“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 日の出の巻 第七帖 Kellyさん的解釈


 今回も、日の出の巻 第七帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

おろしやにあがりておりた極悪の悪神、愈々神の国に攻め寄せて来るぞ。 北に気つけと、北が愈々のキリギリざと申して執念(くどう)気つけてありた事近ふなりたぞ。
神に縁深い者には、深いだけに見せしめあるのざぞ。 国々もその通りざぞ、神には依怙(えこ)無いのざぞ。 ろしあの悪神の御活動と申すものは神々様にもこれは到底かなはんと思ふ様に激しき御力ぞ。 臣民と云ふものは神の言葉(こと)は会得らんから悪神の事に御とつけるのは会得らんと申すであろが、御とは力一杯の事、精一杯の事を申すのであるぞ。
何処から攻めて来ても神の国には悪神には分らん仕組致してあるから、心配ないのざぞ、愈々と成りた時には神が誠の神力出して、天地ゆすぶってトコトン降参ざと申す処までギュウギュウと締めつけて、万劫末代いふ事聞きますと改心する処までゆすぶるから、神の国、神の臣民 心配致すでないぞ、心大きく御用して呉れよ、何処に居ても御用してゐる臣民助けてやるぞ。
十二月六日、ひつ九か三。

 第七帖の表記の“おろしや”“おろしやにあがりておりた極悪の悪神”、これは国名のことではないと思う。 
それで“おろしや”というのは下家(おろしやと読ませる、人名の表記)であり、これは“下”(低い心(靈))と“家”=宀(うかんむり、頭の意味)と豕部(しぶ、ぶた、家畜の意味)…智性を持った進化した動物=人(日止、霊止)であると思う。
そう思った根拠は、第七帖の表記の“神に縁深い者には、深いだけに見せしめあるのざぞ。 国々もその通りざぞ、神には依怙(えこ)無いのざぞ。”を読んで思う“神の咎め”(自省させて進化(霊的成長)の方向性を示す)=“見せしめ”のことであるし、それは霊的成長度が高ければ高いほど“上”はその心(靈)が起こす行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)の“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を許さないものである=“神に縁深い者には、深いだけに見せしめある”ということである。 
だが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“理(ミチ)”(ことわり、法則性)は、“神には依怙(えこ)無いのざぞ”でもあるからこそ、アセンションに間に合わない人間は死を体験してから自省(胸の磁性“十”)するものでもある。
その程度の低い進化程度の心(靈)(ヒ)はさておき、“神の咎め”を受けなければいけない理由、それはいうまでもなくそれは今後=アセンション後の事象が“絶対の善”を顕現するものであるし、それを実現する心(靈)は“国”が意味する(囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”…“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す、要は“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”を散々体験した心=第七帖の表記の“国”“国々”であり、そして“神の国”“神の臣民”は、“神の咎め”の意味合いを知り、今後自分はどういう考えを持つのか、どういう行動をとるのか、このことを深く考える智性(神性)を持った心(靈)(ヒ)あるいは人(日止、霊止)のことである。 
だが現時点、進化程度の低い心(靈)である“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”は、今“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の行為が許されており、それを見てなんとも思わないかあるいはある程度のことは無視している人は、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)中心であり、第七帖の表記なら“おろしや”=“下”(低い心(靈))と“家”である。
しかし先に述べたとおり、どんな進化程度であろうが必ず“理(ミチ)”(進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のことわり、法則性)は示されるものである。
話を戻し“おろしやにあがりておりた極悪の悪神、愈々神の国に攻め寄せて来るぞ”の表記の意味は、“おろしや”=目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)(ヒ)、それをつかさどる目下(めした)の脳、大脳旧皮質と古皮質、動物と共通の脳、そこに“あがりて”=思想を支配し、“おりた”=思想を顕現した“極悪の悪神”は、智性=神性を宿す目上(めうえ)の脳と智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を顕現させないように働きかけるから“愈々神の国に攻め寄せて来る”ということ。 
そしてこの文に続く表記内の“北”は、大極のことであり、肉体における縦の磁性N極であり、“上”からの荷電粒子を取り込む仕組み(ローレンツ力  ローレンツ力 )を示唆した表記でもあるし、この文の言い回しの“北に気つけ”は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に気付けであり、今の腐った事象においては“北が愈々のキリギリざと申して執念(くどう)気つけてありた事近ふなりた”であり、それは先に解釈した“神の咎め”であり、具体的にはアセンションに伴う醜い事象、そしてこの世界を腐らせた目下(めした)中心の“思惑の顕現”は“神の咎め”を受けて、そうやって(右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする)心(靈)(ヒ)は育っていくものであることを示した文である。
それで、進化程度の低い心(靈)=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”でも精いっぱい頑張っているということを示す表記が“ろしあの悪神の御活動と申すものは神々様にもこれは到底かなはんと思ふ様に激しき御力ぞ。 臣民と云ふものは神の言葉(こと)は会得らんから悪神の事に御とつけるのは会得らんと申すであろが、御とは力一杯の事、精一杯の事を申すのであるぞ。”であり、第七帖の冒頭では“おろしや”であったがこの文では“ろしあ”と示され“あ”という表記が使われているが、これはすべての“創造”の根拠、みなもと、といい得る、愛(炁)、ア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”(日足(ひたり)から砌(みぎり)に筆を移行して書く、それは“思惑の顕現”の意)に示されている“あ”であり、ひらがな表記だからこちら側(人(日止、霊止)、“創造”の“主(ヌシ)”に対しての被造物)視点の言い回しであると思う。 
しかしどんなに頑張ってもエネルギーを贖って(あがなって)も“創造”の法則性に則って(のっとって)いない行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)は、第七帖の表記の“愈々と成りた時には神が誠の神力出して、天地ゆすぶってトコトン降参ざと申す処までギュウギュウと締めつけて、万劫末代いふ事聞きますと改心する処までゆすぶる”ということになる。 
それである程度進化した人(日止、霊止)、ある程度智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持っている人に対して、“神の国、神の臣民 心配致すでないぞ、心大きく御用して呉れよ、何処に居ても御用してゐる臣民助けてやるぞ”といわれており、この文の“御用”は智性(神性)の獲得と智性(神性)由来の“創造”を目指す心(靈)を育てている人のことであり、そしてこの文もアセンションが霊的成長度における区別であることを示唆した言い回しであることを指摘して、今回はこれくらいにしときまんねん。

“ローム太霊講話集”第二~三話 四方の祈り 東 Kellyさん的解釈“その二”


 さて、前回は霊的成長度の低い人間=大半の地球人の認識で「四方の祈り 東」を読むと、多分、自分にとって都合の良い甘い考えしか持たないだろうことを指摘した。 
だがこれは、大半の地球人の平均的霊的成長度=心(靈)の発現と動き、それは自我の確立=固定化という進化過程における心(靈)の動き(自分の利益しか願わない、自分たちの幸福しか願わない、要するに“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”)において必ずあることだから仕方がないともいえる。

 それでこのカテゴリーの目的としては、最初に述べたように“ローム太霊講話集を読んで感じ(感じる磁性)たことが、その人たちの霊的成長度における解釈と認識(悟り、幸取=さとり)でしかないってそれは当たり前のことなんやけど、それを具体的に指摘していえば、何か履き違えていたり、甘い解釈をしていたりする人も多かった(ことにそれは、ネット上でローム太霊講話集を取り上げてる人に多い)…というか、ほとんどがそんな人ばかり”…このことを感じ、このままではいけないと思ったからでもある。 
 要は低い人は低い解釈しかできないということだが、それでは今後=アセンション後の場(フィールド)に移行出来ない(間に合う霊的成長度ではない)。

それで本カテゴリーとは違う話になるが、“日月神示”で述べられている霊的成長のこととアセンションのこと、それは“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、それは自省(胸の磁性“十”)(右往左往から左往右往)を促し、“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”…“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す)を育てること、そして“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)の秘訣である“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化(自凝(おのころ)の仕組みによるタンパク質の高分子化)を述べ、それは“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことが“日月神示”表記の“神界”=智性(神性)の獲得になっていくこと。 
そして次の事象の“創造”を担う資格を持った心(靈)(ヒ)の持ち主を“天詞様”あるいは“役員”と称されている。
そしていわゆる進化=霊的成長、神格化に向かうこと、それは自我の確立=固定化であり、そして自我が肥大した(“石屋の仕組み”(帯電するミネラルが固まっていない=真固止ではない=腹の水(“江戸と尾張”の“江”)心(靈)が、この事象で失敗を体験し、あるいは死んでから自省して、悲哀(日足(ひたり)のエネルギー=“思う、憂う”(脾)と肺=“悲しみ”)を感じ、自らの心(靈)に“慈悲”と“慈愛”という心の動きを持つようになり、その視点で自らを観察し、この事象を観察し、自分がどうあるべきか思うようになっていく。
これらが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の順番であり、それは、自我から“上”の心(靈)の発現と行使となっていくことであり、この霊的成長と神格化の順番、脊椎動物の進化の果て(“日月神示”表記の、 ○ 九 十。 ○=心(靈)(ヒ)、九=“一”(亜から出ずる、アイ、“創造”の“主(ヌシ)”の表記、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑)あるいは“一”、智性、1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、十=胸の磁性“十”、シンクロトロン放射の構造)、それは人間であり、神の子として最後のカタチ、型、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”をなすべく生命(生きる使命=存在理由)であることが記されている。

そして心(靈)の発現とその動きによること、心(靈)(ヒ)の行使というのは、思惑=日足(ひたり)=心(靈)(ヒ)の動き、そしてその顕現=現象化ということ。
だからこそそれは、物を得たり、心の満足を得るなどの自分の思惑の達成というのは、自分の心(靈)が感じ(感じる磁性)、観察しうる事象である(“観察と認識”)。
 
それで人(日止、霊止)としての心(靈)(ヒ)は、当然のことながら動物とは違う。 
人(日止、霊止)は神の概念を持ち始め(そんなものはないと思っているものすごく程度の低い地球人もいるが)、より神を認識しようとして神と自分の関係を考えていくものであるし、また動物より目上(めうえ)の脳が発達しているからこそ、幸福の概念や(自らの霊的成長度における)価値観を持ち、それだからこそ自分が感じ(感じる磁性)うる事象を何とか自分の良いカタチにしていこうと思うものであり、それが前回の“どうしたら現在の生活が幸福になるかということであって、これを実現するために人間はあらゆる努力をしている”でもあり、これはどんな人でも思うことであろうが、これがこの事象に対する自らの心(靈)の発振、発信であり、祈りに結びつくことであるし、また、このことそのものが事象の“創造”、それは“思惑の顕現”の根拠となりうるし、要は“現在の生活が幸福になるか…これを実現するために人間はあらゆる努力”というのは、自らの心(靈)の動きの現象化のための努力(肝、いきり立つ心(奴と心)で“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を示すこと)である。
そしてその発振、発信には必ず霊的干渉がある。 それは前回、下記のように指摘した。

天の神、地の神と言われる正統な神の操作”ということではなく、それが実現したならば“一部の奇鬼神や低級な霊達が自分の本能を満足させるために人間に物を与えてその欲望を利用する”ということになる。

これはいうまでもなく低い霊的干渉とその感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)であり、それは“悪(心の動きの本能化と低振動化)”であり、この低い霊的干渉の結果をもてはやすのが現在の地球上では当たり前になっている。 
それでこのことは、自分たちの事象の“創造”、“思惑の顕現”が、低い心(靈)の動きによってなされているからであり、その低い心(靈)は低い価値観と低い幸福感という心の動きを持ち、いうまでもなくその程度の低い心(靈)の動きは、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という振動としての自我までであり、さらに前回指摘した通り大半の地球人は正当な報酬の意味を考えず、天の僥倖ばかり求めたがる傾向にある。
だからこそ地球における現津(あきつ)、観察され得る事象は、我欲中心の“創造”になっており、その心(靈)の動きの根拠となりうる価値観や幸福感というのは目先の欲望に由来することばかりでもある。
 よってローム太霊は、自分の心(靈)の動きの高低、そして、どんな霊的存在と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)するべきなのかを“よくその背後を見極め、自分の信ずる神によって処置しなければならない”とおっしゃられており、ことに“しなければならない”=(人の在り方として必ず)そうすべきであるという言い回しをされている。 

それでは、なぜそうしなければならないのか。
それについても前回の“何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち”という文にその答えは示されており、今の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が大半を占めているこの世界は、(通貨としての)金に対する執着で恨みの連鎖の霊的干渉が起きているし、このこと事態を理解できる人間はとても少なく、理解できない人間は“凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土”を創っているのではなく、ただただ自分、あるいは自分たちだけという我欲で、この世界を恨みの連鎖の霊的干渉を増大させ、三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)の心(靈)を持った浮遊霊を増やし、その浮遊霊は平均的地球人の“下”(低い心(靈))の心(靈)(ヒ)と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)し=憑依して、さらにこの世界を腐った事象にしている。
それだから霊的成長度の高低におき、分けられる事象、“創造”の“主(ヌシ)”の計画としてのアセンションがあるし、当然のことながらS会=紫光会の発足、ローム太霊がT霊媒=竹内満朋先生の物理霊媒の能力を使って述べた事柄は、形骸の宗教で説いているようなことではなく、本当の意味での進化=霊的成長、神格化に向かうことであり、ことにS会=紫光会の交霊会では、今後、アセンション後に位置するべく人のことを“これからの人”“明日の人”という言い回しをされていたが、これに気付いているS会=紫光会の会員も、とても少なかった感がある。 
蛇足だったがローム太霊講話集はこのことを前提に読み解くべきである。

それで、「四方の祈り 東」には、“何故東方の神を拝むと商売が繁盛し金や物がどんどん入いってくるようになるか、この東の神に願うということ”について述べられているが、これは第三話の最後の部分“人間には物が必要である…中略…それは分らない神から借りていると思えばよいのであって、問題はどの位神から借金が出来るかということである”に続いており、当然のことながら東に向かい祈る(息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信))ことをすれば、東現の神は、その人のエネルギーの贖い(あがない)に応じて力を貸そうとする。 
だが自分の祈りには、自分の心(靈)の高低によるものがあるからこそ“真東は勿論一点であるが、…中略…人間の欲望は大別すると四つよりないが、それを細かく分けると三十二になるというように考えてもよいのであろう”と説明されており、これは自分の欲望、その欲望の根拠たり得る心(靈)の動きには種類があることが示されており、そしてそれは第三話の以下の文を読むとよく分かる。

ただ同じ現世利益にしても、これを分担されている四主神の役割には多少の違いがあって
 東東神は人間の現実の欲望を充たしてもらう商売の繁盛を祈る所であり、
 東南神は同じ商売にしても投機的なこととか行き詰った事業の転換とか幾分感情や運命に関連したことを祈る所である。
 東西神は金や物の蓄積というような理性に傾いたことを祈る所である。
 東北神は前の東、南、西、の三神を統率されると共にやはり物の関係であるが叡智の対象となること、例えば自分が心から希望している仕事に現在のものから漸次変わらしてもらいたいというようなことを祈る所である。


 大事なのは“思惑の顕現”、自らの欲望や希望の実現、これには東→南→西→北という段階があり、それを示しているのが、まず低い欲望の達成として“東東神は人間の現実の欲望”そして“東南神…中略…幾分感情や運命に関連したこと”そして“東西神…中略…理性に傾いたこと”そして“東北神…中略…叡智の対象となること”、この祈りの変容が、自分の心(靈)の在り方を示すものであることに気付くべきであるし、それはまた自分の心(靈)が求める事象の変化、どういう事象を“創造”していくのかという変容であるし、自らが創造する事象における本当の価値(真実=真固止)を求める順序ともいい得る。
 要は低い人間はまず“人間の現実の欲望を充たしてもらう商売の繁盛を祈る”ことを願い、そして次の段階は“幾分感情や運命に関連したこと”を願い、次に“理性に傾いたこと”を願い、最後には物を得るという事象において“叡智の対象となること”=智性(神性)由来の事象の“創造”ということになっていき、神に近づく人間、霊的成長を目指す人間は、物を得るということにでも、そうなる、そうなっていく、あるいはそう在るべきということを示唆していると思う。

なお、方角、東西南北、それに今少し述べた東→南→西→北という段階、それは自分の心(靈)(ヒ)が感じ(感じる磁性)認識しうるからその区別があり、そしてローム太霊が述べたこと、それぞれの方角にはそれぞれの神が存在しそれに自らが願う=息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)するならば、感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)があることを述べているのだが、これについては「四方の祈り」の解釈がすべて終わってから私見を述べることとする。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


“日月神示” 日の出の巻 第六帖 Kellyさん的解釈


今回も、日の出の巻 第六帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

神界の事は人間には見当取れんのであるぞ、学で幾ら極め様とて会得(わか)りはせんのざぞ、学も無くてはならぬが囚はれると悪となるのざぞ、
しもの神々様には現界の事は会得りはせんのざぞ、会得らぬ神々に使はれてゐる肉体気の毒なから身魂磨け磨けと執念(くどう)申してゐるのざぞ。
三、四月に気つけて呉れよ、どえらい事出来るから何うしても磨いておいて下されよ、それまでに型しておいて呉れよ。
十二月五日、ひつ九のかみ。

 “日月神示”内の言葉の表記や言い回しには定まったルールがある(これは“日月神示”の解釈に入ってすでに四年目になり、それぞれの表記や言い回しに対し、深く考えたすえに確信を深めていることでもある)。
 それで冒頭の“神界”という表記は以前にも解釈した通り、智性(神性)という心(靈)(ヒ)の発現と動き、そして智性を行使した心が行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)して“創造”する場(フィールド)=事象であり、それを(今までの進化過程、平均的地球人の進化程度の心(靈)では)“人間には見当取れん“と言われていると思う。 
それは奪い合い騙し合いごまかし合い…結果として欺き嘘をつくとかが台頭しているこの世界、その心の動きが“創造”しているこの事象、そしてその手法にはまり、低い功名心と自尊心を高揚させるだけの人間が多いこの世界とは大違いということであるのだし、そしてこの表記の意味は、自我の確立=固定化の場(フィールド)である今の次元より“上”で、それはアセンション後のこと。

 それで、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の発現と強化は、人生において右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し(失敗を自我の肥大という心の動きであることを認識し)、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をするするという一生の中に組み込まれている進化のプログラムを体験して、さらにそのことを振り返り、そして自省(胸の磁性“十”)の“行”に入って(すべての事象に対しての)“慈悲”と“慈愛”の心(靈)を強化し、自らに対しては“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を持って観察し自分の在り方を常に深く思うようになり、それから深く人生の意義を思い、神と人間の関係から思うこと、それは、その関係とは何か、そして自分の存在とは何かを追及し、自分と神を深く意識し始めたならば必ず自分の霊的成長を意図とした“行”に入るものであり、より神と人間、“上”と“下”、そして自己観察における自分の心(靈)の動きの“上”と“下”もよく理解するようになっていく。
だが“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が人に教えた霊的成長のための指標や教訓は、自我の肥大した人間が利用しているから今の形骸の宗教に成り果てており=腐りきっており、“行”は行ごっこに成り果てており、ただ知識をひけらかすとかありがたそうな言葉だけ述べるとかにしかなっていない。 
こんなことでは人間は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)しない。
そのことを含めてこの第六帖では“学で幾ら極め様とて会得(わか)りはせんのざぞ、学も無くてはならぬが囚はれると悪となるのざぞ”と言われているし、そしてさらに、自我の肥大した心の持ち主がよく行う理屈をこねまわすだけ、言葉をもてあそぶだけ、そして現状を批判するだけ、そんな心の動きでは、所詮、霊的成長のための“行”に入ることはなく=まだその霊的成長度ではないということでもあり、そして、ことに宗教を商売にしてしまったのは自分の知識を“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きで利用しており(“役員づら”)、また利用されている程度の低い人間=現世利益を求める甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)人間は、利用する人間と同じ進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)であり、同様に似非スピリチュアルや商売目的の自称霊能力者のいうことを信じ、見せかけの癒しを求め、さらに見せかけの感謝とか信頼とか薄っぺらい幸福や愛とか、あるいは癒しいう言葉に酔っぱらっている類の人間も智性(神性)が足らないまだ動物(ケダモノ)に近い段階の心(靈)であるのだが、智性が無い自己観察しかしないからこそ自らがその霊的成長度であることに気付かず、あるいは気づいても自我の肥大によって、認めようとはしないし、自らの低い心(靈)も諌めようとはしないものである=“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”が出来ない。

次の表記の“しもの神々様には現界の事は会得りはせんのざぞ、会得らぬ神々に使はれてゐる肉体気の毒なから身魂磨け磨けと執念(くどう)申してゐるのざぞ”の“しもの神々様”は“しも”と“神々様”の解釈を間違えると、これに続く表記の意味が通じないと思う。 
それは、神=荷電粒子の回転、しも=下、それは心(靈)(ヒ)を構成する“下”の心の動き、ムラダーラチャクラ、スワディスターナチャクラ、マニピューラチャクラ、本能から自我までの心(靈)の動きであり、要は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きであり、それはこの表記に続く“現界の事は会得りはせんのざぞ、会得らぬ神々に使はれてゐる肉体”の“現界”=この事象の“創造”は、その良いカタチは“会得りはせん”のであり、会得できない低い進化過程の心(靈)であり、現にこの事象は腐り果てもう崩れる寸前であると思うが、このことに気付いている人間はごく少数でしかないし、この事象を腐らせたのは自分たちである自覚を持っている人間もほとんどいない。 
それは何度も述べるが平均的地球人が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”でありその心(靈)(ヒ)は“しもの神々”=下三つのチャクラによる構成が中心=本能、情動、功名心、自我まででしか構成されていないからである。
それだからこそ“会得らぬ神々に使はれてゐる肉体気の毒なから”=“下”(低い心(靈))の心(靈)でしか動いていない人間ばかりではこの世界は崩壊するから、“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)のための“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化=“行”して、自省(胸の磁性“十”)して、心(靈)(ヒ)の構成要素である愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という振動を自らの心(靈)に発現せよいう意味合いで“身魂磨け磨けと執念(くどう)申してゐるのざぞ”といわれている。

それで次の表記の“三、四月に気つけて呉れよ、どえらい事出来るから何うしても磨いておいて下されよ、それまでに型しておいて呉れよ。”の“三、四月に気つけて呉れよ”は、時期としての表記ではなく、“三”は人(日止、霊止)の“一二三”のオーラ、1番目、2番目、3番目のオーラのことであり、“四”は発振、発信の意、“善言(よごと)”=“善(神格化の方向性と智性の受信)”の発振、発信のこと、月は肉体(月(ツキ))のこと、日月の月、また日月は心(靈)(ヒ)と肉体(月(ツキ))ということでもあり、日足(ひたり)と砌(みぎり)という神の極性の顕現でもある。
それに“気つけて呉れよ”というのは、心(靈)(ヒ)の構成要素としてのチャクラ(荷電粒子の回転を示す)、平均的地球人は下から三つのチャクラの覚醒が中心であり、アナハタチャクラはまだ覚醒し始めた段階だからこそ、自我の肥大=“石屋の仕組み”の心(靈)の動き、その発振、発信でこの世界を創っているものであり、それではいけない、先に述べたとおり崩壊するからこそ“気つけて呉れよ、どえらい事出来るから何うしても磨いておいて下されよ”といわれており、そして“それまでに型しておいて呉れ”は先に解釈した“身魂磨け磨けと執念(くどう)申してゐる”=“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)をして自我から“上”の心、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という振動を構成要素とした心(靈)の発現とその動きである“慈悲”と“慈愛”と智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を、“どえらい事出来る”=アセンションの時期までに、平均的地球人より“上”の心の発現と動きを獲得せよということであり、それが出来なければアセンション後の地球より“下”の場(フィールド)に移行させられるからである。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“ローム太霊講話集”第二~三話 四方の祈り 東 Kellyさん的解釈“その一”


 表題の通り、今回からローム太霊講話集の「四方の祈り」の解釈に入っていきまんねん。

それでまず「第一話 物と心の満足を得る法」の解釈でも述べたことと重複するけど、程度の低い人間、霊的成長度が低い人間、“上”が望んでいない人間、アセンションによって“下”に振り分けられる人間、その低い心(靈)の持ち主の行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)と、それに感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する霊的存在、それは悪霊のたぐいでしかないが、この第二話と第三話の中にはそのことに対する指摘も述べられており、なぜローム太霊がそのことを指摘しているのか、どういう表記を使って自分たちの心(靈)の動きの低さを指摘しているのか、それについて今回は述べることとしまんねん。
まず、これまでも散々述べてはいるが、霊的成長度が低い人間、それを具体的に列挙すれば…

 天の僥倖しか求めない人間(ぼたもち坊ちゃん(ローム太霊講話集316頁の表記))。
 自分のエネルギーを贖う(あがなう)ことを最小限に済ませ、良い結果、それは自分にとって都合の良い結果だけを願う甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)人間。
 現世利益しか求めない人間、自分の低い欲望を充たすことが幸福だと思っている低い認識の人間。
 価値のありそうなことに肖る(あやかる)だけの人間。(例えば自称だれだれの弟子とか)
結果としてそれは価値のある何かを利用して商売をして、その価値のある何かを低いものとする、あるいは、我田引水な解釈で間違ったものにしてそれを流布する(“日月神示”表記の“役員づら”)。

こういった心(靈)しか持ちえない人間が「第二~三話 四方の祈り 東」を読んだとしたなら、多分、東の方角を拝めば自分の欲望は満たされるという安易な考えしか持たないだろう。 
だがローム太霊講話集には、一貫して自分たちの心(靈)の在り方、霊的成長の方向性などが説かれている。 それに気付かない、そのことを読み取れないのは、ただ単に低いとしか言いようがないし、その霊的成長度は自我中心、我欲中心であるし、このたぐいの人間が大多数なのがこの世界でもあるし、だからこそ霊的成長度の高低によって振り分ける=時間の進行によって“道”が違う事象のアセンションという神の計画があるのだが、その低い心(靈)のまま、そのままではローム太霊が愛着を持っているS会=紫光会の会員の大多数がその霊的成長度だからこそ、間に合う霊的成長度ではないし、そしてS会=紫光会の会員だけでなくローム霊訓講話を一般の人にも読める本という形にしろとS会=紫光会の高い霊的存在はローム太霊講話集を編纂した人に通信を送ったのは、平均的地球人が、霊のこと=自分たちの心のことを含め、心(靈)(ヒ)のことをあまりにも知らなさすぎる…自分たちの心(靈)の高低なんて認識すらないだろうからこそである。 

それは、第三話の最後に述べられている以下の文を読むと、今述べたことがよく分かると思う。

どうしたら現在の生活が幸福になるかということであって、これを実現するために人間はあらゆる努力をしている…中略…それとは反対に、働かないで幸福を得ようとする、いわゆる僥倖を願って信仰に入いる者が中々多い”。
そしてこの文に続く
この殆んど凡ては天の神、地の神と言われる正統な神の操作によるものではなく、一部の奇鬼神や低級な霊達が自分の本能を満足させるために人間に物を与えてその欲望を利用するのである…中略…よくその背後を見極め、自分の信ずる神によって処置しなければならない”。

この文で述べられている“一部の奇鬼神や低級な霊達が自分の本能を満足させるために人間に物を与えてその欲望を利用する”こういうことが自分の欲望という発振、発信によっておこり、だからこそ“背後を見極め”これそのものが自分の心(靈)の動きによって感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する存在の高低と“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)の方向性を見極めることと同義。
それで先に述べたことと重複するが、その感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を招いているのは、自分の心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)であることを知らなければならない。 
それに先に列挙した自分に甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)人間のことをローム太霊は“自分が正当に与えられたり貯えたりしたもの以外に奇跡とか偶然とかそういうものによって自分の欲望を満たしてくれる物質的な力を求めている者もある。しかしこれは一つの物質に非ざる力で、各宗教で多少ともその力を与えられている信仰者が常に願っているのがこれであるが、こういう力が増せば増すほど動かない人間が殖えることになるから中々そうはいかないのである”と述べられている。 
ローム太霊講話集のこの文を読めば分かることだが、これは「第一話 物と心の満足を得る法」で“人間が物を得るには”と前置きされて述べられたことが第二話の冒頭で“自分の努力の積み重ねによるもの”そして“偶然の奇跡によるもの”それと“他の力の助けによるもの”、この三つの要素があると前置きされているが、これらすべて自分が努力するなり頑張るなりして、そのエネルギーの贖い(あがない)を“上”が観ているからこそ、“上”が許可するからこそ、結果として物は得られるという(その事象を自らの心(靈)が感得する)ことになる。 それで、このことを実感できないとか、あるいは似非スピリチュアルのように甘い夢だけ見させるものだけ信じ込んでいるような人間は、ただただ自分にとっての都合の良い結果だけを望むから、自分のエネルギーの贖い(あがない)なんてことを真剣に考えず、目先の苦難が自らの霊的成長のための試練とは思わず…話がそれているが、その類の人間は、ただただ東聖大権現太神を拝めば自分にとって都合の良い結果、(通貨としての)金が入るとか物が入るとか欲望が満たされるとか、そんなことしか思わないだろう。
だがそれは、“天の神、地の神と言われる正統な神の操作”ということではなく、それが実現したならば“一部の奇鬼神や低級な霊達が自分の本能を満足させるために人間に物を与えてその欲望を利用する”ということになっている。 
そしてそのこと事態=悪霊と自分の低い心(靈)の動きとの感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)による“思惑の顕現”=現象化、これは自分自身の霊的成長のための失敗を体験することが必須という意味合いで右往左往であり、それがあってこそ自分の在り方、自分の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方、これを考え行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)の理念とする人間が出来上がるのだし、この人間を“上”が望むからこそ我欲中心の人間はアセンション後の地球より“下”に位置させられ、だからこそローム太霊は先に指摘したように“どうしたら現在の生活が幸福になるかということであって、これを実現するために人間はあらゆる努力をしている…中略…それとは反対に、働かないで幸福を得ようとする、いわゆる僥倖を願って信仰に入いる者が中々多い”、そして第二話に“自分が正当に与えられたり貯えたりしたもの以外に奇跡とか偶然とかそういうものによって自分の欲望を満たしてくれる物質的な力を求めている者も…中略…これは一つの物質に非ざる力で、各宗教で多少ともその力を与えられている信仰者が常に願っている…中略…こういう力が増せば増すほど動かない人間が殖えることになる”と低い心(靈)を揶揄しておられる。
そして神の計画であるアセンションについて、神が“どういうつもり”(思惑)なのかを示唆した文が、第二話の“何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ちではないかと思う”であり、これに続く“この神の気持ちは人間の心の中にもありながら、それを出す時が余り少ないのであって、その半分も無理であろうが、自分のできる範囲でこの神の心を出せばよいのである”は、今後=アセンション後に移行すべき心(靈)の在り方を述べているのであるが、第二話を読み、低い甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)解釈をする人間が多いだろうから“下手な神心や仏心は返って相手に害を及ぼす”と述べられておられるのだと思うし、これを思う人間こそが人生で大した苦難を体験していない、試練を乗り越えていない甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)人間であると感じるものでもある。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 日の出の巻 第五帖 Kellyさん的解釈


 今回も、日の出の巻 第五帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

右(みぎり)に行かんとする者と左りに行かんとするものと結ぶのが
渦巻き 左回転 の神様ぞ、 渦巻き 左回転 の神様とは素盞鳴の大神様ざぞ、この御用(おんはたらき)によりて生命あれるのぞ、力生れるのぞ、 渦巻き 左回転 がまつりであるぞ、神国の祀り渦巻き 左回転 であるぞ、神はその全き姿ぞ、神の姿ぞ。男の魂は女、女の魂は男と申して知らしてあろがな。
十二月三日、ひつ九のかみ。

 冒頭の文の“行かんとする者”“行かんとするもの”これは時間の進行(“道”)が前提にあっての表記である。 
そして第五帖の表記“右(みぎり)”は、“思惑の顕現”=現象化であり、“左に行かんとするもの”は、“者”という漢字が当てられていないからこそ、心(靈)(ヒ)の動きである思惑、日足(ひたり)を指した表記であると解釈する。
 そして“思惑の顕現”=現象化、砌(みぎり)、これは現津(あきつ)、観察され得る事象の観察という心(靈)(ヒ)が行う行為によって成り立つのであるが、この文では“右(みぎり)に行かんとする者”=事象の“創造”を行うこと、あるいは事象の“創造”を行う者(個々の肉体(月(ツキ))を持った心(靈)(ヒ))と、“左りに行かんとするもの”=事象の“創造”を思惑とする心(靈)(ヒ)の動き、その二つの神の極性を“結ぶのが
渦巻き 左回転 の神様ぞ、渦巻き 左回転 の神様とは素盞鳴の大神様ざぞ、この御用(おんはたらき)によりて生命あれるのぞ、力生れるのぞ、 渦巻き 左回転 がまつりであるぞ、神国の祀り 渦巻き 左回転 であるぞ、神はその全き姿ぞ、神の姿ぞ”と書かれているが、これは日月の巻 第二十八帖渦巻き 左回転 の表記と意味が同じであると思う。 第二十八帖で示した画像をいかに貼っておく。

日月の巻 第二十八帖 砌(みぎり)回転と日足(ひたり)回転

 それで、日月の巻 第二十八帖では“
渦巻き 左回転 (うご)いて月となり地となりた”の表記を、被造物である人(日止、霊止)(あるい人間以外の肉体を持つ生命体っていってもよいと思うが)が、心(靈)を発現させ=持ち、それを時間の進行(“道”)に沿って進化させ、ある程度進化したからこそ“創造”の“主(ヌシ)”=神を認識し、それは“上”からの荷電粒子を肉体の磁性=“日月神示”表記のローレンツ力 で、取り込んでいき、そして肉体を持ったまま神格化するためのこととしていわれている…それと、“ 渦巻き 左回転 (うご)いて”っていう表記は、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑が顕現(動く、動いて)した(“創造”の意)っていう意味であり、だからこそ“創造”の“主(ヌシ)”以外の心(靈)という、心(靈)を持った被造物は出来上がってきたのだということを示唆していると解釈した。 
 要は生命の“創造”は“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”=現象化であり、そしてそれは今の地球人の大半が進化とはこうだと思っている外側(外国と幽界)の事象の観察による認識である肉体(月(ツキ))の進化ばかりではなく、心(靈)(ヒ)の進化が真の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)であり、それは智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の発現が進化の究極(○ 九 十 の意味)であり、そしてそれは“上”からの荷電粒子の取り込み、それを自我(腹の水)に貯めること(“素盞鳴(スサナル)”の“盞”(杯、さかずき))により心(靈)は育ってきたのであり、その裏にあるのが肉体(月(ツキ))の電気特性の変容と強化である自凝(おのころ)の仕組みであり、そこには“石”(帯電するミネラル)が必須でもあるという“日月神示”の表記の意味がある。
要は、心(靈)(ヒ)の動きとその発現により肉体(月(ツキ))は下等な生物から人(日止、霊止)にまで進化してきたのであるが、それを示しているのが“この御用(おんはたらき)によりて生命あれるのぞ、力生れるのぞ、”であり、先に述べた“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”=現象化である生命の“創造”は重複するが“この御用(おんはたらき)によりて生命あれるのぞ”に示されていると思う。 
 そして“
渦巻き 左回転 がまつりであるぞ、神国の祀り 渦巻き 左回転 であるぞ、神はその全き姿ぞ、神の姿ぞ”というのは、“まつり”が先に示しが画像の注釈にあるように“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を示し、それは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の目的、根拠、生命が存在する理由、これらはすべて個々の生命の神格化であるから“神国の祀り渦巻き 左回転 である”と“神はその全き姿ぞ”という言い回しがされているのだと思うし、この場合の“神国”は智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を有した心(靈)(ヒ)で“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”…“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示すのであり、それが“上”と“祀り”=感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して自らの思想を構築していくのが進化した人(日止、霊止)であり、その心の持ち主、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を今の平均的地球人(腹の水=“江戸と尾張”の“江”…自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンの進化過程)よりも多く持ち、その思想を顕現する人は、その思想で行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)する人は、今後=アセンション後に位置できる資格を有しているといい得る。 
要は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”では無いってことになる。
 そして“男の魂は女、女の魂は男と申して知らしてあろがな”というのは、日足(ひたり)の極性=男、その魂というのは、魂という表記自体が心(靈)(ヒ)とは少しニュアンスが違い、それは肉体(月(ツキ))を示す二と厶部(しぶ)(物を囲い込んで自分のものとする様子に象る。手を「伸ばす、伸びる」の意がある)、そしてこの世に顕在していない、この世にあらざる者としての鬼、要は心(靈)(ヒ)の一部でこの事象に関わっている低い部分というのがこの表記の意味だと思うが、その日足(ひたり)の極性の顕現が砌(みぎり)=事象に表わすということであり、それに対し“女の魂”は砌(みぎり)ばかりを思うから、それは失敗であり、失敗だからこそ教訓を得て日足(ひたり)の極性は強まるのだということだと思う。

 今回はこれくらいにしときまんねん。

Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (480)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (16)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード