“続”太陽凝視を行っている鍼灸師の話

太陽凝視を一生涯の“行”とし(現在、44年目)、実践し、その上で獲得した認識を述べています。

“日月神示” 荒の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 “その十四”



 今回も、荒の巻の以下の文(先回の続き)を解釈をおこなうこととする。

光り神(ヒカりカミ) 太光り(秘加理)ぞ(フトヒカりぞ)。 理の(真理)御山(大空間)の(ミチのミヤマの)良きを寿ぐ(ヨきをコトホぐ)。 五十鈴の川の良きを寿ぐ(イスズのカワのヨきをコトホぐ)、動く事なく(ウゴくコトなく)、止まる事なく(トまるコトなく)永遠世に弥栄弥栄(トコヨにイヤサカイヤサカ)、喜びの(ヨロコびの)、今開く字の理成りて(イマヒラくジのミチナりて)、光の花の(コのハナの)、一時にどっと咲く所(イチジにどっとサくトコロ)、玉の御代とて神代より(タマのミヨとてカミヨより)生きし生き神引き合ふぞ(イきしイきガミヒきアふぞ)。

 冒頭の文。
“光り神(ヒカりカミ) 太光り(秘加理)ぞ(フトヒカりぞ)”
“上”からの振動は、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を太陽が自らのローレンツ力 
ローレンツ力 により取り込んで太陽が生命でもあるからこそ、太陽の思惑とともに地球に天意を送っており、それを取り込んで生命(生きる使命=存在理由)は下等な本能を発現させたものから発現して(大体、原核生物から下等な軟体動物までの進化過程)、ある程度進化した生命である人間は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の“下”からある程度“上”まで取り込んできたからこそ、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性、という心(靈)の発現をしているものである。 
この“上”からの振動の取り込みが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“理(ミチ)”、法則性であり、また“道”、時間の進行によってなされてきたことでもあり、“光り神(ヒカりカミ)”は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うこと、自らのローレンツ力 
ローレンツ力 で取り込んで進化(霊的成長、神格化に向かうこと)せよ、今後=アセンション後に移行するにはこれが大事、ということでもあり、先に述べた進化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を表わした文言でもあるし、“太光り(フトヒカり)”の“太”は、人間が手足を広げた様の“大”にローレンツ力ローレンツ力  を足した表記であり、“(秘加理)”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の秘訣と“理(ミチ)”、法則性、これを“加”加える、それが又“太光り(フトヒカり)”の先の意味合いを加味したものである。

 これに続く“理の(真理)御山(大空間)の(ミチのミヤマの)良きを寿ぐ(ヨきをコトホぐ)”、“理(ミチ)”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性は“(真理)”、生命の存在の意義と意味の真理であり、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性によってこの事象そのものも進化を果たしていく、それは智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持った心(靈)が“観察と認識”をする現津(あきつ)、観察され得る事象であり、よって進化した目上(めうえ)の脳の意味合いを持つ“御山(ミヤマ)”における心(靈)の発現と行使によって“創造”され得る“うれしうれし”“大歓喜”の事象を“理の(真理)御山(大空間)”と称し、それは“良きを寿ぐ(ヨきをコトホぐ)”、たった今は“良き(ヨき)”ではないからこそこういう表記が当てられているものである。

 次の文。
“五十鈴の川の良きを寿ぐ(イスズのカワのヨきをコトホぐ)、動く事なく(ウゴくコトなく)、止まる事なく(トまるコトなく)永遠世に弥栄弥栄(トコヨにイヤサカイヤサカ)、喜びの(ヨロコびの)、今開く字の理成りて(イマヒラくジのミチナりて)、光の花の(コのハナの)、一時にどっと咲く所(イチジにどっとサくトコロ)、玉の御代とて神代より(タマのミヨとてカミヨより)生きし生き神引き合ふぞ(イきしイきガミヒきアふぞ)”
 冒頭の“五十鈴の川(イスズのカワ)”、これは伊勢の内宮の五十鈴川のことなどではなく、“五”は糸巻の象形文字であり、進化した生物における密になった神経、それによる強化されたローレンツ力
ローレンツ力  、“十”は胸の磁性“十”、自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”の心(靈)のこと、“鈴”は振動を発振、発信する様子、“川”は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を取り込んだ体液、それは錯体、肉体中の体液すべては錯体を含んでおりその循環は肉体内での電磁誘導を励起する、これら“五十鈴の川(イスズのカワ)”の表記の意味は“行”をして進化すればするほど盛んになり、それを“良きを寿ぐ(ヨきをコトホぐ)”と称され、“動く事なく(ウゴくコトなく)”とは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)がすべての生命にとって永遠不変のものであり、“止まる事なく(トまるコトなく)”は、“道”(時間の進行)における進化(霊的成長、神格化に向かうこと)が“理(ミチ)”(法則性)であるの意であり、“永遠世に弥栄弥栄(トコヨにイヤサカイヤサカ)”の“永遠世(トコヨ)”は一切の生命(生きる使命=存在理由)が“観察と認識”する現津(あきつ)、観察され得る事象、そこにおける進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、それは“弥栄弥栄(イヤサカイヤサカ)”、何回も使っている画像で意味を示す。
彌栄弥栄(いやさか) 弥の旧字 
弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字 


そして同じ文言が二回使われているのは日足(ひたり)と砌(みぎり)の極性をさし、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たしていくならばその極性は、肉体においても心(靈)においても強化されていくもの、その意を“弥栄弥栄(イヤサカイヤサカ)”と称され、“喜びの(ヨロコびの)、今開く字の理成りて(イマヒラくジのミチナりて)”は、今回取り上げている文言中の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)における事柄を“喜びの(ヨロコびの)”と称され、“今開く字(イマヒラくジ)”の“字(ジ)”は、“普字(フジ)”のことであり、画像で意味を示す。

普字の解字

 また“今開く字(イマヒラくジ)”と言われているのは、これから(今後=アセンション後に移行する際)開こうとしているのだ、の意味合いであり、これに続く“理成りて(ミチナりて)”は、進化の法則性、“理(ミチ)”が、成されようとする、その意であり、それは“光の花の(コのハナの)、一時にどっと咲く所(イチジにどっとサくトコロ)”、“光の花の(コのハナの)”は冒頭で解釈した“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の取り込み、これが開花する、それはたった今は開花していない“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の事象である、それが変容する=“一時にどっと咲く所(イチジにどっとサくトコロ)”となるのだ、の意であり、“玉の御代とて神代より(タマのミヨとてカミヨより)”、“玉(タマ)”は自省(胸の磁性“十”)と“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の動きを示し、これ自体が自我の確立=固定化の段階の現地球人より進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した心(靈)であり、それは“御代(ミヨ)”、“ほんとう”の意味での“天詞様”天皇と称されるべき心(靈)、“上”と感応する智性(神性)をしっかり発現した存在であり、それはまた神の思惑を顕現するからこそ“神代(カミヨ)”であり、“生きし生き神(イきしイきガミ)”、これはここまでの“日月神示”に登場した“世の元からの生神”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)、これを実現した、獲得した、認識(悟り、幸取=さとり)とした、いわゆる智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)をしっかり発現させた生命が顕現する、実際に世に現れる、それを“生きし生き神(イきしイきガミ)”と称され、“引き合ふぞ(ヒきアふぞ)”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)と生命の存在そのものの引き合い、神の“思惑の顕現”と、つり合い、均衡、割りにあう、努力(進化(霊的成長、神格化に向かうこと)のための“行”)が実る、その意味合いの文言である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 荒の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 “その十三”



 今回も、荒の巻の以下の文(先回の続き)を解釈をおこなうこととする。

見よ(ミよ)、御子達(ミコタチ)、大き道座し座す言座(オーきミチマしマすコトクラ)。 吾疑問ひ秘文字奥義(アギトひヒモヂオウギ)、敬ひ(ウヤマひ)、喜び(ヨロコび)、申すらくを(モーすらくを)、天の普智独楽の(アメのフチコマの)実実普理聞こし食すらむ(ミミフリキこしメすらむ)千萬の御代(チヨロズのミヨ)。 

 冒頭の“見よ(ミよ)、御子達(ミコタチ)”は、“創造”の“主(ヌシ)”に対しての被造物である一切の生命(生きる使命=存在理由)への言い回し、“大き道座し座す言座(オーきミチマしマすコトクラ)”の“大き道(オーきミチ)”、大は人間が手足を広げた様、“道”は時間の進行、“言座(コトクラ)”は先回の“御座湧きに湧き(ミグラワきにワき)”の“座(クラ)”と同義、それは「弓と璽(しるし)」(先回の画像を参照のこと)、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めて円形粒子加速器の構造で増幅して発信する、いわゆる進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)を“言(コト)”(事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き)と称されているし、“座し座す(マしマす)”の同義の文言が二回述べられているのは日足と砌(ひたりとみぎり)の極性を示す。
 これに続く“吾疑問ひ秘文字奥義(アギトひヒモヂオウギ)”、自分=“吾(ア)”が、何を“疑問ひ(ギトひ)”するか、それは“秘文字奥義(ヒモヂオウギ)”、これは“普字(フジ)”であり、

普字の解字

その秘密と秘訣、奥義、自分の存在の意義と意味、生命の使命、これを自分に問う、自分の存在が何のためなのか深く鑑みて得られる認識(悟り、幸取=さとり)、それを“吾疑問ひ秘文字奥義(アギトひヒモヂオウギ)”と称されており、それ事態を“敬ひ(ウヤマひ)、喜び(ヨロコび)”とする、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)はその認識(悟り、幸取=さとり)を自らの心(靈)の最も貴いものとし、認識(悟り、幸取=さとり)の獲得自体が生命の存在の意義の答え、荒の巻の表記なら“答(ト)(トー)(コタへ)”である。
 これに続く“申すらくを(モーすらくを)、天の普智独楽の(アメのフチコマの)実実普理聞こし食すらむ(ミミフリキこしメすらむ)千萬の御代(チヨロズのミヨ)”
この“天の普智独楽(アメのフチコマ)”は、天は“上”、普は“普字”のそれ、智は智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)、独楽(コマ)は高速の回転(円形粒子加速器)を示し、“実実普理(ミミフリ)”は、“普字”と“理(ミチ)”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性、それが“実実(ミミ)”の二つの表記は日足と砌(ひたりとみぎり)の極性が実るの意、そして“聞こし食すらむ(キこしメすらむ)”は、振動の取り込みを表わす表記、“千萬の御代(チヨロズのミヨ)”の“千萬(チヨロズ)”は千と万であり、“日月神示”に幾たびか登場する“一二三四五六七八九十百千卍(ひとふたみよいつむゆななやここのたりももちよろず)”のそれであり、以下の画像で意味を示す。
百 千 万 の解字と解釈 

そして“御代(ミヨ)”、これは天皇が治める世の意味だが、形骸の権威に酔っぱらっているたった今の程度の低い人間が程度の低い人間を天皇と称しているそれではなく、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)と感応する“一”=智性=1番目のオーラ、智性(神性)を持った人間が治め、神の思惑を顕現していく事象、世のことである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 荒の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 “その十二”



 今回も、荒の巻の以下の文(先回の続き)を解釈をおこなうこととする。

はじめの光り(はじめのヒカり)、今(イマ) 輝きて(カガヤきて)、答神(真理)覚め覚め棒ぐもの(トーカミサめサめササぐもの)、百取りしろ(網母十理詞露)に(モモトりしろに)充ち満ちて(ミちミちて)、弥栄御座湧きに湧き(イヤサカミグラワきにワき) 天晴れ継ぐ(アッパれツぐ) 神の答は字に有り(カミのコタヘはジにアり)。

 冒頭の“はじめの光り(はじめのヒカり)、今(イマ) 輝きて(カガヤきて)”、この文言中の“はじめの光り(はじめのヒカり)”は“創造”の“主(ヌシ)”の思惑、生命を創造する意図を持った振動、それは観測者(この場合は被造物である人間)の持つ振動が低ければ光輝いて見えるもの、換言すれば“天津御空(あまつみそら)”、“上”からの振動、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、あるいは宇宙の中心から注がれた“創造”の“主(ヌシ)”の振動を自らのローレンツ力で取り込んでいる太陽、その太陽からの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、これは天意そのもの、これを取り込み、止めた心(靈)(“日止、霊止”の表記の意味合い)が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした存在と言いうるのだが、これは先回取り上げた以下の文言、

“理の極の光の答の山路(大空間)(リのキワミのヒカリのトーのヤマジ)”
この“理の極の光(リのキワミのヒカリ)”これは先の“智普く基の天の言玉の理(チアマネくキのテンのイワタマのミチ)”、これが“極の光(キワミのヒカリ)”になった際の事象、それを“(大空間)”と称され、それは人間の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の結果、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”、それは生命の存在、神と人間の関係の答え、“答(トー)”であり、その過程を“山路(ヤマジ)”、この“山”は高い神霊が使う脳の意味合いとタンパク質の高分子化、これに相当するものであり、“路(ジ)”はそこに至る過程と解する。

 この
人間の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の結果、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”、それは生命の存在、神と人間の関係の答え、“答(トー)”
これと全く同義であり、それを指し示した文言が“答神(真理)(トーカミ)”である。
 そして“覚め覚め棒ぐもの(サめサめササぐもの)”の“覚め覚め(サめサめ)”の同じ言葉が二回使ってあるのは日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の強化、この場合は“力”の発現などの意味合いを持つ覚醒のそれ、あるいは認識(悟り、幸取=さとり)の高まり、それを“覚め(サめ)”と称しており、自分自身、そして自分のエネルギーの贖い(あがない)によって得られた“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)、これを一切の存在に奉仕する、とても“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)では理解できないことを指した文言が“覚め覚め棒ぐもの(サめサめササぐもの)”であるし、これがまた、人間が何を成して生きていくべきなのか、を示唆した文言であり、解り易いので引用するがローム太霊講話集の第二話の文言、
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ちではないかと思う
この“神自身の本当の気持ち”これを代行し実現する心(靈)になるという意味合いを持った文言である。

 これに続く“百取りしろ(網母十理詞露)に(モモトりしろに)充ち満ちて(ミちミちて)”、この“百取り(モモトり)”は、“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”(亜から出ずる、アイ)と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と太陽を示す日で構成されている“百”これを“取り(トり)”そして命令形である“しろ”、言うまでもなくこれは“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことであるし、“(網母十理詞露)”の“網母”は、“その五”に同じ表記があったので以下にコピペする。

“日継(日通基)開く文字(ヒツギヒラくモジ)、網母成る極みなり(モモナるキワみなり)”
“日継(日通基)(ヒツギ)”は言うまでもなく“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことであり、()内の漢字表記は、太陽の日、通る、これは“上”から送り贈られてくる高い振動が肉体に通る、“基”は、これ事態が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の基の意、これが“開く文字(ヒラくモジ)”、“文字”は“普字”のことであり、“網母成る極みなり(モモナるキワみなり)”、“創造”の“主(ヌシ)”の砌(みぎり)の極性(事象への顕現)である“母(モ)”は“上”から“下”へ“網(モ)”のように、“成る(ナる)”、そしてそれは“日継(日通基)(ヒツギ)”そのものが“極みなり(キワみなり)”、生命の“答(トー)”“成答(ナルト)”ということ。


上記コピペ文でも述べている通り
網母(モモ)”は““創造”の“主(ヌシ)”の砌(みぎり)の極性(事象への顕現)である“母(モ)”は“上”から“下”へ“網(モ)”のように
であり、“十理”は胸の磁性“十”と進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性を示す“理(ミチ)”、“詞露”は詞(ことば)と露(つゆ)、その意は“言”(事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き)、いわゆる思惑とそれを顕現したさまを“詞(シ)”、そしてと、水蒸気の結露のように高い振動を固めて自凝(おのころ)せよ、それは“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を自らに止めてこの事象に活かすことを示唆しており、これを“露(ロ)”と称されている。

 これに続く“弥栄御座湧きに湧き(イヤサカミグラワきにワき)”、“弥栄(イヤサカ)”は画像で意味を示す。

彌栄弥栄(いやさか) 弥の旧字 
弓と璽(しるし) 彌の旧字の解字 



“御座湧きに湧き(ミグラワきにワき)”は、受け止めた振動により日足と砌(ひたりとみぎり)の極性の強化が行われるから、“湧きに湧き(ワきにワき)”であり、“御座(ミグラ)”は“上”からの振動を止めて回転させ(チャクラ(荷電粒子の回転を示す)と同義)増幅して息吹くことを示し、先の画像、「弓と璽(しるし)」の意味合いそのものである。
 これに続く“天晴れ継ぐ(アッパれツぐ) 神の答は字に有り(カミのコタヘはジにアり)”、“天晴れ継ぐ(アッパれツぐ)”は、天意を顕現する、神の思惑をこの事象に活かす、その意味合いの“継ぐ(ツぐ)”であり、“神の答は字に有り(カミのコタヘはジにアり)”、この“字(ジ)”は荒の巻で幾度か登場する“普字(フジ)”のそれである。

普字の解字



 今回はこれくらいにしときまんねん。

 

“日月神示” 荒の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 “その十一”



 今回も、荒の巻の以下の文(先回の続き)を解釈をおこなうこととする。

神継ぐ極みと成り(カミツぐキワみとナり)、始る道ぞ理の極み(ハジマるミチぞリのキワみ)。 字句字句(ジクジク)、真問ひ成り成り鳴り(マトひナりナりナり)、読(黄泉)の岩戸(言答)開くなり(ヨミのイワトアくなり)。

 冒頭の“神継ぐ極みと成り(カミツぐキワみとナり)”、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の極み¬=“神継ぐ(カミツぐ)”、それが成る、換言すれば智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の獲得と行使、“一”=智性=1番目のオーラが貧弱な平均的地球人の霊的成長度では“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)との感応がそれなりでしかないので、たった今の現津(あきつ)、観察され得る事象は腐っているものであるが、今後=アセンション後はその霊的成長度の人間はいなくなる。 それはたった今の奪い合いや騙しあいの無い世界であり(善一筋、“絶対の善”の顕現)、恨みの連鎖の霊的干渉も消失し、物や(通貨としての)金に縛られることなくただただ自らの進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を追い求め生活するという段階に入るので、それを示した文言が“始る道ぞ(ハジマるミチぞ)”、“道(ミチ)”は時間の進行であり、“理の極み(リのキワみ)”の“理(ミチ)”は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性そのものを指す。
 これに続く“字句字句(ジクジク)、真問ひ成り成り鳴り(マトひナりナりナり)”、この“字句(ジク)”の“字(ジ)”は“普字(フジ)”のことであり、二つ列記されているのは日足(ひたり)と砌(みぎり)のそれぞれの極性を示し(思惑と現象化)、この“字句(ジク)”の表記そのものが、ここまで解釈してきた以下の文言、

“このふで軸(時間空間)読(このふでジクヨミ)”
時間空間は時間の進行に伴う事象の観察の意、“読(ヨミ)”進化に伴う認識(悟り、幸取=さとり)の高まり。

“普字軸の理ぞ(フジジクのリぞ)”
“軸(時間空間)”、これ事態が時間の進行に伴いながら“観察と認識”をする対象である現津(あきつ)、観察され得る事象、の意であり、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)、“普字(フジ)”が行うのはそれであり、それが“理(ミチ)”、生命(生きる使命=存在理由)の法則性の意味合い。

“皆喜び(ミナヨロコび)、荷ふ理の宮継ぐ(ニナふミチのミヤツぐ) 普字軸の世(フジジクのヨ)”
一切の事象が“善(神格化の方向性と智性の受信)”となるの意。


これらの意味を含んでいる表記であるし、それは“真問ひ(マトひ)”。この“問ひ(トひ)”に対するのはここまでの表記の“答(ト)(トー)(コタへ)”のそれ、ここまで解釈してきた以下の文言、

“言答開き成り成るぞ(イワトビラきナりナるぞ)。 誠言答は永遠ぞ(マコトイワトはトハぞ)”
平均的地球人の自我の確立=固定化の進化過程から“上”、岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く、そして“慈悲”と“慈愛”という心(靈)を発現していき智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)も高まるの意、それが“成り成る(ナりナる)”、また“言答”の漢字表記は、“言”は、自らの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)が事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き、“答”はその結果、いわゆる“思惑の顕現”=現象化、平たく言えば因果応報、ブーメランの法則、“曲霊(まがつひ)”、ということになり、“誠言答は永遠ぞ(マコトイワトはトハぞ)”、たった今の地球は不誠実な息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で“創造”された事象で満ち満ちているが、それに相対して“誠”(言葉成る、意味は、自分が発振、発信した振動(言葉)が完成する)、また不誠実ではない、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”は、“永遠(トハ)”であるの意。

“理の極の光の答の山路(大空間)(リのキワミのヒカリのトーのヤマジ)”
この“理の極の光(リのキワミのヒカリ)”これは先の“智普く基の天の言玉の理(チアマネくキのテンのイワタマのミチ)”、これが“極の光(キワミのヒカリ)”になった際の事象、それを“(大空間)”と称され、それは人間の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の結果、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象の“創造”、それは生命の存在、神と人間の関係の答え、“答(トー)”であり、その過程を“山路(ヤマジ)”、この“山”は高い神霊が使う脳の意味合いとタンパク質の高分子化、これに相当するものであり、“路(ジ)”はそこに至る過程と解する。

“面白に秘解く成答(オモシロにヒトくナルト)、文道とどめたり(フミミチとどめたり)”
“成答(ナルト)”は先の“理の極の光の答の山路(大空間)(リのキワミのヒカリのトーのヤマジ)”の“答(トー)”(生命の存在、神と人間の関係の答えと解した)である。 そしてそれはまだそこまでに至っていない生命(生きる使命=存在理由)がたった今の地球人であるから、お前たちは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)して“秘解く(ヒトく)”、その秘密を自分たちで見つけその上で(自分たちが時間の進行を“観察と認識”しながら)生きる、あるいは存在していく上での認識(悟り、幸取=さとり)とせよ、その“秘解く(ヒトく)”の過程は“面白に(オモシロに)”であり、“成答(ナルト)”そのものが“文道とどめたり(フミミチとどめたり)”、この“文(フミ)”と“道(ミチ)”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に至る時間の進行は、“字(ジ)、絶対の理(ゼッタイのリ)”、 “普字”のそれ、そしてそれは“理(ミチ)”、絶対の法則性、ということ。

“言の絶対の答(コトのゼッタイのコタヘ) 人の意の極みなる意味ぞ(ヒトのイのキワみなるイミぞ)。 読みこれぞ(ヨミこれぞ)”
 “言の絶対の答(コトのゼッタイのコタヘ)”、“言”は、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)、事象に顕現され、(自己と他者に)観察された心(靈)の動き、これは先の“霊気世に満ち漲り(レイキヨにミちミナギり)”でもあり、またそれは“絶対の答(ゼッタイのコタヘ)”、先にも述べたがこれ自体が“成答(ナルト)”、そしてそれは“人の意の極みなる意味ぞ(ヒトのイのキワみなるイミぞ)”、人(日止、霊止)の存在の意義、“日止、霊止”(“上”からの振動を止める表記)の使命、いうなればそれは神の“思惑の顕現”=現象化の代行者たるものであり、“絶対”であることを承知しているものであるし、その認識そのものが“読みこれぞ(ヨミこれぞ)”、意味を読み取り認識(悟り、幸取=さとり)とする、の意味合い。

“答の名基荷負う始め(コタヘのナキニナうハジめ)”
 “答(コタヘ)”は、人間が生きている間に様々な現津(あきつ)、観察され得る事象に遭遇し(またそれは個々の霊的成長度の程度にもよるものである)、その時々に思い考えて対処する、その結果、自分が様々な事を追い求めたうえで認識する、それは生命の存在の意味と意義、神と人間の関係、その答え、であるし、これを求めさせて高い認識(悟り、幸取=さとり)を得させること自体が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の采配である。 その“答の(コタヘの)”、これそのものを示唆した表記が“名基荷負う始め(ナキニナうハジめ)”、この“名基(ナキ)”は“その二”の“那美(名美)那岐(名基)の(ナミナキの)理の玉継ぐ(ミチのタマツぐ)意味開くなり(イミヒラくなり)”のそれであり、その解釈は“那岐(名基)(ナキ)”=日足(ひたり)の極性、思惑、そして“名”の表記は認識するための名称の意であり、認識の中において分類して分析してさらに認識(悟り、幸取=さとり)を構築する、その“基”であるし、高い日足(ひたり)の極性ゆえの砌(みぎり)の極性(事象への顕現)、いわゆる“思惑の顕現”=現象化、こうやって事象を“創造”するのが進化した心(靈)であるし、その高い事象の“創造”を進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した心(靈)を持つ人間にさせようとするの意。

“普字鳴戸(成答)の経綸動ぞ(フジナルトのシグミイゴクぞ)”
 “普字(フジ)”については何回も解釈を述べたので省き、“成答(ナルト)”は先の“理の極の光の答の山路(大空間)(リのキワミのヒカリのトーのヤマジ)”の“答(トー)”(生命の存在、神と人間の関係の答えと解した)であり、これが“成(ナル)”であるし、“鳴戸”の“戸”は横隔膜、これは“日月神示”表記の“戸”すべて共通であり、マニピューラチャクラからアナハタチャクラへの関門、自我の強化から自省(胸の磁性“十”)して“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現に至ることを指し示すものであるし、同義のこととして岩戸開き、“石”(帯電するミネラル)と“山”(脳の意味)で、“戸”(横隔膜)を開く、ということでもあり、その“経綸動ぞ(シグミイゴクぞ)”、これまでは“経綸動ぞ(シグミイゴクぞ)”ではなく先に述べたように低い砌(みぎり)の極性(事象への顕現)による事象の“創造”であったからこそ、その“経綸(シグミ)”は“動く(イゴく)”、それは今後=アセンション後の事象の意。


これらの意味を含み、それが“成り成り鳴り(ナりナりナり)”、“成り(ナり)”が二つなのは日足と砌(ひたりとみぎり)のそれぞれの極性の完成を指し、“鳴り(ナり)”は発振、発信、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の意である。
これに続く“読(黄泉)の岩戸(言答)開くなり(ヨミのイワトアくなり)”、この“読(黄泉)(ヨミ)”はここまで解釈してきたとおり自我(黄泉)における認識(悟り、幸取=さとり)=“読(ヨミ)”の高まり、“岩戸(言答)開くなり”は上記コピペ文の“言答開き成り成るぞ(イワトビラきナりナるぞ)”を参照されたい。

今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 荒の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 “その十”



 今回も、荒の巻の以下の文(先回の続き)を解釈をおこなうこととする。

誠の道は(マコトのミチは) 神の理ざぞ(カミのミチざぞ)。 読(ヨミ) はじめの世ぞ(はじめのヨぞ)。 皆神の子ぞと申してあるぞ(ミナカミのコぞとモーしてあるぞ)。 名基の世(ナキのヨ) しかと開き(しかとヒラき)、生の基の誘基の命現れき(キのモトのイザナキのイノチアれき)。 太始めの御玉組み組み(フトハジめのミタマクみクみ)   

 冒頭の文。
“誠の道は(マコトのミチは) 神の理ざぞ(カミのミチざぞ)”

この“誠(マコト)”、これは荒の巻に17回登場するが、なぜこの表記を使っているのかは、たった今の人間の心(靈)とこの事象そのものが不誠実である、この不誠実な心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)による事象と、その心(靈)の動きは“神の咎め”を受け自省(胸の磁性“十”)して自分の在り方や生き方を見出していくものであるし、いずれ人間が“絶対の善”の事象を創るとするならば不誠実なんて概念や言葉はなくなるものであるが、それに至るまでをこの文では“道”、人生における時間の進行、あるいは地球人すべての進化の過程一切、これをこの文言で称されており、これ事態がたった今の地球人に必須の心(靈)の発現に関わる、それは自省(胸の磁性“十”)の心(靈)と“慈悲”と“慈愛”であることは幾度となく述べて来たし、この心(靈)の発現と強化そのものが“日月神示”表記の“身魂掃除”“身魂洗濯”“改心”であるが、これが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の理(ことわり)、法則性、であるからこそ“神の理ざぞ(カミのミチざぞ)”である。

 次の文。
“読(ヨミ) はじめの世ぞ(はじめのヨぞ)”

 この文言中の“読(ヨミ)”は、霊的成長を果たした心(靈)が持つ認識(悟り、幸取=さとり)そのものと解してきた。 ことに“その三”で取りあげた“字の極意の極みは(ジのゴクイのキワみは)読字(黄泉)ぞ(ヨミジぞ)”、この“字の極意の極みは(ジのゴクイのキワみは)”、これは“普字”がこの低振動の事象、現実、現界、に顕現する=“上”の思惑を止めた生命(生きる使命=存在理由)が事象の“創造”をする、その“極意(ゴクイ)”の“極み(キワみ)”とは“読字(黄泉)ぞ(ヨミジぞ)”と示され“読字”は、“普字”を体得し認識(悟り、幸取=さとり)としたさま、“(黄泉)”は、黄色が軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”であり、これは腹の振動、自我その者の意、自分の自我に進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の概念と認識(悟り、幸取=さとり)を獲得したならば、それは独り神(ひとりがみ、日取り神)になる重要な要素なのだということも感じさせられる表記であるし、自我があるからこそこの事象、現界、たった今の現実、これを創造しているものであることを今後=アセンション後の“はじめの世ぞ(はじめのヨぞ)”と称されているものである。

次の文
“皆神の子ぞと申してあるぞ(ミナカミのコぞとモーしてあるぞ)”

これに関してはそのままの意味であり解釈の要なし。

 次の文
“名基の世(ナキのヨ) しかと開き(しかとヒラき)、生の基の誘基の命現れき(キのモトのイザナキのイノチアれき)”

 冒頭の“名基の世(ナキのヨ) しかと開き(しかとヒラき)”の“名基(ナキ)”は“その二”で取りあげたがその解釈は“那岐(名基)(ナキ)”=日足(ひたり)の極性、思惑、そして“名”の表記は認識するための名称の意であり、認識の中において分類して分析してさらに認識(悟り、幸取=さとり)を構築する、その“基(キ)”基本の基、もと、であり、それが今後=アセンション後“しかと開き(しかとヒラき)”、“生の基の誘基の命現れき(キのモトのイザナキのイノチアれき)”の“生の基(キのモト)”は生命(生きる使命=存在理由)の“基(キ)”であり、これに関しては先回列挙した以下の文言の意味合いを持つものである。

“その二”
“那美(名美)那岐(名基)の(ナミナキの)理の玉継ぐ(ミチのタマツぐ)”
“玉基理ぞ(タマキミチぞ)”
“通基秘理(ツキヒミチ)”
“その四”
“智普く基の天の言玉の理(チアマネくキのテンのイワタマのミチ)”
“生(基)の極みたり(セイのキワみたり)”
“その五”
“日継(日通基)開く文字(ヒツギヒラくモジ)”
“その六”
“答の名基荷負う始め(コタヘのナキニナうハジめ)”

次の文
“太始めの御玉組み組み(フトハジめのミタマクみクみ)”

 この“太始め(フトハジめ)”は先の“読(ヨミ) はじめの世ぞ(はじめのヨぞ)”と“名基の世(ナキのヨ) しかと開き(しかとヒラき)”、今後=アセンション後の事象のことを述べているが、何が“太始め(フトハジめ)”なのか、それは“その八”で取りあげた“宮柱太しき立つぞ(ミヤバシラフトしきタつぞ)”が解り易いが、“御玉(ミタマ)”と称されているのは自省(胸の磁性“十”)の心(靈)、自省(胸の磁性“十”)あってこそ“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)である自我の肥大(“石屋の仕組み”)を諌め“慈悲”と“慈愛”の心(靈)の発現となり自らに対する“(“慈悲”と“慈愛”由来の)厳しさ”、それは自我を諌める心、これが(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者となる資質であり、たった今の地球人の進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)から“上”に至るには、これが必須である、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)である、それは生命(生きる使命=存在理由)の進化に組み込んであるのだ、の意味合いである。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




“日月神示” 荒の巻 第一帖 Kellyさん的解釈 “その九”



 今回も、荒の巻の以下の文(先回の続き)を解釈をおこなうこととする。

数の極み神ぞ(カズのキワみカミぞ)。 数の極み大素佐成(大数叉名立)(カズのキワみオースサナル)五十の極み(「五十」のキワみ)継ぐ印し給ひて(ツぐシルしタマひて)、幹(実基)字(ミキジ) 完し(マットウし)、完し(マットウし)、山(屋間)の文読み(ヤマのフミヨみ)、皆喜び(ミナヨロコび)、荷ふ理の宮継ぐ(ニナふミチのミヤツぐ) 普字軸の世(フジジクのヨ)。 喜び言(ヨロコびゴト)、全土に響く理ぞ(ゼンドにヒビくミチぞ)。 八雲出雲は(ヤグモイズモは)、聞理じゃ(キクリじゃ)、これは(これは)、基の大数叉名立大神(キのオースサナルオーカミ)、世に光り輝くの理ぞ(ヨにヒカりカガヤくのミチぞ)。 理は世の元に立つ道ぞ(リはヨのモトにタつミチぞ)。 理(ミチ)、遠きには無し(トーきにはナし)、心せよ(ココロせよ)。

 文中に二回登場する“数の極み(カズのキワみ)”、この“数(カズ)”の意味合いは“その三”で解釈した“数と字の絶対光の道(カズとジのゼッタイコーのミチ)”、そして“その五”の“数の始の絶対の理ざぞ(カズのハジメのゼッタイのミチざぞ)”のそれである。
 コピペしておく。

“日継の意味荷う(ヒツギのイミニナう)数と字の絶対光の道(カズとジのゼッタイコーのミチ)”

“日継(ヒツギ)”、“日”を“継ぐ”これは、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を具体的に止めることそのもの、それは“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことであり、これ自体が天意を顕現(“天詞様”)していくことになる。 そして“数と字の(カズとジの)”は、“字”は“普字”のそれであり“数”は物事の多い少ないの程度を指す表記、これが“絶対光の道(ゼッタイコーのミチ)”にかかっており、“絶対”の“光”は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“天津御空(あまつみそら)”“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を含んだ荷電粒子、これを受け止め“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)する“行”が太陽凝視であることはすぐ解り、これ自体が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”であり、“絶対”の表記は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)というものがこれ以外にないのだ、という厳しい言い回しであり、もうひとつ、たった今の事象はたびたび使っている“絶対の善”では無い、また、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)では、“上”の思惑通り=“絶対”、そして岩の巻で登場した“善一筋”(“善(神格化の方向性と智性の受信)”しかない“道”)ではない、しかし今後=アセンション後は“上”の思惑が“絶対”であり、それしか顕現しえないのだと言う意味合いでもある。

“数の始の絶対の理ざぞ(カズのハジメのゼッタイのミチざぞ)”、

この“数(カズ)”の表記は“その三”の“日継の意味荷う(ヒツギのイミニナう)数と字の絶対光の道(カズとジのゼッタイコーのミチ)”、この“数と字(カズとジ)” の意味合いを持ち、この“数(カズ)”“字(ジ)”これは“普字(フジ)”のそれであるが、この事象に天意を顕現すること、それが“日継の意味荷う(ヒツギのイミニナう)”、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を獲得し、その進化した心(靈)が“思惑の顕現”をすること、それは“普字”でもあり、その“数(カズ)”多い少ないの表記は絶対となる、“日継の意味荷う(ヒツギのイミニナう)”、その心(靈)を持った存在だけになっていくのだという意味合いであるし、それはまた下つ巻 第三十七帖の“ひつくの臣民 落ちぶれてゐる”の“ひつくの臣民”、これが“グレン”となっていくこと事態が文言中の“始め(ハジめ)”であり、いずれ“ひつくの臣民”が大多数となり事象のすべてを占める、その息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)で事象の“創造”をするという意味合いが“数(カズ)”の表記に含まれているものであるからこそそれは“絶対の理ざぞ(ゼッタイのミチざぞ)”、“理(ミチ)”は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性の意味合いである。


 上記“その三”と“その五”の表記とその解釈を要約すると、“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことをして智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を高め、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を受け止め自らの心(靈)としたその霊的成長した心(靈)、その存在はこの事象、現界においてその数は多くなる、このこと事態が人(日止、霊止)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“理(ミチ)”、ことわり、進化の法則性、であり、その進化した心(靈)が登場して増え始める、という意味合いをもつものである。
 この事が理解できていると冒頭の“数の極み神ぞ(カズのキワみカミぞ)”の意味合いはすぐ解り、先の“数(カズ)”の意味合いを持つその存在、そして“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行うことの“極み(キワみ)”、太陽凝視を極めた心(靈)、その存在の登場、そしてこれ事態が神格化の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)であり、生命の存在の意味と意義、独り神(ひとりがみ、日取り神)、この意味合いを持つ表記である。
 これに続く“数の極み大素佐成(大数叉名立)(カズのキワみオースサナル)”、この“大素佐成”は、“大(オー)”は人間のが手足を広げた様、“素(ス)”は“素盞鳴(スサナル)”のそれ、画像で意味を示す。

“素盞鳴(スサナル)”(日月の巻 第二十九帖の表記)の解字 

 “佐成(サナル)”の“佐(サ)”は亻(にんべん)と左、亻(にんべん)は丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と|(たてぼう、こん)なので、“上”である神の思惑が“下”である人間に下降した様子、左は日足(ひたり)の極性、これが成る、の意味合いであるし、“(大数叉名立)”は、“大”は前述した通り、“数”も前述した通り、“叉”は二股になった様、これは日足(ひたり)と砌(みぎり)の極性でもあるし、思惑(日足(ひたり))と顕現、現象化(砌(みぎり))と解してもよい、“名”と“立”は、形なすもの(名)となりそれが立つ、しっかりはっきり表れるものという意味合い。
 これに続く“五十の極み(「五十」のキワみ)”、“五”は糸巻の象形文字であり、進化した生物の持つ密になった神経の構造をさし、“十”は胸の磁性“十”、自省(胸の磁性“十”)の心(靈)、その“極み(キワみ)”が進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした生命(生きる使命=存在理由)という意味合いであり、これに続く“継ぐ印し給ひて(ツぐシルしタマひて)”は、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した心(靈)が天意を“継ぐ(ツぐ)”、その“印し(シルし)”が、先の“数の極み大素佐成(大数叉名立)(カズのキワみオースサナル)五十の極み(「五十」のキワみ)”であるし、それが又冒頭で取りあげた“数と字の絶対光の道(カズとジのゼッタイコーのミチ)”、これそのものの意味合いを持たせているものである。
 これに続く“幹(実基)字(ミキジ) 完し(マットウし)、完し(マットウし)、山(屋間)の文読み(ヤマのフミヨみ)、皆喜び(ミナヨロコび)、荷ふ理の宮継ぐ(ニナふミチのミヤツぐ) 普字軸の世(フジジクのヨ)”、冒頭の“幹(実基)字(ミキジ)”、この“幹(ミキ)”は“その八”で解釈した“宮柱太しき立つぞ(ミヤバシラフトしきタつぞ)”、神の思惑を“宮”として、それが太く立つ、神の思惑の顕現となっていくこと、それと同義であり、“(実基)”の“基(キ)”は、ここまでの荒の巻では以下の表記が挙げられる。 それぞれの解釈を読んで意味を理解してもらいたい。

“その二”
“那美(名美)那岐(名基)の(ナミナキの)理の玉継ぐ(ミチのタマツぐ)”
“玉基理ぞ(タマキミチぞ)”
“通基秘理(ツキヒミチ)”
“その四”
“智普く基の天の言玉の理(チアマネくキのテンのイワタマのミチ)”
“生(基)の極みたり(セイのキワみたり)”
“その五”
“日継(日通基)開く文字(ヒツギヒラくモジ)”
“その六”
“答の名基荷負う始め(コタヘのナキニナうハジめ)”、これに関しては解釈を以下にコピペしておく。

冒頭の“答(コタヘ)”の表記、これは“その四”の
“理の極の光の答の山路(大空間)(リのキワミのヒカリのトーのヤマジ)”、
そして“その五”の
“面白に秘解く成答(オモシロにヒトくナルト)”、
この“答”、今回の読みは“コタへ”ではあるが、ここまで解釈してきたとおり、人間が生きている間に様々な現津(あきつ)、観察され得る事象に遭遇し(またそれは個々の霊的成長度の程度にもよるものである)、その時々に思い考えて対処する、その結果、自分が様々な事を追い求めたうえで認識する、それは生命の存在の意味と意義、神と人間の関係、その答え、であるし、これを求めさせて高い認識(悟り、幸取=さとり)を得させること自体が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の采配である。 
 その“答の(コタヘの)”、これそのものを示唆した表記が“名基荷負う始め(ナキニナうハジめ)”、この“名基(ナキ)”は“その二”の“那美(名美)那岐(名基)の(ナミナキの)理の玉継ぐ(ミチのタマツぐ)意味開くなり(イミヒラくなり)”のそれであり、その解釈は“那岐(名基)(ナキ)”=日足(ひたり)の極性、思惑、そして“名”の表記は認識するための名称の意であり、認識の中において分類して分析してさらに認識(悟り、幸取=さとり)を構築する、その“基”であるし、高い日足(ひたり)の極性ゆえの砌(みぎり)の極性(事象への顕現)、いわゆる“思惑の顕現”=現象化、こうやって事象を“創造”するのが進化した心(靈)であるし、その高い事象の“創造”を進化(霊的成長、神格化に向かうこと)した心(靈)を持つ人間にさせようとする。 それは“うれしうれし”“大歓喜”しかない事象であるし、ローム太霊講話集から引用すれば、第二話の
何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち
であり、それを目論んでいるのが“創造”の“主(ヌシ)”であると言いうる。


 それでこの“基(キ)、これはやはり“風止麻邇言霊学(ふとまにことだまがく)”の
“キ”は、天地の精気 モノの現れを示す音根、その表し得ざる心の素幸霊(スサノオ)自ら明津(アキツ、現津(あきつ)、観察され得る事象)させんにぞかし
これが非常に理解しやすく、先に挙げた文言における“基”の表記は、一切の事象、生命だろうが外側(外国と幽界)の事象の現実だろうが内面とか内側(心の中と感じている事)であろうが“悪(心の動きの本能化と低振動化)”であろうが“善(神格化の方向性と智性の受信)”であろうが、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)であろうが進化を阻む存在の思惑を受けて停滞している者であろうが、あるいは日足(ひたり)の極性であろうが砌(みぎり)、現象化であろうが、それら一切の基、もと、と解することが出来るし、またそれは究極微粒子、ア(“亜”)から、イ(出る(いずる)、泉)、そしてそれは“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”、あるいは炁空無光眞奇力存(きくうむこうしんきりきぞん)の炁、という解釈も成り立ち、その振動そのものが“創造”の“主(ヌシ)”の思惑、あるいは思惑を含んでいる、生命の“創造”をもくろみ現津(あきつ)、観察され得る事象の“創造”をさせている“創造”の“主(ヌシ)”の意図、と解することもできうるものである。
 それで“幹(実基)字(ミキジ) 完し(マットウし)、完し(マットウし)”は、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑が太く幹のように実りそれが“完し(マットウし)”が二回述べられているのは日足と砌(ひたりとみぎり)の極性のことであり、これに続く“山(屋間)の文読み(ヤマのフミヨみ)”の“山(ヤマ)”は目上(めうえ)の脳のことであり“屋間”の“屋”は、肉体を示している尸(しかばね、かばね、心(靈)と肉体で人成り立っているが、心(靈)以外の物質としての肉体の意味)と、横隔膜を表わす横棒━(よこぼう、水平磁場)、そして厶部(しぶ)(物を囲い込んで自分のものとする様子に象る。手を「伸ばす、伸びる」の意がある)と土=2~3番目のオーラで構成されており、肉体に“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を取り込む、の意であり、“間”は、土=2~3番目のオーラの息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)に“創造”の“主(ヌシ)”の表記である“一”、それを取り込んで“一”=智性=1番目のオーラとして、土=2~3番目のオーラに反映させよ、のいみあいであり、“文読み(フミヨみ)”は、“その二”で解釈した“読む開き(ヨむメヒラき)、字出づ理に成り(ジイづミチにナり)、結ぶ玉に弥栄開く(ムスぶタマにイヤサカヒラく)大和心の道ぞ(ヤマトゴコロのミチぞ)。 道開く理の極みぞ(ミチヒラくリのキワみぞ)。 本能秀(生命)月日の極み成る(ホンノホツキヒのキワみナる)読む言の極み(ヨむコトのキワみ)”のそれであり、霊的成長して進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)が解る、自らの認識(悟り、幸取=さとり)とする、また認識(悟り、幸取=さとり)としなければ神に近付いたとは言えない、という意味合いの文言であり、そうなったならば、“皆喜び(ミナヨロコび)”、風の巻と岩の巻に登場した“善一筋”、一切が“善(神格化の方向性と智性の受信)”であるならば、“うれしうれし”“大歓喜”の事象でしかない、それしかない、という意味合いであり、“荷ふ理の宮継ぐ(ニナふミチのミヤツぐ)”、神の思惑を“宮(ミヤ)”としてこれを“継ぐ(ツぐ)”、それは“理(ミチ)”を“荷ふ(ニナふ)”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)を自らの認識(悟り、幸取=さとり)とする、それが“宮継ぐ(ミヤツぐ)”と“荷ふ(ニナふ)”の意味合いであり、“普字軸の世(フジジクのヨ)”の“普字”に関しては何回も画像で意味を示したので今回は省き、“軸の世(ジクのヨ)”は“その七”で解釈した“このふで軸(時間空間)読(このふでジクヨミ)”のそれと同義、いわゆる一切の事象の意味合いである。 

 次の文。
“喜び言(ヨロコびゴト)、全土に響く理ぞ(ゼンドにヒビくミチぞ)”
 これは先の“皆喜び(ミナヨロコび)、荷ふ理の宮継ぐ(ニナふミチのミヤツぐ) 普字軸の世(フジジクのヨ)”、一切の事象が“善(神格化の方向性と智性の受信)”となるの意。

 次の文。
“八雲出雲は(ヤグモイズモは)、聞理じゃ(キクリじゃ)、これは(これは)、基の大数叉名立大神(キのオースサナルオーカミ)、世に光り輝くの理ぞ(ヨにヒカりカガヤくのミチぞ)”

 冒頭の“八雲出雲は(ヤグモイズモは)”の“雲”は画像で意味を示す。

雲の解字 


 それで“八雲(ヤグモ)”の“八”は“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、そして“普字(フジ)”と同義、“出雲(イズモ)”は取り込んだ振動、自分の認識(悟り、幸取=さとり)を息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)として出す、の意味合い、またそれは認識(悟り、幸取=さとり)を獲得したうえでのことでもあるので、認識の獲得=“聞(キク)”、認識そのもの、“理(リ)”と称されているし、これに続く“これは(これは)、基の大数叉名立大神(キのオースサナルオーカミ)”、認識を獲得した進化した心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)自体が=“これは(これは)”、“基(キ)”それの“大数叉名立大神(オースサナルオーカミ)”これに関しては前述した通りであり、そうなったならば、というよりも“上”の思惑の時期、その時期(時間の進行と宇宙の進行は神のプログラムであり、それを人(日止、霊止)の心(靈)が認識したなら、時期になり、それは電磁波の吸収であるからこそ、磁気でもある)が来ればそうなるのだが、それを言い表わしたのが“世に光り輝くの理ぞ(ヨにヒカりカガヤくのミチぞ)”、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)は“世に光り輝く(ヨにヒカりカガヤく)”、これがまた、“理(ミチ)”生命(生きる使命=存在理由)の法則性であるということ。

 次の文。
“理は世の元に立つ道ぞ(リはヨのモトにタつミチぞ)。 理(ミチ)、遠きには無し(トーきにはナし)、心せよ(ココロせよ)”

 これも進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)のことを述べており、特に解釈の要は無いと思うが、“理は(リは)”=進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)は、“世の元に立つ(ヨのモトにタつ)”=一切の事象の根元たるものであり、それはこれから“立つ(タつ)”、それが又“理(ミチ)”=法則性であるの意。
 これに続く“理(ミチ)、遠きには無し(トーきにはナし)、心せよ(ココロせよ)”、これは艮(うしとら)の金神がなぜ人間に“日月神示”を通して進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)をといているのか、お前たちなら理解できるのだ、絵空事ではないのだ、もっと真摯に考え“上”と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して実感せよ、自らの認識(悟り、幸取=さとり)とせよ、お前たちの問題なのだぞ、の意味合いで“遠きには無し(トーきにはナし)、心せよ(ココロせよ)”である。

 今回はこれくらいにしときまんねん。




« Prev|Top|Next »

HOME

tuyukusanotuyu




 Kelly & ○○○大先生

Author: Kelly & ○○○大先生
FC2ブログへようこそ!


Kellyさんと○○○大先生は、
このブログを書いている○○○の、
心(靈)の二面性であり、
同一人物で有る事を、
お断りしておきます。

出版の告知

四冊目&五冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈4〉
智性無き心は
悪を容認する


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈5〉
智性無き心は
アセンションを見誤る

 この二冊は、同時発売です。
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <4> 智性無き心は 悪を容認する & 太陽凝視を行っている鍼灸師の話 <5> 智性無き心は アセンションを見誤る サムネイル
(クリックで拡大)

2010年 4月20日(火)ごろより、全国書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・旭屋書店・ジュンク堂書店・ブックファースト・リブロ・丸善など)にて順次陳列。


発売中の三冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈3〉

神格化のプロセス
目上(めうえ)と目下(めした)


神格化のプロセス 目上と目下 縮小版 ブログ用
(クリックで拡大)


発売中の二冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈2〉

ローム太霊の教え
日足(ひたり)と砌(みぎり)


サムネイル太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈2〉ローム太霊の教え 日足(ひたり)と砌(みぎり) 
(クリックで拡大) 

お近くの書店にない場合は
たま出版のサイトでお買い求めください。

発売中の一冊目は


太陽凝視を行っている鍼灸師の話
〈1〉

ローム太霊との出会い


太陽凝視を行っている鍼灸師の話〈1〉ローム太霊との出会い
(クリックで拡大)

お近くの書店に無いときは
たま出版のサイトでお買い求めください。

この本に付いてはこちらを御覧下さい。


       




初めての方は、
・・・その後の事と・・・これからの事。
からお読みください。

それぞれのカテゴリーをクリックすると
古い順に、記事が閲覧できます。

        

☆ Kellyさん的事象の観察と認識 (104)
Kellyさんがこのブログに霊縁あった人(日止、霊止)に伝えたい事 (22)
Kellyさんと○○○大先生との会話 (7)
Kellyさんとチョ~極上ラブラブ中高年夫婦はんとの会話 (6)
Kellyさんとチョ~ベッピンはんのA野はんとの会話 (7)
Kellyさんと∪・ω・∪ ▼・。・▼ ▼・。・▽ U・。・U U。・ェ・。U たちとの会話 (33)
Kellyさんとメタボ研修医のYっちゃん先生との会話 (2)
Kellyさんとややメタボ内科医のYっちゃん先生との会話 (7)
Kellyさんと和風のベッピンはんのSはんとの会話 (2)
Kellyさんと農業好きの社長婦人K地M美はんとの会話 (12)
KellyさんとNominyan ∥*σ_σ*∥&Senyapoo λ*゜ο゜*λ との会話 (6)
☆ Kellyさん的“日月神示”解釈 (472)
Kellyさんが、“日月神示”の解釈をして行くに当たって・・・考えた事。 (15)
“日月神示” 上つ巻 (42)
“日月神示” 下つ巻 (38)
“日月神示” 富士の巻 (26)
“日月神示” 天つ巻 (30)
“日月神示” 地つ巻 (36)
“日月神示” 日月の巻 (68)
“日月神示” 日の出の巻 (23)
“日月神示” 磐戸の巻 (21)
“日月神示” キの巻 (17)
“日月神示” 水の巻 (36)
“日月神示” 松の巻 (30)
“日月神示” 夜明けの巻 (26)
“日月神示” 雨の巻 (18)
“日月神示” 風の巻 (15)
“日月神示” 岩の巻 (11)
“日月神示” 荒の巻 (20)
☆ Kellyさん的“ローム太霊講話集”解釈 (107)
☆ 紫光会経文の文言 Kellyさん的解釈 (18)
☆ ○○○大先生的バシャールの文言解釈 (9)
☆ 先生が撮るけったいな花の写真 (22)
☆ 先生が撮る比較的まともな写真 (32)
☆先生が室内で写真を撮るときのセッティング (6)
その他 お知らせ (3)



fxwill.com


2005年10月1日~2008年1月15日まで、
“Kellyさんとの会話”で、説明して来た事・・・
その内容・・・それは・・・その何年も前から、
何か自分の考えをある程度公表しなければならない・・・
そう言う通信を受け・・・その理由は・・・地球人が低い心(靈)の発現しかしていない・・・
それを自覚していない人が多い。
その事由来の太陽凝視に対する認識、
(太陽凝視=不食・・・としか、認識させない存在の思惑を、受信している事)
霊的成長に対する認識、
神に対する認識、
心=靈に対する認識、
オーラに対する認識、
そして、
高い認識の上での進化の意味と幸福の概念と神の概念・・・
進化=霊的成長=神格化=(相対的に)高い認識を獲得する事・・・
霊的成長=神に近づく事=真の幸福の意味。
霊的成長度は1番目のオーラに顕れる。
よって、宇宙的プログラムにより次の段階に移行する人(日止、霊止)は、 何を考えるべきなのか・・・
そして、人(日止、霊止)の進化を阻む存在の思惑、
その心=靈の動き、それらの意図・・・それが一般に認知されていない事。
それらを伝えなければ成らない・・・そして一応・・・完結はしたのですが・・・
解り難い・・・理解しがたい・・・具体例を示して欲しい・・・そう言う感想も頂き、
そして自分なりにも説明が足らなかった事・・・
更に、
“Kellyさんとの会話”が完結してからも通信を受けている事・・・そう云う事もあり・・・
よって、このブログを立ち上げる事としました。
従って、
“Kellyさんとの会話”が、
自分の意見を述べる上での、ローム太霊の言葉、
“右往左往”(“いきり立つ心(奴と心)”で行動してから考える)・・・と、 するならば、 このブログはアタシ自身の、
“左往右往”(“思う、憂う”・・・体験を教訓として考え行動する)の、
作業になって行くと思います。


太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”
太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “改”
予約制 鍼(はり) 灸(きゅう) マッサージ治療 児玉療院
写真部の○○○大先生のページ
写真部に投稿した最新の写真
 ↓


powered by 写真部









○○○大先生の水草水槽記録
facebook 児玉登







このブログをリンクに追加する


自分達の欲望を満たしたい… 
自分だけ幸福になりたい…
こういった進化程度の低い心(靈)の発現由来の思いが、
低い幸福の概念になり(目下(めした)の思い)
その結果が、飢餓貧困、戦争の原因になったりしています。
(子供の浮游霊の霊的干渉の影響を受け、 それがどんどん増して行く事等が、
“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の“魔”=マーラ(魔羅)
の思惑だと 思えます)

恨みの連鎖による霊的干渉を増やさない為、
その解消の為にも、(この趣旨に反する類の物もありますが) クリックをお願いします。
クリックした人に、お金の負担はありません。 ↓↓




飢餓救済のホームページ

JWord クリック募金

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード