“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“ローム太霊講話集”第十二話 死後の種々相 正常死の特別の場合 Kellyさん的解釈“その二”



  先回述べたとおり、今回は十二話で太霊が最初に述べておられる、
生前一つの宗教に凝っていた場合
これについて解釈を述べる。

 それで“生前一つの宗教に凝っていた場合”であっても違うケースがある、その違いを太霊は述べておられることに気付くべきである。

 それは、
その宗教の戒律に従ってその幽体が完全に形成されるようにする
そしてこれに続く、
それと同じように、凡てのものを通じてその一番奥を研究している心霊とか密教とか秘密結社の特殊な団体とかでは……
この両者は、
生前一つの宗教に凝っていた場合”には違いないが、かなり内容が違う。

 まず“宗教の戒律に従ってその幽体が完全に形成されるようにする”であるが、その人間の霊的成長度の程度が問題である。
 それは、多くの地球人は何かしらの既成宗教にかかわっているものである。
 その既成宗教は、これまで散々述べているように、

● きちんと“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の概念を説い  
  ていない

● 神と人間の“ほんとう”の関係を述べていない

● “ほんとう”の“行”の意味と意義を述べていない

● “われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない 
   人”、“役員づら”が宗教を形骸にした、それは、宗教を利用して権力を誇 
   示したり、甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指
   す)御利益を強調(単なるインプリンティング(刷り込み(すりこみ)、刻印付
   け))して、賽銭集めに成り下がっていたりもする

 こういったものに成り下がっている。
 
 上記、箇条書きにしたことが判らないで既成宗教に何の疑問を持たないで受け入れる、あるいは疑問を感じてもそれをたいして問題視しないで容認する。
 それは人間の霊的成長度の高低が解らないに等しいので、宗教に携わっている人を観て“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”か、“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)を理念としている人なのか判らない。
 そんな程度の低い“観察と認識”をしている人(肉体を持った心(靈))は、人間であろうが霊的存在であろうが“上”と“下”が判らない、その判断の基準を持っていないといい得る。

 これが現時点での平均的地球人の現状である。

 それで知っておかねばならないこととして、どんなに形骸に成り下がった既成宗教であっても、それを形骸にしたのは霊的成長度の低い人間の認識であり、その低い認識由来の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)が、宗教を形骸にしているものでもある。

 だが、宗教が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から、“下”(低い心(靈))である人間に垂れられた理由と根拠は、“上”が人に進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を望むからである。
 よって、現時点での既成宗教が程度の低いものに成り下がっていたとしても、それは必ず“上”と繋がっているし“上”の導きである。

 このことを念頭に置いて太霊が述べられた、
迎いに集まった類魂…中略…その者を取り巻いて自分達の広場に連れて行き…中略…でその宗教の戒律に従ってその幽体が完全に形成されるようにする
これを観るならば、その“迎いに集まった類魂”は、死んだものとあまり程度が違わないことに気付くべき。
 そこには程度の低い人間が思う、死んだら神になれる、仏になれる、あるいは神に会える…などという低い認識は通用せず、霊的成長度には“変圧”(アミの本で使われた概念。高い振動の霊的存在はいきなり低い心(靈)とは、感応共振しない)という法則性があるので、死んだ人間は神や仏と認識しうる高い存在とはいきなり会えないものである。 
 まあ、その“類魂”が、人間がやっているように偶像みたいな現象を死んだ人間に観させたりはするだろうが…。

 やや重複するが、死んだものよりほんの少し“上”である“迎いに集まった類魂”=その宗教に携わっていて死んだ人間の先輩みたいな存在が“宗教の戒律に従ってその幽体が完全に形成されるようにする”のである。
 それでこれは“その幽体が完全に形成”されていない、そういった段階であるということに気付くべきであるし、これは“その幽体”の霊的成長度は低いのだ、ということに気付くべきでもある。

 しかし太霊が“宗教というものも中々よく出来ている”と述べていらっしゃる通り、死んだ人間が宗教に全く関わっていなかったとしたら、
その“類魂”と感応しえないし、
宗教の戒律に従ってその幽体が完全に形成
ということに成り得ない。
 またその宗教に携わっていた人間はその“戒律に従って”成長していくので、必ずいつかはその宗教を垂れた(先の偶像みたいな現象ではなく)“上”の存在と感応する段階に至るものである。 
 その点で太霊は“宗教というものも”という言い回しをされているが、これは少々揶揄(やゆ)した言い回し、はっきり言ってしまえば、現時点の既成宗教は低いということを前提に述べている言い回しであることに気付くべきである。


 それでこの後に述べられている、
その一番奥を研究している心霊とか密教とか秘密結社の特殊な団体とかでは
のケースでは、先の“その幽体が完全に形成”について述べられていない、それは、
その一番奥を研究している心霊とか密教とか秘密結社の特殊な団体とか
は、自分が観察しうる事象に対し、
凡てのものを通じてその一番奥を研究している

自分が観察しうる事象を観て“ほんとう”を求めている、求め始めている、そういった霊的成長度なのだ、ということに気付くべきである。

 だからその“ほんとう” を求めている、求め始めている、その心(靈)はある程度自我が完成しているから既成宗教のインプリンティング(刷り込み(すりこみ)、刻印付け)に疑問を持ったりもするので、
一番奥を研究”する、あるいはそうしなければならないと思う。

 これは自我の確立=固定化としては、高度な段階といい得るし、“幽体”は自我中心の心(靈)であることを今まで解釈してきているので、ある程度“幽体が完全に形成”といい得る段階であることを指摘できる。
 だからこそ太霊は、ここで“幽体が完全に形成”ということを述べていないし、いきなり、
自悔の原でその者が完全な幽体として立派に独り立ち
この“立派に独り立ち”のため、“自悔の原”=自省(胸の磁性“十”)の“行”を体験させるのだと述べておられるし、
一番奥を研究している
自分達の城郭に連れて行き、そこで霊団の一員としての新しい使命を授けて、その道に従い修行をさせる
これは先のケースよりも高いのだということに気付くべきである。

 次回は、
その人間が神とか霊とかを全然知らない場合は、その者自身は死んだと考えない
このケースについて解釈を述べることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。



“ローム太霊講話集”第十二話 死後の種々相 正常死の特別の場合 Kellyさん的解釈“その一”


 
 今回から第十二話の解釈に入ることとする。 

 第十二話で太霊が述べている最も大事なことは、このローム霊訓講話で最後に述べられている以下の言い回し、

人間は一旦物質である肉体を捨てたなら、あらゆる物質との関係を断つようにするのが幽体の間に努力すべきこと…中略…一つのものに纏わるということは絶対によくない…中略…汝等も益々修行をしてこの放下(ほうげ)する心を培(つちか)っていってもらいたい…中略…執着を断ち切るということは中々困難であるが、この諦めの心こそ自分の霊性を向上させる元となる…中略…現界でも幽界でも霊界でも、それぞれの界の法則によって得られるものはこの力

 この“それぞれの界の法則によって得られるものはこの力”、それは“放下(ほうげ)する心”“執着を断ち切る”そして“この諦めの心こそ自分の霊性を向上させる元”であると述べていらっしゃる。

 このことを最初に述べておく。


 それで、第十二話におけるこの最も大事な事柄にたどり着く過程として、最初に
生前一つの宗教に凝っていた場合
について述べておられる。 

 次に、
その人間が神とか霊とかを全然知らない場合は、その者自身は死んだと考えない
このケースについて述べておられる。

 さらに、先にピックアップした“一つのものに纏わるということは絶対によくない”ということに関して、
その人間が生前一つのもの、例えば、女とか金とか碁、将棋とかに凝っていたとすると…中略…幽体自身の念がそのものに纏(まつ)わる因縁によってその相手の人間に憑依する
これについて述べておられる。

 これらすべて先に取り上げた、
それぞれの界の法則によって得られるものはこの力
放下(ほうげ)する心
執着を断ち切る
この諦めの心こそ自分の霊性を向上させる元
このことを説明するためである。

 次回からは、この三つのケースについて詳細に解釈を述べていくこととする。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 松の巻 第六帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、松の巻 第六帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

今の世に出てゐる守護神、悪神を天の神と思ってゐるから なかなか改心むつかしいぞ。 今迄の心すくりとすてて生れ赤子となりて下されと申してあろが。 早よ改心せねば間に合はん、残念が出来るぞ。 
この神示わからんうちから、わかりておらんと、分りてから、分りたのでは、人並ざぞ。 
地の規則 天の規則となる事もあるのざぞよ。
六月二十二日、アメのひつ九のかみふで。

 この第六帖も、これまでの松の巻同様、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の認識を改めよ、という言い回しである。

 冒頭の、

“今の世に出てゐる守護神、悪神を天の神と思ってゐるから なかなか改心むつかしいぞ”

この“今の世に出てゐる守護神”というのは、今現在の事象で自分たちを守っていてくれる神、という、平均的地球人が持っている神に対する認識を指摘している言い回しである。
 そしてこの認識そのものが、(“上”から観て)極めて低いということを、この文言から読み取るべきである。
 このことを示唆する言い回しが“悪神を天の神と思ってゐる”、これは言うまでも無く人間が神に対して思っていることなのだ、ということ。
 さらにそれは“悪神を天の神と思ってゐる”、低い人間がその低い認識由来の価値観や幸福感で思い込んでいる神に対する認識は、自分たちにとって都合の良いものであったり、自分勝手な解釈による概念であったりもする。
 その都合の良い認識や概念は、宗教戦争の理由になり、聖戦という名目で人殺しをしたり、あるいはインチキなご利益を流布して金を集めたり、“日月神示”表記の“集団(まどい)”を作り権力を誇示したり…例を挙げればきりがない。
 こういった事柄は“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)が、霊的成長度の低い人間に対して、インプリンティング(刷り込み(すりこみ)、刻印付け)している場合も多々あり、その刷り込んでいる方も刷り込まれている方も、自分たちの心(靈)が低い、霊的成長度が低いから、自分たちにとって都合の良い神、という認識を持つものであるし、それが正しいかのように錯覚しているものでもあるが、錯覚に気付くほど、心(靈)が育っていない。
 それは“悪神を天の神と思ってゐる”ということそのものであり、その低い認識は悪魔を神と思っているのだと断言できる。
 このことが解らないのは、ただ単に、神に対する認識が低いからであるし、低い認識=低い霊的成長度の人間に神のことを説いても理解できるわけがない。

 だからこそこの言い回しは、次の文に続いている。

“今迄の心すくりとすてて生れ赤子となりて下されと申してあろが。 早よ改心せねば間に合はん、残念が出来るぞ。 この神示わからんうちから、わかりておらんと、分りてから、分りたのでは、人並ざぞ”

 この文の
“今迄の心すくりとすてて生れ赤子となりて下されと申してあろが”
は、平均的地球人が持っている先に指摘した低い認識と概念を捨てよ、それは間違っているからこそ“早よ改心”と称され、そのまま低い認識と概念を持ち続けているならば“間に合はん、残念が出来るぞ”とは、今後=アセンション後の事象を創造すべく資質を持った心(靈)(ヒ)に成り得ないのだということ。
 
そして、やや解釈の難しい言い回し、
“この神示わからんうちから、わかりておらんと”
これは、頭で解らずとも進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を善いものと認識する、それは“上”と感応しているから、自分が理屈でわからなくても進化の“道理”に沿った心(靈)の動きと行動をするのが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)すべき人間である。
 またそういった人ならば、この事象に疑問を持つ、自分の“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の要素を許さない、換言すれば“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を容認しない、さらにそれは多くの地球人とは違い、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応しにくい心(靈)といい得る。
 そして既成の宗教やインチキ霊能力者などに疑問を感じる、これら“下”と感応している人や集団を観て、これは何かおかしいのではないかと思う。
それはその人が“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を理屈でわかるとか言葉で分類するとかではなく、“神示わからんうちから、わかりておらんと”=“上”と感応するならば、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を行使している心(靈)ならば、その思いと行動は理屈ではなく進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の方向性を向くものである。
 それで“分りてから、分りたのでは、人並ざぞ”というのは、先の“早よ改心せねば間に合はん”=平均的地球人の霊的成長度、自我の確立=固定化の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)、これは“日月神示”表記の“江戸と尾張”(腹の水=“江戸と尾張”の“江”、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン)でもある。
 
 そして今取り上げている文言そのものが、自我の肥大した自分勝手な都合の良い神の認識と概念を持っている人間を対象に述べられており、お前たちのような低い認識と概念を持ち合わせている人間に納得の行くように説明してわからせたとしても、それは先に挙げた進化(霊的成長、神格化に向かうこと)すべき人間よりも低いのだ、そしてそれが今現在の地球人の霊的成長度なのだ=“人並ざぞ”ということ。

 ちなみに私的に思うこととして、神格化のための“行”である太陽凝視、“日月神示”で“ひつく”“日津久”と述べられている価値のある太陽凝視を、不食とか健康になれるとか超人になれるとかの甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)御利益を求める動機で行う人間は、とても認識が低く、先の“間に合はん、残念が出来る”ということになるだろうと懸念するものでもあるが、少々蛇足だった。

 それで最後に述べられている、

“地の規則 天の規則となる事もあるのざぞよ”

これは、人間が右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、自分の在り方を鑑みる、ということをして、自我の確立=固定化から“慈悲”と“慈愛”の心を発現させていく、そうなるならば、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”では無く(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者になるということは幾度となく述べてきているが、その過程において進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を人間が見出す、そして自分たちが見出すこと事態がとても大事、それは人間が獲得した認識であるからこそ“地の規則”と称されていると思え、それは“上”の思惑と一致するからこそ“天の規則となる事もあるのざぞよ”、そうやって人間の認識は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)とともに変わっていく。
 それで、“なる事もあるのざぞよ”の言い回しに、“上”としては、“下”である人間に気付いて欲しい、そこまで育って欲しい、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“理(ミチ)”、法則性を体得し、その上で“道”(時間の進行)を歩んでほしい、という思いを感じるものでもある。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 松の巻 第五帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、松の巻 第五帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

この先どうしたらよいかと云ふ事は、世界中 金(かね)の草鞋(わらじ)で捜しても九九(ここ)より他 分からんのざから、改心して訪ねて御座れ。 手取りてよき方に廻してやるぞ。
神の国の政治は、もの活かす政治と申してあろが、もの活かせば、経済も政治も要らんぞ。金もの云ふ時から、物もの云ふ時来るぞ。誠もの云う時来るぞ。石もの云ふ時来るぞ。
六月二十一日の朝、アメのひつ九のかみ神示。

 この第五帖も、第一~第四帖までと同様、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の進化過程の人=平均的地球人に対し、観方を変えよ、認識を改めよ、それをしなければ間に合わんぞ、という言い回しである。

 冒頭の、
“この先どうしたらよいかと云ふ事”
これは、今後=アセンション後に移行する際に、自分たちは何を思い何を考え何を自分たちの価値とするのか、それを鑑みよ、今までの価値観や幸福感が低いのだということを知れ、そしてその価値観と幸福感は神の思惑に沿っていないのだということを知れ、ということであり、だからこそ“世界中 金(かね)の草鞋(わらじ)で捜しても”=(通貨としての)金主体、経済優先の今の価値観で追い求めても何も解らないのだといわれているに過ぎない。

 そして、
“九九(ここ)より他 分からん”
の、“九”は、“一”=智性=1番目のオーラと、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、であり、○ 九 十 の“九”でもある。 これについては第四帖を参照のこと。
要は“上”との感応をしろ、その“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化、“ほんとう”の意味合いでの“行”が出来ていない人間、“上”と感応する資質を持ちえない人間、それが地球では圧倒的多数だが、その心積りくらいしておけ、という意味合いで“分からんのざから、改心して訪ねて御座れ”、心(靈)の在り方を変え、今までの価値観や幸福感にとらわれずに、“ほんとう”の自分、自分の存在の意義と意味、それを求めよ、求めるならそれは自分の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)となり、
“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応している“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”
とは違い
“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応する資質を作り始める

“(“上”が)手取りてよき方(進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の方向性)に廻してやるぞ”、そうなるのだと称されている。

 これに続く、
“神の国の政治は、もの活かす政治と申してあろが、もの活かせば、経済も政治も要らんぞ”
この“神の国”は、何時も述べている通り縄張り意識(進化程度の低い心、自我の確立=固定化の進化の段階の地球人の認識)での認識の国ではなく、“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す)であり、よって“神の国”という表記は、“上”と感応した自省(胸の磁性“十”)した心(靈)(ヒ)ということ、そういった人たちが創りあげる事象、その現実は、経済に支配されない、(通貨としての)金の無い世界になる、自分の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)とするから、(通貨としての)金というケチな報酬を求めない、そして経済のための政治、今の政治のことだが、そんなものは無くなるのだということ。 

 これに続く、
“金もの云ふ時から、物もの云ふ時来るぞ。誠もの云う時来るぞ。石もの云ふ時来るぞ”
これも、(通貨としての)金に対する執着、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で創られている今の事象は崩れる、社会にシステムそのものが変わってくる、また変わらなければならない、それは自分の持っている“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を、どう扱い、この現津(あきつ)、観察され得る事象にたいし、どんな行使をするのか、自分の“力”の使い方は、“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)になっているか、換言すれば、自分は(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者か、あるいは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”か、ということである。
 それが先の“もの活かす政治と申してあろ”そして“金もの云ふ時から、物もの云ふ時来るぞ”、(通貨としての)金主体の価値観ではダメ、物=現津(あきつ)、観察され得る事象に価値があり「すべての事象は自分の在り方を示す」(○○○大先生が著書で述べたこと)という認識になっていく、その意味合いでもある。

 そしてこれに続く、
“誠もの云う時来るぞ”
は、今、不誠実な“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が活躍しているが、そうではなくなる、“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)、誰に対しても誠実、それは“うそ、ごまかし、にせもの、いつわり、まちがい”の無い人ばかりになる、そういった人が今後=アセンション後の事象を“創造”するの意。

 これに続く、
“石もの云ふ時来るぞ”
これは肉体(月(ツキ))内の“石”(帯電するミネラル)、これを“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化(肉体(月(ツキ))の磁性の変容)して、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”した肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)は、“上”との感応により高い振動と感応し(“日止、霊止”の表記の意)、その具体的な発振、発信は“一二三”のオーラ、“ひふみゆらゆら”=“一”“二”“三”のオーラ、それぞれの左右の磁性の右往左往と左往右往でもあるが、今の地球人は智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)無き心だから、発振、発信、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)も低い、しかし、今後=アセンション後に移行すべき人ならば、その資質を持ちうる人(日止、霊止)ならば、肉体(月(ツキ))内の“石”(帯電するミネラル)は、高い振動と感応する、そして自分の心(靈)(ヒ)の発振、発信とする、それは息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)となるということであるからこそ、“石もの云ふ時来る”=高い振動を発振、発信するの意である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 松の巻 第四帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、松の巻 第四帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

幾ら誠申してもまことは咽喉へつかへて呑み込めぬから、誠の所へは人民なかなか集まらんなれど、今度の御用は臣民 沢山は要らんぞ。 何もかも神が仕組みてゐるのざから、人民仕様とて何も出来はせんぞ、神の気概に叶はん人民は地の下になるのざぞ。 神示わからねば一度捨てて見るとわかるのざぞ。
六月二十日、アメのひつ九のかミ。

 一読すれば解ることだが、一~三帖同様、この第四帖も“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の進化過程の人に対する言い回しである。

 冒頭の、

“幾ら誠申してもまことは咽喉へつかへて呑み込めぬ”

これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”、自我の確立=固定化の進化過程の心(靈)では、自分にとって都合の良いことしか思わない、あるいはそんなふうにしか思えない、自省(胸の磁性“十”)の心が無いので自分にとって不都合な真実、“ほんとう”を認めたがらない、の意であるし、だからこそ“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”は、“うそ、ごまかし、にせもの、いつわり、まちがい”をする、自分の心の中にある智性(神性)さえ無視する。
 それは“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)ではない、他者である人、あるいは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)、神にとって不誠実であり、そんな人間は、“日月神示”表記の ○ 九 十からほど遠い、そういった自分の低さをよく思い知れという言い回しでもある。
 ○ 九 十に関しては画像で意味を示す。

○ 九 十(まこと)の解字

 要は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)していくべき心(靈)、あるいはある程度進化した心(靈)を指す表記だが、この“九”と“十”の意味を知り得ない、認識しえない、それは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を理解できないことと同義である。
 
 そしてこの意味合いを理解できないならそれは、自我の肥大(“石屋の仕組み”)で“創造”されている今の事象と心中する、そのことが次の言い回し、

“誠の所へは人民なかなか集まらんなれど、今度の御用は臣民 沢山は要らんぞ”

でもあり、ここで“臣民”と“人民”という区別されたいい方をされているが、“臣”は、主君に使える人、しもべ、家来、あるいは神に仕える人、聖職者、の意があり、その意味で“日月神示”で述べられている“臣民”を理解すべきであり、それは神の“思惑の顕現”=現象化を担う、今後=アセンション後の事象を“創造”する資質を持ち合わせる人(日止、霊止)ということであり、それに相対する今回の表記の“人民”は、平均的地球人、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”、自我の確立=固定化の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)の人といい得る。
 また“誠の所へは人民なかなか集まらんなれど”という言い回しを観て何を思うのかが大事であり、“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)の所へはたくさん人が集まる、それは甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)夢を見させる手法に乗る“ブタのけつを見ているアホ”が多いということを述べている、そしてその集まりは(汚い)金の繋がりであり、形骸の権威にあやかる人間が集まる、雰囲気に酔う人間が集まる…いわゆる霊的成長度の低い人は霊的成長度の低い人と一緒にいる、ということにすぎない。
それに反し“ほんとう”の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に向かっている人=“臣民”は、その手法に乗らず、何が自分にとって“ほんとう”か判断出来得るのだが、そういった人はとても少ない。 また神の“思惑の顕現”を担う資質を持つ人の所には、たくさんの人が集まる訳がない、それは先に解釈した第二帖の、
“残る臣民 三分むつかしいぞ。 三分と思へども、二分であるぞ”
という言い回しで示されているものでもある。

 これに続く、

“何もかも神が仕組みてゐるのざから、人民仕様とて何も出来はせんぞ、神の気概に叶はん人民は地の下になるのざぞ”

これも、これからの事象は神の“思惑の顕現”であり、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”=“人民”の思惑通りにはならない、ということが述べられているに過ぎない。
 そしてこの文の“神の気概に叶はん”、この意味をよく理解することが大事。
(叶、かなう、合う、一致する、和合する、の意)
 要は“上”=“神の気概”、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、あるいは“天津御空(あまつみそら)”=“上”からの振動=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子と、感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する、これが当たり前の世界になる、それが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の必然であり、先に示した ○ 九 十 の、“九”と“十”の意味合いである。
 その資質を持ちえない、その心(靈)の在り方が出来ないならばそれは“地の下になるのざぞ”とやや揶揄(やゆ)した言い回しをされている。

 最後の、

“神示わからねば一度捨てて見るとわかるのざぞ”

これは“神示”を捨てるの意ではなく、今までの価値観や既成概念や常識を捨ててみよ、の意であり、それが低いから今の世界は腐っている、低い幸福感、低い価値観、(通貨としての)金と者に対する執着、目下(めした)由来の本能中心の欲望(食欲、性欲など、これに感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)するのが三毒、貪、瞋、痴(とん、しん、ち、)の心の動きを持っている程度の低い悪霊)、これが台頭している人間が今回の表記の“人民”であり、それが低い、自分をダメにするものであることを解っている、それはローム太霊の言い回しの、右往左往から左往右往に移行しえた人でもあるが、そういった人を指して ○ 九 十 神の思惑を顕現すべき資質を持ちえた人、それが第四帖の冒頭の“幾ら誠申してもまことは咽喉へつかへて呑み込めぬ”、このひらがな表記の“まこと”に相当すると思える。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 松の巻 第三帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、松の巻 第三帖を解釈しまんねん。原文は以下の通り。

神烈しく、人民静かにせよ。 云ふた事 必ず行はねばならんぞ。 天から声あるぞ、地から声あるぞ。 身魂磨けばよくわかるのざぞ。 旧九月八日までにきれいに掃除しておけよ。 残る心 獣ぞ。 神とならば、食ふ事も着る事も住む家も心配なくなるぞ。 日本晴れとはその事ざぞ。
六月十九日、あめのひつ九のかみ。

 冒頭の、
“神烈しく、人民静かにせよ。 云ふた事 必ず行はねばならんぞ”
これは、今までが“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって、換言すれば悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)の活躍によって、この事象が“創造”されてきたのだが、そうではなくなる、すでにそうではなくなりつつある、それは神の“思惑の顕現”=現象化であり、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応するのではなく、“上”と感応する(“天詞様”)が台頭する、そういった事象になり、その時には“上”と感応する人(日止、霊止)が事象の“創造”をする、それが“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)イキガミ、であるし、必ずそうなるので、これまでの“日月神示”で述べられてきた=“云ふた事 必ず行はねばならん”、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”=自省(胸の磁性“十”)をしておけよ、の意味合い。
 そしてあえて言うまでもないことだが“人民静かにせよ”は、“上”の思惑、天意に対し、恭順な姿勢をとるべきの意。 “われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の思惑をさしはさむなよ、の意である。

 それで、これと同義の表記とその解釈を、以下にいくつか列挙しておく。

下つ巻 第十四帖 

“元の神代に返すと申すのは喩へでないぞ。 七から八から九から十から神烈しくなるぞ、
臣民の思う通りにはなるまいがな、それは逆立してゐるからぞ”

“元の神代” “元” 二+儿部(じんぶ、にんにょう)肉体を持った生命、人が歩く様子(儿部(じんぶ、にんにょう))時間の進行と共に霊的進化をして行くこと。
七=“一”=智性=1番目のオーラ+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)。
八=左右の極性 “富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道。
九と十=神の最後の“思惑の顕現”=現象化の形、人を指す、 ○ 九 十(まこと)、霊=○、荷電粒子の場(フィールド) + “一”=智性=1番目のオーラ +  丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現) + 乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現) +  胸の磁性“十”。


地つ巻 第十四帖 

“神烈しく結構な世となりた”

今、自己奉仕者の行いや心の動きはどんどんバレている。 これは“神の咎め”であり、ローム太霊の言葉を引用すれば、右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をするでもある。

日の出の巻 第四帖 

“桜花(さくらばな)一度にどっと開く世となるのざぞ、神激しく臣民静かな御代となるのざぞ”

霊的成長度の高低において分けられたならば、“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)は盛んになり=“神激しく”、そして今までの低い進化程度の地球では自分たちだけの思惑でこの世界を作ってきたみたいなものだから…自我が肥大しているからこそそう認識しているのだろうけども、そこには低い存在との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)があり、恨みの連鎖の霊的干渉が中心であり、だから平均的地球人の行動というのは、ディスプレイ(動物の発情行動)と欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかで自分の利益を追求するという心(靈)の動きが中心でもあるのだが、“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)が出来得る心(靈)、それは自省(胸の磁性“十”)を十分に体験した“慈悲”と“慈愛”の心(靈)を持ち、さらに“一”=智性=1番目のオーラを高める方向性に心が動いていなければ=目上(めうえ)の脳を使わなければ、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の方向性ではなく、それが出来ない進化程度の人間は、当然のことながら“次の世”(“日月神示”表記の今後=アセンション後の事象のこと)に存在する(位置する)資格がないし、その“次の世”になったならば、恨みの連鎖の霊的干渉による事象(戦争、天災、低い存在の憑依による事件や事故、因縁、右回転の荷電粒子が引き起こす遺伝子崩壊が原因の病気など)というものはなくなるから“桜花(さくらばな)一度にどっと開く世となる”とやや揶揄(やゆ)した言い方をされている。



 これに続く以下の文は、上記の事柄が理解できているなら意味はすぐ解ると思う。

“天から声あるぞ、地から声あるぞ。 身魂磨けばよくわかるのざぞ”

 “天”と“地”は、地球より位置的に上、あるいは地球上の意であり、その双方に“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は存在しており、その感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を“声あるぞ”と称され、それは“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化していなければ感応共振しえないが、その意味合いで“身魂磨けばよくわかる”といわれている。


“旧九月八日までにきれいに掃除しておけよ。 残る心 獣ぞ”

 この“旧九月八日”も日付のことではなく、“九”は“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、現地球人より“一”=智性=1番目のオーラがたかまった状態を指すものである。 そして月は肉体(月(ツキ))のこと。 そして“八”文字の構成が、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、そしてこれは“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同じ意味を持つ。 そして“日”は、太陽のことであり、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性がたかまった“日止、霊止”は、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、と感応するというのが“八日”の意味であり、さらに“旧”の表記は、「古い」の意味ではなく、|(たてぼう、こん、縦の磁性))と太陽を示す“日”、あるいは、太陽の振動が下降する、それを|(たてぼう、こん、縦の磁性))で示していると思える。
 よって“旧九月八日”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をある程度果たした肉体(月(ツキ))を持った心(靈)(ヒ)、“日止、霊止”を指す表記である。
 この進化をある程度果たした心(靈)(ヒ)ならば、自分の心の“上”と“下”を見出すことが出来るし(“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”、“自分を観察する自分の確立”)、それが出来ないのはただ低い、それは今後=アセンション後に移行しえないので“残る心 獣ぞ”=目下(めした)(大脳旧皮質と古皮質)(動物の心(靈)の段階)“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心は、次の“創造”を担えない、その資質なし、と称されている。


“神とならば、食ふ事も着る事も住む家も心配なくなるぞ。 日本晴れとはその事ざぞ”

 この文の“神とならば”は、天意を受信できうる人、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化がある程度できている人、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)がしっかり発現している人、いろんな言い回しが出来るが、それを“日月神示”では“天詞様”“てん子様”などと述べている。
 またそれは、稜威(“イツ” 古代日本語で、“イチ”が変化した言い方、意味は、神霊の威力、みいつ、天子の威光、 類義語として、威霊)、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を強化獲得した心(靈)(ヒ)、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことを果たした人間、あるいは行っていて、まっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)を歩んでいる人といい得る。
 その、まっとうな進化を成そうとしている人たちが“創造”する事象、それが今後=アセンション後であり、その事象では経済=奪い合いの仕組みもなく、(通貨としての)金もなく、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”もいないし、悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)もいない(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者だけの世界になるので、今のこの低い事象に対し相対的な言い回しとして“食ふ事も着る事も住む家も心配なくなる”といわれているが、これがなされるまでには、苦痛や苦悩を体験し自らのエネルギーを贖った人、人間の資質の向上、霊的成長しなければならないということを、しっかりと認識するべきであり、時がたてば楽な世界がやって来るという甘い(亜、魔、出ずる、泉。愛(炁)の間に魔が入った状態を指す)解釈をしてはならない。

(このことは○○○大先生が著書で述べたことでもある)

 最後の“日本晴れとはその事ざぞ”は、進化した人が“創造”する事象、また進化(霊的成長、神格化に向かうこと)そのものを指す言い回しで、これに関しては以前から使っている画像を貼って意味を示す。

“晴れたり日本晴れ”の解字
 今回はこれくらいにしときまんねん。





“日月神示” 松の巻 第二帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、松の巻 第二帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

神の国を、足の踏むところない迄にけがして仕舞ふてゐるが、それで神力は出ぬぞ。 
臣民無くなるぞ。 残る臣民 三分むつかしいぞ。 三分と思へども、二分であるぞ。 邪魔せん様に、分らん臣民 見物して御座れ。 ここまで知らして眼覚めん臣民なら手引いて見てゐて御座れ。 見事仕上げて見せるぞ。 雀ちうちう烏かうかう。
六月十八日、あめのひつ九か三。

 冒頭の、
“神の国を、足の踏むところない迄にけがして仕舞ふてゐるが、それで神力は出ぬぞ”
この“神の国”を右翼傾向の強い人が勝手に思う縄張り意識(進化程度の低い心、自我の確立=固定化の進化の段階の地球人の認識)の国と解釈してはならず、この“国”の表記の意味は(囗)くにがまえと“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動き、これを示しているし、それに神=“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が加わってこそ=“上”と感応してこそ、“神の国”といい得る、神の思惑を顕現し得る心(靈)(ヒ)であるのだが、現状は、平均的地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)における心(靈)の動きと息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は、“上”から観たら間違っているしこの事象をどんどん腐らせているからこそ“足の踏むところない迄にけがして仕舞ふてゐる”と称され、そんな心では“上”と感応しえない、“上”が“力”を貸せない、の意が“それで神力は出ぬ”である。
 これに続く、
“臣民無くなるぞ。 残る臣民 三分むつかしいぞ。 三分と思へども、二分であるぞ。 邪魔せん様に、分らん臣民 見物して御座れ。 ここまで知らして眼覚めん臣民なら手引いて見てゐて御座れ”
これは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”に対して言われていることであり、その進化過程ならば次の事象には移行しえない、資格が無いから“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”をせよ、というメッセージと、次の事象に移行する具体的な人数は、
“残る臣民 三分むつかしいぞ。 三分と思へども、二分であるぞ”
といわれているに過ぎないし、次の事象に移行すべき人、その資質を得ようとしている人、例えば“日月神示”で最も大切な具体的な“行”として述べられている“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことに目覚めた人に対し、太陽凝視を不食のものだという情報を流布する程度の低い人などが解りやすいが、いわゆる“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)も含め、人のまっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を妨げる人間は多数いるので、
“邪魔せん様に、分らん臣民 見物して御座れ”
と言われているし、まっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を認識しよう、それを実践しようとしている人の邪魔をするな、解らぬ、理解できない、“日月神示”を見ても“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化や、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、そして“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことに気付かないなら、これからまっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をする人の心と行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)、それを観て自分の認識とせよ、という意味合いで、
“ここまで知らして眼覚めん臣民なら手引いて見てゐて御座れ”
と言われている。
 
 それで、この第二帖も第一帖同様、今後=アセンション後に移行する際の事象の変化、そして今後=アセンション後は、いわゆる、松の巻の〇つ=これまでの進化過程とは違う新たな生命となった心(靈)が台頭するのだということを述べているし、それは神の思惑の顕現、神の計画であるからこそ、
“見事仕上げて見せるぞ”
と称されている。

 それで、最後に述べられている、
“雀ちうちう烏かうかう”
これは、雀は雀のまっとうな鳴き方、烏は烏のまっとうな鳴き方、それぞれまっとうな生き方をしている、だが神の子である人間の大半はまっとうな生き方をしていないから、こう揶揄されていると思う。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 松の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 


 今回から、松の巻の解釈に入りまんねん。 まず第一帖の原文は以下の通り。

富士は晴れたり世界晴れ。 三千世界一度に晴れるのざぞ。 世の元の一粒種の世となったぞ。 松の御代となったぞ。 世界ぢうに揺すりて眼覚ますぞ。 三千年の昔に返すぞ。煎り豆 花咲くぞ。 上下ひっくり返るぞ。 水も洩らさん仕組ぞ。
六月十七日、あめのひつ九のか三。

 冒頭の“富士は晴れたり世界晴れ”は、キの巻 第十七帖の、
“富士は晴れたりキの巻十七帖 霊○、シンクロトロンの構造 小画像 (せかい)ばれ、岩戸あけたりキの巻十七帖 霊○、シンクロトロンの構造 小画像 ばれぞ”
のことであると思える。 
 この キの巻十七帖 霊○、シンクロトロンの構造 小画像 (せかい)に関しては以下のように解釈した。


キの巻 第十七帖 霊 〇 と、シンクロトロンの構造

 そしてこれは自省(胸の磁性“十”)の心(靈)がきちんと発現している、いわゆる多くのチャネラーが使った表記の第四密度、仏教の“慈悲”と“慈愛”、アナハタチャクラの覚醒といってもよいだろうし“日月神示”表記ならば“江戸と尾張”(腹の水=“江戸と尾張”の“江”、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン)から“上”の心(靈)の発現、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、それは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”から(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者への変容といい得ることであり、その心(靈)が観察しうる事象は、“晴れ”なのだという解釈をした。 

 これに続く、
“三千世界一度に晴れるのざぞ”
この“三千世界”は、地つ巻 第四帖にも出てきた言葉で、そのときに、「三千世界は、“上”から“下”、霊的成長度の高い低いにかかわらず、神だろうが人(日止、霊止)だろうが下等生物だろうが肉体を持っていようがいまいが、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の行いの霊的存在だろうが、悪魔だろうが、悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)であろうが、すべてをひとつの事象とみなした概念が、三千世界」って解釈をしたが、これは先の“晴れ”という事象になっていく、そうならねば神の“思惑の顕現”はないの意、であると思う。

 次の、
“世の元の一粒種の世となったぞ”
この“世の元”に関しては、磐戸の巻 第八帖の解釈からコピペ。

“この神の国には世の元からの生神が水ももらさぬ仕組してあるから、いざ出て参りて得心ゆくまでかかりて御座れ。 敗けてもクヤシクない迄に攻めて御座れよ、堂々と出て御座れ、どの手でもかかりて御座れ。 その上で、敗けてこれはカナワンと云ふ時迄かかりて御座れよ”は、“外国の悪の三大将”=人を進化(霊的成長、神格化に向かうこと)させない心(靈)の動きに対してと、その心(靈)が台頭している“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の価値観と認識に対する言い回しであり、自分たちが自我の肥大ゆえ自分たちの行いが悪いとか間違っているとか思わないのであれば“得心ゆくまでかかりて御座れ…中略…どの手でもかかりて御座れ”と述べられ、本当に改心(“身魂掃除”“身魂洗濯”) するにあたっては、“その上で、敗けてこれはカナワンと云ふ時迄かかりて御座れよ”というところまでいかねばならず、その時初めて“この神の国には世の元からの生神が水ももらさぬ仕組してある”=“創造”の法則性(“理(ミチ)”)を認識しうる、自分たちの思想になることの意である。
またそれは現時点において、自我の確立=固定化、自我の肥大(“石屋の仕組み”)から、“慈悲”と“慈愛”、そして智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の獲得であることを思い知る、思い知らねばならないという表記でもある。

そして、磐戸の巻 第十六帖からコピペ。

“世の元からの生神が揃うて現はれたら、皆腰ぬかして、目パチクリさして、もの云へん様になるのざぞ。 神徳貰うた臣民でないと中々越せん峠ざぞ、神徳はいくらでも背負ひきれん迄にやるぞ、大き器もちて御座れよ、掃除した大きいれものいくらでも持ちて御座れよ、神界にはビクともしぬ仕組出来てゐるのざから安心して御用つとめてくれよ”の“世の元からの生神”はこれまで解釈してきたとおり、進化の“理(ミチ)”、法則性、それが顕現することが“揃うて現はれたら”であり、その法則性が台頭してそれに従ってこれからは生きていかねばならないので“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度の人間にとっては“皆腰ぬかして、目パチクリさして、もの云へん様になる”であり、重複するが、そうなってしまう人間は霊的に低い人間であるといえ、すでに進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に対し認識を持っている、“ほんとう”の“行”、“ほんとう”の価値観、人間が存在している“ほんとう”の意味や意義を知っている人にとっては、当たり前のことがこの世界に台頭してくるなと感じ、それに対し形骸の権威や価値をもてはやしたり、にせものの“行”ごっこをしたり、自分の利益や欲望の達成のために他者を欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかしてきた“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の人にとっては、今後=アセンション後はそうなるよ、心しておけよ、“神徳貰うた臣民でないと中々越せん峠ざぞ”=霊的成長してないと今後、アセンション後に移行できない、という言い回しである。

次の、
“松の御代となったぞ”
この“松の御代”、そして今解釈しているのは、〇つの〇キ、松の巻、であり、この“〇つ”に関しては、水の巻 第五帖で以下のように解釈した。

“桜花一時に散る事あるぞ、いよいよ松の世と成るぞ、万劫(まんごう)変らぬ松の世と成るぞ。 松の国 松の世 結構であるぞ”
 この文の表記の“松の世”そして“松の国 松の世結構”の“松”の解釈が重要であると思う。 それは、今解釈している水の巻の次が、松の巻であり、水の巻の水が、三 ローレンツ力と ○ (みず)、これは“一二三”のオーラと霊=○、荷電粒子の場(フィールド)、そしてローレンツ力 ローレンツ力 、の意味があるが、松の巻は、 〇つであり、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)とひらがな(“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点)表記の、“つ”である。
 例によって“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”では、“ツ”はつづまる(約まる)集う(つどう) 物をまとめ次々その形を変えて次なる新たななる生命を咲かすの意、があるので、 〇つは、“上”の思惑、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、あるいは日月の巻の表記の“天津御空(あまつみそら)”=“上”からの振動=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子が、つづまる(約まる)集う(つどう)して、これまでの進化過程とは違う新たな生命となった心(靈)のことであるとの解釈をする。


この下線を引いた分をよく理解していただければよいと思う。

 これに続く、
“世界ぢうに揺すりて眼覚ますぞ。 三千年の昔に返すぞ。 煎り豆 花咲くぞ。 上下ひっくり返るぞ。 水も洩らさん仕組ぞ”
これは今の事象、そして今の事象を“創造”している息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)ではダメなのだ、それは今までの進化過程、“江戸と尾張”(腹の水=“江戸と尾張”の“江”、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロン)から“石屋の仕組み”(自我の肥大)で、多くの人が息吹しているので、それを変える、変わらなくてはいけない、の意で、“世界ぢうに揺すりて眼覚ますぞ”の“眼覚ます”は“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”の意であり、“三千年の昔に返す”は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が台頭してきた時代を“三千年”と称していると思え、“煎り豆 花咲くぞ。 上下ひっくり返るぞ”は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の既成概念、価値観、幸福感などが間違っていることを、少々揶揄(やゆ)した言い方ではあるが、それを“上”は示すのだ、の意であり、それは神の計画、神の“思惑の顕現”だからこそ“水も洩らさん仕組”と称されているし、それは先に引用した磐戸の巻 第八帖の、
“世の元からの生神が水ももらさぬ仕組してある”
でもあり、この“世の元からの生神”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)イキガミ、これ自体が神の思惑であり、これがあってこそ人間の存在の意味と意義を認識しうるものであるが、このことをよく知れ、というのが第一帖の要旨である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。





Kellyさんが“日月神示”水の巻の解釈を終えてから…感じた事。



 艮(うしとら)の金神が水の巻で伝えようとしているのは、まず、第一帖の表記の“三ローレンツ力と ○ (みず)”であり、この意味は、“三”が“一二三”のオーラ、1番目、2番目、3番目のオーラ、そして、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)、その中に書かれているローレンツ力ローレンツ力 、これは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んで“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)することそのものを指しているし、それによる発振、発信が、“一二三”のオーラである。

 そしてそれは、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)であるからこそ、第五帖の文を以下のように解釈した。

“この神示(“上”の思惑) 声出して読みあげてくれよ(天意を自らの認識(悟り、幸取=さとり)とする“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化をして、自らの“一二三”のオーラとして発振、発信せよ)。 
くどう申してあろがな。 
“上”の思惑と感応した心(靈)(ヒ)が息吹く=“言”という意味での)言霊(ことだま)高く読みてさえおれば結構が来るのざぞ。 
人間心(これは今、あるいは今までの進化過程における発振、発信のこと)出してはならんぞ”

 要は“上”と感応しうる肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)になり、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)を高くせよ。
換言するならば、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した人間は、天意を顕現するということ。
その意味で、第一帖の、
“てん詞様おろがみてくれよ。 てん詞様は神と申して知らしてあろがな”(てん詞様とは、“上”と感応共振していて、きちんと智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)が発現している人のこと)
第三帖の、
“神の子は神としての自分養ふことも、つとめの一つであるぞ”
第四帖の、
“勲章も何んにもならん時が来る、まこと一つに頼れ人々”
第六帖の、
“キが元ぞと申してあろがな。 神国負けると云ふ心、言葉は悪魔ぞ、本土上陸と云ふキは悪魔ざぞ”(後半の文は心(靈)(ヒ)の在り方を述べている)
第十一帖の、
“神第一とすれば神となり、悪魔第一とすれば悪魔となるぞ。何事も神第一結構。カイの言霊(かへし)キざぞ。 キが元ぞと知らしてあろが、カイの御用にかかりてくれよ”
(“カイの言霊(かへし)キざぞ”というのは、“言”(事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き)と、心(靈)、それは息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)であり、“キ”(気、愛(炁)、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁であることを、キの巻で述べた)であり、その息吹に応じて、現津(あきつ)、観察され得る事象の遭遇があるということを“(かへし)”と称され、それは、因果応報、ブーメランの法則、“曲霊(まがつひ)”と同義であるし、この場合の“カイ”は、“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”の引用が分かりやすいので以下に述べる。
“カ”は、幽れたる(かくれたる)生命と力(ちから)の音意
“イ”は、生気生命の発生力
 生命(生きる使命=存在理由)というのは、思惑を顕現するものである。 心(靈)というのは、“創造”の“主(ヌシ)”から悪魔、人間であろうがどんな下等生物であろうがどんな悪霊であろうが、そういうものである。
 その意で“カ”=生命と力、といえ、生命=その心(靈)がなそうとすること事態を“イ”と称している)
第十二帖の、
“人間心には我(が)があるぞ。神心には我がないぞ。我がなくてもならんぞ、我があってはならんぞ。我がなくてはならず、あってはならん道理分りたか。 神にとけ入れよ。てんし様にとけ入れよ” (“上”と感応せよの意)
“てんし様の御稜威(みいつ)輝く御代とする事ぞ”(“上”と感応して事象の“創造”をせよの意)
第十七帖の、
“カイの御用はキの御用であるぞ。 臣民はミの御用つとめて呉れよ。 キとミの御用であるぞ。 ミの御用とは体(からだ)の御用であるぞ。 身 養ふ正しき道開いて伝へて呉れよ”
これらすべて、“上”との感応、そして“上”と感応するならば心(靈)の在り方は変容してくる、その変容は、第十一帖の“神第一”が解りやすいが、“上”と感応しない心(靈)は、霊的成長度が低く進化程度が低いので“悪魔第一”となるが、大概の平均的地球人にはその自覚が無いものであり、“上”と“下”も判っていない場合が多い。
 そのことを指摘している言い回しが、第四帖の、
“お宮も土足にされる時が来る、おかげ落さん様に気付けよ。
勲章も何んにもならん時が来る、まこと一つに頼れ人々”
第六帖の、
“キが元ぞと申してあろがな。 神国負けると云ふ心、言葉は悪魔ぞ、本土上陸と云ふキは悪魔ざぞ”(“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)と感応するなよ、の意)
第十三帖の、
“今の臣民 口先ばかりでまこと申してゐるが、口ばかりでは、なほ悪いぞ。言やめて仕へまつれ”
第十四帖の、
“今迄は闇の世であったから、どんな悪い事しても闇に逃れる事出来てきたが闇の世はもうすみたぞ。思ひ違ふ臣民 沢山あるぞ。何んな集ひでも大将は皆思ひ違ふぞ。早ふさっぱり心入れ換へて下されよ”
であり、これを読んだら自分たちの進化程度の低さを判断できるようにならねばならんと思うし、今後=アセンション後は、そのまま“道”(時間の進行)は進んで行かないから、第九帖の、
“その日からいよいよ神は神、けものはけものとなるぞ”
いわゆる霊的成長度の高低における区分け、アセンションという事象があるのだと述べられている。
 それで“上”との感応のために、第二帖、第三帖、そして第十帖で述べられている祝詞と神名が述べられ、さらにその言葉一つ一つに霊的成長の秘密が示されている。
 しかし祝詞や神名を読みあげるだけでは“上”との感応にならないので、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化を指す表記として、第十一帖の
“タマ磨けば磨いただけ先が見えすくぞ。先見える神徳与へるぞ”
第十六帖の
“まだまだ御苦労あるぞ。 たまの宮つくりてよいぞ”
と述べられているものである。
 それでこれらのことを含め、水の巻で最も大事なこととしては、第十七帖で述べた以下の解釈、

“キミの御用”は、“キ”と“ミ”であるから、“上”と感応している生命(生きる使命=存在理由)、事象を“創造”する生命、それは“日止、霊止”(“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めるの意)である。

水の巻の要旨は、これに尽きると思うことを述べ、水の巻の解釈を終わることとする。

 次回からの“日月神示”解釈は、松の巻(〇つの〇キ )に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん



“日月神示” 水の巻 第十七帖 Kellyさん的解釈


 今回も、水の巻 第十七帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

カイの御用はキの御用であるぞ。 臣民はミの御用つとめて呉れよ。 キとミの御用であるぞ。 ミの御用とは体(からだ)の御用であるぞ。 身 養ふ正しき道開いて伝へて呉れよ。 
今迄の神示読めばわかる様にしてあるぞ。 キの御用に使ふものもあるぞ。 キミの御用さす者もあるぞ、 お守りの石どしどしさげてよいぞ。 水の巻これで終りぞ。
六月二十三日、三(みず)の一二ローレンツ力と ○

 冒頭の“カイの御用はキの御用”の詳細に関しては、
水の巻 第十一帖 を参照のこと、要は、生命(生きる使命=存在理由)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)が事象の“創造”になり、それは“思惑の顕現”であるということ。
これに続く“臣民はミの御用つとめて呉れ”の“ミの御用”の“ミ”は、“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”から引用すれば、生命の幹 その現実 であるから、生きている間に成すべきこと、と解釈出来得るし、これに続く“ミの御用とは体(からだ)の御用であるぞ”そして“身 養ふ正しき道開いて伝へて呉れよ”という言い回しで、(水の巻で一貫して述べられている)“上”と感応しうる肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)を創り上げよ、と、強調されている。

 これに続く“今迄の神示読めばわかる様にしてあるぞ”は、今後=アセンション後に移行すべき肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)のことを述べてきた、という言い回し。
 “キの御用に使ふものもあるぞ。 キミの御用さす者もあるぞ”の“キの御用”は、“キ”が、

天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし

であるから、“上”と感応している息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の意であるし、“キミの御用”は、“キ”と“ミ”であるから、“上”と感応している生命(生きる使命=存在理由)、事象を“創造”する生命、それは“日止、霊止”(“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めるの意)であるといい得るし、その具体的な“行”“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化が、艮(うしとら)の金神が黒住教で教えた朝日の日拝(にっぱい)(太陽凝視の入門、初心者向け)でもあり、さらに“上”を目指す人が行うのが“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことである。

 これに続く“お守りの石どしどしさげてよいぞ”は、今までの平均的地球人の肉体(月(ツキ))は“玉(ぎょく)”=“行”によってタンパク質が高分子化しているものではなく、それは“玉(ぎょく)”に相対して“石”でしかなということ。
(“玉石混交(淆)”)
それは、平均的地球人の進化程度、その肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)は、“上”から観たら“石”であり、“石”(帯電するミネラルが結晶化していない)による感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)は、自我の確立=固定化の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)なのだ、という言い回しであり、その段階から脱却せよ、今後=アセンション後に移行するならば、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化による肉体(月(ツキ))と、心(靈)(ヒ)の在り方=“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”ということを鑑みよ、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応しうる自分自身となれ、ということである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。





“日月神示” 水の巻 第十六帖 Kellyさん的解釈


 今回も、水の巻 第十六帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

まだまだ御苦労あるぞ。 たまの宮つくりてよいぞ。 われの事言はれて腹のたつ様な小さい心では、今度の御用出来はせんのざぞ。 心大きく持てと申してあろがな。
六月二十日、ひつ九のかみ。

 これは“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”という今後=アセンション後に移行すべき心(靈)の在り方を述べている。
 前後するが“われの事言はれて腹のたつ様な小さい心”とは、自我の肥大(“石屋の仕組み”)であり、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心を指摘しているに過ぎない。
 それで“たまの宮つくりてよい”の“たま”は、“玉(ぎょく)”であり、自省(胸の磁性“十”)と“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化を指し、“宮”は、宀(うかんむり、頭の意味)と“呂”なので、“上”と感応し、それを肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)にめぐらす(循環、巡る、“メグリ”(帀))する仕組みそのものである。
それで“心大きく持て”は、外側(外国と幽界)の事象を観察する視点、自らを観る視点(“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”、“自分を観察する自分の確立”)(天の御目(あめのおめ)=智性(神性)由来の事象の“観察と認識”)のことであるし、そうならなければ“今度の御用出来はせん”、次の段階の“創造”を担うことはできない、の意である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 水の巻 第十五帖 Kellyさん的解釈 


  今回も、水の巻 第十五帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

富士、火吐かぬ様おろがみて呉れよ、大難小難にまつりかへる様おろがみて呉れよ。
食物(たべもの)頂く時はよくよく噛めと申してあろが、上の歯は火ざぞ、下の歯は水ざぞ。 火と水と合すのざぞ。 かむろぎ かむろみぞ。 噛むと力生れるぞ。 血となるぞ、肉となるぞ。
六月十七日、ひつ九のかみ。

 冒頭の言い回し、
“富士、火吐かぬ様おろがみて呉れよ”
は、少々揶揄(やゆ)した言い回しの感があり、実際に富士山が噴火するというよりも、今後=アセンション後に移行する際の醜い事象、恨みの連鎖の霊的干渉の現象化による天変地異や戦争、犯罪、病気などをすべて含めた言い回しであり、それを、
“大難小難にまつりかへる様おろがみて呉れ”
と述べられているが、この“まつりかへる”の意味は、“上”と感応する=祀り、祭り、のことであるから、“上”と感応でき得る肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)を創り上げよ、そのために“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化と、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”を説いているのだという艮(うしとら)の金神の思惑を読み取るべきである。

 これに続く、
“食物(たべもの)頂く時はよくよく噛めと申してあろが、上の歯は火ざぞ、下の歯は水ざぞ。 火と水と合すのざぞ。 かむろぎ かむろみぞ。 噛むと力生れるぞ。 血となるぞ、 肉となるぞ”
の、“よくよく噛め”“噛むと力生れる”は、食事の際のことも述べてはいるがそれだけではなく、その意味は、
水の巻 第六帖で解釈したので以下のコピペしておく。

“一たべよ、二たべよ、食べるには噛むことぞ、噛むとはかみざぞ、神にそなへてからかむのざぞ、かめばかむほど神となるぞ、神国ぞ、神ながらの国ぞ。 かみながら仕事してもよいぞ”の、“一たべよ、二たべよ”は、“一二三”のオーラの“一”=智性=1番目のオーラと、手の磁束で構成される二番目のオーラ、これはシンクロトロンの基本構造といえ、脊椎動物が進化して手が発達したからこそ自省(胸の磁性“十”)の心を持つことを今まで述べてきているが、その意味合いのことであると思う。 そして“食べるには噛むことぞ、噛むとはかみざぞ”は、噛むことによる圧電、これはローム太霊の言葉である“粘りとやせ我慢”の意味のひとつであり、自分に課せられた人生における因縁、生業(なりわい)の“行”、そして進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のための“行”には、“粘りとやせ我慢”が必須であり、その際には歯を食いしばり…という言い回しがよく解るだろうが、我慢することは“間断なき行”であり、進化に必須なので“かめばかむほど神となる”こういう言い回しがされ、それは自分が頑張る(元の気を張る)、我慢する、すべて“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の思惑に自らが自らを照らし合わせて、自分自身が頑張らなければならないから“神にそなへてからかむ”といわれている。 
 そうやって“粘りとやせ我慢”“間断なき行”、頑張る(元の気を張る)ことをしていくならばそれは、進化を目指す心(靈)(ヒ)=“神国ぞ、神ながらの国ぞ”といえ、ことに“神ながら”という表記は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をさすものである。


  引用終わり。
  これも要は、“上”と感応し得る資質、その肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)を創れ、という意味合い。

 それで“上の歯は火ざぞ、下の歯は水ざぞ。 火と水と合すのざぞ。 かむろぎ かむろみぞ”の“火と水と合すのざぞ”は、
水の巻 第十三帖で日月の巻 第三十二帖を引用して詳細に述べたのでそちらを参照のこと。

 それと“かむろぎ かむろみ”は、祝詞に出て来る言葉である。 祝詞では“神魯岐 神魯美”あるいは“神漏岐 神漏美”の漢字が当てられている。
 この“神”は“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)を指し、“岐”と“美”は、伊邪那岐(いざなぎ)伊邪那美(いざなみ)のそれであり、日足(ひたり)と砌(みぎり)の極性のことである。
 “魯”は、間が抜けている、の意、“漏”は、もる、もれる、もらす、の意、なのでこれは、伊邪那岐(いざなぎ)伊邪那美(いざなみ)は人を指し、“上”と人はうまくつながっていない、きちんと感応できていないさまを指していると解釈できるし、これが現地球人の霊的成長度における進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)ともいい得る。
 要は“日月神示”表記の“てんし様”“天詞様”、“上”の思惑取り込んで自分の思想として行動する人間ではないからこそ“火と水と合すのざぞ。 かむろぎ かむろみぞ。 噛むと力生れるぞ。 血(錯体)となるぞ、肉(自凝(おのころ)の仕組み、タンパク質の高分子化)となるぞ”と述べられており、これは先に引用した、水の巻 第六帖の、
“神ながら”という表記は、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応共振をさす
このことそのものであると思える。

 ちなみに先の“かむろぎ かむろみ”は、“神魯伎 神魯美”という表記もあるが“伎”の意味は、わざ、細かいわざや細工、巧みなわざや術、ということなので、“上”が“力”を貸した際の“思惑の顕現”=現象化といい得る。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“ローム太霊講話集”第十一話 死後の種々相 正常死の場合 Kellyさん的解釈“その三”&第十一話の総括


 すでに述べたことではあるが、第十一話を読んだなら、自分たちはどう生きるのか、どう生きるべきか、どう在るべきか、について思うべきである。

 このことを示唆する太霊の言い回しは、

人間が生まれてから死ぬまでの凡ての思想や行為のプラスとマイナスの通計によって下される神の審判(さばき)

幽体が…中略…固められ…中略…それが完成すると一定の法則に従って動けるようになり、その第一歩が茫漠とした荒野での自己反省となる

人間が一生の間に積んだ善悪の業の力と先祖の因縁の力とによってその者の行く先が定められる

善いことは少しも頭に浮かばず悪いことばかりがその幽体の周囲に展開されて、終には悲観のどん底に落ちてしまう。これが釈迦の教えている閻魔の庁の浄玻璃(じょうはり)の鏡で、この自身の悪業に対する悔恨を如何に処理すべきかが幽体自身の使命であるが、多くの者はそれに感付かず、どうせばれてしまったからはとことんまでやってやれという気持になる。この場合、その主護霊、支配霊、指導霊達は黙って自由にやらせておくが、その方がよいのであって、こうしてあらゆる辛酸(しんさん)を嘗(な)めさせ呆(あき)れ返らしてから、その者を正しい道即ち大道に引戻してくる

如何に欺瞞に成功して名を挙げ産を成しても、そんなものは現界にしか通用しないで、その者の審判は必ず幽界で下される

自分の犯した欺瞞は生きている間に発表して世の人に批判を受けるべきで、こうしてこそその人間はどんな逆境に落ちても必ず浮かび上がれる

常に善いことをしていながら、世間からどんなに偽善者呼ばわりされようとも、確固たる信念をもって自分に偽るところなければ、それでよい

上記の事柄を総括して太霊は“これらのことが幽体の進む方向の霊団に入いる元となる”と述べておられる。
 それで、“汝等にとっても一番大切な、人間の幽体の発育の状態について”と述べられ、それには
自己反省
悪業に対する悔恨を如何に処理すべきか
が必須であるということを読み取り、また今の世界は“日月神示”第十四帖の“闇の世”なので、“欺瞞に成功して名を挙げ産を成しても、そんなものは現界にしか通用しない”ということが堂々と行われているが、“その者の審判は必ず幽界で下される”ということを自らの心に戒める、このことも読み取らなければならない。

 これが第十一話で最も大切なことで、副題の「死後の種々相 正常死の場合」をそのまま鵜呑みにせず、生きている間に自分は何を考え何をするべきか、どう在るべきかを読み取るのが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を意識している人間であるといい得る。

 また、第十一話の最後で述べられている以下の言い回し。

各の背後の霊達が自分の関係者の贔屓(ひいき)をして如何にその者の善行を吹聴(ふいちょう)しても、その幽体に光が無ければ、やはりその者の行なったことは間違っていたということになる

 この“幽体に光”、これを獲得せよ、それにはどう生きるべきか、どう在るべきか、について鑑みよ、というのが太霊の思惑である。

 それで、「死後の種々相 正常死の場合」の情報として、

肉体が衰えて死期が迫ると、幽体は先ず額の所で肉体と繋がっている線が断たれ…中略…肉体を完全に離れ、その上に浮かび上がる…中略…それを五、六人の先祖の霊が母胎から生まれた赤子のように大切にして、一定の場所に運んで行って寝かす”

生前心霊を知っていた者は近親の前に姿を現わすこともある…中略…本人の仕業(しわざ)ではない

これも、今の人間が死んだ後のことにあまりにも無知なので述べられていることである。 

  ただし、この情報だけを見て心霊のことを知っている様に吹聴している人間も多いだろうが、それは雰囲気に酔っているに過ぎない、言葉に酔っているに過ぎない、先に述べたことと重複するが、自分の生き方と在り方を第十一話から感じ取れない人間は、霊的成長度が低いのだということも敢えて指摘しておく。

次回のこのカテゴリーでは「第十二話 死の種々相 正常死の特別の場合」の解釈に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 水の巻 第十四帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、水の巻 第十四帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

今迄は闇の世であったから、どんな悪い事しても闇に逃れる事出来てきたが闇の世はもうすみたぞ。思ひ違ふ臣民 沢山あるぞ。何んな集ひでも大将は皆思ひ違ふぞ。早ふさっぱり心入れ換へて下されよ。
神の子でないと神の国には住めんことになるぞ。幽界(がいこく)へ逃げて行かなならんぞ。二度と帰れんぞ。幽界(がいこく)行きとならぬ様、根本から心入れかへて呉れよ。日本の国の臣民 皆兵隊さんになった時、一度にどっと大変が起るぞ。皆思ひ違ふぞ。
カイの御用はキの御用ぞ。それが済みたら、まだまだ御用あるぞ。行けども行けども、草ぼうぼう、どこから何が飛び出すか、秋の空グレンと変るぞ。この方 化(ば)けに化けて残らずの身魂調べてあるから、身魂の改心なかなかにむつかしいから、今度と云ふ今度は、天の規則通り、びしびしとらちつけるぞ。
御三体の大神様 三日此の世をかまひなさらぬと この世はクニャクニャとなるのざぞ。結構近づいて居るのざぞ。大層が近づいて居るのざぞ。この神示読みて神々様にも守護神殿にも聞かせて呉れよ。いよいよあめの日津久の神様おんかかりなされるぞ。
旧五月五日、みづのひつ九か三。

 冒頭の文、
“今迄は闇の世であったから、どんな悪い事しても闇に逃れる事出来てきたが闇の世はもうすみたぞ。思ひ違ふ臣民 沢山あるぞ。何んな集ひでも大将は皆思ひ違ふぞ。早ふさっぱり心入れ換へて下されよ”

これに関しては、第十一帖の、
“神第一とすれば神となり、悪魔第一とすれば悪魔となるぞ”
そして第十二帖の、
“人間心には我(が)があるぞ。神心には我がないぞ。我がなくてもならんぞ、我があってはならんぞ。我がなくてはならず、あってはならん道理分りたか”
さらに第十三帖の、
“今の臣民 口先ばかりでまこと申してゐるが、口ばかりでは、なほ悪いぞ”
を合わせて読むと解りやすい。 
 要は、今の人間が、程度の低い心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で程度の低い存在と感応しており、それは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心で行動しているし、その行動は“闇の世”という低い事象の“創造”であり、またそれは“真固止の人間”(“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止))ではない、天意と感応できていない=“天詞様”ではない=“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意が、素通りしている動物に近い肉体(月(ツキ))と心(靈)(ヒ)であるということを指摘している。
 その素通りしている人間=多くの平均的地球人は、“日月神示”表記の“ケダモノ”であり、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”であるからこそ、恨みの連鎖の霊的干渉を生み出す悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)になっているが、その自覚が無い、だから自覚せよ、という言い回しでもある。
 なぜ自覚しなければならないのかについては、今後=アセンション後は、程度の低い心(靈)のものは移行できない、アセンションが霊的成長度の高低における区分けだからである=“どんな悪い事しても闇に逃れる事出来てきたが闇の世はもうすみたぞ”、これが神の計画としてのアセンションであるからである。
 その低い心(靈)が持っている価値観は形骸の名誉をありがたがり、形骸の名誉を形骸と思わず、集団を作りトップに立とうとする=お山の大将になろうとするが、そんなものを“上”は全く認めていないという言い回しが“思ひ違ふ臣民 沢山あるぞ。何んな集ひでも大将は皆思ひ違ふぞ”である。

 これに続く次の文。
“神の子でないと神の国には住めんことになるぞ。幽界(がいこく)へ逃げて行かなならんぞ。二度と帰れんぞ。幽界(がいこく)行きとならぬ様、根本から心入れかへて呉れよ。日本の国の臣民 皆兵隊さんになった時、一度にどっと大変が起るぞ。皆思ひ違ふぞ”

 冒頭の“神の子でないと神の国には住めん”は、先に述べた今後=アセンション後のことであり、今の世が“闇の世”、“ケダモノ”“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で“創造”されている現津(あきつ)、観察され得る事象であり、重複するがそんなものを“上”はいつまでも許可しないということを述べているに過ぎない。 
 そしてこれに続く、
“幽界(がいこく)へ逃げて行かなならんぞ。二度と帰れんぞ。幽界(がいこく)行きとならぬ様、根本から心入れかへて呉れよ”
の“幽界(がいこく)”という言い回しは、自我主体の心(靈)を指し、生きている間と死んでからの、現界、幽界、霊界、神界、のことそのものではなく、自我中心の心(靈)、自我の肥大した心が生み出している低い事象、そこへ“逃げて行かなならんぞ。二度と帰れん”、これが霊的成長度の高低における区分け、低い心(靈)は低い事象に移行する、低い事象とは今の地球のことであるという言い回しである。
 それではいけない、“上”はそんなことを多少智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)が発現した人間に許さないから“根本から心入れかへて呉れよ”と述べている。
 そして先に指摘した形骸の名誉でトップになっている人間、“何んな集ひでも大将は皆思ひ違ふぞ”、これに従属している人間、何が“ほんとう”の価値なのか、自分たちがどう生きるべきか、などを鑑みたことが無い人間、いわゆる智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を行使していない人間に対し“日本の国の臣民 皆兵隊さんになった時、一度にどっと大変が起るぞ。皆思ひ違ふぞ”といわれており、それはこの文の冒頭の“日本の国”=太陽、“本津宮”(もとつみや)の“本”、自省(胸の磁性“十”)の意、“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す)ということをしっかり鑑みよ、という言い回しである。

 次の文。
“カイの御用はキの御用ぞ。それが済みたら、まだまだ御用あるぞ。行けども行けども、草ぼうぼう、どこから何が飛び出すか、秋の空グレンと変るぞ。この方 化(ば)けに化けて残らずの身魂調べてあるから、身魂の改心なかなかにむつかしいから、今度と云ふ今度は、天の規則通り、びしびしとらちつけるぞ”

 ここで述べられている“カイの御用”は、第十一帖の“カイの言霊(かへし)キざぞ”をよく解っていなければならない、それは、“言”(事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き)と、心(靈)、それは息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)であり、“キ”(気、愛(炁)、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁であることを、キの巻で述べた)であり、その息吹に応じて、現津(あきつ)、観察され得る事象の遭遇があるということを“(かへし)”と称され、それは、因果応報、ブーメランの法則、“曲霊(まがつひ)”と同義であり、自分の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は必ず自分に返るのだということを知れ、ということ。
 それが解ったならば=“それが済みたら”、まだまだ“上”が人間に望む霊的成長の仕組みがあるという言い回しが“まだまだ御用ある”ということ。
 だが現時点の平均的地球人に望むこととして、今の人間の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で創られている低い事象を“行けども行けども、草ぼうぼう”と揶揄され、それは“どこから何が飛び出すか、秋の空グレンと変るぞ”、“上”の思惑が介入していくから事象は変わる、“上”と感応している人が現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”をする、よって今よりもうんと変わらなければならんのだ、そしてそれは“秋立つ”=自省(胸の磁性“十”)の心が台頭するのだ、という言い回しであるし、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)=“この方”は、“化(ば)けに化けて残らずの身魂調べてある”=霊的成長度の高低はよく判っている、よって“身魂の改心なかなかにむつかしいから、今度と云ふ今度は、天の規則通り、びしびしとらちつける”=今まで通りだと思うなよ、“上”は介入し、“上”と感応する智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持った人が事象の“創造”をするから、その心構えをしろ、それに間に合う心となれ、という言い回しを“身魂の改心なかなかにむつかしい”、“天の規則通り、びしびしとらちつける”という言い回しから感じ取れなければならない。

 次の文。
“御三体の大神様 三日此の世をかまひなさらぬと この世はクニャクニャとなるのざぞ。結構近づいて居るのざぞ。大層が近づいて居るのざぞ。この神示読みて神々様にも守護神殿にも聞かせて呉れよ。いよいよあめの日津久の神様おんかかりなされるぞ”

 冒頭の“御三体の大神様”については、水の巻 第十帖 の、
“今の臣民に判る様に申すならば御三体の大神様とは、
天之御中主神様、
高皇産霊神様、
神皇産霊神様、
伊邪那岐神様、
伊邪那美神様、
つきさかきむかつひめの神様
で御座るぞ”
であり、これは
第十帖の解釈“その二”で、以下のようにまとめた。

“創造”の“主(ヌシ)”の思惑は、生命(生きる使命=存在理由)の“創造”、そして事象の“創造”であり、それが“産霊”と呼称される。
そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”=現象化であるから、日足と砌(ひたりとみぎり)の極性があり、被造物である生命も日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を持つ。 そして、現時点の地球人は低いのだ、ということを、地球人自らがよく判断しろ、判ったならもっと進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に対する理解を深めろ、ということに成り得る。


 簡単に述べれば“上”の“思惑の顕現”=現象化が生命(生きる使命=存在理由)であり、“上”の介入、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意(ア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”)
が、降り注がれていなければ“三日此の世をかまひなさらぬと この世はクニャクニャとなる”と述べられている。
 これに続く“結構近づいて居るのざぞ。大層が近づいて居るのざぞ。この神示読みて神々様にも守護神殿にも聞かせて呉れよ”は、今後=アセンション後のことを述べているし、程度の低い人を守護している霊的存在は“変圧”(アミの本で使われた概念。高い振動の霊的存在はいきなり低い心(靈)とは、感応共振しない)という法則性があるから、今後=アセンション後のこともよく解らず、その人もその人の“上”の相対的に低い霊的存在にも、よく、アセンション後のこと=“結構近づいて居るのざぞ。大層が近づいて居るのざぞ”、これを解れ、という言い回しが、“この神示読みて神々様にも守護神殿にも聞かせて呉れよ”であり、それは先に指摘した通り相対的に低いので、今後=アセンション後は“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをした人、それに感応する“上”の存在の思惑が台頭する、それが“いよいよあめの日津久の神様おんかかりなされる”である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




新年 明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします


  昨今、恨みの連鎖の霊的干渉の現象化(天変地異、戦争、犯罪、事故、病気など)が目立ち“神の咎め”ばかりが台頭する事象になりつつあります。 

  これは、“創造”の“主(ヌシ)”が“ほんとう”の“善(神格化の方向性と智性の受信)”を示し、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道理”(“道”、時間の進行、“理(ミチ)”法則性)を人に理解させるためのものです。   

  このことを認識(悟り、幸取=さとり)として、自分の在り方(“観自在”)をしっかり鑑み、さらに自らの心(靈)の動きを見据える人生を送るならば、金でも物でもインチキなご利益でもなく、見せかけの薄っぺらい幸福でもなく、“ほんとう”の“神の祝福”と“神の恩恵”を受けることが出来るものであると思えます。 

 その資質を獲得していただくために、アタシの認識を述べている著書とこのブログを役立てていただき、この事象を観察する視点と、自らを観察する視点(“自分を観察する自分の確立”)を高めていただき(天の御目(あめのおめ)、智性(神性)由来の事象の観察)、今後=アセンション後の事象の“創造”に参加していただける方が一人でも増えるように…と願っております。

○○○大先生=児玉登

Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (464)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (12)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード