“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 雨の巻 第十七帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、雨の巻 第十七帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

天地の先祖、元の神の天詞(てんし)様が王の王と現はれなさるぞ、王の王はタマで御現はれなされるのざぞ。
礼拝の仕方 書き知らすぞ、節分から始めて下されよ、先づキ整へて暫し目つむり心開きて一拝二拝八拍手せよ、又キ整へて一二三四五六七八九十(ひとふたみよいつむゆななやここのたり)と言(こと)高くのれよ、又キ整へてひふみ三回のれよ、これはこれは喜びの舞、清めの舞、祓の歌であるぞ。 
世界の臣民 皆のれよ、身も魂も一つになって、のり歌ひ舞へよ、身魂(みたま)全体で拍手するのざぞ、終って又キ整へて一二三四五六七八九十、一二三四五六七八九十百千卍(ももちよろず)と言(こと)高くのれよ、神気整へて天(アメ)の日月の大神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れよ、これは祈るのざぞ、九二(くに)のひつくの神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れよ、終りて八拍手せよ、次に雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、百々(もも)の神様、世の元からの生神様、産土(うぶすな)の神様に御礼申せよ、終りてから神々様のキ頂けよ、キの頂き方 前に知らしてあろがな、何よりの臣民人民の生(いき)の命の糧(かて)であるぞ、病なくなる元の元のキであるぞ、八度繰り返せと申してあろ、暫くこのやうに拝めよ、神代になる迄にはまだ進むのざぞ、それまではその様にせよ、此の方の申す様にすればその通りになるのざぞ、さまで苦しみなくて大峠越せるぞ、大峠とは王統消(わうとうけ)すのざぞ。 新しき元の生命(いのち)と成るのざぞ。
神の心となれば誠判るぞ。 誠とはマとコトざぞ、神と人民 同じになれば神代ざぞ、神は隠身(かくりみ)に、人民 表に立ちて此の世治まるのざぞ。
雀の涙程の物 取り合ひ へし合ひ 何して御座るのぞ、自分のものとまだ思ってゐるのか。御恩とは五つの音の事ざぞ、御音(恩)返さなならんのざぞ、此の事よく考へて間違はん様にして下されよ。
此の巻は雨の巻ぞ、次々に知らすからミタマ相当により分けて知らしてやれよ、事分けて一二三(ひふみ)として知らしてやるのもよいぞ。
役員皆に手柄立てさしたいのぢゃ、臣民人民 皆にそれぞれに手柄立てさしたいのぢゃ、待たれるだけ待ってゐるのぢゃ、一人で手柄は悪ぢゃ、分けあってやれよ、手握りてやれよ。
石もの云ふぞ、十六の八の四の二の一目出度や目出度やなあ。 神の仕組の世に出でにけり、あなさやけ、あな面白や、五つの色の七変はり八変はり九(ここ)の十々(たりたり)て百千万(ももちよろず)の神の世弥栄。
十二月十九日、ひつ九のかミ。

 冒頭の文。
“天地の先祖、元の神の天詞(てんし)様が王の王と現はれなさるぞ、王の王はタマで御現はれなされるのざぞ”

“元の神”の表記は“元”が肉体(月(ツキ))を示す“二”と、(現界において必須の要素である)時間の進行、これに伴う進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の意味合いである儿部(じんぶ、にんにょう)なので、生命の進化、これ事態が法則性(“理(ミチ)”)であることを示した表記であるし、それは“創造”の“主(ヌシ)”が“創造”を始めた時から決まっていることなので“天地の先祖、元の神”という言い顕わし方になっていると思われる。
 これに続く“天詞(てんし)様が王の王と現はれなさる”、“天詞様”は“上”と感応してこの事象に神の思惑を顕現すべく資質を持つ“日止、霊止”(“上”からの荷電粒子を止める表記)であり、それは“王”、“一二三”のオーラと|(たてぼう、こん、縦の磁性))が合わさった表記、これは進化した生命のある程度の完成を示すもので、いわゆる智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を行使しうる生命でもあるが、それだけではなく“王の王と現はれなさる”とは、今後=アセンション後における人間はすべて智性を行使しうる資質を持つがその中において指導者たる存在のことを指した表記である。
これに続く“王の王はタマで御現はれなされるのざぞ”の“タマ”は、
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
なので、“王の王”はまっとうな進化を果たした今後=アセンション後の事象における高い存在、それも肉体(月(ツキ))を伴った高い存在、それは“天詞様”という意味合いである。

 次の文。
“礼拝の仕方 書き知らすぞ、節分から始めて下されよ、先づキ整へて暫し目つむり心開きて一拝二拝八拍手せよ、又キ整へて一二三四五六七八九十(ひとふたみよいつむゆななやここのたり)と言(こと)高くのれよ、又キ整へてひふみ三回のれよ、これはこれは喜びの舞、清めの舞、祓の歌であるぞ”

 この文中の“節分から始めて下され”の“節分”についてだが、そもそも節分の意味合いは春夏秋冬の季節を分ける意味合いであるから、これは言うまでもなく今の事象から次の事象への移行のこと、これに続く“先づキ整へて暫し目つむり心開きて一拝二拝八拍手せよ、又キ整へて”の“キ”は、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
そして
“一二三四五六七八九十(ひとふたみよいつむゆななやここのたり)”は、
“一”は智性、1番目のオーラ、あるいは“創造”の“主(ヌシ)”の表記
“二”は肉体(月(ツキ))
“三”は“一”、智性、1番目のオーラと、“二”=肉体、あるいは“一二三”のオーラ
“四”は発振、発信、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)のこと、あるいは“日月神示”表記の善言(よごと)、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の発振、発信
“五”は糸巻の象形文字なので、神経が密になった進化した生命のこと
“六”は、家屋の形を表す象形文字が変化したもの、そして陰爻、これはいんこうと読み、易で、陰を表す数であり、爻部(こうぶ)は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現、これが重なった表記で、これが交わるの意、その象形文字のカタチを観ると、屋根=頭の下に、左右の極性があるように感じ取れる
“七”は“一”と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、“日月神示”表記の“七七七七”は、目上(めうえ)の脳、大脳新皮質の四つの機能、そしてそれは、“一霊四魂”であると解釈した
“八”は“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義
“九”は“一”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、○ 九 十の“九”
“十”は胸の磁性“十”、縦の磁性と水平磁場による水平磁場を示す
これらの意味を統合するならば、進化した生命は神の思惑、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)が進めば高い振動を止め(“日止、霊止”の表記の意味合い)“下”である生命そのものが進化を果たすならば“上”である神の思惑を自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で顕現していくし、その心(靈)は胸の磁性“十”、いわゆる“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”“自分を観察する自分の確立”、“日月神示”表記の“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”、こういった心(靈)の動きを備えている、の意味合いであり、それを“言(こと)高くのれよ”=息吹け、と言われている。
 そして“又キ整へてひふみ三回のれよ、これはこれは喜びの舞、清めの舞、祓の歌であるぞ”の“ひふみ”は“一二三”のオーラ、1番目、2番目、3番目のオーラであり、これも進化を為し得た生命でないと発振、発信できない要素であるし、“一”=智性=1番目のオーラを大きくする具体的な“行”が太陽凝視であることは幾度となく述べてきた。
 要は進化した生命は“一”=智性=1番目のオーラを兼ね備え、それは神の思惑を顕現すべく資質であり、神の思惑が顕現していく事象は今と違って“これはこれは喜びの舞、清めの舞、祓の歌である”と称されている通り、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”は消失していく、恨みの連鎖の霊的干渉も消失する、その原因たる自我の肥大もそれを諌める人だけになる、そういった意味合い、これを“のれよ”=意図して発振、発信せよ、ということであると思える。

 これに続く次の文。
“世界の臣民 皆のれよ、身も魂も一つになって、のり歌ひ舞へよ、身魂(みたま)全体で拍手するのざぞ、終って又キ整へて一二三四五六七八九十、一二三四五六七八九十百千卍(ももちよろず)と言(こと)高くのれよ、神気整へて天(アメ)の日月の大神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れよ、これは祈るのざぞ、九二(くに)のひつくの神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れよ、終りて八拍手せよ、次に雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、百々(もも)の神様、世の元からの生神様、産土(うぶすな)の神様に御礼申せよ、終りてから神々様のキ頂けよ、キの頂き方 前に知らしてあろがな、何よりの臣民人民の生(いき)の命の糧(かて)であるぞ、病なくなる元の元のキであるぞ、八度繰り返せと申してあろ、暫くこのやうに拝めよ、神代になる迄にはまだ進むのざぞ、それまではその様にせよ、此の方の申す様にすればその通りになるのざぞ、さまで苦しみなくて大峠越せるぞ、大峠とは王統消(わうとうけ)すのざぞ。 新しき元の生命(いのち)と成るのざぞ”

 冒頭の“世界の臣民皆のれよ”は、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)せよ、当然のことながら先の文の内容、これを自らの認識として息吹け、発振、発信して事象の“創造”をせよ、の意味合いであるし、これに続く“身も魂も一つになって、のり歌ひ舞へよ、身魂(みたま)全体で拍手するのざ”も、同様の意味合い。
 これに続く“終って又キ整へて一二三四五六七八九十、一二三四五六七八九十百千卍(ももちよろず)と言(こと)高くのれよ”は、先に解釈した分と共通の意味合いと、これに足されている“百千卍(ももちよろず)”については画像で意味を示す。


百 千 万 の解字と解釈 


 この文も、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の意味合いを自分がしっかり認識としてそれを“言(こと)高くのれ”、さらに“神気整へて天(アメ)の日月の大神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れよ、これは祈るのざぞ、九二(くに)のひつくの神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れよ”、この“祈れ”は、“思惑の顕現”、自分たちが進化したならばその時点においての理想を顕現せよ、それは“上”との感応が必須であるあるからこそ“天(アメ)の日月の大神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れ”“九二(くに)のひつくの神様 弥栄ましませ弥栄ましませと祈れ”と言われており、この文中の“天(アメ)の日月の大神”(あめのひつくのおおかみさま)は、厳しい太陽凝視を行なっている人間に対して関与している霊団のトップであると思え、“九二(くに)のひつくの神”は、“九二(くに)”が先に解釈した通り“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が“九”であり、“二”は肉体(月(ツキ))であるので、ある程度進化した人間の意であるし、それは太陽凝視によって進化した、という意味合いの言い回しが“九二(くに)のひつく”であり、やはり厳しい太陽凝視を行なっている人間に関与している霊団のトップを指す表記。 要はこれと感応せよ、感応して息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)して事象を“創造”せよ、が、“弥栄ましませ弥栄ましませと祈れ”であり、文中の“弥栄”の“弥”については画像で意味を示す。


弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字 


 これに続く“次に雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、百々(もも)の神様、世の元からの生神様、産土(うぶすな)の神様に御礼申せよ、終りてから神々様のキ頂けよ、キの頂き方 前に知らしてあろがな”は、
“雨の神”はこれまで解釈してきたとおり“メグリ”(帀)と左右に分かれた点四つは“上”からの荷電粒子の取り込み


雨の象形文字 解字 
“風の神”は空気の取り込みによる電磁誘導、いわゆる空気の呼吸
“岩の神”の岩は岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開くことの岩
“地震の神”は地が震える、地は“石”(帯電するミネラル)と土=肉体(月(ツキ))の意味合いで、震えるは振動を発するの意
“荒の神”は低振動、“下”三つのチャクラの振動
“百々(もも)の神”は先の画像通り一+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+“日”太陽、これが二つ続いているのは、人間の要素である精神と肉体、この両方に太陽を介して送られてくる“創造”の“主(ヌシ)”の振動を取り込むの意
これらすべて肉体の維持と進化(霊的成長、神格化に向かうこと)にかかわることである。
次の“世の元からの生神”、これはたびたび“日月神示”に登場する表記でこの文言自体が、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を示し、またそれは、生命の存在理由、存在の根拠たることを思わせることであり、何よりもこれは“創造”の“主(ヌシ)”が定めたことでもあるので、“世の元からの生神”という表記が使われているものである
“産土(うぶすな)の神”は生きている間、その間に関与している神、いわゆる氏神のこと
これらに“御礼申せよ、終りてから神々様のキ頂けよ、キの頂き方 前に知らしてあろがな”と称されているが、これら“上”の存在に対し、自分にとっての“上”とは何か、どういった存在か、について鑑みよ、そしてその“上”の振動と感応せよ、これが“御礼申せよ、終りてから神々様のキ頂けよ”の意味合いであるし、これに続く“何よりの臣民人民の生(いき)の命の糧(かて)であるぞ、病なくなる元の元のキであるぞ、八度繰り返せと申してあろ、暫くこのやうに拝めよ”に関してはあまり解釈の要を感じないが、たった今の事象は文中の“病”だらけ、これは病気も含め、恨みの連鎖の霊的干渉の現象化をしめしており、これを消失させるには自分たちが自省(胸の磁性“十”)しなければならないし、たくさんの悪霊も自省(胸の磁性“十”)して悪霊ではない存在にならなければならないが、まだまだ“上”の加護が必須、悪魔の思惑に嵌り夭折する人間も多いので、“上”を意識して、“上”と感応して、自分たちは進化せよ、の意味合いが“暫くこのやうに拝め”に要約されているものであるし、これに続く“神代になる迄にはまだ進むのざぞ、それまではその様にせよ、此の方の申す様にすればその通りになるのざぞ”は、いずれ“病”は、人の進化とそれに伴う事象の進化によりなくなるが、“それまでは”“上”を意識して感応せよ、の意味合いである。
 そうすれば“此の方の申す様にすればその通りになるのざぞ、さまで苦しみなくて大峠越せるぞ、大峠とは王統消(わうとうけ)すのざぞ。 新しき元の生命(いのち)と成るのざぞ”、この“新しき元の生命(いのち)と成る”、次の事象においての生命(生きる使命=存在理由)、これに値する人となれ、であるし、文中の“王統消(わうとうけ)す”は、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持った人(“王”)が、統べる事象は、“病”が消えるの意味合いである。

 次の文。
“神の心となれば誠判るぞ。 誠とはマとコトざぞ、神と人民 同じになれば神代ざぞ、神は隠身(かくりみ)に、人民 表に立ちて此の世治まるのざぞ”

 自らが進化をある程度果たしたならば、“誠判る”、これはたった今の事象が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”ばかりなので不誠実な事ばかり、またそれが当たり前、自分の損得を優先する心(靈)の動きによる息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で作られている事象、それを判れ、解れ、の意味合いもあるし、“マとコトざぞ”のカタカナ表記は、
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
“コ”は停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
なので、先の文と併せて考えれば、“上”との感応、“上”の振動、思惑を自らに固く止めよ、であるし、“上”と思惑が一致したならば“神と人民 同じになれば神代ざぞ”であり、この事象の“創造”は人間の使命であるから、“神は隠身(かくりみ)に、人民 表に立ちて此の世治まる”と称されている。

 次の文。
“雀の涙程の物 取り合ひ へし合ひ 何して御座るのぞ、自分のものとまだ思ってゐるのか。御恩とは五つの音の事ざぞ、御音(恩)返さなならんのざぞ、此の事よく考へて間違はん様にして下されよ”

 この文は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”に対する諫言であり、文中の“御恩とは五つの音の事ざ”は、五感で感じ得るのが現津(あきつ)、観察され得る事象なのだ、の意であるし、そこには因果応報、ブーメランの法則、“曲霊(まがつひ)”、すべて自分の思ったことやったことが、自分に帰って来る、これは“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)なのだ、それをよく解れ、の意味合いである。

 次の文。
“此の巻は雨の巻ぞ、次々に知らすからミタマ相当により分けて知らしてやれよ、事分けて一二三(ひふみ)として知らしてやるのもよいぞ”

 先に“雨の神”で“雨”の解釈を述べたとおり、“上”からの荷電粒子を止めることが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)でもあるが、それは進化程度、霊的成長度、この工程において違うから“ミタマ相当により分けて”ではあるが、自分が“上”の思惑に気付いたなら、認識(悟り、幸取=さとり)としたなら他者に述べてみよ、の意味合いが“次々に知らすからミタマ相当により分けて知らしてやれ”であるし、自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“一二三”のオーラにより他の存在に影響を与えることについては“事分けて一二三(ひふみ)として知らしてやるのもよい”と称されている。

 次の文。
“役員皆に手柄立てさしたいのぢゃ、臣民人民 皆にそれぞれに手柄立てさしたいのぢゃ、待たれるだけ待ってゐるのぢゃ、一人で手柄は悪ぢゃ、分けあってやれよ、手握りてやれよ”

 文中の“役員”は次の事象の“創造”にかかわる人間、その資質を持ち、さらに今後=アセンション後に移行すべく資質に関して及第点ぎりぎりの人間を導く人間、という解釈もできるが、手柄手柄と思う発想は自我の肥大であり、“役員”の思想と行動はすべて“上”の思惑通りであり、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が思う損得とは無縁であるので“皆に手柄立てさしたい”“皆にそれぞれに手柄立てさしたい”“一人で手柄は悪ぢゃ、分けあってやれよ、手握りてやれよ”と述べられていると思えるし、“待たれるだけ待ってゐる”は、今後=アセンション後に移行する時期、その時に資質を持った人間を少しでも増やしたい、それを待っているの意である。

 次の文。
“石もの云ふぞ、十六の八の四の二の一目出度や目出度やなあ。 神の仕組の世に出でにけり、あなさやけ、あな面白や、五つの色の七変はり八変はり九(ここ)の十々(たりたり)て百千万(ももちよろず)の神の世弥栄”

冒頭の“石もの云ふ”は、肉体(月(ツキ))を構成する帯電するミネラルが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)にとって大事であり、灰分(かいぶん)Ca(カルシウム)P(リン)Mg(マグネシウム)K(カリウム微量のAl(アルミニウム)Fe(鉄)Zn(亜鉛)Si(珪素)Na(ナトリウム)それらの化合物が、アミノ酸の高分子化、いわゆる“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化)にかかわるのでこういわれている。
これに続く“十六の八の四の二の一目出度や目出度やなあ” 、これは漢数字が半分ずつになる表記であり、最後には“一”になる、それは“一”=智性=1番目のオーラでもあり、“創造”の“主(ヌシ)”の表記のそれであり、日足(ひたり)から砌(みぎり)に筆を移行する、それは“思惑の顕現”でもあり、生命の進化とそれに伴う事象の進化を顕わしていると思え、さらに“十六”は胸の磁性“十”と“六”(爻部(こうぶ)=丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、交わるの意味、であり、“八”は“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義、そして“四”は息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“善言(よごと)”=“善(神格化の方向性と智性の受信)”の発振、発信。であり、それを兼ね備えた“二”=肉体は、“一”=智性=1番目のオーラをきちんと発現させており、“上”と感応している、の意味合いでもあると思うし、これは生命の進化の極みである神格化であるので“目出度や目出度やなあ。 神の仕組の世に出でにけり、あなさやけ、あな面白や”でもあり、この文中の“あなさやけ、あな面白や”は、夜明の巻 第十二帖で以下のように解釈した。

“あら楽(たぬ)し、あなさやけ”は、古事記において天照大神が岩戸から出てきた際の文言、「天晴れ(あっぱれ)、あな面白(おもしろ)、あな手伸し(たのし)、あな清明(さやけ)おけ」を、艮(うしとら)の金神は引用したものであると思え、これらはたった今の事象に対して相対的な言い回し、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の台頭によるたった今の事象は、“上”から観たら、あるいは霊的成長をある程度果たした者から観たら、先の“輝く御代”でもなく、“あら楽(たぬ)し”でもなく、“あなさやけ”、清くも明るくも無い、と読み取るべき。

 これに続く“五つの色の七変はり八変はり九(ここ)の十々(たりたり)て百千万(ももちよろず)の神の世弥栄”の“五つの色”は、五感、事象を観察する感覚、これは外側(外国と幽界)の事象からの振動の受信と同義、そして“色”は、物質の事象、現界のことだが、これが“七変はり”とは、“七”が“一”=智性=1番目のオーラと乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、“八変はり”は“八”が、“富士(二二)”と同義でもあり、字の構成が丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)でもあり、そして“九(ここ)”は、○ 九 十 のそれであり、


○ 九 十(まこと)の解字 
“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)でもあり、“十々(たりたり)”は、|(たてぼう、こん、縦の磁性))と水平磁場、胸の磁性“十”と頭のシンクロトロン、この二つを指すから“十”が二つであり、“百千万(ももちよろず)”は先の画像の意味通り、この表記そのものがやはり人間の神格化を示すいみあいのものであるし、人間の神格化事態が神の思惑の顕現であり、進化した人間は“上”の思惑通りの事象を“創造”するので“神の世”が“弥栄”であると称されている。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


“日月神示” 雨の巻 第十六帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、雨の巻 第十六帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

此の世と申しても臣民の世ばかりでないぞ、神の世界も引くるめて申してゐるのぢゃぞ、勇んでやって下されよ、 勇む所 此の方 力添え致すぞ。
心配顔 此の方 嫌ひぞ、歌唄ひ下されよ、笑ひて下されよ、笑へば岩戸開けるぞ。 今の人民キリキリ舞しながら まだキリキリ舞する様もがいて御座るぞ。 つ千に返ると申してあろがな、早う気付いた臣民人民 楽になるぞ。
神の守護と申すものは人民からはちっとも判らんのであるぞ、判る様な守護は低い神の守護ざぞ、悪神の守護ざぞ、悪神の守護でも大将の守護ともなれば人民には判らんのざぞ、心せよ、何んな事あっても不足申すでないぞ、不足悪ざぞ、皆 人民の気からぞと くどう申してあろがな、人民キから起って来たのざぞ、我の難儀、我が作るのざぞ、我恨むより方法(ほか)ないぞ、人民の心さへ定まったら、此の方 自ら出て手柄立てさすぞ、手柄結構ざぞ。
此の世の物 一切 神の物と云ふ事まだ判らんのか、一切取り上げられてから成程なァと判ったのではおそいから嫌がられても、くどう同じ様な事申してゐるのざぞ、人民の苦しみ此の方の苦しみざぞ、人民も此の方も同じものざぞ、此の道理判りたか、此の方 人民の中に居るのざぞ、別辞(ことわけ)て申してゐるのざぞ。ま
だまだ大き戦激しきぞ、是で世よくなると思ってゐると大間違ひとなるのざぞ、是からが褌(ふんどし)ざぞ、よき世となれば褌要らんのざぞ、フラリフラリと風に吹かれるヘチマぢゃ、ヘチマ愉快で嬉しひなあ、風の間に間に雨の間に間にユタリユタリと嬉しかろがな、何も彼も嬉し真から楽しき世ざぞよ。
誠が神であるぞ、コトが神であるぞ、元であるぞ、道であるぞ、日であるぞ月であるぞ。始めコトありと申してあろがな、キであるぞ、まつりであるぞ。
十二月十九日、一二 
ローレンツ力と ○ 

 冒頭の文。
“此の世と申しても臣民の世ばかりでないぞ、神の世界も引くるめて申してゐるのぢゃぞ、勇んでやって下されよ、 勇む所 此の方 力添え致すぞ”

 次の事象は、霊的成長度の高低において区分けされるものであることを幾度となく述べてきているが、それは人間だけではなく、高い霊的存在も、という意味合いが“此の世と申しても臣民の世ばかりでないぞ、神の世界も引くるめて申してゐるのぢゃぞ”であり、自分の“力”を全うに使い次の事象の“創造”のために“力”を使うことに対し“勇んでやって”と“上”が認めたならば“勇む所 此の方 力添え致す”である。

 次の文。
“心配顔 此の方 嫌ひぞ、歌唄ひ下されよ、笑ひて下されよ、笑へば岩戸開けるぞ。 今の人民キリキリ舞しながら まだキリキリ舞する様もがいて御座るぞ。 つ千に返ると申してあろがな、早う気付いた臣民人民 楽になるぞ”

 この文の“心配顔”は、“神の采配”を信じない、“神の咎め”は、自分を自省させて進化(霊的成長)の方向性を示す、という認識がない、要は自分の存在や生き方を神にゆだねていないしそれはまた“ほんとう”の信心とは言えない、それを含んだ言い回しであり、“上”に委ね自分の成長のための“神の采配”や“神の咎め”に対し恭順であれの言い回しが“歌唄ひ下されよ、笑ひて下されよ、笑へば岩戸開けるぞ”であり、自分のことしか分らない、自分の目先の損得勘定しかできないのは自我の肥大であるから“上”に恭順であれば“笑へば岩戸開ける”であるし、自我が肥大していて損得勘定しかできないので“今の人民キリキリ舞しながら まだキリキリ舞する様もがいて御座る”であり、“つ千に返ると申してあろがな”の“つ千”(つち)は、ひらがな表記と漢字なので、“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点。
 それで“つち”の言霊としては
“ツ”はつづまる(約まる)集う(つどう) 物をまとめ次々その形を変えて次なる新たななる生命を咲かすの意
“チ”は、まず“タ”の行が、命が現れ立つ、建く高く成長する音義の意があり、“チ”はチカラ(力)意で、それは様々に現津(あきつ)(顕現)して世を成すもの(事象の“創造”をするの意)
なので、進化した生命がその進化程度、霊的成長度において事象を“創造”するの意であるし、漢字の“千”は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と胸の磁性“十”であるから、これも“上”と感応する自省(胸の磁性“十”)の心(靈)を持った生命であるので、いかに自分の自我が肥大していようとも、損得勘定中心で心(靈)が動いていようとも、“上”に対し反目していようとも、進化の本質に“返ると申してあろがな”ということになり得るのだの意。

 次の文も“上”に恭順であれの意。
“神の守護と申すものは人民からはちっとも判らんのであるぞ、判る様な守護は低い神の守護ざぞ、悪神の守護ざぞ、悪神の守護でも大将の守護ともなれば人民には判らんのざぞ、心せよ、何んな事あっても不足申すでないぞ、不足悪ざぞ、皆 人民の気からぞと くどう申してあろがな、人民キから起って来たのざぞ、我の難儀、我が作るのざぞ、我恨むより方法(ほか)ないぞ、人民の心さへ定まったら、此の方 自ら出て手柄立てさすぞ、手柄結構ざぞ”

 “ほんとう”の“神の守護”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のためのことでしかない、心(靈)が育つためには“神の咎め”がありそれ自体が“神の采配”であるという認識を持っている地球人は少なすぎるので、“人民からはちっとも判らん”“判る様な守護は低い神の守護”“悪神の守護”、神は守ってくれているなどという甘い認識は、悪魔のささやきに乗っていると気付け、の意味合いである。
 これに続く“何んな事あっても不足申すでない”、これも“神の采配”と“神の咎め”の意味合いを理解していない人間に対しての言い回し、自分にどんなことが起きようとも自分がどんな目に遭おうとも、すべて自分の心(靈)を育てるための事象であるという認識を持て、であり、またそれは自分の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”=“人民キから起って来た”(“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし、“上”からの振動を自らに止め心(靈)となしその心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で事象を“創造”する)であるので“皆 人民の気からぞと くどう申してあろがな”そして“我の難儀、我が作るのざぞ、我恨むより方法(ほか)ないぞ”といわれているが、“人民の心さへ定まったら”=すべては“神の采配”であるという認識を獲得したならば“此の方 自ら出て手柄立てさすぞ、手柄結構ざぞ”、神の思惑通り、さらに自分にとっては自分が育った心(靈)による息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で事象を“創造”することになるので、そこに“ほんとう”の満足と喜びを見出す、これを“手柄”と称されている。
 ほそくとして○○○大先生の著書の<1>より、“神の采配”についてコピペ。

アタシ的には、批判すべきは自分自身だけでいいと思っているから……前回、般若心経の観自在で説明したように、自分の在り方を考えればいい。他者を批判するのは敵を作るだけにしかならない」
「でも、批判されないと自分のいけないところに気がつかないでしょ」
「気がつくのは、その批判をどう自分が受け止めるか、ではないかい?」
「あっ、そうか」
「自分の在り方を考える事象として、受け止めるか? 否か? でしょう。そうなれば、批判だろうが、悪口だろうが、別の話のように思うかもしれないが、病気だろうが、事故だろうが、殺されようが……すべて自分の在り方を示す忠告となる。意識は永遠の実在なのだから生きていようが死んでいようが様々な事象に遭遇し、そこで自分の在り方を思いながら成長する…分かりにくいかな?」


 次の文。
“此の世の物 一切 神の物と云ふ事まだ判らんのか、一切取り上げられてから成程なァと判ったのではおそいから嫌がられても、くどう同じ様な事申してゐるのざぞ、人民の苦しみ此の方の苦しみざぞ、人民も此の方も同じものざぞ、此の道理判りたか、此の方 人民の中に居るのざぞ、別辞(ことわけ)て申してゐるのざぞ”

 冒頭の“此の世の物 一切 神の物と云ふ事……一切取り上げられてから成程なァと判ったのではおそい”これは自我の肥大した損得勘定しか分らない“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”に対しての諫言である。
 カテゴリーは違うがローム太霊講話集で“上”である太霊は以下のように述べていらっしゃる。
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたい…中略…神自身の本当の気持ち…中略…この神の気持ちは人間の心の中にもありながら、それを出す時が余り少ない” 
この“神自身の本当の気持ち”など“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”には解るはずもない、それどころか“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)は、自分たちの損得のために神を利用して間違った情報を流布している。
本題に戻り、神は人の成長を見守っているので“人民の苦しみ此の方の苦しみざぞ、人民も此の方も同じものざぞ、此の道理判りたか”であり、いかに自我の肥大した損得勘定しか心の動きにないかのように見える人間であっても、多少の智性(神性)は発現しているので自分をよく見れば善か悪か、それは判断できるが、その判断をどう活かすか?が自分の在り方であるが、判断できること事態を“此の方 人民の中に居る”のでそれをよく判り解れ、であり、今後=アセンション後にはそういった人間は移行できないので“別辞(ことわけ)て申してゐる”、この“別辞”は、別れの言葉、送別のあいさつ、の意である。

 次の文。
“まだまだ大き戦激しきぞ、是で世よくなると思ってゐると大間違ひとなるのざぞ、是からが褌(ふんどし)ざぞ、よき世となれば褌要らんのざぞ、フラリフラリと風に吹かれるヘチマぢゃ、ヘチマ愉快で嬉しひなあ、風の間に間に雨の間に間にユタリユタリと嬉しかろがな、何も彼も嬉し真から楽しき世ざぞよ”

 これは大戦中に書かれたので“まだまだ大き戦激しき”と述べられて入いるが、外側(外国と幽界)の事象の“戦”ではなく、内面とか内側(心の中と感じている事)の“戦”、それは自我を諌めること、自分の在り方を鑑みること、“善(神格化の方向性と智性の受信)”を顕現しようとすること、である。
 それを“是で世よくなると思ってゐると大間違ひとなる”、事象の遭遇=“世”は、自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によるものであるから、自分の心(靈)が変わらなければ程度の高い事象には遭遇しえないのだの意であり、“褌”は、へそから“下”の縦の磁束と、腹の水平磁場を顕わした表記で、要は自我から“下”の心(靈)、本能、情動、功名心、自我、を、自らが厳しく諫めよであるし、今後=アセンション後=“よき世”では、野放図ではないが、だれもが“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ“を持っているから、今より“何も彼も嬉し真から楽しき世ざぞ”と称されており、“フラリフラリと風に吹かれるヘチマ…以下略…”に関しては、揶揄した言い回しで“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象より…という意味合いであると思う。

 次の文。
“誠が神であるぞ、コトが神であるぞ、元であるぞ、道であるぞ、日であるぞ月であるぞ。始めコトありと申してあろがな、キであるぞ、まつりであるぞ”

 文中の、
“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)、
“コ”は停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
進化すればするほど不誠実というものはない、だいたい誠実という概念も目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の動物には無い、それは進化事態が神に近くなることであるからでもあり、神に近くなるには“上”からの振動の高い振動と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して心(靈)が構成されていく、その意が“コト”であるし、それは“元”=肉体を示す“二”+時間の進行と進化を示す儿部(じんぶ、にんにょう)、そして“道”、これも時間の進行の意であり、“上”からの振動の意で“日であるぞ月であるぞ”、あるいは精神性=心(靈)(ヒ)と肉体(月(ツキ))の意、である。
 そして“始めコトありと申してあろ”は、肉体を持った生命(生きる使命=存在理由)は、自凝(おのころ)の仕組み、タンパク質の高分子化により“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止め進化を果たす、その意が“コト”であり、“キ”は、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
であるので、進化した生命は“上”からの振動を止め心(靈)と肉体(月(ツキ))を進化させ、そして自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で事象を“創造”する、これは進化した生命である“日止、霊止”(“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止める意)の使命である神の“思惑の顕現”=現象化であるし、それ自体が“まつり”=“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)、その意である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 雨の巻 第十五帖 Kellyさん的解釈 



 今回も、雨の巻 第十五帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

四八音(ヨハネ)世に出るぞ、五十音(イソネ)の六十音(ムソネ)と現はれるぞ、用意なされよ。それまでにさっぱりかへてしもうぞ、天も変るぞ地も変るぞ。
此の方等が世建直すと申して此の方等が世に出て威張るのでないぞ、世建直して世は臣民に任せて此の方等は隠居ぢゃ、隠れ身ぢゃぞ。 地から世持ちて嬉し嬉しと申すこと楽しみぞ、子供よ、親の心よく汲み取りてくれよ。
此の神示読まいでやれるならやりてみよれ、彼方(あちら)でこつん 此方(こちら)でくづれぢゃ、大事な仕組 早う申せば邪魔はいるし、申さいでは判らんし、何にしても素直に致すが一番の近道ざぞ、素直になれんのは小才があるからざぞ。 鼻高ぢゃからざぞ。
神の国は神の国のやり方あると申してあろがな、よきは取り入れ悪きは捨てて皆気付け合って神の国は神の国ぢゃぞ、金は金ぢゃ、銀は銀ぢゃぞと申してあろがな、盲ならんぞ、カイの御用もオワリの仕組も何も彼も裏表あるのざぞ、裏と表の外(ほか)に裏表あるぞ、ウオヱであるぞ、アとヤとワざぞ、三つあるから道ざぞ、神前に向って大きくキを吸ひ肚に入れて下座に向って吐き出せよ、八度繰り返せよ、神のキ頂くのざぞ、キとミとのあいの霊気頂くのざぞ。
ひふみがヨハネとなり、五十連(イツラ)となりなって十二の流れとなるのざぞ、ムがウになるぞ、ンになるぞ、ヤとワとほりだして十二の流れ結構ざぞ。 知らしてあろがな、是迄の考へ方やり方致すなら建替ではないぞ、何も彼も上中下すっかりと建替へるのざぞ、外国は竜宮の音秘(オトヒメ)様ぐれんと引繰り返しなさるのざぞ、竜宮の音秘(オトヒメ)様、雨の神様の御活動 激しきぞ。 今度 次の大層が出て来たら愈々ざぞ。 最後の十十
メ(目)雨の巻十五帖表記   (トドメ)(透答命)ざぞ、今度こそ猶予ならんのざぞ、キリキリであるから用意なされよ、三四月気付けよ、キきれるぞ。
信心なき者ドシドシ取り替へるぞ、此の中、誠一つに清め下されよ、天明まだまだざぞ、世の元の型まだまだざぞ、神の仕組 成就せんぞ、神人共にと申してあろがな、神厳しきぞ、ぬらりくらりぬるくって厳しきぞ、と申してあろがな。
役員多くなくても心揃へて胴(十)すへて居りて下されよ、神がするのであるから此の世に足場作りて居りて下されよ、神無理申さんぞと申してあろがな、けれどもちっとも気許しならんのざぞ。 
身魂相当に皆させてあろがな、掃除早うせよ、己の戦まだすんでゐないであろが、洗濯掃除 早う結構ぞ、此の方の神示元と判り乍ら他の教で此の道開かうとて開けはせんのざぞ、鏡曇ってゐるから曲って写るのざぞ、一人の改心ではまだまだぞ、一家揃って皆改心して手引き合ってやれよ、外国人も日本人もないのざぞ、外国々々と隔て心悪ぢゃぞ。
十二月十九日、一二 
ローレンツ力と ○ 

 冒頭の文。
“四八音(ヨハネ)世に出るぞ、五十音(イソネ)の六十音(ムソネ)と現はれるぞ、用意なされよ。それまでにさっぱりかへてしもうぞ、天も変るぞ地も変るぞ”

 文中の“四八音”は、“四”は発振、発信の意、“八”は“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義、あるいは丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、“音”は、可視光線よりも低い振動なので、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、が、この事象に顕現するの意。
 同様に“五十音”の“五”は糸巻の象形文字なので進化した生物の神経線維が密になりコイル状になるさま、“十”は縦の磁束と水平磁場、これも手足が発現した状態を指し示すものであり、さらに四足獣から人間への進化は、目上(めうえ)の脳の水平磁場をも構成するが、それを指し示す表記。 “音”は前述のとおり。
 さらに“六十音”の“六”は、爻部(こうぶ)、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記で、交わるの意味。 “十”と“音”は前述のとおり。
 また、カタカナ表記の“ヨハネ”は、
“ヨ”は、生命進化の階 世=現津(あきつ)、観察され得る事象 代 継目
“ハ”は、生命発現成長の音義
“ネ”は、根 元基(もとき) チカラ自と漲りはびこらす 根魂
同様に“イソネ”は
生気生命の発生力
“ソ”は、個性の本意 また原質物 その真澄(マスミ) 元 素 マスミ 真凝止(マコト)(自凝(おのころ)して止める) 此れ悉く其のチカラ
“ネ”は前述のとおり
同様に“ムソネ”は
“ム”(生命は自ら多岐に分かれ、ムシ出すチカラこもれる(篭る)ヒ(靈)のチカラを…中略…次々に異なれる生命生まれ出る理(法則性)
“ソ”は前述のとおり
“ネ”は前述のとおり
 なので、
“四八音(ヨハネ)世に出るぞ、五十音(イソネ)の六十音(ムソネ)と現はれる”
これは、進化した生命(生きる使命=存在理由)(“ヨ”“ハ”)が“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込み発振、発信して事象(“四”“ヨ”)に顕現(“音”“ネ”)するのであり、それには“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化により、肉体を作り変えて、神経を密にしてローレンツ力
ローレンツ力の強化となり、“富士(二二)”も強化され胸の磁性“十”も強化されていく、そうなっていくと“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“天津御空(あまつみそら)”、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、この高い部分を取り込んで霊的成長を果たしていくし、それが“六”“ム”の意味合いであり、そうしていくならば“天も変るぞ地も変るぞ”であり、その時期(時間の進行と宇宙の進行は神のプログラムであり、それを人(日止、霊止)の心(靈)が認識したなら、時期になり、それは電磁波の吸収であるからこそ、磁気でもある)に間に合えよの意味合いで“用意なされよ。それまでにさっぱりかへてしもうぞ”である。

 次の文。
“此の方等が世建直すと申して此の方等が世に出て威張るのでないぞ、世建直して世は臣民に任せて此の方等は隠居ぢゃ、隠れ身ぢゃぞ。 地から世持ちて嬉し嬉しと申すこと楽しみぞ、子供よ、親の心よく汲み取りてくれよ”

 文中の“此の方等”は、先の第十四帖の“一番尊い所 一番落してあるのぢゃ、此の事判りて来て天晴れ世界唸(うな)るのぢゃ、落した上に落して もう落す所無い様にして上下引繰り返るのぢゃ、引繰り返すのでないぞ、引繰り返るのぢゃぞ、此の事 間違へるでないぞ”
で示されている進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“理(ミチ)”(法則性)を理解し体得した人、そして“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをしている今現在の事象では“落ちぶれて”“落ちぶれた”と称されている人間のことであり、次の事象においてはそういった人たちが指導者になる=“世建直す”のだが、指導者は独裁者ではない、権威を振りかざしたりしない、それは“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を持って“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”をしているからこそ霊的に高いのであり、そういった心(靈)の人は“此の方等が世に出て威張るのでないぞ、世建直して世は臣民に任せて此の方等は隠居ぢゃ、隠れ身ぢゃぞ”と称されている通りである。
 そしてその指導者たちの心情を示した文言が“地から世持ちて嬉し嬉しと申すこと楽しみぞ、子供よ、親の心よく汲み取りてくれよ”である。

 次の文。
“此の神示読まいでやれるならやりてみよれ、彼方(あちら)でこつん 此方(こちら)でくづれぢゃ、大事な仕組 早う申せば邪魔はいるし、申さいでは判らんし、何にしても素直に致すが一番の近道ざぞ、素直になれんのは小才があるからざぞ。 鼻高ぢゃからざぞ”

 “日月神示”では今後=アセンション後に移行すべき資質を獲得する具体的な事柄が述べられている。
それは“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”であるが、一般の人間、平均的地球人の霊的成長度、そして“役員づら”の台頭、これらすべて自我の確立=固定化の進化過程であり“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”、こういった人間は“此の神示”=“上”が示した進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を読み取ることもできず理解もできていない、これを“大事な仕組 早う申せば邪魔はいる”、これは“役員づら”の台頭を示しており、そして“申さいでは判らんし、何にしても素直に致すが一番の近道ざぞ”と称され、さらにそれでは“彼方(あちら)でこつん 此方(こちら)でくづれぢゃ”ではあるが、もうギリギリの土壇場、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の台頭により事象は腐りはて、恨みの連鎖の霊的干渉の現象化で一般には理解不能の人死にが多数にならなければ、自分たちの低い息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による“創造”の結果を自分たちが贖って(あがなって)いるのだと気付かない、それくらいにならないと、自分の自我を諌める、自分が自我の肥大をしていることを自分に対する“悪(心の動きの本能化と低振動化)”であると認め、そうならないと真剣に“日月神示”に書かれていることを読み取ろうとしないという言い回しが“素直になれんのは小才があるからざぞ。 鼻高ぢゃからざぞ”である。

次の文。
“神の国は神の国のやり方あると申してあろがな、よきは取り入れ悪きは捨てて皆気付け合って神の国は神の国ぢゃぞ、金は金ぢゃ、銀は銀ぢゃぞと申してあろがな、盲ならんぞ、カイの御用もオワリの仕組も何も彼も裏表あるのざぞ、裏と表の外(ほか)に裏表あるぞ、ウオヱであるぞ、アとヤとワざぞ、三つあるから道ざぞ、神前に向って大きくキを吸ひ肚に入れて下座に向って吐き出せよ、八度繰り返せよ、神のキ頂くのざぞ、キとミとのあいの霊気頂くのざぞ”

 冒頭の“神の国は神の国のやり方ある”は、たった今の事象に相対した言い回し、その意は現状が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応が盛ん、これは恨みの連鎖の霊的干渉を増大させていくばかりであることを幾度となく述べてきているが、これを変えていかねばならない、変えなければ崩壊にしか向かわないので“よきは取り入れ悪きは捨てて皆気付け合って”こうしていかねばならないし、“神の国”の表記は、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す)、要は智性(神性)ある心(靈)の“やり方”でもあり、その心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”を示したのが“よきは取り入れ悪きは捨てて皆気付け合って神の国は神の国ぢゃ”である。
 これに続く“金は金ぢゃ、銀は銀ぢゃぞと申してあろがな、盲ならんぞ”は、物事、事象、自分の心(靈)の動きなど、すべてに価値を見いだせ、なにか“上”なのか“下”なのかを判断せよ、の意味合いでたった今の人間は“盲”であることを示した言い方でもある。
 これに続く“カイの御用もオワリの仕組も何も彼も裏表あるのざぞ、裏と表の外(ほか)に裏表あるぞ、ウオヱであるぞ、アとヤとワざぞ、三つあるから道ざぞ、神前に向って大きくキを吸ひ肚に入れて下座に向って吐き出せよ、八度繰り返せよ、神のキ頂くのざぞ、キとミとのあいの霊気頂くのざぞ”、文中の“カイ”は、
“カ”は、幽れたる(かくれたる)生命と力(ちから)の音意
“イ”は、生気生命の発生力
なので、この表記そのものが生命(生きる使命=存在理由)の発現とその存在の意義である進化(霊的成長、神格化に向かうこと)、進化して事象に“力”を顕現する、これは事象の“創造”そのものと言え、その“御用”であるし、“オワリ”は、
“オ”は、生命発生の元根と説明されているが、この“オ”に関しては、物質を伴った進化=肉体を持った進化のこと
“ワ”は、物を生む、生まれしものを和合する意、生命(生きる使命=存在理由)の調整の義
“リ”は、生命根源の、張り、広がり
なので、物質を伴った現界における人間が事象の“創造”をすること事態が、生命の存在意義であることを示し、それがまた生命の使命である、それを“仕組”、これは現津(あきつ)、観察され得る事象、これを“観察と認識”していくことそのものを指す表記であると言いうる。
 この二つには“何も彼も裏表ある”さらに“裏と表の外(ほか)に裏表ある”と述べられ、それは“ウオヱであるぞ、アとヤとワざぞ”と言われている。
 それで“ウオヱ”は、
“ウ”は、生物を生み出す力と説明されている。 産土の太神の“ウ”に相当するもの
“オ”は生命発生の元根と説明されているが、この“オ”に関しては、物質を伴った進化=肉体を持った進化のこと
“ヱ”は、満ち足りたる生命 笑
なので、肉体を持った生命が発現し、進化していくならば“うれしうれし”“大歓喜”の事象になることを示され、“アヤワ”は、
“ア”は、天より地に降った生命の初声、究極生命の符音、事の初め、アはそれ生之雷(イノチ)に至らす
“ヤ”は、その心は高台(たかと)高き段に進む
“ワ”は、物を生む 生まれしものを和合する意 生命(生きる使命=存在理由)の調整の義
なので、生命の発現と進化(霊的成長、神格化に向かうこと)は、自身の進化と現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”の進化を伴って(調整)行くのだという意味合いだが、○○○大先生の読者で<1>のおわりと<2>の前半をしっかり読んだ人なら、自分の進化と進化をしていく過程においての事象の“創造”には、右往左往と左往右往の要素があることに思い当たるはずである。 それは自分の思惑通りに行動すると“神の咎め”(自省させて進化(霊的成長)の方向性を示す)があったりもするが、それ自体が“神の采配”であり、自分自身を進化の方向性に導くものであるが、それを“何も彼も裏表ある”さらに“裏と表の外(ほか)に裏表ある”、この“裏と表”は、砌(みぎり)の極性である行動をして“神の采配”である“神の咎め”を受けたならそれは心(靈)が育つのであり、それにより“外(ほか)に裏表”、これは自分の外側(外国と幽界)の事象の意であり、自分の内面とか内側(心の中と感じている事)が進化したら外側(外国と幽界)の事象も変容するのだ、霊的成長度の高低により事象の遭遇は違ってくるのだ、の意であると思える。
 これに続く“三つあるから道ざぞ”は、先の“ウオヱであるぞ、アとヤとワざぞ”、生命の進化とその進化に伴う事象の変容には、こういった要素があるのだの意。
これに続く“神前に向って大きくキを吸ひ肚に入れて下座に向って吐き出せよ、八度繰り返せよ、神のキ頂くのざぞ、キとミとのあいの霊気頂くのざぞ”、この文の“キ”と“ミ”は、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
“ミ”は生命の幹 その現実
であるので、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“天津御空(あまつみそら)”、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、この取り込み=“神のキ頂くのざ”、いわゆる感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)をしてそれを息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)せよ、の意味合いであり、進化していく、現状の地球人がたとえ数分の“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをする、それは“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化により肉体は変容し、“上”からの高い振動を止める(“日止、霊止”の表記の意味合い)となり、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は事象の変容となるのだが、それを示した文言でもあり、またそれは“キとミとのあいの霊気頂くのざ”の“あいの霊気”、これは、ア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”の表記でもあるが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に伴う高い振動との感応のことを示している表記である。
 ちなみに今取り上げた文言の前の“神前に向って大きくキを吸ひ肚に入れて下座に向って吐き出せよ、八度繰り返せよ”は、呼吸法のことも示してはいると思うが、それだけではなく“八度”の“八”は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)で構成されているので、“上”からの振動を取り込んでいくならばそれは“下”に顕現することを“キを吸ひ肚に入れて下座に向って吐き出せ”と称され、“上”からの振動の取り込み自体、それが、神に対して“下”である人がなしていく神の“思惑の顕現”=現象化であるから“八”と称されていると思える。

 次の文。
“ひふみがヨハネとなり、五十連(イツラ)となりなって十二の流れとなるのざぞ、ムがウになるぞ、ンになるぞ、ヤとワとほりだして十二の流れ結構ざぞ。 知らしてあろがな、是迄の考へ方やり方致すなら建替ではないぞ、何も彼も上中下すっかりと建替へるのざぞ、外国は竜宮の音秘(オトヒメ)様ぐれんと引繰り返しなさるのざぞ、竜宮の音秘(オトヒメ)様、雨の神様の御活動 激しきぞ。 今度 次の大層が出て来たら愈々ざぞ。 最後の十十 
メ(目)雨の巻十五帖表記 (トドメ)(透答命)ざぞ、今度こそ猶予ならんのざぞ、キリキリであるから用意なされよ、三四月気付けよ、キきれるぞ”

 冒頭の“ひふみがヨハネとなり、五十連(イツラ)となりなって十二の流れとなるのざぞ”の“ひふみ”はひらがな(“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点)表記なので、
“ヒ”は その音霊こそすべての物の根、ヒフミヨイムナヤコト=一二三四五六七八九十のヒ。 心(靈)(ヒ)、日、火
この“日”=太陽のこと、
これを
“フ”は、ヒにより生まれし生命を更に太り栄えせしむる理(ことわり) 呼吸力、気吹(いぶき、息吹)、光線界が原素界へと進む
“ミ”は生命の幹 その現実
なので、太陽の振動(“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を仲介して送る役割が太陽)、これを取り込んで(“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと)進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たす生命のことを称している。
“ヨハネ”は先にも言霊を示したがもう一度、
“ヨ”は、生命進化の階 世=現津(あきつ)、観察され得る事象 代 継目
“ハ”は、生命発現成長の音義
“ネ”は、根 元基(もとき) チカラ自と漲りはびこらす 根魂
もう一度述べるが。進化した生命(生きる使命=存在理由)(“ヨ”“ハ”)が“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込み発振、発信して事象(“ヨ”)に顕現(“ネ”)する、これも先の文で述べた生命(生きる使命=存在理由)を介しての神の“思惑の顕現”=現象化であり、“五十連(イツラ)”の“五”は糸巻の象形文字なので進化した生物の神経線維が密になりコイル状になるさま、“十”は縦の磁束と水平磁場、これも手足が発現した状態を指し示すものであり、さらに四足獣から人間への進化は、目上(めうえ)の脳の水平磁場をも構成するが、それを指し示す表記であり、“連”は神経の連なりを示しており、“十二の流れ”は、雨の巻 第一帖で解釈した通り、十二経絡(ツボの流れ)、手足が発現したことによる電磁誘導のラインのことである。
 参考のため、雨の巻 第一帖の本文とその解釈の一部を以下にコピペ

“世界ぢゅうに面目ない事ないよにせよと申してあろが。 足元から鳥立ちてまだ目覚めんのか、神示(ふで)裏の裏までよく読めと申してあろがな。 此の道は只の神信心とは根本から違ふと申してあろが、三千世界の大道ざぞ。 所の洗濯と身魂の洗濯と一度になる所あるぞ、「イスラ」の十二の流れの源泉(みなもと)判る時来たぞ。 命がけで御用つとめてゐると思ふて邪魔ばかり致しておろがな、金や学や智では大峠越せんぞ”

 この文の大半は、これまでに出てきた表記と共通、自分達の霊的成長度における行いを恥じよ、自省(胸の磁性“十”)せよ、“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”せよ、の意味合いがあり、その詳細については解釈を省くが、大事な要点として“「イスラ」の十二の流れの源泉(みなもと)判る時来たぞ”の表記があると思えるので、まず、“イスラ”については、
“イ”は、生気生命の発生力
“ス”は、生命発現の基(モト)、真澄(マスミ)、素、巣の意、御統、統一(ミスマル)のス、自ら統一すべ治(シ)らすの言霊
“ラ”の行は、生命発生の初音(ウネ) 
“ラ”は、クの言霊に似て 奇霊(くしみたま)(“創造”の“主(ヌシ)”の振動の低振動化、“思惑の顕現”=現象化の意)の音根 物の根の意 張り 配り 広がり 延び むすぶ の意
(注 “ク”は、亜のくぐもり(つづまり、結合) 奇霊(くしみたま) 炁空無光眞奇力存の奇(あらわれ)の意)
であるので、進化して行くべき生命の意味合いと、進化しながら完成と統一、そして延び広がるべく発現したのが生命(生きる使命=存在理由)であるとの意味合いがあり、その“十二の流れ”は先に述べた“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道としての十二経絡(ツボの流れ)であると思え、左右対称に存在する電磁誘導のラインである“富士(二二)”は、進化した生命(生きる使命=存在理由)、手足と頭部が無ければ存在しえないものであるし、これがまた進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の秘訣に結びつく(だから○○○大先生は電気行を行っている)、その意味合いが“「イスラ」の十二の流れの源泉(みなもと)判る時来た”である。

 それで文中の“イツラ”は、
“イ”は、生気生命の発生力
“ツ”はつづまる(約まる)集う(つどう) 物をまとめ次々その形を変えて次なる新たななる生命を咲かすの意
“ラ”の行は、生命発生の初音(ウネ) 
“ラ”は、クの言霊に似て 奇霊(くしみたま)(“創造”の“主(ヌシ)”の振動の低振動化、“思惑の顕現”=現象化の意)の音根 物の根の意 張り 配り 広がり 延び むすぶ の意
(注 “ク”は、亜のくぐもり(つづまり、結合) 奇霊(くしみたま) 炁空無光眞奇力存の奇(あらわれ)の意)
なので、先の“イスラ”とは違い、生命の発生力が、集約され田様を示す、それは進化を果たしたさまということである。
 これに続く“ムがウになるぞ、ンになるぞ、ヤとワとほりだして十二の流れ結構ざぞ”
文中の“ム”“ウ”“ン”“ヤ”“ワ”は、

“ム”は、命は自ら多岐に分かれ、ムシ出すチカラこもれる(篭る)ヒ(靈)のチカラを…中略…次々に異なれる生命生まれ出る理(法則性)
これが
“ウ”は、生物を生み出す力と説明されている。 産土の太神の“ウ”に相当するもの
となると称され、それは、
“ン”は、終わり、終焉、終わっている、最終段階、あるいは、これ以上先に進まないの意
生命の完成の意。
 そして、
“ヤ”は、その心は高台(たかと)高き段に進む)“道ひらき”の“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”から引用
“ワ”は、物を生む、生まれしものを和合する意、生命(生きる使命=存在理由)の調整の義
なので、先の十二経絡(ツボの流れ)手足と頭と胴体の電磁誘導のラインが、“結構ざ”ということになる。
 これに続く“是迄の考へ方やり方致すなら建替ではないぞ、何も彼も上中下すっかりと建替へるのざぞ”、この“是迄の考へ方やり方致すなら”は、たった今の平均的地球人の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)とそれによる事象の“創造”、いわゆる“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の“創造”、そんなものは“建替”せねばならないの意であり、“何も彼も上中下すっかりと建替へるのざ”に関しては解釈の要なし。
これに続く“外国は竜宮の音秘(オトヒメ)様ぐれんと引繰り返しなさる”、これは外側(外国と幽界)の事象、これは高い振動の低振動化、いわゆる現津(あきつ)、観察され得る事象のことだが、これを先の“四八音(ヨハネ)世に出るぞ、五十音(イソネ)の六十音(ムソネ)と現はれるぞ”この“音”のことを“竜宮の音秘(オトヒメ)様”と称され、それが“ぐれんと引繰り返し”になるの意。 
これに続く“竜宮の音秘(オトヒメ)様、雨の神様の御活動 激しきぞ”の“雨の神”の“雨”は画像で意味を示す。



雨の象形文字 解字 

 これに続く“今度 次の大層が出て来たら愈々ざぞ。 最後の十十メ(目)雨の巻十五帖表記   (トドメ)(透答命)ざぞ”、文中の“今度”“次の大層”は、今後=アセンション後に移行する際の醜い事象、もうたった今が醜い事象ばかりの感があるが、おそらくもっと激しくなる、それが“最後の十十 メ(目)雨の巻十五帖表記 (トドメ)(透答命)”、この“十十 (トドメ)”は、胸の磁性“十”が二つなのは、思想や考え=日足(ひたり)の極性、外側(外国と幽界)の事象=砌(みぎり)の極性、これを“観察と認識”する=“メ(目)雨の巻十五帖表記  ”であり、“透答命”は、自分たちの心(靈)の動きと外側(外国と幽界)の事象を見透かして、答を見つけるのが生命の使命であるの意、であると思える。
 これに続く“今度こそ猶予ならんのざぞ、キリキリであるから用意なされよ、三四月気付けよ、キきれるぞ”、あえて解釈の要はないような文言ではあるが、文中の“キリキリ”は、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
“リ”は、生命根源の、張り、広がり
なので、これも生命(生きる使命=存在理由)がなす神の“思惑の顕現”=現象化を示しているが、それが次の段階に入るから“今度こそ猶予ならん”のであり、“三四月気付けよ”の“三”は1番目、2番目、3番目のオーラ、“四”は息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“月”は肉体のこと、そして“気付けよ、キきれるぞ”これに先の“神のキ頂くのざぞ、キとミとのあいの霊気頂くのざ”を合わせて考えるとわかりやすい。 要は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意=“キ”、これを付けよ、そしてそれは溢れ出すほどになる=“キきれる”の意。

 次の文。
“信心なき者ドシドシ取り替へるぞ、此の中、誠一つに清め下されよ、天明まだまだざぞ、世の元の型まだまだざぞ、神の仕組 成就せんぞ、神人共にと申してあろがな、神厳しきぞ、ぬらりくらりぬるくって厳しきぞ、と申してあろがな”

 一読すれば解る文言ではあるが、たった今の信心は“役員づら”に踊らされているそれであるから“誠一つ”の信心ではないので“信心なき者ドシドシ取り替へる”のであり、そんなものは“神の仕組 成就せん”どころか“世の元の型まだまだ”=たった今の事象は神の“思惑の顕現”=現象化から程遠いのだと称されているし、その現状をしっかり鑑みよ、自省(胸の磁性“十”)せよの意味合いで“神厳しきぞ”であり、それでも“上”は猶予を与え“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”をさせようとしているの意が“ぬらりくらりぬるくって厳しきぞ”である。

 次の文。
“役員多くなくても心揃へて胴(十)すへて居りて下されよ、神がするのであるから此の世に足場作りて居りて下されよ、神無理申さんぞと申してあろがな、けれどもちっとも気許しならんのざぞ”

 次の事象の“創造”に参加しうる存在、いわゆる“役員”は霊的成長を果たしていなくてはいけないから“多くなく”ではある、しかしそれは神の思惑を受け止め得る心(靈)なので“心揃へて”=共通の認識や価値観を持ち、“胴(十)すへて居りて下され”=肉体を示す月+同じ、これは先の共通の認識や価値観を示していると思われ、これも肉体(月(ツキ))のローレンツ力
ローレンツ力 由来の“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の取り込みに由来することであるし、“(十)”は、胸の磁性“十”のこと、これがなければ、“此の世に足場作りて居りて下され”=“上”からの振動を止めることを“足場”と称されており、“神がするのであるから”は、神の思惑の顕現を示す、このことを承知して“神無理申さんぞと申してあろがな、けれどもちっとも気許しならんのざぞ”である。

 次の文。
“身魂相当に皆させてあろがな、掃除早うせよ、己の戦まだすんでゐないであろが、洗濯掃除 早う結構ぞ、此の方の神示元と判り乍ら他の教で此の道開かうとて開けはせんのざぞ、鏡曇ってゐるから曲って写るのざぞ、一人の改心ではまだまだぞ、一家揃って皆改心して手引き合ってやれよ、外国人も日本人もないのざぞ、外国々々と隔て心悪ぢゃぞ”
 
 これは“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”いわゆる自省(胸の磁性“十”)の“行”のこと、冒頭の“身魂相当に皆させてあろがな”は、それぞれの心(靈)の事情や条件に応じ“上”は試練を与えて自省(胸の磁性“十”)させているのだの意であり、“己の戦”は自我を諌めること、“此の方の神示元と判り乍ら他の教で此の道開かうとて開けはせんのざぞ、鏡曇ってゐるから曲って写るのざぞ”、これは“日月神示”に書かれている進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)をしっかり認識せよ、それでなければ自分の心(靈)が行っている“観察と認識”は“鏡曇ってゐるから曲って写る”、この“鏡”は自分と自分以外の事象の意であり、これも先の“透答命”になり得ないのだ、答を見いだせないのだの意であるし、“一人の改心ではまだまだぞ、一家揃って皆改心して手引き合ってやれよ”は、先の“心揃へて胴(十)すへて居りて下され”と同義、そして“外国人も日本人もないのざぞ、外国々々と隔て心悪ぢゃぞ”、これは外側(外国と幽界)の事象ばかり見ているだけではダメ、また右翼みたいな思想でもダメ、自分が自省(胸の磁性“十”)するには“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”、“自分を観察する自分の確立”が必須であるから“外国々々(外側(外国と幽界)の事象)と隔て心悪ぢゃぞ”でもある。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“ローム太霊講話集”第二十話 仙道 再び天仙 Kellyさん的解釈 二十話の総括

 さて、○○○大先生は著書でもこのブログでも、霊的成長度の高低ということを述べているが、これは一般には無い概念であり、これが判らない、理解できないから、平均的地球人は神の概念も見誤るし、その間違った概念を利用した“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち…それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)の台頭が盛んなのが今の世界である。

 だが太霊は、“天仙”の話を通じて、人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のとても大事な指標を説かれ、さらに具体的にどうしたらよいか、自分たちはどう在るべきか、を説いておられる。

天仙…中略…殆んど神の意志と同じ…中略…汝等はこのことをよく頭に入れ…中略…人間の為すべき善行のたとい小さいことでも日々に積み重ねて真の力を貯えてゆく…中略…何千年かの後にはこの天仙の力の一端を握ることが…以下略…

天仙は尸解仙、地仙の上の最高の方であるから、見方によっては神そのものと言ってもよい…中略… 人間として最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得てこそ、神の道をゆく…以下略…

 上記の文言については詳細に解釈してきたが、二十話の文中にある以下の事柄

肉体を持つ人間として
最高の地位におかれる天仙
そして
殆んど神の意志と同じ
見方によっては神そのもの

これをよく認識しておけ、そのうえで、

現生でそこまでゆくのはむずかしいにしても

と前置きされてはいるが、

人間の為すべき善行のたとい小さいことでも日々に積み重ねて

真の力を貯えてゆくなれば
(“真の人間”(まことのにんげん)になるべく、の意)

何千年かの後にはこの天仙の力の一端を握ることが出来る

これをなしていけ、と述べておられる。

 さらに程度の低い人間が間違えそうな文言として

仙道の概略を…中略…参考になりまた利用出来るものは自分の日常の生活に取り入れ…中略…幸福な人生を送るようにすべき

この“幸福な人生を送るようにすべき”の“幸福”は、程度の低い地球人の認識のそれではなく、その意味合いは以前作った画像で示す。


幸福 (“夭と屰”(ようとげき)、示す偏(へん)と“畐”) の解字 



 霊的成長と神格化に至るには、自分の認識の高まりが最も大事であるということでしかない。

 また、これらのことをしていくにあたって、

中庸そのものを自分の心とし
(自分の心の動きをしっかり“観察と認識”して)

人間として最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得て
(人間が獲得している智性(神性)を行使したうえで、“道”、時間の進行の過程で自分の存在を決めていく=自分の在り方を鑑みること)

常に自分の心(靈)の動きを見張ることが大事なのだ、と述べられている。

 仮に“善悪正邪”を無視して自分の低い欲望のために都合の良いことばかり思うならばその息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)は、“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)になり、それと相対して“最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得て”いくならば、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応することをよく知らねばならない。

 また“中庸”に関して第二十話の以下の文言、

今日は時間があるから…中略…人間は普通頭でものを考えるが…中略…足の下にもってくると仙人になる…中略…そうすると何事にも動じなくなる…中略…いつも頭で考えるようではまだ子供…中略…鍛錬の如何による

これは“中庸”を為していくための事柄と思え、“普通頭でものを考える”は、自分の都合しか考えないいわゆる霊的成長度の低さを示し、さらにそれを“頭で考えるようではまだ子供”と称されており、自分が“中庸そのものを自分の心”とするには“何事にも動じなくなる”、こうならねばならない。
 それは先に述べたように自分の心(靈)は自分で見張る、“自分を観察する自分の確立”これを為していくことが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)にとっては必須であるからこそ(これが○○○大先生の認識であるからこそ)太霊はこういう言い回しをされていると思え、さらにこれに続く文言、

普通の人間は百三十歳までは死なない筈…中略…しかし現在のせせこましい世の中ではそれが不可能のように思われるが、ただその方法を知らないだけで、本当の仙道の道に適えば必ず百何十歳まで生きられるのである

これに関しては“現在のせせこましい世の中”、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”同士の、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとか、これが台頭し、“うそ、ごまかし、にせもの、いつわり、まちがい”ばかりであるこの事象では、益々“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きばかりが台頭するものである。
 それは自分の損得、自分の都合、低い幸福感、それによる進化を妨げる低い価値観、こういった心(靈)の動きは“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)との感応ばかりが盛んになるし、その結果として恨みの連鎖の霊的干渉の現象化が盛んになる。
 たった今の事象はこういった事情もあるので、人は長く生きられないのだ、という私見を述べさせてもらう。

 次回のこのカテゴリーでは、第二十一話 仙道と天狗道 の解釈に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。


“ローム太霊講話集”第二十話 仙道 再び天仙 Kellyさん的解釈“その三”



 今回も「“真の人間”(まことのにんげん)、その指標とすべきこと」これについて述べる。

 先回ピックアップした文言、

それぞれの立場に立って子細に観察すれば、仙道であろうと道教であろうと儒教であろうと、その根本においては支那でいう中庸の思想に合致するところが多いのである。 汝等はその意を十分に汲み取って中庸そのものを自分の心とし、 この神の代弁者の言葉によって自身の向上を計る

この“中庸の思想”これ自体をはき違え浅薄で勝手な解釈を述べている人は多い。
(たとえば、50対50の真ん中、中間、平均値、足して2で割る、あるいは中途半端など)
 
 だがこの文言で太霊は、
神の代弁者の言葉

“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が人間の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のために伝えた概念、これを、
十分に汲み取って中庸そのものを自分の心とし

認識して体得し、思想と行動に活かすべき、と述べていらっしゃる。

 それで“中庸”の意味は、
”が、偏らないの意であり、人間は様々な事象に遭遇するが、その事象の意味合いを鑑みるにあたって、自分にとって都合の良い考え方をしたりせず、正鵠(せいこく)な判断をすることであり、
”は、平常也(朱子の解釈)、あるいは常也(鄭玄の解釈)である。

 補足として漢文では、
子曰、中庸之爲徳也、其至矣乎、民鮮久矣。
(子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮(すく)なきこと久し)
(中庸の徳には至上の価値がある。しかしそれに従う人々は近頃少ない)
と、述べられている。(Wikipedia参照)

 ここまでのことを要約すれば、常に、物事の判断、これは事象の“観察と認識”と換言しうるが、程度の低い人間は自分を優先する、自分にとって都合の良い考え方や解釈をするものである。
 幾度も述べてきたことではあるが、平均的地球人の心(靈)の動きと行動は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”のそれであるから、先回述べたとおり、善と悪についてしっかり考えない、あるいは自分の都合のために虫をするものである。
 だが、人間としては、“絶対の善”を理念とし、それが顕現した事象を“創造”すべきであるというのが、○○○大先生の思想である。

 よって人間は、自分の心を見極めて、低い心(靈)の動きを諌めなければならない、それが中庸の徳と言いうるし、太霊の言葉の、

その意を十分に汲み取って中庸そのものを自分の心とし、 この神の代弁者の言葉によって自身の向上を計る

これをするべき、そうするならばこの文言に続く、

神の代弁者の言葉によって自身の向上を計ると共に、  人間として最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得てこそ、神の道をゆくと言える

と、先回詳細に解釈した文言に続いていく、これが第二十話の最も大事な要旨である。

 またこれをしていくには、自分の心の高低、“上”と“下”というものをしっかり見据えなければならない。
 そのためには○○○大先生が著書の<3>で記した心(靈)の動きの分類、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性、自分は今どういった心(靈)の動きをしているのか“観察と認識”をすることが必須。
 それは“観自在”“直日”自省(胸の磁性“十”)の“行”であり、霊的成長をしていく、神に近づいていくならば、“自分を観察する自分の確立”、これも幾度となく述べてきていることではあるが、これがなされていくものである。

今回はこれくらいにしときまんねん。


“ローム太霊講話集”第二十話 仙道 再び天仙 Kellyさん的解釈“その二”


 先回の記事の終わりで述べたこと、第二十話における
「“真の人間”(まことのにんげん)、その指標とすべきこと」
これは以下の文言の下線を引いた部分に示されている。

“天仙…中略…その現実に行なっていられることは殆んど神の意志と同じ…中略…その位置の如何に高いかが分る…中略…汝等はこのことをよく頭に入れ、現生でそこまでゆくのはむずかしいにしても、人間の為すべき善行のたとい小さいことでも日々に積み重ねて真の力を貯えてゆくなれば、何千年かの後にはこの天仙の力の一端を握ることが出来る

仙道の概略…中略…話した…中略…参考になりまた利用出来るものは自分の日常の生活に取り入れ…中略…それぞれの立場に立って子細に観察…中略…その根本においては支那でいう中庸の思想に合致するところが多い…中略…その意を十分に汲み取って中庸そのものを自分の心とし、この神の代弁者の言葉によって自身の向上を計ると共に、 人間として最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得てこそ、神の道をゆくと言える

 まず、前者の文中の
人間の為すべき善行
この文言の意味合いと、後者の文中における
人間として最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得てこそ
この“弁(わきま)え得てこそ
この二つについて述べる。

(※ 弁える(わきまえる)、違いを見分ける、弁別、区別、あるいは、物事の道理をよく認識している、承知して心得ていること)

 上記の事柄は、人間にしかできない“善行”、そして、人間にしか判断できない“善悪正邪を弁(わきま)え得て”ということである。

 当たり前のことを少し述べるが、生命の進化という点で動物の進化過程においては、善と悪の認識はない。 
 よって、“人間の為すべき善行”、これは人間にしかできない、動物の進化過程では無理という意味合いもあるし、これを、

日々に積み重ねて
(まこと)の力を貯えてゆくなれば、何千年かの後にはこの天仙の力の一端を握ることが出来る
と述べていらっしゃるので、これをしていく、心がけて存在を続ける、それは生きているうちであっても死んでからであってもということだが、そうするならば、先回ピックアップした文言の、
天仙と言っても、その現実に行なっていられることは殆んど神の意志と同じと考えてよい
これに相当するようになり得るということを読み取るべきである。

 それで、動物の進化過程、その低い進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)では、当然、“善悪正邪”を判断もできないし、見分けるなどすることもない。
 それは動物の場合、心(靈)の動きである本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性、そのうちの本能、情動、功名心、自我、低い愛(炁)、までくらいしか心(靈)が発現していないし、これそのものが霊的成長度の低さと言いうる。
 それで度々○○○大先生の著書と他のカテゴリーも含めて、現地球人の霊的成長度の低さを指摘しているが、動物の進化程度、これに近い行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)をしている人間は多い、それが“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の進化過程である。
 それはどういうことかと言えば、程度の低い心(靈)は善と悪を言葉でしか知らない、自分の都合を優先して善など無視するし、これ自体が○○○大先生の著書で述べていること、霊的成長度の高低において善と悪の認識は違うのだ、それは霊的成長度の低い人間は自分の都合のために善悪を無視する、それが<4>のタイトル、
智性(神性)無き心は悪を容認する
でもある。

 太霊が使われている言い回し、

人間として最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え得てこそ

この文言をよく読みとるならば
人間として最もよき判断

善と悪が判らない動物と人間は違うことを前提にして、人間ならば人間が獲得した智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を行使して“善悪正邪”を“判断”するべきなのだと読み取れ、さらに、

最もよき判断に従っての善悪正邪を弁(わきま)え

動物には無い智性(神性)ゆえの“判断に従って”その上で“善悪正邪を弁(わきま)え”、この違いを見分ける、弁別、区別、あるいは、物事の道理をよく認識している、承知して心得て、さらに、
弁(わきま)え得てこそ”、
これを体得し、理念とし、たった今の腐った事象、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって“創造”されているこの世界に流されずに、自分は“善悪正邪を弁(わきま)え”、これをしていく

弁(わきま)え得てこそ”、
そうならば、そうしていくならば、
神の道をゆくと言える
と、とても厳しいことが述べられていることに気付くべきである。

 またこれに近いこととして、第十一話で以下のように述べておられる。

常に善いことをしていながら、世間からどんなに偽善者呼ばわりされようとも、確固たる信念をもって自分に偽るところなければ、それでよい

この“確固たる信念をもって自分に偽るところなければ”、これに先の“善悪正邪を弁(わきま)え得てこそ”、この二つをしっかり考える人間は、先も述べたとおり、
神の道をゆくと言える
に相当する資質、これを持ちうるのだと言いうる。

 次回も人間の在り方について述べられている文言をピックアップして解釈を述べることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。



“ローム太霊講話集”第二十話 仙道 再び天仙 Kellyさん的解釈“その一”


 今回から第二十話の解釈に入ることとする。

 この第二十話も先の十九話同様“天仙”の説明を以下のようにされている。

肉体を持つ人間として最高の地位におかれる天仙の…以下略…

天仙は、日本で昔から神人或いは神仙と呼ばれるものに似て…中略…その根本の考え方はやや違って…中略…日本の神仙というのは、その目的が自分の生命の保存ではなく、長生きをして多くの悩んでいる者を救うのにあるから、その起源から言うとむしろ道士や天狗道に近い

 これについては第十八話で述べられた事柄、
不老長寿というよりは衆生済度とか真理の探究とか”の“衆生済度”にある意味一致すること。
(注、衆生は生きとし生けるもの、人間を含むすべての生命、済度は迷う衆生を悟りの境地に導くこと)

支那や印度の仙道は、自分を中心として長寿を保ち、死もなく生もなく永遠にその体を地球上に存在させようとするのであって、その最高のものが天仙
 
 おそらくこれは“真理の探究”を目的として“永遠にその体を地球上に存在させようとする”ことをしているのだと思われる。

生きている姿のままで、幽界霊界はより神界にまで出入いりできる

天仙は前にも言った通り…中略…現在十人や二十人はおられると思う

天仙と言っても、その現実に行なっていられることは殆んど神の意志と同じと考えてよい…中略…釈迦、イエス、老子、孔子というような人々を指導されたのがこの天仙である…中略…その位置の如何に高いかが…以下略…

天仙は尸解仙、地仙の上の最高の方であるから、見方によっては神そのものと言ってもよいのではあるまいか

 
 そして、上記“天仙”の説明をされたうえで太霊は、当時のS会=紫光会の会員向けに以下のように述べておられる。

汝等はそこまで行く必要はないが、その理想とするところを目指し…中略…その本来の目的の中から真の行業を引き出すことが出来れば、人間が不思議と思う術などはその副産物…以下略…

天仙…中略…肉体はあっても普通の食物を取る必要はないが、汝等はそうはいかない。そこで前に教えた…中略…調和術の練習をするのが一番の健康法…中略…これによって自分の霊力と霊気とを発達させると同時に、三年も続けていれば体内のあらゆる汚れを…以下略…

汝等は…中略…現生でそこまでゆくのはむずかしいにしても、人間の為すべき善行のたとい小さいことでも日々に積み重ねて真の力を貯えてゆくなれば、何千年かの後にはこの天仙の力の一端を…以下略…

仙道の概略を…中略…その中から参考になりまた利用出来るものは自分の日常の生活に取り入れ…以下略…

 それで、太霊が述べていらっしゃる重要な事柄は、十九話で初めて登場した文言の“真の人間”(まことのにんげん)、その指標とすべきこと、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)である太霊がS会=紫光会の会員とローム太霊講話集に縁があった人に伝えたいことはそれであると、確信するものである。

 この大事な事柄については、今ピックアップした“天仙”の説明、当時のS会=紫光会の会員向けの文言も含めて、次回から、詳細に解釈を述べることとする。

今回はこれくらいにしときまんねん。



“ローム太霊講話集”第十九話 仙道 再び尸解仙と地仙 Kellyさん的解釈 第十九話の総括


 たびたびこのカテゴリーで述べていることではあるが、副題である「仙道 再び尸解仙と地仙」、これが不適切な感がある。
 そう思う理由として、太霊が第十九話で述べようとしている最も重要な文言、それは先回も取り上げた、

神が与えた人間本来の特権である神の命を実行するものとなってこそ真の人間

そして、

生命を犠牲にして人間のために尽そうとするものも…中略…母が子に対する行為、行為というより自然に出てくる力…中略…神の愛であり慈悲…中略…地仙の目指す最高の目的であることをここではっきり言っておく

であるので、すでに述べたことではあるが、太霊は仙道の話をしていきながら霊的成長と人間の在り方について述べておられることに気付くべきである。
 また、大概の人間は、この太霊の思惑、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)としての太霊の思惑は高い振動であるから、これを止めることが出来ない=霊的成長度が低い。
(“上”からの振動を止める意が、“日止、霊止”である)
 よってネット上でローム太霊講話集を取り上げている人、そしてS会=紫光会の人間も、大した“行”をやっていないので、上記の事柄に気付かないし高い思惑と感応する素地を持った心(靈)ではない。 
その素地がない人間はこの重要な事柄に気付けない=感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)しないので、ローム太霊講話集を読んでも甘い(亜、魔、出ずる、泉)夢を見て重要な事柄を読み飛ばす、あるいは当時の紫光会の会員のようにローム霊訓講話に出席していたとしても気づかない、気づけないものである。
 それは
“ローム太霊講話集”第十七話 仙道 尸解仙とその実例 Kellyさん的解釈“その一”で述べたように

 まず述べておきたいこととして、仙道や仙人という言葉に勝手なイメージを抱いている、例えば、仙人を目指す、仙人になる方、これが述べられているのだという解釈をしている人は多すぎるし、こういった人間は、神や霊やオーラなどや、仙人や仙道という文言に対し、ただ言葉に酔う、雰囲気に酔う、それは真摯に考えていないし酔うだけで大した努力をしない、さらに、自分の成長は苦痛や苦悩を体験した上でなされ、神は人間の成長の為の試練を与えるのだという認識、これが足らなさすぎるという私見を持つ

まったくこの通りだとしか言いようがない。

 話を戻し、先に取り上げた文言の“神が与えた人間本来の特権である神の命を実行するものとなってこそ真の人間”、これは、以下の三つに分けて意味を考えるべきである。

まず、

神が与えた人間本来の特権である神の命

この“神の命”とは何か? であるが、これはやはり第二話で述べられている
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち
これをを実現する、それが“神の命”であると解するべきであり、その理念を持ち“術”(“力”の顕現)を行使する、それが“力”の獲得の修行であると言いうることでもあるし、その修行は“行業一致”となり得るものである。 このことを第十九話から引用するならば、

行業一致、即ち肉を持つ者は肉に与えられたものを立派に完成すると共に、この目に見えない精神をも立派に完成することが現界人としての使命

これは“”、生業(なりわい)における“力”と、その“力”の行使の指針となる“”の認識(悟り、幸取=さとり)の獲得であるが、その“行業一致”の生業(なりわい)の完成のために、また“現界人としての使命”の行使のために、

一番大切なことは一度目的を定めたら脇目も振らずそれに向って敢然と進んで行く…中略…仙道も同じことで、この道に入いったなら上仙達の指導の下に最下級の者として修むべき行を一つ一つ身に付けてゆき、次第に行そのものの中に食い入って尸解仙として為すべき行為の一端を握ればよい

そして、その際の自分の在り方として、

人間は常に修行と生業(なりわい)とのためにそれぞれの道に励んでいるが、この行業の一致ということは中々むずかしいとしても、一番大切なことは一度目的を定めたら脇目も振らずそれに向って敢然と進んで行くことである

もう一つ、自分の在り方として、

同じ尸解仙でもその力の現われ方によってはっきり区別…中略…いずれにしてもその中の一つを捉えてこれに従事してゆくと、今までに習い覚えたものを実現させる一つの道具となり、またその中の一つを究めてその真髄を悟れば全部を統括する力となる…中略…志堅心誠という言葉も…中略…凡ての教えは、ある一点から発したもの…中略…それぞれの波動に合うように説かれているのである…中略…それを受け入れられる人間は最も幸福と思わなければならない…中略…仙道に限らずいずれの道にも階級の段…中略…初めの段即ち初段を得るにもあらゆる艱難辛苦をして人生の道を全うする

これらを自分の思想と行動の、指針、諫言、また理念としていくべきである。

 それで文言としては重複するが、

人間本来の特権である神の命を実行するもの
そして
神の命を実行するものとなってこそ真の人間

先に“人間本来の特権である神の命”については説明したが、その“神の命”、これを“実行するもの”、これは“行業一致…中略…肉に与えられたものを立派に完成する…中略…目に見えない精神をも立派に完成する
これが出来た、成し遂げた人間を“神の命を実行するもの”と称されており、またそれが“真の人間”に近づいていくことなのだと示されていることを、しっかり読み取るべきである。

 さらに今述べた事柄に関しては、第六話 四方の祈り 北 でも以下のように太霊は説いておられる。

神が人間のために尽されるように、人間にも人間のために尽さして下さいと願う…中略…これは人間としては自分の使命を完成さしてもらう元であって、この北神の祈りは言葉にすれば、どうか今日も世のため人のために役立たせていただきたいということ…以下略…
それと
現に見える運び(現津(あきつ)、観察され得る事象における時間の進行)と見せられるその力とを綜合して、完全なる人間の運営を行ってゆけばよい

この“自分の使命を完成さしてもらう”そして“完全なる人間の運営を行って”について、ローム太霊講話集を持っておられる方は、第十九話を読んでから第六話を読み返してほしいものである。


 それでもう一つの、

生命を犠牲にして人間のために尽そうとするものも…中略…母が子に対する行為、行為というより自然に出てくる力…中略…神の愛であり慈悲…中略…地仙の目指す最高の目的であることをここではっきり言っておく

この文言は先回解釈した通りであり、たった今の地球人、S会=紫光会の会員も含め、自我の確立=固定化の霊的成長の段階でしかない、そういった人間はまず“力”を求め“術”(“力”の顕現)の行使のために頑張るが、それを
多くの人々はこの尸解仙になるべく全力を尽し…中略…その修行に没頭して…中略…汝等はそれを欲してはならない
と諫めておられることに気付くべき。 
 その太霊の意図は “人間のために尽そうとする”、これが神に評価される、認められることなのだ、このことを要約すれば“世為人為”でもあるが、それを為そうとする心(靈)は“神の愛であり慈悲”、これが台頭した心(靈)なのだ、それは第二話で述べられている以下の文言、

凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち…中略…この神の気持ちは人間の心の中にもありながら、それを出す時が余り少ないのであって…中略…自分のできる範囲でこの神の心を出せばよい

この“神の心を出せばよい”、自らの思想とせよ、行動の理念とせよ、そうしていくならば、自我より“上”の心(靈)の発現と強化に結び付くものであり、徐々に心(靈)は育っていく=神に近くなる、またそれは○○○大先生が犬から人間になったじゅんいちくんに語らせた、“真固止の人間”(まことのにんげん)、

http://tuyukusanotuyu.blog45.fc2.com/blog-entry-477.html
http://tuyukusanotuyu.blog45.fc2.com/blog-entry-483.html
http://tuyukusanotuyu.blog45.fc2.com/blog-entry-568.html

(上記リンクを閲覧する際に、Windowsの場合、Ctrl + F を押すと「検索窓」が開き、Macの場合、⌘ command + F を押すと「検索窓」が開きますが、開いた「検索窓」に 真固止の人間 と入力し、Windowsでは Enter を、Macでは return を押すと、ヒットした語句へジャンプします)

この“真固止の人間”の意は、“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止)ということになっていく、またこれが人間の神格化の具体的な道筋なのだ、第十九話ではそれが述べられているのだ、ということを指摘して、総括とさせてもらうこととする。

 次回のこのカテゴリーでは、第二十話 仙道 再び天仙 の解釈に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。



“ローム太霊講話集”第十九話 仙道 再び尸解仙と地仙 Kellyさん的解釈“その五”


 さて、太霊は第十九話の最後で非常に重要なことを述べておられる。 それは以下の文、

地仙の中にも…中略…ここではっきり言っておく

であるが、この文言をそのまま読むよりも、一言々々をピックアップして読むと、その意味合いが“真の人間”(まことのにんげん)を目指すべくものであることを理解できうるものである。

 まず、

これがまた地仙の目指す最高の目的

そして、

汝等が…中略…母が子に対する行為、行為というより自然に出てくる力…中略…神の愛であり慈悲であり

そしてまた、

自分の長生を求めるよりも、あらゆる迫害に堪え生命を犠牲にして人間のために尽そうとするものもいる

これは“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)である。

 それでもう一度最後の文言に戻るが、

これがまた地仙の目指す最高の目的であることをここではっきり言っておく

これは、“地仙”の段階の霊的成長度、そこにおける“最高の目的”、
これを“はっきり言って”と述べていらっしゃることに気付くべきであるし、
これそのものが○○○大先生が幾度となく説いている平均的地球人の霊的成長度、自我の確立=固定化、そして自我の肥大ゆえの“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”、そこから“上”の霊的成長度に至った際の心(靈)の動きである“慈悲”と“慈愛”のことを述べておられるものである。

 それで、人が霊的成長していく過程としては、大概の地球人はまず“術”(“力”の顕現)を求め、自我の強化が必須だから自分を示したい、そういった動機、“どういうつもり”いわゆる思惑で頑張る(元の気を張る)ものであるが、“仙道”の分類でその過程の段階を太霊は“一番下の尸解仙”と述べておられ、そこにおいて、

道に入いったなら…中略…最下級の者として修むべき行を一つ一つ身に付けてゆき、次第に行そのものの中に食い入って尸解仙として為すべき行為の一端を…以下略…

そこにおける自分の在り方として、

仙道に限らずいずれの道にも階級の段があって、その初めの段即ち初段を得るにもあらゆる艱難辛苦をして人生の道を全うする…中略…これが完成されて…中略…尸解仙の根本もここにある

こうやって自分を諌めつつ、頑張っていくならば、次の段階として、

行が益々進んで術となり條となり

この“”、それは“術”(“力”の顕現)ならばそれを自分はどう使うか、どう扱うべきか、これを思う、深く鑑みる、結果それは自分が成長していくならば術を野放図に使わない、それは“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”を自分に行使していくことであるし、それがあってこそ“世為人為”に結びついていくものである。

 また“條”の認識(悟り、幸取=さとり)と体得、その過程においては、○○○大先生が著書の<1><2>で解釈した最後のローム霊訓講話の中の文言、右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、という過程が、必ずあるものである。

 そして“”の認識(悟り、幸取=さとり)と体得、それには“その四”で述べた
人間が“真の人間”を目指すべく“行業一致”を理念とせよ
これが必須の要綱であるものであり、そのうえで“”の下に“術”(“力”の顕現)を使う、それはまた“世為人為”であるべきである。

 そこまでのことをしていくならば、

神が与えた人間本来の特権である神の命を実行するものとなってこそ真の人間と言える

この“神の命を実行するもの”これに値する者と“上”が評価しうる、お前たちにはこの第十九話において仙道の話をしているが、その話を通じて“真の人間”、その意味を少しずつ理解していってほしい、そして人間が目指すものはそこにあるのだ、それを伝えているのだ、というのが、太霊の思惑であると確信する。

 次回は第十九話の総括を述べることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。



Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (465)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (13)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード