“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“ローム太霊講話集”第二十二話 天狗道と術 Kellyさん的解釈“その一”



 今回から第二十二話の解釈に入るが、この第二十二話はひとつのテーマではなく、いくつかの重要な要旨がある。 それを、二十二話の話の流れに沿って以下にピックアップする。

 まず“天狗道”の説明である以下の文言、

天狗道というのは、いわゆる辞書にある天狗ではなく…中略…いろいろな仕事の道でその最も得意とするものが術にまで達する、…中略…術は苦の中から生まれる最高の栄典であって、その道の極致を悟りそれを完全に把握することを意味する…中略…術が現われてくればその人間は名人…中略…名人と呼ばれる者は凡て術使い…中略…その中から出て来た一つの変化(へんげ)…中略…その真の目的はやはり済世救民…中略…苦によって得た術の力で…中略…迷っている人間を助けよう…以下略…

 なぜ人間は苦しんで何かを求めようとするのかについての指標になる文言、

汝等も…中略…知らずしてその術を身に付け…中略…その中には天狗道でいうところの苦、即ちロームが苦に苦を重ね更に苦を求めよという苦も一部入いっているが、天狗道全部がその苦ばかりではないということも覚えて…中略…おいてもらいたい。 志那のお伽噺である西遊記では、三蔵法師が道を説き、孫悟空が術を使い、沙悟浄が法を述べ、猪八戒が現界の欲を百バーセント表わしていて、それで欲はやっかい(八戒)なものだなあということになるが、これは笑い話ではなく言葉の意味からもそうなるのである。そこでこの苦に苦を重ねるということも、それが現在より更に安楽になるための修行だと思えば少しも苦にならないのであって、ロームが言う苦の中には常にこの意味が含まれていることを覚えておいてもらいたい

 またこの文言中にある人間の存在の意義を示す以下の文言、

誰しも何かを為すべき必要があってこの世に生まれてきたのであるから、食うに困るなどということは以ての外と考えるのが当然であって、それが天に委ねる気持への第一歩となる…中略…若し神が自分の存在を認めて生まれさせたのなら、先ほどの言葉でいえば必要があってこの世に出させたのなら…中略…そこに到来する何ものかがあるわけで、それを静かに待っていてこそ忍耐の人と…中略…そこをよく認識して、先ずその道と術とを身に付けるように努力することが、人の上に立って神の命を自ら悟る境地への足がかりとなるのである…以下略…

 これに相対するたった今の人間の認識の低さを指摘した以下の文言、

人間が「働かざれば食うべからず」というような信條の下に置かれていると思ったら大間違い…中略…神の言葉の代弁者と称する物質主義者の唱える「働かざる者は食うべからず」ということ

 人間の認識、霊的成長度における認識(悟り、幸取=さとり)の高低ということを○○○大先生は著書やブログで述べているがそれに相当する以下の文言、

天然(てんぜん)という坊主が空に法という字を書き、「この広さどれほどありや」…中略…汝の思いたる通りなりと言え」と。正しくその通りだとロームも思う。その人の考え方によって空は無限にもなり有限にもなる…中略…その人の見方によってどうにもなる…以下略…

 “天狗道”を通じて認識せねばならない人間の在り方を示す文言、

術者はその術を以て人間のために尽せばよい…中略…それが又天狗の本心とも言えるのであるから、ただ術を楽しんでいるだけでは天狗道の端くれというべき…以下略…

 “”(“力”の顕現)の獲得のための厳しさを示した文言、

術者はその術を以て人間のために尽せば…中略…この道にもやはりいくつかの段階があり、苦行に苦行を重ねて一段一段と登って行くのである…以下略…


 再び“天狗道”の説明、

天狗道では道から出た術を学ぶのであるが…中略…彼等は天狗道という特殊の世界に住み現幽の間にあって、仙人と同じく人間に術を教え幸福を与え、若し善人が悪人のために苦しめられているのを見れば、直ちにこれを助けて安楽にしてやるという仕事に余念ない

 この文言の後に述べられている人間の在り方を示す文言、またこの文言は、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)をしているならば…という需要な意味合いも含まれ、さらに“上”との感応ということも述べられているものである。

どんな下積みになり、仮令(たとい)日の目も見ない土台となっていても、自分の積んだ善業というものは必ず光となって現れ、それが肉体から出るオーラとなり幽体、霊体、神体から発する後光(ごこう)となって、天狗道の霊神達によって見出され…中略…運命は一変して、願うところの物質上、精神上の幸福は凡て与えられ…中略…徳を積んでこそそれぞれの名人になれる…中略…人間は、どんなに隠れて事を為そうとも、神の意志は必ずそこまで届いていることを知らなければ…中略…人間としては自分の一番提携し易い背後の霊達…中略…方針についてよく相談し、願いの一心によって努力するならば、その目的が正しいものである限り、必ず仙道、天狗道の人々の助けを得て希望は達せられると考えてよい…中略…その意味において…中略…自分が必要な肉体を持ち神の命によって生まれて来ている以上、敢然と自分の意志を確立して人に媚びることなく、遠つ御(み)祖(おや)に繋がる光の糸に縋(すが)ってその大道を進み行くならば…以下略…

 以上であるが、これら一つ一つについて次回から詳細に解釈することとする。 
 そしてこの第二十二話も、前回までの二十一話同様
神が与えた人間本来の特権である神の命を実行するものとなってこそ真の人間
この
真の人間”(まことのにんげん)を目指す、その指針となる文言、これを述べておられる、よって次回からの解釈をお読みになられる方はこのことも念頭に置いて自らの認識(悟り、幸取=さとり)の高まりとしてもらいたいものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。



Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (480)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (16)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (108)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード