈)を諌めるようになるものである。 それが自我の確立=固定化から自省(胸の磁性“十”)して“慈悲”と“慈愛”の心(靈)を発現させていく筋道、それが“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、ローム太霊の文言を借りれば“法(のり)”でもあるが、その意のことが“取換へられてゐる”という表記の意味合いである。

 次の文。
“神の国であるぞ、我さへよけら、よその国、よその人民どうなってもよいといふ程に世界の臣民、皆なりてゐるが、表面(うわべ)ばかりよい事に見せてゐるが、中は極悪ぢゃ。 気付いてゐる臣民もあるなれど、どうにも、手も足も出せんであらうがな。 それが悪神に魅いられてゐるのぢゃぞ。 道はあるに闇、祓ひ潔めて道見て進め。勇ましきやさかの道、光りあるぞ”

 冒頭の言い回しの“神の国であるぞ”は、“我さへよけら、よその国、よその人民どうなってもよいといふ程に世界の臣民、皆なりてゐるが、表面(うわべ)ばかりよい事に見せてゐるが、中は極悪ぢゃ”にかかる文言であることは一読すれば理解できるし、先に述べた“神の国”が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”ではない、ということがすぐわかる文言であるし、先に述べたように“表面(うわべ)ばかりよい事に見せてゐる”、これが程度の低い人間のやることであるから“中は極悪”、そういった人間の心(靈)、“中”は…ということ。
 これに続く“気付いてゐる臣民もあるなれど、どうにも、手も足も出せんであらうがな。 それが悪神に魅いられてゐるのぢゃぞ”、今の世界がおかしいことに気付いていてもこの世界はもう腐りきっていて腐った世界は“神の咎め”を受けるのが“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)であり、“神の咎め”を受けねば自省(胸の磁性“十”)が出来ない人間が大多数、しかしほんの少しだけ自省(胸の磁性“十”)の出来ている人間もいるので“気付いてゐる臣民もある”のだが、この世界そのものを変えよう、程度の低い人間の認識を変えようとしても、すでに手遅れであるというのが“手も足も出せんであらう”であるし、それは多くの人間が“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)としか感応していない、その感応による息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)でこの事象の“創造”をしているので“悪神に魅いられてゐるのぢゃ”である。
 これに続く“道はあるに闇、祓ひ潔めて道見て進め。 勇ましきやさかの道、光りあるぞ”の“道はあるに闇”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)はあるのだがそれに沿った生き方をしている人間が少ないし先の“悪神に魅いられて”という事象の“創造”をしているからこそ“祓ひ潔めて道見て進め”、これは“役員づら”の神主や坊主が行う祓いではなく、神道の“本津宮”(もとつみや)へ帰れ、という言葉は、自省(胸の磁性“十”)せよ、の意味合いであり、よってこの言い回しそのものがお前たちは自省(胸の磁性“十”)が出来ていない、自分たちのやっていることをよく見渡して自分たちが低いと言うことをしっかり解れ、ということ。 これに続く“勇ましきやさかの道”、文中の“やさか”は、弥栄、彌栄(いやさか)を読み替えた言い方、彌栄(いやさか)の“彌”の旧字は進化の仕組みが示されているので画像で意味を示す。

弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字 

 これに続く“光りあるぞ”は“勇ましきやさかの道”にかかる言葉で、それは第七帖の“神の道 光るぞ”と同義、高い振動と高い波長は観測者にとって光り輝き白く見える(青方変移)。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第九帖 Kellyさん的解釈 


 
 今回も、岩の巻 第九帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

今度 捕へられる人民 沢山にあるが、今度こそはひどいのざぞ。 牢獄で自殺するものも出来て来るぞ。 女、子供の辛いことになるぞ。 九分通りは一度出て来るぞ、それまでに一度盛り返すぞ、 わからんことになったら愈々のことになるのざぞ。 みたま磨けよ。旧一月十五日、一二
ローレンツ力と ○   。

 艮(うしとら)の金神を名のる霊団は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)としての計画を行い、黒住教で朝日の日拝(にっぱい)(太陽凝視の入門、初心者向け)を教え、天理教、大本教において、今後=アセンション後に移行するという情報、そして人間の在り方などを“下”(低い心(靈))である人間に教え、その後“日月神示”を書かせたという経緯がある。 
 大本教では宗教弾圧があり(参考のため
Wikipediaへのリンクを貼っておく)、第九帖を読むとそれを思い起こさせるものであるが、宗教弾圧が起きた理由はその宗教の存在が自分たちにとって都合の悪いものであるからであり、これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の考え方であることは言うまでもない。
 それで今後=アセンション後に移行する際、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度の人間と(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者のそれは、はっきり区別されていくものである。 そこにおいて第九帖で述べられている“捕へられる人民 沢山にある”“牢獄で自殺するものも出来て来る”、これらは宗教弾圧のことそのものというよりも、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の考えに染まっている人間に対し“捕へられる人民 沢山”と称されており、それに対して憂い、その憂いの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)に低い存在が感応して起きるのが“牢獄で自殺するものも出来て来る”、これに関してはその仕組み、憂いは自らを“牢獄”に閉じ込めたのと同じであり、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)に低い存在が感応することを“出来て来る”と称されているものであると思え、これに続く“女、子供の辛いことになる”は、弱者を対象に述べていること、よってすべての人間が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の考えに染まり、その考えに疑問を持ち現状を憂うものに対しては“今度こそはひどい…中略…牢獄で自殺するものも出来て来る”と述べられているものである。
 これに続く“九分通りは一度出て来るぞ、それまでに一度盛り返すぞ、 わからんことになったら愈々のことになるのざぞ”、ここまでの“日月神示”、そしてことに大本教で述べられた天変地異や戦争などの事柄、いわゆる今後=アセンション後に移行する際の醜い事象、これらすべて“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象であり、やってきたことの結果に対しては“九分通りは一度出て来る”これは“神の咎め”があることを示唆しているものである。 
 だが多くの人間は、神に対する認識がてんで低く、“神の咎め”などないと思うから自分の利益や損得しか考えていないものであり、これこそが“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の考え方でもあり、この考えによる行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)が“それまでに一度盛り返す”ということになるが、こういった人間は“神の咎め”ということを言葉でしか知らないから“神の咎め”を受けてすら“わからんことになった”としか思えない。 それは、自分が自分たちの利益や損得のため頑張って何が悪いのか、ぐらいにしか思わないものであるが、“上”としては人間の在り方を示すために“神の咎め”を与えているし、たびたび“日月神示”に登場する表記の“神烈しく(はげしく)”というのは、こういったことも示唆している。 
 これに続く“愈々のことになるのざぞ”は、今述べた事柄が台頭してきたなら今後=アセンション後に移行する時期(時間の進行と宇宙の進行は神のプログラムであり、それを人(日止、霊止)の心(靈)が認識したなら、時期になり、それは電磁波の吸収であるからこそ、磁気でもある)が近いことを指しており“みたま磨けよ”は、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化して、“上”と感応して自分の思想を変えていくべきである、ということを述べている。

今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 岩の巻 第十帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、岩の巻 第十帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

わからんミタマも今迄は機嫌取って引張りて来たなれど、もう機嫌取りは御免ぢゃ。 こんなことに長う掛かりてゐたなら実地が遅れるから、ひときりにいたすぞ。 神代となれば天は近くなるぞ、神人共にと申してあらうがな。 
一人となりても、神の申す事ならば、ついて来る者が誠の者ざぞ、誠の者少しでも今度の仕組は成就するのざぞ、人は沢山には要らんのざぞ。
信者引張ってくれるなよ。 道は伝へて下されと申してあらうがな。 竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。 びっくり箱の一つであるぞ。 
キT(た)がよくなる、キたが光るぞ、きT(た)が一番によくなると申してあること段々に判りて来るのざぞ。
これ程に申してもまだ疑ふ人民 沢山あるなれど、神も人民さんには一目置くのぞ、閉口ぞ、よくもまあ曇ったものぢゃなあ、疑ふなら今一度 我でやって見よれ、それもよいぞ、あちらこちらにグレングレンとどうにもならんのざぞ、人民には見当取れん大きな大きな大望ざから、その型だけでよいからと申してゐるのぢゃ、型して下されよ。
改心の見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやるから、力添へ致してやるから、せめてそこまで磨いて下されよ。 悪はのびるのも早いが、枯れるのも早いぞ。いざとなればポキンぞ。花のまま枯れるのもあるぞ。
二月十六日、一二の
ローレンツ力と ○   。

 冒頭の文。
“わからんミタマも今迄は機嫌取って引張りて来たなれど、もう機嫌取りは御免ぢゃ。 こんなことに長う掛かりてゐたなら実地が遅れるから、ひときりにいたすぞ。 神代となれば天は近くなるぞ、神人共にと申してあらうがな”

 文中の“わからんミタマ”は、第一帖の“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ”、この文で示されている通り自分たちにとって何が“善(神格化の方向性と智性の受信)”なのか、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”なのか、認識できていない、それは換言すれば自分の損得のために“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を容認する、いわゆる“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度の人間、そして自我が肥大した心(靈)、これに対し“上”は少しでも進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を願っているからこそ“今迄は機嫌取って引張りて来た”、少しでも変わる、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を目指すように“上”は成長のための試練を与えたりして改心させる、ということを実際に行い(“神の咎め”)、心(靈)が変わることを期待してきたのだが、時期が迫っているので“機嫌取りは御免”そして“こんなことに長う掛かりてゐたなら実地が遅れる”、要は間に合わない人間は間に合わない、よって“ひときりにいたす”と述べられており、次の段階を指す表記が“神代となれば天は近くなる”、これはたった今の事象に相対して“神烈しく(はげしく)”、“上”の思惑が顕現し程度の低い人間はそこに居られなくなるものであることを示唆し、“上”の思惑を顕現するのはやはり“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”して“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化して“上”と感応する人間であるから“神人共に”と称されているものである。

 次の文。
“一人となりても、神の申す事ならば、ついて来る者が誠の者ざぞ、誠の者少しでも今度の仕組は成就するのざぞ、人は沢山には要らんのざぞ。
信者引張ってくれるなよ。 道は伝へて下されと申してあらうがな。 竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。 びっくり箱の一つであるぞ”

 冒頭の“一人となりても”は、たった今の事象が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が大多数なので、一般常識や既成概念そのものが智性(神性)無き心(靈)により腐っている、そこにおいて第三帖の“これからの道は善一筋ざぞ。 インチキ神の前には通らんのざぞ”、この“善一筋”と“インチキ神”、“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)の意味、これが理解できる、“役員づら”の“インチキ”を判別できるのは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”よりも心(靈)が育っているからであり、心(靈)が育っているゆえに世間から隔絶される、それは先回の第九帖の“捕へられる人民 沢山にある”“牢獄で自殺するものも出来て来る”に相当する霊的成長度であるが、先に述べたように世間から隔絶され孤独感にさいなまれる者となることをこの文言で指しているが、自分思うこと、その理念がまっとうであり信じるに足ると思う、それは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)に対して誠実、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に対して誠実、それを文中で“誠の者”と称され、これに相対したった今の事象の大多数の人間は不誠実、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとか、が台頭して自分の損得しか考えていないもの、当然のことながらそれは“神の申す事ならば、ついて来る者”に該当するものではない、また程度の低い者が大多数であることを示唆した文言が“誠の者少しでも今度の仕組は成就するのざぞ、人は沢山には要らんのざぞ”である。
 これに続く“信者引張ってくれるなよ”、これは“役員づら”の手法が信者集め、これ自体が形骸の権威のためのことと金儲けでしかないし、ダメな人間はいくら集まってもダメ、そこで霊的成長度の高まりによる認識の獲得など期待できない、それは“変圧”(アミの本で使われた概念。高い振動の霊的存在はいきなり低い心(靈)とは、感応共振しない)の法則性があるので、霊的成長度の低い人間がいくら寄り集まっても“ほんとう”の事柄の追及とか“改心”には至らず、ただ雰囲気に酔う、言葉に酔う、結果として自省(胸の磁性“十”)もなく“改心”もないということにしかなり得ない、それはたびたび“日月神示”に登場する表記の“集団(まどい)、まどゐ”、程度の低い人間の集まりにしかならないものであるし、このことは第一帖の“人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ”、この“悪の仕組み”に相当することであることを分らねばならないものである。
 これに続く“道は伝へて下されと申してあらうがな”、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)のことそのものを指し、霊的成長した人間がそれを果たすべきである、ということ。
 これに続く“竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。 びっくり箱の一つであるぞ”、この“竜宮”は、竜の如く“下”のエネルギーが“宮”に上っていく(昇り竜)、宮は宀(うかんむり、頭の意味)と“呂”で、これは頭と腹のエネルギーの回転を示す表記、頭と腹は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)によって結ばれている表記だが、この意味のことであり、これ自体が霊的成長して“一”=智性=1番目のオーラを大きくすることを示唆している。 さらに“竜”の表記は呂と立つ、あるいは太陽に昇る竜、ちなみに月に昇る意味合いは龍。そして乙は乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、これについては画像で意味を示す。

人(丿部と乚部)の解字 

 そして“乙姫”の姫(女性の表記)は砌(みぎり)の極性(事象への顕現)、なので、霊的成長を果たした心(靈)がこの事象にその“思惑の顕現”をする、ということ。 またそれが“ほんとう”の価値という点で“竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまい”、程度の低い人間には理解不能という言い回しがされ、それがたった今の事象に相対して“びっくり箱の一つ”という言い回しもされている。

 次の文。
“キT(た)がよくなる、キたが光るぞ、きT(た)が一番によくなると申してあること段々に判りて来るのざぞ”
 
 カタカナ表記の“キ”は、
天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
アルファベットの“T”については、書き方に意味があり、まず以下の画像を参照のこと。

Tの書き方 
“T”の|(たてぼう)を先に書くのは、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、が、“下”(低い心(靈))に下降するさま、横棒 ━ を後に書くのは、“一”=智性=1番目のオーラが“上”であり、左から右に書くので日足(ひたり)=思惑、砌(みぎり)=事象への顕現の意。
 ひらがな(“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点)表記の“た”は、“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと、なので、人間から観た進化していく生命(生きる使命=存在理由)の意。
 よって“キT(た)がよくなる、キたが光るぞ、きT(た)が一番によくなる”は、“上”からの振動を取り込んだ進化していく生命が事象の“創造”をするという意、それはやはりたった今の事象が“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応している心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって“創造”されているからこそ、“キT(た)がよくなる”“キたが光る”“きT(た)が一番によくなると申してあること段々に判りて来る”と述べられているものである。

 次の文。
“これ程に申してもまだ疑ふ人民 沢山あるなれど、神も人民さんには一目置くのぞ、閉口ぞ、よくもまあ曇ったものぢゃなあ、疑ふなら今一度 我でやって見よれ、それもよいぞ、あちらこちらにグレングレンとどうにもならんのざぞ、人民には見当取れん大きな大きな大望ざから、その型だけでよいからと申してゐるのぢゃ、型して下されよ”
 
 この文言自体は程度の低い人間を対象に言われている。 “われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が大多数=“まだ疑ふ人民 沢山”、大多数の人間の霊的成長を望んでいるから“神も人民さんには一目置くのぞ、閉口ぞ、よくもまあ曇ったものぢゃ”、自分たちが正しいと思うならば右往左往と左往右往して認識をえよ=“疑ふなら今一度 我でやって見よれ、それもよいぞ”、だが、“上”は人間の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)と霊的成長度の高低における区分けを計画している=“あちらこちらにグレングレンとどうにもならんのざぞ、人民には見当取れん大きな大きな大望ざ”、
そして大多数の人間は“上”の“大望”通りにならないから、“その型だけでよいからと申してゐるのぢゃ、型して下され”、せめて“改心”くらいせよ、または“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”そして“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化、この知識くらいは得ておけ、という意味合いである。

 次の文。
“改心の見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやるから、力添へ致してやるから、せめてそこまで磨いて下されよ”

 これは先の文の“型して下され”に続く言い回し、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”と“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化ということを少しでも知ったなら、“上”と感応する素地が少しできると言う意味合いが“見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやる”であり、カタカナ表記の“タマ”は、“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと、“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)、なので、“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿った生命(生きる使命=存在理由)、それは正しいのであり、その生命が現われ立つ、ということを示した表記。 そして“上”との感応を“力添へ致してやる”とまで述べられており、せめてそれくらいになってくれよ、の意味合いで“せめてそこまで磨いて下され”と言われている。

 次の文。
“悪はのびるのも早いが、枯れるのも早いぞ。いざとなればポキンぞ。花のまま枯れるのもあるぞ”

 あえて解釈の要は無い文言ではあるが、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”に向かうのは“善(神格化の方向性と智性の受信)”に向かうよりも早い、しかもそれは“善”に向かうよりも安易で簡単、しかしそれはすぐ崩れる=“枯れるのも早い”“ポキンぞ”であるし、たった今の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の栄耀栄華、それは第三帖の“これからの道は善一筋ざぞ”ではないので、“花のまま枯れる”と言われているに過ぎない。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 岩の巻 第十一帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、岩の巻 第十一帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

誰の苦労で此の世出来てゐると思ふてゐるのぢゃ。 此の世を我がもの顔にして御座るが、守護神よ、世を盗みた世であるくらゐ、わかってゐるであらうがな。 早う元にかへして改心いたされよ、
神国(かみくに)の王は天地の王ざぞ、外国(とつくに)の王は人の王ざぞ。 人の王では長う続かんのぢゃ。 外国にはまだまだ、きびしいことバタバタに出て来るぞ、日本にもどんどん出て来るぞ。
云はねばならんことあるぞ。 出づ道は二つ、一はひらく道、二は極む道、道出で世に満つ、ゑらぎゑらぐ世ぞ。 前に書かしてあること、よく読めばわかるのぢゃ、御身(みみ)に利(き)かして御身でかかしたもの二曰(じし)んの巻といたせよ。 いよいよア
渦巻き 左回転 九(あらく)なって来るのざぞ。 因縁みたま結構となるのざぞ。
旧一月十五日、ひつ九のか三神示。

 冒頭の文。
“誰の苦労で此の世出来てゐると思ふてゐるのぢゃ。 此の世を我がもの顔にして御座るが、守護神よ、世を盗みた世であるくらゐ、わかってゐるであらうがな。 早う元にかへして改心いたされよ”

 文中の“守護神”、これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度におけるそれであり、これに関しては第一帖の以下の文が解り易い。
“悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ”
あわせて、風の巻 第十三帖の以下の文も解り易い。
“楽してよい御用しようと思ふてゐるのは悪の守護神に使はれてゐるのざぞ。 人の殺し合ひで此の世の建替出来ると思ふてゐるのも悪の守護神ざ。 肉体いくら滅ぼしても、よき世にならんぞ”
これに関しては恨みの連鎖の霊的干渉の現象化についても触れられている(人の殺し合ひで此の世の建替出来ると思ふてゐる)し、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)と行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)は、必ずこれを生み出して自分たちの首を絞める結果となっていくものである。
本題に戻り、先に述べたように“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の“守護神”というのはてんで霊的成長度が低い、だが今の事象はこれが当たり前であり、多くの人間が自分にとって都合の良い神の概念を持っているからこそこういう言われ方をされていることに気付かねばならないし、霊的成長度の低い人間とそれに対応する“守護神”がこの事象の“創造”をしているのではない、それは“創造”における道理、どんなに“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の悪がはびこっても“神の咎め”でその道を正す。
だからこそ今、程度の低い人間の馬脚を現すことを“神烈しく(はげしく)”によって示されているが、それを
“誰の苦労で此の世出来てゐると思ふてゐるのぢゃ”、
今の事象にも“上”の介入はあり、
“此の世を我がもの顔にして御座るが、守護神よ、世を盗みた世であるくらゐ、わかってゐるであらうがな”、
程度の低い人間とその“守護神”がたった今の事象を牛耳っているかのように錯覚しているが、それは“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)にそぐわない、よって、
“早う元にかへして改心いたされ”、
と言われているものであるし、この文からその意図するところが読み取れない、この意味が解らないのは、程度の低い心(靈)である。

 次の文。
“神国(かみくに)の王は天地の王ざぞ、外国(とつくに)の王は人の王ざぞ。 人の王では長う続かんのぢゃ。 外国にはまだまだ、きびしいことバタバタに出て来るぞ、日本にもどんどん出て来るぞ”

 幾たびか述べている通り文中の“神国”は右翼傾向の人が勝手に解釈するそれではなく、神は“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)、“国”は、(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動き、これを示しており、これが現地球人の霊的成長度の自我の確立=固定化から“上”への進化、“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現、そして自省(胸の磁性“十”)の心(靈)、これは“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”でもある。
それで冒頭の文の“神国(かみくに)の王は天地の王ざぞ”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たすべき心(靈)、それを“天地の王”と称され、天地=“上”と“下”一切の法則性、これによって支配されているのだ、またこれが“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)なのだと言う意味合いであり、“外国(とつくに)の王は人の王ざぞ”、これも右翼傾向の人が思う外国ということではなく、外側(外国と幽界)の事象、人の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって“創造”されているこの事象、この事象の“創造”そのものを担っているのが人間であるの意、ではあるが、たった今の人間の息吹が低いから“人の王では長う続かん”、“上”と感応する“神国(かみくに)”の息吹により今後の事象は“創造”されるものであり、たった今の低い息吹で作られたこの世界は崩壊するの意であるし、これからどんどんひどくなる=“外国にはまだまだ、きびしいことバタバタに出て来るぞ、日本にもどんどん出て来るぞ”、であるし、これはたとえ日本が神国であると勝手な解釈をしようが、霊的成長度の低い息吹で創られた事象にはところ構わず“神の咎め”があるのだ、の意。

次の文。
“云はねばならんことあるぞ。 出づ道は二つ、一はひらく道、二は極む道、道出で世に満つ、ゑらぎゑらぐ世ぞ。 前に書かしてあること、よく読めばわかるのぢゃ、御身(みみ)に利(き)かして御身でかかしたもの二曰(じし)んの巻といたせよ”

 文中の“出づ道”、これは今後=アセンション後に対する言い回し、“一はひらく道”、これは岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く、いわゆる自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”と自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを発現させて進化(霊的成長、神格化に向かうこと)すること、“二は極む道”は、自分の心(靈)の動きを観る、在り方を観る(“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”)、それが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)であり、それが出来ていくならば“道出で世に満つ”、進化した心(靈)は今後=アセンション後の事象に“世に満つ”、“次の世”にとって“適つ”であるの意。
 そしてその事象は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”はいないので恨みの連鎖もなく因縁も消失し、それだけではないが、一切が“ゑらぎゑらぐ世ぞ”、文中の“ゑらぎ”は、歓喜、楽しく笑う、などの意、そういった事象になっていくの意。
 これに続く“前に書かしてあること、よく読めばわかるのぢゃ、御身(みみ)に利(き)かして御身でかかしたもの”、これは自分(“御身(みみ)”)の認識(悟り、幸取=さとり)(“御身(みみ)に利(き)かして御身でかかしたもの”)とせよ、の意。
 これに続く“二曰(じし)んの巻といたせよ”、この“二曰”の“二”は自分自身の肉体、この事象における心(靈)の入れ物としての肉体、“曰”は、口(息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の意)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)の意、要約すればここまでの“日月神示”の内容を自分の認識(悟り、幸取=さとり)としてそれを息吹け、の意である。

 次の文。
“いよいよア
渦巻き 左回転 九(あらく)なって来るのざぞ。 因縁みたま結構となるのざぞ”

 “ア
渦巻き 左回転 九(あらく)”の“ア”は、天より地に降った生命の初声、究極生命の符音、事の初め、アはそれ生之雷(イノチ)に至らす の意。
渦巻き 左回転  ”は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の回転。
“九”は ○ 九 十の“九”、神のひな型であり生命(生きる使命=存在理由)の最終段階としての人(日止、霊止)の意。

○ 九 十(まこと)の解字 
これが次の事象の“創造”を担っている、その資質を持っている、その意で“因縁みたま”と称され、今後=アセンションにおいてはその“因縁みたま”が“結構となる”、“上”の思惑に適う、の意。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (481)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (16)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
“日月神示” 地震の巻 (1)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (115)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード