“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 富士の巻 第十一帖 Kellyさん的解釈



今回も富士の巻 第十一帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

神土(かみつち)は白は、「し」のつく、
黄は「き」のつく、
青赤は「あ」のつく、
黒は「く」のつく山々里々から出て来るぞ、
よく探して見よ、
三尺下の土なればよいぞ、
いくらでも要るだけは出てくるぞ。
八月二十日、 ローレンツ力と ○ のひつ九のか三。


この文の、“「し」「き」「あ」「く」”そして“山々里々”。
先に“山々里々”から解釈すれば、山々は、今までも解釈してきたように、高い心霊が使う言葉としての、山=脳で、山々は左右の大脳半球を示す表記やと思える。
そして“里々”は、里って言う字は“田”(心、靈、の四つの場(フィールド)、大脳の新皮質)と土は、肉体の意味と、2~3番目のオーラのことを指し示すと思う。
それと、“山々里々”は山と里を二回繰り返している。
そやからそれは、左右を示し、二つの極性を示し、そやからそれは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道…これらと同義でもあると思う。
さらに、“山々”=脳と、“里々”が書かれてるのは、“里”は、さっきも言うた様に“田”(心、靈、の四つの場(フィールド)、大脳の新皮質)と、土=肉体やから、心(靈)の動きや心(靈)の発現を、指し示す言葉やと思える。
それについては
下つ巻 第二十九帖で、出てきた表記の“神の土”で言うたことを、以下にコピペしときまんねん。

                             ↓

“この文の表記の“土”そして“白、赤、黄、青、黒の五つ色ぞ、”これは、今までの解釈からして“土”=2~3番目のオーラ、その受発信は肉体の構造に由来する。あるいは、“土”そのものが(物質である)肉体を言い表した表記やと思える。
ほんでからそれは、帯電するミネラルをさすと思える。
ほんでから五行思想では、“白、赤、黄、青、黒”は、肺、心、脾、肝、腎、に相当する。
そやからそれは、肺=“悲しみ”、心=“喜び”、脾=“思う、憂う”、肝=“いきり立つ心(奴と心)”腎=“恐れ”(本能)…それぞれの心(靈)の動きを指していると思える。その心(靈)の動きそれぞれは、霊的成長のためのものであり、神格化への心の動きを指し示す表記やと思える。”

…以上でんねん。

ほんでから、この文では、以下のように、

“神土(かみつち)は白は、「し」のつく、
黄は「き」のつく、
青赤は「あ」のつく、
黒は「く」のつく山々里々から出て来るぞ、”

そやからそれは、以下の心(靈)の動きを示すと思われる。

白=「し」は、肺=“悲しみ”。
黄=「き」は、脾=“思う、憂う”。
青赤=「あ」は、肝=“いきり立つ心(奴と心)”と心=“喜び”。
黒=「く」は、腎=“恐れ”(本能)。

また、下つ巻 二十九帖で言うた五行思想は、“臓腑”の“臓”、それは、帯電するミネラルが“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)や“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との霊的干渉。
いわゆるオーラの相互干渉。
それは肉体を持っていようがいまいが=人対人であろうが、人(日止、霊止)対“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)…神と認識される存在であろうが、人(日止、霊止)対悪霊(“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の心(靈)の動き)であろうが、それは霊的干渉であり、オーラの相互干渉があり、それによって自己と他者の心(靈)が、感応共振して、反応しあい、それぞれの肉体と心(靈)に入り込んだ振動が、心(靈)の動きとなっていくことを示していると思われる。

ほんでからこの文の後半の、

“三尺下の土なればよいぞ、
いくらでも要るだけは出てくるぞ。”

三尺は、大体90センチでんねん。
ほんでからこれは、ただ単に、地面から“三尺下”ではなく、肉体のどの部分から“三尺下”ってことを言われてると思える。
そやからそれは、すべての事象の観察の基準である“天の御目(あめのおめ)”を宿す、両眼を指し、そやからそれは目から下、三尺って言う意味で、ほんでからにそれは、ローム太霊さんが言うた、通枢と丹田の、丹田に相当すると思われる。そして通枢と丹田は、“呂”(頭と腹のエネルギーの回転を示す表記、頭と腹は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)によって結ばれている)でもあり、それに示す偏(へん)を足すと、“神”って言う字になる。
丹田は、言うまでもなく腹にあり、帯電するミネラルが固まっていない段階のエネルギーの増幅をしているサイクロトロン(荷電粒子の回転が上下する円形粒子加速器)でもある。
そしてその部分での心(靈)の発現と動き、それは、自我の確立=固定化の段階の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程でもある。
また、その丹田は、食べ物から摂取した帯電するミネラルを吸収するところで、それは“日月神示”表記の“石”でもある。

余談やけど、今までも、“石屋の仕組み”は、帯電するミネラルが固まっていない=真固止ではない=腹の水(“江戸と尾張”の“江”)って解釈をしてきた。
そやから“石屋の仕組み”は、自我の肥大が低い功名心や自尊心になり、ディスプレイ(動物の発情行動)になり、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から観て、たいして価値のないものに付加価値を付け=(通貨としての)金で価値判断を決め、そして、幸福の概念を間違え、薄っぺらい欲棒のために生きる人が、創造し続けている恨みの連鎖の霊的干渉って話を、前のブログで先生と話した。
事象の形骸化 “その十一” 事象を形骸にする仕組み…そして、真実=真固止の無い世界 参照)

そやから富士の巻は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との霊的干渉、それは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑を自分の心(靈)に受信すること=天意を受けること(“天詞様”)、高い存在の思惑を自分の思想にすることを言っているようなので、敢えて、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との霊的干渉である“石屋の仕組み”のことを言うておきまんねん。

ほんでからこの富士の巻 第十一帖は、第十二帖に続く文章でんねん。
そやから今回は、これくらいにしときまんねん。

“日月神示” 富士の巻 第十帖 Kellyさん的解釈


今回も“日月神示”富士の巻 第十帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

いよいよ戦烈しくなりて喰ふものもなく何もなくなり、
住むとこもなくなりたら行く所なくなるぞ。
神の国から除かれた臣民と神の臣民と何ちらがえらいか、
その時になりたらハッキリするぞ、
その時になりて何うしたらよいかと申すことは神の臣民なら誰でも神が教えて手引張ってやるから、今から心配せずに神の御用なされよ、
神の御用と申して自分の仕事をなまけてはならんぞ。
何んな所にゐても、神がスッカリと助けてやるから、
神の申すやうにして、今は戦して居りて呉れよ。
てんし様 御心配なさらぬ様にするのが臣民のつとめぞ。
神の臣民 言(こと)に気をつけよ、
江戸に攻め来たぞ。
八月の十九日、ローレンツ力と ○ のひつ九のローレンツ力と ○


冒頭の文は、言うまでもなく、今後=アセンション後に向かう事象のことを言うてる。

“いよいよ戦烈しくなりて喰ふものもなく何もなくなり、
住むとこもなくなりたら行く所なくなるぞ。”

敢えて説明することでもないけど、この文の“戦烈しくなりて”は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が、神の思惑に沿っていないからこそ、悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)になり、恨みの連鎖の霊的干渉を盛んにしているからこそ、これまでも、これからも、醜い事象=“戦烈しくなりて”って言う事象を、今地球に居る人は、観察する。
そして、それを観察した人の心(靈)は、心(靈)の動きの“上”と“下”の違いを知る。
それは、目上(めうえ)と目下(めした)(動物の心(靈)の段階)。
“一”=智性=1番目のオーラと、“二”=肉体由来の心(靈)の動き…今まで延べてきたさまざまな認識を得ていく。
そやからそれは、今後=アセンション後に位置するために、必要な認識でもあり、神の思惑に沿った“創造”をするために必要であり、だからこそ、“日月神示”では、“身魂掃除”“身魂洗濯”って言い表してる。
このことも、何回も言うてきたから敢えて説明することでもないけど、自分の心(靈)を、自己観察(“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”)して、心(靈)の動きの“上”と“下”を知る。
それは智性(“一”、1番目のオーラ)が無ければ、“上”と“下”の区別が出来ない=“上”と“下”を認識できない。
そやから動物には“一”=智性=1番目のオーラがほとんど無い…先生がオーラを見る能力に長けていたときの観測の結果は、そういうことでんねん。
ほんでから人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の程度を指し示すのが、“一”=智性=1番目のオーラでもあり、“一”=智性=1番目のオーラが小さい人は、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の動きになり、自我より“上”の心(靈)の発現をしてないから、自我の肥大ゆえの行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)をとり、自己奉仕者になる。
ほんでから、当たり前のことなんやけど、動物には智性=神性が無い。智性=神性の無い人もたくさん居てるのが、この世界でもある。
ほんでから人が、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から“日止、霊止”って呼称される資格を持ったときに、初めて神の思惑を受信して行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に活かしていく。
そやけど…第十帖の冒頭の文章を解釈すると、前回の、第九帖の後半の文章、これを思い出させるな。
補足として以下に、第九帖の後半をコピペしときまんねん。
            ↓

“この世は人間にまかしてゐるのざから、人間の心次第ぞ、
しかし今の臣民のやうな腐った臣民ではないぞ、
いつも神かかりてゐる臣民ぞ、
神かかりと直ぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮まってゐる臣民ぞ、
それが人間の誠の姿ぞ。
いよいよ地獄の三段目に入るから、その覚悟でゐて呉れよ、
地獄の三段目に入ることの表(おもて)は一番の天国に通ずることぞ、
神のまことの姿と悪の見られんさまと、ハッキリ出て来るのぞ、
神と獣と分けると申してあるのはこのことぞ。
何事も洗濯第一。”


第十帖に戻り、次の文、

“神の国から除かれた臣民と神の臣民と何ちらがえらいか、
その時になりたらハッキリするぞ、
その時になりて何うしたらよいかと申すことは神の臣民なら誰でも神が教えて手引張ってやるから、今から心配せずに神の御用なされよ、”

この文も、アセンション後の“創造”を担う霊的資格を獲得した“日止、霊止”のことを言うてる。
それは、今の世界が、低い心(靈)の“創造”であるからこそ、“その時になりたらハッキリするぞ、”って言われてる。
今の世界は、自己奉仕者が活躍して出来上がった世界で、だからこそ、本当の認識を持っているとか、真実=真固止を悟っている人たちは、活躍できない。
ほんまの認識(悟り、幸取=さとり)と“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を持っている“日止、霊止”が活躍する世界ではないってことでんねん。今現在、右往左往の失敗を体験せんならん事象やから、霊的に高い“日止、霊止”は、活躍を許可されていないってことでんねん。
そやから、自己奉仕者が創造した結果であるアセンションに伴う醜い事象が、ピークに達したころでないと、形骸の何かと、真実=真固止っていうのんは、区別されない。
そやけど、本当のこと、真実=真固止、それを求めようとしている“日止、霊止”はごく少数やけど居てる。(先生として個人的に霊縁が出来つつある)
それをこの文では、

“神の臣民なら誰でも神が教えて手引張ってやるから、今から心配せずに神の御用なされよ、”

って言われてて、特に、先生みたいに、今の世界が大っ嫌いで、自己奉仕者の人の“下”…低い心(靈)由来の“創造”が大っ嫌いで、毎日ぶつぶつ文句言うてる人に対し、“今から心配せずに神の御用なされよ、”って言われてるみたいなもんでんねん。
そやから必ず、誰もが今までやってきた自分の行いは、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”であろうが、“善(神格化の方向性と智性の受信)”であろうが、今後=アセンションに向かって結果が出る。
そやから今、ひそかに霊的成長のための“行”をしてる“日止、霊止”は、今後=アセンション後の“創造”を担うんやけど、神さんから託されるんやけど、今活躍していないし、それどころか、自己奉仕者からは蔑まれたりしている。
それが下つ巻 第三十七帖の以下の文、


“ひつくの臣民は神がとことん試しに試すのざから、可哀そうなれど我慢して呉れよ、
その代り御用つとめて呉れたら、末代名を残して、神からお礼申すぞ。
何事も神は帳面につけとめてゐるのざから間違ひないぞ、
この世ばかりでないぞ、生れ代り死に代り鍛へてゐるのぞ、
ひつくの臣民 落ちぶれてゐると申してあろがな、
今に上、下になるぞ、逆立ちがおん返りて、元のよき楽の姿になるのが近づいたぞ、
逆立ち苦しかろがな、
改心した者から楽にしてやるぞ、御用に使ふぞ。”

って、言われてることでんねん。

余談やけど、この間先生は、太陽凝視を教えてくれたKさんの奥さんと伊吹山に行き、そのとき、奥さんとこの話をしたら、“ひつくの臣民 落ちぶれてゐると申してあろがな、”が、奥さんのツボにはまったようで、笑ってはったそうでんねん。
それは、奥さんとご主人(故人)、自分たち家族と先生自身でもそうなんやけど、たいして何にも活躍してへん。
今までの人生で、たくさんのエネルギーを贖い、“ひつく”=太陽凝視を“行”として行うことをしてきたんやけど、それは今現在、社会的にはたいして何の結果も生んでいない。 そやから、今の人たちから見れば、“ひつくの臣民 落ちぶれてゐる”ってことになるってことでんねん。
それが、少し、太陽凝視を教えてくれたKさんの奥さんには、うけてしもたようでんねん。

話を戻し、次の文、

“神の御用と申して自分の仕事をなまけてはならんぞ。
何んな所にゐても、神がスッカリと助けてやるから、
神の申すやうにして、今は戦して居りて呉れよ。”

そやからさっき言うた様に、真に霊的成長を果たし、真に霊的成長を果たしたからこそ、今の事象がおかしいと感じ(感じる磁性)、憂いてると、今の世界が嫌になる。
そやけど、自分たちの在り方とせんならんこと。
それは、この世界は、“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい)が、活躍してる。そんなもんはしょうがない。その程度の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程なんやから。智性=神性の発現が足らんのやから。
そやからたとえ、今、本当の意味での“行”やってて、落ちぶれていたとしても、自分が憂い、この世界が大っ嫌いだとしても、“神の御用と申して自分の仕事をなまけてはならんぞ。”で、今の腐った世界でも、自分の在り方を思い、それなりのことをせんならん。
ほんでから真実=真固止、“日月神示”表記の“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化をしてきた、心(靈)が“上”に向かうべき“行”やってきた人、“ひつく”=太陽凝視を“行”として行い、今落ちぶれている“日止、霊止”は、“上”が見逃すはずがない。
それが以下の文、

“何んな所にゐても、神がスッカリと助けてやるから、
神の申すやうにして、今は戦して居りて呉れよ。”

そやから、智性=神性を発現し、その智性=神性由来の観察で、今の事象を憂うのも、“今は戦して居りて呉れよ。”ってことでんねん。

ほんでから次の文も、今言うたことの補足としか思えへん。

“てんし様 御心配なさらぬ様にするのが臣民のつとめぞ。”

この文の、“てんし様”は、これも今まで何回も言うてきたけど、天意を自分の思想とする“日止、霊止”。
“上”の“思惑の顕現”=現象化をしていく“日止、霊止”。それはアセンション後の“創造”をしていく霊的資格を持った心(靈)ってことでんねん。
すべて、今の醜い事象でも、それは“上”の思惑に任し、自分は霊的成長のための“行”、“ひつく”=太陽凝視を“行”として行うことをやっていく。それを感じさせる文でんねん。

ほんでから次の文、これは、今までも言うてきたことやけど、“江戸”の解釈が出来てないと何のことか分からへんやろ。

“神の臣民 言(こと)に気をつけよ、
江戸に攻め来たぞ。”

 今まで解釈してきたように、“日月神示”表記の“江戸と尾張”の“江”は、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンを示してる。
そして“戸”は、自我から“上”の心(靈)の発現である“慈悲”と“慈愛”への関門でもあるし、それは、腹のサイクロトロンの構造から、“上”に荷電粒子の回転が移行する。
そやけどそれは“上”の思惑にそった進化(霊的成長、神格化に向かうこと)で、今、“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい)が、甘い(亜、魔、出ずる、泉)言葉をはいたり、程度の低いアセンションの情報を流してて、それが大多数になってる。
そやから、真実=真固止を見出して、今後=アセンション後の“創造”を担う人に対し、“言(こと)に気をつけよ、”って言われ、今活躍してる“役員づら”の言葉は、大体、その人の低い功名心や自尊心を煽る(あおる)。
そやから自我を示す“江戸”を刺激する。自我の肥大になる。
それがこの文の表記の“江戸に攻め来たぞ。”ってことやと思えるな。
そやから、前回の第九帖の最後にも言うたけど、今“役員づら”の人たちが活躍し、甘い(亜、魔、出ずる、泉)情報や偽の情報で満ち溢れている。
本当のことを見出そうとしている“日止、霊止”は、それに気をつけてほしいもんでんな。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 富士の巻 第九帖 Kellyさん的解釈



今回も、“日月神示” 富士の巻 第九帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。 

神界は七つに分かれてゐるぞ、
天つ国三つ、
地(つち)の国三つ、
その間に一つ、
天国が上中下の三段、地国も上中下の三段、
中界(ちうかい)の七つぞ、
その一つ一つがまた七つに分かれてゐるのぞ、
その一つがまた七つずつに分れてゐるぞ。
今の世は地獄の二段目ぞ、まだ一段下あるぞ、一度はそこまで下がるのぞ、
今一苦労あると、くどう申してあることは、そこまで落ちることぞ、
地獄の三段目まで落ちたら、もう人の住めん所ざから、
悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。
この世は人間にまかしてゐるのざから、人間の心次第ぞ、
しかし今の臣民のやうな腐った臣民ではないぞ、
いつも神かかりてゐる臣民ぞ、
神かかりと直ぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮まってゐる臣民ぞ、
それが人間の誠の姿ぞ。
いよいよ地獄の三段目に入るから、その覚悟でゐて呉れよ、
地獄の三段目に入ることの表(おもて)は一番の天国に通ずることぞ、
神のまことの姿と悪の見られんさまと、ハッキリ出て来るのぞ、
神と獣と分けると申してあるのはこのことぞ。
何事も洗濯第一。
八月の十八日、 ローレンツ力と ○ の一二 ローレンツ力と ○


冒頭の文章、

“神界は七つに分かれてゐるぞ、
天つ国三つ、
地(つち)の国三つ、
その間に一つ、
天国が上中下の三段、地国も上中下の三段、
中界(ちうかい)の七つぞ、
その一つ一つがまた七つに分かれてゐるのぞ、
その一つがまた七つずつに分れてゐるぞ。”

この場合の“神界”は、“創造”の“主(ヌシ)”が“下”に垂れた振動を生命(生きる使命=存在理由)が感じ(感じる磁性)、そして認識していく場(フィールド)であると思える。
これは、ローム太霊さんがS会=紫光会で会員に教えた、肉=現界、幽界、霊界、神界、それぞれの場(フィールド)のことと、同義やと思える。
そやから“神界”=“創造”の“主(ヌシ)”の振動を受信して、感じ(感じる磁性)、自分たちの心(靈)の認識にしている生命が、“日止、霊止”、日を止める、霊を止めるって言われてることやと思いまんねん。
ほんでから、肉体を持った心(靈)として、地球で一番進化している人間は、その心(靈)の発現と動きって言うのんは、七つのチャクラ=背骨と頭で出来ている縦の磁性、|(たてぼう、こん、縦の磁性))のまわりの、荷電粒子の回転により、分類されていることを、先生と前のブログで話した。
それがまた彌栄(いやさか)の弓偏(へん)と旁(つくり)の璽(しるし)でもある。
画像を貼っておきまんねん。

 

弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字  





そやからそれは、心(靈)の構造、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という振動でもある。
ほんでからローム太霊さんが教えた、現界、幽界、霊界、神界、は、腹の段階までの心(靈)=マニピューラチャクラまでの認識が、現界、そして腹から“上”、物質に酸素を加え=呼吸器官でエネルギーに変えていくことを現した灬(よつてん、れっか、れんが)に、糸=左右の神経が密になり“慈(しげる)”状態になっていくのを示したのが、幽界で、その段階の認識は、現界で体験したことを振り返るための場(フィールド)やと思える。
補足として幽界の“幽”の字は、山ではなく、火の意味を持つ灬(よつてん、れっか、れんが)であることを今までにも言うた。
そして霊界は、自分の心(靈)そのものでもあり、心の内面とか内側(心の中と感じている事)の観察になっていくのであろうし、さらにその“上”が、エネルギーの回転を示す意味での神…神界であると思える。(そやから神界は、ただただ愛(炁)の発振、発信のみを行う場(フィールド)やと思える。それは“創造”の“主(ヌシ)”の“行”でもあるな)
そやけど、それぞれの場(フィールド)って言うのんは、自分の心(靈)が認識しなければ、そこにあると思えない。
ちょっと解りにくい言い回しなんやけど…要は、感じ(感じる磁性)ることが出来ないってことでんねん。
それをこの文章では、“中界(ちうかい)の七つ”…これは心(靈)の認識であり、“天国”と“地国”は、“上”と“下”の認識であると思える。
補足として言うとけば、国は、(囗)くにがまえ=場(フィールド)、そして“玉(ぎょく)”は、“三”と|(たてぼう、こん、縦の磁性))とローレンツ力 ローレンツ力 で、自我から“上”に向かう心(靈)の動きを示した表記でもある。
さらに言うとけば、“三”は、天地人って意味があり、人の心(靈)が観察する対象は、自分と“上”と“下”でもある。くどく説明しとけば、“上”=天で、“下”=地でもある。
ほんでから、自分の心(靈)が感じるからこそ、そこに現界、幽界、霊界、神界があると認識する。
認識するのは自分自身の、心=靈、であり、そやからこそ、自分の霊=○、荷電粒子の場(フィールド)を、構成している振動の種類によって、自分が現津(あきつ)、観察され得る事象と感じ(感じる磁性)ている場(フィールド)がある。
そして観察している対象の場(フィールド)には、“上”と“下”がある。それは、今、言うたばかりやけど、振動の違いでもある。
そやから人(日止、霊止)が、進化程度に応じてしかすべての現津(あきつ)、観察され得る事象のうちの一部分しか感じ(感じる磁性)てない。
ほんでから、大概の地球人(の、霊的成長度)は、物質世界、現界の認識しか持ってない。
そやからこそ低い霊的成長度の人=低い認識しか持ちえない人は、生きている期間だけが自分の存在のすべてって思ってる。
その低い認識には、“神の咎め”“曲霊(まがつひ)”の概念が無いからこそ、その言葉しか知らへんからこそ、低い欲望のために生きる。それは言うまでもなく、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”になる。
そのことについては先生と前のブログで、目上(めうえ)と目下(めした)(動物の心(靈)の段階)って話をした。
(余談やけど、目上(めうえ)と目下(めした)の心(靈)の発現について、しっかり理解してほしい“日止、霊止”は、年末に発売予定の先生の三冊目の本を読んでほしいねん。
ほんでから目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の“創造”については、四冊目と五冊目を読んで欲しいねん。そやけど…ちょっと営業入りましてんな(笑))
そやから、自分が持っている振動の違いにより、観察され得る対象である、場(フィールド)は、物質の世界、そして幽界…これは、自分も含め、自分の外側(外国と幽界)の事象って認識でもある。
ほんでから霊界、霊の旧字は靈でもある。これは前のブログでこんな話を先生とした。


                                                             ↓

“靈って言う字の、雨の部分を見れば、神の振動が右にも止まり左にも止まる。
それで、神の振動が自分達の思いになる。

 

靈(心)の解字 


それを示した言葉が神道の言葉、一靈四魂・・・だと思う。」
「それは、一靈は、“直日(なおひ)”
四魂は、
“荒魂(あらみたま)”、
“和魂(にぎみたま)”、
“幸魂(さちみたま)”、
“奇魂(くしみたま)”・・・でんな。
ほんでからに、
“荒魂(あらみたま)”“和魂(にぎみたま)”は、
神が持つ2つの側面の事で、
神の祟りは“荒魂(あらみたま)”の表れ・・・天変地異とか病気の流行とか・・・
それは“神の咎め”みたいなもんやな。
ほんでからに、
“和魂(にぎみたま)”は更に、
“幸魂(さちみたま)”と“奇魂(くしみたま)”に分けられる。
ほんでからに、“幸魂(さちみたま)”は、
運によって人に幸を与える働き、収穫をもたらす働きとか・・・
“奇魂(くしみたま)”は、
奇跡によって直接人に幸を与える働きとか・・・
これは発振、発信による“術”の獲得とかその霊的干渉とかの事でんな。
ほんでからに“幸魂(さちみたま)”は“豊”、
“奇魂(くしみたま)”は“櫛”と表され、
神名や神社名にその意味が使われてるやん。

ほんでからに、
一靈四魂は“直日(なおひ)”と“勇、親、愛、智、”
“荒魂(あらみたま)”は勇、前に進む力・・・
“和魂(にぎみたま)”は親、人と親しく交わる力・・・
“幸魂(さちみたま)”は愛、人を愛し育てる思いやりや感情を大切にし、
相互理解を計ろうとするとか・・・“許容”って事でんな。
“奇魂(くしみたま)”は智・・・物事を観察し分析し、
悟る力・・・
それは知恵と智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)でんな。

一靈四魂・・・それくらいはKellyさんでも知ってまっせ。
神主の孫やから。」
「その四魂の機能って概念も、Kellyには理解出来るでしょう?」
「そうやな・・・
一言で言えば、心の発現と、その顕現・・・って事でんな。
“荒魂(あらみたま)”=勇・・・“いきり立つ心(奴と心)”
“和魂(にぎみたま)”=親・・・ちょっと違うかもしれん解釈やけど、
“思う、憂う”・・・それと、
“慈悲”と“慈愛”みたいな感じやな。

そやから今の靈って言う字の先生の解釈を聴いて、
それは、
砌(みぎり)と日足(ひたり)・・・
その心(靈)の発現・・・それが四つの魂って感じやな。」
「表現が違うのは、それぞれニュアンスが違うのは、
こちらからの見方だからだよ。」
「人(日止、霊止)・・・神さんの被造物としての人からの視点・・・
“下”から“上”の事を解釈するのはよう解らへんって事やな。
そやから多様な言葉で解釈をして行き、
理解して認識して、自分の思想にする為に色んな言葉を使う。
そやから曖昧な表現にもなってるのかもしれへんな。
そやけどそれは、
結局、プラスマイナスとか、陰陽とか、
右と左、砌(みぎり)と日足(ひたり)とか、
そう言う二面性って言うのんか・・・
それで事象は構成されてるって事なんやろな。」”


思惑と顕現 “その十一” “上”の思惑と顕現…“天の御目”参照)

この話の最後の部分のKellyさんが言うた大事なことは、

“砌(みぎり)と日足(ひたり)・・・
その心(靈)の発現・・・それが四つの魂って感じやな。”

もうひとつ、

“プラスマイナスとか、陰陽とか、
右と左、砌(みぎり)と日足(ひたり)とか、
そう言う二面性って言うのんか・・・
それで事象は構成されてるって事なんやろな。”

そやから、自分が観たと感じ(感じる磁性)たり、何かがあるとか、自分がそこに居てると感じたりするのは、自分の心(靈)であること。
ほんでから現津(あきつ)、観察され得る事象には、自分の霊的成長に応じてしか観察できない振動の範囲がある。
それがまた振動の高低であり、すべての事象は、“創造”の“主(ヌシ)”の振動と、自分の心(靈)の振動で、認識され得るものでもある。
そやから観察と認識…これは“創造”の“主(ヌシ)”を含め、全生命体に共通の行為でもあり、それそのものが神の性質であり、どんな下等な生物であろうが神に近い人であろうが、観察と認識をしている。
それはまた、振動の受発信と同義でもある。言い方をかえれば、悟りは受信、心(靈)が振動を受ける五つの口を持っていることと、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)でもある。そして発信された息吹=情報を持っている荷電粒子、オーラの発振、発信で、それを自分以外の他者が受信したりして、その相互干渉で事象は構成されている。
それが霊界の霊=靈ってことで、現界であろうが神界であろうが、観察しているのは自分の心(靈)であること。
ほんでから自分の心(靈)に“上”の振動を持ってないと、“上”の場(フィールド)は認識できない。
それが感応共振でもあるし、大概の人が現界、幽界、霊界、神界の言葉を知っていてもそれがなんやしらん解らへん理由は、その人の心(靈)が低く、物質世界の振動=認識で、心(靈)が構成されているってことで、それが言い方をかえれば、腹の段階の心(靈)の進化過程(マニピューラチャクラ)、自我の確立=固定化であり、またそれは、動物から人(日止、霊止)への進化過程=霊的成長の過程でもあり、自分を守るための(愛(炁)由来の)行動をする。
そやから自己保存、保身、“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を示したい。そして目立ちたい=ディスプレイ(動物の発情行動)=低い功名心と自尊心の心(靈)の発現と動きでもある。

そのことを指し示しているのが、次の文、

“今の世は地獄の二段目ぞ、まだ一段下あるぞ、一度はそこまで下がるのぞ、
今一苦労あると、くどう申してあることは、そこまで落ちることぞ、
地獄の三段目まで落ちたら、もう人の住めん所ざから、
悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。”

人(日止、霊止)は、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”を担っている。
そやけど、それを成すには、“創造”の“主(ヌシ)”に近い振動を持っていなければならない。それを指し示す表記は今までの“日月神示”の言葉にたくさんあった。
一部列挙するならば、“天意”“天詞様”“祀り”“祭り”…大体“富士”って表記も“上”の“思惑の顕現”=現象化そのものでんねん。
それが“日止、霊止”に顕現したとき、“一”=智性=1番目のオーラになり、“一”そのものが“創造”の“主(ヌシ)”の意味がある。
そして“一”の書き方は、こちら側=“日止、霊止”のほうから観て、日足(ひたり)から砌(みぎり)に筆を移行する。またそれは“亜”が出ずる、泉、でもある。
現時点の地球人の進化過程は、さっきも言うたけど、自我の確立=固定化から、ごく少数の人が“慈悲”と“慈愛”=アナハタチャクラの覚醒に至ってきてる。自省(胸の磁性“十”)の“行”を果たして“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の進化過程を卒業しようとしている。
それに対し、平均的地球人の進化過程を指し示す表記が“今の世は地獄の二段目ぞ、まだ一段下あるぞ、”であると思えるし、そやからそれは、低い心(靈)の発現とその動きで、今の現津(あきつ)、観察され得る事象は“創造”されている。
それを心(靈)の振動、心(靈)の構造って概念で言い換えたなら、本能、情動、功名心、自我に、低い愛(炁)が加わり、そやからそれは自己奉仕者になる。目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の思いで“創造”した世界が、今の地球でもある。
その意味を踏まえ、次の文、

“この世は人間にまかしてゐるのざから、人間の心次第ぞ、
しかし今の臣民のやうな腐った臣民ではないぞ、
いつも神かかりてゐる臣民ぞ、
神かかりと直ぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮まってゐる臣民ぞ、
それが人間の誠の姿ぞ。”

要は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑を受信できる肉体の構築=“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化と、自分の心(靈)の“上”と“下”を見出して、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をする。
それは低い憑依現象ではなく=物理霊媒とか、自動書記とかの、自分の意志とは関係なく起きる憑依現象ではなく、言うまでも無くハイヤーセルフとか、何とかの生まれ変わりとかな乗ってる低い霊的存在に誑かされてる(たぶらかされてる)現象でもなく、自分の思想と“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑が一致する=感応共振していく。
補足として言うとけば、“誑かす(たぶらかす)”は、言(ごんべん)(発振、発信の意味)と、けもの偏(へん)(動物霊の憑依)と、人のオーラの構成を示す“王”でもある。
そやから低い霊に誑かされない、“下”(低い心(靈))との感応共振をしないためには、“一”=智性=1番目のオーラを大きくする“行”をする。
それは、“ひつく”=太陽凝視を“行”として行うことが大事でもある。

そやから“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をしている人を指し示した表記が、この文章の、

“いつも神かかりてゐる臣民ぞ、
神かかりと直ぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮まってゐる臣民ぞ、
それが人間の誠の姿ぞ。”

 そうならんとアカンってことでんねん。

ほんでから次の文は、アセンションに伴う醜い事象、人の低い心(靈)が“創造”してきた結果が現れることを、言うてる。

“いよいよ地獄の三段目に入るから、その覚悟でゐて呉れよ、
地獄の三段目に入ることの表(おもて)は一番の天国に通ずることぞ、
神のまことの姿と悪の見られんさまと、ハッキリ出て来るのぞ、”

そやから行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)の結果、新家庭度の低い人たちが活躍してきた結果が出て、この世界が失敗を体験するための事象と感じ(感じる磁性)た“日止、霊止”は、自省(胸の磁性“十”)の“行”に入る。何回も言うてきたことでんねん。

そやからそれは、

“地獄の三段目に入ることの表(おもて)は一番の天国に通ずることぞ、”

でもあり、地獄って言い表されたことを体験して認識して、それが自分たちの低い心の“創造”の結果であることを知る…それをして行かんならん。

ほんでから地獄…そこには“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑が無いからこそ、

“神のまことの姿と悪の見られんさまと、ハッキリ出て来るのぞ、”

…って言われてる。
要は、認識(悟り、幸取=さとり)が足らん。“一”=智性=1番目のオーラが小さいってことを言うてるだけでんねん。

ほんでから次の文は、敢えて説明することでもないけど…

“神と獣と分けると申してあるのはこのことぞ。
何事も洗濯第一。”

アセンションは霊的成長度に於いて分けられる。
自分が自分の心(靈)を観察し、自分の心(靈)の“上”と“下”、目上(めうえ)と目下(めした)を知り、そこで自分の在り方を思い、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に活かす。
そうしなければ、よい世界の“創造”、“日月神示”表記の“うれしうれし”“大歓喜”って表現されてる場(フィールド)を、自分たちが感じることが出来ない。
その、よい世界、場(フィールド)を構築するのは、自分たちの心(靈)でもある。
そやから“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をする肉体の構築=“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化をする。そしてさっきも言うたけど目上(めうえ)の脳の磁性由来の、“一”=智性=1番目のオーラを大きくする“行”は、“ひつく”=太陽凝視を“行”として行うことでもある。
そして、自分の心(靈)の“上”と“下”、この文の表記なら“神と獣と分ける”…それを自分で見出していくことが、“身魂掃除”“身魂洗濯”でもある。
何回も言うてきたことでんねん。

そやから、この、富士の巻 第九帖は、“上”の思惑をしっかり受信してくれってことで、
今の平均的地求人は“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から見たなら動物とそんなに変わらへん。
そやから進化(霊的成長、神格化に向かうこと)して行くべき“日止、霊止”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)のことをもっと意識しなければ、本当に“上”のことを理解できない。
ほんでから、低い進化程度の人=“一”=智性=1番目のオーラが小さい人は、当然、神に対する認識も低くなり、自分に都合のよい神を作り上げる。
形骸の宗教や、甘い言葉をはく霊能力者や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たちとか、ただ感謝して生きましょう…の薄っぺらい言葉に酔うだけになるとか……。
それらすべて下つ巻によく出てきた表記の“役員づら”でもある。
それらすべて、低い認識由来の行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)でもある。
そやから、その一例としてよくあるのは、“主護霊”の概念を低くして、守護霊って書き換えたり、憑いてる霊はみな守ってくれてるなんて解釈をしてる霊能力者や本の著者は、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)で、ほんまのことが理解できていない。
また同様に、アセンションやフォトンベルトに対し、ただ言葉を利用して注目を浴びたり、それを題材にしてゴーストライターに本を書かせ印税を儲けたり…そやけどそんなもんを信じる人が…それが大多数…しかしそれは仕方がない。
…動物と変わらへん進化過程の人が大多数の場(フィールド)がこの世界なんやから…。

そやから…せめて、このブログと霊縁あった人は、今回述べたことをよく考えてほしいもんでんな。ほんでからそれは、ブログを始めて、自分の認識を公開した先生の意図でもありまんねん。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 富士の巻 第八帖 Kellyさん的解釈



今回も“日月神示”富士の巻 第八帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

山は神ぞ、川は神ぞ、海も神ぞ、雨も神、風も神ぞ、天地みな神ぞ、
草木も神ぞ、神祀れと申すのは神にまつらふことと申してあろが、
神々まつり合はすことぞ、
皆何もかも祭りあった姿が神の姿、神の心ぞ。
みなまつれば何も足らんことないぞ、余ることないぞ、これが神国の姿ぞ、
物足らぬ物足らぬと臣民泣いてゐるが、足らぬのでないぞ、
足らぬと思ふてゐるが、余ってゐるではないか、
上(かみ)の役人どの、まづ神祀れ、神祀りて神心となりて神の政治せよ、
戦など何でもなく鳧(けり)がつくぞ。
八月十七日、 ローレンツ力と ○ の一二のか三。


冒頭の文、

“山は神ぞ、川は神ぞ、海も神ぞ、雨も神、風も神ぞ、天地みな神ぞ、
草木も神ぞ、神祀れと申すのは神にまつらふことと申してあろが、
神々まつり合はすことぞ、”

これは、私たち人(日止、霊止)が、観察し得る事象…それは、すべて、神の“思惑の顕現”=現象化であることを言うてると思える。
そして、この後の文章は、私たち人の思惑が、事象=現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”に加担していることを言うてる文章やと思える。
そやけど、それだけではなく、“山”=脳。
“川”“海”=腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン。
“雨”=“上”から降り注がれる家電粒子を指し示す。
参考のために、前のブログで使った画像を修正したものを、以下に貼っておきまんねん。

雨の象形文字 解字 

そして、“風”=気体による電磁誘導。言うまでも無く“日止、霊止”は、空気を吸って、肉体のオーラのうちの2番目の発振、発信に関わる器官は、肺で、肺は、肺=“悲しみ”でもある。
“悲しみ”って心(靈)の動きを体験すると、心(靈)が“慈(しげる)”から、“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動きを、事象に、顕現できる。
また、“悲しみ”は心(靈)が“非(いたむの意)”でもある。
それがまた、閻魔の庁の浄玻璃の鏡(えんまのちょうのじょうはりのかがみ)で、自省(胸の磁性“十”)の“行”をすることでもあり、さらに、ローム太霊さんの言葉、左往右往の一側面でもある。
そして“天地”、これは、人のオーラの構成を示す“三”って言う字そのものが、“一”を三つ重ね“天”“地”“人”って言う意味を持つ。
要は、“創造”の“主(ヌシ)”の振動“一”は、“日止、霊止”、肉体を持った心(靈)ってカタチで顕現したみたいなもんでんねん。
そやから“一”は智性(神性)で、“二”=肉体で、それを足したなら“三”になる。
さらに補足で言うておけば、“三”に|(たてぼう、こん、縦の磁性))を足したら、“王”=人(日止、霊止)の完成された様子にもなるし、“王”の向かって右下、その人の左下に ローレンツ力  を足したなら、“玉(ぎょく)”になり、“玉(ぎょく)”は心(靈)の動きを示した表記でもある。そやから“玉(ぎょく)”…そうなっていくのが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)でもあることを前にも説明したから、ここでは敢えて詳しくは述べないことにしまんねん。
…そやから、“山”“川”“海”“雨”“風”“天地”は、上記の意味までも示す文章やと思えるな。

ほんでから次の文、

“皆何もかも祭りあった姿が神の姿、神の心ぞ。”

私たち人(日止、霊止)の心が、観察しているのは、現津(あきつ)、観察され得る事象で、事象の“創造”は、“上”からの荷電粒子と、自分たちの思惑=“畐”(振動の増幅と息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信))で、行われている。
それが人って言う字の、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)でもある。
それがまた、

“神祀れと申すのは神にまつらふことと申してあろが、
神々まつり合はすことぞ、
皆何もかも祭りあった姿が神の姿、神の心ぞ。”

…でもあるな。

ほんでから、この文の“祭り”…そしてこのあと、“祀り”って表記もでてくる。
それについては、以前紹介した画像を、以下に貼っておきまんねん。

“祭り”と“祀り”の解字と意味の違い

 

そやから次の文、

“みなまつれば何も足らんことないぞ、余ることないぞ、これが神国の姿ぞ、
物足らぬ物足らぬと臣民泣いてゐるが、足らぬのでないぞ、
足らぬと思ふてゐるが、余ってゐるではないか、”

今、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が活躍し、
奪い合ってるから恨みの連鎖の霊的干渉でいっぱいになった。
この星では誰もが衣食住に困らないように“上”は条件付けたんやけど、人(日止、霊止)の心(靈)の進化過程は、自我の確立=固定化で、自分たちだけ自分たちだけって思いが強く、言うならばそれは、霊的成長度が低く、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)しかもって無いんやけど、そんな程度の低い心の動き由来の“創造”では、この世界は壊滅する。
それに気づけってことでんねん。そやからアセンションに伴う、醜い事象を体験して、自省(胸の磁性“十”)の“行”に入るんやけど、もっと早く気づけば、醜い事象を教訓としなくてもエエんやろけど……。

ほんでから次の文、

“上(かみ)の役人どの、まづ神祀れ、神祀りて神心となりて神の政治せよ、
戦など何でもなく鳧(けり)がつくぞ。”

これは、今の形骸の価値観で上に立った社会的地位のある人とか、政治家とか、そんなものは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から観たら、低い心の動きで=目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の動きでトップになったと錯覚してるだけで、そやからそんなものは、霊的成長って観点での“上”と“下”ではない。
“下”=目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の霊的干渉は、低い自尊心と功名心と目先の欲望の達成…そんなもんしかあらへんねん。
そやから、甘い(亜、魔、出ずる、泉)言葉で選挙演説をする政治家と、投票する人も、甘い言葉につられ投票する。今の政治なんてもんは、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”由来の心(靈)でしか出来上がってない。
そやからこそ、今後=アセンション後は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑を自分の思想にする“日止、霊止”が上に立ち、“天意”由来の言葉を発するからこそ、“日月神示”表記の“天詞様”、これは、天=“一”=智性=1番目のオーラ+自省(胸の磁性“十”)+人(日止、霊止)と詞(ことば)になる。
その意味のことを言うてるだけでんねん。
ほんでから敢えて言うまでもないけど、“日月神示”が書かれたのは=上から垂れた時代背景は、戦争中やったから“戦など何でもなく鳧(けり)がつくぞ。”って言われてるけど、
それだけではなく、“戦”は、自分の心(靈)の動きの“上”と“下”、“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)を見出すための“身魂掃除”“身魂洗濯”の意味を感じさせるな。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 富士の巻 第七帖 Kellyさん的解釈



今回も“日月神示”富士の巻 第七帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

悪の世であるから、悪の臣民 世に出てござるぞ、
善の世にグレンと引繰り返ると申すのは善の臣民の世になることぞ。
今は悪が栄えてゐるのざが、この世では人間の世界が一番おくれてゐるのざぞ、
草木はそれぞれに神のみことのまにまになってゐるぞ。
一本の大根でも一粒の米でも何でも貴くなったであろが、
一筋の糸でも光出て来たであろがな、
臣民が本当のつとめしたなら、どんなに尊いか、今の臣民には見当とれまいがな、
神が御礼申すほどに尊い仕事出来る身魂ぞ、
殊に神の国の臣民みな、まことの光あらはしたなら、
天地が輝いて悪の身魂は目あいて居れんことになるぞ。
結構な血筋に生まれてゐながら、今の姿は何事ぞ、
神はいつまでも待てんから、いつ気の毒出来るか知れんぞ。
戦恐れてゐるが臣民の戦位、何が恐いのぞ、
それより己の心に巣くうてる悪のみたまが恐いぞ。
八月十六日、 ローレンツ力と ○ のひつくのか三。


冒頭の文、

“悪の世であるから、悪の臣民 世に出てござるぞ、
善の世にグレンと引繰り返ると申すのは善の臣民の世になることぞ。
今は悪が栄えてゐるのざが、この世では人間の世界が一番おくれてゐるのざぞ、”

この文を、Kellyさん的に言い換えたならば、この世界は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を示す場(フィールド)になっている。
そして、今後=アセンション後、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の方向性を見出していく。
そのために今の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の活躍している世界は、崩壊し、心(靈)の発現の低さ、心(靈)の動きの低さが、自分たちの失敗を招くことを誰もがにんしきしていく。
それがある意味、ローム太霊の言葉の左往右往でもある。
心(靈)の発現が、低い砌(みぎり)の“行”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の法則性に則って(のっとって)いないから、“神の咎め”(“曲霊(まがつひ)”=発信した振動が自分に返ってくる)があり、それを体験してから自分の在り方を考えるようになる。
また、それが神格化に向かう進化過程でもある。その認識を得た“日止、霊止”は、もう失敗をせん。“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現、胸の磁性“十”を獲得するからでもあり、それが第四密度、アナハタチャクラの振動でもある。
そやからそれは、(下三つのチャクラ由来の)低い心(靈)の動きを持っていても“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”にはならない。
言い換えれば、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の動きを、目上(めうえ)(智性(神性)の発現)で、制御できる。
人が、良い世界の“創造”を果たすなら、こんなことは最低の条件でんねん。

ほんでから次の文は、植物って霊的存在は、人の心(靈)に比べ、相対的に“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を持ってないってことを言うてるのかもしれへんけど、それとは、ちょっと違う解釈をしてみたい。

“草木はそれぞれに神のみことのまにまになってゐるぞ。”

この“草木”は、くさかんむり=芽生えるの意味と、日=太陽と、胸の磁性“十”で、“草”。
そして、“木”は、胸の磁性“十”に、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)でもある。このことも、何回も言うたことやな。

ほんでから次の文は、今言うたことを揶揄(やゆ)した文章のようやな。

“一本の大根でも一粒の米でも何でも貴くなったであろが、
一筋の糸でも光出て来たであろがな、”

ほんでから、次の文の言い方は、冒頭の文に掛かった言い方で、この文の中の“本当のつとめ”ってことを、今の人間がしていない=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)しかもっていないからこそ、言われてる言い方でもある。
 ほんでからにそれは、天意を受けていない。そやからそれは、下つ巻で“天詞様”って表記が、数回出てきてる。
それについては、下つ巻 第三十六帖から、引用しときまんねん。 

                                  ↓

““天詞様”これは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)=天の、詞(訓読みでことば)って言うてる。さらに詞(ことば)を構成する言(ごんべん)と司。 
これは、言(ごんべん)は“ことば”って意味があり“司”っていうのんは“つなぐ、つぐ”って言う意味がある。(嗣)
そやから“天詞様”って言うのは、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)とつながっていることでんねん。”


以上でんねん。

そやからそれは、“本当のつとめ”をしていない人は、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊的干渉で、低い功名心と自尊心を昂らせ、自分の目先の利益しか思わない。
そんな人たちが大多数の場(フィールド)がこの世界…そんな人が、神の思惑を顕現できるわけが無い。
それを踏まえて、以下の文を読めば……

“臣民が本当のつとめしたなら、どんなに尊いか、今の臣民には見当とれまいがな、
神が御礼申すほどに尊い仕事出来る身魂ぞ、
殊に神の国の臣民みな、まことの光あらはしたなら、
天地が輝いて悪の身魂は目あいて居れんことになるぞ。”

そやから、何回も言うてることやけど、今後=アセンション後は、自己奉仕者の段階の霊的成長度の人は、いなくなる。
それは“本当のつとめ”=神の“思惑の顕現”では無いからでもある。
そしてアセンション後は、霊的成長をどんどん目指す世界になる=今より、(相対的に)神の思惑を顕現した世界になる。
それが“殊に神の国の臣民みな、まことの光あらはしたなら、”…“あらはしたなら、”は、今、現してないってことでんねん。
ほんでから“まことの光”は、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化した“日止、霊止”が、天意を受け=“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との霊的干渉をして、それを自分の心(靈)の動きにしていく。
そのオーラの発振、発信、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)になる。
それは発信されるオーラそのものが、今より相対的に高い波長や振動数になる。人がそうなっていくために“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が示した“行”が、“ひつく”=太陽凝視を“行”として行うことでもある。それは頭の磁性の強化になり、“一”=智性=1番目のオーラの獲得になっていく。
そやから、それを観測する人が、霊的に低いならば、“天地が輝いて悪の身魂は目あいて居れんことになるぞ。”ってなっていく。

ほんでから次の文は、日本って国は、地球上では霊的に高い国でもある。地球上では、平均的に“一”=智性=1番目のオーラが大きいのは、日本人でもある。(このことは、前のブログで少し述べてるけど…太陽凝視を教えてくれたKさんが呼び出した高い存在に、先生が霊眼を駆使して“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)に訊ね、そのメッセージを読み取り、そして知ったことでもある)
それを前提に言われてる文章やと思える。

“結構な血筋に生まれてゐながら、今の姿は何事ぞ、”

ほんでから次の文は、自己奉仕者に対して言うてるメッセージでもある。諌言(かんげん。いさめること。また、その言葉)ってことやな。

“神はいつまでも待てんから、いつ気の毒出来るか知れんぞ。
戦恐れてゐるが臣民の戦位、何が恐いのぞ、
それより己の心に巣くうてる悪のみたまが恐いぞ。”

この文の“気の毒出来る”は、前にも解釈したけど、自分の心(靈)が低く、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊的干渉しかないならば、自分の心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)であるオーラは、他者のオーラと相互干渉する。
そしてその相互干渉する人(肉体を持った心(靈))同士は、低い心の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の場(フィールド)を創造する。
もう、それは、出来上がってる。この世界そのものでもあるな。
そやから、自分の心(靈)の中の、“上”と“下”、それを見出さんならん。
何回も言うたことやけど、それを言い換えれば、自分の心(靈)の動きの“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を見出す。
見出すのは、智性(神性)で、智性(神性)を発現した人の“一”=智性=1番目のオーラは、大きくなるし、智性は、日を知る性質でもあり、それが“ひつく”=太陽凝視で、今までの“日月神示”解釈で出てきた言葉を引用すれば、“ひつくの民”=太陽凝視を“行”として行い、智性(神性)ゆえの認識を獲得した人でもある。
話がそれたけど、要は、“身魂掃除”“身魂洗濯”は、“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)を見出すことで、どちらの心(靈)の動きが神の“思惑の顕現”=現象化になっていくのか自分で判断する。
そやから“己の心に巣くうてる悪のみたま”は、自分自身の低い心(靈)の動きと、それに感応共振する“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊的存在、三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)の心(靈)の動きを持った霊的存在。
それは、恨みの連鎖の霊的干渉そのものであることを、あえて、言うときまんねん。

今回はこれくらいにしときまんねん。

Kellyさん、和風のベッピンはんのSはんに、初対面にもかかわらず、人の価値観の相違は、霊的成長度によるって屁理屈を、ほんの少し垂れる。



Kellyさんは、最近、ずっとご無沙汰の先生の顔を見ようと思って、○○○療院を久々に訪ねましてん。
そしたら、○○○療院の玄関で、中々のベッピンはん…先生の表現を引用すれば、ウルチョラスーパースッペシャル魅力的な若いネーチャンに出会いましてん。
ちょうど、はり(鍼)治療が終わったところやったそうでんねん。
ほんでからそのとき、Kellyさんと先生は、たいして話をせんかった。ちょうどその日は、秋の空…澄みきった晴天で、先生は太陽凝視をしたがってた様子やったから、早々にご無礼しましてんな。
話を戻し、玄関で出会ったその方は、Sはんって言うんやけど、Kellyさんと初対面にもかかわらず、○○○療院の玄関先でちょっと長話をしましてんな。
そのときのことを、紹介しまんねん。



☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀



「Kellyさんですね。こんにちは。Sと申します」
「Kellyでんねん。はじめましてでんねん」
(およっ…見たところ20代中ごろくらいで若いのに…古風で物静かな雰囲気の人やな。色白で切れ長の目で…思慮深い目の相やな。ほんでから長い黒髪も見事やし…)

「時々、Kellyさんが主役の“続”…あのブログを読ませてもらってます。
でも、Kellyさんって、あの理屈っぽい複雑な文章の印象とは違い、中々の美人ですね」
「そんなふうに言うてもろて、大変光栄でんな。
(そやけど…明らかに社交辞令的な言い方やな)
Sはんかて、今、少なくなってきた和風美人って感じ(感じる磁性)で、多分、お着物なんかお似合いな感じでんな」
「まあ、ありがとうございます。でも…仕事柄、着物を着ることが多いんですけど、最近は、単なる道化みたいにしか思えなくなっているんですよ」
「そうなんでっか。…初対面でいきなり失礼な質問かも知れへんけど、お仕事ってなんでんねん」
「クラブホステスなんですよ」
「そうなんでっか…。
(そうか…そやから自分の仕事が道化って思うてはるんやな。
そやからそれは、自分の仕事に対する価値ってもんを見出し始めてるんやな。形骸の価値と、真の価値…真実=真固止を理解しようとし始めてるんやな)

そやけど、Kellyさんが主役の(この)ブログ…あの文章を理解してもらってまっか?」
「Kellyさん的“日月神示”の解釈は、てんでチンプンカンプンです。
先生が、あれは前のブログを何回も読んでからでないと理解できないっておっしゃってましたし…ですけど、少し失礼言い方で感想を述べてしまいましたね」
「そんなことは全然かまわへんねん。正直に言うてもろた方が話がしやすいやおまへんか。
Kellyさん的には、あの文章にお世辞を言うてもらうとか、理解もしてもらってないのに…すごいですね…とか、そんなふうに言うて欲しいなんて思ってませんねん」
「そうですね。
今のKellyさんの言葉に、あの“日月神示”の解釈に対するKellyさんの気持ちが、現れてますね。
でも、“Kellyさん的事象の観察と認識”は、理解しやすい…具体的なことが多いですよね。
特に、チョ~ベッピンはんのA野さんの記事は、自分に照らし合わせて読んでいることが多い。…私は、風俗をしてるのではないのですけど、何年も水商売をしてきて、人を信じられなくなっている。
そして自分自身が、なぜ、水商売を仕事として選択してしまったのか…あの記事を読んで、考えさせられます」
「そうでっか」
「ですからそれは、私の周りの人たちは、お客でも、お店のママでもホステスでも、みんな言葉とやることが裏腹…体裁(ていさい)の良いことをしゃべってても、それは、相手を自分のために利用しようとしている…それが、最近、分かってきて、毎日イライラして、それが高じてくると頭痛がして、そのときに先生に治療をお願いするんです」
「そうなんでっか」
(それは、Sはんが本当のことを求めようとしてはるからや。
“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との霊的干渉があり、その両方を受け、そしてそれはSはん自身の心(靈)の葛藤にもなってるからやねんな。
そやけど…いきなりそんなこと言うたなら失礼やろから、だまっとこ。
ほんでからそれはSはん自身が分かっていけばエエことやし…もう、ある程度、自分で解ってはるやろから、自分にとって良いカタチを選んでいく方向性を知ってるから“上”の通信を受け、やってることでは、仕事では“下”の通信を受けて、それで頭が痛くなるんやろし…)

「それで、治療中に先生に説教されたり、いろんな話を聴いたり…先生の話は人の心の動きの話が多いですね。
それと、治療中は、先生の1番目のオーラで、低い霊的存在は祓われているんですよね。そのこと自体、半信半疑なんですけど、治療をしてもらった日は良く眠れるんですよ」
「そうでっか。
そやけど先生の話…説教…あの人は説教SMマニアみたいなところがありまんな。説教ドSでんな(笑)」
「キャハッ!!本当ですね。
説教ドS…先生の話は、先生が使う言葉は、むずかしい意味の言葉が多すぎるんですよね。
それも、先生が正確に物事を伝えようとしている…先生の認識(悟り、幸取=さとり)を私に伝えようとしている…それは良く解るんですけど、先生の言葉の意味を、後からすごく考えるんですよ。
それで、私にとっては、さっきもお話したとおり、信じられる言葉を発する人がいないように感じている。
先生の言うことが絶対だなんて思ってはいないですけど、私が、いつも、話している人たちとは違う話が聴ける。
その話を聴くと、私自身が、今までと違う視点で、物事を見ることができるようになる…そんなふうに思いますよ」
「そうでっか。
そやけど、今、Sはんが言うたのは、Sはん自身が、人の心(靈)の動きを見出そうとしてはるんやと思いまんねん。
そやからさっきSはんが言うたみたいに、おんなじ目的のおんなじ心(靈)の動き…水商売の場(フィールド)、大体、Sはんのまわりって言うのんはそういう人が多いから、そんな人ばっかりと話をしてはったなら、それに染まっていく。
いうなれば、普段、Sはんが話する人は、お店で一緒に働いてはる人やお客さんばかりで、ちょっと悪口になるけれど、その人たちの心(靈)の発現と動きは、おんなじ程度でんねん。
そやから、水商売で働いてる人たちはお客にお世辞を言ったりする。お客も見栄を張ったり、見せ掛けの甘い言葉でホステスを口説いたりするけど、それは、その人の本音ではない。嘘の言葉でんな」
「そうですね。
だから私たちは、機嫌をとって(通貨としての)金を取るってことですよね。それが水商売の醜さって、最近、思うようになってきたんですよ」
「そやからSはん。同じような心(靈)の発現と動きの人は、場(フィールド)を形成していく。低い価値観で行動してる。そこには欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかって要素が多い。それは自分の利益しか追求していない」
「自己奉仕者ですね」
「そうでんねん。そしてその場(フィールド)にいてる人たちは、それ以上の視点を持たへんようになりまんねん」
「そうですね。それは先生からも教えられました。
だから、言葉とやることが裏腹で、美しい言葉や体裁(ていさい)の良い言葉を使ってても、自分のために利用してやろうって魂胆がみえみえになる。でも、その世界に長くいると、それ自体、麻痺していき、それが当たり前になっていく。長く水商売をしてる人を観ると、そんなことも感じる…それを私自身が感じていくのは、その人たちと違う価値観を持っている。
その価値観を、私が大切に思っているんだって先生は言ってくださった。
それはたった一言ですが、“Sさんは、答えを知っているからだ!”っておっしゃったんですよ」
「そうでっか」
「そして、私自身、今、水商売で仕事をしている…毎日、お客を欺きながら…馬鹿みたいって思いながら…お客なんて、どうせ私の体が目当ての癖に、お世辞や機嫌を取ったり、君のために…とか、ミエミエのせりふを言うんですよね。
それはたとえば、この間の選○○説みたいに、国○のために…国○のために…そんな言葉に近いですよね。
自分たちの立場や利益や…そのための選○なのに国○に甘い言葉を吐き、現世利益の、ご利益主義の宗教みたいな言葉ですよね…マ○フェ○トって言うのは…」
「Sはん、中々鋭い視点を持ってまんな」
「そう思いませんか?」
「思いまっせ」
「特に水商売の世界は、そんなことが多いように思う…だから最近、嫌になってきてるんですけど…先生にも指摘されるんですけど、まだ私自身に(通貨としての)金に対する執着とか、ブランドも好きですし…形骸の“美”の概念ですよね。そんなものを求めようとしている…」
「そうでっか。
でも、Sはん自身がそう思えるんやったなら、それは、Sはん自身の自分の心(靈)の“上”と“下”を見出そうとしてまんねん。
ほんでから先生が、“Sさんは、答えを知っているからだ!”って言うた。
そやけど、その通りにSはんがしてない…Sはんが知ってる答えどおりにSはんが行動していない。そやから頭が痛くなるようなことがおきると思いまんねん」
「そう思います。
答えを知っていても、それを自分で良く解っていない。自分の生き方に活かしていない…迷っているんですよね。
それもなんとなく解ってきたんですよ。それで最近は、先生と、そのことばかり話すんですよ。
でも、先生の言葉はさっきも言ったとおり、むずかしい言葉が多い。ですから、Kellyさんと話をしたいって思っていたんですよ」
「そうでっか。
そやけど、今、ほんの少ししか話してないけど、たくさん話をせんならんことがあるように思いまんねん。
そやから、KellyさんがSはんの(認識の拡大のために)役に立つんやったなら、いつでもお話しましょうでんねん」
「ありがとうございます」
「そやから、今、Sはんが言うたのは、水商売の人は、見栄とハッタリの心(靈)の動きが中心で、お客なんて道具でしかない。
また、お客はんにとってのホステスも、自分の欲望を満たすための道具でしかない。
そして、極端な一例として、低い心のホステスは、相手…客はんでんな。その心(靈)の低さを利用して、体を売ったりして(通貨としての)金を儲けたりもする。
おんなじ様に、低い心の発現のお客はんも、そのホステスはんを買ったりして、欲望の達成を果たし、低い功名心と自尊心を満足させ、お客はん自身は以下に社会的名誉を持っていたとしても、今までの人生で辛酸をなめたり、頑張ってきたとしても、結果、低い心の発現の人、霊的成長度の低い人は、自分の欲望の達成のために仕事をしてはる……。
ほんでから一般にも、それが目的で仕事をしてはる人も多い。たくさんの金を儲け、たくさん、自分の低い欲望を満たす…それが幸せやと思うてる。物欲、食欲、性欲…アホみたいでんな。
そやからそれは、生きることについての認識が低すぎまんねん。
ほんでからそこには、自分に対する尊厳も、他者に対する尊厳も無い。そう思いまへんか?」
「そう思いますよ」
「そやからそんなことをする人たちは、心(靈)が理解できてないのと同じで、生きていることに対しての認識も低く、それはまだ、動物の進化過程に近いって言い方をしてもエエくらいでんな」
「自分の欲望を満たすことが、自我の確立=固定化の進化過程…またそれは、動物、四足獣から人(日止、霊止)への進化過程…そんなことを先生から聴かされたことがありますけど、そのことですね。でも、それもむずかしい話ですね」
「むずかしいでっか?
そうSはんが思いはるのんは、どうせ先生は、具体的な例を挙げて話をしてなくって、Sはんがしっかり考えて気が付く…それを期待してるからやと思いまんねん。
(そやからそれは、Sはんの“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をする…それを期待してるんや)
それは、2年数カ月、前のブログで先生とKellyさんが話をしたパターンに似てると思いまんねん。
そやから先生は、先生が発する言葉、むずかしい言葉や概念、それを、Sはんにしっかり考えてもらって、Sはんの現実(と感じ(感じる磁性)てる)の生活を通し、認識の糧にして欲しいって思ってると思いまんねん。
そやけどSはんは、言うたらなんやけど、まだとても若い。
先生は若いネーチャンがチョ~好きなくせに、若いネーチャンに対する気遣いが足らんところがあって、前にKellyさんは、先生にこんなことを指摘したことがありまんねん。




“「先生は、ほんま…たくさん話をするんやけど、事細かに話してくれへんし、いつでもKellyさん自身が自分で気が付くようにしか話してくれへん。ほんまはそういう事が一番大切なんやろけど…Kellyさん自身の成長のためにって事やろけど。
老婆心やけど…先生は、そういう、小難しい、ややこやしい事を、噛んで含めるように優しく説明する所が、欠けてるから、あんまり優しく見えへんのやし。
そやから先生は、若いネーチャンと縁が出来へんのやで」
「…」
(ヘ;_ _)ヘ パタ!!・・・コケテマッタ・・・・ゞ(_△_ )ゞ ヒクヒク・・・

「ほんでからに先生は、話に夢中になると相手の事をよう考えん様になる所があるさかい、気を付けんと、一生、若いネーチャンと縁が無いと思いまっせ。」
「そうか、ご忠告ありがとう。アタシ的にアタシの儚い希望を達成する…もう、そういう望みは叶わないと思っているから、Kellyと話をするに当たっても、そういう気遣いを忘れているかもね。よく覚えておくよ」”
思惑と顕現 “その三” 同位相の右往左往と左往右往…サイクロトロン 参照)

「そうだったんですか。でも、そのとおりかもしれませんね」
「そやからSはん、さっきも同じ意味のことを言うたけど、Sはんの認識のために、Kellyさんと話をしようやおまへんか」
「そうですね。よろしくお願いします。
それで、もうすぐ私は犬を飼うつもりなんですけど、チョ~ベッピンはんのA野さんとKellyさんが話をするみたいに、公園で待ち合わせしませんか」
「それは、全然かまいませんねん。
Kellyさん的には、六匹目の犬の友だちが出来るやおまへんか。喜ばしいことでんな。
ほんでから、明るい太陽の下でエエ空気吸いながらはんと話をしたなら、悪い霊的干渉は少ない…それも解りまっしゃろ」
「そうですね。仕事場で受ける霊的干渉では、私の体も心も弱っていく。それも最近感じるようになってるんですよ」
「そやけどそれも、正当な報酬でんな。ちょっと意地悪な言い方やけど…」
「…そうですね。それを私がしっかり理解していない。迷っている」
「そやから、今日、○○○療院の玄関でこんな話をたくさんしてしもたんやから、SはんとKellyさんはお互いの認識の拡大のために話をする…そういう縁かもしれませんな」
「はい、そうかもしれませんね。それじゃ、今度、お電話差し上げてかまいませんか?」
「もちろんでんねん。待ってまんねん」
「よろしくお願いします。それじゃ、今日はこの辺で失礼します」
「ほな、さいならでんねん」

“日月神示” 富士の巻 第六帖 Kellyさん的解釈

 

今回も、富士の巻 第六帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

今は善の神が善の力弱いから善の臣民苦しんでゐるが、今しばらくの辛抱ぞ、
悪神総がかりで善の肉体に取りかからうとしてゐるから
よほどフンドシしめてかからんと負けるぞ。
親や子に悪の神かかりて苦しい立場にして悪の思ふ通りにする仕組立ててゐるから気をつけて呉れよ。
神の、も一つ上の神の世の、
も一つ上の神の世の、
も一つ上の神の世は戦済んでゐるぞ、
三四五(みよいづ)から五六七(みろく)の世になれば天地光りて何もかも見えすくぞ。八月のこと、八月の世界のこと、よく気つけて置いて呉れよ、
いよいよ世が迫りて来ると、やり直し出来んと申してあろがな。
いつも剣の下にゐる気持で心ひき締めて居りて呉れよ、
臣民 口でたべる物ばかりで生きてゐるのではないぞ。
八月の十五日、ひつく ローレンツ力と ○ローレンツ力と ○ のひつ九のか三しるさすぞ。

前のブログでもこのブログでも、何回も言うてきたことやけど、“善”は、神格化の方向性と智性の受信、それは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と自分の心(靈)との感応共振でもある。
同様に、“悪”は、心の動きの本能化と低振動化で、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)(低い心(靈))との感応共振。そやからそれは、一般に、悪霊って呼ばれてる存在と、自分の心(靈)との感応共振でもある。
また、悪霊の増加は、恨みの連鎖の結果でもある。そやからこそこの星は、恨みの連鎖の霊的干渉でいっぱいになっている“痛みと悲しみの星”でもある。
そやから、この、富士の巻 第六帖の冒頭から言われてる“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)は、薄っぺらい見方、幼稚な認識での“善悪”ではない。
そやからそれは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)って言うのんは、“善(神格化の方向性と智性の受信)”であるべきで、それを判断するのが天の御目(あめのおめ)でもあるし、その“創造”のよいカタチの基準でもある天の御目(あめのおめ)を獲得するのは、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振でもある。それを“日月神示”の上つ巻と下つ巻では、何回も言われてきた。そのことは今後の“日月神示”の文章でも何回も言われ、だんだん詳細になって行くのやろな。
話を戻し、人は霊的成長を果たしていき、そして、今後=アセンション後は、人が望む理想と神の思惑がだんだん一致していく。そやからそれをKellyさん的には、前のブログで、ちょっと幼稚な言い方やけど、天国や!!って言い方をした。先生的な表現では、すべての事象が神性と感じられ、また、そう思い、感じていく人が今より少し霊的に“上”に向かった人でもあるって思うてる。そうなって行くやろ。
そやけどそれは、すべての事象は自分の在り方を示すって言う、先生の悟りで今の事象を観れば、今かて自分たちの高い認識を獲得していくために、右往左往、失敗を体験し今後の自分の在り方を思い、そしてその思ったこと、自省したこと、言いかえれば、自省(胸の磁性“十”)の“行”をして、アナハタチャクラの刺激になり、腹=マニピューラチャクラの心(靈)の発現、自我の確立=固定化、自我の肥大から、“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動きを持ち、それをこの事象に顕現していく。
簡単に言えば、自己奉仕者は(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者になる。
それを踏まえて、富士の巻 第六帖の冒頭の文を読むと、良く理解できる。


“今は善の神が善の力弱いから善の臣民苦しんでゐるが、今しばらくの辛抱ぞ、
悪神総がかりで善の肉体に取りかからうとしてゐるから
よほどフンドシしめてかからんと負けるぞ。”

この“フンドシ”って表記も、腹の、縦の磁性と横の磁性を示す表記やな。

ほんでから次の文は、恨みの連鎖の霊的干渉による因縁を説明してる。

“親や子に悪の神かかりて苦しい立場にして悪の思ふ通りにする仕組立ててゐるから気をつけて呉れよ。”

大体、霊的成長度の低い人は、自分に背負った因縁を薄っぺらい価値観で、悪とみなし、ただそれから逃れることしか考えん。
そやから、低級な霊能力者や形骸の宗教や…見せ掛けの祓いや因縁解消や運命を変えるとのうたい文句の印鑑やパワーストーンや…甘い言葉の出版物や…要は、霊的に低い人ほど、甘い(亜、魔、出ずる、泉)方向を求める。
生きているあいだに背負ってる因縁は、自分に課せられた試練で、それにどう対処していくのかが霊的成長の一端でもある。
敢えて説明することでもないな。

ほんでから次の文、

“神の、も一つ上の神の世の、
も一つ上の神の世の、
も一つ上の神の世は戦済んでゐるぞ、
三四五(みよいづ)から五六七(みろく)の世になれば天地光りて何もかも見えすくぞ。”

この文の“戦済んでゐるぞ、”は、自分の心(靈)の“上”と“下”、“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)を見出す“身魂掃除”“身魂洗濯”が済んでいるってことでんねん。
そやから、

“神の、も一つ上の神の世の、
も一つ上の神の世の、
も一つ上の神の世は”って、この複雑な表記は、霊的世界の階層を示す表記で、そこには進化過程の低い地球人が今、多数行っている“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊的干渉は無い。それを言うてるんやけど、そんなことは当然でんねん。
そやからそれは、自分の心(靈)の動きが、事象に反映する。現津(あきつ)、観察され得る事象は、自分の心(靈)次第で、また、霊的成長度次第でもある。
そやから神と呼称される存在の場(フィールド)には、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”は無い。当たり前でんねん。
それを今の低い進化過程の地球人に知らせるには“三四五(みよいづ)から五六七(みろく)の世”…良い世界の“創造”は、霊的に高い場(フィールド)を感じ(感じる磁性)ていくには、そうして行かんならん。
そやから“三四五(みよいづ)”と“五六七(みろく)”、それは、前々回の、富士の巻 第四帖でも言うたけど、“三”は“一”=智性=1番目のオーラと、“二”=肉体の意味がある。
“四”は、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)でもある。粗野から現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”のための心(靈)の動きでもある。
“五”は、糸巻きの象形文字=コイル状に巻いてる神経である。身体磁場=オーラの発振、発信と、サイクロトロン、シンクロトロンを示す表記でもあるな。
“六”は、家屋の形を表す象形文字が変化したもの、そして陰爻、これはいんこうと読み、易で、陰を表す数。ほんでから爻部(こうぶ)は、交わるの意味。そしてその象形文字のカタチを観ると、屋根の下に左右の極性があるように感じ取れる。
そやからそれは、頭と肉体を指し示すと思われる。そやからそれは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と自分との感応共振を示す爻部(こうぶ)、交わるの意味である。
“七”は、“一”=“創造”の“主(ヌシ)”、“亜”が出ずる、泉、アイ(向かって左から右、“思惑の顕現”=現象化)、愛(炁)。それに乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記。
そやからそれは“創造”の“主(ヌシ)”の思惑(天意)と、自分の心(靈)が一体になり、事象の“創造”をして行くさまでもある。言うまでも無く、アセンション後は、霊的成長度の低い自己奉仕者がいないから、そういう事象になる。

ほんでから次の文、

“八月のこと、八月の世界のこと、よく気つけて置いて呉れよ、
いよいよ世が迫りて来ると、やり直し出来んと申してあろがな。
いつも剣の下にゐる気持で心ひき締めて居りて呉れよ、
臣民 口でたべる物ばかりで生きてゐるのではないぞ。”

この“八月”って表記を、季節を示すことだけやと思うてると、言葉しか解釈できない結果になる。
そやからそれは間違いで、今までも“八”は、肉体の左右の極性や磁性を示す表記やって言うてきた。
そやから“八月”は“日月神示” 表記の“富士(二二)”と同義で、それは、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道でもある。
そやから“八”と、肉体を示す意味での“月”。肉体を持った心(靈)=“日止、霊止”でなければ、この事象の“創造”はできない。当たり前のことなんやけど、それが理解出来てないとこの文章は解釈できない。
そやからそれは、アセンションは数億年に一度の神のプログラムで、“創造”の“主(ヌシ)”の、時間の進行に伴う人(日止、霊止)の進化過程での“思惑の顕現”=現象化でもある。
そやから“いよいよ世が迫りて来ると、やり直し出来んと申してあろがな。”って言われてる。
今、アセンションに間に合わん心(靈)の進化過程、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応共振をしてる心(靈)、一言で言えば、(“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊的干渉を選んでる心(靈)の)自己奉仕者ならば、“やり直し出来ん”…そうなるだけでんねん。
ほんでから“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振、いわゆる天意を受けて、天の御目(あめのおめ)を獲得した、“善”の、行い(“思惑の顕現”=現象化)は、自分に甘い(亜、魔、出ずる、泉)自己奉仕者の心(靈)ではダメやからこそ、“いつも剣の下にゐる気持で心ひき締めて居りて呉れよ、”と言われてる。
そして、心(靈)が(時間の進行を感じ(感じる磁性)ながら)育っていく…その過程では、さまざまな霊的干渉があり、霊的干渉の“上”と“下”、“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊的干渉=通信を受け、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)していくのは、自分の心(靈)の動きである。
それが結果、善の事象か、悪の事象か、そのどっちかしかないってことでんねん。

ほんでから、通常、自分が生きているのは、肉体の維持やとしか思われてへんから、心(靈)が育って認識を獲得し、“一”=智性=1番目のオーラを大きくしていくのが霊的成長やからこそ、

“臣民 口でたべる物ばかりで生きてゐるのではないぞ。”

…って、言われてる。

そして“一”=智性=1番目のオーラを大きくする“行”は、“ひつく”=太陽凝視で、
それはまた、以前紹介した、春の巻 第二帖の表記の“特別神かかり”(神格化を意識した太陽凝視)でもある。
ほんでからそれは、今、ネット上に多い、不食を求めるだけの太陽凝視ごっこではなく、自分に厳しい“行”を課した“日止、霊止”でなければならない。
そやからそれは、心(靈)の“上”と“下”、“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)を、自分の智性(神性)で判断し、自分の心(靈)の動きを注意深く見つめ、すべての事象が幸福=神格化に向かうような、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)をとる人になる。
それは“一”=智性=1番目のオーラが大きく、“慈悲”と“慈愛”を持った人。左往右往の“行”をして、“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”をした人。
それを果たした人が、アセンション後の“創造”の中心になるってことを、敢えて付け加えておきまんねん。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 富士の巻 第五帖 Kellyさん的解釈 


今回も、富士の巻 第五帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

喰うものがないと申して臣民不足申してゐるが、
まだまだ少なくなりて、一時は喰う物も飲む物もなくなるのぞ、
何事も行(ぎょう)であるから喜んで行して下されよ。
滝に打たれ、蕎麦粉(そばこ)喰うて行者は行してゐるが、断食する行者もゐるが、
今度の行は世界の臣民みな二度とない行であるから、厳しいのぞ、
この行 出来る人と、よう我慢出来ない人とあるぞ、
この行 出来ねば灰にするより他ないのぞ、
今度の御用に使ふ臣民はげしき行さして神うつるのぞ。
今の神の力は何も出ては居らぬのぞ。
この世のことは神と臣民と一つになりて出来ると申してあろがな、
早く身魂みがいて下されよ。
外国は ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) 、神の国はローレンツ力 と申してあるが、
ローレンツ力 は神ざ、 ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) は臣民ぞ、
 
ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド)ばかりでも何も出来ぬ、
 
ローレンツ力 ばかりでもこの世の事は何も成就せんのぞ、
それで神かかれるやうに早う大洗濯して呉れと申してゐるのぞ、
神急(せ)けるぞ、
この御用大切ぞ、神かかれる肉体 沢山要るのぞ。
今度の行は ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) を綺麗にする行ぞ、掃除出来た臣民から楽になるのぞ。
どこに居りても掃除出来た臣民から、
よき御用に使って、神から御礼申して、末代名の残る手柄立てさすぞ。
神の臣民、掃除洗濯出来たらこの戦は勝つのぞ、
今は一分もないぞ、一厘もないぞ、
これで神国の民と申して威張ってゐるが、
足許からビックリ箱があいて、四ツん這ひになっても助からぬことになるぞ、
穴掘りて逃げても、土もぐってゐても灰になる身魂は灰ぞ、
どこにゐても助ける臣民 行って助けるぞ、
神が助けるのでないぞ、神助かるのぞ、臣民も神も一緒に助かるのぞ、
この道理よく腹に入れて呉れよ、
この道理分りたら神の仕組はだんだん分りて来て、
何といふ有難い事かと心がいつも春になるぞ。
八月の十四日の朝、 ローレンツ力と ○ のひつ九のローレンツ力と ○

冒頭の文、これは、岡本天明はんに自動書記による憑依現象が起きていた時代背景を考えて読めば、戦争中やから、こうも言われてるのやろけど、きっとこれからも、こういう事態になると思える。

“喰うものがないと申して臣民不足申してゐるが、
まだまだ少なくなりて、一時は喰う物も飲む物もなくなるのぞ、”

今の、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が行っている経済主体の世界は、自分たちに発現した、下三つのチャクラ由来の心(靈)の動きの、本能、情動、功名心、自我…までの、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)でもある。
そやからこそ、一部の人だけが(通貨としての)金をたくさん集め、たくさん使い、場(フィールド)としての地球全体の霊的干渉ってもんを考えない。
言うまでもなくそれは、恨みの連鎖の霊的干渉で、飢餓貧困や戦争などは、一部の国の経済の発展の結果でもある。
そして、これも、言うまでも無く、経済大国は日本とアメリカ、そやから不幸な死を迎えた子供の浮遊霊が、恨み妬み、羨み…その心(靈)の動きの裏にあるのは三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)であり、そしてさっき指摘した一部の人たちの幸福の概念は、三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)のうちの貪、痴(とん、ち、)でもある。そしてそればかり追い求める心(靈)の動きが瞋(しん)でもあるな。
そやから前にも指摘したけど、この国とアメリカの人たちの大半は子供の浮遊霊の憑依でどんどん幼稚になっていて、物事を真剣に考えん。簡単なものしか求めない。目先のことしか分からない。エネルギーを贖わないで簡単に結果が得られるものを求めたりする。(サプリメントとか…)
ほんでから、今自分たちがやっていることに対し、子供の浮遊霊は自我の確立=固定化の成長段階やから、悪いことを悪いと認めないとかの心(靈)の動きもある。ほんでからそれは目上(めうえ)の心(靈)が発現していない、動物霊も加担してる。
そやからそれは、下三つのチャクラ由来の心(靈)の動き=目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の動きしかないからこそ、この世界は恨みの連鎖の霊的干渉でいっぱいになっている。
そして日本とアメリカなど、経済を牛耳って自分たちの低い幸福の概念を実現してきた場(フィールド)に居てる人たちは、ブーメランの法則(“曲霊(まがつひ)”)により、言い換えれば因果応報で、今後、飢餓や貧困、そして恨みの連鎖の霊的干渉による事象…事件や事故、犯罪、これらを体験せんならん。
さらに恨みの連鎖の霊的干渉に関わる霊的存在の心(靈)は、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の回転、砌(みぎり)回転であるからこそ、“上”から“下”への、縦の磁極性に対し、左=日足(ひたり)回転で構成されたアミノ酸結晶であるはずの、高分子化したたんぱく質や、遺伝子を崩壊させていく…これについては、いずれ、○○○大先生が“改”で、述べていくやろから、ここでは詳細を説明せんけど、要は、自分たちが自国の経済=低い幸福の概念により、蔑ろ(ないがしろ)にしてきたものには、生命としての尊厳がある。
そやから生命(生きる使命=存在理由)を、蔑ろ(ないがしろ)にした結果って言うのんを、知らんならん。
そして自省(胸の磁性“十”)の“行”をして…死んでからか生きてるうちにか知らんけど、それはいずれ自分に降りかかり、自分がそれを真剣に考え、自分たちに責任があったことを認識せんと、次の霊的成長の段階=自我から“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現にならへん。

そして、次の文、これは誰もが体験せんならん大事なことでもある。

“何事も行(ぎょう)であるから喜んで行して下されよ。
滝に打たれ、蕎麦粉(そばこ)喰うて行者は行してゐるが、断食する行者もゐるが、
今度の行は世界の臣民みな二度とない行であるから、厳しいのぞ、
この行 出来る人と、よう我慢出来ない人とあるぞ、
この行 出来ねば灰にするより他ないのぞ、
今度の御用に使ふ臣民はげしき行さして神うつるのぞ。
今の神の力は何も出ては居らぬのぞ。
この世のことは神と臣民と一つになりて出来ると申してあろがな、
早く身魂みがいて下されよ。”

この文の前半は、さっき言うた“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の因果応報のことも言うてる。
誰もが恨みの連鎖の霊的干渉を体験し、その意味を考え、自分たちに問題があったことを自省(胸の磁性“十”)する。
それをして行かんと、自我から“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現にいたらないからこそ、“今度の行は世界の臣民みな二度とない行であるから、厳しいのぞ、”と、言われ、そしてそれに脱落する心(靈)の成長度の人は、今後=アセンション後の事象を体験できない。
それを以下の言い回しで言われてる。

“この行 出来る人と、よう我慢出来ない人とあるぞ、
この行 出来ねば灰にするより他ないのぞ、”

そやから、“この行”って言い回しは、既成宗教などの形骸の行の概念ではなく、

“今度の御用に使ふ臣民はげしき行さして神うつるのぞ。”って言葉に掛かってる。
この文で重要なのは、“今度の御用に使ふ臣民”=霊的成長を果たし、今後=アセンション後の事象の“創造”に携わる資格を持った“日止、霊止”。
そして“はげしき行さして神うつるのぞ。”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑を理解出来る“日止、霊止”。それは、肉体の構造が“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化出来ている人。
“身魂磨き”した“日止、霊止”でなければ、電磁波として高い振動である“上”の思惑を含んだ振動と感応共振できない。そやからそれは、天意を受けることが出来ないって言い回しが、理解しやすいやろな。
そやから、要は、“創造”には法則性がある。
創造された事象を観察するのは、自分の心(靈)であり、自分の心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)が、現津(あきつ)、観察され得る事象を創造するのであり、霊的に低い人は、低い事象しか観察出来ず=アセンション出来ず、自我より上の心(靈)の発現をした、智性(神性)、智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)、“創造”、ほんでから“慈悲”と“慈愛”ゆえの自分に対する“厳しさ”を、自分の認識(悟り、幸取=さとり)にしている人は、アセンション後の“創造”を担う資格を持つ。
このことは前のブログでも、このブログでも、何回も言うてきたことやけど、何回も言わんならんのやろな。
話を戻し、“今の神の力は何も出ては居らぬのぞ。”…これは今の事象は、何も“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑通りになっていないことを前提に言っている言い方である。
そやから、今後=アセンション後、あるいは、アセンションに向かう過程で、
“この世のことは神と臣民と一つになりて出来ると申してあろがな、”と言われ、さっきも言うたけど、“上”との感応共振をするのは、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化で来た肉体で無いといけない。
そやから、今の“行”の概念は、その認識は、宗教関係者が権力の行使や金儲けに走り、そやから大半の宗教関係者は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”で霊的に低く、そやからこそ“行”や“修行”の概念は見せかけで、形骸になっていて、ただの“行”ごっこになってる。
“日止、霊止”が“行”をする理由は、生体内電流の強化であり、それは身体磁場の強化になり、生体内電流の強化は肉体組織の結晶化になり、特に骨髄中の鉄分子の結晶化をしなければ、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振は起きず、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑を自分の心(靈)霊=○、荷電粒子の場(フィールド)に取り込むことが出来ない。
そやから“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑と感応共振するための、肉体組織の結晶化、“日月神示” 表記の“身魂磨き”…それが、現時点、36年目に入った太陽凝視と、月の凝視と、電気行…それから得られた先生の認識(悟り、幸取=さとり)でもある。
そやから、アセンションって言うのんは、“日止、霊止”の進化過程において、今より“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をしていかなければならない。
そして今後=アセンション後、地球が、その場(フィールド)になる。
それを“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の存在は、さまざまな宗教や、最近ではチャネリングや、昭和のはじめに排出した物理霊媒、その中で特に高度なのがT霊媒=竹内満朋で、そやからそれは、S会=紫光会の交霊会でもあるんやけど、要は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は、さまざまな手段で、人に、今後=アセンション後のことを教え、そのために自分たちはどう在るべきなのか、教えようとして来た。 
それは“日月神示” でもそうでんねん。
ほんでから、そのなかでも特に“日月神示” は、“ひつく”=太陽凝視のことを言うてると思える。
そやから、それらは、すべて、人(日止、霊止)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の良い形を願う“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の“思惑の顕現”=現象化でもある。

話を戻し、次の文、

“外国は ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) 、神の国はローレンツ力 と申してあるが、
ローレンツ力 は神ざ、ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) は臣民ぞ、
ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) ばかりでも何も出来ぬ、
ローレンツ力 ばかりでもこの世の事は何も成就せんのぞ、
それで神かかれるやうに早う大洗濯して呉れと申してゐるのぞ、
神急(せ)けるぞ、
この御用大切ぞ、神かかれる肉体 沢山要るのぞ。”

これまでも、ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) は、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)。 ローレンツ力 はローレンツ力って解釈をしてきた。そして神は示す偏(へん)と“呂”、エネルギーの回転を示すって解釈をしてきた。それを踏まえ、この文を読むと、理解できると思う。
そやから、外側(外国と幽界)の事象って自分の心(靈)が感じ(感じる磁性)てるのは、心(靈)=ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) で、それは自分自身であるからこそ、“臣民”と言われ、そして自分の(心(靈)と物質である)肉体に、ローレンツ力 ローレンツ力  があり、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑である“上”から注がれる高い振動の電磁波を自分の心(靈)に取り込む仕組むがローレンツ力 ローレンツ力 でもある。そやからこそ自分自身の霊的成長を果たす仕組みを、自分自身が認識した言葉そのものが“神”ってことになる。
要は、自分は“下”で、神は“上”ってことでんねん。
そして進化(霊的成長、神格化に向かうこと)は、ローレンツ力による“上”からの荷電粒子の取り込みが無ければ、成しえない。
そのことを先生は、“改”で説明している。このブログは、生物の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程にまで言及してたなら、とても長い文章になるから、それは省き、そやから、この文の要点は、
ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) ばかりでも何も出来ぬ、
ローレンツ力 ばかりでもこの世の事は何も成就せんのぞ、”…で、これは、この事象の“創造”は、
“日止、霊止”の心(靈) ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) と、神の思惑の受信=ローレンツ力 ローレンツ力 によって成り立つってことを言うてる。

そして、今後=アセンション後のことを指す文として、

“それで神かかれるやうに早う大洗濯して呉れと申してゐるのぞ、
神急(せ)けるぞ、
この御用大切ぞ、神かかれる肉体 沢山要るのぞ。”って言われてる。
さっきも言うた様に“上”との感応共振をして、今後=アセンション後の事象を創造する。それを強調した言い方でんねん。

ほんでから次の文も、“身魂掃除”“身魂洗濯”=自分の心(靈)の中の“上”と“下”を自分の智性(神性)で見出して、そして“上”との感応共振を指すことを言うてる。

“今度の行は ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) を綺麗にする行ぞ、掃除出来た臣民から楽になるのぞ。
どこに居りても掃除出来た臣民から、
よき御用に使って、神から御礼申して、末代名の残る手柄立てさすぞ。”

“よき御用”は言うまでも無く、アセンション後の“創造”を担う資格を持った“日止、霊止”を指した表記でんねん。

ほんでから、次の文も、自分の心(靈)の“上”と“下”を見出すことを言うてる。

“神の臣民、掃除洗濯出来たらこの戦は勝つのぞ、
今は一分もないぞ、一厘もないぞ、
これで神国の民と申して威張ってゐるが、
足許からビックリ箱があいて、四ツん這ひになっても助からぬことになるぞ、”

そして、次の文は、霊的成長度による資格が、アセンション後の“創造”を担うことをあえて強調している。

“穴掘りて逃げても、土もぐってゐても灰になる身魂は灰ぞ、
どこにゐても助ける臣民 行って助けるぞ、
神が助けるのでないぞ、神助かるのぞ、臣民も神も一緒に助かるのぞ、
この道理よく腹に入れて呉れよ、
この道理分りたら神の仕組はだんだん分りて来て、
何といふ有難い事かと心がいつも春になるぞ。”

この文の、
“穴掘りて逃げても、土もぐってゐても灰になる身魂は灰ぞ、
どこにゐても助ける臣民 行って助けるぞ、
神が助けるのでないぞ、神助かるのぞ、臣民も神も一緒に助かるのぞ、”

…この間、先生が立ち読みしたフォトンベルトを題材にしてたなんかの本に、安全なところに移住したなら、自分たちは、アセンションに伴う醜い事象(戦争や災害など)に巻き込まれないって書いてあった。(東京から松山に引っ越した人)
そやからそれは核シェルターとか…そんな程度の認識で、そやからそれは、そんな解釈をする人の認識は、程度が低い。低すぎる。
そやからそれは、アセンションが霊的成長度によって分けられる事象であり、それは霊的進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をした“日止、霊止”でなければ、智性(神性)、智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)、“創造”、ほんでから“慈悲”と“慈愛”ゆえの自分に対する“厳しさ”の心(靈)の発現をした“日止、霊止”でなければ、今より“上”の世界に位置できないことを、まったく理解していない。
そやから、今後=アセンション後の醜い事象を通り越し、この自己奉仕者の場(フィールド)である現時点の地球から卒業できるのは、“慈悲”と“慈愛”の発現をして、“上”の思惑を受信できる=理解できる、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化が出来た人でなければならない。

それが、以下の文、

“この道理分りたら神の仕組はだんだん分りて来て、
何といふ有難い事かと心がいつも春になるぞ。”

この文の中の表記“神の仕組み”、“道理”、この言葉に示されてて、それは神の“思惑の顕現”=現象化がアセンションでもあり、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の段階と法則性を示す表記が“道理”でもある。言うまでも無くそれは、自我から“慈悲”と“慈愛”の発現でんねん。
よってそれは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と共に、今後=アセンション後の“創造”をしていくからこそ、“神が助けるのでないぞ、神助かるのぞ、臣民も神も一緒に助かるのぞ、”って言われてまんねん。
ほんでから、この、富士の巻 第五帖は、第六帖の“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の概念につながっていく、意味深い文章でんねん。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 富士の巻 第四帖 Kellyさん的解釈 



今回も、富士の巻 第四帖を解釈しまんねん。
原文は以下の通り、

一二三(ひふみ)の仕組が済みたら三四五(みよいづ)の仕組ぞと申してありたが、
世の本の仕組は三四五の仕組から五六七(みろく)の仕組となるのぞ、
五六七の仕組とは弥勒(みろく)の仕組のことぞ、
獣と臣民とハッキリ判りたら、それぞれの本性出すのぞ、
今度は万劫末代のことぞ、
気の毒出来るから洗濯大切と申してあるのぞ。
今度お役きまりたら そのままいつまでも続くのざから、
臣民よくこの神示(ふで)よみておいて呉れよ。
八月十三日、ローレンツ力と ○ のひつくのか三。


冒頭の文の“一二三(ひふみ)”“三四五(みよいづ)”については、今まで解釈してきたとおり。そやからそれは、“一”=智性=1番目のオーラと、“二”=肉体が加わった“日止、霊止”。
それを“三”と示されてると思える。
また“一二三(ひふみ)”は、1番目、2番目、3番目のオーラでもある。そやからそれは、頭、胸、腹、それぞれ、内容物が違う=電気特性の違う、コンデンサーの構造を構成しており、だからこそ、1番目、2番目、3番目のオーラは、振動の種類、振動数や波長の違いになる。
それが“一二三(ひふみ)”のオーラであり、すべての生命は、個々のオーラの相互干渉で事象を構成し、その事象を観察して=受信して、心(靈)は構成されていく。
ほんでから次は、“三四五(みよいづ)”の“三”“四”“五”について。
“三”は“一”=智性=1番目のオーラと、“二”=肉体を示す。
ほんでから“四”“五”“六”“七”については、以前の記事、Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって…考えた事。…から引用することにしまんねん。
そやからそれは、まず“四”は、発振、発信の意味がある。ほんでから“五”は、糸巻きの象形文字、神経を示す。言うまでもなく、下等な生物から人(日止、霊止)への進化(霊的成長、神格化に向かうこと)は、神経の発達と脳の発達が、観察されうる。
そして、動物と人間の脳の違いは、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)と、目上(めうえ)(大脳新皮質、“田”(心、靈、の四つの場(フィールド))でもあり、今までにも、心(靈)の構造として、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という振動って分類をしてきたけど、少し脳のことが解れば、脳のどの部分が神格化に近づくべきものなのか、理解できる。
そやからそれを、あえて言うとけば、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の脳は、本能、情動、低い功名心、自我(の肥大)。
目上(めうえ)の脳は、愛(炁)の顕現の在り方、そして、創造、知恵、さらに、知識としての知恵を智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)とする。それは“一”=智性=1番目のオーラを持ってないと、知恵を智慧に出来ないし、当然、良いカタチの“創造”など出来ない。
今、地球人は、“一”=智性=1番目のオーラが小さい人が大半やから、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の脳の心(靈)が中心で、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の人が大多数であり、その霊的進化過程の人は、アセンション後の“創造”を“上”から託されない。
こんなことは今までに何回も言うてきたことであり、だからこそ良い世界の“創造”、良い世界の事象、それを観察するのは、霊的成長を果たした人(日止、霊止)にしか、資格が無い。
その資格を獲得するのは、“慈悲”と“慈愛”の心(靈)を発現した、“一”=智性=1番目のオーラが大きい人でなければならない。
話を戻し、ほんでから“五六七(みろく)の仕組”。
“五”は、今、説明したとおり。
“六”は、家屋の形を表す象形文字が変化したもの、そして陰爻、これはいんこうと読み、易で、陰を表す数。ほんでから爻部(こうぶ)は、交わるの意味。そしてその象形文字のカタチを観ると、屋根の下に左右の極性があるように感じ取れる。
そやからそれは、頭と肉体を指し示すと思われる。
参考のために、以前にアップした“六”の象形文字の画像を貼っておきまんねん。

六の象形文字



ほんでから“五六七(みろく)”の、“七”は、“一”=智性=1番目のオーラと、乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)。画像を貼っておきまんねん。

七の解字 “一”=智性=1番目のオーラと乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)

これも今まで、同様の解釈をしてきたとおり、“七”は、智性(神性)を受信して発現してる人の“思惑の顕現”=現象化って意味になるから、今の世界と違い、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の世界ではなく、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかの心の動きは消失し、その場(フィールド)にいてる人はすべての存在の霊的成長を望む心(靈)になっていることを示す表記やと思える。
それを踏まえ、冒頭の文を観れば、意味がよく通じる。

“一二三(ひふみ)の仕組が済みたら三四五(みよいづ)の仕組ぞと申してありたが、
世の本の仕組は三四五の仕組から五六七(みろく)の仕組となるのぞ、”

そして次の文、

“五六七の仕組とは弥勒(みろく)の仕組のことぞ、”

大概の人は、この文の中の弥勒(みろく)を、仏教の弥勒菩薩と関連付けるやろ。
ほんでからに、仏教が伝えたアセンション後という意味での、“弥勒の世”ってことでもあるやろ。
そやからそれは、仏教に於いての、情報としてのアセンションを言い表した言葉でもあるやろけど、それだけではなく、弥勒(みろく)は、“弥”と“勒”で構成されている。
この二つの漢字に、意味があると思える。
まず、弥勒の“弥”は、“日月神示”表記の“弥栄(いやさか)”の“弥”であり、その旧字は、“彌”で、この“彌”の字にも、旧字がある。前のブログで紹介した画像をちょっと直して、以下に貼っておきまんねん。

彌栄弥栄(いやさか) 弥の旧字

そやから上記の旧字、これは、弓偏(へん)と璽(しるし)でもある。これについても文章にすると複雑になるから、以下に画像を貼っておきまんねん。

弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字


補足として、“メグリ”(帀)の解字も、以下に貼っておきまんねん。

“メグリ”(帀)の解字

そやからこれは、前のブログで、肉体内にあるチャクラそのものって解釈をした。
ほんでからチャクラを構成するのは、背骨と、左右にある肉体の器官と、神経でもある。
そしてそれぞれのチャクラは、サイクロトロンの構造を持ち、“上”から“下”に降り注がれてる荷電粒子=神の思惑を、自分の肉体に取り込み、同時に、心(靈)にも取り込み、そうやって、(“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)しながら)霊的成長を時間の進行とともにしているのが、生命(生きる使命=存在理由)でもある。

ちょっと長い説明になってしもたけど、もうひとつ。
弥勒の勒って言う字は、その意味は、馬の頭にかける革、おもがい。あるいは、くつわ、くつばみ、馬の口にかませて手綱をつける金具、それは制御するとか、おさめるとか抑える(おさえる)とか、しめる、しいる、むりやりに、の意味があり、そやからそれは、生命って言うのんは進化過程において肉体内のチャクラを発達させてきている。そして今の、平均的な地球人のチャクラの覚醒段階は、マニピューラチャクラからアナハタチャクラの覚醒に移行しようとしている。
だからこそ、弥勒の弥=チャクラに、弥勒の勒が必要になり、それは進化過程で必要な心(靈)の発現と動きでもあり、その進化過程で、必要な事象が、自省(胸の磁性“十”)の“行”であり、そのときの心(靈)の動きは、“観自在”であり“直日”であるって何回も言うてきた。
そやからそれは、野放図な、自我の確立=固定化の段階から、“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現をしていく。それは“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”になっていく。
人が、そうなったなら、自分が持っている“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を、自分の低い欲望の達成や、低い功名心や自尊心の満足のために使わない。
すべての“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)は、神の智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)であることを認識し、だからこそ自分が観察する事象を良いカタチにするために“力”を行使しようとする。
それがアセンション後の人たちでもある。
そして、補足として、仏教で言うところの弥勒、それは、慈悲から生まれたものとされ、その意味を訳して“慈氏”といわれている。また、弥勒菩薩の別名は慈氏菩薩でもある。
この“慈”って言う字は、“慈悲”と“慈愛”でもあり、腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンから、心(靈)が“上”に向かう意味もある。このことについても、今まで何回も言うてきたから敢えて説明はしませんねん。

だからこそ次の文は、人の心の進化過程と、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きを指摘している。

“獣と臣民とハッキリ判りたら、それぞれの本性出すのぞ、”

人の動物化、智性=神性を持っているのに智性を使わない人。その心(靈)の動きはとても醜いけど、今それがもてはやされる風潮があり、本当の価値とか貴いものを見出していく心の動きを持っている人はとても少数である…情けない。
そやからこそ、霊的成長度に於いて分ける=アセンションが起きる。それを言い表した表記が、次の文、

“今度は万劫末代のことぞ、
気の毒出来るから洗濯大切と申してあるのぞ。”

言うまでも無く“今度”は、今後=アセンション後のことであり、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”は、“気の毒”が、“出る”=発振、発信されるって言われてて、そんな人は今後=アセンション後の“創造”を託せないから、“洗濯大切”って言われてる。
言うまでも無く“身魂掃除”“身魂洗濯”は、“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”して、自分の心(靈)の発現と動きの“上”と“下”を智性=神性で判断し、それから得られた認識(悟り、幸取=さとり)を行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に活かす。
それがまた、ローム太霊の言葉の、左往右往でもある。

そして次の文は、アセンション後に位置できる心(靈)を持った人、それを指し示す表記でもある。

“今度お役きまりたら そのままいつまでも続くのざから、
臣民よくこの神示(ふで)よみておいて呉れよ。”

この文の“お役”は、アセンション後の“創造”を担う資格を持った人。
そして“そのままいつまでも続くのざから”…アセンションのその後は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”は、いないって意味のことを言うてる。
敢えて言うまでもないことやけど、言うときまんねん。

今回はこれくらいにしときまんねん。




Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (465)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (13)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード