“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 地つ巻 第六帖 Kellyさん的解釈



今回も、地つ巻 第六帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、
八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ。
目さめたらその日の生命(いのち)おあづかりしたのざぞ、神の肉体、神の生命 大切せよ。神の国は神の力でないと治まったことないぞ、神第一ぞ、
いつまで仏や基(キリスト)や色々なものにこだはってゐるのぞ。
出雲の神様 大切にありがたくお祀りせよ、尊い神様ぞ。
天つ神、国つ神、みなの神々様に御礼申せよ、まつろひて下されよ、
結構な恐い世となりて釆たぞ、上下ぐれんぞ。
九月十七日、一二のローレンツ力と ○  。

 まず冒頭の文。

“神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、
八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ。”

 この文の“八つ裂き”も、左右の極性=日足と砌(ひたりとみぎり)の偏りのことをいうていると思われる。 
 
“八”っていうのは、“上”から“下”、それぞれの左右に書くからそれは、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義でもある。
 そして“国”も、日本とかアメリカとかの事を言うているのではなく、(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”で、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示すこと。
 そやからそれは、自我から自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)、自我の肥大(腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン)から、“慈悲”と“慈愛”、ヨガでいえばマニピューラチャクラからアナハタチャクラ、宇宙的存在がチャネラーに伝えた言い回しでは、第さん密度から第四密度。
 そのことを言うていると思える。
そやからそれは地つ巻 第四帖の“この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならんぞ、いつも心にてんし様拝みておれば、何もかも楽にゆける様になりてゐるのざぞ、我れが我れがと思うてゐると、鼻ポキリと折れるぞ。”と、同じく地つ巻 第五帖の“片輪車でトンテントンテン、骨折損の草臥(くたびれ)儲けばかり、いつまでしてゐるのぞ、神にまつろへと申してあろうがな”と同様の意味を含んでいると思われる。
そして今引用した、地つ巻の第四、第五帖の文は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を“いつも心にてんし様拝みておれば”“神にまつろへと申してあろうがな”って称されていて、その意味で次の文。

“目さめたらその日の生命(いのち)おあづかりしたのざぞ、神の肉体、神の生命 大切せよ。
神の国は神の力でないと治まったことないぞ、神第一ぞ、
いつまで仏や基(キリスト)や色々なものにこだはってゐるのぞ。
出雲の神様 大切にありがたくお祀りせよ、尊い神様ぞ。”

 この文の“神の国”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)をした心(靈)っていう意味。
 そして“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)をしなければいかんっていう意味で“神第一”っていわれ、そして形骸に成り果てた宗教にこだわってはイカンっていう意味で“いつまで仏や基(キリスト)や色々なものにこだはってゐるのぞ”って言われており、そして“出雲の神様 大切にありがたくお祀りせよ、尊い神様ぞ”っていうのは、出雲の語源として諸神の母神である=現津(あきつ)、観察され得る事象に存在する生命を生み出したという意味での出母(いずも、母から生み出されたの意)でもあり、それは砌(みぎり)の極性の顕れである伊耶那美(いざなみ)でもある。
また調べてみると、その語源は、出鉄(いづもの)いう説もあり、すべての現津(あきつ)、観察され得る事象は、電磁波の受信=“観察と認識”によるものであり、またそれは、個々の生命の発振、発信によるものでもあり、生命がなければ事象はありえないともいえ、さらに発振、発信は、“力(ちから)の根(ね)”=肉体内の鉄分子、“カネ”の言霊によるものであるとの意味も感じさせられるものである。

ほんでから次の文も、“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)で、心(靈)を構築していくことを強調されている文だと思える。

“天つ神、国つ神、みなの神々様に御礼申せよ、まつろひて下されよ、
結構な恐い世となりて釆たぞ、上下ぐれんぞ。”

 “まつろひて下されよ”は、祭り、祀り、政治の政、“政(まつりごと)”であり、霊的干渉って言い方も出来るけど、自分が今もっている心(靈)の構成よりも“上”と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)しなければ、今よりよいカタチの事象の“創造”は出来ないし、だからこそ例適正ちょうどの低い人=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”と、(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者、自省(胸の磁性“十”)して“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”する心を持った人(日止、霊止)は、アセンション後の事象に位置できる。
 そして今の事象は、自我が肥大した人の“創造”の結果であるから、今後=アセンション後はその価値観や仕組みが変容するって何回も言うてきたけど、それを強調した言い回しが“結構な恐い世となりて釆たぞ、上下ぐれんぞ”でもある。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 地つ巻 第五帖 Kellyさん的解釈



 今回も、地つ巻 第五帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

片輪車でトンテントンテン、骨折損の草臥(くたびれ)儲けばかり、いつまでしてゐるのぞ、
神にまつろへと申してあろうがな、臣民の智恵で何出来たか、早う改心せよ。
三月三日、五月五日は結構な日ぞ。
九月十六日、ひつ九のか三。

 この文も、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の傾きについて言われてる。 言うまでもなく“片輪車”では、まっすぐに進まない。 そしてこの文は、地つ巻 第四帖の“この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならん”の意味を、強調していると思われる。
 何回もいうてきている通り、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の“創造”は、低い砌(みぎり)の行でもある。 物欲、目先の快楽など、この世界はそんなものに満ち満ちており、ほとんどの人が、神と自分の関係を忘れて、霊的成長を知りえないし、ただ甘い(亜、魔、出ずる、泉)ことばかり求めている世界になっている。
 そんなことでは、真実=真固止を見出せないし、そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”が人に託した最後の事象の“創造”って言う意味を含む“日月神示”表記の、○ 九 十 ってことになりえないし、

○ 九 十(まこと)の解字
行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)や言動が“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)ってことにならないから、“骨折損の草臥(くたびれ)儲け”って言われてる。
 そしてその低い砌(みぎり)の行は、“上”の思惑の顕現ではないから“神にまつろへと申してあろうがな、臣民の智恵で何出来たか、早う改心せよ。”って言われてる。
 自分より“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)をするには、自己奉仕者の思惑ではだめで、だから“臣民の智恵で何出来たか”って言われており、そして“上”と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して自分の思想を構築する=“天詞様”にならねばならないからこそ、自省(胸の磁性“十”)して、自分たちがやってきた低い砌(みぎり)の行を振り返らねばならないからこそ“早う改心せよ”って言われており、これも“身魂掃除”“身魂洗濯”のことでしかない。
 そして“三月三日、五月五日は結構な日ぞ”は、ひな祭りとこどもの日ではなく、“三”は“一”=智性=1番目のオーラと、“二”=肉体で、そして月と日が書かれており、それは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義であると思える。
 そして“五月五日”も、“五”は、糸巻きの象形文字であり、それは進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)において、神経が密になる様子を示しており、それに、月と日=砌(みぎり)と日足(ひたり)が足された表記でもあると思える。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 地つ巻 第四帖 Kellyさん的解釈


今回も、地つ巻 第四帖 を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

この神示いくらでも出て来るのざぞ、
今の事と先の事と、三千世界、何も彼も分るのざから、
よく読みて腹に入れておいて呉れよ、
この神示 盗まれぬ様になされよ、神示とりに来る人あるから気つけて置くぞ。
この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならんぞ、
いつも心にてんし様拝みておれば、
何もかも楽にゆける様になりてゐるのざぞ、
我れが我れがと思うてゐると、鼻ポキリと折れるぞ。
九月十六日、ひつくのか三。

まず、冒頭の文。

“この神示いくらでも出て来るのざぞ、今の事と先の事と、三千世界、何も彼も分るのざから、よく読みて腹に入れておいて呉れよ、”

 この文の、“今の事と先の事と、三千世界”は、すべての現津(あきつ)、観察され得る事象をさす表記やろし、“今の事と先の事”は、現時点での地球と今後=アセンション後のことを指し示した表記やろな。
 ほんでから“三千世界”は、仏教用語で、ほんまは三千大千世界(さんぜんだいせんせかい、梵語: Trisāhasramahāsāhasralokadhātu)ってことらしい。
それは10億個の須弥山世界が集まった空間を表す言葉。それを略して「三千世界」「三千界」「大千世界」ともいう。
仏教の宇宙論では、須弥山(しゅみせん)の周囲に四大洲(4つの大陸)があり、そのまわりに九山八海があるとする。 これが我々の住む1つの世界(1須弥山世界)で、上は色界(しきかい、三界の一つ)の梵世(Brahmaloka)から、下は大地の下の風輪にまで及ぶ範囲を指す。
そして、上述した1つの世界が1000個集まって小千世界となり、小千世界が1000個集った空間を中千世界と呼び、中千世界がさらに1000個集ったものを大千世界という。
大千世界は、大・中・小の3つの千世界から成るので「三千大千世界」とも呼ばれる。
このように、「三千大千世界」とは「大千世界」と等しい概念で、1000の3乗個、すなわち10億個の世界が集まった空間のことを指している。
(Wikipediaから引用して編集)
 そやから仏教で言うところの三千世界は、“上”から“下”、霊的成長度の高い低いにかかわらず、神だろうが人(日止、霊止)だろうが下等生物だろうが肉体を盛っていようがいまいが、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の行いの霊的存在だろうが、悪魔だろうが、悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)であろうが、すべてをひとつの事象とみなした概念が、三千世界ってことなんやろ。
 そやからそれを観たならば、“上”はいろんなことを人に教えんならんから、“いくらでも出て来る”ってことなんやろな。
 そして“よく読みて腹に入れておいて呉れよ”も、地つ巻 第三帖の“腹掃除せよ”と同義の、自我ってことであり、自我をうまくコントロールせよってことなんやろ。
(どうも、地つ巻全体は、腹の段階の心(靈)の発現のことを言うている感がある)

 ほんでから次の文。

“この神示 盗まれぬ様になされよ、神示とりに来る人あるから気つけて置くぞ。”

 これも“役員づら”と同義であると思えるし、それと、地つ巻 第二帖の“この道信ずれは、すぐよくなると思うてゐる臣民もあるなれど、それは己の心のままぞ”の言葉通り、ただ“日月神示”をありがたがって引用したり、商売に利用したりしている人は、この文の“神示とりに来る人”であり、結局その人たちは薄っぺら委“日月神示”の解釈を世に広めたり、自分の低い功名心や自尊心を満足させるために“日月神示”の言い回しを利用したりしているだけで、それは“上”から見たら、盗みに等しいって言われていると思える。
ほんでから次の文。

“この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならんぞ、
いつも心にてんし様拝みておれば、
何もかも楽にゆける様になりてゐるのざぞ、
我れが我れがと思うてゐると、鼻ポキリと折れるぞ。”


この文の“この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならん”は、何が“中”で、何が“左も右りも偏ってはならん”のかが、理解できないと読み解けん。
すべての現津(あきつ)、観察され得る事象には、神の極性である日足(ひたり)と砌(みぎり)を観察できる。 
それは、ことに、心(靈)の動きで、極性は左右に傾きながら人間は成長することを、ローム太霊さんは、右往左往と左往右往って言い回しをした(ウエサク祭を通じてローム太霊が伝えたかったこと ローム太霊との出会い&ローム太霊の教え 日足と砌(ひたりとみぎり) 参照)。 人(日止、霊止)は、砌(みぎり)のエネルギー=“いきり立つ心(奴と心)”(肝)の強化で、周囲のバランスを考えず自分のためだけに“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を使う段階があり、しかしそれは自己奉仕者だから、すべての存在にとってよい形になりえないからこそ“神の咎め”があり、失敗する。
失敗してから自分の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方、言い換えれば行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)をどうするべきなのか=自分の在り方を考えて“力”を行使するのが、左往右往であり、そのときに自省(胸の磁性“十”)の心(靈)である“慈悲”と“慈愛”も発現する。
そして、
天つ巻 第三十帖で“富士とは火の仕組ぞ、渦うみとは水の仕組ぞ、今に分りて来るのぞ”って言われているとおり、“富士、火の仕組み=火乗(ひだり)”と“渦うみ、水の仕組み=水極(みぎり)”、これは、肉体の腹と胸であり、心(靈)の動きとしては、自我の肥大から自省(胸の磁性“十”)して、“慈悲”と“慈愛”を発現していく様子を言い表しているって解釈をした。
そしてそれは、愛(炁)の顕現の順番でもあるし、地球人の心(靈)の変容は、今後=アセンション後にむけて、こうあるべきだからこそいろんな宗教で、たとえば汝の隣人を愛せよとか“慈悲”と“慈愛”を説いたと思われ、それぞれ言葉が違うだけで、それは結局、マニピューラチャクラからアナハタチャクラ、第三密度から第四密度、“日月神示”なら腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンから、その“上”が、“富士、火の仕組み=火乗(ひだり)”ってことになる。
そして自我の肥大から“慈悲”と“慈愛”の発現にいたるには、どんな霊的存在が憑依して通信を送るのかが大事であるし、それは言うまでもなく“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)がかからねばならないからこそ“いつも心にてんし様拝みておれば、何もかも楽にゆける様になりてゐる”って言われている。
 ほんでから“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)がかかれば、それは自我の肥大になり、心(靈)の動きは脾=“思う、憂う”から肝=“いきり立つ心(奴と心)”になり、それは“上”から見たならば右回りの回転になる。
腹の日足(ひたり)(“善”)回転と、砌(みぎり)(“悪”)回転 
平均的地球人のオーラの構成と、自我から下へ向かう心(靈)の動き、荷電粒子の回転 
 だから右回りの回転は、“日月神示”では、悪の回転と呼称され、それは、心の動きの本能化と低振動化であり、“けだもの”“けもの”“畜生”って表記もあった。
 そしてそれは、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の動きであり、自我の肥大そのものであるからこそ、“我れが我れがと思うてゐると、鼻ポキリと折れるぞ”って言われてて、そやからそれは自分の心(靈)の動きを自分が観察して、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”って神さんに判断されんような人間になれよってことでんねん。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 地つ巻 第三帖 Kellyさん的解釈



 今回も、地つ巻 第三帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

人民同士の戦では到底かなはんなれど、
いよいよとなりたら神がうつりて手柄さすのであるから、
それまでに身魂みがいておいて呉れよ。
世界中が攻め寄せたと申しても、誠には勝てんのであるぞ、
誠ほど結構なものないから、誠が神風であるから、
臣民に誠なくなりてゐると、何んな気の毒出来るか分らんから、
くどう気つけておくのざぞ、
腹掃除せよ。
九月の十六日、ひつ九のか三。

 今回の文は、今までの“日月神示”解釈を読んでいらっしゃった方にはとても解りやすいと思える。
冒頭の“人民同士の戦では到底かなはんなれど、いよいよとなりたら神がうつりて手柄さす”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を示し、それは何回もいうけど“日月神示”表記の“天詞様”。 
さらにこの文では、平均的地球人の進化程度の心(靈)の動きでは、よい方向に向かわないことを“人民同士の戦では到底かなはん”と称され、そして“いよいよとなりたら神がうつりて手柄さす”の“いよいよ”は、アセンションの時期を示すし、“神がうつりて”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を指す。
そして“それまでに身魂みがいておいて呉れよ”は、“上”との感応は、“行”と“修行”による“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化が必要って言われている。
そしてこの文は、地つ巻 第二帖の“この道信ずれは、すぐよくなると思うてゐる臣民もあるなれど、それは己の心のままぞ”にかかっている文章であると思える。
ただ“日月神示”をありがたがっているだけではだめで、“日月神示”に説かれている腹(“江戸と尾張”)から“上”の心(靈)の発現と、自分の心の動きを見極めることと=“身魂掃除”“身魂洗濯”と、そして“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化による“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)になれば、自分の言動や行動が、誠実の“誠”になりうる。
そして“誠”は、言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成するっていう意味もある。
だからこそ“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)と感応共振した心(靈)が示す言動や行動は、真実=真固止、“誠”、そして○ 九 十 であり、それがこの文では、“誠が神風である”って称されている。 
あえて補足として言うとけば“風”って表記は、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)であると思われる。
そやけど、右翼傾向の強い人はこの“神風”の解釈を自我の肥大による我田引水な解釈をするやろな。
話を戻し、現時点での平均的地球人の霊的な進化(霊的成長、神格化に向かうこと)程度は、自我の確立=固定化で自我の肥大であるからこそ、それは、“臣民に誠なくなりてゐると、何んな気の毒出来るか分らん”って言われており、自我の肥大した人の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の顕現、言い換えれば事象の“創造”が、恨みの連鎖の霊的干渉を増大することに結びついていることを、幾度となくこのブログで言うてきた。
 だから自我の肥大を自分に戒めよって言う意味で、腹=マニピューラチャクラ以下の心(靈)の動きを、よく自己観察して自省して見極めよって言う言い回しの“腹掃除せよ”って言われてて、これも言うまでもなく“身魂掃除”“身魂洗濯”の意味でもある。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 地つ巻 第二帖 Kellyさん的解釈



 今回も、地つ巻 第二帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

今は闇の世であるから夜の明けたこと申しても、誰にも分らんなれど、
夜が明けたらなる程さうでありたかとビックリするなれど、それでは間に合はんのざぞ、それまでに心改めておいて下されよ、
この道信ずれは、すぐよくなると思うてゐる臣民もあるなれど、それは己の心のままぞ、
道に外れたものは誰れ彼れはないのざぞ、これまでのやり方スックリと変へねば世は治まらんぞと申してあるが、上の人 苦しくなるぞ、途中の人も苦しくなるぞ、
ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド)  (かみ)のいふこときかん世になるぞ。
九月の十六日、ひつ九のか三。

まず、冒頭の文から。

“今は闇の世であるから夜の明けたこと申しても、誰にも分らんなれど、
夜が明けたらなる程さうでありたかとビックリするなれど、それでは間に合はんのざぞ、それまでに心改めておいて下されよ、”

 あえて言うまでも無いことやけど、これは今の地球の現状が恨みの連鎖の霊的干渉に満ち満ちた“闇の世”なので、今後=アセンション後は、そうではなくなるって言い回しなんやけど、何回も言うて来ているとおり平均的地球人の霊的成長度は自我の肥大をしていて、それはまた腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンの、心(靈)の動きでもあり、それに対し、“夜の明けたこと申しても、誰にも分らん”っていうのんは、平均的地球人の霊的成長度が上がることを指し、
また、現時点での平均的地球人(自己奉仕者の段階の心(靈))には解り得ないって言われてる。 そやから大半の地球人には“夜が明けたらなる程さうでありたかとビックリするなれど、それでは間に合はん”とも言われてるし、間に合って欲しいから“それまでに心改めておいて下されよ”=“身魂掃除”“身魂洗濯”をしてくれって言われてる。
だからこれまでも何回も言うて来ているように、自我の確立=固定化から自我の肥大をしている低い心(靈)の進化過程の人と、“慈悲”と“慈愛”、自省(胸の磁性“十”)の“行”をしている人は、今と違う“創造”をするから分けられる。
 それがアセンションの意義であり、地球人全体の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をのぞぬ“創造”の“主(ヌシ)”の思惑による計画でもある。

 ほんでから、次の文。

“この道信ずれは、すぐよくなると思うてゐる臣民もあるなれど、それは己の心のままぞ、”

この文で言っていることは、今“日月神示”の解説本や“日月神示”を扱ったサイトなどはとても多いけど、ただ文章の引用をしたり、現状を批判していたりするだけのものがとても多い。
だから自我の肥大した人はなんでも自分にとって都合のよい解釈をするから、それを揶揄(やゆ)して“この道信ずれは、すぐよくなると思うてゐる臣民もある”って言われてるだけでんねん。
 そんなことをする心(靈)の動きは、重複するけど自我の肥大でしかないし、それが“日月神示”表記の“われよし”でもある。 
言い換えれば“日月神示”の文を利用して現状を批判したり、批判した自分は偉いって思いたかったり、ひどい例はただ文を引用しただけの本を出して印税を儲けたりもするのやろ。 
それらすべて“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きであり、だからこの文のような言い回しをされていると思えるし、以前にも言うたけど、“日月神示”は相当霊的成長をした人(日止、霊止)が読み解かないと、その言葉の裏にある霊的成長の仕組みや“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑は理解できない。 
だから、“日月神示”の文章を読んで、ただありがたがっているだけとか、現状を批判するだけの人間を、艮(うしとら)の金神の霊団は望んでいないって言っている。
またその心(靈)の動きを“己の心のままぞ”って言われてて、自分自身が“己の心のまま”では、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)しない。
そやから前後するけど、“日月神示”を取り扱っていて自我の肥大した人に対し、冒頭の文の“それまでに心改めておいて下されよ”って望まれている。

ほんでから次の文。

“道に外れたものは誰れ彼れはないのざぞ、これまでのやり方スックリと変へねば世は治まらんぞと申してあるが、上の人 苦しくなるぞ、途中の人も苦しくなるぞ、
ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) (かみ)のいふこときかん世になるぞ。”

 これも、人(日止、霊止)の“道”っていうのんは、進化=霊的成長、神格化に向かうことなんやけど、そやけど大体、その概念や認識すら平均的地球人にはほとんど無い。
 それを“道に外れたものは誰れ彼れはない”と称されており、だからそれは、“道”を説いているかのような(形骸の)宗教関係者だろうが、“日月神示”を解釈して、問題提起をしていようが、アセンションの解説をしていようが、それらの行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)の根拠が、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)ならそれは、次の段階の“創造”に参加できない=アセンション落第組である。 
また、その人たちの知名度や、形骸の地位(“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が認めていない)などを指して“お ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) (かみ)”と、称されていると思える。
そして“お ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) (かみ)”は、 ローレンツ力と ○ から、ローレンツ力 ローレンツ力 をはずした表記。 それは“玉(ぎょく)”の中の点に相当し、これは自我から心(靈)が“上”に向かわない表記であるとも思える。 
 そやからそれは、前述した“この道信ずれは、すぐよくなると思うてゐる臣民”で、薄っぺらい認識で“日月神示”を見ている人をも指し示した表記だと思えるし、そやからそれは、自我の肥大した人たちのことでんねん。 
 そして“これまでのやり方スックリと変へねば世は治まらんぞと申してあるが、上の人 苦しくなるぞ、途中の人も苦しくなるぞ”は、今までの自己奉仕者の“創造”では、文明は崩壊するし、それは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑からはずれているから“神の咎め”でもあるし、程度の低い霊的成長度(自己奉仕者)の人は、文明の崩壊を観察し、自分の命も絶たれ=肉体が崩壊し、そして初めて自省(胸の磁性“十”)するのだけれど、“日月神示”を人=“下”に垂れた存在は、少しでも多く次の段階に移行させたいから、こういう言い回しをしているのであって、そして、そうなるには自我の肥大を自分で判り=自己観察をしていくのだけれど、それは心の中の葛藤だからこそ“上の人 苦しくなるぞ、途中の人も苦しくなるぞ、”って言われてると思える。
 
 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”地つ巻 第一帖 Kellyさん的解釈



 今回から、地つ巻の解釈に入りまんねん。 まず第一帖の原文は以下の通りでんねん。

地つ巻 書き知らすぞ、
世界は一つの実言(みこと)となるのぞ、
それぞれの言の葉はあれど、実言(みこと)は一つとなるのであるぞ。
てん詞様の実言(みこと)に従ふのざぞ、命(みこと)の世近づいて来たぞ。
九月十五日、一二ローレンツ力と ○  。

 
この文の表記の“実言(みこと)”、“実”と“言”。 何が実るのか。 そして“言”の意味は何なのか。 この解釈を間違うと地つ巻は解釈ができないと思う。
あえて説明することでも無いと思うけど“実”は、みのる、完成、真実の実。
“言”は、言葉、言葉は心(靈)の発振、発信、それと意思、意志、思惑を伝える道具、また、事象を認識する道具。
それを踏まえ、この文の“世界は一つの実言(みこと)となる”と“それぞれの言の葉はあれど、実言(みこと)は一つとなる”は、人間の感じうる事象は、一つの方向性しかなく、それは進化=霊的成長、神格化に向かうことであり、そして、“てん詞様の実言(みこと)に従ふのざぞ”と称されている通り、“上”の思惑を受信して自分の思想にする人(日止、霊止)が指導者になることを指し示しているし、それが本当の天皇の意味であると何回もこのブログで述べた。
そして、“命(みこと)”は、使命、存在の理由、存在の意義を指し示し、霊的成長度が“上”になれば、それより“下”の人は、それに従うって称されている。
さらに、今の形骸の価値観で=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の価値観と認識で、位(くらい)が高いとか偉いって思われていることは、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から見れば大して価値の無いことでもあり、またその人たちは自我が肥大していて、恨みの連鎖の霊的干渉を増しているから進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の方向性ではない。
だから今の人間の思っている上と下はひっくり返る。 そんな表記も今まで解釈してきた上つ巻、下つ巻、富士の巻、天つ巻に、何回か出てきている。
そやから地つ巻の第一帖は、その意味のことも述べていると思われる。
また、“てん詞様”は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑を顕現するのだから、その“創造”は、真実=真固止、○ 九 十(まこと)、そして“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)でもある。
それは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)の根拠である、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかってことが無い。
それを称されている表記でもあると思える。

今回はこれくらいにしときまんねん。

Kellyさんが“日月神示”天つ巻の解釈を終えてから…感じた事。



 天つ巻の“天”っていう字は、前のブログで先生がこういう解釈をした。


天の解字

 そやからこの“天”っていう字は、霊的成長を果たしたか、あるいは、果たそうとしている心(靈)の動きと、目上(めうえ)のオーラである“一”=智性=1番目のオーラの表記も含まれているっていうのが大事。 そしてそれは、“上”からの荷電粒子を止めるっていう意味での“日止、霊止”でもある。 
さらに今までの“日月神示”の解釈で言うてきた通り、“上”の思惑を受信して、それを自分の思想にして、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)する人(日止、霊止)を、“日月神示”では、“天詞様”て称されているって解釈もしてきている。
さらに“天つ巻”って言葉そのものをみても、“天”と“つ”と“巻”で構成され、“天”は今言うたとおりやし、“つ”は、“津”なのかもしれへん。 
そして“津”は中心の意味を持つし、津液(肉体を構成する水分、帯電するミネラルが錯体として溶け込んでいる)の意味もあるかもしれへん。
さらに“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことの“つ”“津”なのかもしれへん。 
それを考えれば“巻”は、肉体の磁束が持つローレンツ力 ローレンツ力   による、“上”からの荷電粒子の回転を示している表記なのかもしれへん。
そして天つ巻は、富士の巻の続きでもあった。 
そやから、富士の巻では、“富士(二二)”は、肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道で、これは、神の極性が肉体に表れてるってことと、“上”の思惑を取り込む=“祀り”、“祭り”、“政(まつりごと)”、そして“まつらう”ことが書かれており、そしてそのときの心の在り方っていうのを説かれているって解釈をしてきた。 そして天つ巻では、“上”の思惑を取り込んだ人(日止、霊止)のこと、今後=アセンション後に向けて、霊的成長を果たすべき人(日止、霊止)のことを言うて来ていると思われた。 
今言うた点で、印象に残っている部分を以下に列記しまんねん。

まず第一帖の“二二に御社(みやしろ)”、これは、“社”が、示す偏(へん)と土、それと“御社(みやしろ)してこの世治めるぞ”、これも“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)があって、神さんの思惑を取り込んだ人が事象の“創造”をしていくってことを指した言い回しでもあると思える。 
それを強調した文章が、第一帖の“一の大神様まつれ、二の大神様まつれよ、三の大神様まつれよ”、これは“一二三(ひふみ)”のオーラのことを言うている。 そして神格化の過程として、現状の地球人の霊的進化過程は、土=2~3番目のオーラが中心であり、それに対し“一”=智性=1番目のオーラが大きくなった人(日止、霊止)を“王”と呼称されるものであると思う。 
いうまでも無く進化過程の低い人の“王”の概念は、権力と欲望の固まりやけど、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)、神、“創造”の“主(ヌシ)”が認める霊的成長度になるのが、ほんまの“王”ってことでもあるし、それを目指す人でなければ、今後=アセンション後の事象の“創造”に参加することが出来ない。 そして“王”っていう字にも、今も言うたけど、“一”=智性=1番目のオーラの表記があり、そして胸の磁性“十”も隠れている。
また第三帖にも、“九十”って表記があり、この“九”に“一”=智性=1番目のオーラと丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が隠れているし、“十”はそのまま胸の磁性“十”を指すものであり、それが○ 九 十 なのだって解釈をしてきた。
○ 九 十については何回も紹介した画像を貼っておきまんねん。
 
○ 九 十(まこと)の解字

 そやから○ 九 十 の、“九”は、神の最後の仕事の意味もあり、言い方を変えれば脊椎動物の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)としての最後のカタチ、その意味を持つって解釈をしてきているし、そやから“九十”は、肉体を持った人(日止、霊止)であり、そして心(靈)の進化が“上”に向かうには、胸の磁性“十”=“慈悲”と“慈愛”が必須であることを感じさせる表記でもある。
ほんでから第四帖には、現時点での地球人の霊的進化の過程、自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現について説かれている。
第四帖のKellyさん的解釈から引用しまんねん。 
                          ↓

“火と水で岩戸開くぞ、知恵や学でやると、グレンと引繰り返ると申しておいたが、
さう云へば知恵や学は要らんと臣民早合点するが、知恵や学も要るのざぞ。
悪も御役であるぞ、この道理よく腹に入れて下されよ。”
 
 この文の、“火と水”は何回も言うてきてるけど、腹の水とマニピューラチャクラを構成する肝臓と脾臓、肝=“いきり立つ心(奴と心)”と脾=“思う、憂う”でもある。
 そして“岩戸”は、山=脳、石=帯電するミネラル、固まっていない状態、腹の水=“江戸と尾張”の “江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン。
“戸”は、腹から“上”=胸にいたる境界、今までも言うてきた通り。横隔膜(“日月神示”表記の“戸”、マニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門)のことやろ。
 そやから“岩戸”が開いてない心(靈)は、自我の肥大やろから、“知恵や学でやると、グレンと引繰り返る”って言われてて、たいして“行”もせんと、ありがたそうな言葉だけ引用して吹聴している輩は“グレンと引繰り返る”って言われてて、そやから霊的成長って言うのんは、“一”=智性=1番目のオーラを大きくするための“行”を見出さんと何が霊的成長なのかすら理解できんと思える。そやけど、神格化のための“行”を見出すために、やはり知識や知恵は必要。そやから“知恵や学は要らんと臣民早合点するが、知恵や学も要るのざぞ”って言われてる。

 引用終わり。

そして第九帖では、“一二三(ひふみ)”のオーラについて言われてて、それについてはこんな解釈をした。 
                       ↓

“ひふみの秘密 出でひらき鳴る、早く道展き成る、” この“ひふみ”は、ひらがな表記やから、いろんな意味合いを感じ(感じる磁性)ろってことやろ。
 そやからそれは今まで言うてきた通り、“ひふみゆらゆら”=“一”“二”“三”のオーラ、それぞれの左右の磁性の右往左往と左往右往でもあるやろ。
それと“一”=智性=1番目のオーラ、または、“創造”の“主(ヌシ)”そのものの表記である“一”でもあるし、“一”の書き順は、向かって左から右に筆が移行して書かれる。
そやからそれは日足(ひたり)から砌(みぎり)、“思惑の顕現”=現象化って意味があり、さらにそれは、“創造”の“主(ヌシ)”の日足(ひたり)は、“亜”であり、“亜”が出ずる、泉、って言う意味でアイであり、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の1番最初の文字は炁で、それは愛の元字でもある。
ほんでから“二”は、肉体の意味がある。 そして“二”に|(たてぼう、こん、縦の磁性))を足した表記が“土”でもあるし、それは人が完成された表記としての“王”から、“一”=智性=1番目のオーラをはずした表記でもあるし、肉体の意味でもある。 また、土=2~3番目のオーラでもある。
また、富士の巻で何回も取り上げたこととして、“二”は、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道でもある。
そして“三”は、“一”=智性=1番目のオーラと、“二”=肉体でもあり、また、“一”を三つ重ね“天”“地”“人”天地人って言う意味を持つ。
これらすべて、霊的成長の秘密でもあるから“ひふみの秘密 出でひらき鳴る、早く道展き成る、”と称されてると思える。
そしてこの文の“道”は、これも“日月神示”表記の“道理”の、“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)の“道”でもあるから、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程を示す。 そしてこの文では、“ひふみの秘密”が、“出でひらき鳴る”。 それは公(おおやけ)になる。公(おおやけ)にならんとアカン。言い方を変えれば、社会通念にならんと、一般常識にならんとアカン。 いうまでもなくそれは、霊的成長を果たした、今後=アセンション後の地球上に於いての社会通念や一般常識ってことでんねん。

 引用終わり。

そやから天つ巻の所々に書かれている人(日止、霊止)の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)としての、智性(神性)の発現=神格化と、自省(胸の磁性“十”)、この二つは霊的進化過程の順番でもある。
そして“一二三(ひふみ)”のオーラについても、いくつかの表記があった。
これらのことを表した表記を簡単に列記しておきまんねん。

第十帖の、“ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド)  一二”は、“一”=智性=1番目のオーラを肉体に取り込み、心(靈)=ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド)  が、育っていく=霊的成長する様子を示したもの。
第十二帖の“神ばかり尊んでも何にもならんぞ、何もかも尊べば何もかも味方ぞ、
敵とうとべ ば敵が敵でなくなるのぞ、この道理分りたか。”は、自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを指し示した表記。 また同様の意味として第十三帖の“臣民をささげることぞ、自分をささげることぞ、この道理分りたか。”って言い回しもあった。
しかし、こういう自省(胸の磁性“十”)の心(靈)を発現し、自分の在り方を考える人はとても少ないって表記が、第十六帖にこう示されている。
“神は天からと宙からと地からと力(ちから)合はして、神の臣民に手柄立てさす 様にしてあるのざが、今では手柄立てさす、神の御用に使ふ臣民一分(いちぶ)もないのざぞ。”
これは言うまでもなく、アセンションに間に合う霊的成長度の人がごく少数であることを言い換えた表記でもあるし、それくらい平均的地球人の心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)程度は、低いってことでもある。
 それは神さんに対する認識や、神、対、自分って認識も低すぎるからアセンションが霊的成長度において分けられるって認識も無い。 要は、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑が、その人(日止、霊止)の進化の計画としてのアセンションが理解できて無い人が大多数ってことでもある。
 それと同様の意味として、第二十二帖の“十柱の世の元からの活神様 御活動になりてゐること分りたであろうがな、けものの入れものには分るまいなれど、神の臣民にはよく分りてゐる筈ぞ。”も、自省=胸の磁性“十”と“柱”って表記があり、それは進化=霊的成長、神格化に向かうことの、法則性でもある。
それは重複するけど“世の元からの活神様 御活動になりてゐる”=“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)であることを言い表されている。
だから人(日止、霊止)にとっての“活神様”っていうのは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の指標でもあり、人は神に近づくために存在するのであり、だから苦しんだり喜んだりもするし、幸福の概念も持ったのやけど、現状の地球人はその認識が低すぎるから=神に対する認識が低いから、“活神様”って言い方をされていると思える。
簡単に言えば、自分にとっての神って何なのか、それをしっかり考えろってことでもあるし、自分の存在は神あって(在って)の自分であり、だから“上”と“下”とか善悪とかの認識も出来るのであって、さらに自分がどうなりたいのかは、結局、神に近づく=ほんまの幸福の意味を知るって事でもある。
そしてこの文では、霊的成長度の低い人に対し“けものの入れものには分るまい”=自己奉仕者、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の動きの人には理解できないって言われてる。
そしてその認識の低い人を対象に=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”に対し、第二十四帖ではこう言われてる。
“今の臣民めくら聾ばかりと申してあるが、その通りでないか、この世はおろか自分の身体のことさへ分りては居らんのざぞ、それでこの世をもちて行く積りか、分らんと申しても余りでないか”。
 この文の“それでこの世をもちて行く積りか”は、現状の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が活躍する世界は、その事象は、存続していかないって言い回しでもある。 進化程度の低い心(靈)の“創造”ってのは壊れるに決まっているって言われてるだけでんねん。
 そやから天つ巻には、自省(胸の磁性“十”)と智性(“一”、1番目のオーラ)の発現は大事であるってことがたくさん書かれている。
 そして何回も言うてきたことでもあるけれど、現状の地球人は、自我の確立=固定化から自我の肥大に陥っている。 だから平均的な地球人は、霊的成長度が“石屋の仕組み”(帯電するミネラルが固まっていない=真固止ではない=腹の水(“江戸と尾張”の“江”)であり、それはマニピューラチャクラまでの進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)であり、だから自我の確立=固定化の段階であるけれども、自我が肥大したなら物欲や金に対する執着や本能由来の心(靈)の動きしか持たないし、その心(靈)の動きが恨みの連鎖の霊的干渉を増加させており、もうどうしようもない現状なのが今の地球でもある。
だからこそ、恨みの連鎖の霊的干渉を作りえない人の心(靈)は、智性(“一”、1番目のオーラ)と自省=胸の磁性“十”でもあるし、それを仏教では“慈悲”と“慈愛”と説いたと思われる。
また、智性(“一”、1番目のオーラ)と“慈悲”と“慈愛”が発現しなければ、アセンション後の“創造”に参加することが出来ない。 
その根拠は、智性(“一”、1番目のオーラ)由来の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方を考えない人間は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”になる。
そして今が、自己奉仕者が一番“力”を示している時期(時間の進行と宇宙の進行は神のプログラムであり、それを人(日止、霊止)の心(靈)が認識したなら、時期になり、それは電磁波の吸収であるからこそ、磁気でもある)でもある。
だからこの世界は失敗の世界であり、失敗を体験しなければ“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方と、自己と他者のよいカタチの存続を考えない=“慈悲”と“慈愛”の心を発現しない。
これは人(日止、霊止)という生命と、人(日止、霊止)が認識しうる時空間においての右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をすることでもある。
 ほんでから“日月神示”を“上”から“下”に垂れた存在は、やはり現状の、平均的地球人の心(靈)の動き、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きについても指摘しているし、それは“上”から観たなら、とても低い心(靈)の動きであるっていう表記も多い。
 それを以下に列記しまんねん。

まず、第二帖の“これまでの改造は膏薬(こうやく)張りざから、すぐ元にかへるのぞ。
今度は今までにない、文(ふみ)にも口にも伝えてない改造ざから、臣民界のみでなく神界も引っくるめて改造するのざから、この方らでないと、 そこらにござる守護神さまには分らんのぞ、”。
この文の“この方ら”は、今後=アセンション後に移行出来うる霊的成長度と、心の在り方をよく認識している人のことを言うてる。
さらに“これまでの改造は膏薬(こうやく)張り”っていうのも重要な言い回しで、お前たちのやっていることは本質を見失っていて、人間の存在意義も見出しておらず、“創造”の“主(ヌシ)”が人(日止、霊止)に望むのは神格化であり、ことに“日月神示”は、アセンションという霊的成長のための大きな関門を潜り抜けるために書かれたものであり、それは、人が神格化に近づくための“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を説いている。 その視点で“日月神示”を読まなければ真の解釈にはならない。
これは今、地球人が大事なときを迎えている=もうすぐアセンションと認識されうる時期(時間の進行と宇宙の進行は神のプログラムであり、それを人(日止、霊止)の心(靈)が認識したなら、時期になり、それは電磁波の吸収であるからこそ、磁気でもある)が、来るし、地球上のすべての生命はその影響を受けることになるからでもある。
それについては高い心霊だけではなく、肉体を持った宇宙人からのメッセージや、程度の低いチャネラー(霊媒体質)など、宇宙的な存在の低い憑依でメッセージを伝えている現象についても指摘している。それは“星の国、星の臣民 今はえらい気張り様で、世界構うやうに申してゐるが、星ではダメだぞ、神の御力でないと何も出来はせんぞ。”って言われている通りやと思う。
そしてそんな程度の低い憑依現象で伝えられたことの解釈をろくにしないで、ありがたそうな言葉ばかり使っている本が多い。
だからアセンションは、自分はたいして何もしなくても変われるとかの、妄想と、勘違いと、思い込みをさせる。 
これはどんな存在の“思惑の顕現”=現象化なのか考えて欲しいって意味で先生は、<5>の“智性無き心は アセンションを見誤る”の213ページに、追記をした。
本を買っていただいた方は、よく自分の認識にしてくださいでんねん。
…余談やったけど、今言うたことと同様のこととして、第四帖の“砂糖にたかる蟻となるなよ”。 
これも、真に自分が霊的成長したかったなら甘い言葉に騙されるなよってことでんねん。
そやからそれは、第四帖の解釈でこんなことをKellyさんは言った。
                     ↓

今、低い憑依現象はとても多い。 ハイヤーセルフを名乗ったり、なんとか霊とかなんとか神とか名乗り、あなたの役に立つようにとか、あなたの霊的成長のためにとか、アセンションを迎えるにあたってお伝えしたことがあるからにやってきましたとか、そして、あなたは何とかの生まれ変わりとか、そんな言葉に誑かされてる人は、自分の低い功名心と自尊心を煽られる(あおられてる)だけ。そんな人は、高度な自己観察が出来てないから、動物霊が良く使うこの手法に騙され、誑かされてるってことに気が付かない。
あるいは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の通信をほんの少し受け、ほんの少しだけ、自分はだまされてるのではないのかとか、誑かされてるのではないのか、とか思っても、自分にとって都合のよい解釈をしたりする。 今、そんな人が多すぎる。そしてそれは自己観察により、自分自身の心(靈)の動きの高低を見出していない。それは、自分の心(靈)の動きが、下三つのチャクラ由来の心(靈)の動き=自我の肥大、低い功名心と自尊心なのか、アナハタチャクラ= “(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を持った心(靈)の動きなのか、そんなことすら自分で判断できていない。そやから“日月神示”では“改心”って表記も多く、また、霊的成長するために自分の心(靈)の動きの“上”と“下”を見極めることそのものを、“身魂掃除”“身魂洗濯”って言われてる。よく自分の心(靈)を観察せんとアカンってことでんねん。
ほんでからもっと悪質なのは、憑依現象を気取って人を騙している輩も多い。インチキ霊感商法とかインチキお祓いとかそんなものが多すぎる。またそんなものに引っかかったり、甘い夢だけ見たり、薄っぺらい言葉に酔ったりの人が多すぎる。
 
引用終わり。

そやから大概の人は、現象を現象としか見ていないし、ただ現象をありがたがっているだけで終わる。 それはアセンション落第組でしかないってことでんねん。
ほんでから今までの上つ巻、下つ巻、富士の巻にも出てきているけど、霊的成長度、心(靈)の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)を示す表記としての“けもの”とか“けだもの”とか“畜生”なんて表記もあった。  
これは先生の概念の、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)とおなじでもある。
それは、第五帖でも“獣と神とが分れると申してあろがな”“悪魔にみいられてゐる人間いよいよ気の毒出来るのざぞ”とも称されている。 
そやから“獣と神とが分れる”っていうのんは、人の霊的成長度に於ける心(靈)の動き、自己奉仕者と(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした=智性(“一”、1番目のオーラ)と“慈悲”と“慈愛”を持った奉仕者。 簡単に言えばアセンション落第組とアセンションできる霊的資格を持った人。
 さらに第六帖では、現状の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が活躍する世界のことを、“地獄に住むもの地獄がよいのぞ”“逆様はもう長うはつづかんぞ、無理通らぬ時世(ときよ)が来たぞ”とまで称されている。
 そして第六帖ではこんな解釈もした。 
                        ↓

“いざとなりたら残らずの活神(いきがみ)様、御総出ざぞ。”って言うのんは、この文の表記の“活神(いきがみ)様”にポイントがあり、今の神仏や宗教は、その意味を失ってて自己奉仕者の形骸の地位を守るとか、金儲けの道具に成り下がっているから“活神(いきがみ)様”では無いって言う意味やと思えるな。
そしてそれは“日月神示”表記の“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)でもある。
そやけどそれも、もう長く続かず、本当の意味での“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)っていう存在を示す。
そやからそれは、示されるってことやと思うし、それが示されなかったら、大半の人は本当の意味での霊的成長を見出すことが出来ない。

引用終わり。
 
これは現時点での地球人には、霊的成長とか自分の心(靈)の在り方とかの概念が無いから、自己奉仕者が“役員づら”になることを示していて、さらに既成の宗教や、今、霊や神って言葉を多用したり、愛や感謝やオーラって言葉を商売にしている人間が多すぎる。
それは本当の神の概念や、霊的成長ってことを見失わせいる。 そやけどこのことにほとんどの人が気付いていない…みんな甘い夢を見たいだけだから、本当のことを追求しようとしない(せめてこの文を目にした人は、本の少しでもこのことを考えて欲しいもんや)。
 ほんでから第七帖には、自己奉仕者の心(靈)の動きである砌の極性、それを、“一本足の案山子(かかし)さん、今更 何うにもなるまいが、一本の手の臣民よ、それでは生きては行けまいが、一本足では立てないと、云ふこと最早分ったら、神が与えた二本足、日本のお土に立ちて見よ”って称されていた。
 そやからそれは例えば、経済偏重、物質ばかりに価値を求める心、目先の(本能由来の)欲望に振り回される人、低い功名心と自尊心で“役員づら”する人。 今活躍している人はみんなそういう段階の心(靈)の動きで行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)している。
 そやけどこのことは、こんな行動をとっている人には自覚がほとんど無い。 
それは、自分が持っている心(靈)の動きから“上”のことは、認識=“一”=智性=1番目のオーラが無いから、理解できないし、だからこそそんな人は、善悪はなんとなく知っていても、自分の行動に活かせない。 
だからアセンションに近づいている今、人知れずやってきたことの“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の行為は、ニュースなんかで毎日のように示されている。 そうやって示さないと“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の行為をしてきた人の自省につながらんし、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の行為は必ずバレて、“神の咎め”があるってことを大半の人が本当に知らんからでんねん。
 さらに第十七帖では、“昔から生き通しの活神様のすることぞ、泥の海にする位 朝飯前のことざが、それでは臣民が可哀そうなから天の大神様にこの方が詑びして一日(ひとひ)一日と延ばしてゐるのざぞ、その苦労も分らずに臣民勝手なことばかりし てゐると、神の堪忍袋切れたら何んなことあるか分らんぞ”って言われてて、これは霊的進化が自省(胸の磁性“十”)によることを知らん人、特に“役員づら”になっている人、そして“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”を対象に言われてる言い回しでんねん。
 そして第十八帖では、“今度の戦で外国人にもよく分って、神様にはかなはん、何うか言ふこときくから、夜も昼もなく神に仕へるからゆるして呉れと申す様になるのざぞ、それには神の臣民の身魂掃除せなならんのざぞ、くどい 様なれど一時(いちじ)も早く一人でも多く改心して下されよ”って言われてる。 それは“今度の戦”=アセンションに伴う醜い事象と、自分の心(靈)の動きを見極める自分自身の葛藤。それを強調した表記が、“外国人にもよく分って”=自分の外側(外国と幽界)の事象の事象しか観察しない人が、“外国人”って表記、それは自省(胸の磁性“十”)が無いってこと。 
そして“何うか言ふこときくから、夜も昼もなく神に仕へるからゆるして呉れと申す様になるのざぞ、それには神の臣民の身魂掃除せなならんのざぞ、くどい様なれど一時(いちじ)も早く一人でも多く改心して下されよ”=自己観察し、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”から(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者になり、それには“身魂掃除”“身魂洗濯”=自分の心の“上”と“下”、それは“目上(めうえ)と目下(めした)”の心(靈)の動きでもあるけれど、それを見出し、すべての存在にとって自分はどういう行動をとるか、自分の持っている“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)をどう扱うのか、それを考える=智性(“一”、1番目のオーラ)を行使する人(日止、霊止)になることが、この文では謳われていると思える。
そして第十九帖は、アセンションに間に合わない霊的成長度の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”に対するメッセージでもあった。“神の力が何んなにあるか、今度は一度は世界の臣民に見せてやらねば納まらんのざぞ、世界ゆすぶりて知らせねばならん様になるなれど、少しでも弱くゆすりて済む様にしたいから、くどう気つけてゐるのざぞ、ここまで世が迫りて来てゐるのぞ、まだ目醒めぬか、神は何うなっても知らんぞ、早く気つかぬと気の毒出来るぞ、その時になりては間に合はんぞ。”
この文の“神の力”、これは人の成長を望む神(“創造”の“主(ヌシ)”)の思惑と、それにより人間が感じ(感じる磁性)る“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、このことを深く感じさせる言い回しでもある。 そして“ここまで世が迫りて来てゐるのぞ、まだ目醒めぬか、神は何うなっても知らんぞ、早く気つかぬと気の毒出来るぞ、その時になりては間に合はんぞ”は、自分が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”であることに気が付けって言い回しである。
そして、自己奉仕者の“創造”=“思惑の顕現”が、今の世界であり、言い換えればそれは、自己奉仕者の心(靈)の発振、発信による世界の“創造”であるから“気の毒出来るぞ”って言われてて、それは結果として自滅するから=“神の咎め”があるから、早く改心=“身魂掃除”“身魂洗濯”しろって言われてる。
そして第二十一帖では、アセンションに伴う事象の変化をこう書き記されている。
“みろく出づるには、はじめ半(なか)ばは焼くぞ、人、二分は死、みな人、神の宮となる。” この文の“神の宮”って言い回しは、現状の平均的地球人は、まだ“けもの”“けだもの”“畜生”に近い=目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)で動いていることを指摘している言い回しでもあり、人の肉体は“上”からの荷電粒子=普遍的に実在する創造主のオーラ(宇宙背景放射)を段階的に取り込み、増幅し(“畐”)、発振、発信する=オーラになる。
 そして生命は、それぞれの心(靈)の発振、発信=思惑の発振、発信、行動をして、事象の創造をする。
 そのためには、“上”の思惑と反応する“一”=智性=1番目のオーラを持っていなければならないし、“一”=智性=1番目のオーラが小さい人は、“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方を自分の利益の追求にしか使わない。
 だからそれは、“うれしうれし”“大歓喜”の事象の“創造”にはなりえない。 しかしこんな簡単なことすら分からない人が多すぎるのが、現状の平均的地球人の心(靈)の成長度でもある。 …まあエエわ。 進化程度の低い人=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”のことを指摘している文は、いくつも取り上げていったならキリが無い。
 また、自我の確立=固定化から自我の肥大した人には、このことは理解できないだろうから=“日月神示”を読んでも、自分にとって都合のよい解釈しかしないだろうから、これくらいにして…大事なのは、第二十六帖に出てきたオホカムツミノ神、これは古事記の意富加牟豆美神(オホカムツミノカミ)だって解釈をした。 そしてそれは、今の事象=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が創った腐った世界、恨みの連鎖の霊的干渉に満ち満ちた世界を、よい方向性に持っていく意味での意富加牟豆美神(オホカムツミノカミ)。 それは霊的進化した人(日止、霊止)=“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動きと、“一”=智性=1番目のオーラの大きい人が、この世界をよい方向性に導くって言う意味だと取れるし、そしてそれは“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことと、“青人草”(あおひとくさ)って表記に表れていると解釈をした。
 “青人草”(あおひとくさ)については、画像を貼っておきまんねん。

“青人草”(あおひとくさ)の解字


そやから“この方はオホカムツミノ神とも現はれるのざぞ”は、アセンション後の人たちの事を指す言い回しであり、それはいうまでも無く“慈悲”と“慈愛”と智性(“一”、1番目のオーラ)を行使する人(日止、霊止)であり、“上”の思惑を取り込んで自分の思想にして行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)し、顕現する“天詞様”のことでもある。
 またそういう事象が、第二十七帖の、“五六七(みろく)の世”であり、そやからそれは人(日止、霊止)の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)をも示す表記であり、“五六七(みろく)”については何回も解釈を述べたけど、“五”は神経が密になるさま。 “六” は、爻部(こうぶ)=丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、交わるの意味。 “七”は、 “一”=智性=1番目のオーラ、あるいは、“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”(亜から出ずる、アイ)と、乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記。
 だからそれは脊椎動物の進化の最後=○ 九 十の“九”は、神経が“慈(しげる)”って状態に成りえたから、“慈悲”と“慈愛”を発現する。
そうすると、“七”の意味である、“一”=智性=1番目のオーラ、あるいは、“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”(亜から出ずる、アイ)と、乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なり、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”=現象化をしていく。
 それは、恨みの連鎖の霊的干渉を作りえず、自己と他者を尊いと感じ(感じる磁性)、その理念を行動に活かす人(日止、霊止)だけの世界になるし、それがアセンション後の事象でもある。
 そして“慈悲”と“慈愛”、“一”=智性=1番目のオーラ、その心(靈)になるには、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことが大事。 そしてそれは霊的進化の順番としての、腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンから、胸の磁性“十”になる。
 それを第三十帖では、“富士とは火の仕組ぞ、渦うみとは水の仕組ぞ、”と、“神の国には、政治も経済も軍事もないのざぞ、まつりがあるだけぞ。まつらふことによって何もかもうれしうれしになるのざぞ”と、“火垂(ひだり)の臣(おみ)と水極(みぎり)の臣(おみ)とあればよいのざぞ。ヤとワと申してあろうがな、その下に七七ゝゝゝゝと申してあろうがな”と、称されていて、“富士、火の仕組み=火乗(ひだり)”、そして、“渦うみ、水の仕組み=水極(みぎり)”は、腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンから、胸の磁性“十”、シンクロトロン放射に移行する様を言い表した表記であると確信する。
 そうなれば=“慈悲”と“慈愛”を発現した人(日止、霊止)ならば、“七七ゝゝゝゝ”になり、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を顕現した“日止、霊止”になる。
 そしてそこには、“ヤ”(その心は高台(たかと)高き段に進む)“道ひらき”の“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”から引用と、“ワ”(物を生む、生まれしものを和合する意、生命(生きる使命=存在理由)の調整の義)“道ひらき”の“風止麻邇言霊学(ふとがある。
 これは言い換えれば、ローム太霊さんの言葉の右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をするでもある。
 そしてそれは、自我の確立=固定化から、自我の肥大から、自省(胸の磁性“十”)して“慈悲”と“慈愛”を発現する様でもある。
 またそうならねば、今後=アセンション後の“創造”には参加できないってことが示されているのが、天つ巻の総括であると思える。

 …ということで、次回からのKellyさん的“日月神示”解釈は、地つ巻に入りまんねん。
今回はこれくらいにしときまんねん。

Kellyさん、ややメタボ内科医のYっちゃん先生と、躁(そう)と鬱(うつ)は、心(靈)の動きの極性の一側面であるという話をする。 “その六”(総括)



……Yっちゃん先生〔 ´゚Д゚`〕…ぼやき中……

 この間三人で話したとき(
前回の記事)、○○○大先生が言っていた言葉…大局的なものの見方か…。 
印象に残る言い回しだった。
そしてそれは、Kellyさんも、躁(そう)と鬱(うつ)について話をした一番最初にも、こんな言い回しをしてくれていたな。

“人に起きていることっていうのんは、霊的干渉の結果で、霊的干渉は心(靈)の動きの結果でもあるんやけど、結果を見ててもたいして分析ができないって欠点がある。
そやからそれは、その時点々々の相対的な観察による分析でしかない。
そやけどそこには、答えを導き出す重要なポイントがあると思いまんねん。”

このKellyさんの言葉の中にも“結果を見ててもたいして分析ができないって欠点がある”とか、“その時点々々の相対的な観察による分析でしかない”とか言っている。
だからその見方そのものが大局的なものの見方では無いってことだ。
だから“答えを導き出す重要なポイントがあると思いまんねん”っていうのは、答えを知らないってことまで言ってくれてるんだ。

それと、もうひとつ。

“Yっちゃん先生が患者さんを診て、霊的干渉を感じ(感じる磁性)、観察したって言うYっちゃん先生の視点、その心(靈)の動きは、智性(神性)に由来するものでんがな。
そやからそれはただ医者をしてるだけや無くって、医者って生業(なりわい)を通じて本当のことを知ろうとする。 通常、仕事って言うのんはただ金儲けの手段にしかなってないことが多いでっしゃろ”

このKellyさんの言い回しにも、智性由来の“観察と認識”が必要ってことを感じさせる。
そしてこの時Kellyさんは、“医者って生業(なりわい)を通じて本当のことを知ろうとする”って言い回しをしてくれた。 そして、生業(なりわい)を金儲けって視点で見ているような人間は、とても低いってことも感じられる言葉だな。 
僕の生業(なりわい)…自分がなぜこの仕事をしているのか…なぜ医者をしていて、患者を診て、いろいろ感じたり考えたりするのか。
それは僕の認識の拡大のために、自分自身が選んだことなんだし、その自覚も出来たし、だから僕は、躁(そう)と鬱(うつ)についていろんな視点で考えたんだ。
そしてKellyさんが言ってくれたこと、それは智性がなければ本当のことは見出せない。 通常、医者が躁(そう)と鬱(うつ)を診るに当たっても、それ以外の症状を診るにしても、霊的干渉なんて視点はほとんど無いだろう。
そして、躁(そう)と鬱(うつ)…医者と患者、患者が自分自身の心(靈)を観察するとか、だからそれは、人が人の心(靈)の動きを観るについても、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性なんて概念は無いだろうな。
そして医師が躁(そう)と鬱(うつ)に対して処方するのは、薬物療法と心理療法。
薬物療法は、安定剤とか抗鬱(うつ)剤とか、特にリチウム塩なんてのは、帯電するミネラルなんだから、脳内の生体内電流に関わっているのかもしれない…憶測だが、これは間違いの無いことだろう。
そして僕が思うに、心理療法っていうのは医師と患者のオーラの相互干渉があるだろう。 
そして、患者についている霊的存在と医者に憑いている霊的存在、そのやり取りもあるだろう。
そして患者の言い分を聞いたり、話をすることが、患者自身の心(靈)の動きの分析にもなるだろうけど、躁(そう)と鬱(うつ)の原因の低い憑き物の声を聞くことにもなるだろうし、憑き物っていうのは、自分の気持ちを分かって欲しいから人に憑く。 
だからそれを聞いてやること事態が、憑き物の心(靈)の動きを自省させることになっていくのかもしれない。 多分そのことに効果があるのだろう。
だからそれは、憑き物と、憑き物に憑依され、心を乗っ取られている本人が、自分が“かわいそう”って思いを持っているからだ。 
自分が“かわいそう”って思うこと事態が、自我の肥大によることでもあるだろうし、自分の霊的成長って視点が無いとか、自分の心は永遠の実在とか、永遠の実在だからこそ死んでからも育っていくとかの概念が無いからだ。 
また、自我の肥大は、自分が未熟な存在なんだってことを忘れさせているだろう。 
このこともしっかり覚えていないといけないことだろうな。

だからそんな見方とかその認識とかは、霊的に低いとも言いうるだろうし、だから目先の苦難を試練と思わず、自分が“かわいそう”って思い込む。
それは、自分が“かわいそう”って思うのも、自我の確立=固定化の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程には必ずあることだろうけど、だが、自分自身が自分の心(靈)の動きや、自分が今体験している困難を、自分の霊的成長のための糧って認識するのは、智性だろうな。
智性(“一”、1番目のオーラ)があれば、智性(“一”、1番目のオーラ)を持った“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)もある。
そしてそれは、ある意味、自分に対する“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”にもなっていく。
自分に対する厳しい視点、自分を“かわいそう”と思わない見方、それを持っていれば、すべての事象は“正当な報酬”って認識が生まれるのだろうし、それは○○○大先生の一冊目の本(ローム太霊との出会い)を読んで思った僕の感想でもある。
今後、地球人が霊的に進化して、智性(“一”、1番目のオーラ)を獲得したならば、すべての地球人が“正当な報酬”を理解して、苦難だろうが喜びだろうが、自分に対するすべての事象は、自分自身の霊的成長の糧なんだって認識を持っていくのだろうし、それはやはり目先の苦難に囚われて、自分が“かわいそう”なんて思っているうちは、自分の(霊的)成長の“道”を見出していくことは出来ないのだろうな。
だから“一”=智性=1番目のオーラがあれば、躁(そう)と鬱(うつ)も発症しにくい。自分の心(靈)の動きを自己観察できるし、自分自身に何が起きてもそれは自分に対する“正当な報酬”って認識を持つようになる。
そしてそれは、目上(めうえ)の脳内の生体内電流によるものだ。 
だからそれは“一”=智性=1番目のオーラに反映する。 
それで、この間話したTMS、rTMS、m-ECT。 これだって脳内の電流を、一時的に上げることができる。 
でもそれは、その人の心=荷電粒子の回転=霊、そのものでは無いだろう。 特に人が作り上げている電流について、前回、こんな話もした。


【<●><●>】「大事なのは、躁(そう)と鬱(うつ)には低い霊的干渉がある。 そしてそれは低い霊的存在の憑依でもある。 それらの霊的存在の“一”=智性=1番目のオーラは小さい。 だから憑依した存在は、憑依された人の頭に通電されると嫌がる。
TMS、rTMS、m-ECTは、電磁誘導により頭部の電流量が増すからだ。 
低い霊的存在は、“一”=智性=1番目のオーラが小さいのだから、その霊的存在が生きていたときに目上(めうえ)の脳をあまり使っていない。 だからそのことを言い換えれば、智性(神性)を発現した心(靈)の動きを持っていない。 
躁(そう)と鬱(うつ)を発症した原因が、低い霊的干渉ならば、頭に電流を流すことは、一時的に低い存在を追い払うことになる。
しかしそれは、電流を流したから智性(神性)が発現したのではないね」
Kelly 会話中 「そうやな。 
人が作り出した電流は、経済の発展のためとか商売のためとかの自己奉仕者の思惑を持った電流や。 
 そやから智性(神性)の発現を促す頭部の電磁誘導は、神さんの思惑を含んでいる太陽からの電磁波で行われるべきなんや」


 このときのKellyさんの言葉、“智性(神性)の発現を促す頭部の電磁誘導は、神さんの思惑を含んでいる太陽からの電磁波で行われるべき”…これは間違いなく、自我から“上”の心(靈)の発現にかかわることなんだ。
 それに対し、人間が作り出している電流は、自我の肥大した思想を含んだ電流とも言いうる。 その情報を持っているから人間が持っている電流を流したくらいでは、霊的成長ってことに直結しないのだろう。
 だから○○○大先生とKellyさんの概念の“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化。 
これは、高い思惑を持った=“上”から注がれる荷電粒子で行われるべきだろうし、憑依する存在も智性(“一”、1番目のオーラ)を持った存在が憑依しなければ、憑依された本人の智性(“一”、1番目のオーラ)の発現にはつながらない。
 またそれが太陽凝視の意義でもあるんだろうし、生体内電流の強化である“行”と“修行”は、高い存在の思惑の受信があってこそ、それを自分の思想にして、はじめて、神格化のプロセスになるんだろうな。
 だからその点でも、自我から“上”の心(靈)の発現っていうのは、地球人の霊的進化の道筋なんだな。 
霊的進化の道筋って概念をしっかり持っていれば、その認識があれば、さっきも考えた自分が“かわいそう”って思いにとらわれることも少なくなるだろう。 
それは自分の心(靈)が低いから“観察と認識”が低いってことでもある。 
そしてKellyさんは“観察と認識”はすべての生命(生きる使命=存在理由)に共通する行為とも言っていた。 
それぞれの存在の霊的成長度に於ける“観察と認識”があるからこそ、自分が“かわいそう”って思ったり、苦難や試練を正当な報酬って思うことが出来ない。
 自分に起きている事象を観察して、認識する…それが霊的成長度において認識は違うし、観察する視点も違う。
 言い換えれば低い霊的成長度の人は低い認識しか持ち得ない。 だから“一”=智性=1番目のオーラは、認識の大きさだって○○○大先生の本に書いてある通り、霊的成長は認識の拡大って謳ってあるとおりのことなんだ。
 だから“慈悲”と“慈愛”を発現した、あるいは“慈悲”と“慈愛”を発現する過程で、心(靈)の動きとしての右往左往と左往右往があり、それは心の極性の日足と砌(ひたりとみぎり)によるものなんだろうし、それを東洋医学では、肝=“いきり立つ心(奴と心)”=砌(みぎり)、そして脾=“思う、憂う”=日足(ひたり)っていう解釈を、○○○大先生はしているんだ。

 そして○○○大先生がいった大局的な見方。
○○○大先生は、Kellyさんと僕が躁(そう)と鬱(うつ)のことを話していた感想として、ただ病気を病気としか捉えていないとか、霊的干渉を霊的干渉としか捉えていないとか、これはどちらも近視眼的なものの見方って感じ方をしたんだな。
それと生命の存在の目的っていうのか、生命が存在する根拠っていうのか、それは神格化であり、“続”でKellyさんがよく引用する独り神(ひとりがみ、日取り神)。
生命が下等なものから進化して、四足獣くらいになってから、自我の確立=固定化って事が起きていく。 
そして四足獣は、直立して手を使うようになって、両側の手の神経が密になり、横の磁束ができていく。 縦の磁束と横の磁束、それを指して“十”って表記があり、それは“日月神示”の○ 九 十(まこと)の“十”でもあるんだ。
だからそれは、四足獣から直立する脊椎動物って言い回しも出来るし、そのときの心の発現っていうのが、自我の確立=固定化から、段々“慈悲”と“慈愛”って心(靈)を芽生えさせていくのだろう。 そんなことも“続”のどっかに書いてあった。
そしてそれは、心=霊っていうのは、肉体が持つ縦の磁束による荷電粒子の回転の場(フィールド)だから、腹のサイクロトロン(“江戸と尾張”)からシンクロトロン(胸の磁性“十”)になっていく過程なんだ。 
それは前のブログの“思惑と顕現”で、Kellyさんと先生が話していたことでもある。
だから人間の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の過程は、今、自我から“慈悲”と“慈愛”と智性(神性)の発現をしようとしている。 
これは霊的成長が進化って概念が無いと、理解できないことだし、一般常識(平均的な進化過程の地球人の認識としてという意味)の進化とは、かけ離れた概念だけれども、人が、独り神(ひとりがみ、日取り神)になるためには通らなければならない一本道なんだろう。 
だから○○○大先生は進化の順番を言っていた…いや、この僕の言い回しは、説明の足りない言い方だ。 
○○○大先生は、心(靈)の発現の過程と、心(靈)の動き。 そしてそれは神格化への道程であることを述べた。
それは、現時点の地球人は、マニピューラチャクラの覚醒段階であり、自我の確立=固定化の段階の進化過程をおくっている。 そのとき、自我の肥大に陥りやすい。 
自我が肥大する理由は、自分だけの幸福を願うからだろうし、それは自分に対する愛(炁)だろうし、言い換えれば自分しか愛せないのだろうし、だからそれは愛(炁)の顕現の程度=進化程度が、ただ低いのだって言い回しも出来るけど、すべての行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)の動機は、愛(炁)なんだって、前のブログ(Kellyさんと○○○大先生との会話)でも、Kellyさんが中心の“続”でも言っている。
さらに、すべての“思惑の顕現”=現象化ってのは、愛(炁)が動機。 
そして今、愛(炁)の顕現の程度が低いから=霊的進化程度が低いから、自己奉仕者になる人が多いし、“慈悲”と“慈愛”って愛(炁)のカタチを自分たちがしっかり持っていないから、自分に甘いし、死んだ霊的存在も同様に甘いし、だから恨んだりしたり、自分が生きていたときの思いを達成しようとして、(肉体を持った)人に憑依して自分の思いを達成しようとする。
しかし、生きている人間も死んだ霊的存在も、霊的進化を果たして“慈悲”と“慈愛”を持ったり、“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を持ったりすれば、自分以外の存在のよいカタチを考えることが出来るからこそ、恨みの連鎖の霊的干渉とか、当然、因縁とかも無くなっていく。
それが今後=アセンション後の世界なんだろうな。 
だから○○○大先生とKellyさんのアセンションの解釈である、アセンションは霊的成長度において分けられる事象…これはとても納得のいく解釈だ。
そしてそれは、Kellyさんが“日月神示”の解釈をしているけど、その“日月神示”の中の言い回しの“うれしうれし”“大歓喜”ってことなんだろうし、それは今の地球よりもそうなるってことなんだろう。

そして現時点での地球人の心(靈)の動きと、その問題、その意味のことを○○○大先生はこんな言い回しをしていた。

“自我って心の成長の段階、そのときに陥りやすい自我の肥大、それは、肝=“いきり立つ心(奴と心)”と脾=“思う、憂う”この二つのバランスが崩れ、右=砌(みぎり)の極性の強化は、日足(ひたり)=脾=“思う、憂う”って心(靈)の動きになりにくく、だから脾→肝→情動を発現している腹の臓器、さらに本能や情動を発現していると思われる、生殖器など下半身の臍から下の臓器など。
それは解りやすいから引用するけど、ヨガのチャクラでいえば、マニピューラチャクラから、スワディスターナチャクラ→ムラダーラチャクラってことになる。
それを心(靈)の構造って言い回しで言えば、自我の肥大→情動→本能的な心(靈)の動きみたいなもんだ。 そしてそのエネルギー回転は、自省させない心(靈)の動きになりやすいし、自省が無いから三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)の心の動きになるとも言いうるね。
そしてそれは生きている人も、生きている人に憑依する霊的存在も同じような心(靈)の動きだと言いうるね。
簡単に言えばその両者は、自省(胸の磁性“十”)の心を持っていない。 “慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動きを持っていないから、他者の良いカタチを考えないし、自分がどうあるべきなのかなんて考えも無い。
今言ったことはKellyとは何回も話したことだけれども、自省の心(靈)の動きは、アナハタチャクラの内奥の部分に関わると思われる。
だからKellyが今、“日月神示”の解釈をしている中で、頻繁に“江戸と尾張”って表記が出てくるけど、それは、腹の段階の心(靈)の動きは、腹の中の水、それは(荷電粒子としての)錯体であるし、それを“日月神示”では“江戸と尾張”の“江”と称されていて、その段階の心の発現が、自我の確立=固定化の段階、またそれは、腹の位相のサイクロトロンでもある。”

これも、現時点での地球人の進化を言っていて、そして自分たちが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)するに当たって知っておかねばならないことも言っている。 
その心の在り方、自分が自分を観る視点についても、こんなふうに言っていた。

“肉体を持った人、霊的存在、その両方について知っておかなければならないこととして、右回転の心(靈)の動きの存在が増えることは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)につながらない。 
それは、肉体を持った人(日止、霊止)であろうが動物であろうが、人や動物が死んだ霊的存在であろうが、すべてに霊的干渉があるからだ。
 そしてこの星の大半の霊的干渉は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の存在が通信を送りにくい条件を作り出している。 
それは、この星全体が恨みの連鎖の霊的干渉でいっぱいになっているからこそ“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は通信を送りにくく、だからこそアタシの“主護霊”は、アタシに対し、アタシの仕事を通じてのたくさんの霊的干渉、治療した人に憑いている浮遊霊や因縁霊をアタシが背負ってくることに対し、自分が祓わなければ“動きが取れない”って言い回しをして教えたんだと思う。
だからそれは、さっきも言ったように、今後=アセンション後は、生きている人も霊的存在も、霊的成長を果たした心(靈)になる。 当然、“主護霊”の通信も、それ以外の“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の通信も、悪霊の弊害なく自分の心(靈)に届くようになる。
それで、KellyとYっちゃんが話してきた躁(そう)と鬱(うつ)の問題は、このことを考えさせられる大きな問題を含んでいる。
……というよりも、この星が今、ダメな方向性に向かっていて、そのダメな方向性に向かわせる霊的干渉が恨みの連鎖の霊的干渉の現象化。
その一側面としての躁(そう)と鬱(うつ)、人の心(靈)を進化させない霊的干渉の現象、Yっちゃんが一人で考えたように、憑依されるほうも憑依するほうも“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を持ち、智性を持っていたならば、ダメな方向には向かわないものだよ。
だから智性(神性)を発現していないか、あるいは、智性(神性)を発揮していない心(靈)の動きの存在は、恨みの連鎖の霊的干渉に同調しやすい。 このことはYっちゃんとKellyは理解できていると思う”

だから僕たちが病気を診るにあたっても、神格化の道筋って概念が必要であり、霊的成長度に於ける心(靈)の動きも知らなければならない。
それは生きている人間だろうが死んだ霊的存在だろうが同様のことだ。
またその視点で病気や、病気の成因のひとつである霊的干渉を見なければならない。
それが医者の…医者としての生業(なりわい)であるべきだな。 そして、人が進むべき道、それは一本道なんだ。

霊的成長して神格化していく。このことは今までの僕は、なんとなくしか分かっていなかったのだろう。
それは以前、僕は、○○○大先生にこんなメールを送ったことがある。

“患者さんの中には、長期の入院でお亡くなりになる人もいますが、逆に突然お亡くなりになる、つまり救急患者さんなんですが、そのような人は霊的干渉としてはどうなんで
すかねえ。 
そういう人のケースは、自分の死について考えるまもなく、さらに人生を振り返ることなく、霊的干渉について認識するまもなく、お亡くなりになる人も多いわけですよねえ。
もちろん、昔お話しされたように、すでに何かの使命をもって(つまり、本当はかなり霊的に進化してるが、自分が過去=前世に犯したことの償いで、現世(地球)に生まれて、誰かの認識を拡大するための使命を持っている)、周囲の人の進化のために、急な死を遂げる人もいると思います。
でも、それ以外の人もいるわけで、当然急な死は、怨念や因縁を持って死ぬわけで、それは進化とは逆の方向に向かっている(いずれは進化の方向へ向かうことになりますが)。そう考えています。この辺の違いなども、いまいちまだ認識していないですね。”

 この質問の内容だって、自分で今考えれば、人が死んだことにこだわっている見方しかしていない。 
救急患者の突然死、このことだってたくさんの霊的干渉の結果だし、その人自身が自分の死について考える時間もなく死ぬのは、恨みの連鎖の霊的干渉の結果とか、あるいは因縁を背負っているからだ。
 そして僕のメールの中の疑問“でも、それ以外の人もいるわけで、当然急な死は、怨念や因縁を持って死ぬわけで、それは進化とは逆の方向に向かっている(いずれは進化の方向へ向かうことになりますが)。そう考えています。この辺の違いなどもいまいちまだ認識していないですね。”
…これは、人(日止、霊止)の進化を望んでいない存在の思惑が介入した現象なんだ。 少しでも認識を得させたくないからだ。 だから突然死を増やす。 それが恨みの連鎖の霊的干渉の結果でもあるし、メール内で僕が思ったことの“進化とは逆の方向に向かっている(いずれは進化の方向へ向かうことになりますが)”の、時間を遅らせようとしている=早く進化(霊的成長、神格化に向かうこと)させないとか、認識を得させない。 
言い換えればそれは智性(“一”、1番目のオーラ)を得させない目的のことだ。 さらに言い方を変えれば、自分の死について深く考えることが出来ない条件を作り出しているのだからなんだ。
 またこれは恨みの連鎖の霊的干渉の結果でもあるし、そしてそれは現時点の地球上では当たり前のように起きていることだ。
 だから“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は、恨みの連鎖の霊的干渉を生み出させない心の持ち主だけを、次の段階に移行させようとする。
 それがアセンションの真実なんだな。
 またアセンション後の世界は、現時点の地球人とは、心(靈)の動きも、事象の観察の視点も違うってことを、Kellyさんと○○○大先生との話で、感じ取ることができる。
 自我から“慈悲”と“慈愛”、そして智性(“一”、1番目のオーラ)の発現、人(日止、霊止)の進化っていうのは、それが道筋であるし、これは脊椎動物の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道筋だからこそ、ヨガのチャクラ(荷電粒子の回転を示す)や、イダとピンガラ、これも日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を表した表記だろうし、だから“続”でKellyさんは、“日月神示”の“富士(二二)”を肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道って解釈をしているのだろうし、これは霊的進化のための秘密、今の人が知りえない秘密でもあるだろうし、それを学者や医者が気付いていないから、艮(うしとら)の金神って名乗る霊団は、岡本天明に“日月神示”を書かせたり、ローム太霊がS会=紫光会の交霊会で教えようとしていたのだろうな。
 だからこそ岡本天明の自動書記や、ローム太霊の肉声を伝えたT霊媒=竹内満朋の物理霊媒の現象、それは、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の“思惑の顕現”=現象化でもあったのだろう。
 
 …今までKellyさんと話してきた躁(そう)と鬱(うつ)のこと、最後には○○○大先生の意見も聞いたけど、すべてそこには、霊的干渉による心(靈)の動きを知らなければならないってことを思い知らされるし、そして心(靈)の動きには、“上”と“下”がある。
 現時点の地求人は、自我の確立=固定化の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程だから、“上”の心(靈)は、“慈悲”と“慈愛”と智性(“一”、1番目のオーラ)。
 “下”の心(靈)は、本能とか情動、そしてその下の心(靈)に向かわせるのが自我の肥大なんだ。 
また躁(そう)と鬱(うつ)には、自我の肥大と、自省の心(靈)の動きが見出せるけど、その心(靈)の動きに感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する霊的存在が現時点、地球上では、恨みの連鎖の霊的干渉により増えている三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)の心(靈)の動きを持った浮遊霊が多すぎる。
 だからこそ、恨みの連鎖の霊的干渉を生み出さない心(靈)の動きを持った人と霊的存在を、次の世界に引き上げる。 
それがアセンションなんだし、だからこそそれは、“創造主”の計画なんだって○○○大先生の本の<5>のオビ文に書いてあるんだな。(智性無き心は アセンションを見誤る)
 そしてKellyさんと○○○大先生が僕自身に望むこと、大局的な視点を持つこと。
 それだからってことでもないけど、今回はいろんなことを考えた…考え始めるとキリが無いけれど、僕自身の今後の医者としての立場は、霊的干渉と、霊的成長と進化程度の違い、すべての事象は神格化のためのプロセスであることなど、これらのことを忘れないようにしよう。 


                   ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀ ☀

 …ちゅうことで、“Kellyさん、ややメタボ内科医のYっちゃん先生と、躁(そう)と鬱(うつ)は、心(靈)の動きの極性の一側面であるという話をする。”のシリーズは、これで終わりでんねん。

 ほんでからモノホン〔 ´゚Д゚`〕Yっちゃん先生へ。

 これまでの〔 ´゚Д゚`〕のシリーズの文章には、○○○大先生から〔 ´゚Д゚`〕に対するメッセージが随所に盛り込んでありまんねん。 
それをよく読みとってもらって、今後=アセンション後も医療っていうのんは必要やろし、そやから〔 ´゚Д゚`〕には今の形骸化した医療の概念に巻き込まれない視点を持って欲しいからこそ、先生は〔 ´゚Д゚`〕をモデルにしましてんな。
 さしでがましい言い方ではあるけれど、そのことも〔 ´゚Д゚`〕にはよく知っておいて欲しいって○○○大先生は言うてましてんな。
 よく読んでもろて、〔 ´゚Д゚`〕の認識にしてくださいでんねん。

“日月神示”天つ巻 第三十帖 Kellyさん的解釈



今回も、天つ巻 第三十帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

富士とは火の仕組ぞ、渦うみとは水の仕組ぞ、今に分りて来るのぞ。
神の国には、政治も経済も軍事もないのざぞ、まつりがあるだけぞ。
まつらふことによって何もかもうれしうれしになるのざぞ。
これは政治ぞ、これは経済ぞと申してゐるから「鰻つかみ」になるのぞ、
分ければ分けるほど分からなくなって手におへぬことになるぞ。
手足は沢山は要らぬのざぞ。
火垂(ひだり)の臣(おみ)と水極(みぎり)の臣(おみ)とあればよいのざぞ。
ヤとワと申してあろうがな、その下に七七ゝゝゝゝと申してあろうがな。
今の臣民 自分で自分の首くくるやうにしてゐるのぞ、手は頭の一部ぞ、手の頭ぞ。
頭、手の一部でないぞ、この道理よく心得ておけよ。
神示は印刷することならんぞ、この神示説いて臣民の文字で臣民に読める様にしたものは一二三(ひふみ)と申せよ。
一二三は印刷してよいのざぞ。印刷結構ぞ。
この神示のまま臣民に見せてはならんぞ、役員よくこの神示見て、その時によりその国によりて それぞれに説いて聞かせよ。
日本ばかりでないぞ、国々ところところに仕組して神柱つくりてあるから、今にびっくりすること出来るのざぞ、世界の臣民にみな喜ばれるとき来るのざぞ。
五六七(みろく)の世近づいて来たぞ。
富士は晴れたり日本晴れ、富士は晴れたり日本晴れ。
善一すぢとは神一すぢのことぞ。
この巻を「天つ巻」と申す、すっかり写して呉れよ、すっかり伝へて呉れよ。
九月十四日、ひつ九のか三。

 この第三十帖は、天つ巻の最後の章になる。 そやから今までの纏め(まとめ)みたいなことが書かれてると思われる。(上つ巻から天つ巻まで)
 まず冒頭の文。

“富士とは火の仕組ぞ、渦うみとは水の仕組ぞ、今に分りて来るのぞ。”

 “富士”は、ここまでの“日月神示”(上つ巻 下つ巻 富士の巻)では、“富士(二二)”って表記でも書かれており、Kellyさん的には“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道って解釈をしてきた。 そしてこんな画像も作った。

富士の解字

 そやから“富士(二二)”っていうのんは、“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)も示し、それで自分の思想となし、そのことを、ここまでの“日月神示”では“天詞様”って言われてるって解釈をしてきている。 
 要は、霊的成長を示す“一”=智性=1番目のオーラ、それは智性(神性)の獲得。
そして“智性”は、漢字そのものを見れば日を知る性質ってことにもなる。 そやから“ひつく”は太陽凝視でもあるって言い方もしてきた。 
そやから、艮(うしとら)の金神と名乗る霊団が、最初に人にかかり、教義を述べたとき(黒住教のこと)、朝日の日拝(にっぱい)=太陽凝視の入門みたいなことを述べたのだと思われる。
これらのことを踏まえて、この文の“富士とは火の仕組ぞ、”の“火”は、エネルギーの昇華を示す表記であると思える。
そしてそのエネルギーの昇華は、前のブログでもこのブログでも幾度となく説明してきた、腹から“上”の心(靈)の発現と心(靈)の動き、自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”と智性(神性)、マニピューラチャクラからアナハタチャクラ、第三密度から第四密度(宇宙的な存在がよく使う言い回し)、“日月神示”なら腹は“江戸と尾張”、それは腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン。
進化した脊椎動物、進化した左右相称動物である人間の肉体は、三つのコンデンサーが縦に連なっている。
だから下のコンデンサーから上のコンデンサーへは、高い振動しか上がらない。
その意味で次の言葉。

“渦うみとは水の仕組ぞ”

 “渦うみ”とは、荷電粒子の回転を指し、“水の仕組み”は、マニピューラチャクラの事を指し、それは上に引きあがっていない荷電粒子の回転と、“上”から注がれてる荷電粒子の取り込みと増幅(“畐”、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信))を指していると思われる。 そしてこのことは今までの地球人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程でもあるし、それは、本能から自我の確立=固定化までの進化過程を指す。
 “上”から注がれる荷電粒子は、神の思惑、普遍的に実在する創造主のオーラ(宇宙背景放射)であることを前のブログで説明した。 
そしてその取り込みの仕組みは、肉体が持つ縦の磁束によるローレンツ力。
 それを“日月神示”では、 ローレンツ力 で示しているという解釈をしてきている。
 だから腹の位相の荷電粒子の回転と増幅(マニピューラチャクラ)は、サイクロトロンに似ている。
 そしてその段階の霊=○、荷電粒子の場(フィールド)、言い換えれば心(靈)の発現は、自我である。
 そして自我の肥大が“石屋の仕組み”でもあるし、“日月神示”の“石”って表記は、帯電するミネラルが、固まっていない状態を指し、それは真に固く止めるという意味での、真固止(まこと)ではない。
 そのことを“今に分りて来るのぞ。”と言われてて、今の地求人は、心(靈)の発現の段階も、仕組みも、全然わかっていないって言われてるようにも聞こえる。
 それは進化の意味、進化とは、霊的成長、神格化に向かうことであるって認識が無い。
 このことが解っていないと、自分が自分の心(靈)の動きを判断する際、何が“上”なのか何が“下”なのか、言い換えれば自分の心の中の“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を見出すことができない。
 また自分の心の“上”と“下”、“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を見出そうとするのが、自省(胸の磁性“十”)の“行”でもあるし、般若心経の“観自在”でもあるし、神道の“直日”(なおひ)の意味でもある。
 それと、自省しないで自分の心(靈)の動きの“上”と“下”を見出さない心(靈)に、恨みの連鎖で増えているたくさんの浮遊霊は、三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)の心(靈)で感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する。 
平均的地球人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)過程=自我の確立=固定化の段階の心(靈)は、低い霊的存在しか感応共振と同調しない。 
それを“日月神示”の表記で言い換えれば、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応共振しないのだから、“天詞様”では無いってことになる。
 だから大半の地球人が追い求めているのは、甘い夢、目先の欲望の達成、本能に由来する欲望や物欲、金に対する執着…etc.
 それが“石屋の仕組み”(帯電するミネラルが固まっていない=真固止ではない=腹の水(“江戸と尾張”の“江”)だって説明してきたし、またそれは、自我の肥大であり、“慈悲”と“慈愛”を発現して無いから、他者を思いやれず、“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を持っていない。
 そやからそれを知らんならん。 思い知らんならん。 アセンションに伴う醜い事象は、今までの地球人がやってきたことの結果であり、戦争だろうが災害だろうが、今ニュースでやっている政治家の自我の肥大した様子だろうが、すべて自分たちの自省(胸の磁性“十”)のためである。
 その意味でも“今に分りて来るのぞ。”って言われてて、それは分かっていないと進化(霊的成長、神格化に向かうこと)しないって言い回しにも聞こえる。

 その意味で次の文。 

“神の国には、政治も経済も軍事もないのざぞ、まつりがあるだけぞ。
まつらふことによって何もかもうれしうれしになるのざぞ。
これは政治ぞ、これは経済ぞと申してゐるから「鰻つかみ」になるのぞ、
分ければ分けるほど分からなくなって手におへぬことになるぞ。”

 この文の“まつり”“まつらう”は、ひらがなで書かれてる。 祭り、祀り、いろんな意味に解釈できる。これについては“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)だって何回も説明した。 以前に紹介した画像を以下に貼っておきまんねん。
“祭り”と“祀り”の解字と意味の違い

 要は、“まつり”“まつらう”は、“上”の思惑を取り込んで(“天詞様”)自分の思想にすること。 
そして“上”の高い振動を取り込む肉体を作るのは、“道理”(“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性))にかなった“行”と“修行”であり、それが“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことであり、それを“日月神示”では、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化と言い表されている。
そしてこの文でも言われてる政治の政、“政(まつりごと)”、これも“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)がなくてはならないけど、今の政治は自我の肥大した人が政治家になっている。 金と薄っぺらい名誉と物欲が中心の政治家ばかりでもある。 そしてその政治家を利用している大企業は…こんなことを説明するのはこのブログの趣旨では無いから、これくらいにして、そやからそれはいかに人の心が醜いのか、言い換えればそれは、この世界=この事象は、程度の低い心(靈)の動きの人が中心になって活躍してきた世界なのかを、今、私たちは見せられている。
 話を戻し、“身魂掃除”“身魂洗濯”して自分の心(靈)の動きを分かり、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化していけば、“まつらふことによって何もかもうれしうれしになる”って言われてると思えるし、それはくどい説明はいらんけど、今の事象は恨みの連鎖の霊的干渉に満ち溢れてて、訳の分からん事件や病気や災害や、いずれ戦争も起きるかもしれん。 そんなことは今まで地球人がやってきたことの結果だから、今後、見せられるし、もっと多くなるやろ。
 そしてこの文の“これは政治ぞ、これは経済ぞと申してゐるから「鰻つかみ」になる”っていうのは、その前の文の“うれしうれし”にかかる言い回しで、今が“うれしうれし”でないのは、目先の価値観で動いているから=自我の肥大で物事の価値を判断したり、薄っぺらい幸福を求めているから、本当の幸福=神格化を知らんし、真実=真固止を見出せない。 またそんな程度の認識だから目先の政治や経済しか知らんって言い回しやし、それを“「鰻つかみ」”って言い表されてると思える。

 そして次の文。

“手足は沢山は要らぬのざぞ。
火垂(ひだり)の臣(おみ)と水極(みぎり)の臣(おみ)とあればよいのざぞ。
ヤとワと申してあろうがな、その下に七七ゝゝゝゝと申してあろうがな。”

 この文の“手足”は、思惑を顕現する意味のことやろ。 そやからそれは、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)でもある。
 そして人の行動は、“思惑の顕現”=現象化であり、それを古神道の言葉で言い換えれば、日足(ひたり)=思惑、砌(みぎり)=行動や顕現や現象化でもある。
 さらにこの文では“火垂(ひだり)”“水極(みぎり)”って表現されている。
 さっきも説明したとおり“火”は、エネルギーの昇華であり、肉体においては、腹から“上”にエネルギーが移行することでもある。 そしてこの文の表記の“水極(みぎり)”の水は、腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンやろ。
 自我の確立=固定化は、生命が独り神(ひとりがみ、日取り神)になる過程で絶対に必要。 それはまた、自己と他者、神と自分、“上”と“下”を認識するためにも必要である。
 そして自我がなければ、自分たちの幸福を願わない。 
そして自分だけの幸福を願うのが“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”なんやけど、“火垂(ひだり)”って表記のように、自分の心(靈)が自我より“上”の心(靈)を持ち=“火垂(ひだり)”の“乗”。 そうなれば=“慈悲”と“慈愛”の心を持てば、腹から“下”の心(靈)、“水極(みぎり)”の“極”(きわまり)を理解する。
要は、自己観察できる=“身魂掃除”“身魂洗濯”できるってことやと思う。
そして“ヤとワ”は、“日月神示”
上つ巻 第二十四帖 Kellyさん的解釈で以下のように解釈した。 コピペしておきまんねん。
 
“「ヤ」”は、“道ひらき”の“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”から引用すれば、“その心は高台(たかと)高き段に進む”って、書いてあった。 これは先生の概念の、アイ、愛(炁)“亜”が出(いずる)、その心(靈)の動きって言うのんは、自分の良い形を求める。 ほんでから、自分を含めた現津(あきつ)=観察され得る事象の、すべての良いカタチを求める。 そして、霊的成長そのものを指す。
 そやから、高台(たかと)高き段…そう認識され得る何かを、求める。 時間の進行と共に求め続けるのが人(日止、霊止)でもある。 日止、霊止は、“上”の振動を止めるって言う意味でもある。
 人は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と、乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)でもある。
そやから“「ヤ」”は、その心(靈)の動きそのもののような気がするし、それは、右、砌(みぎり)のエネルギー=“いきり立つ心(奴と心)”(肝)、それは創造のエネルギーなのかも知れへんな。 多分そうやろ。
 ほんでから、“「ワ」”は、同じく“道ひらき”の“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”に、“物を生む、生まれしものを和合する意”とか、生命(生きる使命=存在理由)の調整の義、そう言う表現がしてあり、ほんでから、Kellyさん的に思う“生まれしもの”、それは、現津(あきつ)=観察され得る事象そのものであり、事象の創造は自分の思惑の顕現でもある。
それを心(靈)が観察するからこそ事象を認識出来得る。 そやから、自分の心(靈)の発振、発信=息でもあり、呼吸、息吹、気吹、生吹、でもある。
そやから“「ワ」”は生命(生きる使命=存在理由)調整義で、和合で、それは左往右往でもある。 良いカタチの創造でもある。
 それをせんならんのが人(日止、霊止)の使命でもあるな。

引用終わり。

そやから“ヤ”は、日足(ひたり)であり、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)をした思惑であり、それは“火乗(ひだり)”であり、その心(靈)の動きで、事象の“創造”=顕現をするのが“水極(みぎり)”であると思える。
さらに今言うたことを強調することとして“七七ゝゝゝゝ”って書かれてる。 “七”については、以前紹介した画像を以下に貼っておきまんねん。
七の解字 “一”=智性=1番目のオーラと処イ部(いんぶ)(人の思惑の顕現)


 そして次の文は低い“思惑の顕現”=現象化である意味での“手足”について言われてる。

“今の臣民 自分で自分の首くくるやうにしてゐるのぞ、手は頭の一部ぞ、手の頭ぞ。
頭、手の一部でないぞ、この道理よく心得ておけよ。”
 
この文の“頭、手の一部でないぞ”、これは、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する肉体の器官は、言うまでもなく頭であり、目上(めうえ)(大脳新皮質、“田”(心、靈、の四つの場(フィールド))でもある。
 そしてその発振、発信は、“一”=智性=1番目のオーラになる。 そやからこの文自体が、智性(“一”、1番目のオーラ)なき行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)は、自我の肥大であり、“石屋の仕組み”であり、恨みの連鎖の霊的干渉の結果として“自分で自分の首くくるやうにしてゐる”って言われてるだけでんねん。

 ほんでから次の文。

“神示は印刷することならんぞ、この神示説いて臣民の文字で臣民に読める様にしたものは一二三(ひふみ)と申せよ。
一二三は印刷してよいのざぞ。印刷結構ぞ。
この神示のまま臣民に見せてはならんぞ、役員よくこの神示見て、その時によりその国によりて それぞれに説いて聞かせよ。”
 
 これは“日月神示”をそのまま印刷して流布してはいかんって言ってると思える。 “日月神示”そのものは、とても高い霊的存在の思惑で書かれてて、その文字の意味や解釈がとても重要。 それはここまでKellyさん的“日月神示”解釈をよんではる人に、あえて説明するようなことではない。
 ここまで“日月神示”を読み解いてきても、言葉には一貫した法則性があり、“日月神示”自体が心の在り方と神格化と進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のプロセスと肉体の秘密を説いている。
 それをこの文の“一二三(ひふみ)”って言い表していて、通常の“日月神示”の解釈や引用は、“一”=智性=1番目のオーラの小さい人の解釈だから、言葉や文の引用しか出来ていない。
 その意味で“この神示のまま臣民に見せてはならんぞ、役員よくこの神示見て、その時によりその国によりて それぞれに説いて聞かせよ”って言われてて、この“役員”は、言うまでもなく霊的成長を果たした、認識(悟り、幸取=さとり)が拡大した人のことを指す。
 
 ほんでから次の文。

“日本ばかりでないぞ、国々ところところに仕組して神柱つくりてあるから、今にびっくりすること出来るのざぞ、世界の臣民にみな喜ばれるとき来るのざぞ。
五六七(みろく)の世近づいて来たぞ。”

 “神柱”は、“上”と“下”をつなぐものやろ。 そやからそれは天意を受ける人=“天詞様”、そういう存在は世界中にいるってことを言うてるのやろ。
 アホな日本人は、日本だけが神国って解釈をするけど、その解釈そのものが自我の肥大であり、“慈悲”と“慈愛”が無いから許容ってことも無い先入観で人を見下す。
 余談やった。
 そして“五六七(みろく)の世近づいて来た”は、アセンション後の事を指し、“五六七(みろく)”は、霊的進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の過程なんだって説明をしてきた。
 それは“五”は糸巻きの象形文字、神経が密になる様子。 “六”は爻部(こうぶ)=丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、交わるの意味。“七”は、さっき画像で示したとおり。
 要は、神経が密になるからこそ=肉体の磁束がきょうかされるからこそ、ローレンツ力は強力になり、“上”からの荷電粒子、普遍的に実在する創造主のオーラ(宇宙背景放射)を取り込んで、自分の思想=思惑とすることが出来るようになる。
 その具体的な方法が“行”と“修行”による“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化であり、さらに“創造”の“主(ヌシ)”の振動を取り込む方法が、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことでもある。

 ほんでから次の文。

“富士は晴れたり日本晴れ、富士は晴れたり日本晴れ。
善一すぢとは神一すぢのことぞ。
この巻を「天つ巻」と申す、すっかり写して呉れよ、すっかり伝へて呉れよ。”

 この文の“善一すぢとは神一すぢのことぞ”は、今、“善一すぢ”ではなく、また、“神一すぢ”では無いってことで、それは人(日止、霊止)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が、道を見誤ってるっていう言い方でしかない。
 いうまでもなく自分たちが事象を観察して感じ(感じる磁性)る善は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”であり、それは自分たちの“道”と“理(ミチ)”(霊的成長の法則性)を見出すものである。
 そして“富士は晴れたり日本晴れ”については、“富士”はこの章の冒頭で画像を紹介した。 “晴れたり日本晴れ”は以前紹介した画像を貼っておいて、今回はこれくらいにしときまんねん。

“晴れたり日本晴れ”の解字

Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (480)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (16)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード