“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “野神(ぬのかみ)、野神(ヌノカミ)、鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)、野椎神(ぬつちのかみ)、”の意義

今回も、前回解釈した“久久能智神(くくのちのかみ)、山神(やまのかみ)、山神(ヤマノカミ)、大山津見神(おほやまつみのかみ)、”に続く表記の“野神(ぬのかみ)、野神(ヌノカミ)、鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)、野椎神(ぬつちのかみ)、”について解釈しまんねん。

 まず、“野神(ぬのかみ)、野神(ヌノカミ)、”だが、これは以前、日月の巻 第五帖で、“野”について解釈した。 そこではまた、“山”についても“川”についても解釈した。
 要は、高い心霊の言い回しである“野”“山”“川”など、他の言い回しもあるが、これらすべて、肉体(月(ツキ))の組織とその働き(心(靈)の発現)を指しているものである。
 それで、日月の巻 第五帖の“神は人であるぞ。山であるぞ。川であるぞ。めである。野である。草である。木である。動物であるぞ。”の文を解釈したところから、コピペしておく。

この第五帖の“神は人であるぞ。”は、神の思惑を顕現する役目は人であり、人っていう字は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であるって解釈をしてきているし、そして天意(“上”からの荷電粒子)を受け、自分の身魂=肉体と心に止める意味の表記が“日止、霊止”でもある。
そして“山であるぞ。”は、山=目上(めうえ)の脳、“川であるぞ。”は、腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンのこと。
 “め である。”は、目が“神国”(智性(神性)が発現した心(靈))を高める器官である事を示すし、現津(あきつ)、観察され得る事象に対するもっとも高度な 観察は、視覚によってなされるものでもあるという意味。 
それは“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことは、日足と砌(ひたりとみぎり)の 極性を持つ両眼で、“上”の思惑=太陽からの電磁波を食い、吸収して、そして両眼から視神経を流れる生体内電流は、脳内で電磁誘導を起こし、左右の大脳半 球で水平磁場を構成して、その水平磁場と縦の磁束で、たんぱく質の高分子化を起こし、だからこそ長年の太陽凝視は、(腹のエネルギーの一部でもある)精液 の減少ってことが診られ、それは脳内の高分子化したたんぱく質に変換されているものである(ヨガでいうところのオージャス)との私見を(○○○大先生自身 が、自分の体験に基づいて)持っている。
だからこの文では、“山”“川”“め”って順番で述べられ、次に述べられている“野である。”については、以前画像を作ったから画像で意味を示す事とする。
野の解字 (富士の巻 十七帖) 

そして次の“草である。”は、艸部(そうぶ)艹、クサカンムリ(芽生えるの意)と、太陽である“日”そして“十”(胸の磁性“十”、シンクロトロン放射)を示した表記である。   
このことも何回も述べてきたのであえて詳しく述べないことにする。  
ほんでから次の“木である。”は、胸の磁性“十”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記である。 その次の“動物であるぞ。”は、人の肉体は、動物と共通であることを示すし、だから自我から“下”の心(靈)ばかりになると人は“ケダモノ”のような行動をとるものでもある。 
引用終わり。

それで今、日月の巻 第三十帖を解釈しているのだが、その上で上記の解釈を改めて読み返すと、この文の“神は人であるぞ”は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)による荷電粒子の回転=神という解釈も成り立ち、そして“動物であるぞ。”は、進化の段階を指し示すこと、それは肉体(月(ツキ))の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)のことを意味している言い回しと感じ取れるものでもあるな。
そして次に書かれている“鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)”の“鹿”だが、これは太陽凝視をしてアジナーチャクラが鹿の角のように発達した様子であるとしか思えない。
それは、○○○大先生の一冊目の著書、ローム太霊との出会い に、○○○大先生が初めて太陽凝視を教えてくれたKさんに会ったとき、○○○大先生の霊眼(れいがん、憑き物の視覚を共有し、人の目の機能が感じ(感じる磁性)る可視光線以外の電磁波を感じ(感じる磁性)こと)で観測した、アジナーチャクラとクンダリーニの白光(シンクロトロン放射)、イダとピンガラ、アナハタチャクラ、それらを観測した絵を書き、その画像を載せた。 その画像で角のように発達したアジナーチャクラを見てほしいのだが、こういう発達をするには、倒れるほどの太陽凝視を何年も行わなければこうはならないものであることも、追記しておく。

太陽凝視を教えてくれたKさんのアジナーチャクラ クンダリーニの白光(シンクロトロン放射) 

そして“鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)”“屋(や)”は、尸(しかばね、かばね、心(靈)と肉体で人成り立っているが、心(靈)以外の物質としての肉体の意味)と、横隔膜(“日月神示”表記の“戸”、マニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門)を示す横棒━、そして厶部(しぶ)(物を囲い込んで自分のものとする様子に象る。手を「伸ばす、伸びる」の意がある)と、肉体(月(ツキ))を構成する土(“石”(帯電するミネラル)と同義)、そやからこれはアジナーチャクラ(チャクラ(荷電粒子の回転を示す))と、上との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を示す表記であり、それに続く“野”は、先に画像で示した通りのことであり、そして“比売神(ひめのかみ)”は、“比売”は砌(みぎり)であり、それは事象に顕現した肉体(月(ツキ))であり、その肉体(月(ツキ))による荷電粒子の回転=神という意味のこと。
そしてこれに続く“野椎神(ぬつちのかみ)”の“椎(つち)”の意味が椎骨、背骨を表すものであると思うし、その解釈で“野椎神(ぬつちのかみ)”を見れば、頭(脳)と背骨による荷電粒子の回転を示唆していることがすぐ分かるものである。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “久久能智神(くくのちのかみ)、山神(やまのかみ)、山神(ヤマノカミ)、大山津見神(おほやまつみのかみ)”の意義


今回も、前回解釈した“速秋津比神(はやあきつひのかみ)、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)、速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)、風神(かぜのかみ)、風神(カゼノカミ)、志那都比古神(しなつひこのかみ)、木神(きのかみ)、木神(キノカミ)、”に続く表記の“久久能智神(くくのちのかみ)、山神(やまのかみ)、山神(ヤマノカミ)、大山津見神(おほやまつみのかみ)、”について解釈しまんねん。

まず“久久能智神(くくのちのかみ)”についてだが、久、久、能(能力の能)と、智性(日を知る性質)(神性)の表記があり、“久”が二つ書かれているのは、日足(ひたり)と砌(みぎり)であると思う。 
そしてこれは、思惑(日足(ひたり)の極性)と顕現(砌(みぎり)の極性(事象への顕現))であり、事象の創造の(永遠の=久しい)仕組みともいい得る。
それで、“日止、霊止”となりうるべき地球上で進化した生物、脊椎動物の究極(○ 九 十 の“九”)の左右相称動物として、一番高分子化したたんぱく質を有しているのは、目上(めうえ)の脳、それは大脳新皮質で、いうまでも無く智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)の心(靈)の動きをする部分でもある。
それをこの第三十帖の表記では“山神(やまのかみ)、山神(ヤマノカミ)、大山津見神(おほやまつみのかみ)”の、(高い心霊が使う言い回しの)山=脳という表記が示している(それに続く神は、いうまでも無く肉体(月(ツキ))の電気特性による荷電粒子の回転の意)。
そして“大山津見神(おほやまつみのかみ)”は、大は脊椎動物の究極の進化の姿、人(日止、霊止)が手足を広げた様を表し、山は目上(めうえ)の脳であり、津は中心の意味、そして、この場合の見るという字は、目と、時間の進行を示す儿部(じんぶ、にんにょう)。それは、儿部(じんぶ、にんにょう)は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)で構成されている。 要は、個々の心(靈)が“観察と認識”を行っているという意味合いの事。 
そしてその認識(悟り、幸取=さとり)は、“うれしうれし”“大歓喜”の事象を“創造”するための基準=“能”、それはまた、自らの在り方の指針となりうる天の御目(あめのおめ)の獲得であり、さらに、目上(めうえ)の脳の荷電粒子の回転=神(“一”=智性=1番目のオーラ)は、これまでも述べたとおり“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)で、それが人から“日止、霊止”っていう表記になっていく事でもある。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “志那都比古神(しなつひこのかみ)”と、それを強調する表記の意義


今回も、前回解釈した“海神(わたのかみ)、海神(ワタノカミ)、大綿津見神(おほわたつみのかみ)、水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)、”に続く表記の“速秋津比神(はやあきつひのかみ)、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)、速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)、風神(かぜのかみ)、風神(カゼノカミ)、志那都比古神(しなつひこのかみ)、木神(きのかみ)、木神(キノカミ)、”について解釈しまんねん。

 さて、前回解釈した“海神(わたのかみ)、海神(ワタノカミ)、大綿津見神(おほわたつみのかみ)、水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)、”は、腹の水(海(わた)(ワタ)水戸(みなと)(ミナト))で、それは腹の中身であり、さらに“水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)”の戸は、これまでの述べてきたとおり横隔膜(“日月神示”表記の“戸”、マニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門))であり、そしてその水の意味をさす表記は“江戸と尾張”の“江”と同義であり、だから進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)における自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン、そしてそれは、太陽神経叢などの腹の神経で、頭、脳に比べれば密ではないから=“五六七(みろく)”ではないから、綿、わた、ワタ、という表記が当てられていると解釈した。
 これも、人間という神の“思惑の顕現”である生命の肉体(月(ツキ))の最終段階(○ 九 十の“九”)に於ける進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)の、自我から“慈悲”と“慈愛”のことを述べているし、岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開くことを、今回取り上げる文以降でも述べているものでもあるが、それは後述するとして…それで、今回解釈する“速秋津比神(はやあきつひのかみ)、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)、速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)”には、自省(胸の磁性“十”)の意味を持つ“秋”という表記が入っており、そして“一二三”のオーラの構成をするコンデンサーとして、前回は“水”(海(わた、ワタ)、水(みな、ミナ))の表記があり、今回は空気を示す“風”の表記があるので、これも脊椎動物の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の過程としての自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”の発現を示したものであると解釈をするのが妥当だと思う。
 そしてさらに、この意味のことを示す“木神(きのかみ)、木神(キノカミ)”。 この“木”は、木材とかの意味ではなく、胸の磁性“十”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、自省(胸の磁性“十”)した心(靈)が、その心(靈)の動きで“上”と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して自らの心(靈)の発現を下三つのチャクラから上三つのチャクラの覚醒とするのは、自らの心(靈)が高振動化して、“一”=智性=1番目のオーラが大きくなることでもあるが、これが自らの心(靈)を神格化のために(磁束の強化により)創造するのと同義でもあるし、“下”(低い心(靈))から“上”への心(靈)の発現と動きを顕現するのは、肉体(月(ツキ))の変容=“身魂磨き”(生体内電流による肉体組織の結晶化)と、心(靈)の変容(“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、自らの心(靈)の“上”“下”を観て、自分の在り方を思うこと)でもあるからこそ、肉体(月(ツキ))においては、縦の磁束と横の磁束の強化による自凝(おのころ)の仕組みで、肉体(月(ツキ))を構成するたんぱく質の高分子化でもあるし、それが“行”の意義でもある。 
そして“行”が智性(“一”、1番目のオーラ)を増す“行”ならば、心(靈)は荷電粒子の回転であり、それが凝集して、高密度、高振動になるからこそ、“上”からの荷電粒子の高い部分と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する。
少しややこしい言い回しになったのでもう一度述べるが、心(靈)=○、荷電粒子の場(フィールド)自体が、自我から“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現によって、その荷電粒子の回転は、高密度になるから、回転の場(フィールド)は小さくなり=固まり、それが3番目のオーラが2番目のオーラに高振動化して変化することであり、また、2番目のオーラは智性(“一”、1番目のオーラ)になっていくのであるが、そうやって、より“上”からの振動を止めるような(“修理固成”(しゅうりこせい)した)心(靈)になることを、示唆しているのが、前回解釈した事と今回解釈している事、それが腹から胸への心(靈)の発現と動きの変化と思う。 
さらにそれは、“創造”の“主(ヌシ)”を思惑を、速く顕現するのが“日止、霊止”の使命であり、それは、秋(自省(胸の磁性“十”))に秘訣があり、それを強調した表記が津(中心)であり、そして比、比較の比、腹から胸への比較、あるいはたぐい(類い、比(たぐい)))、神(荷電粒子の回転)。
 このことを踏まえ“速秋津比神(はやあきつひのかみ)、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)、速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)”を観れば、この三つの表記の最初の“速秋津比神(はやあきつひのかみ)”は、“比売(砌(みぎり))”の表記ではない。 
これは、自我から“慈悲”と“慈愛”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が、順番として先に“慈悲”と“慈愛”の発現では無く、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の順番は自我が肥大し、自らの行動に失敗を感じ(右往左往)、そして自省(胸の磁性“十”)するからであり(左往右往)、それは自らの行動による心(靈)の構築であるから肉体(月(ツキ))に備わっていないので、先に書かれていると思うし、そして“速秋津比神(はやあきつひのかみ)”→“速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)”の表記の意味は、“比”と“比売(ひめ)”(砌(みぎり)の極性(事象への顕現))であるが、これは肉体(月(ツキ))に備わるべきものなのだと言う意味だと思うし、だからこそこの三つの表記の最後に“上”の思惑としてのカタカナ表記の“速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)”が書かれ、その順番で進化(霊的成長、神格化に向かうこと)して行けよ…という、“上”の思惑を感じさせるものでもある。
そしてこれらの表記はすべて“志那都比古神(しなつひこのかみ)”にかかる表記であると思う。 
そう思う根拠として、まず“志那都比古神(しなつひこのかみ)”の志は、志す(こころざす)でもあり、さらに“士”は、前に解字で示した“吉”と同じで、“一”=智性=1番目のオーラより“上”に|(たてぼう、こん、縦の磁性))が出ている表記でもある。
それは神の子としての、神の“思惑の顕現”=現象化としての生命の究極(○ 九 十 の“九”)である人(日止、霊止)が志す何かは、言葉が重複するが、神の思惑の顕現を(“日止、霊止”が)実現する事象であり、それは、誰もが早く(速く)、神格化を目指す、あるいは目指せる世界(現津(あきつ)、観察され得る事象)であり、まもなくアセンションを向かえつつある地球人は、今までの低い進化過程(“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”)(智性(神性)無き心)の心(靈)の動きを、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”と見做すことができるようにならなければならず、それはまた、自分自身の心の中にも悪を許さない心になるべきでもある。
だから今、これまでやってきた事の結果が、地震なり原発事故なり災害なり、恨みの連鎖の霊的干渉の影響を示している猟奇的犯罪なり…進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿わない心(靈)の動きは失敗の事象を“創造”しているのだということを、様々な事柄で“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は示している。
よって“志那都比古神(しなつひこのかみ)”の、“志(し)”は、神格化を目指す心(靈)、それは当然のことながら“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)ではない。 その“役員づら”の心(靈)の動きは、これまでの述べているとおり、貴い“上”からの情報を勝手に引用して自分たちの欲望を満たしている。 それは次に書かれている“那(な)”ではなく、“那”には、美しい、安らか、多い、豊かの意味があり、神格化を目指す心(靈)は(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者であるからこそ、この意味の字である“那”が当てられているのだと思うし、そして次の“都(つ)”は、一般には皇居のあるところという解釈だろうが、Kellyさん的には天意が降りる、集まるの意味だと思う。
そして“比古神(ひこのかみ)”(日足(ひたり)の極性の表記である比古と、荷電粒子の回転)という意味であり、そして今回取り上げた文はこの後の表記で、智性(“一”、1番目のオーラ)の発現を示唆した文につながっていくのだが、それはまた後ほど。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “海神(わたのかみ)、海神(ワタノカミ)、大綿津見神(おほわたつみのかみ)、水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)”の意義

今回も、前回解釈した“風木津別之忍男神(かさけつわけのおしをのかみ)、風木津別之忍男神(カサケツワケノオシヲノカミ)”に続く表記の“海神(わたのかみ)、海神(ワタノカミ)、大綿津見神(おほわたつみのかみ)、水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)、”について解釈しまんねん。

まず、海神(わたのかみ)、海神(ワタノカミ)、そして大綿津見神(おほわたつみのかみ)の次の、水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)、という表記は、腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンのことであり、また、戸の表記は、横隔膜(自我から“慈悲”と“慈愛”への関門。 マニピューラチャクラからアナハタチャクラ)、これまで使ってきた言い回しならば“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”で、さらに換言すればこれは、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(動物の心(靈)の段階)の脳と心(靈)の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)でもある。 この平均的地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)から、進化して神格化への道をたどるための大きな関門(“創造”の“主(ヌシ)”の計画)がアセンションであり、それは自己奉仕者と、(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者を分ける作業でもあるし、S会=紫光会の交霊会で使われた言い回しを引用すれば“これからの人、明日の人”(これも、アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした奉仕者への進化のこと)である。
それで“水戸之神(みなとのかみ)、水戸の神(ミナトノカミ)”に当てられている“水”(腹の水)から“戸”は、これまでも“日月神示”表記のそれは、マニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門であることを述べてきた(“江戸と尾張”の江(水)戸と同義)。 そして今回取り上げた文の“大綿津見神(おほわたつみのかみ)”の綿(繊維が疎らな(まばらな)状態を指す)っていう表記は、腹のチャクラ(荷電粒子の回転を示す)を構成する神経叢(そう)。
これが意味するところとして、生物の肉体(月(ツキ))の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)において、当たり前のことを述べるが、いきなり目上(めうえ)の脳、神経が緻密になったもの、大脳新皮質が出来上がったのではない(また、この表記“大綿津見神(おほわたつみのかみ)”に、カタカナが書かれていないのは、肉体(月(ツキ))(砌(みぎり)の事象)のことだけであるからでもあると思う)。
そして大脳新皮質、これは、日足(ひたり)の極性である、男を構成する字の“田”(心、靈、の四つの場(フィールド)でもあり、あるいは高い心霊が使う表記の山(左右の大脳半球)という表記を示唆するものでもある。
それで重複するが、これが出来上がった生物が進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)においていきなり出現したのではない。 そして神経が一番密な組織は、脳(山)であり、それ以外の組織は当然、疎ら(まばら)でもある。
(このことは、“日月神示”表記の“五六七(みろく)”の“五”は、糸巻きのように神経が密になっている表記なのだという解釈をした根拠でもある)
 さらに、腹にある神経叢は、太陽神経叢、下腹神経叢であり、これは下三つのチャクラ(荷電粒子の回転を示す)、ムラダーラチャクラ、スワディスターナチャクラ、マニピューラチャクラを構成するものであり、当然のことながら、頭のチャクラであるアジナーチャクラ、サハスララチャクラよりも神経は密ではない。 
また、密ではないからこそ、その段階での“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)は、その進化(霊的成長、神格化に向かうこと)程度によることしかなく、自我の確立=固定化の進化過程は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”でもある。 当然この進化過程(“石屋の仕組み”)では、“うれしうれし”“大歓喜”の事象=世を“創造”することは出来ないし、その資格が無いと言い得るものでもある。
それで今回取り上げた表記は、この後の文、“速秋津比神(はやあきつひのかみ)、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)、速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)、”に続く表記だが、その意味はまた後ほど。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “風木津別之忍男神(かさけつわけのおしをのかみ)、風木津別之忍男神(カサケツワケノオシヲノカミ)”の意義


今回も、前回解釈した天之吹男神(あめのふきをのかみ)、天之吹男神(アマノフキヲノカミ)”“大屋毘古神(おおやひこのかみ)、大屋毘古神(オオヤヒコノカミ)”に続く表記の“風木津別之忍男神(かさけつわけのおしをのかみ)、風木津別之忍男神(カサケツワケノオシヲノカミ)、”について解釈しまんねん。

 まず、風の表記だが、これは胸の“臓腑”、その臓(月部(げつぶ、にくづき)と蔵、コンデンサーの意、このことは“改”で説明した)は、肺であるし、肺の中身は空気である。 
これまでも述べてきたように“一二三”のオーラの構成(種類の違うコンデンサーが縦=“上”“下”に並んでいる)にかかわることとして、頭と胸と腹は内容物が違うコンデンサーである事を述べてきた。 
それは、頭は結晶化した“石”(帯電するミネラル)を多く含み、胸は空気、腹は水(錯体)であり、だから“日月神示”では腹の心(靈)の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)を“江戸と尾張”と称している。
 それで“風木津別(かさけつわけ、カサケツワケ)”という表記を見ると、今述べた肺の空気の意味の風、そして胸の磁性“十”に丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が加わった表記の木、そして津は、先に解釈した“津島”の津であり、津の意味は、港をひかえ人の多く集まる所、あるいは中心などの意味を持つが、これは腹の組織=島で、それはまた腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンである。
 その腹の位相のサイクロトロン(“江戸と尾張”)は、自我の心(靈)であり、そのエネルギーは大日如来の条帛(じょうはく)のように左回転して上昇する事を前のブログで説明した。 
それがまた“日月神示”表記の左=日足(ひたり)回転でもある。
“日月神示”表記 善の回転と悪の回転
そしてこの“日月神示”の左回転と右回転には、右回転に地球人の“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の心も感じさせ、また左回転には現地球人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の順番をも指し示すものである。
それは、自我から心(靈)が“上”に向かわない人間が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”であり、その価値観や思想で行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)している人間は“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)であるし、当然の事ながらその心(靈)の動き=“どういうつもり”(行動の根拠)では、今と同じ恨みの連鎖の霊的干渉に満ち満ちた世界を創造するからこそ、その霊的成長度において区別する作業が、アセンションである。 

(だからこそ、誰もが次の世界=アセンション後に移行できるわけではなく、ごく少数しか移行できないものである)

 その自我の心(靈)=腹のエネルギーを上昇させ、“慈悲”と“慈愛”の心(靈)に移行するのは、肉体(月(ツキ))の縦の磁束、背骨、尾骨(“江戸と尾張”の尾の磁性を張る)と脳(岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開くの山)といってもよいが、その強化が必須であり、大半の地球人は“一”=智性=1番目のオーラが小さいから、頭にエネルギーが引きあがらないものでもあるし、だからこそ智性(神性)が足らない…足ら無さ過ぎるからこそ、艮(うしとら)の金神は黒住教で朝日の日拝(にっぱい)(太陽凝視の入門、初心者向け)を教え、“日月神示”で“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことを説いた。
(あえて言うまでも無く、太陽凝視は、目上(めうえ)の脳の心(靈)、智性(“一”、1番目のオーラ)(神性)を増していくものである)

 その自我のエネルギーの引きあがり、その意味において“風木津別(かさけつわけ、カサケツワケ)”という表記が使われており、この表記に続く“之(の、ノ)”は、これ、之れ、であり、それに続く“忍男神(をしおのかみ、ヲシオノカミ)”は、刃と心(靈)、これは“天忍男(あめのおしを)”で解釈したので、以下にコピペしておく。

“天忍男(あめのおしを)”の“忍”という字を観れば、刃(やいば)と心(靈)であり、刃は鉄を鍛えて作るものであり、また強力な磁性を帯びるものであり、それは鉄分子の並びが一定方向を向く=結晶化するからで、よって“忍”という字には、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化が感じ取られ、よって、刃と心(靈)という表記は、強力な磁性を発現した肉体(月(ツキ))と心(靈)であるとも言い得るし、そして忍耐の忍でもあるから、“上”が課した試練に耐える心(靈)でもあるし(S会=紫光会でよくローム太霊が述べた“苦に苦を重ね、苦を求め、更に苦を求めるのだ。楽を求めてはいかん。”の意味)、またそれは“上”との感応共振をするものであるからこそ、試練から逃げない=苦に耐える心(靈)が進化したならば“日月神示”表記の“天詞様”であるといえる。 

引用終わり。

そしてこれに続く男は、いうまでも無く日足(ひたり)の極性、そしてその後に荷電粒子の回転の意味を持つ神が当てられている。
よって“風木津別之忍男神(かさけつわけのおしをのかみ)、風木津別之忍男神(カサケツワケノオシヲノカミ)”には、現地球人はこうならねばならぬ、こういう進化を歩むべきなのであるという表記で、これに続く表記もこのことを感じさせるものであるが、それはまた後ほど。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “天之吹男神(あめのふきをのかみ)、天之吹男神(アマノフキヲノカミ)”“大屋毘古神(おおやひこのかみ)、大屋毘古神(オオヤヒコノカミ)”の意義

 今回も、前回解釈した“大戸日別神(おほとひわけのかみ)、大戸日別神(オホトヒワケノカミ)”に続く表記の“天之吹男神(あめのふきをのかみ)、天之吹男神(アマノフキヲノカミ)、大屋毘古神(おおやひこのかみ)、大屋毘古神(オオヤヒコノカミ)”について解釈しまんねん。

 まず“天之吹男神(あめのふきをのかみ)(アマノフキヲノカミ)”の天は、“一”=智性=1番目のオーラ+自省(胸の磁性“十”)+人(日止、霊止)であり、現地球人よりも相対的に霊的成長を果たした人を指す表記、それは人の中での“上”であり、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して自らの思想と成す人でもあり、人を霊的成長に導く指導者でもあり、それが真の意味での天皇(天の白い王、白いは胸の磁性“十”によるクンダリーニの白光(シンクロトロン放射)を指し示す)であり、“日月神示”表記の“天詞様”でもある。
 そしてその、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)は、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑=日足(ひたり)の極性の発振、発信でもあるし、それを自身の思想と成す事、それがまた霊的成長であり、神格化のプロセスでもある。 そして思想(例えば“どういうつもり”)というものは、伊邪那岐(いざなぎ)の岐(山=脳、支=ささえ、わかれの意)であるから、男(“田”(心、靈、の四つの場(フィールド)、大脳の新皮質)と、事象の“創造”のための“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む))と、吹く(“畐”)が当てられているものでもある。 
 そして今後=アセンション後の事象の“創造”は、今の砌(みぎり)の極性が盛んな世(“四”)(外側(外国と幽界)の事象ばかり見ている人が多いし、だからこそ物欲中心、そして金の奴隷と成り果てている、それは低い功名心と自尊心によるもので、腹の段階の心(靈)の発現とその動き=“江戸と尾張”であり、その心(靈)の動きによる事象が恨みの連鎖の霊的干渉を増しており、それがまた“日月神示”表記の“石屋の仕組み”でもある)ではなく、日足(ひたり)の極性が強まるからこそ、“日月神示”では、神経が密になる(“五”、糸巻きの象形文字)意味の表記の“五六七(みろく)”が当てられているものでもある。
(ちなみに“六”は、爻部(こうぶ)=丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、交わるの意味、“七”=“一”=智性=1番目のオーラ、あるいは、“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”(亜から出ずる、アイ))

 次の“大屋毘古神(おおやひこのかみ)オオヤヒコノカミ)”は、大は脊椎動物の最終の進化(○ 九 十 の卆(そつ、卒業の卒の異体字))、屋は、尸(しかばね、かばね、心(靈)と肉体で人は成り立っているが、心(靈)以外の物質としての肉体の意味)と、横隔膜(“日月神示”表記の“戸”、マニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門)を示す横棒━、その下に厶部(しぶ)(物を囲い込んで自分のものとする様子に象る。手を「伸ばす、伸びる」の意がある)、そして肉体(月(ツキ))を示す土(人の完成を示す“王”から“一”=智性=1番目のオーラをはずした表記)。 
そして毘古(ひこ、ヒコ)も、比売(ひめ、ヒメ、砌(みぎり)の極性(事象への顕現))に対しての日足(ひたり)の極性を示し、また、直毘(直日、なおひ)(胸の磁性“十”の心(靈)の動き)の毘でもある。 
 
 よって“大屋毘古神(おおやひこのかみ)オオヤヒコノカミ)”の大屋と毘古(ひこ、ヒコ、日足(ひたり)の極性)は、現地球人の心(靈)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を指し示す表記であり、この意味の表記はこれまでも何回も出たし、これからも出てくる。
 このことは、“日月神示”を伝えた“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の意図を考えれば分かる事。
 それは、今後=アセンション後に位置しようと思うならば、このこと(自省(胸の磁性“十”)、マニピューラチャクラからアナハタチャクラ、自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”、ローム太霊の言葉の右往左往から左往右往)を思い、今と同じ恨みの連鎖の霊的干渉に満ち満ちた“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の回転=右回転の事象の創造をしないことを思い、自分は“どういうつもり”で在るべきか、常に思うべき(“観自在”、自分の在り方を観る)である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “大戸日別神(おほとひわけのかみ)、大戸日別神(オホトヒワケノカミ)”の意義

 今回も、前回解釈した“石巣比売神(いしすひめのかみ)、石巣比売神(イシスヒメノカミ)”に続く表記の“大戸日別神(おほとひわけのかみ)、大戸日別神(オホトヒワケノカミ)”について解釈しまんねん。

 まず、大の字の意味は何度も述べているが人が手足を広げた様に象り(かたどり)脊椎動物の肉体(月(ツキ))の最終の段階の進化(○ 九 十 の卆(そつ、卒業の卒の異体字))。
 戸は、横隔膜、それはマニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門、心の発現と進化(本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性)でいえば、自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”にいたること。
これは、これまで述べてきたとおり、現地球人が迎えなければならない進化、それはマニピューラチャクラからアナハタチャクラ、自我から自省(胸の磁性“十”)して“慈悲”と“慈愛”の心の動きを強化する=ローム太霊の言葉の右往左往から左往右往、“日月神示”表記なら“江戸と尾張”から“秋立つ”でもある。 
それで、その意味において戸の表記は、“江戸と尾張”、“岩戸開き”(“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く)の戸と同義。
 日別(ひわけ)は、太陽を介して送られている“創造”の“主(ヌシ)”の思惑=荷電粒子を、肉体の“根”によって別けられるの意。 そして“根”は、既に解釈した“天津御空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)”“天一根(あめひとつね)”の根と同義、 
それは、低い進化過程の“水蛭子(ひるこ)、淡島(あわしま)”からだんだん進化すれば、たんぱく質が密度高く(淡いではなく)寄り集まり、たんぱく質自体が持つ電気特性により、自凝(おのころ)して、島になり、それは人の肉体(月(ツキ))が持つ様々な器官の発現のことと、その発達でもあるし、様々な器官がまたヨガでいうところのチャクラとなる。
そして人(日止、霊止)における心(靈)の発現とチャクラは、智性(神性)と智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)の発現は、目上(めうえ)の脳、サハスララチャクラ。
知恵と創造は古皮質を除く脳全体が知恵でアジナーチャクラ。
事象の創造は、脳(古皮質を含め)そして言葉(詞(ことば))の発振、発信をつかさどるヴィシュダチャクラ。
愛(炁)の発現は、心臓や肺などアナハタチャクラ。
それ以下の心(靈)=横隔膜以下の心(靈)の発現は功名心、自我、情動、本能、ムラダーラチャクラ、スワディスターナチャクラ、マニピューラチャクラである。
よって“大戸日別神(おほとひわけのかみ)(オホトヒワケノカミ)”は、“上”からの荷電粒子、ことに太陽からの振動を肉体(月(ツキ))の根によって別け、そしてそれを荷電粒子の回転(示す偏(へん)と呂、荷電粒子の回転、そして呂は、頭と腹のエネルギーの回転を示す表記、頭と腹は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)によって結ばれている)とする=チャクラとすることの意であると思うし、そして今回取り上げた“大戸日別神(おほとひわけのかみ)(オホトヒワケノカミ)”は、このあとの表記の“風木津別之忍男神(かさけつわけのおしをのかみ)(カサケツワケノオシヲノカミ)”の意味を理解するための表記でもあると思うが、この詳細は後ほど。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示”日月の巻 第三十帖 Kellyさん的解釈 “石巣比売神(いしすひめのかみ)、石巣比売神(イシスヒメノカミ)”の意義

今回も、前回解釈した“石土毘古神(いしつちひこのかみ)、石土毘古神(イシツチヒコノカミ)”に続く、“石巣比売神(いしすひめのかみ)、石巣比売神(イシスヒメノカミ)”について解釈しまんねん。
 それで、この表記も一見して分かるとおり、“石”(帯電するミネラル)の表記が使われており、そしてそれに続く“巣”は、以前、日月の巻 第七帖で以下のように解釈したので、コピペしておく。

“ツギ、タカミムスビ、ツギ、カミムスビノミコトトナリタマイキ、コノミハシラ スニナリマシテ スミキリタマイキ。
“高御産巣日神(たかみむすび)”、これは、高=“上”であり、そして御を使うのは、相手や第三者に対する敬意とともに、相手のもの、相手に関するものであることを表し、また和らげた命令表現のときにも使う(御黙り、御入り(おはいり)など)、よってこれは、第六帖で解釈したこと、それは、事象の“創造”を“上” が思い(想い)、そのことを使命とした(命、“実言(みこと)”)、言い換えれば“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を、顕現=現象化として、生命(生きる使命=存在理由)が感じうる(“観察と認識”)、事象の“創造”を、命としたことを指し示すこと。 そしてこの文の“コノミハシラ”“この三柱”は、第六帖の天之御中主(あめのみなかぬし)と第七帖の高御産巣日神(たかみむすび)と神産巣日神(かみむすび)之命(の“実言(みこと)”)のこと。 また“スニナリマシテ スミキリタマイキ”の“ス”には、素(す、もと、原材料の意)と巣(すみかの意、何々の巣、愛の巣など、場(フィールド)を示す意味とも解釈も出来る)を、当てることとした”

 よって“石巣(いしす、イシス)”は、進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)における“石”(帯電するミネラル)((Ca(カルシウム)P(リン)Mg(マグネシウム)K(カリウム)微量のAl(アルミニウム)Fe(鉄)Zn(亜鉛)Si(珪素)Na(ナトリウム)それらの化合物))の取り込みと、それが寄り集まることをも示す表記で、それはまた、肉体(月(ツキ))の進化でもあるし、現地球人の一般論における進化論を見れば、単細胞生物から多細胞、様々な組織や器官の発達、神経や脳の進化、そしてたんぱく質の高分子化を鑑みれば(かんがみれば)分かる事でもある。 
そして地球における単細胞生物から脊椎動物の最終段階(○ 九 十)の進化には、肉体(月(ツキ))の進化は必然であり、それは生体内電流による磁束の進化でもあるが、それにいたるには、たんぱく質の高分子化が必須であり、それは高い心霊が使う言葉としての“土”“岩”“山”(脳)“塔”(角より高いもの)“ 玉(ぎょく)”(きちんと結晶化されたもので、“上”が評価するべきもの)でもある。
 また、たんぱく質の高分子化には、たんぱく質の分子の電気特性の変化により起きる“自凝(おのころ)”の仕組みもある。 そうやって寄り集り、積み重なったたんぱく質(“島”)は、肉体(月(ツキ))を構成し、“上”からの荷電粒子=宇宙の中心から“創造”の“主(ヌシ)”が発振、発信する思惑と、それを仲介して地球に送る太陽からの荷電粒子を止める、それが“日止、霊止”でもあることを何度も述べたが、その意味で“石巣(いしす、イシス)”は、肉体(月(ツキ))の顕現を示し、さらにそれを強調した言い回しが“比売(ひめ、ヒメ)”=“比古(ひこ、ヒコ)”に対する砌(みぎり)の極性(事象への顕現)であり、肉体(月(ツキ))を持った心(靈)(ヒ)が事象の“創造”をする。 
 それを言い換えれば、肉体(月(ツキ))を持った心(靈)(ヒ)が荷電粒子の回転(神)によりこの事象を“観察と認識”して、自分の存在を感じ(感じる磁性)、他者の存在を感じ(感じる磁性)、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と“下”=“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の心(靈)を感じ(感じる磁性)たりもするが、その感じ(感じる磁性)た事象における自らの在り方は、全存在の霊的成長と神格化(“うれしうれし”“大歓喜”)であり、それは愛(炁)が由来の事であり、だからこそ“創造”の“主(ヌシ)”はア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、そしてそれは、“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”でもあることも、今まで述べてきたし、そこに一人ひとりの心(靈)(“国”)の在り方を“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は示唆しているものであるが、余談になった。
要は、“石巣比売神(いしすひめのかみ)(イシスヒメノカミ)”は、この事象の創造を担う肉体(月(ツキ))の顕現と、その荷電粒子の回転による発振、発信を示す表記であると思う。

今回はこれくらいにしときまんねん。

Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (480)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (16)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード