“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 風の巻 第四帖 Kellyさん的解釈 


 今回も、風の巻 第四帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

岩戸開けたり野も山も、草のかき葉もことやめて、大御光により集ふ、楽しき御代とあけにけり、都も鄙(ひな)もおしなべて、枯れし草木に花咲きぬ、今日まで咲きし草や木は、一時にどっと枯れはてて、つちにかへるよすがしさよ、ただ御光の輝きて、生きの生命(いのち)の尊さよ、やがては人のくにつちに、うつらん時の楽しさよ、岩戸開けたり御光の、二二(ふじ)に九(こ)の花どっと咲く、御代近づきぬ御民等よ、最後の苦労 勇ましく、打ち越し呉れよ共々に、手引きあひて進めかし、光の道を進めかし。ウタのまどひつくれよ。 目出度(めでたき)夜明けぞ。
旧一月一日、一二
ローレンツ力と ○ 。

 冒頭の文。
“岩戸開けたり野も山も、草のかき葉もことやめて、大御光により集ふ、楽しき御代とあけにけり”

 “岩戸開けたり”は、たった今の平均的地球人の霊的成長度から“上”に多少進化したさまを指す(岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く)ものであり、“野も山も”の“野”は画像で意味を示し、



野の解字 (富士の巻 十七帖) 
“山”は、高い心霊が使う表記としての目上(めうえ)の脳のことであり、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化によるタンパク質の高分子化の意もあり、“草のかき葉もことやめて”は、言葉通りに解釈するなら下草や枯葉をかき集めることをやめるの意だが、“草”が艸部(そうぶ)艹、クサカンムリと、太陽を示す日と、胸の磁性“十”で構成されている字なので、“上”の振動(日)で自省(胸の磁性“十”)の心(靈)が芽生える、いわゆる自省(胸の磁性“十”)の“行”に入った初期の段階を指し、その心(靈)が次の表記の“大御光により集ふ”、この“大御光”は今より相対的に高い存在の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、あるいは成長した心(靈)が感応する高い振動、それはたった今の地球人の進化過程では感応しえない振動、自らに止めることが出来ないで素通りしている“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、を指す表記であり、それを止めるならば=今より進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしたならば、“楽しき御代とあけにけり”=“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”がいない、よって欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかのない事象になり、さらに恨みの連鎖の霊的干渉がない世界になることを示している。

 次の文。
“都も鄙(ひな)もおしなべて、枯れし草木に花咲きぬ、今日まで咲きし草や木は、一時にどっと枯れはてて、つちにかへるよすがしさよ、ただ御光の輝きて、生きの生命(いのち)の尊さよ、やがては人のくにつちに、うつらん時の楽しさよ、岩戸開けたり御光の、二二(ふじ)に九(こ)の花どっと咲く”

 “都も鄙(ひな)もおしなべて”は、たった今“都”のように華やかであろうが、“鄙(ひな)”(都市部から離れた場所、いなかの意)のようにさびれて落ちぶれていようが、それらすべて“おしなべて”(全体にわたり、一様に、ことごとく、の意)、“枯れし草木に花咲きぬ”=“上”から観て価値のないもの、霊的成長を妨げている“花”(程度の低いものが花と認識しているに過ぎない)、これが“今日まで咲きし草や木は、一時にどっと枯れはてて、つちにかへるよすがしさよ”、今後=アセンション後はこれまでの価値観などは通用しないので、今栄えている“花”はすべてダメになり、程度の低いものがいかにほめそやそうがそれらすべて失敗の“創造”であり、先の“都も鄙(ひな)もおしなべて”のように、“都も鄙(ひな)”とか区別しているような価値観は消失し、すべてが一様に自省(胸の磁性“十”)(“枯れし草木”の“草”と“木”=胸の磁性“十”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現))の糧となるしかない=“つちにかへるよすがしさよ”である。

 次の文。
“ただ御光の輝きて、生きの生命(いのち)の尊さよ、やがては人のくにつちに、うつらん時の楽しさよ、岩戸開けたり御光の、二二(ふじ)に九(こ)の花どっと咲く”

 先の“大御光により集ふ”=今まで素通りしていた高い振動と感応していくならば“生きの生命(いのち)の尊さよ”=生命(生きる使命=存在理由)の本来の意義を見出し、高い振動が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)と肉体に泊まるからこそ“やがては人のくに(“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す))つち(肉体の意)に、うつらん時(“上”の振動が反映するの意)の楽しさよ”と称され、これに続く“岩戸開けたり御光の、二二(ふじ)に九(こ)の花どっと咲く”の“岩戸開けたり”は前述のとおり、その進化した心(靈)と肉体に“創造”の“主(ヌシ)”の高い振動が“御光”となり、これはオーラでもあるし息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)と称するのが妥当であり、“二二(ふじ)に九(こ)の花”とは、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、これに ○ 九 十の“九”(“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現))、これは生命としての究極の形、最終段階(卆(そつ、卒業の卒の異体字))の“九”でもあり、進化した生命が新しい価値を見出して“上”に認められるべく“花”を“どっと咲く”、咲かせるようになるものであると称されている。

 次の文。
“御代近づきぬ御民等よ、最後の苦労 勇ましく、打ち越し呉れよ共々に、手引きあひて進めかし、光の道を進めかし”

 “御代近づきぬ御民等”=次の事象の“創造”に参加すべく資質を持つ生命(生きる使命=存在理由)の意。
 “最後の苦労 勇ましく、打ち越し呉れよ共々に、手引きあひて進めかし”=その資質がありたった今の事象に苦痛と違和感を覚え間違いを見出して、苦悩するが、それこそが資質を持つが所以のことなので“上”と“共々に、手引きあひて進め”、それは“勇ましく、打ち越し呉れ”、資質を持つが所以の試練と認識して“勇ましく”、“最後の苦労”を体験せよ、味わえ、の意である。
 “光の道を進めかし”は、先の“大御光により集ふ”“ただ御光の輝きて、生きの生命(いのち)の尊さよ”と同義。

 これに続く次の文。
“ウタのまどひつくれよ。 目出度(めでたき)夜明けぞ”

 文中の“ウタ”は、

“ウ”は、生物を生み出す力と説明されている。 産土の太神の“ウ”に相当するもの
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと

なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした生命を生み出して行け、それを“まどひ”(纏、火消しのまとい、旗印、理念の意)、これを“つくれよ”、それは“目出度(めでたき)夜明け”、“夜明け”は今後=アセンション後のこと、それはたった今の腐った事象なんか比べ物にならないほど“上”から観て“目出度(めでたき)”であり、すべての事象、外側(外国と幽界)の事象だろうが内面とか内側(心の中と感じている事)だろうが、“上”と感応したものの見方、天の御目(あめのおめ)の台頭になるから、お目(“上”と感応した心(靈)が“観察と認識”を行なうさま)が傑出する、その段階=“度”の意を含んでいると思われる。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



“日月神示” 風の巻 第三帖 Kellyさん的解釈 

 今回も、風の巻 第三帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

愈々の大建替は国常立の大神様、豊雲野の大神様、金の神様、竜宮の乙姫様、先づ御活動ぞ。 キリギリとなりて岩の神、雨の神、風の神、荒の神様なり、次に地震の神様となるのざぞ。
今度の仕組は元のキの生き神でないとわからんぞ、中津代からの神々様では出来ない、わからん深い仕組ざぞ、猿田彦殿、天鈿女命(あめのうずめのみこと)殿、もとのやり方では世は持ちて行けんぞ。 今一度 悪栄えることあるぞ、心して取違ひない様にいたされよ。口と心と行ひとで神示とけよ、堂々説けよ。
一月四日、一二のかみ。

 冒頭の文。
“愈々の大建替は国常立の大神様、豊雲野の大神様、金の神様、竜宮の乙姫様、先づ御活動ぞ。 キリギリとなりて岩の神、雨の神、風の神、荒の神様なり、次に地震の神様となるのざぞ。

 文中の“愈々の大建替”は、今後=アセンション後に移行すること。
 これに続く“神”(示す偏(へん)と“呂”、頭と腹のエネルギーの回転を示す表記、頭と腹は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)によって結ばれている)が付いた表記としては、

“国常立の大神”は、“国”((囗)くにがまえ)と“玉(ぎょく)”、“玉(ぎょく)”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示す))が“常”に“立”、自省(胸の磁性“十”)の心(靈)が常であるの意。

“豊雲野の大神”は、“雲”が“上”からの振動を指す“雨”と肉体を指す“二”、それを取り込む厶部(しぶ)(物を囲い込んで自分のものとする様子に象る。手を「伸ばす、伸びる」の意がある)で構成され、“野”は、画像で意味を示すこととする。



野の解字 (富士の巻 十七帖) 


“金の神”は“力(ちから)の根(ね)”=肉体内の鉄分子、“カネ”の言霊、肉体内の鉄分子そのものがローレンツ力ローレンツ力 の存在する理由と根拠たること、ちなみにローレンツ力(Lorentz force)とは、電磁場中で運動する荷電粒子が受ける力のことで、これが“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を、自らに取り込み、発振、発信していくのが生命(生きる使命=存在理由)である。

“竜宮の乙姫”の“竜宮”は、竜の如く“下”のエネルギーが“宮”に上っていく(昇り竜)、宮は宀(うかんむり、頭の意味)と“呂”で、これは頭と腹のエネルギーの回転を示す表記、頭と腹は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)によって結ばれている表記だが、この意味のこと、さらに“竜”の表記は呂と立つ、あるいは太陽に昇る竜、ちなみに月に昇る意味合いは龍、そして“乙姫”の乙は乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、“姫”は砌(みぎり)の極性を指すので、霊的成長した心(靈)が“下”のエネルギーを引き上げ智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)として現津(あきつ)、観察され得る事象を顕現、いわゆる自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で“創造”を果たしていくのだの意味合い。

 よってここまでの表記そのものが、“上”からの荷電粒子を止めてある程度進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たし、次の事象に移行すべく資質(自省(胸の磁性“十”)の“行”による“慈悲”と“慈愛”、そして智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質))を獲得した人間を説明している。
 そして“キリギリとなりて”に続く表記は、

“岩の神”の岩は岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開くことの岩。

“雨の神”は “メグリ”(帀)と左右に分かれた点四つは“上”からの荷電粒子の取り込み。

“風の神”は空気の取り込みによる電磁誘導、いわゆる空気の呼吸。

“荒の神”は低振動、“下”三つのチャクラの振動、これは腹の水=“江戸と尾張”の“江”、自我の確立=固定化の段階、そして腹の位相のサイクロトロンのことでもある。

“地震の神”は地が震える、地は“石”(帯電するミネラル)と土=肉体(月(ツキ))の意味合いで、震えるは振動を発するの意。

 よってこれもある程度進化を果たし、自我の確立=固定化の段階から“上”に移行した心(靈)と肉体が、次の事象の“創造”を果たす(“地震の神”)の意である。
 ちなみに“キリギリとなりて”の“キ”と“リ”は、

“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
“リ”は、生命根源の、張り、広がり

なので、生命(生きる使命=存在理由)自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)が、広がり張って、と称される事象を“創造”するの意であり、濁点の付いた“ギ”は“キ”の意を強調したものであり“リ”が二つ示されているのは、これまでとは違う張りと広がりの意である。

 次の文。
“今度の仕組は元のキの生き神でないとわからんぞ、中津代からの神々様では出来ない、わからん深い仕組ざぞ、猿田彦殿、天鈿女命(あめのうずめのみこと)殿、もとのやり方では世は持ちて行けんぞ。 今一度 悪栄えることあるぞ、心して取違ひない様にいたされよ。口と心と行ひとで神示とけよ、堂々説けよ”

 冒頭の“今度の仕組は元のキの生き神でないとわからんぞ”の“今度の仕組み”は、自我の確立=固定化から“上”に向かう進化(霊的成長、神格化に向かうこと)それ事態を指し、“元のキの生き神”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を指す“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)そのものであり、“キ”は、磐戸の巻 第二帖の解釈が解りやすいので以下にコピペ。

“キつけてくれよ、キがもとざぞ、キから生れるのざぞ、心くばれと申してあろが、心のもとはキざぞ、総てのもとはキであるぞ、キは 
ローレンツ力と ○ (よろこび)ざぞ、臣民みなにそれぞれのキうへつけてあるのざぞ、うれしキは うれしキことうむぞ、かなしキは かなしキことうむぞ、おそれはおそれうむぞ、喜べば喜ぶことあると申してあろがな、天災でも人災でも、臣民の心の中にうごくキのままになるのざぞ。 この道理わかるであろがな”
この“キ”は、気、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁(愛の元字)と表れの意である奇、そして、“道”(時間の進行)によって遭遇する事象、それは来るの意としての“来”でもある。

 これに続く“中津代からの神々様では出来ない、わからん深い仕組ざぞ”の“中津代”は、先の“元のキの生き神”に相対した言い回しで、そう思う根拠としては、これに続く“猿田彦殿、天鈿女命(あめのうずめのみこと)殿、もとのやり方では世は持ちて行けんぞ”の“猿田彦”は天狗であり、これは自我の肥大を指し、“天鈿女”の“鈿”の“田”は、心、靈、の四つの場(フィールド)、大脳の新皮質のことであり、“金”は先の“金の神”、肉体中に存在する金属原子であるのだが、これはたった今、これまでの人間の進化を示す表記であり、“日月神示”中によく登場する“知と学”、これを大脳を使って獲得したが、それを自分のためにしか使わないのが今の人間であり、これは“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に沿っていない、踏み外している、ただしこれも進化の過程、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の台頭も人間全体の進化の道程であるからこそ、始めでもなく終わりでもないの意の“中津代”の表記が使われているのだと思える。
 よって“猿田彦殿、天鈿女命(あめのうずめのみこと)殿”の段階においては“もとのやり方では世は持ちて行けんぞ”、この“世は持ちて行けん”は、たった今の事象は存続できないの意であり、それだからこそ“もとのやり方では世は持ちて行けん”は、第三帖の冒頭の“愈々の大建替”で事象は変容するのだ、の意であるし、それに至るには“今一度 悪栄えることあるぞ”、たった今が“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の事象そのものであると思えるが、もっともっとひどい状況になっていくものではあるが、次の事象に移行すべく人は“心して取違ひない様にいたされよ”、これは見誤るな、“役員づら”の手法に乗るな、と称され、“口と心と行ひとで神示とけよ、堂々説けよ”は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の手法の、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとか、をするな、“ほんとう”、“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)、“絶対の善”の顕現、この心(靈)の動き、その顕現、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)で、“上”の思惑を示せ、というのが“口と心と行ひとで神示(神が示すこと)とけよ、(神の思惑に沿っている、まっとうな事だから)堂々説けよ”の意である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


“日月神示” 風の巻 第二帖 Kellyさん的解釈 

 今回も、風の巻 第二帖を解釈しまんねん。 原文は以下の通り。

二柱の神あると申してあろが、旗印も同様ぞ、かみの国の旗印と、
ローレンツ力と ○ (もとつかみ)の国の旗印と同様であるぞ、● であるぞと知らしてあろがな、● にも二通りあるのざぞ、スメラ● の旗印と縦の磁性と水平磁場 雨 第二帖風の巻 第二帖 発振、発信のさま1 風の巻 第二帖 発振、発信のさま2 ● と申して知らしてあろがな、今は逆ざぞと申してあろがな、このことわからいでは、今度の仕組分らんぞ、神示分らんぞ、岩戸開けんぞ。 
よく旗印みてよと申してあろがな、お日様 赤いのでないぞ、赤いとばかり思ってゐたであろがな、まともにお日様みよ、みどりであるぞ、お日様も一つでないぞ。 ひとりまもられているのざぞ。 さむさ狂ふぞ。
一月の一日、ひつ九の 
ローレンツ力と ○ 


 冒頭の文。
“二柱の神あると申してあろが、旗印も同様ぞ、かみの国の旗印と、 
ローレンツ力と ○ (もとつかみ)の国の旗印と同様であるぞ、● であるぞと知らしてあろがな”

 文中の“二柱”については先回の、風の巻 第一帖から以下にコピペしておく。

“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな、岩戸開く一つの鍵ざぞ、名同じでも裏表ざぞ、裏表と思ふなよ、頭と尻 違ふのざぞ。 千引(ちびき)の岩戸開けるぞ”

自分にとって都合の良い考えしかもたない、自分勝手な事しか思わない人間にとっての善と悪は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”ではないし、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”という認識もない、こういった低い心(靈)しかない人間は目先のことしか分らないからこそ“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな”と述べられており、“ほんとう”の善悪を見抜く要素としては、自分と神の関係、“創造”の“主(ヌシ)”と被造物、“神の采配”は進化のためにある、“神の咎め”も進化のためにある、このことを理解していれば自分勝手な都合の良い考えは諌められるものではあるが、これに気付かない人間が多すぎるので“くどう気付けてあろがな、岩戸開く一つの鍵ざぞ、名同じでも裏表ざぞ、裏表と思ふなよ、頭と尻 違ふのざぞ”であるし、文中の岩戸開きは、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く、いわゆる“慈悲”と“慈愛”、胸の磁性“十”、ヨガならばアナハタチャクラ、チャネラーの言葉なら第四密度、これらを指すものであるし、最後の“千引(ちびき)の岩戸開ける”の“岩戸”は先に述べたとおり、大事なのは“千”で“引”、これは、風の巻 (カ千の○キ) の“千”と同義で、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と“十”、シンクロトロン放射、の意味合い、これで進化の方向性に“千引(ちびき)”である。

 
 この““ほんとう”の善悪を見抜く要素”、これを身に付けよ、自分の認識とせよ、すべての事象は、自分にとって都合の良いことも悪いことも、自分の成長のためにあるということをしっかり理解せよ、ということを“二柱の神ある”という文言から感じ取れる。
 そして文中に三回登場する“旗印”という表記であるが、これも第一帖の“役員それぞれのまとひつくれよ、何れも長(おさ)になる身魂でないか”の“まとひ”(纏(まとい)、江戸時代に町火消が用いた自分たちの組であることを示すもの、自分の思想、理念、これを“まとひ”のように示して行け、の意味合いと解釈した)と同義。
 よって“旗印も同様ぞ”は、先の“二柱”の意味合いを認識せよであり、“かみの国の旗印と、
ローレンツ力と ○ (もとつかみ)の国の旗印と同様であるぞ”の“かみの国(“国”は自省(胸の磁性“十”)をした心(靈)の意味合い)の旗印”は、神格化のための指標、そして“ ローレンツ力と ○ (もとつかみ)の国の旗印”は、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込む意味合いの、霊=○、荷電粒子の場(フィールド)とローレンツ力ローレンツ力 、この表記自体が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の具体的な仕組みを意味しているし、“(もとつかみ)”は、“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を指し示す表記である。

 これに続く次の文。
“● であるぞと知らしてあろがな、● にも二通りあるのざぞ、スメラ● の旗印と
縦の磁性と水平磁場 雨 第二帖風の巻 第二帖 発振、発信のさま1 風の巻 第二帖 発振、発信のさま2 ● と申して知らしてあろがな、今は逆ざぞと申してあろがな、このことわからいでは、今度の仕組分らんぞ、神示分らんぞ、岩戸開けんぞ”

 文中の“●”そして“
縦の磁性と水平磁場 雨 第二帖 風の巻 第二帖 発振、発信のさま1風の巻 第二帖 発振、発信のさま2 ●”については、画像で意味を示す。





風の巻 第二帖 




 これは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“天津御空(あまつみそら)”、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、いわゆるア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”でもあり、これが心(靈)に充満し、その心(靈)が息吹くさまを示す表記であると思え、これも先回の第一帖の

“ 
風 第一 (おう) (おう)の世 風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世にせなならんのざぞ、今は風 第一 (をう、わう) (をう)の世ざぞ、 風 第一 (をう、わう) (わう)の世風 第一 (おう) の世となりて、 風 第一 (おう) (おう)の世に ローレンツ力 入れて風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世となるのざぞ”、

この“  風 第一 (王の世ローレンツ力)(おう)”、これは“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして、心(靈)に“創造”の“主(ヌシ)”の高い振動を取り込んで、自分より霊的成長度の“下”の人間に自分の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)を下降させ、影響を与える、またそれは多くの人間の進化の指標=“旗印”“まとひ”たるものになり得るのだ、の意味合いであるし、“スメラ● の旗印”の“スメラ”は、

“ス”は、生命発現の基(モト)、真澄(マスミ)、素、巣の意、御統、統一(ミスマル)のス、自ら統一すべ治(シ)らすの言霊
“メ”は、ムシ出された生命の芽 吾が心は目 その目に止まりてすべてのものはそれ現津するにあれ(“観察と認識”のこと)
“ラ”は、生命発生の初音(ウネ) 物の根の意

なので、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”=現象化として発生した生命(“ラ”と“ス”)は、その心(靈)の進化において現津(あきつ)、観察され得る事象の観察をして(“メ”)、統一され、真澄となる、これは“創造”の“主(ヌシ)”と同様の振動を獲得した心(靈)の意であると思え、“上”から観て、神から観て、真澄でないのは分かりやすく言えば“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”であり、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で事象の“創造”をする心(靈)であると言いうるし、この“スメラの旗印”に沿っていくならば、自分の心は“創造”の“主(ヌシ)”のように●となっていくのだ、の意味合いであるし、“● にも二通りあるのざぞ、スメラ● の旗印と
縦の磁性と水平磁場 雨 第二帖 風の巻 第二帖 発振、発信のさま1 風の巻 第二帖 発振、発信のさま2● と申して知らしてあろがな”の“二通り”は、ア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)が充満している“創造”の“主(ヌシ)”と、それを享受して心(靈)を育てている“下”である生命(生きる使命=存在理由)、いわゆる“日止、霊止”(“上”からの振動を止める意の表記)、この二つがあるのだの意であるし、“下”である生命(生きる使命=存在理由)は、自省(胸の磁性“十”)の“行”から始まってア(“亜”)から、イ(出る(いずる)を心(靈)に充満してそれを息吹くので、“上”である“創造”の“主(ヌシ)”は変容はないが、“下”である“日止、霊止”は人(丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現))から進化(霊的成長、神格化に向かうこと)して“日止、霊止”となっていくのだ、これが“二通り”なのだ、の意味であるし、たった今“下”である人間が観察している事象は、“創造”の“主(ヌシ)”とは違うので、それは“下”から“上”に進化していく心(靈)が現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”をしているので“今は逆ざぞと申してあろがな”であり、この進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の道程、そして“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)が解らねば“このことわからいでは、今度の仕組分らんぞ、神示分らんぞ”であり、結果として自我の確立=固定化の段階から“上”に向かわないの意が“岩戸開けんぞ”(岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く)である。
 また文中の“ 
風の巻 第二帖 発振、発信のさま2”は、夜明けの巻 第一帖の夜明け 第一 灯台表記 
“天地和合して 夜明け 第一 灯台表記 となった姿が神の姿ざぞ。 御心(みこころ)ざぞ”
と意味合いが近いし、さらに、夜明けの巻 第十三帖の表記に近いものがあることを付け加えておく。



夜明の巻第十三帖



 これに続く次の文。
“よく旗印みてよと申してあろがな、お日様 赤いのでないぞ、赤いとばかり思ってゐたであろがな、まともにお日様みよ、みどりであるぞ、お日様も一つでないぞ。 ひとりまもられているのざぞ。 さむさ狂ふぞ”

 最初の“よく旗印…以下略…”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の指標たる“旗印”を自分の認識として、その思想で“思惑の顕現”=現象化をせよ、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に活かせ、それは霊的成長のための“行”をせよ、また自分の在り方を観よ、観て自省(胸の磁性“十”)せよ、の意味合いを述べている。
 これに続く“お日様 赤いのでないぞ、赤いとばかり思ってゐたであろがな、まともにお日様みよ、みどりであるぞ、お日様も一つでないぞ”の、“赤い”と“みどり”は、振動の波長の高低(赤の波長は620-750 nm、周波数は(4.0-4.8)x10^14 Hz、エネルギーは1.65-1.99 eV 緑の波長は495-570 nm、周波数は(5.3-6.1)x10^14 Hz、エネルギーは2.175-2.50 eV
)であり、平均的地球人の肉体と心(靈)では、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の低い部分としか感応していない、それはまだ動物に近い心(靈)であるから“日月神示”では“ケダモノ”“獣”の表記が使われているし、太陽を見てその波長の赤としか感応していないのは、まだまだ腹の段階の“行”で、そういった人間が不食云々としか太陽凝視を捉えていない、そういったとらえ方しかしていないものであることは過去に述べた。
 それでは次の段階に移行しえないので、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化をしてローレンツ力を強化して、さらに目上(めうえ)の脳のタンパク質の高分子化をして高い振動を自らに止め、肉体と心(靈)を“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)するの意を含めて“まともにお日様みよ、みどりであるぞ”と述べられているものであると確信するし、先に述べた赤の振動としか感応していない心(靈)が太陽凝視をしてもそれは“まともにお日様みよ”ということになっていないと言いうるし、さらに、アナハタチャクラの内奥の色が緑であるとヨガの古典で述べられているのは、やはり“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の振動であると思える。
 ちなみにS会=紫光会の経文、四空経録には、緑緑光取(りょくりょくこうしゅ)と書かれていることも付け加えておく。
それで“お日様も一つでないぞ”というのは、先に述べた振動の違いを述べているものである。 
蛇足になるが、太陽凝視を行なっている人は“上”からの振動の違い、それと感応する自分の心の高低、というものをしっかり見極めてもらいたいものである。
これに続く“ひとりまもられているのざぞ”は、太陽自体が生命であり霊であり、他の太陽系の生命も含め地球人にも太陽の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)をして成長をさせているの意であり、“さむさ狂ふぞ”は、単に今後=アセンション後に移行する際の異常気象を述べているものである。

今回はこれくらいにしときまんねん。

“日月神示” 風の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 



 今回から、風の巻 (カ千の○キ) に入ることとする。 
 ちなみに“カ千”は、

“カ”は、幽れたる(かくれたる)生命と力(ちから)の音意
“千”は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と“十”(シンクロトロン放射)

なので、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をある程度果たした生命は神の思惑を顕現するがその際の発振、発信は胸の磁性“十”と頭のシンクロトロン、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)であり、その“○キ”は、
その心(靈)、霊○と、
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
なので、進化した生命の事象の“創造”、“上”と感応しながら現津(あきつ)、観察され得る事象を顕現していくの意である。 まず、第一帖の原文は以下の通り。

用意なされよ。 いよいよざぞ、愈々九 
渦巻き 左回転 三(くるぞ)。 神のみこと知らすぞ。 知らすぞ、眼覚めたら起き上がるのざぞ。 起きたらその日の命頂いたのざぞ。 感謝せよ、大親に感謝、親に感謝せよ、感謝すればその日の仕事与へられるぞ。 仕事とは嘉事(よこと)であるぞ、持ち切れぬ程の仕事与へられるぞ。 仕事は命ざぞ。 仕事喜んで仕へ奉れ。 我出すと曇り出るぞ。 曇ると仕事わからなくなるぞ。 
腹へったらおせよ。 二分は大親に臣民腹八分でよいぞ。 人民食べるだけは与へてあるぞ。 貪(むさぶ)るから足らなくなるのざぞ。 減らんのに食べるでないぞ。 食(おせ)よ。 おせよ。 
一日一度からやり直せよ。 ほんのしばらくでよいぞ。 神の道 無理ないと申してあろが。水流れる様に楽し楽しで暮せるのざぞ、どんな時どんな所でも楽に暮せるのざぞ。 
穴埋めるでないぞ、穴要るのざぞ。 苦しいという声 此の方嫌ひざ。 苦と楽 共にみてよ、苦の動くのが楽ざぞ。 生れ赤児みよ。 子見よ、神は親であるから人民守ってゐるのざぞ。 大きなれば旅にも出すぞ、旅の苦 楽しめよ、楽しいものざぞ。 
眠くなったら眠れよ、それが神の道ぞ。 神のこときく道ざぞ。 無理することは曲ることざぞ。 無理と申して我儘無理ではないぞ、逆行くこと無理と申すのざ。 無理することは曲ることざ、曲っては神のミコト聞こへんぞ。 
素直になれ。 火降るぞ。 相手七と出たら三と受けよ、四と出たら六とつぐなへよ、九と出たら一とうけよ、二と出たら八と足して、それぞれに十となる様に和せよ。 まつりの一つの道ざぞ。 
風 第一 (おう) (おう)の世 風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世にせなならんのざぞ、今は 風 第一 (をう、わう) (をう)の世ざぞ、風 第一 (をう、わう)   (わう)の世風 第一 (おう) の世となりて、 風 第一 (おう) (おう)の世にローレンツ力   入れて 風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世となるのざぞ。 タマなくなってゐると申してあろがな、タマの中に仮の奥山移せよ、急がいでもよいぞ、臣民の肉体 神の宮となる時ざぞ、当分 宮なくてもよいぞ。 やがては二二(ふじ)に九(コ)の花咲くのざぞ、見事二二(ふじ)に九(こ)の火(ほ)が鎮まって、世界治めるのざぞ、それまでは仮でよいぞ、臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組みて、天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ。 花咲く御代近づいたぞ。 用意なされよ、用意の時しばし与えるから、神の申すうち用意しておかんと、とんでもないことになるのざぞ。 風 第一 (王の世ローレンツ力)   の世輝くと 夜明け 第一 灯台表記 となるのざぞ、 夜明け 第一 灯台表記 と申して知らしてあろがな。 役員それぞれのまとひつくれよ、何れも長(おさ)になる身魂でないか。 
我軽しめる事は神軽くすることざ、わかりたか。 おのもおのも頭領であるぞ、釈迦ざぞ。 キリストざぞ。 その上に神ますのざぞ、その上 神又ひとたばにするのざぞ、その上に又
ローレンツ力   でくくるぞ、その上にも ローレンツ力 あるのざぞ、上も下も限りないのざぞ。 奥山 何処に変っても宜いぞ、当分 肉体へおさまるから何処へ行ってもこの方の国ぞ、肉体ぞ、心配せずに、グングンとやれよ、動くところ、神力 加はるのざぞ、人民のまどひは神無きまどひぞ、神無きまどひつくるでないぞ、神上に真中(まなか)に集まれよ。 
騒動待つ心 悪と申してあること忘れるなよ、神の申した事ちっとも間違ひないこと、少しは判りたであろがな。 同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな、岩戸開く一つの鍵ざぞ、名同じでも裏表ざぞ、裏表と思ふなよ、頭と尻 違ふのざぞ。 千引(ちびき)の岩戸開けるぞ。
十二月二十五日、ひつぐのかミ。
 

冒頭の文。
“用意なされよ。 いよいよざぞ、愈々九
渦巻き 左回転 三(くるぞ)。 神のみこと知らすぞ。 知らすぞ、眼覚めたら起き上がるのざぞ。 起きたらその日の命頂いたのざぞ。 感謝せよ、大親に感謝、親に感謝せよ、感謝すればその日の仕事与へられるぞ。 仕事とは嘉事(よこと)であるぞ、持ち切れぬ程の仕事与へられるぞ。 仕事は命ざぞ。 仕事喜んで仕へ奉れ。 我出すと曇り出るぞ。 曇ると仕事わからなくなるぞ”

 文中の“九
渦巻き 左回転 三(くるぞ)”は、○ 九 十の“九”は、生命(生きる使命=存在理由)の最終形態、神のひな型の意、“日止、霊止”(“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めるの意)になるべく心(靈)(ヒ)を持った肉体(月(ツキ))、それと“善(神格化の方向性と智性の受信)”の回転日足(ひたり)回転と“一二三”のオーラを指しているので、心(靈)が育ったさまを表わしている。 
これが理解できれば“用意なされよ。 いよいよざぞ”の解釈の要はないし“神のみこと知らすぞ。 知らすぞ”は、育った心(靈)においての感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)、天意を自らの認識にすることなのだということがすぐ解る。
これに続く“眼覚めたら起き上がるのざぞ。 起きたらその日の命頂いたのざぞ。 
感謝せよ、大親に感謝、親に感謝せよ、感謝すればその日の仕事与へられるぞ”、これは今までとは認識を改めよ、この文では“仕事”という表記が使われているが、生命の使命、これは“世為人為”を理念とした)生業(なりわい)でもあり、霊的成長のための“行”でもある、これを為す、そのために自分は存在しているのだと認識せよの意。
そしてそれは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”が思う自分の損得のための仕事ではないのだ、心構えを新たにせよ、の意味合いであるし、これに続く分の“嘉事(よこと)である”の“嘉”は、ほめる、めでたい、の意なので、“上”がこういった評価をする生き方をせよ、の意味合いである。
この後の“持ち切れぬ程の仕事与へられるぞ。 仕事は命ざぞ。 仕事喜んで仕へ奉れ。 我出すと曇り出るぞ。 曇ると仕事わからなくなるぞ”は、先に解釈したことと意味合いが重複するので省くが、程度の低い人間に対し“我出すと曇り出る”と諫められていることを付け加えておく。

次の文。
“腹へったらおせよ。 二分は大親に臣民腹八分でよいぞ。 人民食べるだけは与へてあるぞ。 貪(むさぶ)るから足らなくなるのざぞ。 減らんのに食べるでないぞ。 食(おせ)よ。 おせよ”
 これも、生き方の認識を改めよ、の意味合いであり、自分が求める何か、求めたいもの、に対して“腹へったら”と称されており、それを“おせよ”、これは古語で、任す、委ねる、の意があるので、要は“上”に任せよ、自分は自分の生き方において頑張る(元の気を張る)が、結果は“神の采配”に任せ委ねよ、の意味合いである。
 これが理解できればこれに続く“二分は大親に臣民腹八分でよい”、これは自分の思惑の顕現のために生きて頑張る(元の気を張る)が、結果として自分だけではなく事象の“創造”にも関わることになるから、氏名を与えられた神に対し“二分は大親”と称されている。
 そして大概の地球人は“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度だからこそ“人民食べるだけは与へてあるぞ。 貪(むさぶ)るから足らなくなるのざぞ。 減らんのに食べるでないぞ”、我欲を出さず“上”に任せよの意であり“食(おせ)よ”は、“上”の思惑と“上”の振動を取り込んで成長せよ、そして“おせよ”は先に解釈した通り“上”に任せて委ねよ、である。

 次の文。
“一日一度からやり直せよ。 ほんのしばらくでよいぞ。 神の道 無理ないと申してあろが。 水流れる様に楽し楽しで暮せるのざぞ、どんな時どんな所でも楽に暮せるのざぞ。 
穴埋めるでないぞ、穴要るのざぞ。 苦しいという声 此の方嫌ひざ。 苦と楽 共にみてよ、苦の動くのが楽ざぞ。 生れ赤児みよ。 子見よ、神は親であるから人民守ってゐるのざぞ。 大きなれば旅にも出すぞ、旅の苦 楽しめよ、楽しいものざぞ”

 この文も生き方の認識を改めよ、それは何を“一日一度からやり直せ”なのかについては、先に解釈した“仕事”、“世為人為”を理念とした)生業(なりわい)と霊的成長のための“行”、これを為していくための心構えを作り実際に行動してみよ、であるが、これが出来ないのが平均的地球人の霊的成長度の自我の確立=固定化の段階であり、自我が肥大しているから自分が苦しんで成長するのがいや、自分の都合よく生きたい、などと思いがちだが、その考えは間違っているのだ、そんな思いでは自分の心(靈)は育たないのだ、という諫言の意味合いで“穴埋めるでないぞ、穴要るのざぞ。 苦しいという声 此の方嫌ひざ。 苦と楽 共にみてよ、苦の動くのが楽ざぞ”、この“穴”は、“神の采配”としての試練を指すものであり、これを乗りこなせ、がこの文の意意味合い。 また“穴”=試練を与えるのは育って欲しいから、という意味合いの文が、“苦しいという声 此の方嫌ひざ。 苦と楽 共にみてよ、苦の動くのが楽ざぞ。 生れ赤児みよ。 子見よ、神は親であるから人民守ってゐるのざぞ。 大きなれば旅にも出すぞ、旅の苦 楽しめよ、楽しいものざぞ”であり、前後するが、自分の心(靈)が育つことを自分が認識したならば“神の道 無理ないと申してあろが。 水流れる様に楽し楽しで暮せるのざぞ、どんな時どんな所でも楽に暮せるのざぞ”、自分と神の関係を知った時、すべてを任せ委ねる、という心(靈)構えが出来、その中で自分が育っていくこと事態が “楽し楽しで暮せる”ということになり得るの意。
 
 次の文。
“眠くなったら眠れよ、それが神の道ぞ。 神のこときく道ざぞ。 無理することは曲ることざぞ。 無理と申して我儘無理ではないぞ、逆行くこと無理と申すのざ。 無理することは曲ることざ、曲っては神のミコト聞こへんぞ。 
素直になれ。 火降るぞ。 相手七と出たら三と受けよ、四と出たら六とつぐなへよ、九と出たら一とうけよ、二と出たら八と足して、それぞれに十となる様に和せよ。 まつりの一つの道ざぞ”
 冒頭の“眠くなったら眠れ”、解釈を間違えそうな文章だが、人間は眠っている間に幽界や霊界の下層まで行っている、そして“上”に教えを請うたりもしているが、寝て目が覚めるとほとんど覚えていない、夢を見たな…程度の認識しかないが、厳しい“行”、“理(ミチ)”(進化の法則性)に順じた“行”をして霊的成長をある程度果たしているならば、眠っている間の活動は盛んになり、あちらでのことを全部ではないが覚えているようになる(現に○○○大先生は、こちら=現界の時間より、夢を見ている時間の方が数倍長く感じている)。
 またこの文は眠っている間に“上”との感応をなしているのだ、の意味合いでもある。 だからこそ“それが神の道ぞ”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)であり、“神のこときく道ざぞ”は言葉通りである。
 これに続く“無理することは曲ることざぞ。 無理と申して我儘無理ではないぞ、逆行くこと無理と申すのざ。 無理することは曲ることざ、曲っては神のミコト聞こへんぞ”、これも、自分が生きている間には先の“穴”=“上”が課した試練、これがあるものだが、それを恭順に受け止め頑張れ、反目するな、自分にとって都合の良い考えで行動するな、の意味合いで“曲ることざぞ。 無理と申して我儘無理ではないぞ、逆行くこと無理と申すのざ。 無理することは曲ることざ”と述べられているのであるし、これに続く文の“神のミコト”は、
“ミ”は、生命の幹 その現実
“コ”は、停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
なので、“上”からの振動を止め自分の生き方、生命(生きる使命=存在理由)に反映せよ、反映しなければならんのだ、の意味合いである。 このカタカナ表記をひらがな(“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点)表記にしたならば、命、生きている間の使命、あるいは尊厳の尊、あるいは発振、発信した振動が現象化するの意味合いである“日月神示”表記の“実言(みこと)”、これらを当てることが出来る。
 これに続く“素直になれ。 火降るぞ”は、先に述べた反目や自分にとって都合の良い考えを押し通すな、それをするならば、“神の咎め”(自省させて進化(霊的成長)の方向性を示す)=“火降るぞ”である。
 これに続く“相手七と出たら三と受けよ、四と出たら六とつぐなへよ、九と出たら一とうけよ、二と出たら八と足して、それぞれに十となる様に和せよ。 まつりの一つの道ざぞ”、これは“穴”=“上”が課した試練に自分はどう対処するのか、我を出して対抗するならば結果は必ず“神の咎め”がある、自分は自分を諌め、引くところは引く、これはローム太霊講話集の第九話
汝等は常に心の鍛錬をしているが、人間は確固とした信念を持っていて、それが如何に悪口雑言されようとも、少しも 傷(きづつ)けられないという立派な精神になることである。誰に何と言われようと、大木の如くまた柳の如く、それを正面(まとも)に受けることも軽く逸らすことも出来る人間になるのが修行であって…以下略…”を思い起こさせるものでもあるし、こうやって“上”の試練に対処する人間には“上”が影響を与える、感応するので“まつりの一つの道ざ”と教えられているものでもある。

 次の文。
“ 
風 第一 (おう) (おう)の世 風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世にせなならんのざぞ、今は風 第一 (をう、わう) (をう)の世ざぞ、風 第一 (をう、わう) (わう)の世 風 第一 (おう) の世となりて、風 第一 (おう)   (おう)の世に ローレンツ力 入れて風 第一 (王の世ローレンツ力)   (おう)の世となるのざぞ”

 この文中の表記については画像で意味を示す。
風の巻 第一(おう、をう、わう、ローレンツ力) 


 この“ 風 第一 (おう) (おう)の世 風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世にせなならんのざぞ、今は 風 第一 (をう、わう) (をう)の世ざぞ”、画像で示した通り“ 風 第一 (おう)(おう)”は、高い存在、“上”の思惑が“下”に下降している様子を示しているが、次の事象は太陽の象形文字から“下”に振動が下降しているので、より太陽の振動を取り込むのが“次の世”(“日月神示”表記の今後=アセンション後の事象のこと)であるの意であるし、“今は 風 第一 (をう、わう) (をう)の世ざぞ”は、“下”の霊=○、荷電粒子の場(フィールド)、いわゆる人間たち、あるいは人間以下の生命を含めて、“上”からの振動を取り込んでいるさまを示している。
 これに続く“ 風 第一 (をう、わう) (わう)の世 風 第一 (おう) の世となりて、風 第一 (おう) (おう)の世に ローレンツ力 入れて風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世となるのざぞ”
この“風 第一 (をう、わう)わう”はひらがな(“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点)表記、意味合いは、
“ワ”は、物を生む、生まれしものを和合する意、生命(生きる使命=存在理由)の調整の義
“ウ”は、生物を生み出す力 産土の太神の“ウ”に相当するもの
なので、生命の発生、発生した生命の進化の調整、の意味合いであるし、(おう)は、
“オ”は、生命発生の元根、物質を伴った進化=肉体を持った進化のこと
“ウ”は、生物を生み出す力 産土の太神の“ウ”に相当するもの
なので、肉体を持った心(靈)を“創造”したのだ、の意味合いであるし、前後するが先に取り上げた“今は (をう)の世ざぞ”の“
風 第一 (をう、わう)(をう) ”は、
“ヲ”は、完成、終わり、それ奇霊の心、すべてを整えそれなりの何かとするの意
“ウ”は、生物を生み出す力 産土の太神の“ウ”に相当するもの
生命を発生させたことに対する目的については終わり、神のひな型となる人間の“創造”をした、それはまた○ 九 十の“九”でもあるし、“九”は、“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現、であるので、天意を取り込み“一”=智性=1番目のオーラを発振、発信させて現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”をしていく生命、これが生物の“創造”の最終段階、の意味合いであるが、その意を持つものである。
 そして“ 
風 第一 (おう) (おう)の世にローレンツ力入れて 風 第一 (王の世ローレンツ力) (おう)の世となるのざぞ”、これは“上”から“下”へ振動が下降する、これは霊的存在だけではなく人間にも霊的成長の格差があり、人間としての“上”が“下”の人間に影響を及ぼす意を示し、さらに“上”の人間は“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして、目上(めうえ)の脳のタンパク質の高分子化をして進化して、高い振動、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で、“下”の人間に影響を与えるが、それは“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化によるローレンツ力の強化が必須、それで“ローレンツ力 入れて”と示されているものであり、太陽からの高い振動を止めた人間が影響を及ぼす事象のことを“  風 第一 (王の世ローレンツ力)(おう)の世となる”、太陽の振動を取り込んだ霊=○、荷電粒子の場(フィールド)を太陽の象形文字に模し、その振動が下降するのだ、と述べられている。


日、太陽の象形文字

 これに続く次の文。
“タマなくなってゐると申してあろがな、タマの中に仮の奥山移せよ、急がいでもよいぞ、臣民の肉体 神の宮となる時ざぞ、当分 宮なくてもよいぞ。 やがては二二(ふじ)に九(コ)の花咲くのざぞ、見事二二(ふじ)に九(こ)の火(ほ)が鎮まって、世界治めるのざぞ、それまでは仮でよいぞ、臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組みて、天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ。 花咲く御代近づいたぞ。 用意なされよ、用意の時しばし与えるから、神の申すうち用意しておかんと、とんでもないことになるのざぞ。  
風 第一 (王の世ローレンツ力)の世輝くと 夜明け 第一 灯台表記 となるのざぞ、 夜明け 第一 灯台表記 と申して知らしてあろがな。 役員それぞれのまとひつくれよ、何れも長(おさ)になる身魂でないか”

 文中の“タマなくなってゐると申してあろがな、タマの中に仮の奥山移せよ”の“タマ”は、
“タ”は、生命が現れ立つ、建く(たけく)高く成長の音義、進化=霊的成長、神格化に向かうこと
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
なので、まっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を指す表記だが、たった今はこれを見失っている、代替の人間はまっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)など考えたこともないのが当たり前、そういった人間は目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の動きが、自分の心の大半を占めているから、本能、情動、低い功名心、自我、が根拠の思想と行動しかしない、それは“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”なのだが、この目下(めした)(大脳旧皮質と古皮質)の脳にまっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が必要という言い回しが“タマの中に仮の奥山移せ”であり、以前にも述べたが高い心霊が使う“山”の表記は脳の意味なので、“奥山”=目下(めした)の脳(大脳旧皮質と古皮質)である。
 これを為していってまっとうな進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をしていくならば“急がいでもよいぞ、臣民の肉体 神の宮となる時ざぞ”、それは“奥山”=目下(めした)の脳(大脳旧皮質と古皮質)から、だんだん目上(めうえ)(大脳新皮質、“田”(心、靈、の四つの場(フィールド))の脳の進化になっていく=“臣民の肉体 神の宮となる時”であるし、結果として、智性(神性)の獲得と行使、になっていくものであるが、今はほとんどの人間がその段階ではない、“奥山”の心から変えていかねばならないから“当分 宮なくてもよい”と言われている。
 これに続く“やがては二二(ふじ)に九(コ)の花咲くのざぞ、見事二二(ふじ)に九(こ)の火(ほ)が鎮まって、世界治めるのざぞ、それまでは仮でよいぞ、臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組みて、天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ”、文中の“二二(ふじ)”は、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、のこと、“九(コ)の花咲く”の“九”は先に説明した通り、今後=アセンション後の事象では、今より進化した心(靈)がその二つの極性、日足と砌(ひたりとみぎり)、これは思惑と顕現と換言しうるが、今よりも進化した事象の“創造”をする、それは生命の完成形と言いうる“九”で、“花咲くのざぞ、見事二二(ふじ)に九(こ)の火(ほ)が鎮まって、世界治めるのざぞ”であるし、すぐにそうならない、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)には時間もかかるので“それまでは仮でよい”、しかし先の“奥山”はまっとうな心(靈)の動きにしておけよ、の意味合いを覚えておかねばならない。
 これに続く“臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組みて、天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ”、これは“上”の思惑、天意は、“臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組み”、これまでとは違うのだ、と称され、“天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ”に関しては解釈の要はないと思うが、“日月神示”に度々登場する“グレン”と同義であるし、“天地でんぐり返し”と認識しうるのは、進化程度の低い“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の認識であることは言うまでもない。
 これに続く“花咲く御代近づいたぞ。 用意なされよ、用意の時しばし与えるから、神の申すうち用意しておかんと、とんでもないことになるのざぞ。  
風 第一 (王の世ローレンツ力) の世輝くと夜明け 第一 灯台表記 となるのざぞ、夜明け 第一 灯台表記 と申して知らしてあろがな。 役員それぞれのまとひつくれよ、何れも長(おさ)になる身魂でないか”

 冒頭の“花咲く御代近づいたぞ。 用意なされよ、用意の時しばし与えるから、神の申すうち用意しておかんと、とんでもないことになるのざぞ”は、次の事象に移行すべく心(靈)の資質を“用意なされよ”であるし、猶予期間があるうちに解っておけ=“用意の時しばし与えるから、神の申すうち用意しておかんと、とんでもないことになるのざぞ”である。 そして次の事象は“ 
風 第一 (王の世ローレンツ力) の世輝くと夜明け 第一 灯台表記 となるのざぞ、夜明け 第一 灯台表記 と申して知らしてあろがな”、先に解釈した“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして進化を果たした高い心(靈)が、“下”である人間に振動を下降させ影響を与え、そのオーラの発振、発信事態を灯台の地図記号 夜明け 第一 灯台表記で示されている、ちなみにこの表記は、夜明けの巻 第一帖 “天地和合して 夜明け 第一 灯台表記 となった姿が神の姿ざぞ”で初めて登場する。
 これに続く“役員それぞれのまとひつくれよ、何れも長(おさ)になる身魂でないか”の“まとひ”は、纏(まとい)で、これは江戸時代に町火消が用いた、自分たちの組であることを示すもの、なので、自分の思想、理念、これを“まとひ”のように示して行け、の意味合いである。

 次の文。
“我軽しめる事は神軽くすることざ、わかりたか。 おのもおのも頭領であるぞ、釈迦ざぞ。 キリストざぞ。 その上に神ますのざぞ、その上 神又ひとたばにするのざぞ、その上に又 
ローレンツ力 でくくるぞ、その上にもローレンツ力 あるのざぞ、上も下も限りないのざぞ。 奥山 何処に変っても宜いぞ、当分 肉体へおさまるから何処へ行ってもこの方の国ぞ、肉体ぞ、心配せずに、グングンとやれよ、動くところ、神力 加はるのざぞ、人民のまどひは神無きまどひぞ、神無きまどひつくるでないぞ、神上に真中(まなか)に集まれよ”

 心(靈)は下等な生物から進化して心(靈)の動きが多様化し、それはだんだん神に近づくのだ、と○○○大先生は進化論を解釈しているが、この理屈ならばすべての心(靈)、それは下等生物だろうが人間だろうがすべて神格化する、その使命を持っている、ということになり、その意味において“我軽しめる事は神軽くすることざ、わかりたか”であるし、これに続く“おのもおのも頭領であるぞ、釈迦ざぞ。 キリストざぞ。 その上に神ますのざぞ、その上 神又ひとたばにするのざぞ、その上に又 
ローレンツ力 でくくるぞ、その上にも ローレンツ力 あるのざぞ、上も下も限りないのざぞ”、これは、釈迦やキリストが高いのではないの意味と、その“上”の存在が釈迦やキリストを導いたのでこういわれているし、これは釈迦やキリストに限らず、誰しもが“上”の指導を受けている、“上”の采配で進化を果たしていくべきである、そしてその“上”には“上”があることを“その上 神又ひとたばにするのざぞ、その上に又 ローレンツ力 でくくるぞ、その上にもローレンツ力 あるのざぞ、上も下も限りないのざぞ”と称され、進化の仕組み、進化の秘訣は、“身魂磨き”=(生体内電流による)肉体組織の結晶化によるローレンツ力ローレンツ力 の強化であることをよく解っておけの意味合いの言い回しである。
 これに続く“奥山 何処に変っても宜いぞ、当分 肉体へおさまるから何処へ行ってもこの方の国ぞ、肉体ぞ、心配せずに、グングンとやれよ、動くところ、神力 加はるのざぞ、人民のまどひは神無きまどひぞ、神無きまどひつくるでないぞ、神上に真中(まなか)に集まれよ”、この文の“奥山 何処に変っても宜い”は、先の解釈のとおりであり、今の平均的地球人の認識では、自分たちの目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)(大脳旧皮質と古皮質)の心(靈)の行使がまっとうだと思っているがそれは間違いであるの意を暗に示した言い回し、進化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)としてまっとうな存在の在り方を認識していくには、“上”との感応により自分が理解していなくても“上”の采配と導きによりまっとうな方向性に向いていくもの、それを“当分 肉体へおさまるから何処へ行ってもこの方の国ぞ、肉体ぞ、心配せずに、グングンとやれよ、動くところ、神力 加はるのざぞ”と称され、この文の“当分 肉体へおさまる”と“動くところ、神力 加はるのざぞ”は、自分の意図した通りでなくても“上”に任せて委ねよ、の意味合いであり、今はそうなっていないから“人民のまどひは神無きまどひぞ、神無きまどひつくるでないぞ”と言われており、もっと“上”を意識せよ、意識すること事態が“上”との感応に結び付くし、そこから初めて先の“まとひ”を構築しうるが、たった今の人間は、“役員づら”に刷り込まれたいい加減な神の概念しかないので、惑う、それをこの文では“まどひ”と揶揄されているが、きちんと“上”と感応していくならば“神上に真中(まなか)に集まれよ”となるので、意識を改めよ、の意図を感じる文である。

 次の文。
“騒動待つ心 悪と申してあること忘れるなよ、神の申した事ちっとも間違ひないこと、少しは判りたであろがな。 同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな、岩戸開く一つの鍵ざぞ、名同じでも裏表ざぞ、裏表と思ふなよ、頭と尻 違ふのざぞ。 千引(ちびき)の岩戸開けるぞ”

 この文は、雨の巻で説かれた要素が多い。 それは“騒動待つ心 悪と申してあること忘れるな”=自分にとって都合の良い考え、自分が今損をしていると思っているならこの世界なんかなくなってしまえ…とか、低い心(靈)の動きの人間は自分勝手なことを思いがちであるし、そんなことを思ってもこの事象には“神の采配”があるので“神の申した事ちっとも間違ひない”、神の思惑通りに事象の“創造”は行われる、ただし実際に事象の“創造”に携わるのは進化を果たした人間であることを、風の巻 第一帖では説かれているものである。
 前後するが自分にとって都合の良い考えしかもたない、自分勝手な事しか思わない人間にとっての善と悪は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”ではないし、“悪(心の動きの本能化と低振動化)”という認識もない、こういった低い心(靈)しかない人間は目先のことしか分らないからこそ“同じ名の神 二柱あるのざぞ、善と悪ざぞ、この見分けなかなかざぞ、神示よめば見分けられるように、よく細かに解(と)いてあるのざぞ、善と悪と間違ひしてゐると、くどう気付けてあろがな”と述べられており、“ほんとう”の善悪を見抜く要素としては、自分と神の関係、“創造”の“主(ヌシ)”と被造物、“神の采配”は進化のためにある、“神の咎め”も進化のためにある、このことを理解していれば自分勝手な都合の良い考えは諌められるものではあるが、これに気付かない人間が多すぎるので“くどう気付けてあろがな、岩戸開く一つの鍵ざぞ、名同じでも裏表ざぞ、裏表と思ふなよ、頭と尻 違ふのざぞ”であるし、文中の岩戸開きは、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く、いわゆる“慈悲”と“慈愛”、胸の磁性“十”、ヨガならばアナハタチャクラ、チャネラーの言葉なら第四密度、これらを指すものであるし、最後の“千引(ちびき)の岩戸開ける”の“岩戸”は先に述べたとおり、大事なのは“千”で“引”、これは、風の巻 (カ千の○キ) の“千”と同義で、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と“十”、シンクロトロン放射、の意味合い、これで進化の方向性に“千引(ちびき)”である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


Kellyさんが“日月神示”雨の巻の解釈を終えてから…感じた事。


 雨の巻(アメの〇キ)は、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして進化を果たした人間のことが述べられていた。 そう思う根拠として、第一帖の解釈を以下にコピペしておく。

“天の日津久の大神(あめの一二の
ローレンツ力と ○ )のお神示(ふで)であるぞ、特にお許しもろて書きしらすぞ”

 この文の表記、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと、艮(うしとら)の金神の意図するところとして、最初に黒住教を立ち上げさせ、そこで朝日の日拝(にっぱい)(太陽凝視の入門、初心者向け)を説き、実践させていたことは幾度となく述べたし、今後=アセンション後の地球人が成していくべき霊的成長の段階は、目上(めうえ)(大脳新皮質、“田”(心、靈、の四つの場(フィールド))(人(日止、霊止)としての進化過程、智性(神性)の獲得と行使)であり、その部分では、左右の大脳半球、左右の眼球、この大きなコンデンサーの構造を持つ組織と、眼球から脳に至る神経、あるいは脳そのものであるニューロン(神経細胞)とシナプス(神経細胞間あるいは筋繊維(筋線維)、神経細胞と他種細胞間に形成される、シグナル伝達などの神経活動に関わる接合部位とその構造)の構成 (他にもあるが)これらが中心になり、“一”=智性=1番目のオーラを構成するものであるし、それは頭部の水平磁場によるシンクロトロン放射でもあり、重複するが、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という心(靈)の動きの分類における最も高いものであるといい得る。
 よって“天の日津久の大神(あめの一二の
ローレンツ力と ○ )”、その“お神示(ふで)である”=神が示す何か、それは(後述するが)これまでにないことなのだ、これからの進化は“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことが必須、そしてそれは“天”=“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“天津御空(あまつみそら)”、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、この取り込み、これを止め(“日止、霊止”の表記の意味)、“一二三”のオーラとなし、その心(靈)で息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)していくのだ、だからこそ“特にお許しもろて…以下略…”と述べられているものである。
 それと“あめの一二の ”の意味は、ひらがな(“創造”の“主(ヌシ)”に対して被造物である人間の視点)表記の“あめ”は“上”、天津の天であり、“一”=智性=1番目のオーラと、両腕の水平磁場(アナハタチャクラの構成、胸の磁性“十”の強化、心(靈)の発現としては“慈悲”と“慈愛”)の意味合いで“二”が示され、それにローレンツ力 
ローレンツ力 と霊=○、荷電粒子の場(フィールド)が示されている。

 そして霊的成長とその仕組みのこと、“上”との感応のこと、これらが雨の巻では説かれており、また例によって平均的地球人の心(靈)の低さを諌め、認識を改めよ、という意味合いの文言、これらが中心であった。


 まず霊的成長とその仕組みについてのことを示した文言、これをいくつかピックアップする。

第二帖 
“八九の次は
縦の磁性と水平磁場 雨 第二帖   であるぞよ”
この文言の意味合いは、
“八”は、“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道と同義、そしてこの場合は右往左往と左往右往して進化していくの意味合いも感じ得る
“九”は、“一”=智性=1番目のオーラと、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、そして○ 九 十の“九”、卆(そつ、卒業の卒の異体字)の意味合いを持つので生命(生きる使命=存在理由)としての最終段階
縦の磁性と水平磁場 雨 第二帖   ”は、原本を見ても漢数字の“十”が書かれていない、|(たてぼう、こん、縦の磁性))と横棒━(よこぼう、水平磁場)の組み合わせであるからシンクロトロン放射の意味合いであるし、“慈悲”と“慈愛”の発現と強化、第四密度、アナハタチャクラ、そしてクンダリーニの白光である。

第七帖
“三四五(みよいづ)の御用は出来上がりてしまはんと御用してゐる臣民にはさっぱり判らん…以下略…”
“三四五(みよいづ)”は“三”は“一二三”のオーラ、1番目、2番目、3番目のオーラ、“四”は息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、“五”は糸巻の象形文字で、進化した生命の神経が密になっている様を指す、要は進化を果たした心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”が“三四五(みよいづ)の御用”であるし、そこには“一”=智性=1番目のオーラ、これによる“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応があってこそ“三”の表記が当てはまるものである。”

 次に“上”との感応を示した文言として、いくつかピックアップする。

第一帖 
“惟神(かんながら)の道とか神道とか日本の道とか今の臣民申してゐるが、それが一等の間違ひざぞと申してあろが、惟神(かんながら)とは神人共に融け合った姿ざぞ”
“此の度の岩戸開きは人民使ふて人民助けるなり、人民は神のいれものとなって働くなり、それが御用であるぞ、いつでも神かかれる様に、いつも神かかっていられるようでなくてはならんのざぞ。 神の仕組 愈々となったぞ”

第六帖
“まつりて下されよ、素直になれば其の場から其の場其の場で何事も神が教へてやるから、力つけて導いてやるから、何んな神力でも授けてやるぞ”

第七帖
“神の心の判りた臣民(“上”と同調して感応するの意)から助ける御用にかかりて呉れよ”

第八帖
“御心とは三つの御心ぞ、一と十と
ローレンツ力   とであるぞ、御心結構ぞ、世の元の神の仕組の現はれて”
これは“三つの御心”が“一二三”のオーラ、1番目、2番目、3番目のオーラ、“一”は智性、1番目のオーラ、“十”は胸の磁性“十”、“慈悲”と“慈愛”、そして“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めるローレンツ力
ローレンツ力   、これが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)であるの意であるし、それは“世の元の神の仕組の現はれ”=生命(生きる使命=存在理由)が進化を果たす“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、その顕現であるの意。

第九帖
“神の御用が人の御用ぞ、人の御用が神の御用であるなれど、今の臣民 神の御用するのと人の御用するのと二つに分けてゐるが、見苦しき者にはこれからは御用致させん事にきまりたから気付けておくぞ、何事も順正しくやりて下されよ、神は順であるぞ、順乱れた所には神の能(はたらき)現はれんぞ”

第十二帖
“悪に玩具にされてゐる臣民人民 可哀想なから、此の神示読んで言霊高く読み上げて(“上”と感応して)悪のキ絶ちて下されよ”

第十四帖
“神は天からも地からも日も夜も九十(コト)で知らしてゐるのに、九十(コト)聞く身魂ないから、九十(コト)きく御身(みみ)曇りてゐるから、人民は判らんなれど、余り判らんでは通らんぞ、早う洗濯掃除せよと申してゐるのざ”
“九十”は、“九”が“一”=智性=1番目のオーラ+丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)+乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)であり、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)と胸の磁性“十”を持った心(靈)そのものが生命(生きる使命=存在理由)の最終段階、それは卆(そつ、卒業の卒の異体字)でもあり、“日月神示”表記の ○ 九 十 霊=○、荷電粒子の場(フィールド)と“九”と“十”でもあり、カタカナ表記の“コト”は
“コ”は停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
なので、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“天津御空(あまつみそら)”、“上”からの振動、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、これを止め進化する、進化して神の思惑を顕現するの意。

第十七帖
“神の心となれば誠判るぞ。 誠とはマとコトざぞ、神と人民 同じになれば神代ざぞ、神は隠身(かくりみ)に、人民 表に立ちて此の世治まるのざぞ”
“マ”の行は、有形生命、または正しき生命の音意の音根、まこと神のマ(真固止)
“コト”は前述した
“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止め、神が評価する真固止の人間となるの意。

 次に、平均的地球人の心(靈)の低さを諌め、認識を改めよ、という意味合いの文言としてこれをいくつかピックアップする。

第一帖
“惟神(かんながら)の道とか神道とか日本の道とか今の臣民申してゐるが、それが一等の間違ひざぞと申してあろが…中略…今の臣民 神無くして居るではないか、それで惟神も神道もないぞ”
これはたった今の宗教が腐っており、それが分らねば“惟神”=“上”と感応しえない指摘である。

第二帖
“何事もウラハラと申してあろが、ひとがひとがと思ってゐた事 我の事でありたであろがな…中略…日本が日本がと思って居た事 外国でありた事もあるであろがな…中略…餓鬼は食物やれば救はれるが、悪と善と取違へてゐる人民、守護神、神々様 救ふのはなかなかであるぞ、悪を善と取違へ、天を地と信じてゐる臣民人民なかなかに改心六ヶ敷いぞ。
我と改心出来ねば今度は止むを得ん事出来るぞ、我程偉い者ないと天狗になりてゐるから気を付ける程 悪ふとりてゐるから、こんな身魂は今度は灰ざぞ”

第三帖
“悪も善に立ち返りて御用するのざぞ。善も悪もないのざぞと申してあろがな、
ローレンツ力と ○   の国真中に神国になると申してあろがな、日本も外国も神の目からは無いのざと申してあろうが、神の国あるのみざぞ、判りたか”
“改心すれば 
ローレンツ力 (たま)の入れかへ致して其の場からよき方に廻してやるぞ、何事も我がしてゐるなら自由になるのであるぞ。 我の自由にならんのはさせられてゐるからざぞ、此の位の事判らんで神の臣民と申されんぞ、…中略…此の先は神示に出した事もちいんと、我の考へでは何事も一切成就せんのざぞ、まだ我出して居る臣民ばかりであるぞ。 従ふ所には従はなならんぞ、従へばその日から楽になって来るのざぞ”

第四帖
“頭で判っても肚で判らねば、発根(ほっこん)の改心出来ねば、まだまだ辛い目に会ふのざぞ、人民 自分で首くくる様なことになるのざぞ、判りたであろ…中略…判りても中々判らんであろがな。 洗濯足らんのであるぞ。 今度はめんめにめんめの心改めて下されよ、神は改めてあるが、神から改めさすのでは人民可哀想なから めんめめんめで改めて下されよ”

第五帖
“王(おー)の世が 
さかさまのおー雨の巻第五帖 (さかさまのおー)の世になって居るのを今度は元に戻す”
この“王(おー)”については○○○大先生の一冊目の著書でも述べられている通り、“一二三”のオーラ、1番目、2番目、3番目のオーラと、|(たてぼう、こん、縦の磁性))のことで、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が進んで行くならば“一”=智性=1番目のオーラが大きくなっていくのだが、これに相対して“ 
さかさまのおー雨の巻第五帖 (さかさまのおー)の世”という表記は、3番目のオーラ主体の心(靈)のことを指しており、それは目下(めした)(大脳旧皮質と古皮質)(動物の心(靈)の段階)中心の心(靈)であり、本能と情動と低い功名心と低い自尊心、いわゆる自我の肥大という息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)でこの事象が“創造”されているから、それは神の思惑ではないので“今度は元に戻す”=今後、アセンション後は、“上”と感応する“一”=智性=1番目のオーラが大きい人の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって事象の“創造”をなし、それ自体が神の“思惑の顕現”であるの意。

“誠の神の道に返さすのざから、今度は誠の生神でないと人民やらうとて出来はせん”

第六帖
“我さえよけらよいとまだ思って御座る臣民まだで御座るぞ、自分一人で生きてゆけん…中略…判らんと申しても余りで御座るぞ、まつりせよ…中略…神拝む許りがまつりでないぞ。(拝むだけ=ご利益を求め勝手な願いを述べるだけ、ではダメ、“上”と感応せよ=まつり)…中略…身慾信心してゐる臣民人民、今に神示聞けぬ様に いれものつんぼになるのざぞ…中略…毒にも薬にもならん人民、今度は役に立たんのざぞ、悪気ない許りでは…中略…天国に底ない様に地獄にも底ないぞ、何処までも落ちるぞ、鼻高の鼻折らな人民何んと申しても神承知出来ん”

第八帖
“今の守護神、悪の血筋眷属であるぞ、悪も御役ながら奥表に出ては誠おさまらんぞ”

第九帖
“今の臣民 神の御用するのと人の御用するのと二つに分けてゐるが、見苦しき者にはこれからは御用致させん事にきまりたから気付けておくぞ…中略…何もせんでゐて、よき事許り待ちてゐると物事後戻りになるぞ、神の道には後戻りないと申してあろがな、心得なされよ”
“人の苦しみ見てそれ見た事かと申す様な守護神に使はれてゐると気の毒出来るぞ”

第十帖
“ひどい所程 身魂に借銭あるのぢゃぞ、身魂(みたま)の悪き事してゐる国程 厳しき戒(いまし)め致すのであるぞ”
これは恨みの連鎖の霊的干渉の現象化のことを指している文言である。

第十一帖
“銭儲けて口さへすごして行けばよい様に今の臣民まだ思ってゐるが、それは四つ足の四つの悪の守護である位 判りておろがな”
“人の苦労あてにして我が進んで苦労せん様な人民では神の気感(きかん)に適はんから、今度は苦労のかたまりの花咲くのざ、苦の花咲くのざぞ、二二に 九(コ)の花咲耶姫の神 祀りて呉れと申してあろがな、永遠にしぼまん誠の花咲く世来たぞ”

第十二帖
“上面(うわっつら)洗へばよくなるなれど、肚の掃除なかなか出来んぞ、道広める者から早う掃除まだまだであるぞ、今度 神から見放されたら末代浮ぶ瀬ないぞ”
“人民は其の心通りに写るから、小さく取るから物事判らんのさぞ、間違ひだらけとなるのざ、人民が楽に行ける道作りて教へてやってゐるのに、我出すから苦しんでゐるのざ、神が苦しめてゐるのでないぞ、人民 自分で苦しんでゐるのざと申してあろがな”
これは自分が持っている認識以上のことは理解しえない=“其の心通りに写る”、その意味合いである。

第十三帖
“世界中から神示通りに出て来て足元から火が付いても、まだ我張りてゐる様では今度は灰にするより方法(ほか)ないぞ。 恐しなっての改心では御役六ヶ敷いぞ。 因縁あるミタマでも曇りひどいと、御用六ヶ敷い事あるぞ、神示頂いたとて役員面(やくいんづら)すると鼻ポキンぞ、と気付けてあろがな”
“是までは高し低しの戦でありたが、是からは誠の深し浅しの戦(いくさ)ざぞ”

第十四帖
“一番尊い所 一番落してあるのぢゃ、此の事判りて来て天晴れ世界唸(うな)るのぢゃ、落した上に落して もう落す所無い様にして上下引繰り返るのぢゃ、引繰り返すのでないぞ、引繰り返るのぢゃぞ、此の事 間違へるでないぞ”

第十五帖
“己の戦まだすんでゐないであろが、洗濯掃除 早う結構ぞ、此の方の神示元と判り乍ら他の教で此の道開かうとて開けはせんのざぞ、鏡曇ってゐるから曲って写るのざぞ”

第十六帖
“神の守護と申すものは人民からはちっとも判らんのであるぞ、判る様な守護は低い神の守護ざぞ、悪神の守護ざぞ、悪神の守護でも大将の守護ともなれば人民には判らんのざぞ、心せよ”
“人民の気からぞと くどう申してあろがな、人民キから起って来たのざぞ、我の難儀、我が作るのざぞ、我恨むより方法(ほか)ないぞ”

第十七帖
“雀の涙程の物 取り合ひ へし合ひ 何して御座るのぞ”


 最後に“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして進化を果たした人間のこと、あるいはそう言った人間に対して述べている文言、これをいくつかピックアップする。

第四帖
“信者引張りに行って呉れるなよ、神が引き寄せるから、役員の所へも引き寄せるから”
 これは“上”が組んである霊縁を信じよ、の意味合い。 互いの霊的成長のための価値のある霊縁ならば“神が引き寄せる”、そして“役員の所へも引き寄せる”と称されている。

第五帖
“王(おー)の世が
さかさまのおー雨の巻第五帖   (さかさまのおー)の世になって居るのを今度は元に戻す”
進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が進んで行くならば“一”=智性=1番目のオーラが大きくなっていくことを示している。 そして“今度は元に戻す”=今後、アセンション後は、“上”と感応する“一”=智性=1番目のオーラが大きい人の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)によって事象の“創造”をなし、それ自体が神の“思惑の顕現”であるの意。

“魔の仕組、神の仕組、早う旗印見て悟りて下されよ、神は臣民人民に手柄致さして万劫末代、名残して世界唸らすのざぞ、これ迄の事は一切用ひられん事になるのざと申してあろ”

第七帖
“役員 馬鹿にならなならんぞ、大のつく阿呆になれよ、
さかさまの大 雨の巻第七帖   のつく阿呆にあやまって呉れるなよ、阿呆でないと今度の誠の御用なかなかざぞ”
この“大のつく阿呆になれ”そして“ 
さかさまの大 雨の巻第七帖 のつく阿呆にあやまって呉れるな”、さかさまの大である“さかさまの大 雨の巻第七帖   ”、これと同様の表記は第五帖の“王(おー)の世が さかさまのおー雨の巻第五帖 (さかさまのおー)の世になって居るのを今度は元に戻すのである”があり、このさかさまの“さかさまの大 雨の巻第七帖   ”も、“大”の本来の意味合い、人間が手足を伸ばした様、あるいはこれを書いている○○○大先生的な解釈なら、胸の磁性“十”と、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)が重なった表記と解することが出来るが、その真逆の意であり、これを踏まえて“大のつく阿呆になれ”を観るならば、この言い方では意味が伝わりにくいが人間本来の姿、それは前述した生命の本来の在り方、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)すべく存在が生命、よって生命の存在の意義を全うせよ、それが真の使命、であるの意と解することが出来、それに対し“さかさまの大 雨の巻第七帖   のつく阿呆にあやまって呉れるな”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を見失っている、あるいは進化に対して認識がない程度の低い存在&人間に対し、“あやまって呉れるな”であり、文中の“阿呆”は、恭順になれ、の意であると解し、その意において“阿呆でないと今度の誠の御用なかなかざぞ”、これを読むならば、何に対し恭順であるべきか、“上”か“下”か、の意味合いであることが理解できる。

第十三帖
“誠とはコトざぞ 口でないぞ、筆でないぞ コトざぞ、コト気付けと申してあろがな。 コト、コト、コト、ざぞ”
“コト”は、
“コ”は停滞して働く意と細分の音義、物の凝り集まりに固まる意
“ト”は、止まると云う心
“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを止めるの意である。

第十七帖
“元の神の天詞(てんし)様が王の王と現はれなさるぞ、王の王はタマで御現はれなされるのざぞ”
 この“天詞(てんし)様が王の王と現はれなさる”=“一”、智性、1番目のオーラの大きい人間は“上”と感応し次の事象を統べるの意であるし、この文言自体が“此の方の申す様にすればその通りになるのざぞ、さまで苦しみなくて大峠越せるぞ、大峠とは王統消(わうとうけ)すのざぞ。 新しき元の生命(いのち)と成るのざぞ”に続いている。


 以上、比較的わかりやすい文言をピックアップしたが、“ほんとう”の進化(“真固止の人間”(“上”の思惑(荷電粒子)を真に固く止める人(日止、霊止)))について認識を高めたい方ならば、これらの詳細について各々の帖の解釈を参照されたいものである。

 次回からの“日月神示”解釈は、風の巻 (カ千の○キ) に入ることを告知して、今回はこれくらいにしときまんねん。




Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (464)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (12)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード