FC2ブログ

“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、46年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

Kellyさん、爆睡中に、A野さんの愛犬たち登場!…夢の中で、人間に見られる習性について、犬たちと論じる。 “その二”


…Kelly…爆睡中…
(今回は、ネタがありませんので、Kellyさんが寝ている場面の画像は、省略)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★




 …また夢を見てるな…いつもの公園にむかってる最中やな。 おっ!! 犬たち待ってはるやんか。待たせてしもたから、犬目線で走ったりましょ。
 お~~い。バティはん、ミュウミュウはん、コロンはん、アズキはん、キナコはん。 
お待たせでんがな~~~。

ワ○ワ○スタイルで犬たちに近づくKelly 



Kellyさんだ! Kellyさんだ! Kellyさんだ! Kellyさんだ! Kellyさんだ!


わんわんわんわんわんばんこ!!

Kellyさんを待っていた犬 




Kelly 会話中 「お待たせでんがな。今夜は何の話をしたらええやろか」

バティ  「今夜は、変なコマーシャルについて教えて欲しいです」
ミュウミュウ 「それは、ママ(A野 顔 )とテレビを見ていたときのことです」
コロン 「そのとき、変なコマーシャルをみて、僕たちとママはびっくりしたんです」
アズキ 「その前に、どんなふうにママと僕たちがテレビを見ていたのか…」

キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「まず、そのときの状況を、以下の画像で示します」

 

テレビ鑑賞中のA野さんと犬たち 




Kelly 会話中 「和気あいあいの雰囲気でんな。そうやってあんたらは、A野はんとテレビを見て、人間のことを勉強しようとしてるんやな。なるほど」

バティ  「そうなんです。それで…」
ミュウミュウ 「そのときに…唐突に…」
コロン 「変なコマーシャルが放送されて…」
アズキ 「ビックリしたんです」」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「ビックリした状況を、以下に画像で示します」

 

テレビ鑑賞中 CMにコケたA野さんと犬たち 




Kelly ドン引き中 「……そうでっか…」

バティ  「そのコマーシャルは、お薬のコマーシャルなんですが…」
ミュウミュウ 「なんで中年のおばさんがこんな行動をとるのか…」
コロン 「その理由がわかりません」
アズキ 「そうだ。そうだ」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「そうよ。そうよ」

Kelly 会話中 「そうでっか。そやけどそのコマーシャルがどんなもんやったか…それが分からんとなんにも話ができへんやんか」

バティ  「その通りですね。でも、そのコマーシャルを詳細に説明するには…」
ミュウミュウ 「私たちの言葉や知恵では、限界があります」
コロン 「だから、そのコマーシャルを、今からバティがまねをして、それをKellyさんに見てもらいます。ビックリしないでください」
アズキ 「ちなみに僕は、そのコマーシャルをみて、すごくビックリしました。
それはいつか、Kellyさんにスネション攻撃を仕掛けて、ママにすごぉ~~く怒られたときみたいに、○ン○ンが縮み上がりました。 Kellyさんも、びっくりして縮み上がらないようにしてください」

キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「私もビックリして、思わずお漏らししそうになりました。だからKellyさん、ビックリしてお漏らししないでください。
 では、バティ(実はキナコとアズキのパパ)が、そのコマーシャルのまねをしますので、心の準備をしてください。
それでは、以下の画像をご覧ください」

 

バティ あるわけよ!これが!のマネをする Kellyあっちょんぶりけ 大サイズ





バティ  「Kellyさん…」
ミュウミュウ 「変な顔…」
コロン 「ママのブタ顔(A野はん 豚顔  )よりすごい」
アズキ 「そうだ。そうだ」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「そうよ。そうよ」

Kelly 仰天中 「そやけどビックリしまんがな。あんたらやA野はんがコケるのもよう分かりまっせ」

バティ  「でも僕たちは、僕たちやママがビックリしてコケたことを問題にしてるのではありません」
ミュウミュウ 「この薬のコマーシャルは、どうしてこんなコマーシャルになったのか…」
コロン 「どうしてこのおばさんは、こんな行動をとったのか…」
アズキ 「その理由を知りたいのです」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「訳が分かりません…」

Kelly 会話中 「そうか…あんたらの着眼点はなかなか鋭いな。そやからそれは、なぜ大げさなコマーシャルになってるのか?ほんでからにこのおばさんの行動は、薬の効能を示しているとしても、ちょっと訳が分からん…あんたらはその理由を知りたいってことやな」

バティ  「そうです」
ミュウミュウ 「その通りです」
コロン 「薬のコマーシャルなら、本来、大げさに宣伝する必要など無いと思うのですが…」
アズキ 「薬が必要な人は、薬を買うに決まってます」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「必要なものは必要だからです」

Kelly 会話中 「その通りやな。 
そやけど、同じような薬がたくさんあるから、テレビ見てる人に、自分のところの製品だけを買って欲しい。そやから大げさなコマーシャルを作るんやけど、今キナコはんが言ったみたいに、“必要なものは必要”…そんなことを思うてたら、自分ところの薬は売り上げがあがらへん。
そやから薬メーカーは、広告代理店にコマーシャルの作成を頼んで、広告代理店はタレントを使ったコマーシャルを作るんやけど…ほんでから、印象に残るコマーシャルでないと、薬のことを覚えてくれへんって思うてるから、広告代理店の人たちは、大げさなキャッチコピーや、大げさな演出なんかを考える。
 そやけどそれは、薬の効用を示すものって感じではなくなっている。そやからあんたらは、このコマーシャルに違和感を覚えた」

バティ  「今Kellyさんがおっしゃっていただいたこと…」
ミュウミュウ 「私たちは、人間ではないから、上手く言葉を使って表現できませんけど…」
コロン 「今のKellyさんの言い回しは、僕たちが思ってたことを正確に代弁してくれたと思います」
アズキ 「さすがです!!」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「勉強になります!!」

Kelly 会話中 「そんな褒めてもろたら恐縮でんねん。
 そやから、本来、コマーシャルって言うのんはどうあるべきなのか。 
それは、人間が定めた“放送基準”ってもんがありまんねん。
その第13章に、“広告の責任”って項目がありまんねん。それはこんなことが謳ってありまんねん。

“広告は、真実を伝え、視聴者に利益をもたらすものでなければならない。”

“広告は、視聴者に対して真実を伝え、責任の持てる取り扱いをしなければならない。”

“事実を偽ったり必要以上に誇張するなどして視聴者に誤認を起こさせること はもちろん、一方的な自己主張に偏り、例えば消費者の心身に悪影響を及ぼしたり、経済的損失を与えたりするような広告は取り扱ってはならない。”

“広告は、常に視聴者に利益をもたらし、健全な社会生活に役立ち、広く社会の信頼をかち得るように努めなければならない。”

バティ  「あのおばさんの行動は、“真実を伝え”って項目に当たるんだろうか」
ミュウミュウ 「あのコマーシャル自体は“責任の持てる取り扱いをしなければならない”…はたしてそうなんでしょうか」
コロン 「“事実を偽ったり必要以上に誇張するなどして視聴者に誤認を起こさせる”って項目に、該当するのではないのだろうか」
アズキ 「“一方的な自己主張に偏り”…これに該当するのではないのだろうか」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「そしてあのコマーシャルは“広く社会の信頼をかち得るように努めなければならない”…はたしてそうなのでしょうか」

Kelly 会話中 「あんたらの言うとおりでんな。確かに矛盾を感じまんな。
ほんでからこのコマーシャルに限らず、コマーシャルって言うのんは、大体、大げさでっしゃろ。
そやからあんたらの疑問って言うのんは、何でこんな大げさなことをするのか、それが知りたいってことやと思うけど、それは一言で言えばこのあいだの話の、○○歌合戦に出場した人や、N○Kのキャッチコピーに共通する“ただ目立ちたい”って心(靈)の動きでんねん。
そやから、目立って目立って印象深いものにしたい…そやけどKellyさん的には、あのコマーシャル内でのおばさんの行為は覚えてるけど、どのメーカーの薬やったのか、どんなときに使ったらエエのかは、あんまり印象に残ってへん感じやな」

バティ  「やっぱり変だ」
ミュウミュウ 「なにかおかしいわ」
コロン 「それはやはり、このあいだ僕たちが思ったみたいに、ただ目立ちたいって思いは、(通貨としての)金が絡んでいるからだ。
仮にさっきキナコが言ったみたいに、“必要なものは必要”…そんな認識であったならば、効果を誇張したり、大げさな演出のコマーシャルを作る理由なんてないはずだ」
アズキ 「コロンの言うとおりだ」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「目立ちたいって思いが、大げさなコマーシャルを作り、コマーシャルの作成に(通貨としての)金をかけ、タレントを雇うのに金をかけ、そんなことをするから、なおいっそう儲けなければならなくなるのではないのでしょうか」

Kelly 会話中 「あんたらの言うとおり、大げさなコマーシャルを作る理由はやっぱり儲けたいからでんな。
大体あの薬は、絶対に必要な薬では無いやん。使わへんかったなら、ちょっとかゆいかもしれへんけど、そんなもんは人の生死に関わることではないし、無ければ無いで、それですんでしまうもんやと思いまんねん。
そやからそれはたいして必要なものではないけど、それを売ってまで儲けたいと思うのも、言うまでもなく(通貨としての)金が絡んでいるからでんねん。
 そやからそれは、このあいだと同じような話になるけれど、人間の幸福の概念は、ちょっと間違えてて、(通貨としての)金がたくさん欲しい。ほんでから物欲が満たされることが幸せやと思うてる人はとても多い。
そんなこんなが理由で、そやから広告代理店は、視聴者の印象に残るコマーシャルを作ろうとする。ほんでからタレントを起用する。
さっきキナコはんが“なおいっそう儲けなければならなくなる”って指摘したみたいに、すごく(通貨としての)金がかかる。
こんなことをせんならん理由は、やはり(通貨としての)金や物欲って価値観と、その価値観が前提になってる幸福の概念がある。
それは、あんたら動物より少し進化した人間が持ってる“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)のうちの、知恵と知識と学問と能力を、どんなふうに使うのか。
“どういうつもり”で使うのか。
そこに問題があり、(通貨としての)金と物欲のために知恵と知識と学問と能力を使うってことでんねん。
ほんでからに人間が思ってることとして、(通貨としての)金と物がたくさんあると名誉やと思ったりもする。
そやから金儲けに走り、物欲由来の幸福の概念を持ったりもする。
そやからこの間も言うたけど、形骸の価値、それは自我の肥大に由来することでもある。自我が肥大するから、ほんまの幸福って言うのが分からんようになるもんでんねん。
ほんでからこの世界はそんな人間がたくさんでんねん。
そやから、今夜、あんたらが問題にしたコマーシャルでもそうやけど、大体テレビは、目立つ番組、センセーショナルな話題、視聴率を稼ぐための番組作り…いちいち例を挙げるときりが無いけど、それはすべて人の心(靈)が生み出してきたものであることは理解できまっしゃろ。
それを生み出してきた人の心(靈)には、金儲けと物欲由来の幸福の概念があり、そやからさっきあんたらが指摘したコマーシャルみたいに、放送基準の第13章、“広告の責任”に照らし合わせるとなんとなくおかしいって結果になるって思いまんねん。
ほんでからそれは、自我の肥大(と言う、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の過程)による幸福の概念の間違い、勘違いがあると思いまんねん。
それに比べ、あんたらはまだ自我の肥大ってことがあんまり無いし、そして人間ほど、知恵や知識や学問や能力ってもんを獲得していない。
だからこそあんたらの人間の観察は、人間の心(靈)の醜さってことを指摘できるんやろし…ほんでからあんたらの幸福の概念は…人ほど穢れて(けがれて)いないってKellyさん的には、思えるやんか」

バティ  「僕たちは、ママと一緒に暮らして、ママと仲良くするのがうれしい。それとたまにKellyさんとママと公園で遊ぶのがうれしい」
ミュウミュウ 「私たちの欲望や幸福の概念は、その程度だわ」
コロン 「それと、ドッグフードが毎日食べられればいい。
でも、たまにはウルチョラスーパーベリベリデリシャスドッグフードも食べたいけど、それは、僕たちがママやKellyさんに芸を見せたときだけでいい。
だからそれは、僕たちの芸に対する正当な報酬だ」
アズキ 「そうだ。そうだ。人間は正当な報酬以上の何かを求めるから大げさになるんだ」

キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「そうよ。そうよ。人間は欲張りすぎよ。分相応ってことを忘れてるのよ」

Kelly 会話中 「まったくそうでんな。

(この犬たちのセリフは前回の記事のコピペやな。キナコはんの画像がブラジャー(ちちふんどし)付きになってるだけやんか。 …○○○大先生、手抜きでっせ!!)

 そやからアズキはんが今言った“正当な報酬”、そしてキナコはんが言った“分相応”これを忘れさせてしまうのが自我の肥大で、自我を肥大させる理由は、薄っぺらい幸福の概念で、薄っぺらい幸福の概念を構築したのは(通貨としての)金に対する執着と物欲でんねん。
ほんでから、目立ちたいって思いはあんたらでも分かると思うけど、あんたらが今まで、犬芸をしてウルチョラスーパーベリベリデリシャスドッグフードをもらったとき、嬉しかったやろ。
そやけどそれは、ウルチョラスーパーベリベリデリシャスドッグフードをもらったから嬉しかっただけではなく、自分たちの芸に対する評価に対しても、嬉しかったと思いまんねん。
そやからそれは、あんたらが工夫して頑張って(元の気を張って)、自分たちの芸を自分たちで獲得してきたやん。
 それは、あんたら自身が思う自分たちの“力”の示し方でもあるし、“力”を示したからこそ、正当な報酬として、ウルチョラスーパーベリベリデリシャスドッグフードをもらえたんだってあんたら自身が自覚を持ってはるやんか。 
そやからそれは、あんたらが自分の在り方ってことをしっかり分かってて、そやからこそ、あんたらには、人間よりも“正当な報酬”とか“分相応”ってことがよく分かってるみたいにKellyさんは見えまんがな。
そやから今夜のコマーシャルの話は、たいして必要でもない薬を、法外なギャラを取るタレントを起用して…大体タレントの報酬なんて高すぎると思うし…ほんでから、大げさな演出をする。広告代理店や薬メーカーは、そんなことまでしてたくさん売ろうって思惑を持ってるってことでんな。 
それが、一般の地球人の心(靈)の発現と動きって言うのんを如実に表してて、そこには自我の肥大ゆえの薄っぺらい幸福の概念があり、ほんでからテレビ見てる人も同じような心(靈)の発言と動きを持ってはる人が大半やから、たいしてあのコマーシャルがおかしいとか変とかの意識を持たんのやろな。
 …大体こんな説明でエエんやろかな」

バティ  「大体分かりました」
ミュウミュウ 「人間って、欲張りなのね」
コロン 「僕たちにも欲はあるけど、自分の欲望を満たしたいなら、それなりに頑張らなければならない。僕たちはそう在るべきだと思うし、だからこそ僕たちは、僕たちの犬芸を、ママやKellyさんに見せてきたんだ。
そしてそれは、○○○大先生の言い方を真似すれば、エネルギーを贖う(あがなう)ってことなんだな。そして僕たちの犬芸は、“術”(“力”の顕現)ってことなんだな」
アズキ 「そうだそうだ! 僕たちは人間のような大げさなことをして、たくさんの(通貨としての)金や、たくさんのエサが欲しいなんて思わない」

キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「そうよ。エサの摂り過ぎはメタボ犬になるからいけないのよ。メタボ犬になって、スタイルが悪くなって、Kellyさんにもらったブラジャー(ちちふんどし)が似合わなくなってもいけないのよ」

Kelly 会話中 「わかってくれはったようでんな」(キナコはん…ちょっとボケてるけど…)

バティ  「分かりやすい話をしてくれてありがとう。Kellyさん」
ミュウミュウ 「これからも寝てるときに、話をしたいです」
コロン 「今夜の話題以外にも、人間のやることにたくさんの疑問を感じてます」
アズキ 「お願いします」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「お願いします」

Kelly 会話中 「承知しましてんな。夢の中ならいつでも話できまんがな。遠慮せんといつでも登場してくださいでんねん」(また…前回のセリフを少し編集しただけのコピペや…)


バティ  「それじゃ~今夜は失礼します」
ミュウミュウ 「また、お邪魔します」
コロン 「この次も、僕たちに分かりやすい話をお願いします」
アズキ 「じゃあね~~」
キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「さようなら~~」

 

犬後退 キナコリボン付き 



Kelly 会話中 「帰っていきはった。おっ!!キナコはんだけ戻ってきたやんか」
(またまたコピペやな。すごい手抜きでっせ)

キナコだけ戻る 


キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「Kellyさん。
実は、このあいだキナコは、前回の記事にコメントいただいた、fumiさん顔  さんのところに、暖かいコメントをいただいたお礼を言いたくて、おじゃましました。
 そのときに fumiさん顔 さんに、こんな提案をしてもらいました。

“あのね、キナコちゃん。
人間の女性がつけるブラジャーはインナー、下着なの。
下着姿を人前にさらすのはお行儀悪いかも…。
でもね、Kellyさんお手製のブラジャーはとってもおしゃれだし、下着にはもったいない。Kellyさんに同じ布でアウター用ショーツ (^o^)を作ってもらって、ちょっぴり挑発的で可愛い水着にしちゃったらどうかしら?キナコちゃん、きっと似合うわよ~真夏のビーチで踊ったら拍手喝采間違いなし…うん!”

 それでKellyさんにお願いがあります。 もともと私たち犬には、全裸で恥ずかしいとかの認識は無いのですが、ブラジャー(ちちふんどし)とピンクのリボンだけ着けているのは、なんとなく変だと思います。
だから、 fumiさん顔 さんが提案してくださった“アウター用ショーツ (^o^)”に相当するものを作って欲しいんですけど、お願いできますか」

Kelly 会話中 「作ったげるのはかまわへんけど…そやけどキナコはん、“アウター用ショーツ (^o^)”には、ちょっと問題を感じまっせ。 あんたら犬には、人間には無い大事な習性がありまんがな」

キナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン 「マーキング(犬のおしっこ)ですね。マーキング(犬のおしっこ)のたびに“アウター用ショーツ (^o^)”を脱がなければならない。それと私たちは、人間同様、小もするし、大もする。 そのたびごとにママに迷惑をかけることになります。
だから…Kellyさん。
fumiさん顔 さんの意見も尊重していただいて、キナコの下半身にちょうど良いなにかを考えて欲しいのです」

Kelly 会話中 「承知しましてんな。
そやったならじっくり考えて、キナコはんにちょうどエエなにかを今度までに作っときまんがな。それでエエやろか」

キナコ うれしい顔 「うん!!やった~~!!楽しみにしています。それじゃ〰失礼します」

Kelly 会話中 「気をつけて帰りなはれ。ほなさいなら」



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



 セリフを引用させていただき、ネタにさせていただいた、fumi fumiさん顔 さんに、感謝です。
 ちょっと引っ張りますけど、次回、犬たちが登場したとき、キナコキナコ Kellyお手製ブラジャー(ちちふんどし)装着バージョン は、なにかを着用する予定です。

 乞うご期待です(爆)。  by ○○○大先生

 

« “日月神示” 富士の巻 第二十六帖 Kellyさん的解釈|Top|Kellyさん、ややメタボ内科医のYっちゃん先生と、躁(そう)と鬱(うつ)は、心(靈)の動きの極性の一側面であるという話をする。 “その三” »

コメント

U・。・U(キナコ)ちゃん
お知らせありがとうζ❤^_^❤ζさっそく伺いました。

> 次回、犬たちが登場したとき、キナコ は、なにかを着用する予定です。
わ~何でしょうね。キナコちゃんと楽しみにしています。

顔文字の画像化…!!これなら文字化けしませんね。
さっそくいただいて帰って、小さな茶房を設えて貼ってみました。

http://6813.teacup.com/kougozaki/bbs/t3/l50

ちょっと…可愛すぎますけれど(汗)(そして厚顔)
時々使わせていただきますねζ❤^_^❤ζありがとうございます。

Re: ζ❤^_^❤ζはんへ

ご来訪、ありがとさんでんねん。

> > 次回、犬たちが登場したとき、キナコ は、なにかを着用する予定です。
> わ~何でしょうね。キナコちゃんと楽しみにしています。

…下ネタ好きの先生は、多分、
夢の無いちょっと下品なお笑いネタにしてしまうと思いまんねん。
あんまり期待せんといてくださいでんねん。

> 顔文字の画像化…!!これなら文字化けしませんね。
> さっそくいただいて帰って、小さな茶房を設えて貼ってみました。

チョ~恐縮でんねん。遠慮なくお使いくださいでんねん。

> ちょっと…可愛すぎますけれど(汗)(そして厚顔)

自分に対する評価って言うのんは、自己と他者ではずいぶん違うから、
厚顔なんておっしゃらんでもよろしいんやないんでっか。
fumiはんのサイトは、なかなか上品で可愛いでっせ!!

コメントありがとさんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tuyukusanotuyu.blog45.fc2.com/tb.php/231-87ef433c

Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (107)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (24)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (34)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (603)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (46)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
“日月神示” 地震の巻 (93)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (149)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。



自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード