“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “吉備之児島建日方別(きびのこしまたてひかたわけ)”の意義


 今回も、日月の巻 第三十帖の以下の文を解釈しまんねん

“次、吉備之児島建日方別(きびのこしまたてひかたわけ)。”

 前回解釈した“次、大倭秋津島(おおやまとあきつしま)、天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)”は「。」で区切られておらず、さらに今回取り上げた箇所は“次、”という表記があり、そしてこの文の最後で「。」が付けられているので、前回取り上げた箇所とともに“佐渡島(さとしま)”の続きの意味を持つ表記。
 それでこの表記の“吉備之児島建日方別(きびのこしまたてひかたわけ)”は、“吉備(きび)”“之(これ)”“児島(こしま)”“建日方別(たてひかたわけ)”に分けて解釈すると意味が通じる。
 まず“吉備之(きびこれ)”であるが、これは、吉が備わる、之(これ)は、という事であり、この表記の中の吉の解釈が大事。 
通常、吉に対しては、ご利益ばかり求めるとか自分にとって都合の良いことばかり願うとかの、そういう“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”特有の考え=霊的成長度の低い心(靈)の吉に対する概念は、目先の良い事とか、めでたいことなどと思うだろうが、自分の外側(外国と幽界)の事象にそんな事ばかり求めているのは、とても甘い(亜、魔、出ずる、泉)考えでしかない。
 それは前回解釈した“大倭秋津島(おおやまとあきつしま)”の“倭(やまと)”の意味として、委ねて従う、従順な様、謹む(つつしむ、かしこまる)様、そしてそれは前回述べたとおり、(様々な現津(あきつ)、観察され得る事象に対し自分の在り方を智性(神性)で思う意味での)“秋”に委ね、(目の前の事象が自分を育てるのである事を知りながら)従い、(だからこそ様々な事象に見られる困難や試練など、苦痛と感じることに)恭順であるべきであり、だからこそ進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した人(日止、霊止)の肉体(月(ツキ))は、自省(胸の磁性“十”)をする心(靈)=“秋津”が創る“島”(たんぱく質が凝り固まったもの)となるし、そしてそれは“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”という心(靈)の動きが“秋立つ”でもある。 
補足として、自分に甘い(亜、魔、出ずる、泉)=霊的成長度の低い=事象を観察する視野が狭い人が思う吉の概念は、例えば形骸になった宗教が現世利益を強調する言葉の、家内安全、商売繁盛とか、なんでも自分にとって都合の良いことばかりであり、自分が受けなければいけない苦難(恨みの連鎖の霊的干渉による因縁)、そして贖う(あがなう)事を考えないとか、目前にやってくる苦しい事象を、自らの霊的成長の糧と認識していない人が圧倒的多数でもある。 
また、こういう類の心(靈)の人は、何を見ても自分にとって都合の良い解釈しかしないし、貴いもの、尊い教えなどをみても、すぐ自分に対してのご利益しか考えない。 さらにそれらを利用して金儲けまでして、自分の目下(めした)の欲望を満たす(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)と成り下がるし、この心(靈)の動きが、宗教、霊的なこと、ヨガ、天皇制、“主護霊”の概念、オーラの意義、他にもあらゆる学問(“力”としての)など、これらを形骸にして低レベル化させているが、そんな心(靈)=低い霊的成長度では、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のことなど、自らの心(靈)が観察して認識する事象に見出せない=低い認識しか持ち得ないものである。 
それで“吉”については画像を作ったので以下に示す。

吉の解字

 よって“吉”という字の表記そのものが、平均的地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)から、“上”を目指す表記で、それは自我の確立=固定化から、“慈悲”と“慈愛”、そして智性(神性)の発現であり、それは脊椎動物の進化の“道”(時間の進行)であり、そこには進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“理(ミチ)”(法則性)を見出す心(靈)でなければ、次の事象の“創造”=アセンション後の“創造”には参加できない。
 話を戻し、“吉備(きび)”は、今述べた進化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)が備わるべきだから“之(これ)”という表記が当てられ、そして“児島(こしま)”の“児”は旧字が兒であり、固まっていない頭と曲がった足で、幼い子供の様の意味があり、いわゆる未熟とか稚拙とか、要は神格化には程遠いという意味であるが、その“島”=肉体組織の意味である。
そして“建日方別(たてひかたわけ)”は、“建”が、たんぱく質の高分子化を示し、それは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道程であり、またそれは“上”からの荷電粒子=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を仲介する太陽“日”の影響を受けるのであるが、前回解釈した“天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)”の“根別(ねわけ)”=“上”からの振動の高い振動や低い振動、あらゆる振動と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する組織の区別が、(“日月神示”表記の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)による)進化に伴い、出来上がるのであるが、それが“建日方別(たてひかたわけ)”という表記の“方(かた)”“別(わけ)”に感じ取れる。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “大倭秋津島(おおやまとあきつしま)、天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)”の意義



 今回も、日月の巻 第三十帖の以下の文を解釈しまんねん。

“次、大倭秋津島(おおやまとあきつしま)、天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)、”

 この文は、前回の“佐渡島(さとしま)”(日足(ひたり)の極性で出来た組織)の補足であると解釈するし、よって以下にそう思う根拠となる説明をする事とする。

 まず“大倭秋津島(おおやまとあきつしま)”であるが、“大”は人が手足を広げた様の意味があり、だからこそ“大”は、手足が発達(2~3番目のオーラに関わる水平磁場の発達と同義)した脊椎動物の進化の果ての意味もあり、それはまた、“日月神示”表記の、○ 九 十 の、“九”(“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現))でもあり、そしてその“九”と“十”は、物事の終わりとか最終段階の意味を持つ卒業の卆(そつ、卒業の卒の異体字)でもある。
 本題に戻り、“倭”(やまと)は、亻(にんべん、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と|(たてぼう、こん、縦の磁性))、神の思惑が下(現津(あきつ)、観察され得る事象)に顕現する意)と委ねるで構成されている。 そしてこの字自体も、委ねて従う、従順な様、謹む(つつしむ、かしこまる)様、などの意味があり、これはその後の表記の“秋津島”(あきつしま)にかかる表記。
 よって“大倭秋津島(おおやまとあきつしま)”は、脊椎動物の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の果ての人(日止、霊止)は、(様々な現津(あきつ)、観察され得る事象に対し自分の在り方を智性(神性)で思う意味での)“秋”に委ね、(目の前の事象が自分を育てるのである事を知りながら)従い、(だからこそ様々な事象に見られる困難や試練など、苦痛と感じることに)恭順であるし、“秋”については、以前、下つ巻 第三十八帖で使った画像で意味を示す。(下つ巻 第三十八帖以外でも、上つ巻 第八帖で“秋が立ちたち”、下つ巻 第二十七帖にも“江戸の奥山には八日、秋立つ日に祀りて呉れよ”などの表記があり“日月神示”内の表記の“秋”は、すべて以下の画像の意味(自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動き)がある)

“秋立つ”の解釈と解字


 それで“津”と“島”については前回も述べたし、これまで何回も述べたので省略。

 それで次の“天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)”は、“天津御空(あまつみそら)”は、“上”からの振動=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子であり、それを取り込んでいるのが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)そのものであり、だから古神道では、霊(靈=“メグリ”(帀)、雨、口三つ、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が左右に二つと、肉体を示す“二”と|(たてぼう、こん、縦の磁性))を止める、日(宇宙の中心と認識される場(フィールド)から送られる思惑を仲介して地球に送る生命としての太陽)を止める、という意味を持つ“日止、霊止”って表記が使われ、そして“上”からの振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)が進化により自我の確立=固定化から、自省(胸の磁性“十”)(これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が“慈悲”と“慈愛”の心(靈)を発言すると言い換えたほうがわかりやすいし、ローム太霊が伝えた右往左往と左往右往にはこの心(靈)の進化も感じ取れるものである)にいたる表記が“秋津(あきつ)”で、それはだんだん“上”の振動と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する組織=島を持つようになり、それが“上”=“創造”の“主(ヌシ)”との感応共振の“根”と示され、進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)において、“根”には区別があるからこそ、“根別(ねわけ)”であり、進化過程においての“上”からの振動との感応共振における心(靈)の発現の初めを分かりやすい言い回しをすれば、ミミズ、ヒル、ゴカイ君の心(靈)には程度の低い本能しか無い=高い振動と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する“根”を持ちえず、そしてこのことは進化過程における初めの段階は、日月の巻 第三十帖の表記の“水蛭子(ひるこ)、淡島(あわしま)”=低分子のたんぱく質しか持ち得ない生命とか、骨が無い=縦の磁束の発達が無い、心臓が発達していない=錯体としての血液による電磁誘導が小さい、目が無い=光の吸収による生体内電流が小さいとか、(ミミズ、ヒル、ゴカイ君と脊椎動物である人間との比較は)いろんなことを指摘できるものでもある。
 また“根別(ねわけ)”について思うこと、それは“上”からの振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)による心(靈)の発現には、今まで何回も述べたように進化過程=“自凝(おのころ)”の仕組みの成就による段階があり、そしてその段階による心(靈)の発現と動きを人間は言葉で、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性、と、分類し始めた。
余談になるが、振動の段階の意味をも持つS会=紫光会の真言の炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)には、このことが感じられるからこそ、○○○大先生は、(○○○大先生自身の生命の進化についての認識(悟り、幸取=さとり)について軽く触れた)神格化のプロセス 目上(めうえ)と目下(めした) の裏のオビ文に、以下のように記した。

“心は、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という振動で出来ている。その振動を言葉で分類できるようになったのが、人(日止、霊止)。その振動で心が構成され、それは創造主の根源の振動の低振動化である。創造主の創造の根源の最初の振動が"亜"で、それが出る(いづる)ことが、愛(炁)と称されており、ローム太霊が教えた炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)は、振動の段階を示す言葉でもある。”

本題に戻り、前回の“佐渡島(さとしま)”の続きでもある“次、大倭秋津島(おおやまとあきつしま)、天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)”は、今説明した、腹=自我からその“上”である自省(胸の磁性“十”)の心(靈)のことを示した表記であると確信する。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “津島(つしま)” “天狭手依比売(あめのさてよりひめ)” “佐渡島(さとしま)”の意義


 今回も、日月の巻 第三十帖の以下の文を解釈しまんねん。

“次、津島(つしま)、天狭手依比売(あめのさてよりひめ)。 次、佐渡島(さとしま)。”

 今回は、上記の中の文の“佐渡島(さとしま)”って表記に着目すると、意味が通じると思う。 
それは“佐渡島(さとしま)”の表記の一字々々を観れば、亻(にんべん=丿部(へつぶ、神の思惑の顕現)と|(たてぼう、こん、縦の磁性))、神の思惑が“下”に下降する=事象として顕現する意味)と、左=日足(ひたり)、そして、渡る、そして、島=たんぱく質の高分子化、で、構成されている。 
そして“佐渡島(さとしま)”って表記全体を観るとこれは、日足(ひたり)の極性で出来上がる=(たんぱく質の高分子化で)積み重なって出来上がる組織を示し、そしてその組織に由来する心(靈)のことを感じさせる(肉体=月(ツキ)は、心(靈)の顕現、心(靈)そのものと心(靈)の動きが、事象に顕現したのを、肉体として、自己の心(靈)と他者の心(靈)が観察して認識するものである)。
それで、現地球人の平均的進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)で行われてきた神格化の道程は、自我の確立=固定化。 
そして、自我という心(靈)の動きで砌(みぎり)の極性の表れた心(靈)は、肝=“いきり立つ心(奴と心)”、日足(ひたり)の極性の表れた心(靈)は、脾=“思う、憂う”。   
また、心(靈)の発現にかかわる経絡(ツボの流れ)の、足の厥陰肝経と足の太陰脾経、これは東洋医学の概念であるが、同時に仙道の概念でもある。 
これについて○○○大先生の見解を述べれば、高度な脊椎動物の進化過程における手足の発現と発達は、指先が小さい骨で構成され、神経が密になることによる高度な電磁石の構造を持つからこそ、体幹から抹消にいたる電磁誘導のラインが出来上がり、それが経絡(ツボの流れ)でもあるし、胸から手にいたる電磁誘導のラインは、肉体のシンクロトロン放射にかかわるものでもある。
すこし余談になったが、これまで述べてきたように、(肉体=月(ツキ)に顕現した)肝臓と脾臓は、自我の心(靈)の発現=マニピューラチャクラであり、チャクラは荷電粒子の回転を示し、そしてそれは“日月神示”で多用されている以下の画像の解釈が重要でもある。

腹の日足(ひたり)(“善”)回転と、砌(みぎり)(“悪”)回転


生命(生きる使命=存在理由)である個々の心(靈)が感じ、認識している、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の方向性は、事象における“善(神格化の方向性と智性の受信)”の顕現の方向性であり、そしてその反対である、進化してきた何かを崩す(肉体=月(ツキ)でいえば遺伝子の崩壊とか、肉体組織を構成するたんぱく質の低分子かとか)は、アク、“亜”に戻す、積みあがった何かが朽ちる、最初の状態である“亜”に崩す、これは“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)により積み重なった組織を崩壊させることであり、よってそれは、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の反対をさせることであり、そしてその思惑を、私たちの個々の心(靈)は、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”と認識しうるものであるし、そして悪の顕現(現象化)は、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)(广(まだれ)は頭=思想の意味)でもあるが、これは私たち個々の心(靈)の問題(霊的成長度の段階)が大きいので、“日月神示”は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”や、“役員づら”のことを指摘していたりもする。
また余談になったが、肉体=月(ツキ)を持った個々の生命の完成に至ること、それは神格化の道程にある、失敗の“行”の右往左往=やってみてから失敗を体験し、自分の在り方を観ることを体験し(その過程で智性(神性)は芽生え)、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をすること、それが“天狭手依比売(あめのさてよりひめ)”という表記に感じられ、この表記の“狭手依(さてより)”は、神=“天”は、人(日止、霊止)を介し、人が喜ぶ(“うれしうれし”“大歓喜”)の事象を創造させようとしているが(そのためにアセンションという事象を体験するが)、その道程としての失敗の“行”は必須。 
だからこそ“手”は、手段、手法などの意味を持ち、そしてそれは個々の心(靈)が行う右往左往は、神の“思惑の顕現”=現象化としては“狭”(せまい)し、それに“依”(よる)っていう字が当てられていると思う。 
補足として、神の“思惑の顕現”=現象化が低い段階の意味を持つ“狭手依(さてより)”は、進化過程の低い心(靈)が持っている価値観、幸福感に表れるものであり、それは智性(神性)無き心であることを、前のブログで指摘した。
そして“狭手依(さてより)”によることは“比売(ひめ)”(女性の表記、砌(みぎり)の意味)で、それは伊邪那美(いざなみ)が先に声をかけたということまで感じさせる失敗の事象=砌(みぎり)の極性(事象への顕現)を指し、その反対の表記が“比古”(ひこ、(囗)くにがまえと、胸の磁性“十”、法則性にのっとった事象の創造をする思惑の芽生え)であったりもする。
よってこの文の“次、津島(つしま)、天狭手依比売(あめのさてよりひめ)。”は、“津”は、港をひかえ人の多く集まる所、あるいは中心などの意味を持つが、これは腹の組織=島であり(腹の水=“江戸と尾張”の“江”、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン)、その心(靈)の発現における行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)は、先ほど述べた、神の“思惑の顕現”=現象化としての失敗であるからこそ“天狭手依比売(あめのさてよりひめ)”であり、失敗を体験するからこそ自らの在り方を個々の心(靈)は思い、それは自省(胸の磁性“十”)であり、その心(靈)の動きで“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)した組織が“佐渡島”であると解釈する。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “伊伎島(いきしま)” “天比登都柱(あめのひとつはしら)”の意義



 今回も、日月の巻 第三十帖の以下の文を解釈しまんねん。

“次、伊伎島(いきしま)、天比登都柱(あめのひとつはしら)。”

 “伊伎島(いきしま)”の伊は“伊予の二名島(いよのふたなしま)”の解釈のときに述べたように、これ、この(近くのものを指し示す代名詞)、あるいは、かれ、かの(はなれた場所や三人称として用いられる代名詞)。 そして伎の意味は、歌舞伎の伎、わざ、の意味を持つ。 それでこれは、伎(わざ)っていう表記自体が、現津(あきつ)、観察され得る事象への顕現と解釈できると思うし、そう思う根拠として、わざ、っていう字には、技、業、芸(藝)、態、倆(りょう、たくみ)、などがあるが、すべてこれは個々の心(靈)が観察する事象における心(靈)の動きの顕現で、それは観察した対象=すべての事象とか、あるいは個々の心(靈)の行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)とかの言い回しが出来るが、すべてそれは神であろうが人であろうが下等生物であろうが悪魔であろうが、“思惑の顕現”である。 よって“伊伎島(いきしま)”は、これ、かの、わざ=現津(あきつ)、観察され得る事象への顕現、それは、高分子化したたんぱく質=“島”によって成されると解釈するし、当たり前のことを述べれば、下等な生物は、下等な心(靈)由来の行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)しかしない、それは捕食と排泄しかしない“水蛭子(ひるこ)、淡島(あわしま)”の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)もあれば、他の動物を捕食する肉食獣は他の生命を奪うことを恥としないし…そういう人間もいるが、また、霊的成長度の低い人間は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の行動をとるし、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)の発現した“身魂掃除”“身魂洗濯”の出来た人間は、すべての良いカタチを思い“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方を考え、常に“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”をしながら思い、行動するものである。 それだからこそ、すべての事象への顕現というのは、この世、この社会、人の価値観や幸福感、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)などに顕れるものであり(今現在、ほとんどの人が、これらを腐らせているが)、それは高分子化したたんぱく質の程度=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の程度によるのだということを示唆した表記が“伊伎島(いきしま)”であり、これに続く“天比登都柱(あめのひとつはしら)”は、天は“一”=智性=1番目のオーラ+自省(胸の磁性“十”)+人(日止、霊止)であり、神格化を目指す心(靈)、あるいはある程度“一”=智性=1番目のオーラが大きくなった人を指し、その後に続く表記は、此れ、登る、都、柱、であるから、天=完成を目指す人(の心(靈))は、都と柱であると解釈するのが妥当であり、都は、“大宜都比売(おおけつひめ)”を解釈したときに述べたとおり、栄えるとか繁栄の意味と、宮(みや)処(こ)に在るという意味もあり、“宮”は宀(うかんむり、頭の意味)と“呂”で、“呂”はエネルギーの“上”と“下”の回転を示すってことでもあり、よってこの場合の“都”の意味を深読みすれば、智性(“一”、1番目のオーラ)の発現すら感じさせ、柱は、何度も使った画像を以下に貼ることとする。 
柱の解字

 よって、この文の表記の意味は、“伊伎島(いきしま)”=これ、かの、事象は、肉体を持った生命の進化=島で、なされ、それは、“、天比登都柱(あめのひとつはしら)”、生命の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のゴールは完成された人=天で、此れは、進化=神格化=登る、であり、都、であり、柱、であり、またそれは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の“創造”ではない“日月神示”表記の“うれしうれし”“大歓喜”であることを示唆していると思う(これは、柱に、胸の磁性“十”が示されているからである)。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “筑紫島(つくししま)”“日別(ひわけ)”の意義



 今回も、日月の巻 第三十帖の以下の部分を解釈しまんねん。

“次、筑紫島(つくししま)、この島、白日別(しらひわけ)、豊日別(とよひわけ)、建日向日豊久土比泥別(たけひむかひとよくづひぬわけ)、建日別(たてひわけ)。”

 前回同様、この文も「。」で区切られているので“築紫島(つくししま)”と“日別(ひわけ)”が付けられている表記は、関連付けて考えるべきであると思うし、さらに、わざわざこの文で“この島”という言い回しもされているので、ひとつの事柄を述べている文章でもある。 
 それで結論を先走るが、この文の表記自体が、“上”からの荷電粒子を肉体=月(ツキ)で止めていくことを指し示す表記だと思う。 
このことを思う根拠として、まず“筑紫島(つくししま)”について述べることとする。 

“築紫島(つくししま)”の築は、いうまでもなく建築の築であり、意味は、土や石をつき固めて土台を造るとか、建物などを造るって事であるが、これもたんぱく質の高分子化=“自凝(おのころ)”の仕組みを示唆しているものであると思うし、だからこそ“島”って表記が当てられていると思う。 
そして“築紫島(つくししま)”の紫であるが、これも紫っていう字を構成している部首を観ると、“上”からの荷電粒子を止める意味の止と、受け止める意味の匕部(ひぶ)ひ、さじ、さじのひ、(さじ、あるいは変化の意符をもつ)と、糸=神経、それは“五六七(みろく)”の“五”(五の象形文字は糸巻き=コイルを示す)でもあると思うし、当然のことながら進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した生物は、神経が密になり、神経が密になったからこそ磁束が発現して、ローレンツ力も強化されていくし、強化されたローレンツ力ローレンツ力 は、“上”からの荷電粒子を自らの肉体と心(靈)ローレンツ力を持っていない霊=○、荷電粒子の場(フィールド) に止め、そして増幅して(“畐”、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信))オーラとしていくものである。
今述べたことと重複する内容が示されているが画像を作ったので以下に貼っておく。

紫の解字


  よって“筑紫島(つくししま)”という表記そのものが、“上”からの振動を受け止め=止と匕部(ひぶ)、そして、進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)において糸=神経が発現、あるいは、神経がコイル状になる=“五六七(みろく)”になるという意味を示すし、神経が密になる組織がたんぱく質の高分子化=“自凝(おのころ)”と“上”からの影響で“島”となるっていうことだと思う。 

 それで、平均的地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)についてはこれまで何回も述べてきたことであるが、平均的な地球人の進化におけるオーラは、“一”=智性=1番目のオーラが小さく、だからこそ“智性(“一”、1番目のオーラ)無き心(靈)”は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”という心(靈)の動きをする。
それを言い換えれば、平均的地球人の進化は、土=2~3番目のオーラが中心であり、そして心(靈)の発現でいえば自我の確立=固定化であり、だからこそ“石屋の仕組み”(帯電するミネラルが固まっていない=真固止ではない=腹の水(“江戸と尾張”の“江”)、ヨガで言うところのマニピューラチャクラ中心の進化過程であるが、それでは、天意の受信、神の思惑、“創造”の“主(ヌシ)”の振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)はあまり無く、まだ動物(“日月神示”表記のケダモノ)に近い進化過程である。 
このことについても以前分かりやすいと思える画像を作ったので、以下に貼っておく。
平均的地球人と“上”との感応共振

“一二三”のオーラと心(靈)の発現

 この画像が示す平均的地球人の進化過程に対し、今後=アセンション後の地球人の進化は、“一”=智性=1番目のオーラが大きくなる。 
そうなると、頭の水平磁場による“上”からの高い振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)が起きるものであり、その感応共振により自らの思想(伊邪那岐(いざなぎ)の“岐”、日足(ひたり)の極性の強化)を構築し、そうなった人の心(靈)、それが“日月神示”表記の“天詞様”であり、さらに、今後=アセンション後の“創造”を担う、“創造”の“主(ヌシ)”から任される霊的資格=霊的成長度を、(“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことの)“行”により獲得した人(日止、霊止)を指した表記が“役員”でもある。
その(現時点より“上”になる人の)進化過程のオーラの画像も、以下に貼っておく。
アセンション後の“創造”を神から託される人のオーラの構成


 それで“築紫島(つくししま)”に続く文の“この島、白日別(しらひわけ)、豊日別(とよひわけ)、建日向日豊久土比泥別(たけひむかひとよくづひぬわけ)、建日別(たてひわけ)。”であるが、この文の表記の“日別(ひわけ)”の“日”は、いうまでもなく太陽からの振動、電磁波であり、それを受け止めた(止、匕部(ひぶ))が、“上”の振動を“別”にするっていう意味のことであり、それは、肉体(月(ツキ))を構成するたんぱく質は、進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)においてだんだん高度な組織が発現していく事を、太陽凝視を行っている鍼灸師の話<3> 神格化のプロセス 目上(めうえ)と目下(めした)で○○○大先生が説明した。 当然のことながらこの本で何度も引用したミミズ、ヒル、ゴカイ君は、たいして発達した心(靈)を持っておらず、非常に程度の低い本能しか持っていないことは周知の事実であるし、それがまた、第三十帖の“水蛭子(ひるこ)、淡島(あわしま)”の進化過程では、肉体の構造も単純、肉体を構成するたんぱく質も低分子、神経も密ではない=たいしたローレンツ力ローレンツ力 を発生できないという事を指摘できうるものである。 
 さらに、高度な組織の発現、それは、脊椎動物の進化の果て(○ 九 十 の“九”)は、大脳新皮質=目上(めうえ)の脳の発現であり、それは心(靈)の発現でいえば智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)でもある。 その意味のことが“この島、白日別(しらひわけ)、豊日別(とよひわけ)、建日向日豊久土比泥別(たけひむかひとよくづひぬわけ)、建日別(たてひわけ)。”から感じられ、まず、“この島、白日別(しらひわけ)”は、白い“上”からの振動、それは<3>で述べた可視光線以上ともいえるし、青方変移ともいえる。 
要は、高い振動を指すものである。 
そして“豊日別(とよひわけ)”は、“上”からの振動を受け止めた肉体を持った心(靈)=生命が、受け取るべき振動は多様であり、だからこそ、“上”からの振動と自らの肉体が持つ“自凝(おのころ)”の仕組みにより、高次の組織が出来上がることを示唆している。
そして“建日向日豊久土比泥別(たけひむかひとよくづひぬわけ)”は、まず、土と泥、これは帯電するミネラルを示した表記だが、それは進化において高次の組織が出来=“上”からの振動との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)と“自凝(おのころ)”の仕組みで出来上がる組織の区別を土と泥という表記で区別し、それは多様であるから豊かで、進化してしまえば=一定の進化レベルに達したならば、高次の組織は(遺伝子(日足(ひたり)周りの螺旋、うず)の働きにより)恒久的に作られるから、久しい、が、当てられ、それは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)すれば、日に向かい=“向日(むかひ)”(“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと)、日(太陽)によってさらにたんぱく質は高分子化するから進化した生物は“建日(たけひ)”である。
 そしてこの文の最後の“建日別(たてひわけ)”は、今述べた“白日別(しらひわけ)、豊日別(とよひわけ)、建日向日豊久土比泥別(たけひむかひとよくづひぬわけ)”を要約した言い回しであり、そしてそれは“築紫島(つくししま)”という言葉に秘められた秘密(“この島”っていう言い回し)である事を示唆している。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “隠岐の三子島(おきのみつこしま)” “天之忍許呂別(あまのおしころわけ)”の意義


 前回の続き、以下の文章を解釈しまんねん。 それで第三十帖の文は大変重要なことを言うてるから、今回も取り上げた文は短いけど今後も小刻みに解釈していくこととしまんねん。

“次、隠岐の三子島(おきのみつこしま)、天之忍許呂別(あまのおしころわけ)。”

 まず、“隠岐の三子島(おきのみつこしま)、天之忍許呂別(あまのおしころわけ)”が、句読点の「。」で区切られていることに着目して、よってこの二つの表記は、取りまとめて考えるべきだと思う。 またこの法則は、日月の巻 第三十帖の残りの文章にも言えることだと思う。
それでこの文の“隠岐の三子島(おきのみつこしま)”は、隠れる、伊邪那岐(いざなぎ)の岐、そして、三、子、島、で構成されている。 
伊邪那岐(いざなぎ)の岐は、今までも述べてきたように、日足(ひたり)の極性=思惑、思想、そしてそれは脳を示しているが、人が霊的成長を果たし神格化すれば、その思想は神の思惑=天意と同等になるべきである。 そしてそれが“日月神示”表記の“天詞様”でもある。 さらに神格化した人のオーラは、完成を示す“王”であり、その“王”から|(たてぼう、こん、縦の磁性))をはずした表記が“三”(“一二三”のオーラ)であるが、それが肉体に隠れているっていう意味の表記が“隠”と“三子島”であると思うし、そしてその“子”が示す未熟な状態は=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)程度が低いときは、“岐”=日足(ひたり)の極性が顕現しておらず、だからこそ“隠岐”という表記が当てられているものと思う。 よってこれも進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の初めの状態を指す表記であると思う。
補足として、“三子島”の“三”は、“一二三”のオーラの発振、発信の“元”でもあり、これまで幾度となく述べてきたように、肉体は三つの大きなコンデンサーで構成されている。 そしてそれは脊椎動物の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のテンプレートでもある。 よって、第三十帖の冒頭の表記の“水蛭子(ひるこ)、淡島(あわしま)”では、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)しないっていう意味合いも含んでいると思われる。

次に“天之忍許呂別(あまのおしころわけ)”であるが、この表記の冒頭の天は、天っていう字のニュアンスが“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)や“創造”の“主(ヌシ)”、神、いろんな言い回しが出来るが、第三十帖は、月(ツキ)の巻=肉体の“創造”の巻であるから、完成された人という意味での天=“一”=智性=1番目のオーラ+自省(胸の磁性“十”)+人(日止、霊止)って解釈が妥当だと思う。 解字の画像を以下に貼っておく。

天の解字


 それで“天之忍許呂別(あまのおしころわけ)”っていう表記には“島”って表記が付けられていない。 
これは、この表記自体が“島”=たんぱく質が高分子化した何かその物を指すのではなく、そう思う根拠は、この表記の一文字々々を見ると分かる。 
それは、“天”“之”(これ)“忍”(しのぶ、外見では判らない、秘密の意)“許”(ゆるす、許可される)、そして“呂”(荷電粒子の回転)“別”(区別の意)であると思うからでもある。 
それは人の完成された表記である“天”は、外見では分からない荷電粒子の回転を持ち=“一”、智性、1番目のオーラが大きくなり、またそれは“一二三”のオーラが肉体のシンクロトロン放射に由来する事=水平磁場に由来する発振、発信であるし、だから、(神格化した生命としての)“天”は、之(これ)、外見では分からない(“行”によって)許された荷電粒子の発振、発信、強固な“一二三”のオーラを持つのが、神格化であるという意味だと思う。
そしてそれは、先に解釈した“隠岐の三子島(おきのみつこしま)”が、日足(ひたり)の極性の隠れた未熟な“一二三”のオーラの発振、発信の“元”=島という意味であったから、生物が進化して“日止、霊止”になる過程、それは“上”からの荷電粒子を止め(“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと)、自らの心(靈)=霊、○、荷電粒子の場(フィールド)が、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)(“畐”)するには、自らの肉体の電気特性が上がり、それは“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化した肉体でもあるが、そうなれば、円形加速粒子器、サイクロトロン、そして水平磁場によりシンクロトロン放射に移行し、よってそれは、荷電粒子の回転である“呂”になっていき、それを示す表記が示す偏(へん)と呂である“神”っていう字でもある。

ここまでのことを踏まえてからこの文を見れば、脊椎動物である人は、神格化の道を歩むべきことを感じさせ、それそのものが、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”=現象化である“日止、霊止”という生命(生きる使命=存在理由)の“創造”であることを思わせられるものである。

今回はこれくらいにしときまんねん。

Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (464)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (12)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード