FC2ブログ

“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、46年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“ローム太霊講話集” 第三十三話 滝壺の精とその洞窟 Kellyさん的解釈“その四”


 今回は、先回取り上げた文言に続く以下の文言を解釈する。

その広間を通り抜けて奥へ行くと、そこから三本の廊下が出ていて、一つの廊下に各十二の室が付いて…中略…三本の廊下というのはそれぞれの行人が理想とする道を三つに大別…中略…十二の室というのはその一つの道を選んだ者の修行の場で…中略…第一室から段々進んで第十二室で完成…中略…内容を簡単に話すと、第一は自分の理想を固める室、第二は神の命を自分が媒体となって受入れる室、第三はこの神の命と自分の理想とを纏めて根本の針路を定める室、第四は術を学ぶ室、第五は道を学ぶ室、第六は命を学ぶ室、第七は光の波動、例えば現界より細かい幽界の波動を受入れるための室、それ以上は非常にむずかしくなるから名前だけを並べると、第八は光の上の空に対する室、第九はその上の無に対する室、第十はその上のあらゆる創造の根源となる炁に対する室、第十一は以上の修行を綜合して行人が神として行動を起こす力を与えられる室、第十二はそれらのものが完成して、自分の与えられた理想があらゆる所で実現出来る最高の境地を顕わす室

 まず
広間を通り抜けて奥へ行くと、そこから三本の廊下が出ていて、一つの廊下に各十二の室が付いて…中略…三本の廊下というのはそれぞれの行人が理想とする道を三つに大別

この“行人が理想とする道を三つに大別”に関しては、第三十四話に“肉体と精神と物質”という言い回しがあり、これに当たる“行人が理想とする道”であろうと推察する。 それは“肉体”の完成、“精神”の完成、“物質”とはその言葉通りではなく、外側(外国と幽界)の事象、そこにおける“物質”と認識されうるそれ、あるいは“物質”で構成されている“現界”のこと、である。
 この“三つ”を何とかする、何とかしたい、完成を目指したい、力を顕わしたい、というのが“行人が理想とする道”と解することとする。
 そこにおいて
第一室から段々進んで第十二室で完成
と説明されており、
第一は自分の理想を固める室
これは先の“理想とする道を三つ”に対して、自分はどうしたいのか、である。

 次の
第二は神の命を自分が媒体となって受入れる室
これと
第三はこの神の命と自分の理想とを纏めて根本の針路を定める室

これは、先の“第一”で“固め”た“行人”の“理想”、これが“神の命”に適う(条件にあてはまるの意)、それは“行人”がその“理想”を神の思惑と一致させようとする思想を構築する、それはいずれ、というよりも、最終的には、第二話の
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち
この“神の気持ち”に沿った“理想”となる、というより、そうなっていくのが自然でもある。
 これを換言すれば、“自分が媒体となって”というのは先の第二話の“神の気持ち”を“現界”に顕現するようになる、その資質を得る(ある程度進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たす)、そうなるにはただ“”を求めるという段階のことではなく、“行人”自身が思う自分の存在の意義というものを認識(悟り、幸取=さとり)としていく、いわゆる自分自身と神の関係をしっかり理解して、そのうえで“理想”を構築して、その“理想”所以の思想や行動をしていくための“”であるといいうるし、それをするには“上”との感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)が必須でもある。

 次の
第四は術を学ぶ室

これは文言通り、“行人”の“理想”を顕現する具体的な“”(“力”の顕現)の獲得である。

 次の
第五は道を学ぶ室

これは“”の“理想”を顕現するための“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を認識(悟り、幸取=さとり)とするの意。

 次の
第六は命を学ぶ室

これは“行人”の“理想”が、先の“第三の”で述べた“いずれ”と称したことに該当する。

 次の
第七は光の波動、例えば現界より細かい幽界の波動を受入れるための室

これは“行人”がこれまでの“行”では得られない高い振動を獲得するための“行”であるといいうる。
 それは“光の波動”と称されてはいる、そして“現界より細かい幽界の波動を受入れる”と称されている通り、いきなり厳しい太陽凝視ではなく朝日とか夕日を見る、そして月の凝視とか、星空を見る、くらいから始まり、そこで得られる“天津御空(あまつみそら)”=“上”からの振動=“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、これを獲得するのだと察する。

 次の
それ以上は非常にむずかしくなるから名前だけを並べると、第八は光の上の空に対する室、第九はその上の無に対する室、第十はその上のあらゆる創造の根源となる炁に対する室

これはS会=紫光会の真言、炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)が、“(まこと)”の“”の“”、存在するのそれ、は、“”(奇才の奇、あらわれの意、普通の程度をはるかに超えてすぐれているの意)であり、それは振動の高低を表す“”→“”=“”→そして“”、“創造”の“主(ヌシ)”の“思惑の顕現”の根源たる振動である“愛(炁)”であるからこそ“第十はその上のあらゆる創造の根源となる炁”と称されている。
 この“愛(炁)”に関しては画像を作成したので以下に貼っておく。

炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁の解字 

  この“第七”から“”の“”、これがまた炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の意味合いと合致するものであり、ネット上ではこの言葉に対しててんで低い解釈を述べている人がいるが、おそらくそれはゴーストライターが本を売るという商売の為にご利益を強調して書いた全く程度の低い本を読んだうえで思ったことであると察するが、これがどれくらい罪深いことかを考えてもらいたいものである。
 本題に戻り、さらにS会=紫光会の経文、三光道真教句録 には 物光空無 炁在存為 置位天宙 三光秘経 の表記がある。
 これは 物光空無 が振動の高低を指す表記、炁在存為 は、高い愛()と 在 と 存 がある理由と根拠、それを、 と称し、それは、置位天宙 天 と 、“上”にある、それを、置位 と称され、それ自体が高い振動、低い振動で構成された心(靈)から“観察と認識”するならば、 光 と感じられ、それはまた生命の存在意義、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の訣とえなのだということを、三光秘経 と称されている。
 また 在 と 存 は、ローム太霊講話集のあとがきから引用して、
在 は宇宙万物を構成するあらゆる材料の根本、 はこの材料を使って宇宙万物を創造する力の根源、この二つを一定の計画の下に結合させる何ものか、それは現在のこの真善美に徹した一糸乱れざる宇宙万物の創造、これに関与する何ものかをと名付ける」
と述べられている。 これはローム霊訓講話で太霊が述べたことを編集者が編纂したものであろうと推測する。

 次の
第十一は以上の修行を綜合して行人が神として行動を起こす力を与えられる室

この“行人が神として行動を起こす”、これは先の“第二は神の命を自分が媒体となって”と“第三はこの神の命と自分の理想とを纏めて根本の針路を定める”、これがあってこそのことであり、それは“現界”においては“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)であろうし、あるいは“衆生済度とか真理の探究”(天仙の思惑)、これ等を実際に行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)とする、その“力を与えられる”と称されているので、うんと進化(霊的成長、神格化に向かうこと)して、神に認められた資質をもった際のことであろうし、それゆえ“以上の修行を綜合して行人が神として”と称されているものである。

 次の
第十二はそれらのものが完成して、自分の与えられた理想があらゆる所で実現出来る最高の境地を顕わす室

先の“行人が神として行動を起こす”、これは“行人”の“理想”が神と一致する、そうなるならば、“行人”が思うこと事態が神の思惑の顕現につながる、それはすでに解釈を終えた“日月神示” 地震の巻 の、“直接内流”が高度なそれになったという言い方もできうる。
 そしてこの文言の意味するところ、“あらゆる所で実現出来る”、それはその“行人”の心(靈)が 現界、幽界、霊界、神界、のどの場(フィールド)に位置していても、その事象において“思惑の顕現”が可能であり、それ自体が神の思惑と一致する、それはまた“日月神示”表記の“大歓喜”でもある。
 さらにそれは、個の心(靈)としての“最高の境地”であるし、重複するが“行人”の“理想”が神と一致して、その事象において“実現”となしていくことを“あらゆる所で実現出来る最高の境地を顕わす”と称されているものである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。


Top

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (107)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (24)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (34)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (603)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (46)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (27)
“日月神示” 地震の巻 (93)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (174)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。



自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード